« 弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~シャンパーニュ・マム社(MUMM)見学 | メイン | 弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~シャンパーニュ:ワインショップとBISTROT DU BOUCHERでランチ(ランス) »

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~シャンパーニュ:ランスのノートルダム大聖堂とジャンヌ・ダルクの像

マム社を後にして、ランス市内へ。

ランスはシャンパーニュ地方の中心都市です。


シャンパーニュ地方の土壌には、分厚い石灰層があり、2世紀ごろローマ人たちに切り出された石灰岩によって、ランスなどの街の基礎が出来上がっています。しらがって、ランスの街の地下には、総延長数十キロメートルにも及ぶ巨大な洞窟(クレイエール)があり、一年を通して温度や湿度が一定の地下蔵として多くのシャンパーニュ・メゾンがワイン醸造に利用しています。一見普通の町並みに見えるランスの地下は巨大なホールとなっており、無数のシャンパーニュのボトルが出荷を待って眠っているのです。

そして、ノートルダム大聖堂へ。

20100828%20171.jpg

13世紀に建てられたゴシック建築の傑作です。496年に初代クローヴィス王が洗礼を受けて以来、歴代の国王が、この大聖堂において戴冠式を行っています。そして、あのジャンヌ・ダルクもシャルル7世を助け大聖堂で国王の戴冠を実現させました。ランスの大聖堂は、第1次世界大戦の戦火にさらされてしまいましたが、マルク・シャガールのブルーに輝くステンド・グラスでまた新たな光が照らされました。

20100828%20172.jpg

20100828%20173.jpg

20100828%20174.jpg


20100828%20175.jpg

20100828%20176.jpg

20100828%20177.jpg

20100828%20178.jpg


20100828%20181.jpg

ヨーロッパの教会のステンドグラスにはいつも圧巻です。

20100828%20183.jpg

20100828%20180.jpg

日曜日なので、まだミサの最中でしたが、もうすぐ終わるとのことで入らせていただきました。

20100828%20186.jpg

20100828%20187.jpg

すごく大きな教会です。

大抵パイプオルガンは教会を入って後ろにあるイメージだったのですが、こちらのパイプオルガンは入って左手にありました。ステンドグラスを優先してのことみたいです。

20100828%20189.jpg

20100828%20190.jpg

教会を入って右側にあるステンドグラスには、シャンパーニュを造る絵柄が描かれています。


20100828%20195.jpg

そして、細かくてちょっとわかりにくいですが、文字がいろいろと書いていますが、それはシャンパーニュの村の名前が書かれています。


20100828%20192.jpg

教会の一番奥から入り口を見たところ。

20100828%20200.jpg

こちらがマルク・シャガールのステンドグラス。青が基調でとても素敵です。

20100828%20201.jpg


20100828%20202.jpg

20100828%20203.jpg

20100828%20205.jpg

こちらは、勇ましくも神々しいジャンヌ・ダルクの像。

20100828%20206.jpg

【ジャンヌ・ダルク】
ジャンヌ・ダルク(仏: Jehanne Darc、Jeanne d'Arc、英: Joan of Arc(ジョーン・オブ・アーク)、ユリウス暦 1412年1月6日 - 1431年5月30日)は、「オルレアンの乙女」(仏: la Pucelle d'Orléans/英: The Maid of Orléans)とも呼ばれるフランスの国民的英雄で、カトリック教会における聖人。百年戦争の際にオルレアン解放に貢献し、シャルル7世をランスで戴冠させ、フランスの勝利に寄与したとされる。コンピエーニュの戦いで捕虜となり、宗教裁判で異端者と断罪され、ルーアンで火刑になった。






コメント (2)

いやあ、懐かしい。
行きました、大聖堂。ダルクの像ってもっと大きいのかって思いましたが意外にこじんまりでした。

しかし、本当、マメですね。
きちんとした内容のブログは尊敬します。
相当、時間もかかるでしょうに。

>とーしろさん
とーしろさんも行かれたんですね?!
やっぱり!!
ブログはそんなに時間かかりませんよ♪
お昼の空いた時間でこそっとやっています(笑)
ていうか、楽しいですよ♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Powered by
Movable Type 3.35