« 6月~花音の句~ | メイン | 7月 花音の句 »

もうひとつのワイン会~JAPAN~

6月26日に、第57回目の「もうひとつのワイン会」を開催させていただきました。

IMG_2021.JPG

テーマは、「JAPAN」です。

今回は、1名の方が8本のワインをご提供いただく特別な会となりました。

サブテーマが、「ウスケボーイズ vs ブルースチルドレン」です。

日本のワインを盛り上げる醸造家、栽培家がたくさん増える中、最新技術や精神的な面もバックアップしてきたのが、ウスケさんとブルースさんです。
麻井宇介(本名:浅井昭吾)さんはメルシャン勤務時に造った「桔梗ケ原メルロー1985」が高い評価を受け、「ワインづくりの思想」など多くの著書もあります。
ブルースガットラヴさんは、1989年にココファーム・ワイナリーの栽培醸造家になり、2009年に岩見沢に移住、後に10Rワイナリーを設立しました。

このそれぞれの弟子たちが造るワイン、ウスケボーイズ4種、ブルースチルドレン4種を比較してみようというサブテーマでした。

こんなワインはすぐに手に入るものではないので、今回ご提供いただきましたIさん、本当にありがとうございました。みなさん勉強になりました。

IMG_2037.JPG

ワインリストはこちら↓

--------------------------------------------------------------

Wine List             
Sparkling
(1)2015 Raro Frizzante Aromatico / 農楽蔵          【提供:I氏】
ラロフリッツァンテ アロマティコ /のらくら(佐々木賢・佳津子:北海道函館市)           
      (ナイアガラ75%、遅摘みナイアガラ20%、ケルナー5%)

(2)2014 Sparkling 祝 / ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリー 【提供:I氏】
                            (小山田幸紀:山梨県甲州市勝沼町)
(デラウェア85%甲州、プチマンサン15%)
White Wine
(3)2014 Kurisawa Blanc / Nakazawa Vineyard         【提供:I氏】
      クリサワ ブラン / ナカザワ・ヴィンヤード    (中澤一行:北海道岩見沢市)
(ゲヴェルツトラミナー37%、ピノ・グリ28%、ケルナー11%、シルヴァーナ9%、ピノノワール9%、その他6%)

(4)2015 城戸 Autumn Colors Niagara / Kidoワイナリー   【提供:I氏】
キド オータム・カラーズ ナイアガラ    (城戸亜紀人:長野県塩尻市宗賀)
(ナイアガラ100%)         
Red Wine
  (5)2012 洗馬-K4 Merlot / Votano Wine          【提供:I氏】
      セバ-K4 メルロー / ヴォータノワイン    (坪田満博:長野県塩尻市洗馬)
(メルロー100%)

(6)2013 Tsugane La Montagne / Beau Paysage         【提供:I氏】
       ツガネ・ラ・モンターニュ / ボー・ペイサージュ  (岡本英史:山梨県北杜市) 
      (メルロー100%)

(7)2013 Yoichi-Nobori Passetoutgrain Takahiko Soga
 / Domaine Takahiko 【提供:I氏】
      ヨイチ-ノボリ パストゥーグラン /ドメーヌ・タカヒコ(曽我貴彦:北海道余市郡余市登町)
      (ピノ・ノワール60%、ツヴァイゲルトレーベ30%)

(8)2011 Vin Sans Chimie Vignes Francaises / Obuse Winery  【提供:I氏】
      ヴァン・サン・シミ ヴィーニュ・フロンセーズ/小布施ワイナリー(曽我彰彦:長野県下高井郡小布施町)
      (メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、タナ)

(9)2012 椀子 Mariko Vineyard Omnis / Chateau Mercian    【提供:K氏】
      マリコ ヴィンヤード オムニス /シャトーメルシャン (長野県上田市丸子地区)

(10)1991 Dalla Valle Maya                   【提供:Y氏】
      ダラ・ヴァレ マヤ


--------------------------------------------------------------

10番以外は、本当に日本産のワインということで、10番はテーマのJAPANに関係するカリフォルニアワインということでした。


大変勉強になり、有意義なワイン会でした。ありがとうございました。


お料理は、こんな感じです↓


--------------------------------------------------------------

2016-06-26.jpg


Menu 献立

口代  水無月の一皿
小鉢  いくらの茶碗蒸し
造   鳥貝 鮪 甘海老 烏賊
椀物  アスパラソバージュのお椀
強肴  丸茄子の肉味噌がけ
焼物  鮑のバター焼き  
進肴  牛ステーキ マスタードソース
追肴  チーズの盛合せ
飯物  茶そば
果物  季節の果物
 
--------------------------------------------------------------


次回の第58回もうひとつのワイン会は、7月31日ワイン勉強部屋特別企画と合同にさせていただきます。そして、第59回もうひとつのワイン会は8月28日(日)PM6時~「テーマ:アメリカ」です。

また皆様のご参加をお待ちしております(*^_^*)





コメント (3)

今回はジャパンですね。
おらはこの半年以上甲府に出張が多いけど、
甲府ではすっかりワインが定着してることに驚くよ。
焼き鳥やさんでも、喫茶店でも・・・どこでも山梨産のワインが置いてあるんだ。
みなさん、ごく普通な感じで飲んでるよ。

kumiko:

hidekiさん
甲府にご出張が多いんですね。
山梨県って、海がないのにお寿司屋さん多いですね。
そして、普通にワイン飲んでらっしゃいますよね(*^_^*)

そうなんだよ!
みんな普通にワインを飲んでるんだよぉ~!
何だか嬉しくなっちゃうんだよねぇ~

で、お寿司屋さんは、確かにたくさんあるんだ。
個性的なお店が多いかもしれないね。

kumikoさん、山梨にも行ったことあるんですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2016年07月03日 18:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「6月~花音の句~」です。

次の投稿は「7月 花音の句」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35