« 五年ぶりの句会の仲間との吟行~秋の奈良・京都へ~ | メイン | もうひとつのワイン会~2014年のしめくくりを飾るワインの夕べ~(右岸のワイン) »

11月花音の句

今月は吟行があり、句会はなかったのですが、皆、10句ずつ投句をいたしました。

11月の花音の句です。


-----------------------------------------------------------

・染められて紅葉の色の雨しずく

・自転車を押しゆく坂や銀杏散る

・ほがらかに登校の子や秋うらら

・秋風やクリームブリュレのラム香る

・木枯しにたしかむ絆強めらる

・一葉に深まりゆきし秋の色

------------------------------------------------------------

【吟行句】

・美し里に昔なじみの案山子かな  ※奈良にて

・つり上がる伐折羅(バサラ)の目じり萩の寺  ※新薬師寺にて

・如来守る神に捧げし秋灯  ※新薬師寺にて

・天平の琵琶の音色に秋惜しむ  ※正倉院展にて

-----------------------------------------------------------

あっという間に、今年も残すところ一か月。
早いものです。

一日一日を大切にしていきたいと思います。





コメント (2)

染められて紅葉の色の雨しずく
自転車を押しゆく坂や銀杏散る
美し里に昔なじみの案山子かな

あっという間に・・・今はもう冬だから、
秋が懐かしいね。

雨の滴が木々の紅葉色を鮮やかにする感じが
好きなんだよなぁ~
銀杏が散って黄色い地面も綺麗だし、ぎんなんの
クサイ臭いも秋を感じさせるね。

kumiko:

hidekiさん
コメントのお返事が2月になってしまいました。
ごめんなさい。
いろいろとありました。
句への感想をいただき、ありがとうございます。
本当にありがたいです。また今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年11月30日 17:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「五年ぶりの句会の仲間との吟行~秋の奈良・京都へ~」です。

次の投稿は「もうひとつのワイン会~2014年のしめくくりを飾るワインの夕べ~(右岸のワイン)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35