« シャブリと京料理の夕べ~料亭菊乃井(本店)~その1 | メイン | 和のウェディング »

シャブリと京料理の夕べ~料亭菊乃井(本店)~その2

今回は、この4種類のワインがいただけるそうです。

●Chablis 1er Cru Vaillon 2006
●Chablis 1er Cru Mont Milieu 2005
●Chablis Grand Cru Grenouille Chateau Grenouille 2004
●Chablis 1er Cru Mont de Milieu 1999

P1070221.JPG

P1070222.JPG
まず、1番目のChablis 1er Cru Vaillon 2006 で乾杯です。

P1070220.JPG

八寸。杉の絵馬の形の板に春が満載です♪

P1070223.JPG

白子蒸し トリュフのあん。

P1070224.JPG

P1070226.JPG

真鱈の白子とトリュフですよ!美味しい!!

P1070228.JPG

向付(造)は、車海老、鯛、水前寺海苔。

P1070230.JPG

向付の続き、鮪です。辛子と黄味醤油で。

P1070231.JPG

お椀が運ばれてきました。わくわく。

P1070232.JPG

煮物椀は、丸仕立てです。
丸というのはすっぽんのことです。

P1070233.JPG

さて、焼物の魴鰹南蛮焼きが、大皿で運ばれてきました。

P1070236.JPG

女将さんが取り分けてくださいました。

ただ料理を持ってくるのではなく、演出もとても素晴らしいと思いました。

P1070237.JPG

取り分けていただいた魴鰹南蛮焼きです。青い器に杉板、映えます。

P1070238.JPG

ワインも飲んで会も和んでまいりました。ワインは輪(和)を作りますね。

P1070239.JPG

海老のスープ

P1070240.JPG

松浪くん、「海老以外の香りと味がする・・・」と言っていましたが、答えは『露生姜』でした。このちょっとしたスパイスがアクセントになります。

P1070241.JPG

何やら玉手箱が・・・。

P1070242.JPG

酢の物が宝石のように入っていました!!

P1070244.JPG

強肴は、京野菜鍋です。蕪や大根、海老芋が大きめで入っていました。ホクホクでした。

P1070245.JPG

ワインもたくさんいただいて、いい気分です。

●Chablis 1er Cru Vaillon 2006
シャブリの中でも古い区画だそうで、2006年は6・7月に太陽に恵まれとてもいい気候だったそうです。
春を感じるシャブリだということです。

●Chablis 1er Cru Mont Milieu 2005
真南に面した日当たりのいい斜面に植えられているぶどうだそうです。土壌が非常に痩せているため、昔からぶどう以外の植物は育たなかったそうです。でも痩せた土地といい日当たりのおかげで、ミネラル豊かなワインとなったそうです。ほんとにそうでした。

●Chablis Grand Cru Grenouille Chateau Grenouille 2004
こちらのGrenouille グルヌイユですが、グルヌイユはフランス語でカエルのことだそうです。

●Chablis 1er Cru Mont de Milieu 1999
そして、4番目に登場。1999年のシャブリ。なかなかこんなヴィンテージは飲む機会がありません。
蜂蜜、漬け込んだ果実の香りと味。

エルベさん、シャブリのワインは、ワインが料理を邪魔することなく、料理がワインを邪魔することもなく、互いに相乗効果を出し合い、とてもいい関係になるワインだとおっしゃっていました。

P1070246.JPG

P1070247.JPG

P1070248.JPG

ご飯物は穴子飯蒸し、粕汁。

P1070249.JPG

そして、デザートがとっても美味しかったです。金柑ソルベ 苺スープ。
スプーンがまた可愛い。銀のレンゲなんですよ。

P1070251.JPG

少し、エルベさんとお話することができました。
私と松浪くんが参加者の方の中では若く見えたそうで、「こんな若い方がシャブリに興味を持ってくれて嬉しい。」と言ってくださいました。ありがとうございました。

P1070250.JPG

本当に至福のときをすごさせていただき、感無量です。

とっても勉強になりました。今後に活かしていけるようにしたいです。





コメント (2)

初めまして。
グラスの向こうに姿が写っている、PICARLEと申します。

会費に比べると、量も質も非常に満足感の高い料理だったと思います。
私は外食をすると、苦しくなって残してしまうことがよくあるのですが、この夜のお皿を残したことは、かなり後悔しました。

福井は仕事の関係で年に数回行く機会がありますので、縁があれば、うおとめにも伺ってみたいものです。

長々と失礼致しました。
また立ち寄らせて頂きます。

PICARLEさん
こんにちは!
私のブログも見ていただいて、ありがとうございます。

私も今回、「なんてコストパフォーマンスの素晴らしいワイン会」だと思いました。ちなみに、お料理は全部たいらげました!

ワイングロッサリーのワイン会は、初めてでしたが、また参加したいと強く思いました。

福井にいらっしゃる際には、ぜひうおとめにもお立ち寄りくださいませ。

今後とも、宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月21日 15:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シャブリと京料理の夕べ~料亭菊乃井(本店)~その1」です。

次の投稿は「和のウェディング」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35