« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月 アーカイブ

2007年01月01日

新年あけましておめでとうございます


うおとめあけましておめでとうございます!


日頃よりお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。


 


 


若女将の四季折々日記も、いつも読んでいただき感謝しております。


本年も、「料亭うおとめ」も「若女将の四季折々日記」も、どうぞよろしくお願い申し上げます!!


うおとめ


 


新年は1月5日より営業しております。


ご予約、心よりお待ちしております!


 


 


 

2007年01月02日

新年最初のワイン~HdVハイド・ド・ヴィレーヌ シャルドネ2002~

HDV


1月1日は、親しい友人が集まりました。新年にこの白ワインをいただきました。今年の始まりは、この「HdV ハイド・ド・ヴィレーヌ」のシャルドネ、2002年です。


ロマネ・コンティ社のオーナー、ヴィレーヌ氏と、カリフォルニアにて、バッツ&ホール、エチュード、キスラーなどの最高品質のワインメーカーに栽培した、ブドウを提供している、ラリー・ハイド氏のジョイントベンチャーです。フランス最高のワイン生産者と、アメリカ最高のブドウ生産者が手を結び、アメリカ最高峰のワインをつくりました。


(感想)美味しかったです!まるで、モンラッシェ。(というかモンラッシェは今まで一回しか飲んだことがないのですが・・・)グラスに注いで置いておくと、初めよりもっともっと美味しくなっていきます。いい元旦を過ごさせていただきました。

2007年01月04日

近場のスキー場で子供達とスキー♪(今庄365スキー場)

天気がよかったので、今庄365スキー場へ行ってきました。


自宅から1時間以内で行ける、人工降雪機のあるスキー場です。


ski6


 


 


 


 


二女はとってもチャレンジャー!


ski1


 


 


よいしょ、よいしょ。


 


 


 


 


ski2


 


おー、いい感じ??


 


 


 


 


 


ski3


 


こけました;


 


 


 


ski5


 


長女は慎重です。


 


 


ski4


 


 


 


 


 


 


 


ski7


 


リフトにも3回乗って、楽しく滑りました♪


 


 


 


 


 


ski8


 


子供達が遊ぶには充分楽しめるスキー場です。


 


 


今庄365スキー場 http://www.town.minamiechizen.fukui.jp/


 

2007年01月05日

お正月飾りは晩白柚(バンペイユ)

4年前くらいからお正月飾りに晩白柚(バンペイユ)を使っています。


バンペイユ


この晩白柚は熊本県八代市から毎年取り寄せているものです。


晩白柚の名前は、味や香りが台湾在来の麻豆白柚(まとうぺいゆ)に似ていて、熟期が遅いところから晩生白柚(ばんせいぺいゆ)、晩白柚と名付けられたと言われています。
外観にこだわらず本来の味を引き出すためには熟期を迎えて収穫するのが一番だそうです。


大人の顔よりも大きいこの晩白柚は、お正月床に飾ると、とてもおめでたい雰囲気を与えてくれます。そして何より、飾ったあとは食べれるのです!そのお味はというと、「こんな美味しいものだったの?!」というくらい美味しいのです。グレープフルーツのようですがそんなにすっぱくなくて甘みがあり、実がぷりぷりとしていて食感は八朔のような感じです。


みなさまも一度お試しください!みかんがお好きな方ぜひどうぞ!


↓ここの「ふるた果樹園」さんで買っています!


ふるた果樹園 http://www.banpeiyu.com/


 

2007年01月16日

初釜~於)料亭うおとめ~

1月14日に、習っている社中の初釜がありました。


当店(料亭うおとめ)の「観月の間」で、お茶席をしました。


今回の初釜は、先生の「文化功労賞」のお祝いも兼ねての初釜となり、いつもより参加人数も増えました。


hatu1


hatu2


 


 


 


 


 


 


 


 


hatu4


主菓子は、「まことや」製の「魁(さきがけ)」。


梅は別名「魁」というそうです。


 


 


 


hatu3


 


干菓子は干支にちなんで亥のお菓子でした。


 


 


お客さんと水屋に分かれて、「続き薄茶」をしました。


hatu6


hatu5


 


 


 


 


 


 


hatu8


お茶が終わったら、全員でお食事となりました。


 


 


 


hatu7


 


口代。


 


 


hatu9


お造りです。


 


 


 


hatu11


烏賊団子と水菜と生麩のお鍋。


 


 


 


hatu10 牡蠣の柚味噌焼き。


 


 


 


hatu14


鱈の白子入り茶碗蒸。


 


 


 


hatu12


 


細魚(さより)と菜の花の梅肉。


 


 


hatu15


 


蛸飯と香の物。


 


 


hatu16


 


デザート、キウイのシャーベット。

2007年01月17日

黒龍酒造 吟醸垂れ口

1月15日に発売になりました、黒龍酒造の「吟醸垂れ口」です。


tarekuchi


 


とても芳醇な香りと味。


このお酒だけでゆっくりと楽しめます。


もちろんお料理と合わせてもいいと思います。


冷えきった寒さの酒蔵で槽口からこんこんと尽きることを知らぬように流れる新酒。


この季節だから味わえるお酒です♪


今日は主人とこの垂れ口をいただきました。


そして今日は、京都から、主人の修業先の先輩が店の子を連れてきてくれました。


この垂れ口を、みんなで楽しみました。


ぜひ皆さんもこの「吟醸垂れ口」を味わってみてください!季節限定酒です。

2007年01月19日

俳句の会の新年会~於)料亭うおとめ~

私の所属する俳句の会の新年会を当店でしていただきました。


いつものように、投句を15句いたします。そして、それを清書して、全員に回して選句します。そして天の句を一人一句ずつ選びます。その作業が3時から6時頃までかかります。


今日は、新年会ということもあり、「謡い」と「舞」を会員の方にしていただきました。皆さん、聞入っておられました。どこからあの素晴らしい声が出るのだろうと。


木犀


こちらは、句会が終わり、宴の様子。


句会とは打って変わって賑やかに・・。


 


 


私はこの句会で、俳句だけでなく色んなことを勉強させていただいております。


平均年齢が70歳くらいです。なので、先人の知恵、アドバイスをものすごく聞けるのです。本当にいろんなことで勉強させていただいています。


木犀1


木犀3


 


 


 


 


木犀4


 


 


 


 


木犀5


私のこの句も投句しました。


 


 


 


今月は、天の句をいただきました。「漆黒の結ひ上げし髪初点前」という句です。


ありがとうございました。


 


 


 

2007年01月25日

京風庵「芳家」(鯖江市)

お正月開けて、久しぶりのお休みでしたので、美味しいお料理で癒されたいと思い、鯖江市にある「京風庵芳家(きょうふうあんよしや)」さんへ、シェフ夫妻と行って来ました。


まず、出されたのは、食前酒。梵(鯖江にある加藤吉平商店)の純米吟醸。


そして、生ビールをいただきました。そのビールがおいしいこと!泡の状態がベストの美味しさで、思わず「あーっ、おいしい!」と言ってしまいました。


yshiya1


 


こちらは、赤飯と胡麻豆腐と湯葉の蒸し物。


上に、雲丹と鶯菜がのっていました。


 


yoshiya2


 


お碗。羽子板の上にツクバネが。


とても絵になっていて素敵です。お正月らしいですね。


 


yoshiya3


 


お造り。


水引をあしらい、おめでたい演出もにくいです。


 


wine1


 


ご迷惑だと思いましたが、持込料を取ってくださいと了承を得て、ワインを持ち込ませていただきました。


白は、ドメーヌ・ブラン・ガニャールの、シャサーニュ・モンラッシェを。


大変おいしゅうございました。


 


 


yoshiya4


 


炊き合わせは、伊勢海老、海老芋、筍、姫大根、そして昆布巻き。


 


 


yoshiya5


 


この演出もとても素敵で、畳の上に盛り付け。


 


 


yoshiya6


 


ひとつひとつが、とても手の込んだ品々です。


おいしい肴で、会話も盛り上がります。


 


 


wine2


そして、またまたワインを。


赤は、ちょうど10年経ったブルゴーニュのニュイ・サン・ジョルジュを。造り手は、ドミニク・ローランです。


これも大変おいしかったです。まだまだ開けるのが早かったかも・・・。でも開けてしまったから仕方がないし、開けるまでわからない・・・。


それが、ワインの醍醐味(?)


 


yoshiya7


 


こちらは「てっさ」。


美味しくて、子供達にほとんど食べられちゃいました(涙)


 


yoshiya8


 


ふぐのお鍋。


 


 


yoshiya9


 


蟹の酢の物。


 


 


yoshiya10


 


若狭牛の石蒸し(?)。


このお肉の下に熱くなった石が仕込まれています。


 


yoshiya11


それに上からお水を注いでくださいます。


すると、このように蒸気がすごく立ち、お肉がちょうどいい加減に蒸されます。


 


 


 


 


yoshiya12


 


アサリと蟹の炊き込みご飯。


 


 


yoshiya13


 


おこげがたまりません。


香の物といっしょに。


 


yoshiya14


 


デザートは、柚のシャーベット、苺、メロン。


 


 


yoshiya15


シェフ夫妻と次女♪


みんな大変満足でした!


 


 


京風庵「芳家」 11:30~14:30 17:30~22:30
福井県鯖江市松成町3-73 0778-65-1881
定休はなく、完全予約制

2007年01月28日

鶯や?

昨日の朝、ふと聞こえてきたのが、


~ホー、ゲキョ、ホー、ゲキョ~


という、未完成の鶯の声でした。まだ春が来ないので、練習中なんでしょうか?


どうも、隣の家の庭から聞こえてくるのですが、姿は見えませんでした。


そこで、一句。


「鶯や美声の仕上げまだ遠し」


uguisu


鶯さん、練習がんばってください?!

About 2007年01月

2007年01月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35