« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月 アーカイブ

2006年07月01日

メンドシノ(Mendocino)~ハンプトンイン(Hampton Inn)

mendocinomendocino


 


 


 


 


アメリカの大地を車でどんどん行きます。


 


mendocino5


アメリカンチェリーの野外販売。


山の中にぽつんとありました。


本場アメリカで食べるアメリカンチェリーは格別です。


 


3時間位でやっとメンドシノに来ました。


mendocino


mendocino


mendocino


 


 


 


 


ここが今日のホテルです。ハンプトンイン(hampton inn)というホテル。


m


 


 


 


 


ホテルを入ると暖炉がありました。部屋もとてもかわいいです。


ベッドの枕の上の絵画は、いずれもぶどう畑が描かれています。


 


mendocino1


mendocino


 


 


 


 


 


m


mendocino


 


 


 


 


mendocino


mendocino


こちらの女性は、カリフォルニアワインとスピリッツを扱っている会社の方です。


こちらの方から色んなワイナリーを紹介していただいているとのことです。


 


mendocino


夜のホテルのライトアップ。


 


 


 


ホテルの前のwell martに行ってみました。ガチャガチャとUFOキャッチャー。


日本と同じだけど、なぜか可愛いです。


mendocino3


mendocino4


 


 


 


 


mendocino2


ホテルでの朝食。


 


 


 


 

メンドシノ(Mendocino)~ロロニスワイナリー(Lolonis winery)その1

lolonis1


まず初めに訪問したのは、メンドシノのレッドウッドヴァレーにあるロロニスワイナリーさんです。


http://www.lolonis.com/ ロロニスワイナリー


 


 


lolonis2


lolonis3


 


 


 


 


 


lolonis4


lolonis5


 


 


 


 


lolonis6


lolonis7


 


 


 


 


とても広い畑が山の麓まで連なっています。


ロロニス家はもともとはギリシャからの移民だそうです。


1914年にこの地にやってきて、1920年にぶどう農園をスタートさせました。1954年に息子さんが大学でぶどう栽培法を学んだのをきっかけにてんとう虫を使ったオーガニック農法を父親のペトロスさんに提案、1982年にワイナリーを設立されました。


lolonis8


lolonis9


 


 


 


 


主に輸出先は、日本・イギリス・ドイツ・ギリシャだそうです。


lolonis10


ロロニスさんのおすすめは、なんといってもジンファンデル(アメリカのぶどうの品種)だそうです。ロロニスさんのジンファンデルは、ホワイトハウスの晩餐会にも出されるくらい、とてもいいワインだそうです。


ロロニスさん自ら、試飲の準備をしてくださいました。


この快適な気候の中で一面のぶどう畑を見ながら、そして生産者といっしょに、試飲ができるなんて、最高!!


180エーカーの広大な敷地に、肥沃な土壌を有し、植物なども使い土壌に栄養を与えながら、550万匹のてんとう虫を畑に放ち、害虫駆除を行なっています。


lolonis11


lolonis13


シャルドネと私。


 


 


 


lolonis14


チーズといっしょに試飲させていただきました。


lolonis15


 


 


 


 


 


こちらのワイナリーの特徴は有機栽培。てんとう虫を一つ一つ木に留まらせ、害虫駆除を行なっておられます。


lolonis18lolonis19


 


 


 


おっと、Mさんの手にてんとう虫がとまりました!ラッキーボーイ!?


 


 


lolonis20


 


lolonis21


 


 


 


 


ロロニスのワインは、コストパフォーマンスの面でもこだわりが見られます。ジンファンデルではワインスペクテイター誌で85点のロロニス18ドルに対して、ナパロシアンリバーのワインは同点ポイントで35ドルです。とても評価の高い、コストパフォーマンスの高いワインです。


 

メンドシノ(Mendocino)~ロロニスワイナリー(Lolonis winery)その2

lolonis1-1


 


 


 


 


 


 


試飲のお礼に、日本から持ってきた干菓子とお抹茶をプレゼントしました。


lolonis1-2


lolonis1-3


 


 


 


 


お茶の飲み方もちょっと教えてみました。この女性の方は、カリフォルニアワインを紹介してくださる方です。


lolo


lolonis1-5


 


 


 


 


 


lolonis1-8


lolonis1-7


 


このぶどうの樹は樹齢30年くらいだそうです。


普通はもう少し細いそうですが、太いいい樹になっているそうです。


 


 


lolonis1-10


 lolonis1-6lolonis1-11それぞれの品種の畑を案内していただきました。


 


 


 


広くて広くて、とても歩いては行けません。こんな広大な土地で、一つ一つ手作業でてんとう虫を樹につけていくなんて、想像しただけでも重労働です。


lolonis1-13


lolonis1-7



 


 


 


 


 


 


lolonis1-16


lolonis1-8


 


 


 


 


 


lolonis1-12


lolonis1-15


lolonis1-14


 


 


 


 


みなさんと記念撮影。ペトロス・ロロニスさんと。


lolonis1-18


lolonis1-9


 


 


 


 




lolonis-d1こちらはワインの貯蔵庫の扉。


てんとう虫です。


lolonis-d2


テーブルクロスも♪


 


 


 


 


lolonis-d3


lolonis-d4


 


 


 


Lolonisのロゴに落書きが・・かわいいですね♪


 


 


lolonis-d6


lolonis-d5


ステンレスのタンクとオーク樽とがあります。


 


 


 


これはフィルターの機械です。


 


 


ぶどう畑を見学させていただいてから、みんなでディナーをいただきました。


サンドイッチとサラダ。この自然の中で、最高のディナーでした。


BGMは、うし蛙の鳴き声でした。本当に静かなところでした。


lolonis-d8lolonis-d7


 


 


 


 

2006年07月02日

ナパ(Napa)~町並み

napa7


メンドシノをあとにし、ナパ(Napa)へ南下してきました。


 


 


 


ナパはとてもきれいな街です。モダンな建物やカントリー風の建物がきちんと整備され、そしてぶどう畑がメインロードにそって延々と続きます。うっとりするような街並みです。


napa4


napa6


 


 


 


 


napa5


 


 


 


 


napa2


napa


 


 


 


 


余裕のある、ゆったりとした空気が流れています。


napa3


napa1


 


 


 


 


さて、みなさまもご存知のオーパスワン(Opus One)に近づいてまいりました。

ナパ(Napa)~オーパス・ワン(Opus One) ワイナリー その1

l-14 


一般的に、カリフォルニアワインと言えば、まず思い浮かべるのがこの「オーパスワン Opus One」でしょうか?


 


opus2


オーパスワンは、カリフォルニアワインの最高峰ともいえる高級ワインです。


 


 


クラッシック音楽の世界で「作品番号第一」という意味をもちます。2つのワイナリーによるジョイント・ベンチャーにより生まれました。フランス・ボルドー地方で格付け第一級の名門、シャトー・ムートン・ロッチルドとカリフォルニアを代表するワイナリー、ロバート・モンダヴィです。
カリフォルニアのナパ・ヴァレーに専用のワイナリーを建設し、カリフォルニアワインのフラッグシップともいうべき、非常に高品質のボルドータイプの ワインを世に送り出しています。入手困難なワインのひとつでもあります。


 


まるで白亜の国に来たかのような建物、これがオーパスワンです。


opus4


opus


 


 


 


 


opus3


opus5


 


 


 


 


ラベンダーの香りがほんわりと。


opus7opus6


 


 


 


 


 


opus8


 


さて、テイスティング(試飲)ルームに入ってみましょう。

ナパ(Napa)~オーパス・ワン(Opus One) ワイナリー その2

opus-6


テイスティングルームはこの扉の奥です。


廊下には柱ごとにテーブルが配置されており、花が飾られています。


 


 


 


 


ここまで来たのですから、ティスティングしなければ・・・と。


”Opus One 2002” グラス試飲25ドルです。


よくよく考えてみると、いい値段でした。


opus-1


opus-2


 


 


 


 


 


 


 


opus-4


「2002年は飲んだけど、ここで飲むことに意味があるんだ」とMさん。


確かに美味しいと思いました。


でも・・・。


 


opus-5


 


 


 


 


opus-16


 


 


 


 


 


 


素晴らしいインテリアでまとめられた応接室、化粧室にはロゴ入りのお手拭き、それはそれは「カリフォルニアワインの最高峰」といわれるだけのものでした。ワインの値段も高くなるだろうと想像できました。


opus-10


opus-7


opus-11


 


 


 


 


opus-13


opus-14


 


 


 


 


 


opus-15


opus-12


 


 


 


 


opus-17


 


2階にあるテラス。ナパの町並みが一望できます。


 


 


 


 

2006年07月03日

ナパ(Napa)~サリヴァンヴィンヤード(Sullivan Vineyard)

次にお邪魔させていただいたのは、サリヴァンヴィンヤードさんです。


sullivan5


sullivan6


 


 


 


 


 


sullivan11


 


 


 


 


 


 


ヴィノスやまざきさんの春のプロモーションの中に商品として「サリヴァン メルロー 1997」がありました。それを飲んだときの印象は、「なんて力強いワインなんだろう!」というものでした。そのサリヴァンヴィンヤードへやってまいりました。


 


sullivan9sullivan10


sullivan3


 


 


 


 


 


sullivan8


sullivan7


 


 


 


 


テイスティングルームは、20平米くらいの大きさで特に料金はなく、色々飲ませていただきました。やはり印象は「ストロング!!」という感じで、このワインの数年後が楽しみという思いがしました。


sullivan1


sullivan8


 


 


 


 


sullivan


sullivan2


 


 


 


 


家の横の池で、ラブラドールレトリバーがはしゃぎながら泳いでいるのが、本当にのどかなゆったりとしたくらしなんだなーと感じさせます。オーナーのお孫さんでしょうか?女の子が二人、犬といっしょに遊んでいました。「ここには、犬が5匹いるんだよ!」と教えてくれました。sullivan15sullivan13


 


 


 


sullivan17


sullivan14


 


 


 


 


 


sullivan4


 


オーナーの息子さんと。


 


 


残念ながらサリヴァンヴィンヤードのオーナーにはお会いできませんでした。息子さんが畑の番をしているとのことで、一目会うことができました。

ナパ(Napa)~The French Laundry

シャトーホテルにストーンヘッジのオーナー、シャヒンさんが迎えに来てくださいました。少しナパの市内を案内してあげてから、「ステージコーチ」に行くとのことでした。


french3


french1


french2


 


 


 


 


 


 


 


案内していただいた中で興味を持ったのは、なんと6ヶ月前から予約がいっぱいというフレンチレストランでした。そこは「The French Laundry」というお店で、シャヒンさんにお願いしてもらって、外観と庭と玄関だけ見せていただきました。隅々まで手のかけられたお庭、中の待合にも生花が活けられ、本当に行き届いた雰囲気のあるお店でした。どんなお料理が出てくるのだろう?と好奇心がわいてきました。


french8


french9


 


 


 


 


french5


french4


 


 


 


 


 


 


french7


french6


 


 


 


 


 


 


 


french


french10


french11


 


 


 


 


野菜も自家畑で作っているようで、これはすべてレストランのものだそうです。素敵です。


 


 

ナパ(Napa)~ナパヴァレーワイントレインとザシャトーホテル

ナパヴァレーは、南東から北西に延びている細長い盆地で、ワイナリーが続く主要道路は47km、一番幅の広い場所が6.5kmほどとなっています。ナパヴァレーは、ナパ(Napa)、ヨウントビル(Yountville)、ラザフォード(Rutherford)、オークビル(Oakville)、セントヘレナ(St.Helena)、カリストーガ(Calistoga)の6つの街で構成され、たくさんのワイナリーとおしゃれなレストランが点在し、観光客でにぎわっています。でも、観光地といってもワイワイとうるさく混雑しているイメージは全くなく、ゆっくりとのんびりした雰囲気が漂っています。


train1


train


 


 


 


 


ナパの主要道路に沿って、ナパヴァレーワイントレインが走っています。運行は、ランチとディナーの一日2本だということです。のんびりとワインと車窓を楽しんでいる人びとでした。


hotel


そして、私たちが今日泊まるのは、ザシャトーホテル(The Chateau HOTEL)です。シャトーはここでは”城”の意味ではなく、ワインの蔵元という意味でのシャトーだそうです。


 


 


ホテルの隣にあるメキシカンレストランでランチしました。


hotel1


hotel2


 


 


 


 


hotel4


hotel3


 


 


 

ナパ(Napa)~ストーンヘッジオーナー、シャヒンさんとステージコーチへ

ストーンヘッジのオーナー、シャヒンさんの案内で、ステージコーチへ。ステージコーチというのは、油田王のジャンポールゲティさんが地主(ロサンゼルスにゲティミュージアムもあるほど)で、その魅力的な土地はナパでも有名なワイナリーが区画を借りています。オーパスワン、ジョセフフェルプス、ケンダルジャクソン、ケイマスなどの有名ワイナリーもこのステージコーチの地面でぶどうを作っているそうです。ステージコーチの面積は800エーカー、そのうち500エーカーがぶどう畑です。そのうちシャヒンさんは42エーカーを使っているそうです。シャヒンさんがここで造っているワインはほとんどがカベルネソーヴィニヨンだそうです。ここの土壌は浅いという特徴があり、ぶどうが生き残るのが難しいということで、生き残っているぶどうがとても強くいいぶどうであるのです。そのぶどうを使って造るワインは、無論いいワインということになります。


sc13sc12


 


 


 


 


sc10


sc11


 


 


 


 


sc9sc8


 


 


 


 


 


sc7


sc6


 


 


 


 


sc3


 


 


 


 


sc5


sc4


 


 


 


 


sc2


sc1


 


 


 


 


 


sc15


sc14


 


 


 


 


sc-01


 


 


 


 


シャヒンさんが車の中から何を出すのかと思ったら、よく冷えた”ストーンヘッジシャルドネ”が!!こんな素敵な場所で、すばらしい演出!!に・く・いです。


sc-8


sc-7


sc-4


 


 


 


 


見てください、このごろごろとした大きい岩。これはこのステージコーチにかつてあったものです。こんな未開拓の地を、試行錯誤して、大変な苦労をしてぶどう畑にしたそうです。水源も占い師によって見つけられ、水を引いてきたそうです。


sc-6


sc-5


 


 


 


 


sc-2


sc-02


 


 


 


 


sc-3


sc-1


 


 


 


 


 


 


”このステージコーチに着物で来た人はいないよ、車の上からの景色は最高だよ”とシャヒンさんにすすめられて、そしてみなさんにも嗾けられ、シャヒンさんの車の上に・・・・。でも、なんとも素晴らしい景色・・・。起伏したぶどう畑。こんな経験をさせていただいて、本当に幸せです。


sc-10sc-9

2006年07月04日

ナパ(Napa)~トスカニー(Tuscany)にてイタリアンディナー

シャヒンさんの案内で、ディナーに連れて行っていただきました。ストーンヘッジのラベルもメニューにあるイタリアンレストランです。


tus-3


tus-4


tus-5


 


 


 


 


 


 


 


tus-2


tus-1このナパの街の一角にあります。


 


 


 


tus-7


tus-10


 


 


 


 


tus-11


tus-13


 


 


 


 


tus-8


tus-14


 


 


 


 


tus15


 


tus-15


tus-16


 


 


 


 


 


お料理も色々といただきました。みんなでシェアしてたくさんの種類を味わうことができました。


ワインはもちろん、全てストーンヘッジです。


tus-12


tus-9


 


デカンタージュしていただいています。


 


 


tus-17


tus-18


 


 


 


 


デザートも堪能しました。


tus-6


tus2


 


 


 


 


tus3


tus4


 


 


 


 


シャヒンさんにも、日本の抹茶を飲んでいただきました♪


tus5


 


 


 


 


シャヒンさんが、「海はへだたりがあるけれども、ワインがみんなを一つにしている!」とおっしゃっていました。

ナパ(Napa)~シャヒンさんとBOUCHONでブレックファースト

シャヒンさんの計らいで、”美味しいブレックファーストをBOUDHONでいっしょに食べましょう”ということで、シャヒンさんの自宅に行ってから、「BOUCHON」というお店にみんなで行きました。


bf2


bf3


bf5


 


 


 


 


こちらは、シャヒンさんのお宅。素敵なインテリアと興味深い本や雑誌が。ランプはストーンヘッジのマグナムボトル。


bf6


bf4


 


 


 


 


さて、BOUCHONにやってきました。赤い建物はレストランです。bf7


パン屋さんはこちらの方です。


 


 


お店の外までパンのいいにおいがします。たくさんの種類のパンとケーキやお菓子。迷ってしまいます。


bf9


 


 


 


 


bf14


bf13


 


 


 


 


bf11


bf12


 


 


 


 


bf10


bf8


 


 


 


 


シャヒンさんは毎週日曜日、ここへ来て朝食をとるそうです。ゆっくりと心が落ち着くそうです。


bf15


bf1


 


 


 


 


bf16


 


 


 


 


朝食の後、シャヒンさんにショッピングストアに連れて行っていただきました。高級店があつまっているモールみたいな感じでした。ワイングッズなどもとてもおしゃれです。


bf17


bf18


 


 


 


 


bf20


bf19


 


 


 


 


 

2006年07月05日

モントレー(Monterey)~メインストリート・キャナリーロウ(Cannery Row)

mont1


mont2


mont3


 


 


 


 


モントレーに近づいてきました。モントレーはサンフランシスコから南へ200km、太平洋の真っ青な海と緑が美しい半島(モントレー半島)の北側にあります。かつてカリフォルニアがスペイン領だった頃、本部が置かれていた街で、今でもアドービ(日干しレンガ)の建物などが残っています。20世紀はじめには、港に隣接してイワシの缶詰工場などがありました。メインはフィッシャーマンズワーフで、スタインベックの小説「缶詰横町」の舞台にもなったキャナリーロウがあります。


コイン駐車に車を停めて、歩いてモントレー散策しました。


mont5


mont4


 


 


 


 


mont8


mont9


 


 


 


 


とても可愛い建物。


 


 


mont-2mont-3


mont12


 


 


 


 


mont15


この建物が元缶詰工場です。


今はお土産物などが売られています。


 


 


mont13


mont14


クラムチャウダーの試食。


 


 


 


 


 


 


mont7


mont-1


 


 


 


 


 


 


 


mont6


mont11


 


 


 


 


 


 


mont17


mont19


 


 


 


 


mont16


 


 


 


 

2006年07月06日

モントレー(Monterey)~ア・テイスト・オブ・モントレー(A Taste of Monterey)

キャナリーロウにある”テイストオブモントレー”にやってきました。


ここはモントレーのワインやワイングッズが取り揃えられていて、試飲もできます。海を見ながら試飲・・・開放感たっぷりの場所といえます。


taste2


taste1


 


 


 


 


taste3


taste5


taste4


 


 


 


 


taste7


taste6


 


 


 


 


taste8


 


 


 


 


 


 


taste9


 


 


 


 


 


 


 


taste11taste10 

モントレー(Monterey)~パライソ(Paraiso)リチャードさんのおうちへ

pa1


今回の最後の訪問先のワイナリー、モントレーにあるパライソヴィンヤードに着きました。


 


pa8


 


 


 


 


これはテイスティングルームの入り口です。


pa7


pa5


 


 


 


 


pa6


pa4


 


 


 


 


pa2


pa3


 


 


 


 


ティスティングルームと畑の見学は明日に、ということで、パライソヴィンヤード、リチャードさんのおうちへ。


犬もお迎えしてくれました。



pa9


pa11


pa10


 


 


 


 


とても広いお宅でした。友人や知り合いをいつもおもてなししているんだなーと思わせる作りで、とても清潔でアットホームでくつろげる感じがしました。


pa17


pa15


pa12


 


 


 


 


 


 


 


pa14


pa13


 


 


 


 


バーベキューが出来るまでチーズなどでワインをいただきました。


とても美味しかったです♪


pa-15


pa-14


 


 


 


 


pa16



 


このシャルドネにはびっくりしました。


まるでブルゴーニュの高級白ワインを飲んでいるかと思いました。パライソの「シャルドネ」の中でも、「イーグルスパーチ」といって、そのイーグルスパーチという場所でできたシャルドネを使って造られています。年間250ケースしか造っていないそうです。


 


 


pa-11


pa-10


 


 


 


 


庭の演出も素晴らしいです。この石、なんだと思いますか?実はスピーカーなんです。そこからJAZZが流れていて、とてもいい雰囲気です。


 


pa-6


pa-4


 


 


 


 


pa-9


pa-5


 


 


 


 


pa-12



pa-7


 


 


 


 


pa-8


pa-2


 


 


 


 


pa-1


pa-3


 


 


 


 


pa18


pa-16


 


リチャードさん自ら、グリルで焼いていただいています。


 


 


 


 


外は冷えてきたので、家の中で食事をしました。


リチャードさんの奥様がクラウディアさんです。このクラウディアさんのお料理は本当に最高でした。アメリカに来て、こんなに美味しいものがいただけると思っていませんでした。お肉も漬け込んであるものをロール状にして串をさして焼いていただいたものでした。パンもガーリックのディップのようなものも添えてあり、ピラフも普通のご飯ではなく、ちょっとさらっとしている細かめのライスを使って造ってらっしゃいました。


pa-17


par5


 


「お肉はこの部分よ!」と絵を描いて説明していただきました。


 


par1


par4


par3


 


 


 


 


par8


par9


このコーヒーカップは、クラウディアさんのお母様の手づくり。陶芸が趣味だそうです。ランチョンマットはクラウディアさんの手づくり。本当に隅々まで心の暖まるおうちです。


 


 


par2


par7


 


 


デザートにアップルパイとアイスクリームをいただきました。


 


par6


クラウディアさんのキッチンです。家族の写真がぎっしりと冷蔵庫に飾ってあり、本当に家族や、人と人の繋がりを大切にしていらっしゃるのがうかがえます。


 


 


リチャードさんとクラウディアさんにも、日本から持ってきたお抹茶をさしあげました。飲んでいただいたところ、とても興味を持たれて、クラウディアさんが「お抹茶をガールスカウトで教えたい!」とおっしゃったので、そんなに興味を持っていただいたのなら・・・と思い、茶杓と茶筅とお茶碗とお抹茶をプレゼントしました。日本茶は”葉”しか知らなかったようで、粉状のものを泡立てて飲むのは初めて、とおっしゃっていました。


par9


最後にみんなで写真を撮りました。


 


 


 


ちなみに、料理評論家の山本益博さんもここのリチャードさんのお宅でクラウディアさんの手料理を召し上がったそうです。山本さんは今までブルゴーニュのピノノワールしか飲まなかったそうです。ヴィノスやまざきの種本さんにすすめられて、パライソの「ピノ・ノワール」を飲んで大絶賛され、このリチャードさんのおうちまで訪ねてきたというそうです。そのくらい、素晴らしいワインを生み出される生産者さんなのです。

モントレー(Monterey)~Best Western

モントレーでの宿は、Best Western でした。


best3best1


 


 


 


 


best2


これは朝食。手軽なものが置いてあり、好きなものをセルフサービスで取ります。

モントレー(Monterey)~ぶどう畑とパライソ醸造所

3000-7


3000-6


3000


 


 


 


 


リチャードさんに案内され、まずやってきたのは、とてもとても広いフラットなぶどう畑です。ここのパライソさんの畑は350ヘクタールあり、ここではシャルドネ、シラー、ピノグリ、ピノノワールなどのぶどうを作っているそうです。ここのぶどうはほとんどがワイナリーへ売るもので、パライソラベルのワインはこの畑のぶどうは使われていません。ここのぶどうは主に、ロバートモンダビやベリンジャーなどに売っているそうです。上の写真にある緑色の大きい機械で、色んな作業ができるそうです。ぶどうのライン4ラインを一度に作業してくれる機械です。


リチャードさんの作るぶどうの品質は、アメリカでとても信頼を得ていて、大手ワイナリーもリチャードさんのぶどうを買っているのです。


リチャードさんは、自社で運営しているぶどう畑が150kmの間に17区画あり、総面積は3000エーカーだそうです。モントレーの地形が、海からの冷たい風がぶどうにとてもいい影響を与えてくれていると話されていました。さて、エーカーという単位を使って表示していましたが、1エーカーというのは1ac=247.105k㎡ですので、3000エーカーなんて想像できません。アメリカってほんとに広いんだなーと実感しました。


このぶどうを売ることがメインのビジネスであり、パライソワインは趣味のようなものだそうです。


3000-2


3000-3


3000-5


 


 


 


 


3000-4


3000-1


 


 


 


 


パライソの醸造所にやってまいりました。ステンレスのタンクとオーク樽とがあります。リースリングはステンレスタンクのみで造ります。樽は使わないことで、ぶどうそのもののとてもフルーティーな味となるそうです。シャルドネは樽で醗酵した後、タンクで醗酵するそうです。その樽も新樽と何回か使った樽とでは、樽香が全然変わってきます。それを混ぜ合わせたりして調整するそうです。


jou1


jou3


jou5


 


 


 


 


jou6


jo-2


 


 


 


 


jou2


jou4


 


 


 


 


樽にもいくつかあり、フレンチオークのみと、アメリカンオークのみのものと、フレンチとアメリカンの混合のものがあります。それによっても香りに影響があり、樽の値段も違うので、ワインの仕上がりも変わってきます。


 


パライソのワインは、1989年にメーカーが創立しました。今のラベルになったのは2000年だそうです。


jou7


jou8


 


 


 


 


 


 


パライソのこだわりがすごいと思ったのは、いいぶどうができなかったら、作らない、ということです。パライソシラーは特別に「ウェディングヒル」で収穫したぶどうを使ったワインでそのままですが、”パライソウェディングヒル”という銘柄もあります。それは普通のシラーよりも値段的にも2000円ほど高くなっています。しかし、2002年は「ウェディングヒル」のぶどうがあまりよくなかったため、2002年の”パライソウェディングヒル”は、生産せず、全てシラーとして出荷したそうです。そのくらい、納得いかなければ、ブランド名もつけないというこだわりがうかがえます。


jo-1


jou10


 


 


 


 


jou9jou11

モントレー(Monterey)~パライソ・ウェディングヒル~ぶどう畑

パライソのワインに使われるぶどうの畑も見学させていただきました。


とても条件のいい畑に囲まれて、リチャードさんのおうちがあるという感じです。


ウェディングヒル(シラー)、ウェストテラス(ピノノワール)、イーグルスパーチ(シャルドネ) の場所も説明してくださいました。


このぶどう畑を見てください。段々です。もちろん機械は入って行けません。全て手作業だそうです。


wed2


wed1


 


 


 


 


wed3


wed4


 


 


 


 


wed5wed6


 


 


 


 


wed7


wed8


 


 


 


 


 


wed9wed9


 


 


 


 


 


 


 


wed10wed11


 


 


 


 


ほんとうに心から素敵な場所だと思います。ぶどうの樹もいきいきと太陽を浴びて成長していくのだろうと感じました。

モントレー(Monterey)~パライソ・テイスティングルーム

tas5


パライソのティスティングルーム。


 


 


 


tas9


リチャードさんと。


 


 


 


tas9


テイスティングルームの外にはイベントやパーティーにも利用できるスペースなどもあり、いたれりつくせりです。


 


 


tas8


tas7


 


 


 


 


素晴らしい景色を見ながらのティスティングは最高でしょうね。


 


tas2


tas6


 


 


 


 


テイスティングルームのスタッフの一員(?)


コブラを持ってきました(笑)


 


tas4


tas1


tas3


 


 


 


 


またまたパライソさんにランチをご馳走になりました。


ボリューム満点のサンドイッチでした。


地形などの説明もしていただきました。

モントレーからサンフランシスコへ(シリコンバレーのスターバックスカフェ)

モントレーからサンフランシスコへ車は進みます。


st4st3


 


 


 


 


その途中、シリコンバレーのスターバックスカフェに寄り、休憩しました。シリコンバレーは、ハイテク産業の中心地として発展を続けています。スタンフォード大学工学部の影響、米国防総省によるハイテク産業の振興策により、多数のベンチャー企業がここで生まれ続けています。そんな街も通り過ぎ、サンフランシスコの町へやってきました。


st2


st1


 


 

サンフランシスコ~街並み・クラウンプラザホテル

サンフランシスコの中心に着きました。


sf1


sf2


 


 


 


 


 


 


サンフランシスコは坂の街です。


 


sf5


sf3


sf9


 


 


 


 


坂を登るのに便利な路面電車も走っています。よいしょっと飛び乗ります。


sf6


sf4


sf8


 


 


 


 


 


 


 


hotel2


hotel3


sf7


 


 


 


 


 


 


 


hotel1hotel4


 


 


 


 


サンフランシスコでのホテルは、クラウンプラザホテルです。サンフランシスコの中心部、ユニオンスクエアにあります。

サンフランシスコを海から見る~アメリカンランチ

ナパから今度はモントレーに向かって車をすすめます。私たちは乗っているだけでいいのですが、運転手さんは大変です。ご苦労様です。途中で地図などを確認して、安全運転で走っていただいています。


sfbay2


sfbay4


sfbay9


 


 


 


 


sfbay5sfbay8


sfbay


 


 


 


 


sfbay3


sfbay6


sfbay7


 


 


 


 


sfbay10


sfbay11


 


 


 


 


途中でランチを。これが私のイメージしていたアメリカのランチです。ハンバーガーのボリューム満点、ポテトもいっぱい。

サンフランシスコ~ファーストクラッシュレストラン(First Crush Restaurant)

cru1


 


 


cru3


 


 


 


 


 


 


cru2


 


 


 


 


ヴィノスやまざきさんのご配慮で、最後の夜はヴィノスやまざきさんの予約されたレストランで素晴らしいディナーをいただきました。カリフォルニアキュィジンヌという感じのレストランでした。


cru4


こちらのカウンターにはたくさんの種類のお酒が並び、バーにも利用できるとのことです。


 


 


  cru5


 


 


 


個々にメニューとグラスワインのリストが。フルボトルのワインリストはもっと大きいファイルで、たくさんの種類がありました。それを見て、最初のワインを決めています。


cru6


cru7


 


 


 


 


 


 


cru8cru9


 


 


 


 


cru10


 


cru11


 


 


 


 


 


 


cru12


 


 


 


 


暗くて画像があまりよくありませんが、とても美味しいお料理とワインの数々。


cru13cru14


 


 


 


 


 


cru15


 


 


 


 


なんと、ここにスペシャルワインが!!


ロロニスのペトロスです。さすが、ヴィノスやまざきさんです。


cru17


cru16


 


 


 


 


 


 


cru18


 


デザートとデザートワインまでいただいてしまいました。


デザートワインはゲヴェルツトラミネールでした。とっても美味しくて、デザートワインにはまりそうです。


 


cru18


 


その後、最後の夜を楽しむためにアイリッシュバーへ。サンフランシスコの夜を満喫しました。

2006年07月07日

サンフランシスコ~成田空港(全日空NH007便)

とてもとても貴重な体験をさせていただき、満足いっぱいで帰国の途に。


今日は7月4日で、アメリカの独立記念日です。その影響で、セキュリティーチェックがとても厳しかったです。


帰り機内食ディナーメニュ


 


NH007便の最初の機内食(エコノミークラス)です。


”ポークのしょうが焼きごはん”か、”タラのソテー、クリーミーサフランソース”の2つから選びました。


 


帰り機内食ディナー


帰り機内食ディナー2


 


 


 


 


帰り機内食ランチ


こちらは2回目のランチ(機内食)。


魚介のパスタトマトソースでした。


日本に到着するのは2時すぎの予定です。


 


すばらしい感動を、皆さんに伝えたいと思います。

2006年07月12日

A Dictionary Of JAPANESE FOOD(辞書)

ジャパニーズフード


サンフランシスコで見つけて買った『A Dictionary Of JAPANESE FOOD』という本。


今日、早速、役にたちました。


4人で来られたお客様が、二人は日本人ですが、あと二人はマレーシア人とシンガポール人でした。


今日は大きい鯵が入って来ました。鯵のたたきをお客様にお出ししました。


「鯵(アジ)のたたき」と言っても、英語でどういうのかわかりません。この本には、ほとんどの日本料理の食材(魚の名前も実に詳しい)が載っていて、とてもいい辞書なんです。それで、早速この本をお客様に見せて、「鯵(あじ)」というのと「たたき」というのをご理解いただきました。


その後も、ちょっとしたおつまみで「たたみいわし」をお出ししたのですが、それもこの本にはキチンと載っていて、「たたみいわし」は、”Engraulis Japonica.The fry of anchovies(katakuchi iwashi)sun-dried on rectangular grids.They are eaten with soy sauce after lightly toastings.”という説明までされています。


「この本いいね!電子辞書には魚の名前まで出てこないもんね。」と言っていただきました。


それで、この本の表紙なんですが、買ったときから、何かがおかしいと思っていました。お箸の置き方も逆だし、刺身も左利きの人が切ったみたい・・・と思ってたんです。多分、印刷会社のミスで、写真が左右反転したまま出版されてしまったようです。その話もそのお席で余談としてしていましたら・・・・シンガポール人の方が本の裏表紙を見て、「Oh! Printed in Singapore!!ごめんなさい。」と言われました。


ジャパニーズフード2


 

2006年07月21日

報告&反省会~自宅にて~

カリフォルニアのワイナリーツアーをイタリアン料理教室のシェフに報告するという名目の食事会をしました;私の自宅で、料理はシェフが作ってくれました。


やっぱり夏はソーヴィニヨンブランでしょ?!ということで、オーストラリアの白ワインを最初に。


han5


 


イベリコ豚のお肉でルッコラを巻いたもの。中に山葵が塗ってあって、ピリッといい感じです。


han1


 


 


 


 


han3


これは、シェフのお母さんが畑で作られたじゃがいもといんげん豆のジェノベーゼ。バジルで合えてあります。


 


 


 


han4


 


鮪のやまかけ。(主人担当)


 


 


 


han6


私の大好物、マスカルポーネのディップ♪


 


 


 


 


 


 


han7


仔牛の腕の肉の煮込み。


こんなのがあるとやはり赤でしょ?!っということで、今日はシラー種で2本飲みました。


 


 


han2


 


 


 


 


han8


へしこのパスタ。


 


 


 


han9


予定外のワインの消費・・・・。


ピノノワールまで飲み比べてしまいました(反省♪)


 


 


全然予定になかったのですが、「松茸のお吸物が食べたい!!」というリクエストに主人が、「仕方ないなー・・」といいながら作ってくれました。


han9han10

2006年07月23日

越前の塩雲丹

今年もこの海の香りの塩雲丹の季節がやってきました。毎年この塩雲丹が出てくると、あーお盆ももうすぐだなーって思います。


”天下の三大珍味”というのをご存知でしょうか?世界の三大珍味というのもありますが、それは「フォアグラ」「トリュフ」「キャビア」ですよね?!


日本での三大珍味というのもあって、それは”天下の三大珍味”と言われています。「越前のうに」「長崎のからすみ」「三河のこのわた」です。


江戸時代から言われており、今もこれらはとても高価で取引されています。その三大珍味の一つ、越前の塩雲丹が入荷してまいりました。あったかいご飯に雲丹をのせて食べると、何杯でもおかわりできそうです。また、日本酒にとっても合います。夏にキリッっと冷やした軽快なフレッシュな冷酒と合わせて楽しみたいものです。

2006年07月24日

お茶のお稽古~八景棚(濃茶・薄茶)~

棚の扱いに応じて必要な板を組み立てることによって、この棚一台で8通りの棚のお点前が出来るというお棚です。今日は、桑小卓(くわこじょく)に似た扱いで濃茶点前と薄茶点前をしました。


八景棚


 


 


 


←この赤いのが蝉です♪


 


 


このお棚の扱いでおもしろいところは、薄茶点前の最後に(拝見がないので)、本来は袱紗を捌いて水差しに置いて帰るのですが、袱紗を棚の柱に括り付け、蝉の形にして帰ります。まるで、木にとまって鳴いている蝉のように見えるのです。夏、そして薄茶に限ってのことですが、こんな遊び心がお茶の世界にはあるのが、茶の湯の醍醐味と言えますね。


四季に対する日本人独特の感性を大切にしたいと思います。


 

2006年07月27日

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀~徳岡邦夫~

今日のNHKプロフェッショナル 仕事の流儀は、京都の吉兆の徳岡邦夫さんでした。今日のこの放送を楽しみにしていました。テレビの前に釘付けになって見てしまいました。「あーそうなんだ。あーわかる・・・」とか色々と興味深く見せていただきました。


最後におっしゃった言葉が一番印象に残りました。プロフェッショナルとは・・「結果を出すために、結果を出すまで諦めない人」という言葉です。プロだから結果を出すのは当たり前、そのためには絶対に諦めない・・・・・・ほんとにその通りです。徳岡さんの笑顔の奥には、様々な思いと経験があるのだなぁと思いました。私も結果を出すためには絶対にあきらめんとこっ、と思いました。


 


NHKプロフェッショナル仕事の流儀 徳岡邦夫


http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060727/index.html

2006年07月29日

夏の醍醐味 鮑の水貝

mizugai

今日は越前・武生も30度を超える真夏の暑さでした。


夏にいただきたいメニューに、鮑の水貝があります。平安時代中期には、鮑の食べ方が10通り記してあったという記述があるそうですが、水貝もその10通りの中の一つです。


 


生の鮑を水洗いしてから、ワタを取り外し、身を大き目の角切りにして、塩水を注ぎ、氷を浮かべます。そこに氷と彩り用のきゅうりやウドなどをいっしょに添えます。それを鮑の肝酢で召し上がっていただきます。


さっぱりと食欲の無くなったときに、いいメニューですね。肝酢はお好みで、三杯酢でも、そのままでも美味しいですよ。

2006年07月31日

バー銀座パノラマ

東京の銀座8丁目にある「バー銀座パノラマ 」


エレベーターを降りると目の前に、こんなものが・・・。


panorama5


鉄道模型です。


 


 


 


間接照明で雰囲気のいいエントランス。坪庭を横に見て入っていきます。


panorama6


panorama8


 


 


 


 


 


 


どんなお店なんだろう?とわくわくして入って行くと、そこにはなんと!!


 


panorama11


panorama12


 


 


 


 


panorama2


 


鉄道が走っていいました。


カクテルを飲みながら、走る鉄道を追いかけます。


 


 


panorama9


カウンターにはたくさんの種類のお酒。


panorama3


でも、走っている列車が気になります。


 


 


 


panorama


とても細かい模型。


お店の看板などもおもしろい。


 


 


panorama4


カウンターの後ろにはきれいに陳列された鉄道模型。


こちらは販売されているそうです。


 


 


バー銀座パノラマ http://www.ginza-panorama.com/top.html


中央区銀座8-4-5 GINZA HACHIKANビル8階


TEL:03-3289-8700 


月曜日~金曜日 18:00~04:00


土曜日 18:00~23:00


------------------------------------------------------------


バー銀座パノラマは、こちらのスタイルイズスティルリビングさんが手がけられたそうです。


http://www.styliv.com/p05_shops/p05_pano.html


 


 

About 2006年07月

2006年07月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年06月です。

次のアーカイブは2006年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35