« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月 アーカイブ

2005年07月01日

ララ・プリマドンナさんへ行ってきました


「ご無沙汰しております!」と、今日は福井市にある”ララ・プリマドンナ”さんへ行ってきました。料亭うおとめのHPを去年10月にリニューアルして、それに伴ってウェディングのパンフレットも新しくしました。ララ・プリマドンナさんにはうちのお店のパンフレットを置いていただいて、紹介もしていただいています。それで、新しいパンフレットをお届けに行ってきました。


ララ・プリマドンナとは、結婚式場紹介・結納・衣装・ハネムーン・プロデュース・ウェディングなどトータルでご利用していただくことで結婚式費用をリーズナブルにご提供させていただくブライダル情報館です。


ララ・プリマドンナ http://www.lalapri.jp/


ご結婚が決まられたお客様が”会場探し”にララ・プリマドンナさんへ足を運ばれます。そして二人のプランに合った会場を紹介してくれるのです。


うちのお店も「料亭ウェディング」という形式で、その引き出しの一つにしていただいているのです。


新しいパンフレットを見て「前と随分変わっていい感じですね。」と言っていただきました。


和風ウェディングを希望される方にぜひ、見ていただきたいと思います。

2005年07月02日

花月のお稽古(2)

今日は朝9時から花月のお稽古がありました。また6月11日のお稽古の時のメンバー5人が集まりました。

今日はお昼にお客さん(お店)があるので、お稽古が終わったらそのまま仕事ができるよう、着物を着て参加させていただきました。(その前に掃除・洗濯・子供を保育園に送っていくなど働くママはなかなか忙しいのです〔汗;〕)

今日は薄茶器に円能斎好みの「汐汲棗」を使いました。汐汲棗はちょうど塩を作るときに汐汲をする桶に似ていることから、汐汲棗と名づけられたそうです。汐汲棗の蓋はすこし丸みがあり、「松風」と書いてありました。ただし「松」は「枩」の字でした。「枩風」と書いてありました。お稽古で隣になった方と「”枩”なんてパソコンで出ないでしょうね。」とお話したのですが、出てきました。だんだん皆さん慣れてきたので、6月にやったときよりはスムーズに花月之式ができました。一人一人がそれぞれの役割をしっかりとやることが大切なのだと思います。

2005年07月03日

白崎公園(武生市)へ

お昼のお客様が終わってから、少し時間があったので、子供達を連れて武生市の南に位置する白崎公園に行ってきました。式部温泉湯楽里のすぐそばにある、とてもきれいな公園です。

白崎公園5

とても長ーーーいすべり台があって、子供達はとても喜び、何回も滑っていました。

(実は私もすべり台、子供と一緒に何度もやってしまいました)

滑るところがずーっとパイプになっていてとてもおもしろいのです♪白崎公園1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白崎公園4

 

白崎公園2

 

 

 

 

 

 

 

 

白崎公園3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、私の目を奪ったものは素晴らしい「紫陽花」でした。

一面に紫陽花が満開でした。思わずたちどまり、しばらく見とれてしまいました。

  

白崎公園アジサイ白崎公園アジサイ2

2005年07月05日

NHKプロジェクトX 「海のダイヤ・世界初クロマグロ完全養殖」

今日はとても楽しみにしていた番組がありました。

NHKのプロジェクトXです。

「海のダイヤ・世界初クロマグロ完全養殖」です。

全然学部は違いますが、母校の話題でしたので、とても親近感を抱いて

見させていただきました。

クロマグロは体長2.5m、体重300kgの一匹2000万円もする「海のダイヤ」といわれる魚です。それを完全養殖するのですから、本当に大変なことだと思いました。完全養殖ですので、養殖した親から産卵させ、それをまた親にするのです。32年の歳月がかかっており、その苦労はとても言葉ではあらわせないものだと思います。

日本人はやはりマグロが好きですね。平成14年の近大の学内新聞には「近い将来、本学の大トロが食卓に並ぶかも・・・」と。実際平成16年9月に完全養殖のクロマグロが販売開始されました。

ちなみに近畿大学が養殖魚を販売するために作った会社は「アーマリン近大」というそうです。

 

ちなみに大学が研究・開発して販売しているものは結構あります。

「神戸大ビーフ」「同志社ワイン」など。

同志社ワインは丹波ワインにクラーク記念館の絵を入れ、売り出したそうです。

2005年07月06日

冷酒の季節

さて、梅雨にも入り冷酒のおいしい季節になってまいりました。


料亭うおとめではいろいろと冷酒を取り揃えていますが、


福井県ではめずらしく”奈良”のお酒も置いています。


「奈良豊澤酒造」http://www.nara-shimbun.com/bacchus/16_nara.html


の貴仙寿吉兆(きせんじゅきっちょう)というお酒です。


秀麗辛口で、くせがなくとてもフルーティーで上品な味だと思います。


お客様の飲まれた感想で「ドイツのシュトーペレーゼというワインの味に似ているね」とおっしゃった方もいらっしゃいます。シュトーペレーゼというのは、ドイツ語でシュトーぺは「遅くに」という意味だそうで、遅くに収穫したぶどうで作ったワインということだそうです。


私が奈良出身なので、置き始めたのですが、なかなか好評で、「飲みあきない」と人気の冷酒となっております。低価格というのもあり、この値段にしてはおいしい♪と評判です。


吉兆


 


 


 


 


 


 


 


 


 


私もこの貴仙寿吉兆、大好きです。一度お試しくださいませ!

2005年07月08日

果実酒

若女将は”果実酒”を色々と漬けております。


今日は「ブラックベリー」の果実酒を仕込みました。


作り方はいたって簡単です。果実を洗ってクッキングペーパーなどで水を拭きとり瓶に入れ、ホワイトリカーを注ぎます。果実の種類によっては氷砂糖を入れます。ただそれだけです。


瓶に日付と果実の名前を書いて出来上がり!!


種類によってさまざまですが、柑橘系(レモン、グレープフルーツなど)は1ヶ月くらいでおいしくなります。あと葡萄やベリー系も2ヶ月ぐらいで鮮やかな色になり、飲み頃になります。花梨は1年以上つけた方が甘くなります。


さまざまな果物で作れるので楽しいですし、「コーヒー(豆を漬けます)」や「紅茶」のお酒も作れるので、皆様一度お試しください。


左から「杏子(アンズ)」、「ブラックベリー」、「花梨(カリン)」


果実酒


 


 


 


 


おいしくなったものは、お客様の食前酒などにお出ししています。

2005年07月10日

柚子の花

かわいらしい柚子の花が見ごろです。

 柚花

 

 

 

 

 

 

 

 

正岡子規の俳句に「吸物に いさゝか匂ふ 花柚かな」というのが

ありますが、お吸物に柚子の花を浮かべ柚子の香りを楽しむという

今の時期ならではの楽しみですね。

 

白くて小さい5つの花びらは、とてもけな気な印象を受けます。

 

柚花2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この中のいくつが実になってくれるでしょうか?
柚花3

2005年07月11日

これからのお中元ギフトは・・・

最近よく聞いたり目にしたりする言葉は「お中元」です。

さて、お中元などをもらった時によく思うのがそれが梱包されていたのに出るゴミです。分別作業に結構手間がかかります。皆さんも経験がおありのことと思います。

お店でも、お中元の商品にと考えている「鮎の風干し」http://www.uotome.com/order/index.htm

があるのですが、それの梱包や包装の方法をできるだけ簡単に、そしてゴミが出ないように考えるのも業者としての仕事ではないのかなと思います。

いつもクール便などでハッポースチロールを使っていますが、一般家庭にハッポースチロールが送られてくると、後の処理が大変だと思います。そんなことも考えていい方法を見つけられたらなと思います。

 

2005年07月12日

お精霊(おしょうらい)さんの灯篭作りをしました

 


明日からお精霊さんです。「おしょうらいさん」とはご先祖の御霊のことです。「おしょうらいさん」は、7月13~15日は毎年それぞれの家に帰ってこられるのです。3日間を家族と過ごし、そして浄土に戻られるのが15日。その間、3度のお食事をあげたり、お経をあげたりすることがおしょうらいさんです。灯篭


今日、その灯篭作りをしました。毎年いろいろと絵を描いたり文字を書いたりしていますが、今年は夏野菜をかきました。


 


 


 


 


 


灯篭4


灯篭1


 


 


  


 


 


 


    加茂茄子&万願寺とうがらし


灯篭2


灯篭3


 


 


 


 


 


 


    花茗荷&伏見とうがらし

どくだみ(十薬)


梅雨になると、あちらこちらに見えるのがこのどくだみの花です。どくだみは、ハートの形をした草です。そばに寄るとなんともいえない臭いがします。

白い四弁の花を鮮やかに開きます。調べたところ、実は、この花と思っていた白いのは実は枝(花序)で、真ん中の黄色い部分に花弁のない小さな花がたくさんついているそうです。白い部分は花序を飾る特殊な葉の役割をしているそうです。

小さいころ、実家の祖母がよく十薬を煎じて飲ませてくれました。

母親もいつも飲んでいたようで、「あなたがお腹にいた時、毎日飲んだから色白の赤ちゃんで生まれてきたんやで。」といつも言っていました。どくだみにはそんな効能もあるのでしょうか?
どくだみ

2005年07月13日

またまた ♪デル・ソーレ♪

今日は、主人が「ステーキが食べたい」ということで、デルソーレさんへ行きました。碇子シェフの素敵なお料理をいただいてきました。


 前菜前菜の盛り合わせ


 


 


 


 


たっぷり野菜とへしこのパスタ へしこパスタ


 


 


 


 


鶏ムネ肉のカツレツ サジークリーム


とりむねカツレツ


 


 


 


 


サジー(沙棘)とは中国やモンゴルで日照り、干ばつ、激しい温度差、乾燥、砂嵐、土壌浸食、不毛地帯などの厳しい自然環境でも生息するグミ科の木のことです。


↓碇子シェフのこのレシピやサジーを使った料理について載っています。


http://www.saji-japan.com/sub22.htm



本日いただいたワイン♪


ノランテ ディ サンタ クリスティーナ ロッソ 2003

ワイン

2005年07月14日

あみだそば(今立)

「越前和紙の里」の中に”あみだそば”というお蕎麦屋さんがあります。

越前和紙の里は、伝統の技と美しい自然に触れる散歩道ということで今立の伝統工芸である和紙がテーマにされている名所です。あみだそば和紙の里

あみだそば和紙の里2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中にひっそりとあるあみだそばでお蕎麦をいただきました。

 

あみだそばおろしそばアップあみだそばおろしそば


 


 


 


 


大根の辛味がちょうど蕎麦とバランスがよく、美味しかったです。


箸置は和紙の里ならではの和紙でした♪

2005年07月15日

シェフのイタリアン料理教室

月に一度のイタリアンシェフによる料理教室が今日でした。

さてさて、今日のメニューは・・・

  ・サーモンと玉ねぎ・アボカドのサラダ仕立て(わさびマヨネーズ)

  ・バジルとモッツァレラチーズのオムレツ

  ・豚フィレ肉の蒸し焼き、野菜のクリームソース

の3品でした。

 

ワインはこれを飲みました。

シャトーレグラーブ


 


 


 


 


 


 


CH レ グラーブ ボルドーの白ワインです。


先月、メンバーからの要望で「ふわっとしたオムレツ」の作り方を教わりたいということで、メニューの一つがオムレツになりました。


実践でご指導もいただきました♪まずはタオルをフライパンに入れてイメージトレーニング・・・。でもいざ本番、卵でやると難しかったです。


アボカドは畑のチーズといわれるほど栄養分が高く、体にいい素材といわれています。あまり和食や家庭料理ではなじみがないので、買ったこともあまりなかったですが、今日その既成概念はなくなりました。正しい食べ方と食べごろが分かっていれば美味しいんですね!!剥き方も教えてもらいました。ぜひ、今後お料理に取り入れようと思います。


 豚フィレとサーモン(パンはメンバーの一人が焼いてくれたコーンパン)


サーモン


 


 


 


 


オムレツ♪左がモッツァレラ入り、右はプレーン。


オムレツオムレツモッツァレラ


 


 


 


 


-----------------------------------------------------------


 


さて、今日も料理教室だったということで、家族は「期待」と「不安」でいっぱい(笑)。何を食べさせられるのかと・・・・楽しみの反面、小さな恐怖も・・・。


案の定、オムレツは失敗ばかりでした。3度目の正直でやっとまあまあのものができました。きれいなフットボールになるのはいつのことやら・・・


オムレツ失敗オムレツ成功


 


 


 


 


でも、サーモンと玉ねぎ・アボカドのわさびマヨネーズは成功♪


 サーモンわさび


なかなかのできでした。


もう少し酸味が強いほうがよかったかも。

2005年07月16日

びっくりしました!!

「お!!若女将の着物の着付けがいいよ!」といきなり男性のお客様から声をかけられました。「あ、そうですか?!ありがとうございます!」と言ったのですが、すぐにお客様が、「その着付けは”S川M子着付け教室だろ?!」とおっしゃったのです。私はとんでもなく驚きました。だって大当たりだったのですから!!「ええ!?!すごい!ほんとにS川先生に習ったんですよ!」とびっくりして言いました。「やっぱりな!」っておっしゃいました。他のお客様も「お前、なんでそんなわかるんや!?」と驚いておられました。飾り帯とかしてるわけでなく、一番シンプルな”絽の着物に絽の名古屋帯”のスタイルで着付けを習った先生まで当ててしまうお客様にびっくりでした。すごい!

2005年07月18日

勘平寿司(武生)


勘平寿司???

なんで寿司屋なのに蕎麦?ってまず思われることだと思います。

実は、夜は御寿司を握り、お昼はお蕎麦を打つというご主人が切り盛りされるとてもこだわりのある美味しいお店です。

 

勘平そば


 


 


 


個人的に好きなのは、「塩そば」です。(写真)


勘平さんのこだわりの一品で、使う塩にこだわりのあるおそばです。


勿論、おろし蕎麦も美味しいのですが、おろし蕎麦の塩蕎麦はだしとお蕎麦がとてもマッチしている極上の味です。


※無論、お寿司も美味しいです。ぜひお試しください!


 (ただし、お店は不定休のため、確認してからの方がベターです。)

2005年07月19日

和と洋のコラボレーションディナー(リベンジ)


私の友人が奈良から遊びに来ました。先日急に来れなくなった友人です。リベンジで「和と洋のコラボレーションディナー」をおうちでいただきました!


桃と水菜


 


 


 


桃とサラダほうれん草


トリレバーメロン


 


 


鶏レバーとメロン


 


マスカルポーネディップ


 


 


マスカルポーネチーズを使ったディップをパンにのせて♪


かつおたたき


ドライトマト生ハム


 


 


 


 


      鰹のタタキ       ドライトマトと生ハム


豚バラステーキ


 


 


これは7月17日放送の食彩浪漫(山本耕史さん)で紹介された”豚バラのスパイシーロースト”にシェフがアレンジを加えて作ってくれました。


手まり寿司


 


うちの主人担当「和」ではとてもカラフルな”手まり寿司”!


松茸のフライもいただきました。


そして来るはずだったもう一人の友人がくれた「世界一美味しいといわれる”コンフィチュール”(フランス土産)」をパンにつけて食べました。 コンフィチュール


 


美味しーい♪大満足のディナーでした♪

2005年07月21日

越前そば道場(武生製麺)

奈良から来た友人粉をまぜると子供達を連れて”越前そばの里”で「そば打ち体験」をしてまいりました。”越前そばの里”は武生製麺がそばの販売・食事・体験をできるようにしている施設です。

 

まず、粉を混ぜ合わせます。

 

 

こねているところ

 

少しずつ水をいれ、パン粉状になるまで混ぜます。そして、こねます。

 

 

 

 

 

 

伸ばしているところ

こねてボールにした生地を10分ぐらいねかせてから、伸ばしていきます。

 

 

 

 

 

切る前たたんだところ

 

折りたたみます。

 

 

 

 

 

 

そば切っているところ

 

2mmぐらいの太さで切ります。

とても緊張しました。

 

 

 

 

そば切ったところ

 

結構均等に切れました(!?)

 

 

 

 

 

 

 

そば道場できあがり

 

そばをゆでるのは係の方がしてくださいます。

 

 

自分で打った蕎麦の味は格別でした♪

2005年07月22日

カブトムシが来ました!

知り合いの方から”カブトムシ”をいただきました。「子供達に見せてあげて♪」ってことで、早速子供達に見せました。・・・・でも下の子は、「こわい!こわい!」と言うだけで、かなり怖がっておりました。

 かぶとむし

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の福井新聞にも、美山町のカブトムシが羽化したという記事が載っていました。例年より10日ほど遅いそうです。ヒラタケ栽培で使ったおがくずを利用してカブトムシを飼育しているそうです。羽化のピークは今月下旬だそうです。
かぶとむし2

2005年07月23日

岩本屋(ラーメン)

 ちょっとラーメン屋さんぽくない和風な店構えで、おいしいラーメンが食べれる岩本屋さんです。


  岩本屋玄関


 まずお店に入ると、食券の販売機があり、


先に券を買います。


そして、店員さんに渡し、ラーメンが出てくるのを待ちます。


ここのお店の面白いのは、食券を渡すときに「おこのみ」を言えることです。


 


●麺のかたさ/固め・普通・柔らかめ


●味(しょうゆ)/濃いめ・普通・薄め


●脂(背脂)/多め・普通・少なめ・抜き


●薬味ねぎ/多め・抜き


この4つの「おこのみ」を店員さんに注文できます。


 トッピングは別料金になっています。写真はチャーシューをトッピングしたラーメンです!


チャーシュー麺

2005年07月24日

御清水庵

お蕎麦のおいしいお店です!

御清水庵(おしょうずあん)です。

御清水庵

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はざる蕎麦をいただきました。

松尾先生

 


 仁愛大学の松尾先生の句もお店に掲げてあります。


 「一滴のやがて御清水蕎麦どころ」


 


お清水


 


 


 


 


 


 


 


 


 団子


 


 


 


 お蕎麦といっしょについてくるお団子。


一口サイズで美味しいです♪


 


 


 

2005年07月25日

CALERA(カリフォルニアワイン)

カレラ2カレラ


 


 


 


 


 


 


 


シェフがあることのお礼に「CALERA」というワインを持ってきてくれました。


ロマネコンティのクローンワインとして話題となったワインだそうです。


ピークのときは4000~5000円したそうですが、今はだいたい2000円前後だそうです。


飲んでみると、なるほど!!という感じでした。


美味しいワイン、ありがとうございました!!

2005年07月26日

お茶のお稽古

今日の午前中はお茶のお稽古でした。8月に社中の「浴衣茶会」があり、それで茶箱のお点前があるので、今日のお稽古は茶箱和敬点をしました。

料亭うおとめ(当店)で「浴衣茶会」をすることになっています。

七夕の趣向で各自が七夕の飾りを作ることになっていて、今日みなさんの作品を見せていただいたのですが、とても手の込んだ飾りばかりでした。

先生が「社中だけでするのはもったいないくらいだね。お客さんも呼びたいくらいですね。」とおっしゃってました。

薄茶のお点前は座敷でしますが、茶箱のお点前は店のロビーでやります。ソファーに座ってガラスのテーブルに茶箱を置いて、立礼式でやります。

先生は「”立礼棚がないから立礼式はできない”と、道具がないからできないと言わないで、身近にあるもので充分お茶は楽しめるのですよ」とおっしゃっています。茶室や和室がないマンションでも充分にお茶を楽しんでいいのですよね。

2005年07月28日

会席料理と懐石料理

最近ではほとんどの料理屋で「懐石料理」という看板をかかげて営業されています。実は「懐石料理」と言われるようになったのはここ30年のことだそうです。意味から考えると「会席料理」は、人が集まったりしたときにもてなされる本膳料理を簡略化したもので、会席料理という方が正しいのかもしれませんが、時代の流れで格式の高さや精進性を想わせる「懐石料理」が一般に使われるようになったのだそうです。

「懐石料理」の本当の意味は、”禅の修行僧が寒さをしのぐために温めた石を懐中に入れたこと”が言葉の始まりと言われ、茶事の食事を「懐石料理」「茶懐石」といいます。茶懐石では決まりごとがとても多く、お茶を飲むために食べる食事ですので、茶事の趣向に合わせて料理を出し、向付・汁・ご飯から始まり、八寸・湯桶・香の物とすすみ、順番はもちろん、置き方や種類なども事細かに決まっています。

反面、「会席料理」にはそんな決まりごとはなく、時代の流れやお客様の趣向によって変化しています。料理屋もいろんな工夫をしてアレンジしたりしています。

この「懐石」と「会席」の違いは知っているようであまり知られていないのが現実です。造

 

 

 

 

 

 

 

 

この違いを頭に入れた上で、料理屋の料理も考えていかなければなりません。

2005年07月29日

ちょっとお泊り(越前町)♪

娘の幼稚園のお友達のご家族と一緒に越前町のログハウスへ。

とても豪華なBBQとなりました。

 正面玄関

GFC越前という会員制の宿泊施設です。

こちらは本館の玄関です。

 

 

 

 

 

 


ドームハウス

 

ドームハウスの入り口。

ピンボケしてしまいました(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海をバックに焼肉&海鮮バーベキュー!

 

お刺身2

伊勢海老と鮑

 

 

 

 

 

 

 

お刺身

 

 

 

 

 

 

 活きてる2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 活きてる

 

 

 

 

 

子供達は木のかわいいブランコで大喜びでした。

 

ぶらんこ1

ぶらんこ2

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日をみながらのツーショット・・・・何を話しているのかしら・・・♪
夕日に二人

2005年07月30日

iPod買っちゃいました


買っちゃいました♪


iPodです。


車に積んでいるCDチェンジャーが壊れたまま修理せずにそのままだったのですが、その代用でいいものを見つけてしまいました。


このiPodは5000曲記録可能で、曲をジャンル別とかアーティスト別とかにも分類できてシャッフルして流したり、色んなことができます。


CDをiPodに書き込んでおけば、車の中にCDを置かなくてもいいので、とっても省スペースで便利なのです♪


Ipod


 


 


 


 


快適なカーライフが期待できます♪

2005年07月31日

休みの前の日はなぜか・・・

お店の定休日というのは特になく、うちの場合は予約制なので予約がなくて仕込みもない日を休みにしています。今日はお昼に予約があり、夜の予約はありませんでした。そして、明日は予約もなく仕込みもないのでお休みです。今日の夕御飯は”手巻き寿司”でした。なぜか休みの前の日は手巻きにすることが多いのです。というのもお刺身の端やいろいろ薬味などが残っていることが多いので「じゃあ、手巻きにするか!?」ということになるのです。

今日も手巻きのねたは帆立や鮪、烏賊、蛸、鮑、かんぱちなど・・・。でもそれは在庫処分のための一つの策なのです。

About 2005年07月

2005年07月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年06月です。

次のアーカイブは2005年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35