« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月 アーカイブ

2005年12月02日

京都へ ~名酒館タキモト~

タキモト


一泊一日(半日&半日なので正味一日)の京都小旅行に行ってきました♪


まずはじめに足を伸ばしたのが、六条通高倉東入にある「名酒館タキモト」です。


色々なお酒(日本酒・焼酎・ワイン)がお安く買えるとてもいいお店です。品揃えがとても多く、店員さんがお酒に関する専門知識豊かで様々なお酒に関する相談にものってくれます。


ワイン専門の”葡萄館”もあります♪


タキモト2


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


お店の前には大きい甕があり、子供もびっくりの大きさでした。


タキモト3


 


 


 


 


タキモトさんのURL http://www.eonet.ne.jp/~takimoto/index.html


タキモトさんはインターネットの通信販売はされていません。

京都へ ~ウェスティン都ホテル京都~

ウェスティン京都2


京都でのホテルは「ウェスティン都ホテル京都」を予約しました。京都に行くことが3日前に決まったので、11月30日に宿泊するのに11月28日に予約しました;


http://www.westinmiyako-kyoto.com/


ホテルの正面玄関には柱ごとにかわいいクリスマスツリーが飾られていました。とてもいい雰囲気です。


ウェスティン京都


そして、正面玄関を入ると、なんて素敵なんでしょう!!大きいクリスマスツリーとテディベアのアレンジで飾られていました!


す・て・き♪と子供も喜んでいましたが、ママも大喜びです!!

2005年12月03日

京都へ ~祇園なか原~

なか原


今回の京都訪問の一番の目的がこの「祇園なか原」さんへおうかがいすることでした。


8月にオープンされたお店です。


私の主人が京都で修業していたころに大変お世話になった先輩が晴れて開店されたお店です♪


主人が修業に入ったころに「煮方」をされていた方で、お名前が”中原悟”さんで、お店の名前も”なか原”です。その悟さんと女将さんとお二人で切り盛りされています。


お二人でカウンター7席、小上がり6席をしておられますが、満席になっても慌てふためく様子もなく、スマートに綺麗な仕事で、とても美味しいお料理をお出ししていただけます。本当に感心します。


なか原2


お店の場所は、八坂神社の前の四条通の「祇園小石」さんと「かずら清」さんの間のほそーい路地を入って四条上って東側にあります。


 


 


 


 


なか原3


口代


 


 


 


なか原4


お造り


 


 


 


なか原5


 


大好き♪です、かぶら蒸し!!


美味しかったです!幸せ。。。


 


なか原6


 


鯖寿司とお漬物寿司。


 


 


なか原6


 


ぐじ(甘鯛)の若狭焼。


とても大きいぐじだと思いました。身がプリプリでした♪


 


 


なか原8


 


河豚と海老芋の唐揚げ


 


 


なか原9


東寺揚げの煮物椀。


こちらは本当に美味しかったです。


これぞ京料理!です。


本来の味が楽しめました。クオリティーの高さがしみじみと感じられました。さすがです。


なか原10


ご飯。別の器でいくらが出てきて、お好みでいくら丼にしてくださいというお心遣いがとても嬉しいです。


 


 


 


なか原11


 


最後はさっぱりと果物。ラフランスがとてもみずみずしくて美味しかったです。


 


いいほろ酔い気分の主なか原7人とO氏。


なか原12


中原さんご夫妻と♪


 


 


 


とてもほっこりするお味で幸せ気分に浸りました♪

京都へ ~マールブランシュ~

マールブランシェ8


北山通の銀杏がとてもきれいでした。


北山にあるマールブランシュ本店に行ってきました。


 


 


マールブランシェ5


クリスマスケーキの予約が始まっていました。


 


 


 


マールブランシェ4


ケーキはもちろんですが、店内でマールブランシュのデザートプレートをいただけます。


 


 


マールブランシェ3


ミルフィーユ


 


マールブランシェ


キッシュ


 


 


 


マールブランシェ2


 


丹波栗の絞りたてモンブラン♪


期間限定で、丹波栗のストックがなくなり次第終了だそうです。


 


マールブランシェのHP http://www.malebranche.co.jp/top.html

2005年12月07日

ひと足早いクリスマスパーティー♪

クリスマスパーティー2


12月に入ったばかりですが、少し早いクリスマスパーティーを、シェフのイタリアン料理教室のメンバーで開催しました。場所は「料亭うおとめ」、うちの観月の間で。掘り込み式のお部屋です。


クリスマスパーティー3


 


 


 


 


イタリアンの永谷シェフと、うちの主人の「和と伊のコラボレーション」で、メニューをたててくれました。


 


 ~MENU~ をご紹介します!


クリスマスパーティー1


 


 


 


 


 


 


和) 本日のお造り盛り合わせ


   海老芋のせいこ蟹くずあん


クリスマスパーティー6


 


 


 


 


   豚の角煮


クリスマスパーティー8


 


 


 


 


伊) マスカルポーネのディップ、カナッペ添え


クリスマスパーティー7


 


 


 


 


   トマトと蕪のサラダビネグレット、ゴルゴンゾーラとともに


クリスマスパーティー4


 


 


 


 


   鮮魚の昆布マリネ、グレープフルーツと共に、グリーンソース


クリスマスパーティー5


 


 


 


 


   キタアカリのニョッキ、ポルチーニ入りキノコのクリームソース


クリスマスパーティー9


 


 


 


 


   ヘシコと色々野菜のペペロンチーノ


クリスマスパーティー11


 


 


 


 


   イカスミのスパゲッティー & リゾット


クリスマスパーティー10


  


 


 


 


 イベリコ豚のロースト、バルサミコソース、オレンジの香りミックスビーンズのサラダ添え


クリスマスパーティー12


 


 


 


 


最後にデザートですが、シェフ手作りのショコラケーキとコーヒーをいただきました。


和のデザートはイチゴ、柿とラフランスの日本酒漬けでした。


お腹いっぱい!!みんなとおしゃべりしながら楽しい時間をすごさせていただきました。

2005年12月08日

お茶のお稽古~韓国宮廷菓子クルタレ

1087c280.jpg

クルタレ今日はお茶のお稽古でした。お菓子に「韓国宮廷菓子クルタレ」をいただきました。社中の方が韓国へ旅行されたらしく、お土産でいただいたものだそうです。


クルタレというのは、韓国で宮中で伝統的に作られているお菓子だそうです。真っ白にみえますが、実は細~い繊維のようなまるで繭に包まれた蚕のようなお菓子です。繊維のようなものは、蜂蜜を1本から16000本に伸ばしたものだそうです。1本、2本、4本、8本、16本、32本、64本、128本、256本・・・・と16000本に伸ばすそうです。韓国ではずっと公にされていなかったお菓子だそうですが、今では実演もされているそうです。


やはり・・・チャングムの影響なのでしょうか!?!?


とても美味しいお菓子で、お茶(抹茶)にも合うと私は思いました。

2005年12月10日

お茶漬けについて

今日は12月の忘年会シーズンと金曜日ということもあり、当料亭うおとめも大盛況でした。ありがたいことでございます。


小座敷のお客様で、ご接待もありました。韓国からのお客様でした。以前もうおとめにいらっしゃったことがあり、そのときにリクエストで「お茶漬けが食べたい」とおっしゃったので、お茶漬けをお出ししました。そのことを覚えていらっしゃったのか、それともどこかのお店でお茶漬けを召し上がっておいしかったのかわかりませんが、改まって、「あの、ひとつだけ聞きたいことあります。」(とても流暢に日本語をお話になります)


「お茶漬けというのは、おいしいのですが、韓国では”お茶漬け”を出しているお店が一軒もありません。もし僕がお茶漬けを家で作ろうと思ったとき、作り方を教えてほしいです。お茶はどんなものを使いますか?」


どんなことを質問されるんだろうと思ったら、こんなことでしたので、「ああ、焙じ茶ですよ。番茶とかとも言いますね。」と、箸袋にローマ字で「hoji-cya」とか「ban-cya」とか書いて見せました。熱心に「あの、かけるものありますね?!」とまた質問されるので、「あーあー、お茶漬け海苔ですね!?」というと、「はいはい、それそれ、かけるやつ!!」と盛り上がります。私は「お茶漬け海苔と言えば、永谷園ですね!」と"nagatanien”と紙に書きました。「これは、H和堂に売ってますか?」です。ほんとに韓国に買って帰りたいんだなと思いました。


永谷園HP http://www.nagatanien.co.jp/


お茶漬けもインターナショナルな時代になってきましたね♪


 


 

2005年12月11日

金沢のギャラリートネリコ

久岡冬彦先日、突然のメールがありました。


それは、「久岡冬彦(陶芸作家)さん」についてのことでした。うおとめでは久岡氏の器をわずかですが使用させていただいております。(大皿がメイン)


写真は今日まさに久岡氏の器で蟹を盛り付けたものです。黒いダイナミックな角皿です!


その久岡冬彦さんを含む作家の展示が1月3日~17日までギャラリートネリコで催されます。「金沢と奈良 -おいしい器-」というタイトルです。どのような展示会になるのか、とても楽しみです。ぜひ足を運びたいと考えております。


ギャラリートネリコさんのHP http://tonellico.hp.infoseek.co.jp/index2.html

2005年12月13日

イタリアのシャンパン?!~フェッラーリ・ロゼ~

フェラーリフェッラーリはイタリアを代表するスプマンテのメーカーで。1902年に設立されました。

サミットをはじめとする、イタリア政府主催の公式行事や各国イタリア大使館のパーティ、そしてミラノコレクションを彩る多くのメゾンの華やかなパーティの乾杯を演出しています。
その歴史はトレントの地で産まれたジュリオ・フェッラーリから始まりました。フランスでブドウ栽培を学び、シャンパーニュとトレントの類似性を直感的に見抜き、故郷でシャンパーニュのような高品質のスプマンテ造りをスタートさせました。

製法もシャンパーニュと同様に時間と手間をかけたメトッド・クラシコ(瓶内二次醗酵)。

まさに『イタリアのシャンパーニュ』と呼ぶに相応しいスプマンテです。


皆さんがよくご存知の自動車メーカーのフェッラーリとは、ともにいい関係だそうで、ミラノのストアオープニングの際にも使用されているそうです。

2005年12月14日

今日は大雪です

毎年、暖冬暖冬といわれていて12月にこんな大雪が降るなんて9割の人は思っていなかったと思います。昨日から今日にかけて本当によく降りました。


お昼に予約が入っていた1組が大阪から来れないということでキャンセルになりました。明日のお昼の予約も何ヶ月も前から「蟹を食べたい!」ということで予約をいただいていたのですが、電車が動いていないし帰りも帰れる保障ができないということでキャンセルになりました。


福井では昔はこんな雪は当たり前だったと思いますが、今の暖冬続きの気候にあららと大雪で、いろんな二次影響が出ています。


除雪も間に合っていないようで、ぼこぼこの道で無理やり走っている車もあります。屋根の雪下ろしをしていてなくなっている方もいるそうです。


みなさん、十分気をつけてください。一番大切なのは命ですので。

2005年12月15日

大雪も少し落ち着きました

e9a86df7.jpg

武生も午後からは陽がさし、少しずつ雪も解け始めました。思わぬ大雪の後、街はちょっとバタバタとせわしい感じです。

2005年12月23日

クリスマスももうすぐです♪

ペイジェント12月23日になりました。


昨日は子供が通う幼稚園の年に一度の行事でした。


毎年12月の登園日の最後の日は「クリスマスのペイジェント」があります。園児が毎日練習したミュージカル風(賛美歌)の劇の発表の場でもあります。クリスマスの日にイエス様がお生まれになったときのことを園児たちが再現するのです。色々な役があり、私の娘二人も”羊(ひつじ)”の役でした。みんな練習して大きな声で歌って、そして一つ一つ役目を果たしているのをみると、ちょっとうるっとしてしまいます。夕方に行われるので、そのペイジェントの途中には電気を消して、ろうそくの灯りでとても幻想的なシーンもあります。


ペイジェントの後は、なんと「サンタクロース」の登場です。


サンタ鈴の音とともに現れたサンタクロースのおじさんです。


大きな袋に入ったプレゼントをみんなに置いていってくれました♪


(やっぱりサンタさんも武生弁でした。)


 

2005年12月24日

クリスマスイヴ

クリスマスケーキ今日は奈良から友人の妹がうおとめに来店してくれました。この大雪で、電車が動くかどうか心配でしたが、なんとか来てくれました。蟹が食べたいと1ヶ月以上前から予約してくれていました。


2人で来ると言っていたので、女の子のお友達と来るのかな?と思っていたら、なんと彼氏さんを連れてきてくれて、来年結婚するということでした。


とてもさわやかなカップルで、初々しかったです♪


数年前の自分のことも思い出してしまいました。結婚前って一番どきどきしてたなーっと思って・・・・。


今日はクリスマスイヴなので、食前酒にシャンパンをプレゼント♪そしてクリスマスケーキも。


蟹もおなかいっぱい食べ、それでも食べきれなかった蟹をもって満足そうにホテルへ戻っていきました。


あー、あんな頃もあったなー。(しみじみ)

2005年12月25日

ギャラリートネリコ特別企画「漆のお話 市島桜魚氏」2006/1/8PM3時より

トネリコトネリコ


 


 


 


 


先日も日記に書きましたが、うおとめでも使わせていただいている器の作家である久岡冬彦氏が金沢で漆器との器展をされるとのことです。その開催期間中に特別企画で、漆芸家の方々と久岡氏を囲んでのホームパーティーのようなものが催されることになり、料亭うおとめの料理(おつまみ)も少しだけお出ししていただけるということになりました。その案内が送られてまいりました。


--------------------------------------------------------------


金沢と奈良 おいしい器展


金沢の漆器と奈良の白磁青磁をつかった新しいテーブルコーディネート!


2006年1月3日(火)~1月17日(火)


作家在廊日1月8日(日)9日(祝)


ギャラリートネリコ 金沢市池田町3-30(タテマチパーキング並び)


TEL・FAX 076-231-2678


営業時間11:00~18:30 休廊日1月11日(水)


--------------------------------------------------------------


ぜひ興味のある方は、足を運んでみてください!!


http://tonellico.hp.infoseek.co.jp/oishi/oishi.html

2005年12月26日

VILLA TRASQUA (キャンティクラシコ)

クリスマスイヴ♪にふさわしいイタリアンワイン、美味しかったです。


villa trasqua


 


VILLA TRASQUA(ヴィッラ・トラスカ)というキャンティ・クラシコのワインです。


いつもワインを買っているヴィノスやまざきさんのおすすめワインです。


キャンティというのはイタリアのトスカーナ地方でつくられるDOCGの赤ワインのことです。その中でもキャンティ・クラシコは独自に厳しい規制を施して優良ワインを造ってきたので、1996年に、キャンティとは一線を画した別個のDOCGワインに認定されました。


 


villa trasqua2


 


 


 


←ちなみに、キャンティ・クラシコ組合員のワインには「黒の雄鶏」のマークがあります。


 


 


こんなに格が高い美味しいワインがなんとヴィノスやまざきさんでは2000円以下で買えてしまいます!これは1980円、ケースだと21000円です。これは超おすすめですよ。


ヴィノスやまざき http://www.v-yamazaki.co.jp/

2005年12月28日

3人だけでプチ忘年会

忘年会のシーズンもピークを過ぎて少し落ち着いたかなというとき、イタリアン料理教室のシェフからお誘いで、うちの自宅で「プチ忘年会」をしました。


3人で今年の反省会をしました。(苦笑)


造り


 


鯵のタタキと烏賊の造り


 


 


課もロース


鴨ロース


 


 


 


からすみサラダ


からすみのサラダ。


鰹だしとオリーブオイルのドレッシング♪


 


 


イタリアンハム


 


手作りハム(ピンクの方)。


イタリアンハムに干し柿を包んで。


 


マスカルポーネ


 


私のリクエスト♪大好きなマスカルポーネのディップ!!


 


 


美味しいワインとともに、雪の降る夜の小さなパーティーでした。

2005年12月29日

近所の公園で雪遊び

12月のこの大雪、すごいことです。でも、なかなか晴れた日がなく、雪遊びどころではありませんでした。今日は少し晴れ間が多かったので、近くの公園へ子供を連れて行き、雪遊びを楽しみました。つかの間の雪遊びでした。


yuki2


 


雪の滑り台です。


恐い物知らずの子供達はすごいスピードで滑ります。


 


yuki


yuki4


子供達はべたべたになりながら雪遊びを大いに楽しんでいました。


 


 


 


yuki3


 

2005年12月30日

初歩からわかる超ワイン入門

fbcdeec9.jpg

ワインをいつも買っている「ヴィノスやまざき」さんの種本祐子さんが本を執筆されました。種本祐子さんは日本ソムリエ協会シニアワインアドバイザー。ヴィノスやまざきの専務取締役です。自分の舌で選んだ高品質の無名ワインを直輸入し業界の注目を集めて折られます。直営ショップを渋谷・広尾・小田原・静岡に展開され、高級スーパーのワインコンサルティングなどもしておられます。


この本の最初に、ワインをグラスに注ぐ瞬間、ふわっとワインの香りが広がります。この「ふわっ」の瞬間、ワインへの期待が高まり、楽しい気持ちでいっぱいになります。とあります。楽しい「ふわっ」がたくさん訪れますよう・・なんて書いてあります。


ワインの説明で「ブルゴーニュ産、ジュブレーシャンベルタン95年でございます。品種はピノ・ノワール」とソムリエさんに言われたら、「静岡の川根町で95年にとれたお茶、品種はやぶきた種。」というのと同じです。とあり、なるほど・・と思いました。横文字ばかり並ぶけど、実は産地や品種を言ってるだけなんだと。


このように種本さんはわかりやすく親切に書いていらっしゃいます。


この本、ぜひおすすめしたいひとつでございます。

2005年12月31日

だいこん舎(鯖江市)

だいこんや


大晦日のお昼にだいこん舎さんでおそばを食べてきました。


鯖江市桜町2丁目5-10


TEL0778-52-3520


月・第3日曜定休


 


ちょっとめずらしい”くるみそば”。くるみの風味とそばの相性ぴったり♪


だいこんや3


 


 


 


 


だいこんや2


温かいやまかけそば。


 


 


 


だいこんや1


わさびそば。


 


 


 


風来窯の器がおそばをよりいっそう引き立てていました♪


ご馳走様でした。

About 2005年12月

2005年12月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35