« ホテルクエスト清水 | メイン | 越前市と高山市 »

品格とは・・・?

最近、「国家の品格」とか色々言われています。「品格」という言葉について考えるようになりました。


広辞苑では、「物のよしあしの程度」ということですが、もっと深いものがあると思います。童門冬二さんは、映画の女性主人公のセリフで「品格のある人は品行が悪くともゆるせるけど、品格のない人はどんなに品行がよくてもゆるせない」というのを覚えていると言われています。


で、品格とは「卑しくないこと」「恕の心を持つこと」とおっしゃっています。


「卑しい」というのは、責任を取らない・逃げる・言訳に終始する・他人の責任にし威丈高に責め立てる・肝心な時に必ずいない などのことだと。そして、そのくせ今の立場・ポスト・条件などを失うまいと、必死にがんばることなど・・・。


「恕の心を持つこと」忘れてはいけない大切なことを忘れている・・と思いました。


武士道で、『風度(ふうど)』という儒教の言葉がありますが、他人が”なら”と思う”らしさ”のことだそうです。「あの人なら信じられる」とか「あの人なら間違いない」といわれるようなキャラ(性格)のことです。品格も風度に通ずることがあるのですね。


品格とは、人生経験の積み重ねですね。つねに相手の立場にもなり、「思いやり」の心を持って、生涯学習していこうと思います





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年10月11日 13:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホテルクエスト清水」です。

次の投稿は「越前市と高山市」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35