« 丸藤葡萄酒工業 ルバイヤート | メイン | フジッコワイナリー »

イケダワイナリー

ikeda1


こちらのイケダワイナリーさんは、勝沼町内のワイナリーで醸造責任者を勤めておられたオーナーが、独立して興した家族経営のワイナリーです。


海外で研修された息子さんと味わいにこだわり、高品質なワイン造りを目指しておられます。


 


 


 


 


ikeda2


 


醸造所の中。


 


 


 


ikeda3


 


息子さんの池田秀俊さんにお話をおうかがいしました。


池田さんはワイン造りはいたってシンプル・・・とおっしゃいます。


こちらの機械は葡萄を破砕する除梗する機械です。


 


 


 


ikeda4


そして、こちらで圧搾します。


 


ぶどうからワインが出来るしくみをわかりやすくお話していただきました。


こちらのイケダワイナリーでは、年間2000ケースのワインを造っておられます。とても少量です。そのうち、半分が甲州種を使った白ワイン、そして3分の1がカベルネソーヴィニヨン・マスカットベリーA・メルローを使った赤ワインで、6分の1がロゼ。ロゼは巨峰を使ったものです。


 


ikeda6[


 


「では、試飲の方を・・・」ということで、案内されたのが、本当のご自宅。


靴を脱いで、ご自宅にあがらせていただきました。


 


 


 


 


ikeda5


 


こちらの和室が試飲ルームです♪


素敵です。


 


 


ikeda7


 


座布団に座っての試飲が始まりました。


 


 


 


池田秀俊さんは、アメリカ(カリフォルニア)とオーストラリアで何年もワインの醸造を勉強されてきたそうです。カリフォルニアではリッジヴィンヤーズにおられたそうです。「海外での経験がどういう風に日本のワイン造りに役に立ちましたか?」という質問をすると、要約するとやはり『テロワール』ということをおっしゃっていました。「アメリカでは、葡萄の糖度が上がりすぎて、それを抑制するためにどうするか?という問題があります。しかし日本は全く逆で、いかに糖度を上げるかということが問題です。」など。


 


ikeda8


 


 


主人は「ワインのテイスティングで足がしびれたの、初めて(笑)」と言ってました。


 


ikeda9


 


こちらの6種類がイケダワイナリーさんのワイン。


 


 


 


イケダワイナリーさんの理想は、「ワインをつうじて造り手と飲み手の心が通い合う」です。手抜きをしない丁寧なワイン造りを心がけておられます。本当にワインの味でそれがわかりました。


イケダワイナリー http://www.d2.dion.ne.jp/~ikeda_w/


山梨県甲州市勝沼町下岩崎957 TEL 0553-44-0020


家族経営なので、試飲・見学は必ず予約を。





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年10月02日 14:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「丸藤葡萄酒工業 ルバイヤート」です。

次の投稿は「フジッコワイナリー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35