« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月 アーカイブ

2010年03月02日

気分で・気楽に・気軽なワイン♪早春を愛でるワインの夕べ

3月1日に、デルソーレ 碇子シェフ&清水ソムリエ をお迎えして

20100203%20001.jpg


「気分で・気楽に・気軽なワイン♪早春を愛でるワインの夕べ」

を開催させていただきました。

うおとめの2階の広間を会場とさせていただきました。

20100301%20002.jpg


掛け紙は、「春風にワインがつなぐ伊と和の輪」

20100301%20001.jpg

20100301%20012.jpg

まず、ご挨拶させていただき、ソムリエの清水さおりさんをご紹介させていただきました。


今日は、デルソーレの碇子シェフの料理はブッフェ形式で、大皿で出させていただき、みなさんに取りにきていただく形にしました。
その方がみなさんが行き交い、話の輪も広がるからです。

うおとめのお料理3品は、1人ずつ出させていただきました。


ワインは、9種類です。
清水さおりさんセレクト 6種類、西本久美子セレクト 3種類です。

20100301%20034.jpg


ワインのコーナーを作り、ワインもお好みのものを選んでいただくようにしました。

20100301%20033.jpg


20100301%20032.jpg

ワインリストは、こちらです↓

---------------------------------------------------------------------------------------------

Wine List
( S:さおりセレクト  K:くみこセレクト )

Sparkling
K:(1)Prosecco Extra Dry   / Val D'Oca
プロセッコ エクストラ・ドライ / ヴァル・ドカ (イタリア:ヴェネト)

 White Wine
S:(2)2008 Muller Thurgau DOC / Kettmeir
      ミュラー・トゥルガウ / ケットマイアー  (イタリア:アルトアディジェ)

K:(3)2008 Gruner Veltliner / Fritsch
      グリューナー・フェルトリーナー / フリッチ (オーストリア)

 Rose Wine
S:(4)2008 Cerasuolo Montepulciano d'Abruzzo DOC / Terra D’Aligi
      チェラスオーロ モンテプルチアーノダブルッツォ / テッラ・ダリジ
                             (イタリア:アブルッツォ)

S:(5)2008 Etna Rosato DOC / Terre Nere
      エトナ ロザート / テッレ・ネレ      (イタリア:シチリア)

 Red Wine
S:(6)2007 Brolio Chianti Classico DOCG / Barone Ricasoli 
      ブローリオ キャンティクラシコ / バローネ・リカーゾリ
(イタリア:トスカーナ)

K:(7)2006 Le Grand Art AOC Medoc / Cave Saint Jean
      ル・グラン・アート  / カーヴ・サン・ジャン (フランス:ボルドー)

S:(8)2007 Cortona Syrah DOC / Luigi D'Alessandro
      コルトーナ シラー / ルイージ・ダレッサンドロ
                             (イタリア:トスカーナ)
食後酒
S:(9)ポンカン酒 / 美丈夫 
               (日本:高知県)
                       


---------------------------------------------------------------------------------------------

碇子シェフのお料理の数々・・・・・・。

20100301%20003.jpg

20100301%20004.jpg

テリーヌ。


20100301%20005.jpg

フォアグラ。


20100301%20024.jpg

ラザニア。


20100301%20027.jpg

20100301%20028.jpg

カンパチのカルパッチョ。


20100301%20029.jpg

バーニャ・カウダ。


20100301%20037.jpg

ハチの巣を使った煮込み。


20100301%20038.jpg

リゾット。

20100301%20039.jpg

パンもたくさん。

20100301%20040.jpg

こちらは、持田さんの苺のパスタ。梅昆布茶風味。


20100301%20042.jpg

「すごい!これ!春の味だ!」

とお客様の一人がおっしゃってました。

「そうですよね。今日のコラボでしか味わえないですよね。持田さんとのコラボで、これが本との『一期(苺)一会』ですよね!」

20100301%20044.jpg

右側の方が、パスタを作られている持田さんです。

左の方は、最後のデザートを作っていただいた、福井市のピュイ・ダ・ムールの奥河原さんです♪


20100301%20049.jpg

かぶら蒸し。


20100301%20054.jpg

ホタルイカ 酢味噌。
酢味噌と2番のワイン、ミュラートゥルガウがとても合いました!


20100301%20058.jpg

さて!碇子さんのパフォーマンスが始まりましたよ。

豚のモモ肉です。3日間かけて焼き上げたそうです!!!すごい!


20100301%20059.jpg

シェフ自ら切り分けていただきます。


20100301%20060.jpg

すごーい!


20100301%20061.jpg

美味しそうです。


20100301%20066.jpg

春野菜の天ぷら。


20100301%20072.jpg

こちらは、お口直しに持田さんの梅のペーストのグラニテ。


20100301%20095.jpg

最後は、デザートです。
デザートには、金柑入りのポンカン酒。キル酒割り。


みなさん、すごく盛り上がっていただき、ありがとうございました!!


料理とワインをワイワイ楽しんでいただきました。

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。


2010年03月04日

犬のBon(ボン)にBone(骨)をいただきました♪

3月1日のデルソーレさんとのコラボ・ワイン会で、豚モモ肉の丸焼きがありました。

その豚さんの骨をボンちゃんにいただきました。

BON  が  BONE  を  GET!!

20100303%20001.jpg


骨、見てます。


20100303%20003.jpg

嬉しそう・・・。

20100303%20004.jpg

寝そべって、贅沢に食べよう・・・・・・。

20100303%20005.jpg

横からも攻めてやろう・・・・・。


20100303%20006.jpg

んふーん♪


20100303%20007.jpg

大満足のボンでした。


フランチャコルタ 「カ・デル・ボスコ社」 マウリツィオ・ザネッラ氏 セミナー&試飲会

3月3日に、名古屋の中日パレスにて、フランチャコルタの「カ・デル・ボスコ社 マウリツィオ・ザネッラ氏のセミナーと試飲会がありました。

名古屋に来るのは久しぶりです。

20100303%20009.jpg

栄にある中日ビルの5Fが「中日パレス」です。


20100303%20010.jpg


1965年に小さな農家から始まったワイナリーですが、シャンパーニュを訪れたときに、「こんなワインをイタリアで造りたい!」と夢を抱き、その後、イタリア産スパークリングワインの先駆者となります。

フランチャコルタというDOCGは、スプマンテと名乗ってはいけないくらい、特別な存在となっています。そこまでのものにしたのは、そのマウリツィオ・ザネッラさんなのです。

20100303%20011.jpg

セミナーでは、フランチャコルタを5種類試飲しました。


20100303%20012.jpg

セミナーを始めるときに、「まず、乾杯!」

イタリアらしいなー。


20100303%20013.jpg

イタリアのワインの歴史もお話していただきました。

1968年の時点で、イタリア人の年間平均ワイン摂取量は、116リットルだったそうです。
この数字にはお酒を飲まない人の数も入っているので、1人に換算すると、1人が1日に1リットル飲む計算だったそうです。ワインは主食のように飲まれていたそうです。


20100303%20014.jpg

1970年代後半からは、がぶ飲みの時代から、だんだんと量より質になってきました。


20100303%20016.jpg

こちらは、フランチャコルタと他のスパークリングとの比較。

とてもよくわかりました。


20100303%20018.jpg

ザネッラさん、「試飲する前にお断りしておきますが、グラスはこのグラスにしています。フルートグラスは使用してません。」

ザネッラさん曰く、フルートグラスは嫌いだということです。
その理由は、

・飲む時にある程度は空気に触れたほうがよいので。
・洗った後、乾かすのが難しい。
・食事中にはできるだけ自然な姿勢で頭はまっすぐにしていたい。フルートグラスだと、顎を上げて飲まなくてはいけない。

だそうです。

そして、試飲はフランチャコルタ5種類。


20100303%20019.jpg

(1)Franciacorta-Cuvee Prestige
  フランチャコルタ キュヴェ・プレステージ

(2)Franciacorta-Dosage Zero Millesimato 2004
  フランチャコルタ ドサージュ・ゼロ 2004

(3)Franciacorta-Saten Millesimato 2004
  フランチャコルタ サテン 2004

(4)Franciacorta-Brut Millesimato 2004
  フランチャコルタ ブリュット・ミッレジマート 2004

(5)Franciacorta-Brut MIllesimato 2002
  フランチャコルタ ブリュット・ミッレジマート 2002


ドサージュ・ゼロというのは、門出のリキュールが無しということです。 

どれも個性があり、印象深かったです。
特に、フランチャコルタ サテンが、個人的に美味しいと思いました。

お買い上げ♪


ワインを生産するのには、哲学が必要だとザネッラさん。

●献身
●労苦
●情熱
●テロワール
●時間
●お金

ワインに限らずなんでもそうなのかも・・・って思いました。


あと、「NV」について・・・。

「これは、ノンヴィンテージではないのだ。本当はMVにするべきだ。」
マルチヴィンテージにするべきたったのだ。と語っておられました。

なるほど・・・その通りです。

20100303%20022.jpg

左から、私、ザネッラさん、通訳でジャーナリストの宮嶋勲さん。

宮嶋さん、「福井、昔よく行ってましたよ!Yさんとかとワイン会してましたよ。」

私、「あ!Y先生はワインの師匠です♪」

ワインの世界って、狭いなー。


20100303%20024.jpg

ボトルにサインもしていただきました(^-^*)

ありがとうございます♪

20100303%20021.jpg

ザネッラさんと写真を撮らせていただきました。

とても素晴らしい方でした。


旅行会社時代の後輩と「座座はなれ」

セミナーが終わってから、名古屋駅近くの「座座はなれ」というところで、旅行会社勤務時代の後輩夫婦とご飯を食べました。

久しぶりの再会でしたが、相変わらずでした。


20100303%20026.jpg

後輩のMくんが、お店を決めてくれました。


20100303%20027.jpg

久々に居酒屋さんに来ました。
ちょっとワクワク。

20100303%20028.jpg

MくんとKumaちゃん。

20100303%20029.jpg

いろいろと食べたいものを注文しました。

「ふぐ皮ポン酢!」って私が言うと、笑われた(苦笑)。


20100303%20031.jpg

名古屋っぽいものを色々・・・。

手羽先、味噌カツ串、海老フリァア。


20100303%20032.jpg

お酒は、蓬莱泉 純米大吟醸「空(くう)」(関谷醸造株式会社)というのを頼んでみました。
美味しかった!!!

なんか、限定酒みたいで希少なお酒だそうです。


20100303%20033.jpg

「来た来た!ふぐ皮ポン酢♪」

20100303%20034.jpg

もつ鍋とか色々、食べました♪

20100303%20035.jpg

最後は名古屋なので、きしめんで締めました♪


Mくん、ありがとう♪


また今度、セントレア空港使います。

社長さんに「美味しいワインを福井に飲みに来てください。」と宜しくお伝えください(^-^*)


2010年03月05日

幼稚園のお別れ会

今日は、二女の幼稚園のお別れ会でした。

お別れ会で、年長さんたちは、マーチングと劇をしました。

マーチングの曲は、「のだめカンタービレ」。
youtubeにアップしました♪

マーチングの動画

20100305%20002.jpg

難しい曲をよく頑張りました!!


20100305%20006.jpg

きりり♪
泣きながら幼稚園の門を入っていた年少時代が嘘みたい(笑)

成長しましたね。


劇は、「うらしま太郎」のお話でした。

二女は竜宮城の乙姫様の舞姫の役でした。

20100305%20016.jpg


うらしま太郎が竜宮城で接待を受けている場面。


20100305%20015.jpg

二女がお酌をしたので、思わず笑ってしまいました。

「やっぱり!・・・。」


そして、うらしま太郎が持ち帰った玉手箱を開けるところ・・・・。


白い煙はどうやるんだろう・・・・・・・って思っていましたら、


20100305%20024.jpg


白い布が・・・・・・・。


20100305%20025.jpg

あー!布が煙なんだ!

布で隠している間に・・・・・・・かぶり物を変えています。l

20100305%20026.jpg

あっという間に、おじいさんになってしまいました。


300年くらいたったそうです。何かの本には700年って書いてありました。

そして、今日の劇では、おじいさんは鶴になって飛んでいったそうです。

鶴になったのは知りませんでした(笑)。


亀を助けた太郎が、鶴になるって、「鶴と亀」でおめでたい感じですね。


そして、太郎は「釣り」が好きだったようで、「魚を釣る」のが好きだったから「鶴(つる)」になったのかしら・・・・・。


子供たちの素敵な笑顔がまだ目に浮かびます。

たくさん練習したね。がんばったね(^-^*)
すごくよかったよ♪


2010年03月09日

料亭うおとめにて義妹の結婚式♪~その1~

とうとうこの日がやってきました。

まだまだ・・・・・と思っていたら、意外と早かったです。


20100306%20001.jpg

今から花嫁になります。鬘をかぶる前です。


K恵ちゃんと会ったのは、私が主人と付き合い始めた頃ですので、もう18年くらい前でしょうか。

2000年にお嫁に来たので、10年間いっしょに暮らしました。

そんなK恵ちゃんが今日、お嫁に行きます。嬉しいような寂しいような・・・・。


20100306%20005.jpg

姪っ子であるうちの娘2人も着物を着てオメカシ♪

「K恵ちゃんが着物のときは私達も着物で、K恵ちゃんがドレスになったら私達もドレスね!!」と、いっしょにお色直しをすることを決めていた娘達です(笑)

20100306%20011.jpg

桜の枝に見立てたものに、花びら型のメッセージカードを書いて括り付けています。


20100306%20019.jpg

私も今日は着付けをしていただき、いっしょにオメカシを(笑)。


20100306%20023.jpg

式は、越前市の総社大神宮で行いました。


式の最後に両家で乾杯をするのですが、相手方の席が二つ空いていて、「何で空席なんだろう?」と思っていました。すると、新郎新婦がその空いていた席に入って、乾杯をしました。私の横でお義母さんが、「ああ、もうK恵は○○家の人になったってことや・・・。」とぼそっと言ったので、私もなんとも言えない気持ちになりました。


この後、料亭うおとめに移動して披露宴になりました。

料亭うおとめにて義妹の結婚式♪~その2~

今日のK恵ちゃんの姿に、句を作りました。

20100306%20025.jpg

「白梅や白無垢姿なほ白く」


20100306%20026.jpg

会場はこんな感じです。


20100306%20030.jpg

垣内楊石先生に、「お祝いの揮毫」を披露していただきました!


20100306%20032.jpg

「永寿(えいじゅ)」という言葉を書いていただきました。

素晴らしい!力強いですね!!

新郎新婦の名前と日付も入れていただきました。素敵な記念になります。


20100306%20034.jpg

お料理もぼちぼち撮っています。
口代です。


20100306%20035.jpg

義妹が「きのこ好き」なので、主人が献立に入れていました。
茸トロロ。


20100306%20036.jpg

芸子さんの祝舞。

20100306%20039.jpg

お友達と退場。この退場に付き添う役は、くじで引いてました。


20100306%20041.jpg

鮑の蒸焼き。


20100306%20043.jpg

にぎり寿司。


20100306%20045.jpg

今日の献立です。


20100306%20046.jpg

四季折々日記ブログに初登場!!
若女将kumikoの奈良の母です♪
この人のお腹から「おぎゃー!」と出てきました(笑)
そして左は、同じお腹から「おぎゃー!」と出てきた奈良の妹です(笑)


20100306%20047.jpg

伊勢海老のグラタン。


20100306%20048.jpg

お椀代わりの若竹鍋。


その3へ。

料亭うおとめにて義妹の結婚式♪~その3~

さて、色内掛けから「お引きずりの振袖」にお色直しをして、新婦の父と入場♪

20100306%20049.jpg


この衣装で、大盃の直会をしました。

『神酒を大盃(大杯)で回し飲む直会(なおらい)』

日本の文化として、神の嘗めた酒を共に飲む事が宴会のルーツです。

結婚披露宴などの宴席では大盃はとてもおめでたく、荘厳です。

文化も、受け継がれ変化していきます。結婚して家族も受け継がれます。
この昔からの塗りの大盃で、古の息吹を感じながら神の新酒を皆で回し飲むことは、とても素晴らしいことだと思います。


20100306%20052.jpg

こちらが、大盃です。

この日は12テーブルの円卓がありました。1つの盃を1つのテーブルの皆さんで、回して飲んでいただきます。お酒は梵のお酒。


20100306%20058.jpg

1テーブル、1テーブル、新郎新婦がいっしょに注ぎます。

20100306%20059.jpg

その注がれたお酒をテーブルの皆で回し、飲み干します。

20100306%20060.jpg

主人です。

妹に注いでもらったお酒のお味は?


20100306%20056.jpg

生湯葉といくら。


20100306%20068.jpg

和牛ロースステーキ フォアグラ。

「披露宴で、『花嫁の手紙』は読まない。」とK恵ちゃんが言っていました。

じゃあ、私が代わりに読もう!って思って、異例の「新婦の兄の嫁の手紙」を読み、そして、私と娘2人で歌を歌いました。
岩堀美雪先生の「母の歌」を歌いました。


20100306%20069.jpg

「K恵ちゃん
今日は、本当におめでとうございます。異例の兄嫁からの手紙を読ませていただきます。
K恵ちゃんと初めて会ったのはもう18年も前のことになるのでしょうか?私がM和さんとお付き合いし始めたときですね。今まで、実の妹のように気を使わず、気楽にいっしょに屋根の下で、楽しく過ごさせてくれてありがとうございました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

と手紙を読ませていただきました。
こんな機会をいただき、ありがとうございました。


20100306%20081.jpg

二女は感極まって泣いてしまい、練習した歌を全く歌えませんでしたが、長女は堂々と初めから最後まで歌いきりました。

20100306%20082.jpg

鱶鰭(フカヒレ)の茶碗蒸し。

20100306%20083.jpg

稲庭うどん 辛味大根。
(新婦がうどん好きなので)


料亭うおとめにて義妹の結婚式♪~その4~

今度は、ドレスで登場♪


20100306%20086.jpg

で、娘達もお色直ししました。

20100306%20088.jpg


何にも言ってないのに、「ブライズメイド」の役をしています。

「ブライズメイド」とは、ドレスの裾を持って歩く介添人のことです。

20100306%20089.jpg

嬉しそう・・・(^-^*)

20100306%20090.jpg

箸初めの儀式で振る舞われた「相生」の生菓子。


20100306%20091.jpg

果物とコーヒー。

20100306%20094.jpg


花束を運んでくれた子供達に素敵なプレゼントもいただきました。


身内のことではありますが、本当に素敵な披露宴でした。


ご来席下さった皆様、本当にありがとうございました。

当日関係してくださった業者のみなさん、そして料亭うおとめのスタッフの方々もありがとうございました。


そして、二人の末永い幸せを祈っています♪

2010年03月11日

【ご案内】4月の「日本酒の会」&「ワイン会」のお知らせ!詳細決定

ご案内です!

4月の「日本酒の会」と「ワイン会」が決定しましたので、ご参加されたい方はどうぞお申込みください。

ご参加を心よりお待ちしております!


**************************************************************************

■「梵の会」~粋で優雅な花見気分の夕べ~■

内容 : 「根緒や」のお姐さんと梵のお酒を楽しみます。

日時 : 2010年4月8日(木) 19時~

会費 : 12000円


2010-04-08.jpg


**************************************************************************

■「第11回 もうひとつのワイン会」■

内容 : カベルネ・ソーヴィニヨンの比較

日時 : 2010年4月19日(月) 19時~

会費 : 15000円


2010-04-19.jpg


**************************************************************************

料亭うおとめのイベント情報をDMしています。

ご郵送希望の方は、こちらinfo@uotome.comまで、ご住所・TEL・お名前をお知らせください。
ご案内をその都度お送りさせていただきます。


宜しくお願いいたします!


2010年03月13日

でたらめな・・・・・

いつも、お料理の上に掛け紙をのせさせていただいています。

私の自作の季節の俳句を書いています。


最近、この俳句が宴会の話題を広げてくれています♪


「でたらめな話の覚めて春の夢」


2010-03-10.jpg


誰しも、このような経験はあるみたいです。


「美味しい食べ物を、”さあ、食べよう”と思ったら夢から覚めた。」とか、

いいところで目覚めてしまって、続きを見たいと思ってもう一度寝るんですが、どうしても続きは見れないとか・・・・・・。

いい夢を見たいものですね(^-^*)

2010年03月16日

もうひとつのワイン会~ミステリーなワインの夕べ~

3月15日に、第10回目の「もうひとつのワイン会」を開催させていただきました。

今回は、初めての試みで、『ミステリーなワインの夕べ』と題し、各お客様の1人1本、持ち寄りワインを飲むワイン会にさせていただきました。ご参加の方には、3月10日までに持ち寄りワインをご連絡いただき、ワインの種類(泡・赤・白)や、国、ブドウ品種などは、一切問わずに持ち寄っていただきました。
手持ちのワインが無い場合は、「若女将におまかせ(一任)」とお申し出いただきました。

会費は、一人10,000円+ワイン代とし、ワイン代は当日申請金額を合計し、皆さんで割り勘としました。


20100315%20001.jpg

会場は、春のイメージでピンクでまとめました♪


20100315%20002.jpg

俳句は、「秘めごとはワインだけねと春の星」

20100315%20003.jpg

ウェルカムドリンクは、2009年初リリースの、シモン・ビーズさんの「Pur jus de Chardonnay」。

シャルドネジュースです♪結構濃厚な味のジュースです。


さて、下記に皆さんの持ち寄りワインをリストにさせていただきました。

ブラインドテイスティングを楽しんでいただきました(笑)

ミステリーですので、もちろんリストは秘密で、後で答え合わせです。

まず、私からは、「シャンパン1種類、白2種類、ピノノワール2種類、赤ワイン5種類(1名当日欠席に)、デザートワイン1種類です。」とだけ、口頭でご案内して、ブラインドです。

-------------------------------------------------------------------------------


テーマ『 ミステリーなワインの夕べ 』
Wine List

Champagne
① 2000 Debolt-Vallois Fleur de Passion (T氏)
    ディアボロ・ヴァロア フルールデパッシオン

White Wine
② 2002 Kongsgaard Chardonnay   (M氏)
コングスガード シャルドネ
③ 2007 Club des 50 Pessac Leognan  (Y氏)
クラブ デ 50 ペサックレオニャン

Red Wine
④ 2000 Chambolle-Musigny Les Amoureuses / Daniel Moine Hudelot(T氏)
シャンボール・ミュジニー レ・ザムルース / ダニエル・モワン・ユドロ
⑤ 1999 Clos des Lambrays / Domaine Des Lambrays (M氏)
    クロ・デ・ランブレ / ドメーヌ・デ・ランブレ

《ブラインドテイスティング》
A・     ・⑥ 2004 Ch. Chasse-Spleen   (T氏)
        シャトー・シャス・スプリーン
B・     ・⑦ 1995 Ch. Calon-Seger (3級 Saint-Estephe)  (I氏)
        シャトー・カロン・セギュール
C・     ・⑧ 1993 Ch. l’Evangile (Pomerol)   (H氏)
        シャトー・レヴァンジル 
D・     ・⑨ 2001 Montevertine le Pergole Torte Toscana  (K氏)
         モンテヴェルティネ レ・ペリゴール・トルテ
E・     ・⑩ ?                     (欠席)

F・     ・⑪ 2002 Napa Valley Red Wine / HdV (Hyde & De Villaine)  (T氏)
         ナパ・ヴァレー・レッド・ワイン / HdV(ハイド・ド・ヴィレーヌ)

Dessert Wine
⑫ 2006 Reve D’Automne / Ch. Laffitte Teston (N氏:若女将おまかせ)
  (AOC Pacherenc Du Vic-Bilh)
     レヴ・ドートヌ / シャトー・ラフィット・テストン

-------------------------------------------------------------------------------


さて、①から⑤、そしてA~Fまでを注ぎ、唸りながらブラインドテイスティングされています。

「もうそろそろ、答え合わせしましょうか・・・・。」

②・③の白と、④・⑤のピノノワールの回答を発表しました。

その後、また皆さんに試練を与えさせていただきました(^_^)

「5種類のワインを、線で結ぶ作業をしていただきます♪」

楽しくなってきました♪


「パーフェクトの方には、ワインをプレゼント♪」

と言うと、みなさん必死でテイスティングです(笑)

最後に答え合わせをしました。

やっぱりご自分で持ってきたワインは当たる傾向でした。そりゃそうかな・・・。


お料理はこんな感じで・・・。

20100315%20004.jpg

のれそれ 温泉玉子


20100315%20005.jpg

活平目 春野菜巻き

たらの芽とか、こごみが巻かれてます。塩で召し上がっていただきました。


20100315%20006.jpg

筍 帆立 木の芽味噌


20100315%20007.jpg

鮑 蒸焼き

肝のソースで焼きました。


20100315%20008.jpg

真梶木のパン粉焼き

香草が利いてます♪

20100315%20010.jpg

和牛ロースステーキ シャリアピンソース

シャリアピンステーキっていうのは、1936年にオペラ歌手、フョードル・シャリアピンさんが帝国ホテルで「柔らかいステーキが食べたい」というリクエストに対して、筒井福夫シェフが調理したのが始まりです。洋風の名前ですが、日本だけのものなのだそうです。実はシャリアピンさんは当時、入れ歯の調子が悪くて歯が痛くて、柔らかい肉が食べたかったのだそうです。


20100315%20011.jpg

蛍烏賊 苺酢

20100315%20012.jpg

ご飯は蟹飯。赤出汁と。


20100315%20013.jpg

こちらが、持ち寄りワイン勢ぞろいの集合写真♪


20100315%20014.jpg

半分ずつ撮りました。


20100315%20015.jpg

しかし、みなさんこだわりのワインを持ってこられました。

持ち込むワインで、性格もかなりわかります。面白いですね♪

20100315%20016.jpg

果物で締め!

また、6月に「ミステリーなワインの夕べ」を開催することになりました。


興味のある方は、ぜひどうぞ♪


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!!!

2010年03月17日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

今月も10句を投句しました。

↓この掛け紙に書いた句だけが選んでいただけませんでした(涙)。
20100316%20001.jpg


俳句というより、川柳っぽすぎるからかなぁ・・・。

他の9句は、とっていただけました!ありがとうございます!

せっかくなので、9句書いておきます(^-^*)

●不揃ひの粒の甘さよ冬苺

●つぶら目に見守られゐて剥く林檎

●北国の闇にうつすら朧月

●蜜柑剥くしぶきのかかる鼻頭

●結髪は小振りにまとめ春袷

●凛として今昔伝へ梅一輪

●桃咲くや鳥居をくぐる綿帽子

●白梅や白無垢姿なほ白く

●さきがけの羽音つぶての初燕

この中では、私は「結髪は・・・」が気に入っています。


春になって、少し寒さも緩んできて、春袷を着る時には、髪もきゅっと小さめにしたいものです♪

句会が終わると、恒例の懇親会です。
昨日はありがたいことに他にも宴席があったので、句会の席にはあまり居られませんでしたが、お料理は全て食べました!!ご馳走様でした(^-^)

20100316%20002.jpg

前菜。山葵の飛びっ子和え、雲子あん、春野菜の味噌ソース。


20100316%20003.jpg

お造りです。


20100316%20004.jpg

牛肉のたたき。

20100316%20005.jpg

出汁巻き卵の海老あんかけ。


20100316%20006.jpg

若布と帆立と芽キャベツと蛸のお鍋。


20100316%20007.jpg

焼き筍、焼き鯛の蕗の薹味噌。


20100316%20008.jpg

赤貝、蛍烏賊の梅肉かけ。


20100316%20011.jpg

ご飯は、蟹飯と赤出汁です。


20100316%20012.jpg

果物。


毎月、素敵な句会と懇親会、ありがとうございます!


2010年03月19日

月刊はうすくらぶに載りました♪

3月20日発売の月刊「はうすくらぶ」に「料亭うおとめ」が載っていますので、ぜひご覧ください♪

20100319%20025.jpg

20100319%20026.jpg

20100319%20027.jpg


「一期一会もてなしの店へ」という特集で5店の日本料理店が載っています。

ぜひ、はうすくらぶを購入して読んでくださいね!!

(立ち読みじゃなく・・・・)

本気の自宅でワイン~M's Sound Factoryの島田さんが来ました~

奈良の吹奏楽一般バンドのM's Sound Factoryの代表、島田昌登氏が「ワインを飲みたい」と、奥様と自宅にいらっしゃいました!


20100319%20001.jpg

うおとめの板場さん、N谷シェフ夫妻、O君、主人と私と子供2人の9人で楽しくお食事しました♪

20100319%20002.jpg

お造りです。


20100319%20003.jpg

私担当、生春巻きです♪


20100319%20004.jpg

島田さんと奥さま♪


島田さんは大学の吹奏楽部の先輩です。うちの主人の一つ上の学年で、学生指揮をしていました。楽器はトランペットです。


20100319%20005.jpg

「これ、何の品種やと思う?!」

と持ってきたワインを見せてN谷くんが聞きました。

「ええー?何やと思うって聞くぐらいやから、シャルドネとかアリゴテではないんやろう?」

「鋭いなー。」

「・・・・・・・(閃!)、ピノブラン?!」

「そうそう!当たり。珍しいやろ(笑)」


20100319%20006.jpg

こちらは、1990 Les Havts de Smith です。
もうひとつのワイン会のメンバーのTさんからのクリスマスプレゼントです。
Tさん、ご馳走様です。

1990年古酒、とても美味しかったです。


20100319%20007.jpg

帆立とカレー。
ロフティーさんのパン。


20100319%20008.jpg

カレー!
ということで、島田さんのお土産ご紹介。

KOBE
鉄人
CURRY


20100319%20009.jpg

菜の花巻き。


20100319%20010.jpg

イベリコ豚。
シンプルに山葵で。美味しいー!


20100319%20011.jpg

O君と二女。


20100319%20012.jpg

14年早い!(怒)

香りだけ。


あ、島田さん、二女のこの洋服に食いつかれてました(汗)。

「メゾピアノって、『やや弱く』やぞ! なんでフォルテシモじゃないねん!?」


20100319%20013.jpg

1988 Beaune Cent-Vignes / Albert Moret

20100319%20014.jpg

1993 Clos de Vougeot / Domaine Paul Misset


20100319%20020.jpg

大葉と梅を紅芯大根で挟みました。

20100319%20021.jpg

K島くんが登場!!!(左端)

実は、彼はM's Sound Factoryのメンバーです。
福井から奈良まで練習に通っています。

20100319%20023.jpg

明太子パスタ♪

20100319%20024.jpg

デザート♪


ちなみに・・・・・

島田さんは年齢を聞くとき、「中3のとき、課題曲なんやった?」ですぐに解ります(笑)。

そして、ワインの1988とか1993とかヴィンテージが出てくる度に、「あ、あの時はダンスフォラトラや。」とか、「あ、その年は神話やった。」とか、吹奏楽のマニアックなネタを披露してくれました♪


島田さん、奥様、遠いところ来ていただいて、ありがとうございました!

またワイン飲みましょう!!


2010年03月20日

二女の幼稚園の卒園式~今日で母も幼稚園卒業(涙)~

今日は、二女の幼稚園の卒園式でした。

長女からも合わせて、6年間お世話になりました。

幼稚園でたくさんのご縁と温かい教えをもらったので、卒園してお別れだと思うととても淋しいです。


20100320%20001.jpg


20100320%20002.jpg


20100320%20003.jpg

いつもの幼稚園は、レッドカーペットが敷かれ、式典の会場になっていました。

保育証書の授与式です。

20100320%20017.jpg


20100320%20019.jpg

真剣な顔の二女。

20100320%20034.jpg

式典の後は、マーチングを演奏しました。


20100320%20039.jpg

マーチング♪


卒園式はこれで終わりで、その後は、先生・卒園生・母のみなさんで謝恩会になりました。

20100320%20045.jpg

みんなでお食事をしました。

料亭うおとめの出前でした。

20100320%20046.jpg

春らしいお弁当。
一人ずつの小鍋と小鉢も付きました。
小鍋は、いか団子と胡麻麩のお鍋。
小鉢は、二女のパパへのリクエストで、「のれそれ」。


20100320%20047.jpg

のれそれ、食べています。

のれそれは、穴子の稚魚です。今が旬。


20100320%20048.jpg

二女と二人で写真を撮りました♪


お食事の後は、謝恩会初めての試みですが、「くまひげ先生」に人形劇をしていただきました。

20100320%20049.jpg


「友達」をテーマにした、お猿さんとどろぼうのお話で、子供達はおもしろいくらい食い入って見ていました。

20100320%20050.jpg

おもしろかったです♪くまひげ先生、ありがとうございました。


20100320%20051.jpg


人形劇の後は、岩堀美雪先生に少しお話と歌をお願いしました。

4月から小学生ということで、特に「入学してからの不安」などがあれば質疑応答をしていただきました。

20100320%20052.jpg


歌は、「ありがとう」を歌っていただきました。
何度聞いても心に沁みます。

20100320%20054.jpg


そして、茶話会。お菓子とお茶をいただきました。


20100320%20055.jpg


最後に、役員さんの手作りスライド(子供達の思い出の写真)といっしょに、一人ずつ「母からの謝辞」をスピーチしていただきました。


みなさん、とてもいい謝辞ばかりで、今までの思い出が走馬灯のようにくるくる頭をめぐって、私もうるうる泣いてしまいました。

子供も私も、本当に幼稚園にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。


・幼稚園を通してのご縁
・相手を幸せにしようと思うことが自分の幸せという信念


をいただけて、本当にありがとうございました。


卒園しても、今後とも宜しくお願いいたします。

2010年03月27日

研修会にて『おもてなしの心』をテーマに講師してきました

いつも大変お世話になっているお客様、「左官業組合」様の春季研修会の講師をさせていただきました。

「私なんて、そんな講師なんて・・・・(汗)」と思っていましたが、このブログにコメントをいただくnishiさまの推薦もあり、役不足ですが講師をさせていただきました。


研修会は、様々なジャンルの講師をよばれて、時間を区切って構成されていました。私は1時間お話をさせていただきました。


担当の方が、黒板に私の紹介を書いてくださいました。


20100327.jpg


思わず、「えっ?!」って思ってしまいました。

黄色チョークで『美人』が付け加えられていました(汗)。


余計にプレッシャーが・・・・・・・・・。

っていうか、これがほんとのおもてなしなのかな???

一本とられました(笑)(^-^)

私のお話が直接的に左官業種の方に活かせるのかどうかは未知ですが、「お客様のことを常に考える」という「おもてなしの心」は、すべての業種に当てはまることかもしれません。


私が旅行会社時代に経験したことや、今料亭うおとめで考えてやっていることなどを中心にお話させていただき、今の飲食業の現状のことなどもお話させていただきました。


最後に質疑応答の時間もとり、質問もいくつかしていただきました。


私なんかの講演をずっと真剣に聞いてくださり、本当にありがとうございました。

この講演をまたステップに、日々頑張りたいと思います。

About 2010年03月

2010年03月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年02月です。

次のアーカイブは2010年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35