« ホームパーティー!in鯖江 | メイン | ちょっとまじめなワイン会~於)料亭うおとめ~ »

南仏プロヴァンス~その9  シルヴァカーヌ修道院 Abbaye de Sylvacane~

ムスティエ・サント・マリーを後にし、向日葵の景色も見ながら、また西へと向かいます。

P1010339.JPG


P1010340.JPG


フランスの中世建築、ロマネスクの聖堂、シルヴァカーヌ修道院に来ました。
ロマネスクは11世紀後半から12世紀にかけて西ヨーロッパで盛んだった建築様式です。自然の中に溶け込んだ素朴なその姿は、現代人の心に不思議な安らぎを与えてくれます。
リュベロン山地の南側にあります。

P1010341.JPG


P1010343.JPG

P1010345.JPG


P1010346.JPG

この修道院は、現在は修道院活動は行われていません。夏の夜にピアノフェスティバルなどを行う会場となっているそうです。


P1010347.JPG

厳格な雰囲気の修道院です。


P1010348.JPG

デュランス川と湿地帯に挟まれた土地にあり、創建当時はやはり俗世間との接触がまったく絶たれた場所だったようです。シルヴァカーヌとは、「葦の森」という意味です。


P1010349.JPG


P1010350.JPG

教会は12世紀、そのほかの部分は13世紀に建てられました。装飾はいっさいなく、厳格な雰囲気です。


P1010351.JPG

世俗の喜びを捨て、1日のほとんどを祈りと瞑想ですごしていた修道士たちの姿が浮かんでくるようです。シトー会の修道院特有の簡素な美です。


P1010352.JPG

庭も装飾がなく、シンプルな造りです。そのシンプルさが心に残ります。


P1010353.JPG


P1010354.JPG


P1010355.JPG


このシルヴァカーヌ修道院で、私達が来た7月に、ちょうど「Henry Le Chénier」という方の期間展示がされていました。7月7日~10月10日の期間展でした。
彼のアートは、「絶対的な禁欲主義」ということで、シルヴァカーヌ修道院とリンクする部分があるのでしょうか???

P1010356.JPG


P1010357.JPG


P1010358.JPG


P1010359.JPG


P1010360.JPG


P1010361.JPG


P1010362.JPG

子供達も静かーになってしまうほど、不思議な雰囲気の修道院でした。
「簡素の美」に心が洗われた気がします。





コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年08月05日 23:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホームパーティー!in鯖江」です。

次の投稿は「ちょっとまじめなワイン会~於)料亭うおとめ~」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35