« 母の日 | メイン | 満天星躑躅(どうだんつつじ) »

小道具(2)

若女将が毎日愛用している物です。「あじさい」と書いている箱は顔彩です。24色の顔料がパレットで入っています。それで絵を描いています。顔彩1顔彩2


 


 


 


 


左の写真にある、緑の手帳みたいなのは、「季寄せ」です。


季語の辞書です。これは1940年に高濱虚子著になっていて、1964年高濱年尾改訂となっています。


この本を参考に色々と「掛け紙」の言葉を考えています。


色々と季寄せの本を探しましたが、これが一番私にはあっているみたいです。


 


phys


 


 


 


これは、呉竹精昇堂さんのPHYS(フィス)というシリーズの顔彩セットで、携帯用にとっても便利でした。でも今販売されてないみたいです。(悲)


↓呉竹精昇堂のホームページ(若女将の故郷:奈良にある墨屋さんです)


http://www.kuretake.co.jp/index.html





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年05月08日 21:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「母の日」です。

次の投稿は「満天星躑躅(どうだんつつじ)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35