« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月 アーカイブ

2011年11月01日

夕焼けて・・・・

今日の夕方の一枚です。

2011-10-31.jpg


娘の習い事の送り迎えの途中、とっても夕焼けが綺麗でした。


FM福井の「福井あばさけビジネス道」を聴きながら(写真は停まって撮りました)、この夕焼けが見れました。


その時、ラジオで話してたこと。

「愛」とは、お互いを見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである


なるほどな~。


アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの星の王子様からの言葉だそうです。

2011年11月05日

ウエディング♪このカップルならではの演出♪

最近結婚式はオリジナリティー豊富になっています。


今日のお二人は、新郎がフランス人、新婦が日本人のカップルでした。
とっても素敵な二人で、アイデアやセンスが抜群♪

「あれ、いいよね。」「これもいいよね。」と打ち合わせの際には、色々とアイデアが浮かんでくる楽しいカップルでした。


2011-11-05%20001.jpg

テーブル名は、フランスの地名です。「Paris」や「Dijon」、「Mt St Michel」など。

2011-11-05%20002.jpg

可愛いですね。


2011-11-05%20008.jpg


キャンドルサービスの代わりに、新郎がシャンパンや飲物をワゴンでサービスされ、新婦がチーズを配られました。チーズには新婦手作りの国旗つきの楊枝が刺さっていて、その国旗は後でゲームのプレゼントに使っておられました。

いろいろと趣向を凝らした演出で、盛り上がりました。


末永いお幸せを心よりお祈りいたします(^-^*)


明日は、壱の市にて越前市内を花嫁行列される予定です♪

お近くの方は、ぜひお祝いを!

日帰り登山★「夜叉が池」南越前町(標高1099m)~その1~

娘2人連れて、南越前町にある夜叉が池に登山してきました。

伝えたいふるさとの景観福井ふるさと百景の67番に認定されている景観です。

聞いたことはあって一度行ってみたいと思っていたところです。

天気予報も晴れだったので、「よし!明日行ってみよう!」と急に決まりました。


夜叉が池までのアクセスですが、武生からは北陸自動車道今庄ICまで行きます。そして、そこから広野ダムへ向かいます。

その広野ダムの先に「夜叉が池登山口→」という看板があるので、そこから細い山道を車で登っていきます。

そして、↓ここが夜叉が池の登山口駐車場です。

2011-11-03%20003.jpg

トイレもありますが、登山中も夜叉が池にも途中トイレはありませんので、こちらで済ませておかなければいけません。


2011-11-03%20004.jpg


みんなでトイレをして、さて出発!

2011-11-03%20005.jpg

鳥居があり、夜叉龍神社と書いてありますが、こちらの夜叉が池には龍の伝説があります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【夜叉ヶ池の伝説】

817年(弘仁8年)、この年の美濃国平野庄(現岐阜県安八郡神戸町)は大かんばつに見舞われ、あらゆる作物は枯れる寸前であった。ある日、郡司の安八太夫安次は、草むらの中に小さな蛇を見つけ、ため息まじりで、「もしそなたが雨を降らせるのなら、私の大切な娘を与えよう。」と語った。
するとその夜、安次の夢枕に昼間の小蛇が現れ、「私は揖斐川上流に住む龍神だ。その願いをかなえよう。」と語った。すると、たちまちのうちに雨雲がかかって大雨が降り、作物は生き返り村は救われた。
翌日、約束どおり娘をもらう為、小蛇( = 龍神)は若者の姿に変えて安次の前に現れた。安次には3人の娘がいたのだが、安次が娘たちに事情を話すと、一番心がやさしい次女(三女の説もある)が、「村人を救っていただいたからには、喜んでいきます。」と答えた。驚いた安次は、「何か必要な物はないのか。」と問うと、娘は、「今、織りかけの麻布がありますから、これを嫁入り道具にいたします。」と答えた。
こうして娘は龍神の元へ嫁ぐことになり、麻布で身をまとい、若者( = 龍神)と共に揖斐川の上流へ向かっていった。
数日後、心配した安次は、娘に会う為に揖斐川上流へ向かった。やがて、揖斐川上流のさらに山奥の池に龍神が住むという話を聞き、その池にたどり着いた。安次は池に向かい、「我が娘よ、今一度父に姿を見せておくれ。」と叫んだ。すると、静かだった池の水面が波立ち、巨大な龍が現れた。龍は、「父上、これがあなたの娘の姿です。もうこの姿になったには人の前に現れる事はできません。」と告げ、池の中に消えていった。
安次は龍となった娘を祀る為に、池のほとりと自宅に、龍神を祀る祠を建てた。
この娘の名を“夜叉”といい、池の名を娘の名より“夜叉ヶ池”と名づけたという(娘の名は不明で、後から池の名から“夜叉”とおくられたとの説もある)。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2011-11-03%20006.jpg

そんな神秘的な池に向かって出発します。


2011-11-03%20007.jpg

2011-11-03%20008.jpg

がんばれるかな・・・・。

2011-11-03%20009.jpg

清々しい空気をすいながら歩きます。


2011-11-03%20010.jpg

紅葉が真っ盛りです。

2011-11-03%20011.jpg

狭い道を気をつけて。


2011-11-03%20012.jpg

綺麗な景色がご馳走♪

2011-11-03%20013.jpg

陽のあたるところと影とのコントラスト!

2011-11-03%20014.jpg


2011-11-03%20015.jpg

まだ余裕の2人(笑)。

2011-11-03%20016.jpg

木漏れ日を浴びながら・・・。

2011-11-03%20017.jpg

そして、「辛くなってきた・・」と文句も言いながら・・・。

2011-11-03%20018.jpg

がんばろうぜ~!


2011-11-03%20019.jpg

紫式部の実も綺麗だよ~!


2011-11-03%20020.jpg

途中、こんな木をくぐったりオプションがあると、しんどいのも忘れたりして・・・。

2011-11-03%20021.jpg

滝が静かに・・。


2011-11-03%20022.jpg

綺麗な水。

2011-11-03%20023.jpg


2011-11-03%20024.jpg

空気も美味しい♪


2011-11-03%20025.jpg


2011-11-03%20026.jpg

途中にいくつか小さな橋を渡ります。


2011-11-03%20027.jpg

橋を渡るのはやっぱり楽しそうです。


2011-11-03%20028.jpg

橋を渡ったところで、池まで2000m地点でした。


さて、まだまだ道のりは長いぞ~。

その2に続く。


2011年11月06日

日帰り登山★「夜叉が池」南越前町(標高1099m)~その2~

まだまだ先は長そうです(汗)。

2011-11-03%20029.jpg


2011-11-03%20030.jpg

また橋がありました。


2011-11-03%20031.jpg

途中に大きなトチノキにも出会います。


2011-11-03%20032.jpg

2011-11-03%20033.jpg

小さな渓流のせせらぎが心地いいです。

2011-11-03%20034.jpg

危ないところはロープが張ってあったり。


2011-11-03%20035.jpg

池まで1500mに!


2011-11-03%20036.jpg

ずいぶん空も近づいてきました。


2011-11-03%20037.jpg


2011-11-03%20038.jpg


2011-11-03%20039.jpg

根っこがとってもおもしろい!


2011-11-03%20040.jpg

紅葉が疲れを忘れさせてくれます。


2011-11-03%20041.jpg


2011-11-03%20042.jpg

!!!

バッタにも遭遇♪

2011-11-03%20043.jpg

登り始めたところとは、随分と樹木の種類が変わってきたように思います。


2011-11-03%20044.jpg

やっと池まで1000m!!

2011-11-03%20045.jpg

おお!!飛行機雲が見えました!


2011-11-03%20046.jpg


2011-11-03%20047.jpg


2011-11-03%20048.jpg


2011-11-03%20049.jpg


2011-11-03%20050.jpg


2011-11-03%20051.jpg

すばらしい紅葉を見ながら登っていきます。

2人を元気付けながら・・・・(汗)。

ママも結構しんどい・・・・(汗;)。


2011-11-03%20052.jpg

やったー!

やっと池まで500mに!!


まだまだ続きますよ~(^-^*)


日帰り登山★「夜叉が池」南越前町(標高1099m)~その3~

もうあと池まで200mに近づいてきました。

2011-11-03%20053.jpg


2011-11-03%20054.jpg


2011-11-03%20055.jpg


2011-11-03%20056.jpg

あと100mになりました!


2011-11-03%20058.jpg

近づいてきました。


2011-11-03%20059.jpg

人が見えてきました。


2011-11-03%20060.jpg

夜叉が池に到着!!


2011-11-03%20061.jpg


2011-11-03%20062.jpg

2011-11-03%20063.jpg

ヤモリがいます。ゲンゴロウもいました。ヤシャゲンゴロウ(夜叉ヶ池だけに棲む固有種)環境省及び福井県指定の絶滅危惧種だそうです。モリアオガエル、 アカモノ、 カタクリ、 ミツバツチグリ、トクワカソウ、 ニッコウキスゲ等中部地方の低山でありながら亜高山植物が多く、多種の昆虫も多いということです。

2011-11-03%20064.jpg


2011-11-03%20065.jpg

絶景です!!


2011-11-03%20066.jpg

向こうに見えるのが三周が岳です。

2011-11-03%20067.jpg


2011-11-03%20068.jpg

この山並みを見ながら、作ってきたおにぎりを食べました。美味しかった(^-^*)

2011-11-03%20070.jpg

3人で♪


2011-11-03%20074.jpg

さて、登ったら下りないとといけません。


2011-11-03%20075.jpg

本当に紅葉が綺麗で、よそ見していると足がつまづきます。


2011-11-03%20077.jpg

2011-11-03%20078.jpg


2011-11-03%20079.jpg

渓流がきれいで、心が和みます。

2011-11-03%20080.jpg


2011-11-03%20081.jpg

もうすぐ登山口に到着です。

2011-11-03%20082.jpg

お疲れ様でした~!!

登山口の「カツラノキ」がそう言っているように思えました。

2011-11-03%20083.jpg


2011-11-03%20084.jpg

帰りには広野ダムにも立ち寄りました。

2011-11-03%20085.jpg

静かです。


2011-11-03%20086.jpg

2011-11-03%20087.jpg


2011-11-03%20089.jpg


2011-11-03%20090.jpg

2011-11-03%20091.jpg


ハイキングにしてはとてもハードなコースでしたが、いい汗をかいて、子供達も「頑張って登ればすばらしい景色が待っている」と感動したみたいで、とっても素敵な1日でした。

また出かけたいと思います(^-^*)

2011年11月07日

もうひとつのワイン会~パリスの審判 歴史的事件の再現「あなたもパリ対決の審査員」~

第23回目の「もうひとつのワイン会」を開催させていただきました。

2011-11-06%20001.jpg


今回のテーマは、

パリスの審判 歴史的事件の再現「あなたもパリ対決の審査員」

ということで、1976年に起きた歴史的事件、パリ対決をちょっと再現してみました。


2011-11-06%20005.jpg

参加者の方は、今回は8名様でした。

その8名の方に、赤ワインを6種類A~Fまでご用意し、食前酒もなしの状態で、テイスティングしていただきました。

そして、そのワインを自分が気に入った順番に順位をつけていただきます。
その順位を元に点数を付け、最終的に1位から6位までを決めます。

皆さんには銘柄を教えずに、無の状態で審査していただきました。


今回対決させていただいたのは、下記のワインでした。
ボルドーが3種類(メドック1種類、ポムロール2種類)、カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨン3種類です。

★Bordeaux
① 1979 Ch Certan De May
② 1988 Ch Lafleur de Gay
③ 1989 Ch Lynch Bages
★California
④ 1978 Diamond Creek Cabernet Sauvignon Gravely Meadow Vineyard
⑤ 1979 Mayacamus Cabernet Sauvignon Mayacamus Vineyard
⑥ 1989 Caymus Cabernet Sauvignon Special Selection

1976年、2006年のパリ対決では、ことごとくカリフォルニアの勝利となりましたが、さて今回の「たけふ対決」はどうなるでしょうか?


皆さん興味深くテイスティングしていただきました。

この審査のテイスティングは、自分がどんなワインが好きなのか・・・という自己分析にもなることがわかりました。


さて、↓結果です。

2011-11-06%20012.jpg

採点方法ですが、

・1位・・・・5点
・2位・・・・3点
・3位・・・・2点
・4位以下・・・・点無し

で、点数を計算しました。

なんと、たけふ対決は

1位・・・1988 Ch. Lafleur de Gay (仏)  21点
2位・・・1979 Mayacamus (カリフォルニア)  19点
3位・・・1979 Ch. Certan de May (仏) 17点 
4位・・・1978 Diamond Creek (カリフォルニア) 14点
5位・・・1989 Caymus (カリフォルニア) 10点
6位・・・1989 Ch. Lynch Bages (仏)  9点

となりました。

審査員の皆様、ご苦労様?でした。


お料理も楽しんでいただきました。

2011-11-06%20004.jpg

燻製うずら卵。


2011-11-06%20006.jpg

さつまあげ。

2011-11-06%20007.jpg

金目鯛。

2011-11-06%20008.jpg

出汁巻き卵。トリュフと。


2011-11-06%20009.jpg

梅貝のバター焼き。

2011-11-06%20010.jpg

鯛。赤ワインソース。


2011-11-06%20011.jpg

蟹の湯葉巻き。


2011-11-06%20013.jpg

牛ロース。


2011-11-06%20016.jpg

巻き寿司。

2011-11-06%20017.jpg

果物etc.


2011-11-06%20015.jpg

興味深いワイン会となりました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!!


次回の「もうひとつのワイン会」は、12月23日(金・祝)です。

新年は、またまた素敵な企画を予定しております。新年ワイン会の日程は1月29日(日)です。


今後とも、色々と企画していきますので、よろしくお願いいたします(^-^*)

2011年11月14日

お客様のリクエストで「ワイン勉強部屋」ふたたび♪

お客様から、

「どうしてもその日には参加できないから、私が人数を集めるから『ソムリエ久美子と楽しく学ぶワイン勉強部屋』の8月のテーマで”失敗しないレストランでのワイン注文”の同じことやっていただけないかしら・・・?」

というご要望がありました。

「もちろんやります!!」

もう11月なので、もちろん料理内容は変わり、ワインも少し変わりますが、テーマに沿って楽しい勉強会にさせていただきます♪


それで、今日がその勉強会の日になりました。

2011-11-14%20006.jpg

11名の方を集めていただきました。すごい!ありがとうございます。


2011-11-14%20005.jpg

俳句も秋になりました。


2011-11-14%20002.jpg

テーマは、これです↑


このようなご要望は大変嬉しいですので、ワインを勉強したい方、ワインを楽しく飲みたい方、どうぞご利用くださいませ。
人数は10名以上で勉強部屋は開催させていただきます(^-^*)


ちなみに、個人レッスンはしておりません。笑(^-^*)

よろしくお願いいたします。

【ワイン会を終えて追記】

なんと!!
11名の方、全員女性♪でした。

私は全員女性と聞いてなかったので、とてもびっくりしました。
女性だけのワイン会は初めてです。

ガールズワイン会でとっても盛り上がりました。

素敵な女性ばかりで、知的なそして華やかなワイン会でした♪


ご来店いただきました皆様、ありがとうございました!またお待ちしております。

2011年11月16日

越前せいこ蟹と日本酒を楽しむ夕べ♪~料亭うおとめ~

11月15日、料亭うおとめの秋の特別企画、『越前せいこ蟹と日本酒を楽しむ夕べ』を開催させていただきました。

13名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。


2011-11-15%20001.jpg

2011-11-15%20002.jpg

表題の通り、11月6日に解禁になった越前蟹漁のせいこ蟹を堪能しながら日本酒を数種類楽しもうという企画です。
暮れ行く秋を惜しみながら、ちょっぴり早い忘年会とさせていただきました。


2011-11-15%20003.jpg

今回も、日本酒のセレクトは久保田裕之氏にお願いしました。

久保田さんはとってもロマンチストで、ストーリーの中でお酒を楽しませてくださいます。

御結婚されてからより一層ロマンチックな世界がますます広がっているみたいです。


2011-11-15%20006.jpg

乾杯は、一途のどんまゐ鈴木さんです。

お兄ちゃんのくまひげ先生とのご参加ありがとうございます。

お酒は4種類ご用意していただきました。

2011-11-15%20022.jpg

1)越淡麗  朝日酒造

2)ひだまり 白岳仙

3)梵 ときしらず

4)純吟三十八号 黒龍

それぞれ適したグラスやぐいのみで。

2011-11-15%20008.jpg

最初のお料理は、「深秋の茶碗蒸し」。

花びら茸などのきのこの茶碗蒸しなのですが・・・・・・


2011-11-15%20012.jpg

底にマッシュルームのあんが隠されています。

みなさん、「どうやって作ってるんやろう?」って不思議がられてました。

2011-11-15%20016.jpg

烏賊 甘海老 縞鯵 メジ鮪 

2011-11-15%20019.jpg

焼物 雲子焼

2011-11-15%20028.jpg

煮物  真菰茸 帆立 あんかけ


2011-11-15%20027.jpg

強肴  すき焼き鍋

2011-11-15%20031.jpg

酢物  せいこ蟹


出ました!せいこちゃん♪

さて、今日の主旨は「せいこ蟹と日本酒を楽しむ」です。


いつも私はお客様に甲羅シャンパンというのをおすすめしています。
せいこ蟹の甲羅にみそ、身、卵を少しずつ残しておいていただいて、そこにシャンパンを注ぎ、お箸で混ぜながらお茶漬けのようにかけこんでいただきます。

それを、今回はシャンパンの代わりに発泡性の日本酒「白岳仙あらばしり」を使用させていただきます。実は、あらばしりは季節的にないお酒なのですが、久保田酒店の貯蔵庫に保管してあった去年のあらばしりを持ってきてくださいました。(久保田さんの引き出しはとても多い!)

2011-11-15%20041.jpg

”甲羅あらばしり!”

蟹の旨味とシャワシャワ感がすばらしい!

マリアージュを皆さんに堪能していただきました。

2011-11-15%20040.jpg

進肴  なまこづくし


2011-11-15%20043.jpg

蒸物  一口蒸寿司


2011-11-15%20033.jpg

みなさんがお酒を美味しく召し上がっているのをとても嬉しそうに見ている笑顔の久保田さん♪

2011-11-15%20048.jpg

しめは、天ぷらうどん

冷たい稲庭うどんに、松茸の天ぷらを乗せていただきました。


2011-11-15%20056.jpg

季節の果物


2011-11-15%20063.jpg

久保田さんご夫婦です。

いろいろと前向きに頑張ってらっしゃるお2人です。


これからも、「食」をみんなで楽しく盛り上げていきたいですね。


ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました(^-^*)


次回の日本酒の会は、来年1月に「新年会」を予定しています。

またご案内させていただきます。

私の好きな俳句♪~秋~

私の大好きな鈴木真砂女さんの秋の句を紹介します。


・砂噛んで果つるほかなし秋の風

・わが恋や秋風渡る中にあり

・男憎しされども恋し柳散る

・短日やひくき波のむ高き波

・紙を漉く水音こそは秋の音

・虎落笛客去りし身の置きどころ

・魚おろすきつ先秋気集めけり

・新涼や刃物三丁研ぎすまし

・落葉焚く悔いて返らぬことを悔い

・今生のいまが倖せ衣被

今朝は、秋はもう行ってしまったのかな?って思うような寒さでした。

秋を惜しんで冬支度ですね(^-^*)

2011年11月18日

ワイン勉強部屋~ヌーボーと楽しむ深秋会席 人と人、ワインと料理の一期一会~

11月17日は、第3木曜日です。

ヌーボーと楽しむワイン勉強部屋を開催させていただきました。


テーマは、「ヌーボーと楽しむ深秋会席 人と人、ワインと料理の一期一会」です。

2011-11-17%20001.jpg

今回14名のみなさまにご参加いただきました。
たくさんのボジョレー・ヌーボーのイベントが企画されている中、料亭うおとめのワイン勉強会を選択いただき、本当に嬉しく思っております。
ありがとうございます。


でも、ボージョレ・ヌーボーはお祭騒ぎのように飲むイメージがありますが、今回勉強部屋では、「ヌーボー」って?!という今更聞けないお話を中心に、馬鹿飲みをしないでお勉強していただきました。


今回のワインリストです↓

-----------------------------------------------------------------------------

Wine List
 Sparkling
(1)NV  Cremant de Bourgogne Blanc de Blancs / Maison Tramier (仏:ブルゴーニュ)
      クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン / メゾン・トラミエ

 White Wine
(2)2011 Nouveau新酒 国産デラウェア / カタシモワイナリー(日本:大阪)
      ヌーボー

(3)2011 Heuriger / Zahel(オーストリー:ウィーン地方)
   ホイリゲ / ツァーヘル

(4)2009 Gewurztraminer / SnoQualmie (米:ワシントン州)
      ゲヴェルツトラミネール / スノークォルミー

Red Wine
(A)・    ・(5)2011 Nouveau新酒 国産マスカットベリーA / カタシモワイナリー
(日本:大阪)
              ヌーボー

(B)・    ・(6)2011 Beaujolais Villages Nouveau / Domaine de Buis-Rond
(仏:ブルゴーニュ)
       ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー / ドメーヌ・ド・ブイロン

(C)・    ・(7)2011 Beaujolais Villages Nouveau Prestage / Domaine Rochette
 (仏:ブルゴーニュ)
              ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー・プレステージ / ドメーヌ・ロシェット

(D)・    ・(8)2006 Cabernet Sauvignon Columbia Valley / Snoqualmie Vineyards
 (米:ワシントン州)
            カベルネ・ソーヴィニヨン (コロンヴィア・ヴァレー) / スノークォルミー・ヴィンヤーズ

-----------------------------------------------------------------------------

赤ワインを4種類、ブラインドテイスティングしていただきました。

ボージョレ・ヌーボー2種類、日本のヌーボー(マスカットベリーA)、ワシントン州のカベルネ・ソーヴィニヨンです。

2011-11-17%20005.jpg


ボージョレ・ヌーボーって一体何?というところから、ブラインドによって他のワインとヌーボーはどのように違うのかを体験していただきました。

2011-11-17%20002.jpg

俳句は、「分かちあふこのヌーボーに秋惜しむ」。

みなさんでヌーボーのお祝いを分かち合い、短き秋を惜しみましょう・・・ということで♪

そして、ボージョレ・ヌーボーだけでなく、日本のヌーボー、オーストリーのホイリゲも味わっていただきました。


お料理は下記のような献立でした。

2011-11-17%20008.jpg

さつまあげ。


2011-11-17%20012.jpg

金目鯛 葡萄


2011-11-17%20017.jpg

蟹グラタン


2011-11-17%20020.jpg

きのこ鍋

2011-11-17%20024.jpg

なまこ


2011-11-17%20030.jpg

雲子の茶碗蒸し


2011-11-17%20035.jpg

黒大根と鮑のステーキ


2011-11-17%20042.jpg

穴子寿司

2011-11-17%20045.jpg

果物


そして、こちらが8種類のワインです。


2011-11-17%20048.jpg

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!

次回のワイン勉強部屋は、12月25日(日)PM6時~です。

「クリスマス」をテーマに美味しいお料理とワインで勉強しましょう!!


今後とも、よろしくお願いいたします(^-^*)

2011年11月21日

俳句のまち松山へ着物紀行~その1:松山空港、エルミタージュ道後にてランチ♪~

NHK松山放送局さんにご縁をいただき、松山へ行ってきました。

武生からサンダーバードで新大阪まで、新大阪から空港バスで伊丹空港まで行き、そこからANA便で松山空港まで旅立ちます。

2011-11-20%20001.jpg

じゃーん!
なんとプロペラ機です。


2011-11-20%20003.jpg

乗りまーす!


2011-11-20%20005.jpg

座席がちょうど車輪とプロペラが見えるところだったので、離陸してからどういう風に機体にしまわれるのかが見れておもしろかったです。


2011-11-20%20007.jpg

松山空港到着。


2011-11-20%20008.jpg

ようこそ「坂の上の雲」のまち松島へ


2011-11-20%20009.jpg

松山市駅までリムジンバスで。
ちょうど降車場所のお寺の壁に、こんな俳句がありました。


「奈良の宿御所柿くへば鹿が鳴く  正岡子規」

2011-11-20%20010.jpg

ひとまずホテルへ。


2011-11-20%20012.jpg

ホテルの前の駅、「南堀場」から路面電車に乗りました。


2011-11-20%20015.jpg


2011-11-20%20032.jpg


路面電車とバスの1日チケットがあります。400円です。
これで、1日路面電車とバスが乗り放題です。


2011-11-20%20033.jpg

今日の日付の銀色を削って使います。


2011-11-20%20016.jpg

レトロな車内。


2011-11-20%20017.jpg

お降りの方はこのボタンを押して下さい

2011-11-20%20019.jpg

松山市内には色んなところに「俳句ポスト」があります。
そのポストに投句された俳句の特撰3句がこのように掲示してあります。
さすが俳句の街ですね。

2011-11-20%20022.jpg

南町というところで降り、しばらく俳句の道を歩きました。

2011-11-20%20025.jpg

俳句の道に面したビルにある「エルミタージュ道後」さんへ。


2011-11-20%20027.jpg

白が基調の素敵なお店です。
松山城の石垣をイメージしたのかな・・。

「ひみつのコース」というのをお願いしました。


2011-11-20%20029.jpg

スプーン3種。


2011-11-20%20034.jpg

前菜
ゆるいジュレをかけた帆立と茸のテリーヌ

2011-11-20%20036.jpg

カブのポタージュ


2011-11-20%20038.jpg

県内特産 愛鯛のポワレ


2011-11-20%20043.jpg

県外から来たということで、「愛媛県の甘とろ豚を食べてみてください。」
とお料理を出してくださいました。

とっても美味しい豚でした。


2011-11-20%20044.jpg

デザートは、
ほんのりラムの香る栗とチーズのクリームブリュレ


2011-11-20%20046.jpg

コーヒーもいただき、ごちそうさまでした!


素材をとても大切にされていて、心のこもったお料理でした。

おすすめです!

道後に行ったら、エルミタージュ道後♪

ちなみに名前の由来はローヌのワイン「エルミタージュ」からではなく、「隠れ家」というところから名づけられたそうです。

俳句のまち松山へ着物紀行~その2:足湯と坊っちゃん列車~

ランチの後、道後温泉本館にやってきました。


2011-11-20%20047.jpg

道後温泉には観光する主要なところに「マドンナ」さんと「坊っちゃん」がいます。

大正時代のハイカラさんのような袴をはいています。


2011-11-20%20050.jpg

この道後温泉本館の前にもマドンナと坊っちゃんが立っていました。


そして、マドンナさんに


2011-11-20%20051.jpg

↑この写真を撮っていただきました♪

さすが、慣れてらっしゃいました。ありがとうございます。


2011-11-20%20055.jpg

少し街を歩いてみました。

2011-11-20%20057.jpg

松山市内にはこのような投句箱がいっぱいあります。

誰でも俳句を投句できるのです。


さて、せっかく道後温泉に来たのだから「温泉!」と思ったのですが、何しろ着物を着ているので、脱いでまた1から着るのも面倒くさいので、足湯につかることに。

2011-11-20%20060.jpg

観光協会でおすすめしていただいた「大和屋本店」さんへ。

2011-11-20%20061.jpg

2011-11-20%20062.jpg

「伊予の湯桁(ゆげた)」とあります。

湯桁というのは、湯舟のまわりの桁のことです。


2011-11-20%20063.jpg

こちらから入ります。

2011-11-20%20064.jpg

正岡子規の歌碑もありました。

足なへの病いゆとふ伊豫の湯に飛びても行かな 鷺(さぎ)にあらませば 正岡子規

正岡子規の歌集『竹乃里歌』の明治31(1898)年「故郷を憶(おも)ふ」9首中の1つです。

正岡子規も湯治にこの道後の湯に入っていたことでしょう。

2011-11-20%20065.jpg

足湯中♪


足だけでもとっても体があたたまります。

2011-11-20%20066.jpg

木の影から道行く人を眺めながら・・・。


2011-11-20%20067.jpg

足湯を終えて、また本館のところまで戻ってきました。

2011-11-20%20068.jpg

道後温泉といえば、「坊っちゃんだんご!」

2011-11-20%20069.jpg

こちらの白鷺堂さんの坊っちゃんだんごをいただきます。

2011-11-20%20071.jpg

1本100円♪

いただきまーす!

2011-11-20%20073.jpg

からくり時計。

2011-11-20%20074.jpg

道後温泉駅に着きました。

2011-11-20%20078.jpg

この、坊っちゃん電車に乗るためです(^-^*)


2011-11-20%20081.jpg

来ました!坊っちゃん列車。

2011-11-20%20082.jpg


【伊予鉄道HPより】
「坊っちゃん列車」という名前は、明治の文豪・夏目漱石の小説『坊っちゃん』から来ています。その中で漱石は、坊っちゃん列車のことを【マッチ箱のような汽車】と形容しています。
---------------------------------------------------------------------
停車場はすぐに知れた。切符も訳なく買った。乗り込んで見るとマッチ箱のような汽車だ。ごろごろと五分ばかり動いたと思ったら、もう降りなければならない。道理で切符が安いと思った。たった三銭である。(小説『坊っちゃん』より)
---------------------------------------------------------------------
 夏目漱石は明治28年4月に松山中学校(当時は愛媛県尋常中学校、現在は松山東高等学校)の英語教師として赴任。その時の様子を脚色して小説化したのが小説『坊っちゃん』です。

2011-11-20%20083.jpg

当時は石炭でしたが、現在はディーゼルにて運行しています。


2011-11-20%20086.jpg

夏目漱石が「マッチ箱のよう」と言った車内です。


2011-11-20%20087.jpg

坊っちゃん列車について説明してくださる車掌さんです♪

2011-11-20%20089.jpg

この坊っちゃん列車には、1dayパスポートに+100円で乗車できます。

しばし明治時代にタイムスリップでした(^-^*)
(マドンナになった気分?!)


この坊っちゃん列車、大街道で下車いたしました。


まだ続きます♪

2011年11月22日

俳句のまち松山へ着物紀行~その3:松山城と松山はまさくで夕食♪~

大街道で下車した坊っちゃん列車。

2011-11-20%20090.jpg

松山城へのロープウェイ乗り場へ。


2011-11-20%20091.jpg

乗り場に到着。

2011-11-20%20095.jpg

「ゴンドラ、ゴンドラ(^-^*)」ってわくわくしていたら、なんとゴンドラかリフトか選べました?!

じゃあ、着物だけどリフトで♪

2011-11-20%20097.jpg

下駄落とさないように・・・・・


2011-11-20%20102.jpg

天気がちょっと惜しかったです。
日頃の行いだろうな・・・・。


2011-11-20%20106.jpg


2011-11-20%20107.jpg

すごい石垣です。

秋山真之が登ったらしいです。

2011-11-20%20109.jpg

2011-11-20%20114.jpg


2011-11-20%20110.jpg

松山の街を一望です。

2011-11-20%20111.jpg

なんと松山城ですが、標高132mです。


2011-11-20%20113.jpg

天守閣へ。

2011-11-20%20118.jpg

こちらには、松山出身の俳人の名前が書いてありました。

たくさんのすごい俳人を生み出している街なんだなぁって改めて思いました。

2011-11-20%20121.jpg

帰りはリフトではなく、ゴンドラに乗って降りました。


---------------------------------------------------------------------------

大街道の商店街にやってきました。

その商店街の中にあるビルの3Fにある「松山はまさく」さんに。


2011-11-20%20123.jpg

はまさくさんは、もともとは「料亭濱作」という館を持った料亭でした。松山市も料亭が維持できなくなっており、濱作さんも「最後の和風料亭」と言われていましたが、平成18年に館をたたみ、大街道のビルの3Fに移転オープンされたのです。

私共も「明日は我が身」と思っていますので、どういう経緯で移転されたのか、どういう思いだったのか、そういうお話を聞きたくて、全くの一見ですが、予約を入れさせていただきました。

2011-11-20%20122.jpg

ビルの入口には献立がありました。

2011-11-20%20124.jpg

ビルの入ったところのガラスケースには、お客様を迎えるしつらえが。
こういう「おもてなしの心」は、料亭時代からずっと続いているんだろうな~って。


女将さんに自分の身の上を明かし、ぜひお話したい、お近づきになりたいとご挨拶しました。

初対面にもかかわらず、女将さんはとてもこころよく対応してくださいました。


2011-11-20%20127.jpg

そして、せっかくなので、愛媛の地酒をいただくことにしました。


2011-11-20%20129.jpg

すっきりしたタイプがいいです・・・とリクエストすると、こちらのお酒を女将さんがお薦めしてくださいました。


2011-11-20%20128.jpg

コースは、3800円と5500円です。
料亭の頃とはずいぶんリーズナブルにされたんじゃないかなぁ・・・と思いました。

2011-11-20%20126.jpg

前菜。


2011-11-20%20130.jpg

お造り。

4種盛って書いてあるのに、「5種ありますよ!(笑)」ってご主人に言うと、「あ、いつも女将に怒られるんですけどね(笑)。どうぞ召し上がってください!」と笑顔が素敵なご主人でした。


2011-11-20%20132.jpg

小鍋  鰆と鶏丸


2011-11-20%20134.jpg

八寸  鴨塩むし ぬた いくら醤油漬け 烏賊たらこ むかご黄身あげ


2011-11-20%20135.jpg

焼物  かます 粕漬け

2011-11-20%20138.jpg

蒸物  六白豚おろし蒸し


2011-11-20%20139.jpg

ご飯と赤出汁

2011-11-20%20140.jpg

果物


ものすごーくお腹いっぱいになっちゃいました(^-^*)

ごちそうさまです。

そして、いろいろ~なお話をさせていただき、本当に有意義な夕食でした。


2011-11-20%20143.jpg

女将さんと二人で♪
女将さんは三代目だそうですが、とってもキュートなかわいい方で、大好きになっちゃいました。

また絶対いっしょにいろいろ話そうね♪と約束してお店を出ました。

------------------------------------------------------------------------------


そしてその後ですが、知人のソムリエさんにも女将さんにもおすすめしていただいた、老舗バーに行きました。

2011-11-20%20144.jpg

「サントリーバー露口」さんです。


2011-11-20%20145.jpg

すごくレトロな雰囲気です。わくわく。

2011-11-20%20148.jpg

お店に入るとカウンターが半分以上お客さまでいっぱいで賑やかでした。

2011-11-20%20146.jpg

ここのバーの名物である、元祖ハイボールをいただきました。

2011-11-20%20149.jpg

そして、たまたまお隣におられたご夫婦にすすめられて、カクテルを。
「オータムリーヴス(枯れ葉)」というカクテルです。
季節にぴったりで、しかも愛媛みかんを使った甘酸っぱいカクテルでした。
すごく美味しかったです。

ごちそうさまでした!!

で、「なんで着物着てるの?」と聞かれたので、「実は、明日NHK松山放送局で俳句王国の収録があるんです。」って明かしましたら、


2011-11-20%20147.jpg

じゃーーーーん!って、マスターがポスターを広げてくださいました。


ありがとうございます。

この塚原愛さんに明日お会いできるんだなぁ・・・・と思いながらホテルに戻りました。

2011年11月23日

俳句のまち松山へ着物紀行~その4:NHK松山放送局と松山空港でまさかの?!~

今回の松山の旅は、NHK松山放送局さまから「俳句王国へぜひ出演していただきたいのですが」というお声をかけていただき、実現しました。

ありがとうございます。松山へ来るのは生まれて初めてでした。

俳句をやっている者にとっては松山はぜひ一度行って見たいところでした。

本当にありがたく旅を楽しませていただきました。

2011-11-20%20150.jpg

収録当日はとってもいいお天気でした。


2011-11-20%20151.jpg


2011-11-20%20152.jpg

いい町並みですねぇ。

2011-11-20%20154.jpg

銀杏並木が色づいています。

2011-11-20%20155.jpg

あ!坊っちゃん列車だ!

2011-11-20%20156.jpg

城山公園のお堀の中にNHK松山局があります。

2011-11-20%20157.jpg


2011-11-20%20159.jpg


遠くに市役所が見えます。

2011-11-20%20160.jpg

2011-11-20%20161.jpg

NHK松山放送局に到着!

2011-11-20%20162.jpg

こちらのお弁当をいただき、俳句王国の句会に参加させていただきました。

ありがとうございました。


放送日は、

・2011年12月12日(月) 午後9:30~9:55

・2012年1月16日(月) 午後9:30~9:55

です。Eテレ(NHK教育)にて放送です。ご覧いただければ嬉しいです。

さて、PM5:25発のANA便で伊丹に向かう私でしたが、松山空港に到着したのが5時前でした。その飛行機に合わせて、なんと昨日おうかがいした「松山はまさく」の女将さんが見送りに来て下さいました。すっごく嬉しかったです。


手荷物検査をとおり出発ゲートに入った私でしたが、まだ女将さんはガラス越しに私を見てくれていました。近づいていって、口パクでしゃべっていましたが、手帳を取り出し筆談が始まりました(笑)。

(筆談)

私・・・お店時間大丈夫?・・・

女将・・・うん、6時からやから(素敵な笑顔♪)・・・

私・・・かわいい♪・・・

女将・・・よく言われる・・・

私・・・あっそー・・・

女将・・・また会おね・・・

私・・・うん・・・

てな会話を機内ご案内のアナウンスがあるまで続けていました。

私・・・きっと不思議な人やと思われてるやろうね・・・

女将・・・服装が服装やからね・・・


原始的な筆談がとても楽しかったです(^-^*)


女将さんとの思い出に一句作りました。

2011-11-21%20015.jpg

筆談で別るる空港秋夕焼


この感動的な話を主人に伝えると、「携帯使えばよかったのに・・」なんて言われちゃいました(苦笑)

本当に楽しく素敵な想い出になりました。


松山よかったです♪また行きたいです。

俳句の会~料亭うおとめにて~

毎月一度の俳句会。

今回は、松山へ行った報告もさせていただきました。

2011-11-21%20002.jpg

いつものようにお菓子とお茶。


2011-11-21%20001.jpg

うつぼ屋さんの坊っちゃん団子です。


いつも通り句会をしました。

今月は10句投句中、10句ともとっていただきました。嬉しいです♪


・挿し入れる本の押し葉に秋惜しむ

・秋深し縞の小紋にくつろぎて

・袖口を彩る襲(かさね)秋うらら

・黒茶碗の影の重さや秋深し

・月光につややか雨後の実紫

・日短を勘定に入れ夕仕度

・赤とんぼ空くれなゐに暮れにけり

・おしまひの一葉を残し冬紅葉

・紅葉かつ散りて神秘の夜叉が池

・筆談で別るる空港秋夕焼 (松山空港にて)


以上10句でした。

太字の句は気になる句にも入れていただきました!


花音選の気になった句は、下記の3つです。

・身の程を知るや落葉の潔さ  彩敏さん

・山桜滝の飛沫に帰り咲く  起生さん

・秋蝶のもつれて菊の辺を去らず  洲砂さん

句会が終われば、懇親会です。


2011-11-21%20003.jpg

句は、「おしまひの一葉を残し冬紅葉」です。

2011-11-21%20004.jpg

前菜は、茶碗蒸しです。

2011-11-21%20005.jpg

花びら茸など茸がいっぱい入った茶碗蒸し♪

2011-11-21%20006.jpg

お造りです。


2011-11-21%20007.jpg

すき焼き鍋。


2011-11-21%20008.jpg

雲子焼。


2011-11-21%20009.jpg

甘鯛のかぶら蒸し。

2011-11-21%20010.jpg

なまこ。

2011-11-21%20011.jpg

蟹グラタン。


2011-11-21%20013.jpg

焼きおにぎりと赤出汁。


2011-11-21%20014.jpg

デザートです。


今月もありがとうございました。

来月は、兼題に「クリスマス」と「鏡」が出されました。

また来月も頑張りたいと思います。

2011年11月24日

霰(あられ)?雹(ひょう)?

ドタドタドタ~ッ。

すごい音をして霰(あられ)が降ってきました。

今日の天気はまるで女心のようで(?)、晴れたと思ったら霰がドドドっと降ってきたりと、なんだか忙しい天気です。

2011-11-21%20016.jpg

お店の前の道路。

2011-11-21%20017.jpg

関西に住んでいるころは霰なんかが降ったらすごく珍しくびっくりしていましたが、最近はもうびっくりしません。

2011-11-21%20018.jpg

今日の霰は結構な大粒でした。

パチンコ玉まではいかないけれど、いくらよりはかなり大きいです。


ところで、霰と雹ってどう違うのかな???って思って調べてみました。

~wikiより~
霰(あられ)は、雲から降る直径5mm未満の氷の粒のこと。5mm以上のものは雹(ひょう)と呼ばれ、分類上異なる。


今日の霰は5mm以上あったような気がするので、雹なのかな?

どっちにしても、観測上は霰でも雹でも雪より先に降ると「初雪」となるそうです。

もうそんな季節になったのですね(^_^*)

2011年11月27日

銀座のジンジャー

知人から突然送られてきました。

ありがとうございます♪

銀座のジンジャー!?
コンフィチュール エ プロヴァンス http://www.cep-shop.co.jp/

2011-11-21%20019.jpg


「柚子・ジンジャーシロップ」

2011-11-21%20020.jpg


早速、お湯割りでいただきました。


とっても体があったまりました。ありがとうございます。

今日は仕事が終わった後に、焼酎のお湯割といっしょに楽しませていただきます(^-^*)

2011年11月28日

接客日記@問題・・・芭蕉?蕪村?一茶?

「若女将と名刺交換をしたいです。」と老人クラブの会長さんからお声を掛けていただきました。

「はい、喜んで(^-^*)」と名刺交換しましたら・・・・・・

名刺の裏に、問題が!!

会長さんの手書きで、

---------------------------------------------------------------

【問題】どれが、芭蕉、蕪村、一茶の作ですか?

●名月の御覧の通り屑家かな   (  )

●月天心貧しき街を通りけり    (  )

●名月や池をめぐりて夜もすがら (  )

---------------------------------------------------------------

と書かれていました。


みなさん、わかりますか?

私の掛け紙が俳句だったので、こんな俳句の問題を出してくださったのです。


ドキドキで回答しました(^_^;)

一応全問正解しました!(ほっ)


正解は、

●名月の御覧の通り屑家かな   一茶

●月天心貧しき街を通りけり    蕪村

●名月や池をめぐりて夜もすがら  芭蕉


この月の3句はそれぞれの作者の特徴がすごく出ていると思います。

一茶は無邪気な少年の心、月天心という蕪村の漢文調なところ、そして夜もすがらの風流を大切にする芭蕉の心。


とても面白いお話を、ありがとうございました(^-^*)/
改めて勉強になりました。

またこんなみなさまの問題、お待ちしております(笑)

About 2011年11月

2011年11月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35