« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月 アーカイブ

2010年10月04日

日本教育旅行株式会社「創立60周年記念パーティー」

素晴らしい秋晴れの日でした♪
京都駅、京都タワーがくっきりと見えます。

20101002%20001.jpg

20101002%20002.jpg

10月2日にメルパルク京都にて、私が独身時代に勤務させていただいていた日本教育旅行株式会社の創立60周年記念パーティーに出席させていただきました。

一般的に企業の周年行事というと、取引先や業者さんなどを招待してするのが普通だと思いますが、日本教育旅行は、退職したOBを招待しての、現役社員と元社員だけのパーティーでした。しかもお祝いも受け取らないで。
すごいなーと思います。


20101002%20004.jpg

61名が集まり、集合記念写真撮影です。


20101002%20006.jpg

こっそりカメラに向かってピース♪
同期の飛行機マニアと、後輩の鉄道マニア。
てっちゃんとひこちゃんです(笑)。


20101002%20009.jpg

はじまります。


20101002%20011.jpg

映像も使ってのオープニング演出。

20101002%20014.jpg

日本教育旅行株式会社は、京都で一番古い旅行会社です。
知事登録が2-6号となっていますが、やめた旅行会社は欠番となっていきます。一桁台は6号しかもう残っていないとのことで、一番古いということになります。

20101002%20021.jpg

さて、シャンパンで乾杯!!

20101002%20010.jpg

お料理は大皿でテーブルのみんなでシェアする形式でした。


20101002%20024.jpg

20101002%20025.jpg


20101002%20036.jpg

20101002%20040.jpg


名札が用意されていましたが、

20101002%20026.jpg

私は1996年入社です。

20101002%20029.jpg

ワインをいただきました♪


20101002%20030.jpg

1997 Bourgogne / Leroy

20101002%20027.jpg

1999 Cote de Beaune Village / Leroy


20101002%20039.jpg

会社の歴史が映像で流されました。

20101002%20041.jpg

修学旅行生の夜行列車には、ゴザを用意して睡眠させていたそうです。修学旅行も今では飛行機などで行く時代・・・・。


20101002%20043.jpg

お料理もどんどん運ばれてきます。

20101002%20044.jpg


20101002%20047.jpg

デザート♪

20101002%20050.jpg

素晴らしい映像で日本教育旅行の歴史を見ることができました。

20101002%20058.jpg

同期のRikiyaくん。
ちょくちょく会っているので、久しぶりという気が全くしません(笑)。

20101002%20064.jpg

これは、私が新入社員の時の入社式で発表したものです。
何かというと、「日本教育旅行の社歌」なんです。

♪京都の駅を北に出て
 左に見えるは京都タワー
 古都の香りに包まれて
 笑顔あふれる 日本教育旅行

♪修学旅行 ゼミ旅行
 研修旅行に慰安旅行
 何でもまかせてくださいな
 笑顔あふれる 日本教育旅行


入社式当日、5年先輩の当時の主任Mさんに、
「模造紙をあげるから、これでみんなの前で自己紹介しなさい。」
と言われました。


新入社員は私を含めて6人でしたが、他の人はみんな、模造紙に等身大の自分を書いて特長や性格などを書いていました。


私は、「音楽」という自分の特技を使って、作詞作曲して、みんなの前で自己紹介した後、この歌を全社員みんなで歌わせました(笑)。

このパフォーマンスで、配属先が決まってしまいました(涙)。


今から10年前に退職しましたが、日本教育旅行で経験したことが色んな形で今も活かされていると自分では感じています。

本当にお世話になった日本教育旅行でした。

これからもどんどん素晴らしい会社になりますよう、お祈りしています。


最高に素敵なパーティーにご招待いただき、本当にありがとうございました!


--------------------------------------------------------------------------------------------------


※懐かしい皆さんと撮らせていただいた写真は、ミクシィのアルバムにしています。友人まで公開にしていますので、ミクシィされている方はどうぞご覧ください♪

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~ブリュッセル:聖ニコラス教会♪

聖ニコラス教会へやってきました。

20100828%20488.jpg


20100828%20489.jpg


20100828%20490.jpg

20100828%20491.jpg


20100828%20492.jpg


20100828%20495.jpg

20100828%20496.jpg


20100828%20497.jpg


20100828%20498.jpg

宗教画です。最後の晩餐。


20100828%20499.jpg


20100828%20500.jpg

ステンドグラス。


やはり、ヨーロッパの教会と日本のお寺は全然違います。


2010年10月05日

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~ブリュッセル:’T KELDERKEにてランチ&ベルギービール♪

さて、お腹もすいてきましたので、ベルギーらしい料理が食べれる、そしてベルギービールも飲めるというレストランに行きました。


20100828%20503.jpg

お花が優しく咲いています。


20100828%20504.jpg


20100828%20505.jpg

お店の名前は、「’T KELDERKE ケルデルク 」です。

グランプラスのブラバン公爵の館の地下にあります。


20100828%20506.jpg

メニュー。


20100828%20507.jpg

階段で地下に行きます。


20100828%20508.jpg

カウンターにはベルギービール用のグラスがたくさんありました。


20100828%20509.jpg

店内。

20100828%20512.jpg

なんと!
日本語のメニューがありました!
それも写真つきで♪


20100828%20513.jpg

とりあえずビール♪

MAESという軽めのビールをいただきました。

このビールは第二次世界大戦後、ピルスナーで有名になったビールだそうです。

20100828%20520.jpg

ムール貝をお願いしました!

ムール・オ・ヴァン・ブラン(ムール貝の白ワイン蒸し)

20100828%20521.jpg

料理を注文すると、このポテトが付いてきますが、パンも付いてくるのでボリューム満点。


20100828%20523.jpg

ラパン・ア・ラ・ビエール
ウサギ肉のビール煮込み。


20100828%20524.jpg

クロケット・オ・クルヴェット
北海蟹のコロッケ。


20100828%20525.jpg

もう1種類ベルギービールをいただきました。

BRUGSという銘柄。
ホワイトビールです。先程のビールMAESと同じ、アルケン・マース醸造所は、ベルギーで第2位のビールメーカーだそうです。


お料理は一つ一つが量が多くて、3皿注文してお腹いっぱいになってしまいました。

ごちそうさまでした。


20100828%20527.jpg

さて、お仲いっぱいになり外へ出ました。

雨が降っていたのか、雨上がりのグランプラスでした。


20100828%20528.jpg

お店もちょこちょこ出始めていました。


20100828%20529.jpg


20100828%20530.jpg


20100828%20531.jpg

午前中よりも人が増えていました。

20100828%20532.jpg

優しそうな方に、「写真撮っていただけますか?」とお願いして撮っていただきました。

ありがとうございます。でも建物を優先していただいたみたいで、エディーちゃんと私、ちっちゃっ(苦笑)。

20100828%20533.jpg

「自分撮り」もしてみました(笑)。


20100828%20534.jpg

そして、1人で撮ってもらいました。


20100828%20535.jpg


「時間に限りがございます・・・・・」ということで、グランプラスを後にしました。


またタリスに乗るためにブリュッセル南駅に向かいます。


「祇園なか原」で遅い誕生日会♪

祇園なか原さんで、友人の誕生日をお祝いしました。


なか原さんは、お茶の社中旅行や、俳句の吟行の夕食にも利用させていただき、お世話になっています。

祇園のちょっとわかりにくい路地にある小さなお店なので、いつもどの通りだったのか迷ってしまうのです。でも「ここ!」を覚えておけば大丈夫です。

四条通の「かづら清」さんと「祇園小石」さんの間の細~い路地を上がったところにあります!


無理を言って、シャンパンを持ち込みさせていただきました。ありがとうございます。

20101002%20070.jpg

シャンパンでおめでとう!乾杯♪


20101002%20071.jpg

山芋豆腐 生雲丹 オクラ

20101002%20072.jpg

栗の毬(イガ)の上に置かれた懐紙には・・・・


20101002%20073.jpg

銀杏、栗、蓮根、茶そばの松葉など。

秋ですね~♪

20101002%20074.jpg

お造りです。
いつも綺麗なお仕事で、本当に美味しい♪
愛が伝わってきます。


20101002%20075.jpg

湯気とともに目の前に現れたのは、鱧と松茸の小鍋。


20101002%20076.jpg

湯気でぽわーんとなり、心も体もこんな感じ♪ぽわーん♪


20101002%20077.jpg

温かい無花果。胡麻のクリームがかかっています。
癒されます。


20101002%20078.jpg

カマスの焼き物。
美味しい♪


20101002%20079.jpg

そして、器も美しい・・・・。


20101002%20080.jpg

鱧寿司と鯖寿司。ペアで♪

20101002%20083.jpg

最後に水菓子をいただいて、本当に癒されました。


いつもいつも、なか原さんのお料理は「幸せ」になります。


ごちそうさまでした。


2010年10月07日

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~タリスにてブリュッセル南駅からパリ北駅へ トラブル?!

グランプラスを後にして、ブリュッセル南駅に戻ってきました。

20100828%20537.jpg


20100828%20538.jpg

14:37 PARIS-NORD [THALYS]

に乗ります。ちょっと遅れてるみたい。


20100828%20541.jpg

INFO THALYS
鮮やかな赤がタリスのイメージカラー。


20100828%20542.jpg

ホームに着きました。

やっぱり少し遅れが出ているようです。


20100828%20543.jpg


20100828%20544.jpg

やはり、8分遅れでタリスが到着しました。

20100828%20545.jpg

かっこいいですねー。

20100828%20546.jpg

実はここで、トラブル発生です。

車掌さんが列車の扉を開けようと、一生懸命ボタンを押すのですが、いっこうに開きません。

なんだろう・・・・と思っていると、この車両と次の車両の車内の明かりが真っ暗なのです。

2両だけ停電になっているようです・・・・(汗)。


そうしていると、「あっちの車両から入ってください!」みたいな感じで案内されていたので、エディーちゃんと停電していない車両まで歩いていきました。

どういうことになっているかというと、すごい列です。停電しているので、この車両の号車番号が表示されていないので、自分が乗る列車がどちらの列車かわからないし、みなさん大きなトランクやスーツケースを抱えての乗車なので、時間がかかって仕方がない。

そして、車内では自分の席ではないかもしれないのに席に座っていて、「ここは私の席だ。」「いや、合っています。」とか問題が起こっていて、そのやりとりが解決するまで前に進めないので車内も渋滞状態。


そんなこんなで、20分~30分の間ブリュッセル南駅に停車していました。

20100828%20547.jpg

このように、電気は一切点かない状態です。
そして、エアコンも効きません。


でも車両はエンジンを持っている列車に引っ張っていってもらえるため、運行はできるという状態です。

日本だったらこんなトラブルの時にはどうなるだろう・・・。

運行するのだろうか・・・・。

結局、車内が停電のまま、パリまで向かいました。


途中、車掌さんが「申し訳ございません。」と、エアコンが効かないので喉が渇いている人のために、お水を配って歩いてらっしゃいました。


トンネルに入ると、もちろん車内は真っ暗。

こんな経験初めて・・・。って思いました。


20100828%20548.jpg

一応無事、パリ北駅に到着しました。


20100828%20549.jpg


さて、パリではまず秋晴れのセーヌ川クルーズを楽しみたいと思います。

20100828%20550.jpg


オードリー・へプバーンの主演映画「シャレード」にも出てくる、バトームーシュの乗り場へ向かいます!

2010年10月10日

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~パリ♪バトー・ムーシュにてセーヌ川クルーズその1

パリ観光の醍醐味♪セーヌ川クルーズを楽しもうと、バトー・ムーシュ(Bateaux-Mouches)の乗船場にやってきました。

20100828%20551.jpg


バトー・ムーシュは、毎日10時~23時のほぼ30分おきに出航しています。所要時間は約1時間15分。お昼には昼食付きや、夜には夕食付きもあります。

20100828%20552.jpg

セーヌ川クルーズ、実は初めて♪♪♪
セーヌ川から見上げるパリ、楽しみです。

20100828%20553.jpg

あ、こちらがディナーの食事の席ですね。こちらは20時30分に出航で、要予約。そして要正装です。
素敵な人とぜひ船上ディナーしてみたいですね。


20100828%20554.jpg

乗り場からも遠くにエッフェル塔が見えます。


20100828%20556.jpg

こちらは、お土産を売っているショップ。

20100828%20557.jpg

乗船を待っている間、コーヒーを飲みました。


20100828%20558.jpg

お待たせしました。バトー・ムーシュに乗りました!


20100828%20559.jpg

もちろん、屋上の席へ♪

20100828%20561.jpg

20100828%20562.jpg

橋の左手に見えるのは、グラン・パレ。


20100828%20564.jpg

「あ!映画で見たことある橋!」


20100828%20565.jpg

この橋は、「アレクサンドル3世橋」です。

20100828%20566.jpg

ヨーロッパの橋ですよね。

秋風やセーヌの古き石の橋  花音


20100828%20567.jpg

20100828%20569.jpg

20100828%20570.jpg

セーヌ川クルーズの遊覧船の会社もいろいろあって、見えるのは、ヴデット・デュ・ポン・ヌフ(Vedettes du Pont)という会社。

20100828%20571.jpg

秋空の素晴らしい景色。

20100828%20573.jpg

この橋は、歩道橋になっています。

ポン・デサール(Pont des Arts)、芸術橋です。
この橋の上で、画家の方たちがデッサンしたりしています。

20100828%20575.jpg


20100828%20576.jpg

こちらは、オルセー美術館。時計が印象的です。

20100828%20580.jpg

ここでシテ島にぶつかるので、二手に分かれます。


20100828%20582.jpg

橋に顔が・・・!

20100828%20585.jpg

もうすぐノートルダム寺院が見えてくるはず・・・・・・。


その2へ続きます♪

2010年10月11日

二女の演出に・・・涙(ノ_・。)

昨日は、おかげさまでお店が昼も夜も忙しく、バタバタとしていました。

連休のなか日の昨日、長女は習い事の本番でずっと家にいませんでしたので、二女は家で1人ぼっちでおりました。

誰も二女のことは相手にできないので、1人で黒板に絵や字を書いて学校ごっこみたいなのをしたり、一輪車をして遊んだり、ぬりえをして遊んだりしていました。


2010-10-10%20001.jpg


夕方、裏口のドアを開けてみると、二女の遊んだ一輪車のそばにチョークで何か書かれていました。

従業員が出入りするドアを開けてすぐのコンクリート地面に書かれてました。

「ん?なんやろう・・・」

2010-10-10%20002.jpg


ありがとうございました
おつかれさまでした(ハート)


が、書いてありました。


私  「なんで、あんなの書いたの?」

二女「だって、おつかれさまやが。料理作ったり、洗い物したりしてくれて。」

私は、二女の気持ちは「なんで学校休みなのにどこにも連れてってくれないんや。」とか「誰も相手にしてくれない。遊んでくれない。」とか、そんな気持ちじゃないのかな・・・・・って思っていました。


でも、それは正反対で、みんなが仕事していることに感謝をしてくれているんだな~って感激しました。

ありがとう!!Hちゃん♪

これからも、お仕事がんばるよ~!!

2010年10月15日

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~パリ♪バトー・ムーシュにてセーヌ川クルーズその2

20100828%20587.jpg

ノートルダム大聖堂が見えてきましたよ~


20100828%20588.jpg


20100828%20589.jpg


20100828%20593.jpg

サイドから見たノートルダム大聖堂。

20100828%20594.jpg


20100828%20595.jpg


20100828%20596.jpg


20100828%20598.jpg

シテ島です。


20100828%20599.jpg


20100828%20605.jpg

折り返しして、また戻ります。


20100828%20608.jpg


20100828%20609.jpg


20100828%20613.jpg

エッフェル塔が見えてきました。
近くまで行くのかな・・・・。

20100828%20617.jpg

「左手に見えますのが・・・・・・・・(^-^*)」


20100828%20621.jpg

うゎー!やっぱり立派なエッフェル塔!


20100828%20622.jpg

20100828%20625.jpg

エッフェル塔、掴んでみました♪


20100828%20626.jpg

ETみたいに、指の先と塔の先をつんってしてみました♪


20100828%20627.jpg

てのりエッフェルにしてみました♪


20100828%20628.jpg


20100828%20629.jpg

エッフェルさん、遊んでごめんなさい。

いっしょにパチリ♪


20100828%20630.jpg

あ、ここにも遊んでいる人みつけた(笑)。

20100828%20631.jpg


20100828%20633.jpg

初めての「セーヌ川クルーズ」、とっても楽しめました(^-^*)


ボルガライスで有名な「ヨコガワ分店」~越前市京町~

武生の総社大神宮前にあります、ボルガライスで有名な「ヨコガワ分店」に家族で行きました。

20100926%20018.jpg


20100926%20019.jpg


20100926%20017.jpg


つい最近リニューアルされて、お店の内装もすごく新しくなっていました。4人で小上がりでいただきました。


20100926%20008.jpg

メニューです♪

20100926%20010.jpg

主人はビールを注文しましたので、

「どうぞ♪」とパテを出してくださいました。

20100926%20011.jpg

スパゲティ。


20100926%20012.jpg

ハンバーグ&オムライスセット。


20100926%20014.jpg

エビフライ。

20100926%20013.jpg

これです!

ボルガライスです!

20100926%20015.jpg

ボルガライスは、
オムライスの上に、カツがのっていてデミグラスソースがかかっています。

Wikipediaボルガライス

20100926%20009.jpg

昔ながらの武生のご当地グルメなんです。


ぜひ、武生に来られたら「ボルガライス」を味わってみてください(^-^*)/

2010年11月18日は『絵利菜と過ごす 秋の夜長のポップスの夕べ』♪

erina20101118.jpg

料亭うおとめ、秋のイベントのお知らせです!
今回は、越前市在住の素敵な女性ヴォーカリスト「絵利菜(えりな)」さんと過ごす秋の夕べを企画させていただきました。ポップス、クラシックから演歌まで、様々なジャンルを歌い、4オクターブの声量も持つ、笑顔の素敵な絵利菜さんです。季節の歌も取り入れてプログラムしていただきます。
旬のお料理とお酒を楽しみながら、しっとりと美しい絵利菜の歌声をお聴き頂き、素敵な秋の夜長を演出させていただきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております!


DSCF0977.JPG

【絵利菜 えりな】
2008年5月31日、世界5カ国と全国から参加したアマチュアの最高峰を決める日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会で「アメージング・グレイス」を歌い優勝。この大会がきっかけとなり、2009年8月8日「あなたが大人になった時」「ふるさとの春」で、キングレコード第3製作部よりデビューする。
クラシックやポップス、演歌など幅広く様々なジャンルの曲をレパートリーとする。低音から高音まで4オクターブの声の幅をもった音域の広さの歌声を持つ。

日時などを、下記のようにご案内させていただきます。

日 時 :2010年11月18日(木)
        受付    18:40~
        スタート  19:00 (21時ごろ終了予定)

場 所 :料亭うおとめ 2F 広間
           〒915-0069 福井県越前市吾妻町1-45
           TEL0778-22-0151

費 用 :お一人様  ¥10,000 (ライブ・お食事・飲物・税金など 全て込み)

お問合せ先・お申込み先 : 料亭うおとめ 0778-22-0151 info@uotome.com


尚、この日はボジョレーヌーボー解禁日!

ですので、ヌーボーもご用意してお待ちしております!


ぜひ、たくさんのご参加、宜しくお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください。

2010年10月18日

永谷シェフのお宅(新築)におよばれ♪

先日ブログでご紹介しましたが、うおとめの永谷シェフがお家を新築しました。

ブログの記事↓
http://www.okami-kumiko.com/2010/08/post_911.html


その新築住居におよばれしてきました(^-^*)

うちの家族と、同じ板場さんのOくんとお邪魔させていただきました。

2010-10-13%20001.jpg

みんなでカンパーイ!!


2010-10-13%20002.jpg

ピクルス。


2010-10-13%20004.jpg

鶏の煮込み料理。


2010-10-13%20005.jpg

勘平寿司さんのお寿司。
Oくんが持ってきてくれました。

2010-10-13%20006.jpg

塩昆布味のカルパッチョ。

2010-10-13%20008.jpg

あぶり梶木のサラダ。

ここで、スペシャルゲストの登場!!

2010-10-13%20010.jpg

デルソーレの碇子シェフも来られました。

2010-10-13%20013.jpg

グラタンを作っていただいてます。


2010-10-13%20014.jpg

料理って楽しいんだよ~って感じで本当に楽しそう♪

2010-10-13%20015.jpg

ワインも色々いただきました♪


2010-10-13%20017.jpg

今度はパスタの準備♪

2010-10-13%20018.jpg

できました!美味しそうーー!!


2010-10-13%20019.jpg

「これ、可愛い~!」
魚の形のトングです。


2010-10-13%20021.jpg

陽気なおっちゃん♪


2010-10-13%20023.jpg

グラタン出来上がり!!!
めっちゃ美味しそう♪


2010-10-13%20024.jpg

胡椒でアクセントを。

ウサギの形の胡椒入れ。
ウサギの耳を握って胡椒を振ります。

2010-10-13%20025.jpg

ご機嫌、元気いっぱいのK音ちゃん。


2010-10-13%20026.jpg

パパそっくりです。


2010-10-13%20028.jpg

Sくん♪


2010-10-13%20031.jpg

ハーモニカを吹く、うちの長女。


新しいお家で、とっても楽しいディナー、ありがとうございました。

ご馳走様でした!!

俳句の会~料亭うおとめにて~

毎月一度の俳句の会でした。

2010-10-19%20002.jpg


いつものように清記して、それを回して選句していきます。


今月は、10句投句中、7句取っていただけました。

ありがとうございます!

記録しておきます。

・絵手紙の滲みし柿や切手貼る

・夕茜波打つ曽爾の花芒

・雨に散り染みる香りや金木犀

・秋晴れやベロアの帽子伊達めがね

・頬に触れもてあそばるる尾花かな

・身に沁むやレコード盤に竹の針

・さくさくと奥歯奏でる青林檎


太字の句は、印象に残った句にも入れていただきました。ありがとうございます。


句会の後は、お食事です。

2010-10-19%20003.jpg

口代。
掛紙は、「頬にふれもてあそばるる尾花かな」です。


2010-10-19%20005.jpg

お造り。
鰆の昆布〆、烏賊、梶木、鯛。


2010-10-19%20006.jpg

大根 帆立 肉味噌あん。


2010-10-19%20007.jpg

松茸と水菜、菊のおひたし。


2010-10-19%20008.jpg

きのこ鍋。


2010-10-19%20009.jpg

笹かれい 栗あん。


2010-10-19%20010.jpg

蟹の茶碗蒸し。


2010-10-19%20011.jpg

鮭の炊込みご飯に、いくらをのせたご飯!!美味しかったです。
伊勢海老の赤出汁と。

2010-10-19%20012.jpg

果物。
シャーベットは、無花果のシャーベットです。


毎月、ありがとうございます!

また来月もお願いいたします♪

もっと俳句が取っていただけるよう、頑張ります!

2010年10月19日

若狭の旅館の女将さん方が研修&お食事にいらっしゃいました♪

インターネットを通じて、県外出身で福井に嫁いだ旅館の女将さんとお知り合いになりました。

若狭の食見(しきみ)というところにある、みなと屋さんの女将さんは大阪出身で、歳も一歳違いで、大阪から福井に嫁がれ、女将さんをしておられます。吹奏楽もされていて、とても共通点がたくさんあり、盛り上がったのです。

そんな女将さんが下見がてらお母さんを連れて個人的にお食事に来てくださいました。
その時の記事↓
http://www.okami-kumiko.com/2010/02/post_820.html


その、みなと屋さんの女将さんが、地元の旅館の女将さん達を引き連れて、料亭うおとめに来てくださいました。


きよや http://www.kiyoya.com/ 女将さん

長谷 http://wakasafugu.com/ 女将さんと若女将さん

清風荘 http://www.seifuso.gr.jp/ 若女将さん

よしおかや http://m-yoshiokaya.com/ 若女将さん

みなと屋 http://www.minatoya.jp/ 女将さん

の6名様がいらっしゃいました。


2010-10-19%20013.jpg

下記のような行程でいらっしゃいました。

-------------------------------------------------------

9時 食見 出発
10時~10時半 料亭うおとめ着~
(若女将 西本久美子さんと座談会)
11時半~12時 昼食開始~
(お料理を楽しんで頂きます)
2時~3時 会食終了 武生出発

-------------------------------------------------------


女将さん達の会だそうですが、言ってみれば同業他社の集まりなのに皆さんとっても仲がよくって、羨ましい限りです。そして、こんな研修をされているのがすごいなーと思います。本当に前向きだなー・・・と。

越前市の料亭には女将の会はありませんので・・・。


女将さん達は、私の話を聞いて研修にしたいとおっしゃっていましたが、逆に私が色々と勉強させていただきました。

【若狭町 食見(しきみ)海岸】
福井県若狭町、食見(しきみ)海岸は、若狭湾で揚がる四季折々の旬の魚貝を存分に味わえるエリアです。もちろん、見どころ、遊びどころもいっぱいで、海水浴をはじめ、マリンパークで海の生き物の勉強、烏辺島までボートを漕いだり、釣りを楽しんだりいろんな楽しみがあります。若狭でのご宿泊、お食事は是非、食見のお宿をご利用ください。

こちらの旅館の素晴らしいところは、ご主人自らが獲ってきたお魚をご主人や奥様で調理されてお客様に提供されているところです。
美味しい新鮮な魚貝を味わうには最高です。

若狭の蟹も河豚も、美味しいですので、ぜひ皆様お越しください!!

福井県はいいところがいっぱいあるんですよ(^-^*)


これからの季節、11月には越前蟹も解禁になりますので、忙しくなると思いますが、頑張りましょう!!!

ありがとうございました!

2010年10月21日

北陸銀行武生支店様の社内研修「おもてなしの心」の講師をさせていただきました

いつもいつも大変お世話になっている、北陸銀行武生支店様の社内研修で「おもてなしの心」をテーマにお話させていただきました。


北陸銀行さんでは、かなり前から「おもてなし」ということに関して社員研修などにも力を注いでいらっしゃって、今までも様々な研修をされておられるそうですが、この度、ご縁をいただき、私がお話をさせていただくことになりました。いつも料亭うおとめにはお客様として、ご来店いただいている方々に私なんかがお話させていただくのは、とってもおこがましいのですが、異業種とはいえ、接客サービス業も範囲に含まれる業種ですので、何かヒントになればと・・・という気持ちでお話させていただきました。


2010-10-19%20015.jpg


ちゃんとタイトルまで、ホワイトボードに貼っていただきました。
ありがとうございます。


質疑応答含め、1時間の講演をさせていただきました。


夕方の5時からの研修で、一番体もしんどいときで、業務もまだあるにもかかわらず、皆さん、一生懸命に私の話を聞いてくださり、ありがたいと思います。


大きく分けて3つのおもてなしの要素をお話させていただきました。

1)おもてなしは生き方そのもの

2)おもてなしはコミュニケーション

3)おもてなし=ブランディング(経営)

おもてなしは「愛」からくる行動だと私は思っています。

恋人同士が「また会いたい、また会えるにはどうすればいいか。」を考えますよね。その恋人に考えるようにお客様にも考えると、ものすごくわかりやすいと思うのです。

色んなお話をさせていただきましたが、どんな業種にも「おもてなし」は、絶対に必要だと思います。

私は皆さんの前でお話させていただく機会がありますが、その度に「おもてなし」について考えさせられ、実は一番自分の勉強になっているのでは・・・・・と思います。


こんな機会をくださって、北陸銀行様、本当にありがとうございました。

また、今後とも宜しくお願いいたします!!

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~パリ♪ヴェリブ(velib)でパリを快走!とBistrot de L'ouletteでディナー

eddieちゃんが、「パリを自転車で走りませんか?!」と言うので、「ええ!面白そう!」とvelibというレンタサイクルシステムの自転車をレンタルしてみることにしました。


20100828%20635.jpg

セーヌ川クルーズを終えてから、パリ在住の知り合いの方と待ち合わせし、その方の指導(?)の元、レンタサイクルに乗りました!

20100828%20634.jpg


【ヴェリブ(velib)】
ヴェリブ(velib)は、2007年7月15日から開始されたレンタサイクルのシステムです。フランス語の「vélo」(ヴェロ・自転車)と「libre」(リーブル・自由な)という単語のかばん語です。導入の主目的はパリ市民の日常の移動手段としてですが、1日単位の短期利用により、観光客がサイクリングに活用することもできます。24時間・年中無休の利用が可能で、路上にあるステーションにて、利用者自身の手で貸出・返却を行う「セルフレンタル」で、どこの場所から乗って、どこの場所で乗り捨ててもよいシステムとなっています。パリ市当局は、ヴェリブの普及により、地球環境に優しい自転車の利用促進を目指しています。

開始後1年後の実績としては、利用者がのべ27,500,000人に及び、200,000人が1年間の長期パスに登録し、好評を博しており、自転車共有サービスとしては現在、世界最大の規模である。


20100828%20636.jpg


利用するには、ステーションにある「Borne(ボルヌ)」と呼ばれる端末で、クレジットカードを使って登録料を支払い、Velibコードが印字されたチケット「チケ・ヴェリブ(Ticket Vélib')」を受け取ります。使用できるクレジットカードは、ICチップの付いたカードのみとなっています。また、カード会社もビザ、マスターカード、ジェーシービー、アメリカン・エキスプレスのいずれかの種類のものに限られており、4桁の暗証番号も必要となります。料金は、1日1ユーロ・1週間5ユーロとなっており、チケットの有効期間中は再度登録料を支払う必要はなく、何度でも借りることができます。

20100828%20637.jpg

20100828%20638.jpg

借りれました!!

20100828%20639.jpg

いざ!パリの街へ!


でも・・・・・・実際に走ってみると、超怖かったです。

パリでは車も自転車も車道なんです。車並みのスピードで走らないといけなくて、自転車も自己主張して走らないと、「じゃまだー!」という感じで見られてしまうのです。

必死でパリの街を走りました(汗)

決して、
快走・・・・・という訳ではありませんでした。怪走かな・・・(笑)

-------------------------------------------------------------------

自転車を返却して、ディナーのレストランへ。

パリ在住の方おすすめのビストロへ。

20100828%20640.jpg


BISTROT DE L'ouletteという、南西地方の料理が楽しめるレストランです。

20100828%20641.jpg


弾丸トラベルのため、食事の時間が1時間ちょっとしかないので、「メイン+デザート」のコースをお願いしました。

20100828%20642.jpg

シャンパンで乾杯です♪

20100828%20643.jpg

メインはウズラを。


20100828%20644.jpg

デザートは、私の大好きなフォンダンショコラを♪


20100828%20646.jpg

とろけ出てくるチョコがたまりません(涎)


20100828%20648.jpg

最後にエスプレッソをいただきました。


20100828%20649.jpg

ワインは、時間もあまりないので、ハーフサイズで白と赤1本ずついただきました!
(それでも飲むか?!)

2008 Santenay 1er Cru Clos Rousseau / Domaine Chevrot

2008 Maranges / Domaine Chevrot

もう・・・・・時間がありません(汗)。


レストランの方に、タクシーを呼んでいただきました。

20100828%20653.jpg

あわただしく、知人ともお別れし、タクシーに乗って空港へ。

eddieちゃん、お決まりの弾丸トラベルのエンディングをしています。

♪エンディングテーマ♪とともに・・・・・・(笑)


2010年10月23日

ソムリエの定義について

最近、接客をしていて、「実は、ソムリエなんです。」と言うと、「え?!ワインのですか?」と返事が返ってくることがよくあります。

ソムリエの服装は、黒ジャケットと黒ズボンに、蝶ネクタイと黒のタブリエ(前掛け)をつけるのが特徴で、胸にはソムリエの印であるぶどうの房のソムリエバッジをつけます。リトー(サービス用の白布)を手にし、ティル・ブション(コルクを抜くナイフ)をポケットに入れています。

一般的にはそんなイメージなので、着物を着ている私なんかは、外見的に『まさか、ソムリエ?』って思われるのだと思います。


せっかくなので、この機会に【ソムリエの定義について】を書き記しておきます。

---------------------------------------------------------------------------------------

【ソムリエの定義について】
 ”ソムリエ”とはワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識を有し、その仕入保存、在庫・品質管理、サービス方法等に留意し、個々のお客様の求めに応じる。また酒類及び料理選択の際には適切な助言をおこない食事内容を健全で豊かなものにし且、食事環境を清潔、衛生的で快適な雰囲気にすることを目的として、良質の物的・人的サービスの提供を行うことにより経営の安定化、及び飲食の快適性、安全性、文化性の維持向上を推進するものである。その活動の場は飲食提供を行う場であり、ワインを中心とする飲料のサービスを専門的に携わる者の「職業」を言う。
 厚生労働省 職業分類(小分類371-13 ソムリエ)のとおり認定された独自の職業である。通称として既に様々な「○○○ソムリエ」として使用されているが、正式な場に於いての”呼称”としては成立しない。 
                          社団法人 日本ソムリエ協会

---------------------------------------------------------------------------------------


このような定義があるのですが、「ワインの知識」ばかりの頭でっかちのソムリエも多いのが現状です。どのようなときでも、お客様の満足が一番に考えられる、おもてなしの心のあるソムリエになりたいです。

2010年10月24日

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~最終回:さようならパリ♪シャルルドゴールから成田空港へ

タクシーに乗って、シャルルドゴール空港に無事到着いたしました。

23時35分発 エールフランス278便に乗ります。

20100828%20654.jpg

20100828%20655.jpg

eddieちゃんは日帰りなので、「シャワーをしたい」とのことで、エールフランスのラウンジに行きました。

20100828%20662.jpg


綺麗なおしゃれな入り口です。

20100828%20663.jpg

20100828%20656.jpg

中も広いです。

20100828%20657.jpg

リキュールなども自由に飲むことができます。


20100828%20658.jpg

軽いおつまみなども。


20100828%20659.jpg

なんと!ワイン専用のカウンターです!
さすがエールフランス♪


20100828%20660.jpg

2002 Champagne / Nicolas Feuillatte


20100828%20661.jpg

これは、自分に買ったお土産です。

スワロフスキーのチャームです。シャンパンの形でとっても可愛かったので(^-^*)

20100828%20664.jpg

搭乗口のゲートに向かいます。


20100828%20665.jpg

広い・・・。

20100828%20666.jpg

20100828%20667.jpg


20100828%20668.jpg


20100828%20669.jpg

E31が搭乗ゲートです。


20100828%20670.jpg

1泊丸2日のあっという間の滞在でしたが、中身は濃かったです。

ありがとう!!Paris!!


20100828%20671.jpg

運命の分かれ道?


20100828%20672.jpg

よっ!パリ日帰り男!


20100828%20673.jpg

窓際族のeddieちゃんとは並んで座らず、私もその逆サイドの窓側席に座りました。


20100828%20674.jpg

ウェルカムシャンパン♪


20100828%20675.jpg

さっきディナーを食べてきたばかりなのですが、入ります(笑)。

20100828%20676.jpg

メインは、ベジタリアンのメニューをお願いしてみました。

20100828%20677.jpg

美味しかったです♪


20100828%20678.jpg

デザートは、さっぱりとフランボワーズのシャーベットを。


20100828%20680.jpg

コーヒーをいただきましたが、即就寝~~zzz


      zzz


おはようございます♪


20100828%20682.jpg

朝食には、クレープを選びました。

クレープ、すっごく美味しかったです。


20100828%20683.jpg

しばらく、機窓を楽しみました。


20100828%20684.jpg

無事、成田空港に到着しました。

日本に到着した時刻は18時です。

20100828%20685.jpg

ここまでお世話になった、AF278便です。
ありがとうございました♪


20100828%20686.jpg

楽しかった~!

eddieちゃんと税関の係員の方との会話が面白かったです。

パスポートを見られて、

係員の方 「パリには何日間?」

eddieちゃん 「日帰りです。」

係員の方 「・・・え?ご旅行ですか?」

eddieちゃん 「はい♪ブリュッセルも行きました。」

係員の方 「へぇー!すごいですね。」

eddieちゃん 「(^-^*)」

そういう会話が楽しみなのだそうです(笑)。


20100828%20687.jpg

テレビの弾丸トラベルでもおなじみの場所で、記念撮影?!


20100828%20688.jpg

さて、今度は19:30発のIBEX、ANA3119便で小松空港まで飛びます♪


1泊4日の強行スケジュールでしたが、とっても有意義な旅ができてよかったです。

旅の道連れのeddieちゃん、ありがとうございました!!


2010年10月26日

急に寒くなったのであったか~い味噌煮込みうどん♪

今日は急に寒くなりました。

北海道では初雪が降ったそうです。


寒いので、あったかーいうどんを作りました。


2010-10-19%20021.jpg

大きい土鍋で作りました。

具は、白菜・人参・鶏肉・葱・薄揚げ、にんにくも入れます。


味噌は、田舎味噌と赤味噌を混ぜて味付けます。


2010-10-19%20022.jpg

煮えました!!

あつあつです♪


あとは、ここに冷凍のさぬきうどんを入れるだけ。


寒い日にはあったかいお鍋がいいですね~(^-^*)

2010年10月27日

これは美味しすぎ~る♪豚の角煮入りおからコロッケ♪

当、料亭うおとめでは、最近「豚の角煮」の仕込みをしております。

実は、冷凍庫の奥から、「去年の豚の角煮」が出てきました。真空保存で冷凍してありますので、何ともないのですが、さすがにお客様には出せませんので、おかずに回ってきました。


角煮を仕込むときに、おからを使います。で、先日おかずに女将が作ったおからも残っていたので、それも合わせてコロッケにしちゃいました(^-^*)


ジャガイモを茹でてつぶして、おからに混ぜて、角煮を中に入れて丸めます。

それにパン粉をつけて、揚げるだけ!


2010-10-27%20004.jpg

それがなんと!!!

想像以上に美味しかったです♪


2010-10-27%20003.jpg

コロッケを割ると、中の角煮がトロトロなんです(涎)。

コロッケのパン粉のさくさく感と角煮のとろとろ感とがマリアージュしていました(^-^*)

そして、角煮とおからにしっかりと味がついているので、そのまま食べて美味しい!!

オーストラリアのシラーズとか、コートデュローヌとかに合わせて楽しみたいおかずです♪


角煮とおからが余ったら、やってみてください!

(そんなことあまり無いと思いますが・・・)

2010年10月30日

小唄・端唄・新内 深秋おさらい会(主人出演)

今日は、主人が習っている三味線の師匠、富士松鶴佳先生の社中のおさらい会が料亭うおとめで開かれました。

2010-10-30%20014.jpg

「秋色 ひるさがりのひととき」

と題しての、小唄・端唄・新内のおさらいの発表会でした。


2010-10-30%20007.jpg

ご祝儀の唄、「白扇」を6人で。
主人は三味線(糸)を担当。

2010-10-30%20009.jpg


2010-10-30%20011.jpg

吉三節分。

2010-10-30%20012.jpg

--------------------------------------------------------------------------


『三人吉三』は、いずれも吉三郎(きちさぶろう)という名の三人の盗賊を中心に、彼らを取り巻く者たちの複雑な人間関係を描く、きわめて物語性の高い演目である。

三人はそれぞれ、和尚吉三(おしょう きちさ)、お嬢吉三(おじょう きちさ)、お坊吉三(おぼう きちさ)と名乗る盗賊となっている。これが百両の金と短刀「庚申丸」をめぐる因果応報の末に、差し違えて死ぬところで幕引きとなる。

特に有名なのが「大川端庚申塚の場」で、数ある歌舞伎の演目の中でも横綱級の人気がある(=上演回数が特に多い)。節分の夜、大川端庚申塚で、ひょんなことから夜鷹を川に突き落とし小判百両を奪ったお嬢吉三。そこで朗々とまるで唄いあげるかのように廻すのが次の科白である。

月も朧(おぼろ)に 白魚の
篝(かがり)も霞(かす)む 春の空
冷てえ風に ほろ酔いの
心持ちよく うかうかと
浮かれ烏(からす)の ただ一羽
ねぐらへ帰る 川端で
竿(さお)の雫(しずく)か 濡れ手で粟(あわ)
思いがけなく 手に入る(いる)百両
(舞台上手より呼び声)御厄払いましょう、厄落とし!
ほんに今夜は 節分か
西の海より 川の中
落ちた夜鷹は 厄落とし
豆だくさんに 一文の
銭と違って 金包み
こいつぁ春から 縁起がいいわえ
この「厄払い」と呼ばれるお嬢吉三の独白は、歌舞伎の名科白中の名科白として知られている。

そこにお坊吉三が現れ、その金をよこせと無理を言う。斬り合いはじめた二人に割って入ったのは和尚吉三だった。この三人が意気投合、『三国志』の「桃園の誓い」の故事にちなみ、梅の木の下で義兄弟の契りを結ぶ。序幕の圧巻である。

この百両と名刀「庚申丸」の所在が転々とするうちに、三人の吉三をめぐってそれまで隠されていた複雑な人間関係が徐々に明らかになっていく。

初演時は、上記の三人吉三のストーリーに木屋文里(きやぶんり)と吉原遊郭の遊女・一恵(ひとえ)[1]との悲恋を描くくだりをからめていた。しかし再演時以降は、文里一恵の件は省略されるのが普通となった。

--------------------------------------------------------------------------


他にも、色んな演目を演奏されていました。

みなさん、興味深く聴き入っておられました。


2010-10-30%20006.jpg

あまり夫婦揃って着物を着る機会もないので、撮っていただきました(笑)。

主人は、どこかのお寺さんみたい・・・頭を丸めてるので・・(笑)。


お疲れ様でした。


About 2010年10月

2010年10月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年09月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35