« こんな素敵なチャリティコンサートがあるそうです♪ | メイン | BRIO(ブリオ)1月号の別冊付録「Hotel Bar Book」に・・・ »

婦人画報ダンフミ茶会~吉兆嵐山店にて

京都の嵐山へ、秋の茶事に行ってまいりました。


婦人画報という月刊誌を定期購読しているのですが、毎月「壇ふみの茶の湯はじめ」という記事があります。その最終回として、壇ふみさんが亭主を務める「ダンフミ茶会」が吉兆嵐山本店でお茶事をすることになり、読者をご招待するというのです。それに友人(女性2人一組で応募が条件)と応募したところ、なんと信じられないことに選ばれてしまい、そのお茶会が昨日だったのです。


ki1


この季節の京都は混雑するので、京都駅からタクシーで四条大宮まで行き、そこから通称「らんでん」京福電車で、嵐山まで行きました。


嵐山駅では、足湯が無料でできます。もちろん今回はやりませんでしたが・・・(笑)


ki2


レトロな趣きがある京福電車。


 


 


 


ki3


嵐山渡月橋。あいにくの雨でした。


山の紅葉もすこしぼやっとした感じですが、それがまた味があっていいのかもしれません。雨の嵐山でした。


 


ki4


 


吉兆まで行く途中の小督庵。この時は閉まっていました。


 


 


 


 


ki5


嵐山の右岸からみる景色。


 


 


 


 


ki6


さて、目的の吉兆へやってきました。


 


 


 


ki6


紅葉がきれいです。


 


 


 


ki7


吉兆の門の前で、記念撮影。


 


 


 


ki8


 


吉兆さんは、創業者が湯木貞一さんの高級料亭です。


以前から行きたいと思っていたお店です。本当に夢のようです。


吉兆嵐山店http://www.kitcho.com/kyoto/tenpo/arasiyama.htm


 


ki10


 


 


 


ki11


 



 


 


 


まずは、待合へ案内され身支度を整えました。


そして、腰掛待合へ。


ki13


ki12


 


 


 


 


腰掛待合からの眺め。嵐山の借景と庭の木立がとても趣があります。雨が降った後の桜の木の枝の先に水滴がたまり、まるで水晶がぶら下がっているようになっており、電飾のツリーのようでした。


ki15


 


雨が降ったり止んだりなので、露地傘も用意してありました。雨なので露地草履の代わりに露地下駄も用意されていました。


お茶事中は、本当に浮世から離れ、夢の世界に。


壇ふみさんの亭主のお茶事は、至福のひとときでした。吉兆さんのお料理にも感動しました。そして勉強になりました。お菓子は、末富さんのお菓子。


最初で最後になると思いますが、素晴らしい経験をさせていただきました。


本当に、壇ふみさん、婦人画報社さん、ありがとうございました。


そして、お正客の老師様、お世話になりまして、ありがとうございました。


昨日のこのお茶事の記事は、婦人画報3月号(2月7日発売)に掲載されるそうです。ぜひ、ご覧ください。


 


ki16


壇ふみさんと写真を撮らせていただきました♪


本当にうっとりする綺麗な方でした。





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年11月28日 04:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「こんな素敵なチャリティコンサートがあるそうです♪」です。

次の投稿は「BRIO(ブリオ)1月号の別冊付録「Hotel Bar Book」に・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35