« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月 アーカイブ

2009年01月04日

真直ぐな白衣の折り目初仕事

あけましておめでとうございます♪

料亭うおとめは、1月3日までお休みをいただいておりました。
ご予約は1月5日からいただいていますが、今日は明日の仕込みで、仕事始めでした。

タイトルの俳句の通り、みな板場さんの白衣も新たに、2009年が始まりました。


本年も、どうぞ「料亭うおとめ」を宜しくお願いいたします!


※写真は、奈良の春日大社の鹿さんたちです。
奈良へ帰省させていただき、春日大社に初詣に行ってきました。


20090101%20001.jpg


20090101%20002.jpg


20090101%20003.jpg

若女将の四季折々日記も宜しくお願いいたします!

2009年01月05日

そむりえ亭~大阪・心斎橋~

お正月帰省の機会に、大阪心斎橋にある、
ソムリエ協会関西支部長の樋口誠ソムリエ(元ホテル日航大阪)が、2008年8月8日にオープンされた「そむりえ亭」さんへ行ってきました。


20090101%20004.jpg


普段主人と二人っきりで外食を楽しむということがないので、とても落ち着いて楽しんできました。

20090101%20006.jpg


さて、どんなお店なんでしょうか?!


店内に入ると、樋口さんが舞っていました。もとい、待っていました。


「お久しぶりです!さて、とりあえずどうします?!」となんて気楽な居酒屋感覚♪

「では、とりあえず(ビール・・・じゃなかった)、シャワシャワで!!」

「わかりました。じゃあモエちゃんを。」


20090101%20007.jpg


クリスマスからやっているそうですが、ハートのエースを引くと素晴らしい賞品が・・・ということで、引かせていただきましたが、残念ながら「はずれ」。

そんな福引もやっていて、とてもワインバーとは思えないノリです。


20090101%20008.jpg


前菜です。

20090101%20009.jpg


帆立のカルパッチョ。

20090101%20010.jpg


パンとオリーブオイル、そしてシャルドネをいただきました。

20090101%20011.jpg


ルイ・ジャド、マルサネ1999年です。

20090101%20012.jpg


樋口さん、「あー、1999かと思っていたら、6661年でした(笑)。ほら?!」と、
ラベルを見せてくださいました。
「ものすごく若いワインですね(笑)」
「未来のワイン、いただきまーす!」

20090101%20013.jpg


そうこうしていると、カウンターでカードマジックが始まりました。
隣に座っていた男の子に「好きなカードを選んでください」と樋口さん。

20090101%20014.jpg


そのカードが何かを当てるのです。

20090101%20015.jpg


「これですか?」
「おおー!それそれ!」

一度失敗しておいて、客に油断させておくという樋口さんの演出が素晴らしい!

20090101%20016.jpg


カウンターの向こうのお客様から、「いつからマジックバーになった?」とすかさず突っ込みも。

20090101%20017.jpg


最初のお肉料理。

20090101%20018.jpg


多分、記憶が正しければ、次のワインは
Gevrey Chambertin Clos de Meixvelle 2004
だったと思いますが、違ってたらすみません、樋口さん。

20090101%20019.jpg


「どうしてこのワインをおすすめしたかというとね、僕、ここの出身なんですよ。」とボトルの『FIXIN』という文字を指差されました。
主人は「????」とだまっていましたが、私はすかさず、「あぁ!ヒグッツァン(FIXINフィクサン:厳しいなー)ですね?!」と突っ込みました。
おやじギャグのレベルが高くて・・・・ついていくのが大変です(汗)


パンがなくなったので、おかわりをお願いしました。また違った種類のパンを出してくださいました。

20090101%20020.jpg


次のお料理は、牛肉の上にフォアグラがのってて、その上に半熟卵がのっているとても欲張りな一皿です。

20090101%20021.jpg


20090101%20022.jpg


卵がとろーり♪
(これはきっと大阪の人にはたまらないだろーなー。)

20090101%20023.jpg


そこで、樋口さんがおすすめしてくださったのはスペインのリオハです。
卵があることによって、柔らかいワインにしてくださいました。

20090101%20024.jpg


そして、さすがグラスワインの豊富なソムリエ亭さん、私にはリオハ、主人にはナパのカベルネソーヴィニヨンを注いでいただきました。

20090101%20025.jpg


そして、何やら樋口さんデキャンタを始めました。

20090101%20026.jpg


20090101%20027.jpg


20090101%20028.jpg

デキャンタしてまたデキャンタ、ダブルでデキャンタです。


さて、何のワインをデキャンタしてらっしゃったのでしょう?

バローロ2000年です。

20090101%20029.jpg


笑顔が素敵なソムリエの松本さん。

20090101%20030.jpg


バローロ、注いでいただきます。

20090101%20031.jpg


20090101%20032.jpg

バローロ!美味しかったです。


次のお料理は、ジビエで山鳩を。

20090101%20033.jpg


ここが貴重と樋口さん。頭の部分です。

20090101%20034.jpg


そして、今度はナパヴァレーの Rindo 2005。

20090101%20035.jpg


20090101%20036.jpg


いよいよ、デザートワイン。かなり酔いが良い感じ。

20090101%20037.jpg


マール・ド・ブルゴーニュ 1978

20090101%20038.jpg


これを、こうして・・・・と、「パンにつけても美味しいんですよ。」と教えてくださいました。

20090101%20039.jpg


デザートです。

20090101%20041.jpg


ものすごく、しゃべって笑って頭も使って、酔っ払っていい気分でした。

20090101%20044.jpg

樋口さんと主人と私とはい、チーズ!

楽しい新年をありがとうございました。今年も良い年になりますように。


〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-14
      角屋八幡ビル1階
ダイニング.ウィズ.ワイン そむりえ亭
TEL 06-6484-0530


そむりえ亭 樋口ソムリエのブログ↓
http://sommeliertei.blogzine.jp/blog/

そむりえ亭 2日前に来店した友人Eddieさんのブログ記事↓
http://www.eddie-blog.com/2008/12/585.html

2009年01月06日

Y先生のお宅で2009新年ワインパーティー~その1~

去年2008年には、Y先生のお宅に元旦にお邪魔し、囲炉裏を囲んでのワインパーティーに参加させていただきました。
今年2009年は、先生に4日にお招きいただき、たくさんの素晴らしいワインを堪能させていただきました。お正月ということで、かなり素敵なワインを飲ませていただきました。


20090101%20045.jpg


20090101%20046.jpg

明日5日からみな初仕事ですので、そして男性みんな白衣を着る仕事ですので今回はこの句を。


20090101%20055.jpg

Rene Geoffroy Brut NV


まずは、シャンパンで「おめでとうございまーす!」の乾杯!


20090101%20054.jpg


20090101%20053.jpg


料理担当は、うちの主人と永谷シェフとイルヴァビヤンの熊谷シェフです♪
(ワインはもちろん、Y先生♪ どんなワインが出てくるのか楽しみ・・・・)

20090101%20047.jpg

ローストビーフ、ハムなど盛り合わせ。


20090101%20048.jpg

パンとリエット。


20090101%20050.jpg

山牛蒡の小鉢。


20090101%20049.jpg

お正月らしいめでたいお椀。


20090101%20051.jpg

蕪と鯛の汐汁。金時人参の結びも入っています。


20090101%20052.jpg

河豚の唐揚げ みぞれ掛け。


20090101%20056.jpg

Savennières Trie Spéciale 1995 サヴニエール・トリ・スペシャル
/Domaine des Baumard ドメーヌ・デ・ボマール


20090101%20057.jpg

Alsace Grand Cru Pinot Gris Rangen De Thann 1993
/Domaine Zind Humbrecht


20090101%20059.jpg

Vin D'Alsace Muscat Herrnweg de Turckheim 1995
/Domaine Zind Humbrecht


20090101%20060.jpg

帆立とスナックエンドウの炒め物 赤味噌からめ。


20090101%20061.jpg

さて、赤味噌ということで先生が持ってきてくださったのは、
Turley Zinfandel Mead Ranch 2003


20090101%20062.jpg

先生、次のワインのデキャンタをされています。

20090101%20063.jpg


さーて、どこのワインでしょうか?


なんと!

20090101%20065.jpg

オーストラリアのペンフォールド・グランジ!1989!


20090101%20066.jpg

Penfolds Grange Hermitage Bin95 1989

何何?!これが前座?!


20090101%20067.jpg


この後、どうなるのでしょう?


20090101%20068.jpg

こちらは、鴨です。


20090101%20069.jpg

こちらは鴨のグラタンです。


さて、次はどうなるのか・・・・・その2へ続きます。

2009年01月08日

Y先生のお宅で2009新年ワインパーティー~その2~

またまた、デキャンタが始まりました。


何でしょうか????


20090101%20072.jpg

なんと!Le Pin 1989
ル・パン1989年です!

20090101%20075.jpg


20090101%20076.jpg

仔羊のロースト。


20090101%20077.jpg

さて、これは何でしょうか?
この1982年のラベルですが、

20090101%20078.jpg


”コートロティ ランドーン 1982 !”
Cote-Rotie La Landonne 1982 / E.Guigal

20090101%20080.jpg


こちらは越前産紅芯大根です。冷やして味噌でいただきました。


20090101%20082.jpg

シャトーヌフデュパプ 1989
Chateauneuf du Pape 1989 / Ch.de la Font du Loup

20090101%20084.jpg


まだ空きます。


20090101%20085.jpg

何かしら・・・・・♪


20090101%20086.jpg


20090101%20087.jpg

エシェゾー グランクリュ 1990 / ジャイエ・ジル
Echezeaux Grand Cru 1990 / Jayer Gilles


20090101%20088.jpg


20090101%20089.jpg

デキャンタはせずに、ブルゴーニュグラスへ。


20090101%20090.jpg


すごーく美味しそうです。


20090101%20091.jpg

貫禄です。

20090101%20092.jpg

ピノノワールということで、パスタです。


20090101%20093.jpg

チーズ色々とパンです。


20090101%20094.jpg

おまけで・・・・。
キウイの食べ比べです。


20090101%20097.jpg

ロールケーキは、イルヴァビアンの奥様の手作り。パティシエもされてるんです。

20090101%20099.jpg

Alsace Grand Cru Clos Saint Uvbain Selection de Grains Nobles Pinot Gris 1993
 / Domaine Zind Humbrecht

~説明より~
グラン・クリュを名乗れる4品種から「ヴァンダンジュ・タルディヴ」(VT)とセレクション・ド・グラン・ノーブル」(SGN)が造られます。天候の恵まれた年に収穫を遅らせることで糖分の凝縮したワインが生まれます。SGNは貴腐菌のついたブドウを1粒ずつ摘み取って造る飲む宝石。凝縮されたエキスの中にアンズ
やハチミツが香り、長い余韻が続きます。生産量はごく少量ですが、その寿命は無限とも言われます。


20090101%20098.jpg


20090101%20101.jpg

Vouvray Le Mont 1989


20090101%20105.jpg

飲ませていただいたワインを全部並べました!

20090101%20106.jpg


20090101%20107.jpg


20090101%20109.jpg

みんな酔っ払いです!

非日常の世界に行った気分・夢のようでした。そして大変勉強になりました。
先生、奥様、本当にありがとうございました!

2009年01月11日

今年初 フォークリフト除雪 出動!

昨日からたくさん雪が降りました。

午前中も降り続き、さっきやっと落ち着きました。

フォークリフトが出動し、雪山ができました!

そこで子供たちと犬のボンが遊んでいます。

20090108%20069.jpg


20090108%20070.jpg

滑り台!!


20090108%20071.jpg

♪犬も喜び 庭かけまわり~♪

やっぱりボンも雪が降ると嬉しそうです。

20090108%20072.jpg


20090108%20073.jpg


雪玉を投げると”パクッ!”とジャンプでキャッチします。

20090108%20074.jpg


20090108%20075.jpg


20090108%20076.jpg

壁の向こうが気になって、直立してしまっています(汗)。


雪が降って、子供たちもボンも喜んで遊んでいました。

2009年01月15日

ザ・プレミアム無濾過(ビアショコラ)試してみました♪

キリンビールから去年8月に発売されたビアショコラを、遅ればせながら試してみました!

「えぇぇ?チョコレートビール???」と思っていましたが、飲んでみるとすっごく美味しかったです。
カカオの香りがとても香ばしく、後味もすっきりです。

ビールだけで楽しめます。

黒いラベルの「無濾過」も飲んでみましたが、これよりも私は「ビアショコラ」の方が好みです。

20090108.jpg

皆様もお試しください♪


↓キリン ビアショコラ
http://www.kirin.co.jp/company/news/2008/0827_01.html

福井県立大学地域経済研究フォーラム in 越前

1月31日に開催されるフォーラムにパネラーとして参加させていただくことになりました。


福井県立大学地域経済研究所HPより
http://www.s.fpu.ac.jp/fukk/symposium/index.takefu.html


↓フォーラムのチラシです。
http://coshi.jp/image/chirashi_web.pdf


フォーラムのテーマは、「越前市における観光政策と活性化への戦略と戦術」

基調講演は、デザイン文化科学研究所 所長の坂田 守正氏です。
コメンテーターは、福井県立大学 地域経済研究所准教授の南保 勝氏です。

私はこのようなフォーラムでパネラーをするのは、初体験ですので少し緊張していますが、頑張って取り組みたいと思います。

2009年01月20日

2009年 初句会♪

1月19日は、初句会でした♪
1月の句会は新年会です。

でも、俳句会はやります。今日は句会には12人が参加しました。
いつものように一人15句投句します。そして、みんなで選句します。
3時から清書して選句して、大体5時くらいからみんなが選んだ句を読み上げします。

20090119%20001.jpg

今日の当番は、会長のS先生で、鯖江市住吉町にある「けーきや」というケーキ屋さんのケーキを持ってきてくださいました。
ショコラケーキで、とっても美味しかったです。
また太ってしまう・・・・・(汗)

私は正月食べてばかりでしたので、こんな句も作ったのです。

「色気なくふくよかになり三が日」


20090119%20002.jpg

句会が終わると懇親会。

新年会ということで、句会のメンバーのお一人に”新春の舞”を披露していただき、素敵な踊り(日本舞踊)を見せていただきました。
(※写真がないのが残念)

20090119%20003.jpg

ベルギービール ”シメイ”で乾杯!
メンバーの方でとてもビールが好きな方も、この3000mlのサイズのボトルにはびっくりされてました。


20090119%20005.jpg

歓談風景・・・・・。
もちろん俳句の話題もありますが、様々な職業や年齢の方が揃っているので話題は豊富。


20090119%20011.jpg

初春。口代わりが入っています。


20090119%20012.jpg

口代わり。下の枡にも料理が入っています。


20090119%20010.jpg

お造り。左側は車鯛の薄造り。ポン酢でいただきます。
緑のあしらえは「芽甘草(めかんぞう)」というもので、味は慈姑(くわい)に似ています。


20090119%20013.jpg

鰆 木の芽味噌焼き。


20090119%20014.jpg

野菜の天ぷら。塩でいただきます。


20090119%20015.jpg

烏賊このわた。柚子の香りがよいです。


20090119%20016.jpg

雲子入り茶碗蒸し。


20090119%20017.jpg

雲子美味しい♪


20090119%20018.jpg

メキャベツと蛸と帆立のお鍋。さっぱりです。


20090119%20019.jpg

ご飯がきました。


20090119%20021.jpg

ご飯は鯛飯です。赤だしと。


20090119%20020.jpg

果物。

新年会ということで、カラオケまで始まりました。

20090119%20022.jpg


20090119%20023.jpg


デュエットも聞かせていただき、ありがとうございました。

また2月も楽しい句会ができますように・・・!

2009年01月22日

がまえび

ぼく、ガマエビです!

福井県では、「がまえび」とか「がらえび」とか「ぶるえび」とか言われています。

以前、富山に行ったとき、富山の方は「がさえび」とおっしゃっていました。
色々と呼び名があります。

20090122%20001.jpg


標準和名は「トゲザコエビ」です。


20090122%20002.jpg

このエビは鮮度が落ちていくのが非常にはやいので、遠くに運ぶことができなかったということです。
なので、甘海老は関西地方でもよく見ますが、このガマエビは見ることがないですね。

今日はもちろん、そのままお刺身でもいただきますが、海老フライや天ぷらにしても本当に美味しい海老です。

晩御飯が今から待ち遠しい・・・・・・・(よだれ)

2009年01月25日

お茶事(社中の初釜)~茶懐石佳秀にて~その1

今年の社中の初釜は、『お茶事』に挑戦しましょうということで、お茶事を勉強させていただきました。

社中の大先輩方が亭主をされ、私たちは客でした。客もお茶事となると心得ていないといけませんので、緊張しました。

場所は、越前市広瀬町にある『茶懐石 佳秀(かしゅう)』さんです。越前市天王町にある「鎌仁別荘」さんの別邸で、茶懐石を主にやっておられます。


茶懐石 佳秀http://www.kamanibesso.jp/news/index.html


静かな住宅地の中に佇む建物です。

P10001198.JPG


P10001200.JPG


P10001202.JPG


天気予報がずっと雪マークでしたが、今日は青空が見える冬晴れに恵まれました。「晴れ女は誰かしら?」と言いながら、お店に入らせていただきました。

P10001203.JPG


P10001211.JPG

お庭です。雪吊りと雪が北陸の庭らしいです。


P10001215.JPG

玄関の飾り。お正月らしいです。


P10001216.JPG

待合です。

ご案内があり、席入り。


P10001223.JPG


初炭点前。

P10001228.JPG


懐石膳。お膳と飯碗、汁椀、煮物椀がすべて揃えで山中塗の前端雅峯(まえはたがほう)さんの物だそうで、素敵な絵柄です。

P10001232.JPG


飯椀と汁椀の蓋を同時に取り、飯椀の蓋を仰向け、汁椀の蓋をうつむけたまま合わせて右横手に置きます。そのような所作も社中でやるのは初めてで、勉強になります。

P10001233.JPG


向付(むこうづけ)は、鯛の昆布〆でした。美味しい♪

P10001235.JPG


飯器を回して御飯をついでいるところ。

P10001239.JPG


煮物椀は!
蟹と甘鯛のかぶら蒸しでした!とっても幸せになるやさしーいお味でした。
ユリネも入っていて、食感も楽しめます。まさに季節の一椀です。

P10001241.JPG


焼物は、「真名鰹の柚庵焼き」。

P10001243.JPG

向付のお皿にとっていただきます。

P10001244.JPG


預鉢(あずけばち)は、「筍、海老芋、ひろうす、春菊」でした。これもとても美味しいです。

P10001245.JPG


もう一品お鉢があり、「勝山水菜の辛子和え、たらの芽」でした。ピリッと刺激もあって、めりはりのあるお料理が嬉しいです。

P10001247.JPG


すすぎ汁は、「金柑、蕗の薹」。

P10001249.JPG

P10001250.JPG


八寸。山海の珍味を盛り合わせる八寸角(約25cm)四方の杉の片木盆(へぎぼん)です。この盆の大きさから、これにのせて出す料理を八寸と呼ぶようになりました。
龍皮巻き、蚕豆。

P10001252.JPG


亭主はここで客と酒を交わします。
亭主は八寸と燗鍋を持ち、正客の前に戻ると「お流れを」と正客に請います。「別盃お持ち出しを」とあいさつします。再度盃を請われ、懐紙で清めて盃台ごと、亭主の正面に向けます。次客が亭主に酌をして、正客は懐紙に、肴ニ種をとって亭主にすすめます。次客からの「お流れを」の所望で、亭主は正客に「盃をしばらく拝借を」とあいさつし、亭主は盃を清め、盃台ごと次客に出して酌をします。亭主は小吸い物の蓋を取り、蓋に八寸の山のものを取ります。亭主、客、亭主、客と、盃が主客の間を渡ることから、これを千鳥の盃といいます。こうして末客まで終わると、亭主は正客に「長々とありがとうございました」とあいさつして、盃を返し、酌をします。次に正客は亭主に酌をして、盃を飲み干すと「どうぞ納盃を」とあいさつします。亭主は「納盃させていただきます」と受けます。
千鳥の盃といいます。

P10001255.JPG


千鳥の盃が終わると、湯斗(ゆとう)と香の物鉢がきて、湯漬けにして食べきります。そして器物も清めます。

P10001257.JPG


箸は右縁にかけておき、連客がみなそろうのを待って、一斉に箸をお盆の上に落とします。それが合図で亭主が茶道口を開けて膳などを引きます。

P10001258.JPG


その後、菓子をすすめてくださいました。

P10001259.JPG


P10001260.JPG

お菓子は、まことや製です。


この後、中立ちします。


  ※その2へ続きます。

2009年01月27日

お茶事(社中の初釜)~茶懐石佳秀にて~その2

待合へ戻り、銅鑼の音を待っていました。

「大小中中小」と鳴らしますが、五客以上のときは「大小大小中中大」と鳴らします。
本当は腰掛で待っていて、蹲踞の姿勢で聞くのですが、雪でしたので待合で音を聞きました。

そして、また席入りします。

P10001263.JPG


濃茶をいただきます。

P10001264.JPG


P10001265.JPG


P10001269.JPG


お濃茶いただきました!美味しかったです。


P10001270.JPG


床のお花は「西王母(せいおうぼ)」という椿です。

P10001298.JPG


茶入、茶杓、仕覆の拝見。

P10001283.JPG


後炭点前。

P10001286.JPG


次は薄茶点前。

P10001289.JPG


P10001292.JPG


P10001293.JPG


干菓子です。

P10001295.JPG


お道具の拝見。

P10001297.JPG

そして、一人ずつ亭主とご挨拶をして、茶室から出て帰ります。

で、午前10時に席入りして、お茶事が終わったのが3時半でした。
正座が結構辛かったですが、とても楽しいお茶事でした。亭主の方は大変だろうなーと思いました。
亭主の心使いが伝わってきました。このような経験ができて、本当に有り難く思います。


P10001302.JPG

そして、待合ですべてが終わってから水屋の方々といっしょに水菓子とお番茶をいただきました。


P10001201.JPG

佳秀さんの心からのおもてなしも心に伝わり、至福のひとときを過ごさせていただきました。


ありがとうございました。

2009年01月29日

手作り・・・立春大吉♪

さて、この材料で何ができるのでしょうか?!?!


20090129%20002.jpg


赤い紙、白い和紙、ヒノキの紐。

20090129%20003.jpg


パチンと穴を一つ開けて、ヒノキの紐を通します。


そして、「立春大吉」を書き、うおとめのハンコをポン!


20090129%20005.jpg


これで出来上がりです!!!


明日から、口代わりに使います♪
お楽しみに。


立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。この文字は、縦書きすると左右対称になり一年間災難にあわないというおまじないです。

うおとめのお料理にもかけさせていただき、お客様の安全もお祈りしたいと思います。

About 2009年01月

2009年01月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35