« 品格とは・・・? | メイン | 遠足が延期に・・・エンゼルランド(福井県児童科学館)休館 »

越前市と高山市

越前市と高山市は、友好都市の提携をしています。


その高山市からお客様がいらっしゃいました。ありがとうございます。


宴会の途中に(乾杯後30分位)高山市の方々が全員で唄を唄いはじめられました。宴会場に響く唄いの声に本当にびっくりしました。それは、昔からの宴の名残りなのかもしれませんが、「乾杯が終わってからその唄が終わるまでは席を立つな」ということらしいです。乾杯が終わると「我れ先に・・・」と注いでまわる方もいらっしゃいますが、それはせわしくみっともない・・ということを戒めているということみたいです。宴の席ではまずは自分の席で料理やお酒を楽しみ、しばらく落ち着いてから注いでまわりましょうよ・・・というしきたりなのでしょう。なるほど、と思いました。城下町ならではのしきたりなのでしょうね。


【越前市HPより】 城下町の風情を残す ”飛騨の里”で知られる岐阜県高山市。
高山市と越前市(旧武生市)は、中世以降歴史的に深いつながり持つとともに、固有の文化と伝統に育まれた都市として栄えてきました。また、市勢や風土なども類似した都市形態であることから、故金森譲氏(金森左京家の末裔)のご尽力により、両市は、昭和57年(1982年)10月22日に友好都市を提携しました。


高山市HP http://www.hida.jp/index.html





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年10月12日 13:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「品格とは・・・?」です。

次の投稿は「遠足が延期に・・・エンゼルランド(福井県児童科学館)休館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35