« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月 アーカイブ

2012年05月01日

ワイン勉強部屋~地産地消 日本のワインの魅力 旬を味わうための美酒~

4月の「ソムリエ久美子と楽しく学ぶワイン勉強部屋」を開催させていただきました。


2012-04-30%20001.jpg

今回も14名様にご参加いただき、ありがとうございます。

2012-04-30%20005.jpg

今回のテーマは、日本のワインということで、日本の白ワイン2種と日本酒1種、合わせて3種類をブラインドテイスティングしていただきました。


3つのうち1つは日本酒ですので多分お分かりだろうと思います。

リストは、下記の通りです。


--------------------------------------------------------------
Wine List

 Sparkling
(1)2009 Chardonnay Extra Brut  / 安心院(日本:大分県)

       

 White Wine
A・    ・(2)2010 Riesling Forte / Suntory(日本:山梨)
       リースリング・フォルテ / サントリー登美の丘ワイナリー
             リースリング Riesling Forte (甲州三尺×リースリング)

B・    ・(3)2011 甲州 / 甲斐ワイナリー (日本:山梨)
          甲州 Koshu 


C・    ・(4)NV  梵:ゴールド  / (日本:福井県・純米酒)

Red Wine
(5)NV  深雪花 / 岩の原ワイン (日本:新潟県上越市) 
             マスカット・べリーA
       
(6)2009 Cotes du Rhone GENERATIONS FUTURES / Vin Attitude(仏:ローヌ地方)
    コート・デュ・ローヌ ジェネラシオン・フュチュール / ヴァン・アティチュード
             グルナッシュ、シラー
 
(7)2010 Pinot Noir / Acrobat(米:オレゴン州)
       ピノ・ノワール / アクロバット
             ピノ・ノワール

--------------------------------------------------------------

お料理は、こんな感じです。

2012-04-30%20007.jpg

卯月の一皿

下の黄色いペーストは、金柑です。


2012-04-30%20015.jpg

梶木たたき

2012-04-30%20019.jpg

細魚の笹焼き
 


2012-04-30%20026.jpg

まこも茸 鰆 湯葉あんかけ

2012-04-30%20029.jpg

野菜スティック

2012-04-30%20041.jpg

白海老の唐揚げ

2012-04-30%20044.jpg

めかぶ 温泉玉子 生雲丹


2012-04-30%20050.jpg

いくら丼 小吸物

2012-04-30%20054.jpg

紅茶のゼリー

以上でした。


2012-04-30%20056.jpg

今月のワイン達です。

今回ご参加された方々のほとんどが、「日本のワインって結構いける!」とおっしゃってました。

日本のワインも頑張っていますので、皆さんぜひお試しいただけたらと思います(^-^*)

次回、5月のワイン勉強部屋は、5月27日(日)18時~です。

またみなさまのご参加をお待ちしております!!

3人で女子会~イル・ヴァ・ビアンにて~

福井県の「ふるさと福井景観づくり懇談会」という会議に去年からお世話になっていますが、その会議のメンバーの女子だけでランチをさせていただきました。


2012-04-30%20076.jpg

真ん中が、FM福井のアナウンサー飴田彩子さん。左は、小説家の宮下奈都さんです。


飴田彩子さんは、FM福井でご活躍のアナウンサーの方です。奈良市出身なので、私はとても親近感を持たせていただいています。

宮下奈都さんは、『スコーレNo.4』『遠くの声に耳を澄ませて』『よろこびの歌』『太陽のパスタ、豆のスープ』『田舎の紳士服店のモデルの妻』などの著者です。今月25日には集英社から『窓の向こうのガーシュイン』が発売されるそうです。宮下さんの小説は、とても繊細な表現で、女性の心をうまく表現されている文章が多く、とても共感できる本です。ぜひ買って読んでみてください(^-^*)

アナウンサー、小説家、女将という全く職業が違う者同士の話は、お互いの「素朴な疑問のぶつけあい」でとってもおもしろくて楽しかったです。

時間を忘れてお話させていただきました。

イル・ヴァ・ビアンさんのお料理を楽しみながら・・・・・。

2012-04-30%20067.jpg

前菜。


2012-04-30%20069.jpg

スープは、牛蒡の冷たいスープ。


2012-04-30%20072.jpg

パスタは、桜海老と●●貝のパスタ。(●●を忘れてしまいました)

2012-04-30%20073.jpg

メインは、フランス産鴨のローストと、蝦夷鹿肉のパイ包み。

2012-04-30%20074.jpg

季節のブリュレ。


2012-04-30%20075.jpg

コーヒーも美味しかったです。


とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました(^-^*)

2012年05月04日

句集 『春隣る あめみちを』

先日、ランチをご一緒させていただいた飴田彩子さんのお父様(奈良市在住)が俳人でいらっしゃるということを聞き、早速句集を読ませていただきました。


2012-05-04.jpg

この句集には、300句が掲載されていますが、この中で私が気に入った句を書かせていただきます。


~春の部~

・どかどかと春が来てゐる子供部屋

・放たれし犬早春の光追ふ

・この空のどこかが出口鳥雲に

・ふらここや小さな靴を天に脱ぐ

・蟻穴を出でて一粒づつの空

・満たさるるまでたんぽぽの光摘む

・愛告げし日の手蓬の匂ひする


~夏の部~

・灼け傘をたたみ余熱を吊しけり

・夏雲や絵本の中へ眠り落つ

・少年のありあまる空風薫る

・飛機消えて静かに外すサングラス

・人違ひして香水をなつかしむ

・風鈴と少しばかりの風を買ふ

・大輪のバラの奥までみてしまつた


~秋の部~

・月生れて海の雫を落しけり

・霧の中筋書きになき君がゐて

・秋野吹く草結ぶ風解く風

・鬼のゐぬ花野にひとりかくれんぼ

・その音のどこかが昔秋祭

・きちきちを追ひかけて空広くなる

・手折る手に火の色移る曼珠沙華


~冬の部~

・無器用な冬ごつごつと木にあたる

・やはらかく尻おきなほす寒さかな

・寒月夜道を曲らぬ靴の音

・窓の外も童話の中も雪降れり

・オーバーの背の丸みをつるしけり

・布団干す夢の名残りの乾くまで

・病む母の口へ二つ目冬いちご


~正月の部~

・初鏡秘めごとなきがごと磨く

・的までの一本の音弓始

・ももいろに光る子を抱く初湯かな

・一行目は感謝のことば初日記

句を読ませていただいて感じたことは、小さい世界かと思ったらとても広い世界になったり、現実の世界だと思ったらおとぎの世界になったりと世界観に個性があると思ったことです。
そして、とても優しい句なのですが、その奥には作者のとても奥深い信念や信条、しっかりとした生き方が存在すると感じました。

とても素敵な句集に出会えて嬉しかったです。

ありがとうございました。

2012年05月06日

日野山(標高795m)へ登山♪

日野山は標高795m。私が武生に来て12年経ちますが、ずっと眺めていただけで登ったことがなかったので、お休みを利用して登ってきました(^-^*)

越前市の市街地から、端正な三角形をした日野山を見ることができます。別名「越前富士」とも言われております。奈良時代から越前国府(現越前市)の象徴として知られた名山で、越前の国司となった父・藤原為時とともにこの地に来た紫式部は、雪に覆われた日野山を歌に詠みました。

「こゝにかく日野の杉むら埋む雪小塩(をしほ)の松に今日やまがへる 紫式部」

そんな紫式部も歌に詠んだという日野山に登ってきました。

2012-05-05%20005.jpg

日野山は、古来から信仰の山です。山頂に日野神社の奥宮があります。

2012-05-05%20006.jpg

鳥居をくぐって登山口へ。

2012-05-05%20010.jpg

道しるべに、「左:日野山山頂ニ至ル 右:日野山山頂ニ至ル」と書いてありました。

どっちでもOK?!

参道と古道と2つのコースがあり、どちらを通っても大丈夫でした。


古道をすすみます。


2012-05-05%20012.jpg

登山道では初夏の草花や山草が迎えてくれます。


2012-05-05%20013.jpg

2012-05-05%20015.jpg

葉洩れ日がここちいいです。

2012-05-05%20016.jpg

途中、いくつかの滝にも出会います。

2012-05-05%20017.jpg

どんどん行きます。

2012-05-05%20020.jpg

山吹の花。


2012-05-05%20021.jpg

こちらは、ピンクの蕾ですが、何でしょうか?

2012-05-05%20023.jpg

前日に降った雨で、葉っぱにたくさんの露がたまっていました。

私が以前作った俳句、「葉伝ひに結ばれ露のひとしづく」という句を思い出しました。

2012-05-05%20024.jpg

実は、「日野山はみんな遠足で登るよ。」と聞いていて、”遠足で登るくらいだからハイキングに毛が生えたくらいのきつさかな?”なんて舐めてました。

ところが・・・この山道のように、結構しんどかったです(苦笑)


2012-05-05%20025.jpg

あと1700m!
この看板が200mごとくらいにあるのですが、子供達が一生懸命かいてくれた看板なんだな~って思うと、がんばろう!ってまた登る元気が出ます。

2012-05-05%20028.jpg

登山中、見どころがあります。
これは、「弁慶の三枚切り」という岩で、昔弁慶はこの岩を切って強さを試したという言い伝えがあるそうです。

2012-05-05%20031.jpg

ツツジの花です。

2012-05-05%20032.jpg

登山中は、こんなお花にめぐり合うことで、心が和みます。
ありがとう!って思います。

2012-05-05%20034.jpg

ここが、室堂で、5合目です。

2012-05-05%20045.jpg

すみれ。これは、匂いすみれかな?

2012-05-05%20046.jpg

頂上に近づいてきたので、気温も涼しく感じるようになりました。
遅桜が咲いてました。


2012-05-05%20047.jpg

木々の間から、越前市の市街地が見えました。


2012-05-05%20049.jpg

2012-05-05%20050.jpg


2012-05-05%20059.jpg

2012-05-05%20052.jpg

頂上の奥宮に着きました!

2012-05-05%20053.jpg

2012-05-05%20054.jpg

2012-05-05%20057.jpg

こちらが頂上に登って見ることのできる、「白山連峰」です。まだ雪が残っていました。


頂上で作ってきたおにぎりを食べましたが、なんともいえない味でした!


いいお天気でとてもよかったです。清々しい気分でまた下山しました。


また機会を作って登山に行きたいと思います(^-^*)

2012年05月15日

もうひとつのワイン会~爽やかな薫風を感じて・・・このワインを和食に!持ち寄りワイン会~

先日の13日の日曜日に、料亭うおとめ『もうひとつのワイン会』を開催させていただきました。


2012-05-13%20004.jpg

今回のテーマは、「爽やかな薫風を感じて・・・このワインを和食に!持ち寄りワイン会」として、ワインを持ち寄っていただきました。

掛け紙の俳句は、

2012-05-13%20005.jpg

「万緑の中や小ぶりの旅鞄  花音」でした。

まず、ワインリストから。

9名の参加者なのに、ワインが10本。

お一人だけ、2本持ってこられました(^-^*)

---------------------------------------------------------------------------------------

Wine List
Champagne
   ①1999 Champagne Rose / Charles Heidsieck
       シャンパーニュ ロゼ / シャルル・エドシック

White Wine
   ②2007 “Tomi”Chardonnay / Suntory Tominooka Winery
      “登美”シャルドネ / サントリー登美の丘ワイナリー
   
   ③2007 “The Judge”Chardonnay / Kongsgaard
             “ザ・ジャッジ”シャルドネ / コングスガード

Red Wine
   ④2005 Chambolle Musigny “La Combe D’Orveau” / Domaine Anne Gros
シャンボール・ミュジニー “ラ・コンブ・ドルヴォー” / ドメーヌ・アンヌ・グロ

   ⑤2004 Pinot Noir Santa Lucia Highlands / Pisoni Vineyards
ピノ・ノワール サンタ・ルチア・ハイランズ / ピゾーニ・ヴィンヤーズ

   ⑥2005 Brunello Di Montalcino Riserva / Poggio di Sotto
ブルネロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ / ポッジョ・ディ・ソット

   ⑦2009 Ch. Fonbadet / AOC Pauillac (Crus Bourgeois)
シャトー・フォンバデ / ポイヤック (クリュ・ブルジョア)

   ⑧1999 Clos Sainte Anne / AOC Pomerol(Ch.Moulinet:Second)
       クロ・サン・タンヌ / AOC ポムロール

   ⑨1993 Ch. Grand Mayne / AOC St-Milion Grand Cru
シャトー・グラン・メイヌ / サンテミリオン・グランクリュ

Dessert Wine
   ⑩1990 Hermitage Vin De Paille / M.Chapoutier
エルミタージュ ヴァン・ドゥ・パイユ / M.シャプティエ

---------------------------------------------------------------------------------------

自分が持ってきたワインがわかるかどうか、最初はリストをお渡ししないで白紙のブラインドで楽しんでいただきました。


そして、自分が持ってきたワインが何番か当てていただきましたが・・・・・不正解が3名いらっしゃいました。

わからないものですね。

お料理はこんな感じです。


2012-05-13%20006.jpg

皐月の一皿
山葵の葉の上に春野菜。冷たいあんかけで。
梅肉の点々がとってもかわいいんです♪

2012-05-13%20007.jpg

お造


2012-05-13%20008.jpg

鮎の風干し


2012-05-13%20009.jpg

新玉ねぎのポタージュ 生雲丹


2012-05-13%20010.jpg

白海老の唐揚げ


2012-05-13%20011.jpg

あわび 順才 フルーツトマト


2012-05-13%20013.jpg

花山椒しゃぶしゃぶ


2012-05-13%20014.jpg

おろしうどん


2012-05-13%20015.jpg

果物とチーズ


2012-05-13%20016.jpg

集まったワイン達です!


またまた興味深いワイン会となりました。


次回は、7月22日(日)です。

興味のある方は、ぜひご参加をお待ちしております(^-^*)

2012年05月16日

俳句会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の俳句の会でした。


今月は、14句投句中、13句とっていただきました。

ありがとうございます♪

-------------------------------------------------------

【5月 花音の句】

万緑の中や小ぶりの旅鞄

聖五月子の黒髪に櫛をあて

影映す木々や落花のちぎり絵に

日時計に朱色移りし花ダリア

ファインダーに重ねあふ笑み花の雲

あばら家の戸にもやさしき若葉風

夏めくやスパイス香る野菜カレー

薔薇の雨静かに手帖くりし音

君をのせ絵葉書の来し聖五月

ブラウスの白はればれと若葉光

風薫る指きりの指いつまでも

日野山の緑を黒にして代田

ひとひらを肩に古道の山桜


太字の句は、気になる句にも選んでいただきました。

ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------------

花音の今月の気になる句は、2句ありました。


畦昼餉花菜の上を手渡しに  神兵さん

山つつじ道をせばめて切通し  彩敏さん

神兵さんの句は、登場人物が2人出てきて、「どんな昼餉なんだろう?お弁当かな?おにぎりかな?」ってとても和やかな気持ちになれたからです。

彩敏さんの句は、先日日野山に登ったときに私が見た風景をそのまま詠んでおられたから、私もこんな風に詠めたらな~って思ったからです。


--------------------------------------------------------------------------

句会の後は、懇親会です。


2012-05-16%20002.jpg

掛け紙は、「風薫る指きりの指いつまでも 花音」です。

2012-05-16%20001.jpg

前菜
木の芽味噌に春野菜♪


2012-05-16%20003.jpg

お造り


2012-05-16%20004.jpg

鮎の風干し


2012-05-16%20005.jpg

めかぶと温泉玉子

2012-05-16%20006.jpg

丸茄子とインカのめざめの海老あんかけ


2012-05-16%20007.jpg

鴨ロース


2012-05-16%20008.jpg

白海老の唐揚げ


2012-05-16%20009.jpg

雲丹うどん


2012-05-16%20010.jpg

水菓子


今月も楽しい句会をありがとうございました。

また来月も宜しくお願いいたします(^-^*)

2012年05月21日

お茶のお稽古でした♪

今日はお店はお休みでした。

お茶のお稽古も落ち着いた気持ちで行ってきました。


今日は風炉で行之行台子でした。

茶道では、夏は涼しくという心づかいから五月から風炉にします。


このお稽古の時間で、日々の生活の中での「心の乱れ」をリセットしている気がします。
もう80歳をこえていらっしゃる先生に習っているのですが、先生はいつも「よい方向」に話をしてくださいます。お稽古中に、世間話などもするのですが、そういうたわいもない会話の中に「自分」を発見したりするときがあります。

お点前の手順や作法を教えていただくのもお稽古ですが、技術だけではなく「精神」も教えていただいているなぁ~と感じます。


2012-05-21%20003.jpg


先生のお宅の前に、元気に咲いていた「カラー」の花です。

心がこのカラーのように真っ白になった気分でお稽古から帰宅しました。

2012年05月25日

『窓の向こうのガーシュウィン』 / 宮下奈都

今日5月25日、宮下奈都さんの『窓の向こうのガーシュウィン』が集英社から発売されました。

2012-05-21.jpg

今日は時間があったので、早速読ませていただきました。

19歳の女の子が主人公なのですが、どこにでもいそうな普通の女の子なんです。
でも、奈都さんの魔法で小説の世界に入り込んでしまいます。
細かい心の描写とか、心の動きが文章にやさしく表現されていて、自分が19歳のころに戻ったかのように感じられました。

そして、今の自分にも置き換えてみると、些細なことが嬉しく感じたり悲しく感じたりするのは人間らしいことなんだな・・・って思いました。
読み終えて、実際は飲んでないけど、美味しい紅茶をいただいた、ほっとした気持ちになれました。


ぜひ購入して読んでみてくださいね(^o^)

タイトルがどうして「窓の向こうのガーシュウィン」なのか、なぜガーシュウィンなのか・・・・・・?!

2012年05月29日

ワイン勉強部屋~ワインと料理の常識 本当なの?ウソなの? マリアージュのA・B・C~

毎月開催させていただいております、「ソムリエ久美子と楽しく学ぶワイン勉強部屋」を27日にさせていただきました。


2012-05-27%20001.jpg

今回も何名か初めてご参加いただきました。ありがとうございます(^-^*)

2012-05-27%20015.jpg

みなさんお勉強熱心で、メモをとってくださってます。
ありがたいです。

今回は、マリアージュをテーマに勉強しました。


2012-05-27%20002.jpg

今回掛け紙は、「サングリアのどにころがし初夏の風」です。

サングリア?は後のお楽しみに・・・。


↓ワインリストです。


-----------------------------------------------------------------------

Wine List
 Sparkling
(1)2007 Cava Rose Brut Premium Cuvee / Mas de Monistrol(スペイン)
      カヴァ ロゼ・ブリュット プレミアム・キュヴェ / マス・デ・モニストロル
       
White Wine
(2)2011 Bianco / A Mano(伊:プーリア州)
        ビアンコ / ア・マーノ
        フィアーノ 50%、グレコ 50%
(3)2009 Chardonnay / Claudia (米:カリフォルニア)
      シャルドネ / クラウディア
        シャルドネ
(4)2011 “Classique White” Corbieres / Ch.Ollieux Romanis (仏:ラングドック)
      クラシック・ホワイト コルビエール / シャトーオリューロマニ 
        ルーサンヌ、マルサンヌ、グルナッシュ・ブラン

Red Wine
A・    ・(5)2010 Marlborough Pinot Noir / Kim Crawford (NZ) 
             マルボロ ピノ・ノワール / キム・クロフォード
             ピノ・ノワール
B・    ・(6)2009 Syrah / Claudia (米:カリフォルニア)
             シラー / クラウディア
             シラー
C・    ・(7)2007 Barolo / Terre Da Vino(伊:ピエモンテ州)
             バローロ / テッレ・ダ・ヴィーノ
             ネッビオーロ

(8)???


-----------------------------------------------------------------------


お料理は、このような感じです。


2012-05-27%20006.jpg

初夏の香りの一皿

2012-05-27%20009.jpg

梶木 烏賊 白玉貝 金目鯛

2012-05-27%20019.jpg

かます 源平焼き

2012-05-27%20027.jpg

鯖のお椀

2012-05-27%20028.jpg

からすみのサラダ

2012-05-27%20032.jpg

豚肉みそ焼き


2012-05-27%20035.jpg

越前産天然鯛の笹漬け 花山椒


2012-05-27%20039.jpg

こちらの笹漬けを花山椒といっしょに。


2012-05-27%20040.jpg

とうもろこしご飯 赤出汁


2012-05-27%20047.jpg

さて、ここで「サングリア」の登場!

2012-05-27%20049.jpg

サングリアとは、赤ワインをベースにフルーツでほんのり甘くしたスペイン・アンダルシア地方の飲み物です。

私が前もって作っておいたサングリアをみなさんにデザートいっしょに楽しんでいただきました。


2012-05-27%20050.jpg

季節のシャーベットと果物

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【サングリアの作り方:ソムリエ久美子バージョン】
材料
・赤ワイン 1本 (安いものでOK)
・りんご 1個
・レモン 1個
・パイナップル 1/4個
・グラニュー糖 6g~10g
・シナモンパウダー 少量

①適当に切った果物を1L以上の容器(カラフェなど)に入れる。
②赤ワインを入れる。シナモンパウダー、グラニュー糖を入れる。
③24時間寝かす。
④中身を濾して別の容器に入れる。(ワインボトルにもどす)
⑤ロックや炭酸割りにしていただく。アルコールが強めが好みの方は、ブランデーやウィスキーで割ってもOKです(^-^*)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!


次回6月のワイン勉強部屋は、6月30日(土)6時~です。

次回は土曜日になりますが、皆様のご参加をお待ちしております(^-^*)

文殊山(標高365m)へ登山♪大村コース~その1~

鯖江市と福井市の境界にある、文殊山に登ってきました!

いくつかのコースがありますが、初めて登る今回は、一番なだらかなコースであるという「大村コース」で登ってきました。


2012-05-28%20053.jpg


大村コースは、楞厳寺(りょうごんじ)というお寺からの出発です。

2012-05-28%20054.jpg


2012-05-28%20055.jpg

お寺に車を駐車させていただきました。きれいなトイレもあり、使わせていただきました。


2012-05-28%20056.jpg

コース入口です。「熊出没注意!」の看板。
鈴をつけて歩きます。

2012-05-28%20057.jpg

緑がいっぱいで気持ちいいです。
ちょっと天気が心配ですが・・・・。


2012-05-28%20058.jpg

ニガナの花


2012-05-28%20059.jpg

ゆるやかな広い登山道です。

2012-05-28%20060.jpg

文殊山では俳句コンテストがあるそうで、投句箱もありました。

その優秀作品が、登山道の木に展示されています。
俳句を楽しみながら、登っていきます。

2012-05-28%20061.jpg

大村コースは、なだらかな初心者向けのコースだそうです。

2012-05-28%20062.jpg

途中、少し雨が降りましたが、この緑の葉のおかげであまり濡れませんでした。

2012-05-28%20065.jpg

山紫陽花がきれいに咲いています。

2012-05-28%20066.jpg

ひっそりとこの登山道に咲く山紫陽花。登山者達を見守ります。


2012-05-28%20002.jpg

緑がとても気持ちいいです。

2012-05-28%20003.jpg

この一面の若楓!


2012-05-28%20004.jpg

山百合。

2012-05-28%20005.jpg

山つつじ。


2012-05-28%20007.jpg

アザミ。

色んな山野草が咲いていました。


2012-05-28%20008.jpg

こちらの三叉路ですが、

2012-05-28%20009.jpg

古来から七曲と言われているそうです。


2012-05-28%20011.jpg

青葉若葉が気持ちいい~。清々しい~。

2012-05-28%20013.jpg

ホツツジ。

2012-05-28%20015.jpg

たまに茸も。

2012-05-28%20016.jpg

もうすぐ小文殊。


2012-05-28%20017.jpg

小文殊に着きました。


2012-05-28%20018.jpg

天狗杉とすぎという御神木。


さて、その2に続きます(^-^*)


2012年05月30日

文殊山(標高365m)へ登山♪大村コース~その2~

小文殊からさらに進んでいきます。

2012-05-28%20022.jpg


2012-05-28%20021.jpg

奥ノ院までに展望台がありました。


2012-05-28%20023.jpg

展望台からの景色。

2012-05-28%20026.jpg

いい眺め。

2012-05-28%20027.jpg

頂上に着きました!

2012-05-28%20028.jpg

2012-05-28%20030.jpg

頂上からの眺めです。


2012-05-28%20032.jpg

文殊山は、越前五山の中心とされ、東の白山、南の日野山、西の越知山、北東の吉野ヶ岳に護られているといわれています。

2012-05-28%20034.jpg

黄金色に見えるのは、麦畑。
まさに「麦の秋」です。


2012-05-28%20035.jpg

頂上からまだ奥へすすみます。


2012-05-28%20037.jpg

かわらしい花。


2012-05-28%20038.jpg

文殊山の大きなみどころの一つ「胎内くぐり」の大岩の看板です。


2012-05-28%20039.jpg

この大岩がそうです。

2012-05-28%20040.jpg

くぐります。

女人禁制の掟を破った女性の伝説を残す大岩。


2012-05-28%20042.jpg

こちらが奥ノ院。

2012-05-28%20045.jpg

みどころマップです。


かたくりの花の時期にまた訪れたいと思いました。


帰りはまた、なだらかな登山道を戻っていきました。


楽しいハイキングでした(^-^*)


頂上で食べたお弁当のおにぎりも美味しかったのですが、帰りに気になっていたカフェへお邪魔しました。


2012-05-28%20052.jpg

越前市稲寄町にある、「カフェコイル」さんです。


2012-05-28%20050.jpg

こちらで、とても食べ応えのある「シュガートースト」をいただき、締めくくりました!


体も心もリフレッシュでき、素晴らしい休日でした(^-^*)感謝感謝★

About 2012年05月

2012年05月にブログ「若女将の四季折々日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年04月です。

次のアーカイブは2012年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35