« シェフのイタリアン料理教室 | メイン | ブログ1周年♪ »

ワインと日本料理

ワインというものは、日本料理とは懸け離れているものと思われていますが、実は違うのです。


「ワインと醤油は合わない。」というのは違うと思います。ワインは日本料理にもあうのです。


私が試した限りでは、白ワインorスパークリングワインは大体、日本料理に合います。そして例外を除いて、赤ワインも合います。


日本人は、古来より素材の味わいを好む民族です。この前、水道水とコントレックスとの違いを自分なりに検証してみました。野菜を水道水とコントレックスとでゆでて、その味を見てみました。


その素人目の結果ですが、おもしろい結果が出ました。みな、コントレックスで茹でた野菜は「甘みは出ているが素材の味が消えている?」ということでした。水道水で茹でたものは素材の本来の味が残っているとのことでした。


日本人は繊細な舌を持ち、旨味の分かる民族なんですから、自信を持って、大いに日本料理とワインを味わうべきだと私は思います。





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年03月18日 21:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シェフのイタリアン料理教室」です。

次の投稿は「ブログ1周年♪」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35