メイン

フレンチ アーカイブ

2006年05月15日

シェ・ピノリ~福井市~

pinoli


福井市四ツ居にある、シェ・ピノリさんへ行ってまいりました。イタリアン料理教室のシェフもおすすめのフレンチのお店です。


優雅な雰囲気でとても落ち着ける店内です。


 


pinoli1


今日は、幼稚園のお母さん友達と3人でお邪魔しました。


 


 


pinoli3


こちらのレストランの嬉しいところは、近くにある「ヤスブン」さんという酒屋さんで購入したワインがチャージ料を払えば持ち込みさせていただけるところです。


レストランにうかがう前に、ヤスブンさんでシャンパンと赤ワインを買いました。


pinoli2


 


シャンパンは、ポメリー・ブリュット。


赤は、ボルドーのポムロール地区のCH オー マイエ1997を。


 


 


 


pinoli4


福井県の地場野菜を使った前菜。


 


 


 


pinoli7


海の幸 サラダ


 


 


 


pinoli5


温泉卵 アスパラガスのソース。


上には生ハムとパルメザンチーズ。


 


 


pinoli8


地物のサツマイモの温かいスープ。


 


 


 


pinoli9


筍、イベリコ豚のグリル。


これを、素晴らしいことにガーデンで炭火で焼いてくださいました!


 


 


デザートは3種類の中から選べましたが、私の選んだものは、pinoli10


オレンジのシブーストと、ヨーグルトのソルベ。


 


 


pinoli11


友人のは、ティラミスとイチゴのケーキ。


 


 


 


このシェ・ピノリさんでは、レストランウェディングもできるそうです。


とても素敵なウェディングが想像できました♪お料理がおいしいので、きっとウェディングに招待された方も喜ばれることでしょう。

2006年05月22日

Chez-Nous シェヌゥ(金沢市)

cheznous


今日は、金沢市にあるChez-Nous(シェヌゥ)さんへ。料理教室のシェフ、そして私の主人と私の3人でお邪魔しました。


chez nous(シェ ヌゥ)というのは、フランス語で、「私たちの家」ということです。chezは家(house)のことで、nousはweのことです。英語では、「our house」かな?


 


cheznous1まるで、外国の絵本の世界を思わせる店内。どんな物語が待っているのか、わくわくします。


 


 


 


cheznous2


 


さて、どんなストーリーが始まるのか・・・・とても楽しみです♪


初夏をイメージしたお皿。3人とも違う花柄でした。私のは桔梗、主人のは紫陽花。


cheznous3


 


バター。お店のロゴが。


パンも美味しかったです。フレンチやイタリアンのいいところは、パンでお腹の具合が調整できるということだと思います。日本料理ではご飯物が最後に出るので、なかなかお腹の満腹度の調整が自分で出来ないのです。だから「パン」は、日本料理から見ると、とても合理的でスマートな重宝物です。


cheznous4


 


前菜 自家製スモークサーモン ホタルイカ ニジマス卵 アボカドと貝のタルタル 香草ソース


 


 


cheznous5


 


フォアグラ ジャガイモのパリッと焼き マデラワイン トリュフソース


 


 


cheznous6


 


地甘鯛のポアレ アスパラソバージュ インゲン豆 カレー風味 アサリのスープ仕立て


 


 


cheznous7


 


ブラッドオレンジのグラニテ


 


 


cheznous9


 


豚(ブランド名、忘れました)肉とタケノコのグリル キャベツ


 


 


cheznous8


 


牛ヒレ肉 サトイモのグラタン 赤ワインソース


 


 


cheznous10


 


若鶏のコンフィ とうもろこしのガレット 


 


 


cheznous11


 


チーズ盛り合わせ(ミモレット・サントノーレ・フルムダンベール・・・・etc)


 


 


cheznous12


 


デザート一品目は、白胡麻のブランマンジェ(スペシャリティ)


 


 


cheznous13


 


マンゴーのムースとシャーベット、ヌガーグラッセ(セミフレッド) 苺


 


 


cheznous14


 


コーヒー、ウェッジウッドのワイルドストロベリーで♪


 


 


cheznous15


とてもゆったりと時間を過ごさせていただきました。


こちらのお店は、小学生以下はお断りだそうです。


でも、納得です。個室がないし、テーブル席だけです。だから、せっかくのお料理を楽しんでいらっしゃる方々に迷惑だからでしょう。


 


 


cheznous16こちらは、シェヌゥのとなりにある、サロン ド シェ ヌゥ。コースはなく、カフェスタイルのお店です。去年12月にオープン。バルコニー席も素敵♪

2006年09月10日

ビストロミオネー(福井市)

今日は、ビストロミオネーさんにランチに行ってきました。


こちらのお店は、料理教室のシェフに教えていただきました。


お料理の写真などを撮ってご紹介しようと思いましたが、撮影は固くお断りということでしたので、撮りませんでした。


ランチのコースをいただき、とても満足して帰ってまいりました。ちょっと調べてみましたら、ミオネーさんに関してブログや記事などがありましたので、載せておきます。


http://www.fuku2.co.jp/mionnay.html


http://tenseihonpo.jugem.jp/?eid=155


http://gourmet-fukui.jugem.jp/?cid=1


http://gourmet-fukui.jugem.jp/?day=20060609


http://www.geocities.jp/jirorichan/tanshin/tanshin17/tanshin17.html

2007年09月02日

ラ・ベガス~大阪 高麗橋~

大阪市の高麗橋にある、「ラ・ベガス」さんへ行ってきました。


幼稚園からの幼馴染といっしょに久しぶりのお食事♪


ベガス


 


ビジネス街、ちょっとわかりにくいところにあります。


 


 


ベガス2


 


 


 


 


ベガス3


 


 


 


 


 


ベガス4


 


 


 


食前酒に”ミモザ”をいただきました。


ミモザは、シャンパンをオレンジジュースで割った飲物。


 


 


ベガス5


 


前菜。鰹です。泉州水茄子も使ってありました。ガスパッチョスープで。


 


 


ベガス6


 


お魚料理は、イトヨリでした。パプリカとバジルのそーす。


 


 


ベガス6


 


メインはホロホロ鶏と鴨を選べましたが、鴨にしました。


 


 


ベガス7


こちらはデザートです。


桃のスープになんと順才がのっていました!可愛い♪


 


 


そして、最後にエスプレッソコーヒーをいただきました。ごちそうさまでした!


(幼馴染のブログ) marimariの宝箱 http://blog.livedoor.jp/marimari72/


 


 

2008年06月25日

Il va bien イルヴァビアン~福井市高木町~

今年(2008年)4月末にオープンした、「Il va bien」(イルヴァビアン)というフレンチのお店に行ってきました。パパと二女の誕生日のお祝いを兼ねて・・・・。

P1000607.JPG

とてもフレンチな雰囲気です。


P1000608.JPG

静かな住宅地の中にあります。

P1000609.JPG

奥様のセンスなんでしょうか?
ワインのコルクと空箱が素敵なオブジェとなっています。


P1000610.JPG

ブルーベリーなどの植物も迎えてくれます。素敵です♪


P1000611.JPG

ランチは11:30~2:30
ディナーは6:00~9:30

P1000612.JPG

清潔感のあるテーブルセッティング♪


P1000613.JPG

テーブルにひとつひとつ活けられたお花が、落ち着きます。


P1000614.JPG

店内。

P1000615.JPG

ほぼオープンキッチンとなっていて、シェフのお仕事が良く見えます。


P1000616.JPG


早速お料理を・・・。


P1000617.JPG

九頭竜川の鮎のコンフィと川海老のフライ。

P1000619.JPG

能登産 岩牡蠣、オマール海老、帆立のトマトゼリー寄せ。


P1000621.JPG

パンと豚肉のリエット。
リエット大好きです。パンにつけて食べると最高です。


P1000622.JPG

子供用にパスタを注文しました。カルボナーラとベーコンときのこのトマトソース。
けんかしないように、ハーフ&ハーフにしていただき、ありがたいです。


P1000626.JPG

平目と甘海老 ジャガイモ鱗仕立て。ジャガイモがパリッとアクセントになっています。


P1000628.JPG

フランスのブレス産若鶏のロースト。大あさりソース。
ソースも美味しかったし、鶏の皮もこんがりと美味しかったです。ボリュームもたっぷり!


P1000629.JPG

子供たちのデザート。今が旬のスモモも。


P1000635.JPG

主人がまだ飲みたいということで、別に「牛ホホ肉の煮込み」をお願いしました。
ちょっと一口もらいましたが、やわらかくて味がしみこんでて美味しい・・・。


P1000636.JPG

大人のデザート♪


P1000637.JPG

コーヒーはこだわりのコーヒーだそうで、確かに美味しいコーヒーでした。
後味も豊かでした。コーヒーに癒されました!


P1000638.JPG

こんな素敵なお店を切り盛りされているのは、こちらのオーナーシェフ 熊谷安浩さんと奥様です♪

とても丁寧なお仕事をされています。また行きたいお店のひとつになりました。


Il va bien イル・ヴァ・ビアン
〒910-0806
福井市高木町82-35-1 ピースヴィレッジ1F
Tel 0776-54-1600
水曜定休

2008年08月23日

奈良へ帰省 その2 ~レストラン ラヴィ(La Vie) で後輩とランチ♪~

奈良市寺町にあるレストランラヴィさんに行きました。
主人も私も共通の大学の後輩が海外から一時帰国しているということで、せっかくなのでいっしょにランチをしました。

P1020301.JPG

奈良のやすらぎの道を三条通りから少し南下した細い路地を入ったところにあります。
隠れ家的お店です。(詳しくは下記のHPを見てください)

P1020302.JPG


P1020303.JPG


P1020304.JPG

店内は、「え?ここが奈良?」というような落ち着いた感じです。


P1020305.JPG


素敵なお花のプレート。
こちらのシェフは、フランスのボルドーやロワールで修業されたそうです。楽しみです。

P1020306.JPG


最初の一皿は、トマトの中にクスクスが入っていて、海鮮が乗っている一皿でした。

P1020307.JPG

上の飾りは、トマトの皮と生ハムの乾燥したもの。

P1020309.JPG


割ると、クスクスがこんな感じで♪

P1020310.JPG


こちらはスープです。

P1020311.JPG


スズキと帆立、ソースはバルサミコとかぼちゃでした。

P1020314.JPG


メインは仔牛で、マスタードソースでいただきました。

P1020315.JPG


デザートも盛りだくさんで、美味しかったです。

P1020321.JPG


P1020323.JPG

エスプレッソで、締めくくり。

後輩との話も尽きず・・・・・・・・。長居してしまってすみませんでした。

奈良におこしの方、お近くにお住まいの方、ラヴィさんへ、ぜひどうぞ!


レストラン ラヴィ Restaurant La Vie
http://www.french-lavie.com/

2008年09月04日

Il va bien イルヴァビアンでバースデーディナー

8月にディナーした記事を書きます。福井市高木町にある「Il va bian イルヴァビヤン」
さんへまたまた行ってきました。
シェフと奥様が8月生まれですので、それをお祝いするためです。(というかワインをいただくため?!)

シェフは1973年生まれ、奥様は1976年生まれです。


それで、この4本を飲むことになっていました。

P1020559.JPG

・Champagne Jacques Selosse Rose Brut
エグリ・ウーリエの赤ワインを入れて造られる、生産量わずか2800本の極少ロゼです。

・Chassagne Montrachet 2005 / Alex Gambal

・Ch.Palmer 1976

・Pinot Noir Napa Valley 1973 / Robert Mondavi  Winery


P1020558.JPG


ワインを持ち込みさせていただいたので、何も飲物を頼まないというのも悪いので、ビールで乾杯!

P1020564.JPG


P1020565.JPG

前菜です。


P1020566.JPG

穴子と野菜のテリーヌ、ブラックオリーブのタプナード


P1020567.JPG

鳥貝と雲丹のカッペリーニ。


P1020568.JPG

生ハムとイベリコ豚、肉のテリーヌのサラダ。


P1020569.JPG

子供用に、パスタ2種類作っていただきました!


P1020571.JPG

秋刀魚と烏賊のイカスミパスタ。


P1020573.JPG

甘鯛、鮑、オマール海老、松茸。

なんて贅沢!


P1020582.JPG

1973年ヴィンテージ!開けました!
シェフも私も、73 丑年です!

P1020576.JPG


P1020575.JPG

結構コルク、長いです。


P1020579.JPG

興味深いのは、この瓶の底です。
ワインの瓶って上底になっていてへこんでいるのが普通なんですよね。特に長熟タイプのはそうなっています。
でもこの1973年は、底はまっ平らです。当時は何十年後にまで置いておいて飲むとか考えていなくて、早飲みタイプだったのかもしれません。

でも、35年経った今開けてみて飲んだら、この元気さにビックリ!!!でした。
素晴らしい!カリフォルニア、ロバートモンダヴィすごいパワーです。

カリフォルニアワインの象徴的存在だったロバート・モンダヴィ氏は、今年の5月94歳でお亡くなりになりました。カリフォルニアワインの第一人者ロバート・モンダヴィ氏に献杯!したいと思います。


P1020580.JPG

ブレス鳥。フォアグラが散らしてあり、美味しい!


P1020583.JPG

デザートのフォンダンショコラ。


P1020585.JPG

マンゴープリン


P1020586.JPG

黒豆入りクリームブリュレ


P1020587.JPG

最後はエスプレッソで締めました♪

自分の誕生日でもないのに、自分の生まれ年のワインがいただけて、本当にありがたいバースデーディナーでした。ラッキー!!ありがとう!シェフ♪

2008年10月08日

Tout-Le-Monde  トゥールモンド~大阪市西区土佐堀~

大阪市西区土佐堀にある、隠れ家的なフレンチレストラン、トゥールモンドさんに行ってきました!


ppp%2000101.jpg

専門料理10月号に「これからのフランス料理~気鋭のシェフ6人」という特集がありました。その気鋭のシェフのお一人として取り上げられていた高山龍浩シェフのお店です。
「カランドリエ」と「ラ・ベ」で修業され、「シュ・ハリ」を経て、2002年にトゥールモンドを開店されました。


ppp%2000103.jpg


まずはやはり、シャンパンで乾杯を。

ppp%2000104.jpg

かんぱーい!

ppp%2000105.jpg

ppp%2000106.jpg

北海道産の生牡蠣。さっと火を通してキッと冷したものを青菜で巻いてあり、その上にクリームソースが薄く乗せられ、その上から生牡蠣を殻から出した時の汁とシャンパンとを合わせた泡のソースがかかっています。絶品!めっちゃ幸せ!


ppp%2000107.jpg

パンです。


ppp%2000108.jpg

「見た目、カネゴンみたい!」と思わず言ってしまいましたが・・・。
秋刀魚です。オレンジのはパプリカのアイスだったと思います。
目でも楽しめるし、味も美味しいし、スパイスが絶妙です。一皿一皿が完成されているなーと感じます。


ppp%2000109.jpg

白ワインをグラスで注文。せっかくなので、二人で別々のワインを入れていただき飲み比べてみました。


ppp%2000110.jpg

こちらは抹茶のかかっている演出が素敵で、豆のスープでした。

ppp%2000112.jpg

ラングスティーヌのラビオリ。このラビオリの中に旨味が凝縮されているんです!


ppp%2000113.jpg

これがまたすごい!鰻にリゾットが仕込まれていて、少し甘めのソースで本当に美味しかったです。


ppp%2000114.jpg

今度は、赤ワインをお願いしました。またまた2種類。


ppp%2000115.jpg

こちらは、沖縄県産豚のロースト。お肉は柔らかく、皮がパリッと香ばしいのです。


ppp%2000116.jpg

てんとう虫のロゴが気になって、グラスでいただいたワイン。


ppp%2000118.jpg

すごーくストロベリーの香りがして、苺畑に行ったような気分になるワインでした(乙女)


ppp%2000119.jpg

メインの後は、チーズです。


ppp%2000120.jpg

デザートは洋梨を使ってありました。


ppp%2000121.jpg

コーヒーとプティフール。


ppp%2000122.jpg

帰る時に、シェフがご挨拶に出ておられました。
とても低姿勢の方で、料理に対する情熱が感じられる方です。

素晴らしいお料理をいただき、感激しました。絶対にまた来たいお店です!

TLM* Tout-Le-Monde:cuisine francaise
Lunch 11:30-14:00
Dinner 18:00-22:00
定休日・・・日曜日
大阪市西区土佐堀1-4-2 西田ビル1F
TEL/FAX 06-6444-8819
(Dinner¥8500のコースのみ)

2008年11月05日

セルドール Sel Dor~京都府精華町桜が丘~

11月3日に突然奈良に帰ってきました。

M’s Sound Factoryという吹奏楽の一般バンドの演奏会「えむこん5」を郡山城ホールに聴きに行き、夜は京都府精華町にあるフレンチのお店に、幼なじみと行ってきました。


20081103%20001.jpg

桜が丘という住宅地にあるお店です。


夜のコースは3つあり、4500円、5600円、6800円とありますが、6800円のコースをお願いしました。
いっしょに行った幼なじみが「妖怪食う食う」といわれるくらい食べるからです(笑)

6800円のコースは、おまかせコースで
・アミューズ ・前菜二品 ・魚料理 ・お口直し ・肉料理 ・小さなデザート 
・デザート ・自家製パン ・コーヒーまたは紅茶 ・焼き菓子
というもので、ボリューム満点です。


20081103%20005.jpg

アミューズの自家製サーモン。

20081103%20009.jpg


飲み物を注文すると、おつまみのオリーブがきました。美味しい!

20081103%20010.jpg

前菜一品目。白ねぎのポタージュ、フォアグラのソテー添え。

20081103%20013.jpg


前菜二品目。めばち鮪とホタテのタルタル。
包んであるのは湯葉です。癒される味です。

20081103%20018.jpg


サザエのブルゴーニュ風。

20081103%20022.jpg

挟んで掘って食べます♪

20081103%20024.jpg

魚料理です。

20081103%20025.jpg


美味しいものを食べて幸せいっぱいです。

20081103%20027.jpg


幼なじみのmarimariです。

20081103%20028.jpg

ワインはこちらをお願いしました。ハーフサイズです。

20081103%20066.jpg


お口直しのヨーグルトのソルベです。

20081103%20068.jpg


メインのお肉料理です。牛ロースステーキ、マスタードのソース。

20081103%20070.jpg


小さなデザート、クリームブリュレ。

20081103%20071.jpg


その後のデザートですが、6種類の中から選べました。
私は「フォンダンショコラ」をお願いしました。

20081103%20077.jpg


この、中からチョコがとろーりと流れ出るのが醍醐味です♪

20081103%20079.jpg


こちらはプティフール。

20081103%20080.jpg


最後はエスプレッソで締めました!

20081103%20081.jpg


素晴らしいのは、子供のメニューが安い!

2000円で、スープ・メイン・デザート・パンなんですが、全て内容は大人と同じです。
メインは5種類の中から選べるんです。
そして、おまかせが牛ステーキでしたので、子供たちには「カスレ」と「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」を注文しました。

こちらが、牛ホホ肉のワイン煮込みです。

20081103%20021.jpg


そして、これはカスレです。今までのカスレのイメージとは全然違って、とても薄めの色でしたが素材の味が本当に生きてて美味しかったです。
そうです、子供のも少々いただきました。

20081103%20023.jpg


そして、4人ともデザートは違うものをお願いしましたので、写真をご覧ください♪

次女が選んだモンブラン。

20081103%20072.jpg

長女は「どれがいい?」と聞くと、「どれでもいい」と言いました。
抹茶のロールケーキ。

20081103%20076.jpg


marimariの選んだ洋梨のコンポート。

20081103%20075.jpg


どれもこれも美味しくて、あっという間に時間も経っていました。

「うちのお店はお料理が出るのが遅いので・・・・」っておっしゃっていましたが、そんなことは全然思わないペースでお料理も運ばれてきました。ゆっくりと話しながら料理を楽しめて、よかったです。

Restaurant Sel Dor (黄金の塩)
京都府相楽郡精華町桜が丘3丁目26-6
TEL 0774-72-9286
Lunch 11:30~14:00 Dinner 17:00~21:00(LO)
http://www.kinet-tv.ne.jp/~sldr/

2009年01月05日

そむりえ亭~大阪・心斎橋~

お正月帰省の機会に、大阪心斎橋にある、
ソムリエ協会関西支部長の樋口誠ソムリエ(元ホテル日航大阪)が、2008年8月8日にオープンされた「そむりえ亭」さんへ行ってきました。


20090101%20004.jpg


普段主人と二人っきりで外食を楽しむということがないので、とても落ち着いて楽しんできました。

20090101%20006.jpg


さて、どんなお店なんでしょうか?!


店内に入ると、樋口さんが舞っていました。もとい、待っていました。


「お久しぶりです!さて、とりあえずどうします?!」となんて気楽な居酒屋感覚♪

「では、とりあえず(ビール・・・じゃなかった)、シャワシャワで!!」

「わかりました。じゃあモエちゃんを。」


20090101%20007.jpg


クリスマスからやっているそうですが、ハートのエースを引くと素晴らしい賞品が・・・ということで、引かせていただきましたが、残念ながら「はずれ」。

そんな福引もやっていて、とてもワインバーとは思えないノリです。


20090101%20008.jpg


前菜です。

20090101%20009.jpg


帆立のカルパッチョ。

20090101%20010.jpg


パンとオリーブオイル、そしてシャルドネをいただきました。

20090101%20011.jpg


ルイ・ジャド、マルサネ1999年です。

20090101%20012.jpg


樋口さん、「あー、1999かと思っていたら、6661年でした(笑)。ほら?!」と、
ラベルを見せてくださいました。
「ものすごく若いワインですね(笑)」
「未来のワイン、いただきまーす!」

20090101%20013.jpg


そうこうしていると、カウンターでカードマジックが始まりました。
隣に座っていた男の子に「好きなカードを選んでください」と樋口さん。

20090101%20014.jpg


そのカードが何かを当てるのです。

20090101%20015.jpg


「これですか?」
「おおー!それそれ!」

一度失敗しておいて、客に油断させておくという樋口さんの演出が素晴らしい!

20090101%20016.jpg


カウンターの向こうのお客様から、「いつからマジックバーになった?」とすかさず突っ込みも。

20090101%20017.jpg


最初のお肉料理。

20090101%20018.jpg


多分、記憶が正しければ、次のワインは
Gevrey Chambertin Clos de Meixvelle 2004
だったと思いますが、違ってたらすみません、樋口さん。

20090101%20019.jpg


「どうしてこのワインをおすすめしたかというとね、僕、ここの出身なんですよ。」とボトルの『FIXIN』という文字を指差されました。
主人は「????」とだまっていましたが、私はすかさず、「あぁ!ヒグッツァン(FIXINフィクサン:厳しいなー)ですね?!」と突っ込みました。
おやじギャグのレベルが高くて・・・・ついていくのが大変です(汗)


パンがなくなったので、おかわりをお願いしました。また違った種類のパンを出してくださいました。

20090101%20020.jpg


次のお料理は、牛肉の上にフォアグラがのってて、その上に半熟卵がのっているとても欲張りな一皿です。

20090101%20021.jpg


20090101%20022.jpg


卵がとろーり♪
(これはきっと大阪の人にはたまらないだろーなー。)

20090101%20023.jpg


そこで、樋口さんがおすすめしてくださったのはスペインのリオハです。
卵があることによって、柔らかいワインにしてくださいました。

20090101%20024.jpg


そして、さすがグラスワインの豊富なソムリエ亭さん、私にはリオハ、主人にはナパのカベルネソーヴィニヨンを注いでいただきました。

20090101%20025.jpg


そして、何やら樋口さんデキャンタを始めました。

20090101%20026.jpg


20090101%20027.jpg


20090101%20028.jpg

デキャンタしてまたデキャンタ、ダブルでデキャンタです。


さて、何のワインをデキャンタしてらっしゃったのでしょう?

バローロ2000年です。

20090101%20029.jpg


笑顔が素敵なソムリエの松本さん。

20090101%20030.jpg


バローロ、注いでいただきます。

20090101%20031.jpg


20090101%20032.jpg

バローロ!美味しかったです。


次のお料理は、ジビエで山鳩を。

20090101%20033.jpg


ここが貴重と樋口さん。頭の部分です。

20090101%20034.jpg


そして、今度はナパヴァレーの Rindo 2005。

20090101%20035.jpg


20090101%20036.jpg


いよいよ、デザートワイン。かなり酔いが良い感じ。

20090101%20037.jpg


マール・ド・ブルゴーニュ 1978

20090101%20038.jpg


これを、こうして・・・・と、「パンにつけても美味しいんですよ。」と教えてくださいました。

20090101%20039.jpg


デザートです。

20090101%20041.jpg


ものすごく、しゃべって笑って頭も使って、酔っ払っていい気分でした。

20090101%20044.jpg

樋口さんと主人と私とはい、チーズ!

楽しい新年をありがとうございました。今年も良い年になりますように。


〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-10-14
      角屋八幡ビル1階
ダイニング.ウィズ.ワイン そむりえ亭
TEL 06-6484-0530


そむりえ亭 樋口ソムリエのブログ↓
http://sommeliertei.blogzine.jp/blog/

そむりえ亭 2日前に来店した友人Eddieさんのブログ記事↓
http://www.eddie-blog.com/2008/12/585.html

2009年01月06日

Y先生のお宅で2009新年ワインパーティー~その1~

去年2008年には、Y先生のお宅に元旦にお邪魔し、囲炉裏を囲んでのワインパーティーに参加させていただきました。
今年2009年は、先生に4日にお招きいただき、たくさんの素晴らしいワインを堪能させていただきました。お正月ということで、かなり素敵なワインを飲ませていただきました。


20090101%20045.jpg


20090101%20046.jpg

明日5日からみな初仕事ですので、そして男性みんな白衣を着る仕事ですので今回はこの句を。


20090101%20055.jpg

Rene Geoffroy Brut NV


まずは、シャンパンで「おめでとうございまーす!」の乾杯!


20090101%20054.jpg


20090101%20053.jpg


料理担当は、うちの主人と永谷シェフとイルヴァビヤンの熊谷シェフです♪
(ワインはもちろん、Y先生♪ どんなワインが出てくるのか楽しみ・・・・)

20090101%20047.jpg

ローストビーフ、ハムなど盛り合わせ。


20090101%20048.jpg

パンとリエット。


20090101%20050.jpg

山牛蒡の小鉢。


20090101%20049.jpg

お正月らしいめでたいお椀。


20090101%20051.jpg

蕪と鯛の汐汁。金時人参の結びも入っています。


20090101%20052.jpg

河豚の唐揚げ みぞれ掛け。


20090101%20056.jpg

Savennières Trie Spéciale 1995 サヴニエール・トリ・スペシャル
/Domaine des Baumard ドメーヌ・デ・ボマール


20090101%20057.jpg

Alsace Grand Cru Pinot Gris Rangen De Thann 1993
/Domaine Zind Humbrecht


20090101%20059.jpg

Vin D'Alsace Muscat Herrnweg de Turckheim 1995
/Domaine Zind Humbrecht


20090101%20060.jpg

帆立とスナックエンドウの炒め物 赤味噌からめ。


20090101%20061.jpg

さて、赤味噌ということで先生が持ってきてくださったのは、
Turley Zinfandel Mead Ranch 2003


20090101%20062.jpg

先生、次のワインのデキャンタをされています。

20090101%20063.jpg


さーて、どこのワインでしょうか?


なんと!

20090101%20065.jpg

オーストラリアのペンフォールド・グランジ!1989!


20090101%20066.jpg

Penfolds Grange Hermitage Bin95 1989

何何?!これが前座?!


20090101%20067.jpg


この後、どうなるのでしょう?


20090101%20068.jpg

こちらは、鴨です。


20090101%20069.jpg

こちらは鴨のグラタンです。


さて、次はどうなるのか・・・・・その2へ続きます。

2009年01月08日

Y先生のお宅で2009新年ワインパーティー~その2~

またまた、デキャンタが始まりました。


何でしょうか????


20090101%20072.jpg

なんと!Le Pin 1989
ル・パン1989年です!

20090101%20075.jpg


20090101%20076.jpg

仔羊のロースト。


20090101%20077.jpg

さて、これは何でしょうか?
この1982年のラベルですが、

20090101%20078.jpg


”コートロティ ランドーン 1982 !”
Cote-Rotie La Landonne 1982 / E.Guigal

20090101%20080.jpg


こちらは越前産紅芯大根です。冷やして味噌でいただきました。


20090101%20082.jpg

シャトーヌフデュパプ 1989
Chateauneuf du Pape 1989 / Ch.de la Font du Loup

20090101%20084.jpg


まだ空きます。


20090101%20085.jpg

何かしら・・・・・♪


20090101%20086.jpg


20090101%20087.jpg

エシェゾー グランクリュ 1990 / ジャイエ・ジル
Echezeaux Grand Cru 1990 / Jayer Gilles


20090101%20088.jpg


20090101%20089.jpg

デキャンタはせずに、ブルゴーニュグラスへ。


20090101%20090.jpg


すごーく美味しそうです。


20090101%20091.jpg

貫禄です。

20090101%20092.jpg

ピノノワールということで、パスタです。


20090101%20093.jpg

チーズ色々とパンです。


20090101%20094.jpg

おまけで・・・・。
キウイの食べ比べです。


20090101%20097.jpg

ロールケーキは、イルヴァビアンの奥様の手作り。パティシエもされてるんです。

20090101%20099.jpg

Alsace Grand Cru Clos Saint Uvbain Selection de Grains Nobles Pinot Gris 1993
 / Domaine Zind Humbrecht

~説明より~
グラン・クリュを名乗れる4品種から「ヴァンダンジュ・タルディヴ」(VT)とセレクション・ド・グラン・ノーブル」(SGN)が造られます。天候の恵まれた年に収穫を遅らせることで糖分の凝縮したワインが生まれます。SGNは貴腐菌のついたブドウを1粒ずつ摘み取って造る飲む宝石。凝縮されたエキスの中にアンズ
やハチミツが香り、長い余韻が続きます。生産量はごく少量ですが、その寿命は無限とも言われます。


20090101%20098.jpg


20090101%20101.jpg

Vouvray Le Mont 1989


20090101%20105.jpg

飲ませていただいたワインを全部並べました!

20090101%20106.jpg


20090101%20107.jpg


20090101%20109.jpg

みんな酔っ払いです!

非日常の世界に行った気分・夢のようでした。そして大変勉強になりました。
先生、奥様、本当にありがとうございました!

2009年03月10日

Il va bien イル・ヴァ・ビヤン ~福井市~

ワインパーティーに大阪から参加してくれた松浪光倫くんが泊まったので、次の日に福井を少しご案内することに。

松浪くんは建築士なので、福井市にある開花亭のsou-anを見てみたいということで、案内しました。sou-anは、隈研吾さんの設計です。東京の和食店「分けとく山」さんも隈研吾さんです。


その後、イル・ヴァ・ビヤンでランチを食べました。


青森健康豚の自家製ハムとテリーヌ。

20090308%20086.jpg


貝類の香草バター焼き。

20090308%20087.jpg


ホタルイカと海老のパスタ 中にふきのとうが入っているのにはびっくり。意外と合うんですね。

20090308%20088.jpg


のどぐろの網焼き。アスパラのソース

20090308%20090.jpg


鴨とエゾ鹿。

20090308%20091.jpg


デザートは2種類楽しませていただきました。
苺のミルフィーユ

20090308%20093.jpg


フォンダンショコラ♪

20090308%20094.jpg


とろりとチョコレートがたまりません(涎)

20090308%20095.jpg


コーヒーももちろん、美味しかったです。

20090308%20096.jpg


ありがとうございました。いつ来てもコストパフォーマンスがあり、幸せにしていただけるお店です。
ご馳走様でした。

2009年05月27日

L'OSIER ロオジエ(銀座)~その1~

去年の6月に、日本ソムリエ協会関西支部 北陸例会で講師をされたソムリエの中本聡文さんのいらっしゃる、銀座にある「L'OSIER ロオジエ」さんへ行ってきました。

セミナーを聞いてから、ぜひロオジエで中本さんやスタッフの方々のサービスを見て勉強させていただきたいとずっと思っていて、やっと願いがかないました!

いっしょにお伺いしたのは、越前市文化センター2Fにある「デルソーレ」さんでサービスを担当されているソムリエの清水さおりさんとそのご主人です。3人で朝福井を出発し、小松空港から飛行機でやってきました。


20090525%20065.jpg

いいお天気!最高の日になりそうです。


20090525%20001.jpg

銀座のブランドショップが連なる通りにロオジエはあります。


20090525%20002.jpg

期待と緊張でドキドキしています。


20090525%20003.jpg

1Fのホール。


20090525%20010.jpg

正面には素敵なエレベーターとらせん階段が。


20090525%20006.jpg

待合で3人で撮りました。


20090525%20007.jpg

こちらが有名ならせん階段。素敵です。


20090525%20009.jpg

らせん階段とkumiko♪


20090525%20011.jpg

こちらは個室です。


20090525%20012.jpg

席に案内してくださいました。
かわいい黄色が基調のやさしいデザインのプレート。


20090525%20014.jpg

3人で着席したところをパチリ☆


まずアペリティフは・・・・。


20090525%20015.jpg

私はシャンパンのロゼをお願いしました。せっかくここまで来たんだからね♪


20090525%20016.jpg

Gatinois Rose Brut Grand Cru Ay NV


アペリティフを飲みながら、料理コースをギャルソンと相談します。

「本当は女性用に値段のないメニューがあるんですが・・・・いいですよねっ(笑)?!」と、3人ともに値段付きのメニューを見せてくださいました。きちんとそれぞれのお客様に合ったサービスをしてくださいます。
私「知り合いから、初めて行くならシェフのスペシャリテである『鴨フォアグラのコンフィ』をぜひ食べたほうがいいよって言われたんですけど、どうしたらいいですか?」とギャルソンに聞くと、「それでは、一番短いコースに、コンフィをアラカルトで加えられたらいかがですか?」と提案していただけたので、その通りにさせていただきました。


20090525%20018.jpg

コースが決まるとパンを持ってきてくださいました。
8種類から選べます。


20090525%20019.jpg

笑顔がとっても素敵な、スタッフの方。
「スマイル王子様」と命名させていただきました♪

20090525%20020.jpg

バターも、有塩バターと無塩バターと両方をご用意してくださって、パプリカスパイスで目印を付けて下さっています。素晴らしい心づかいです。


まだまだ始まったばかり・・・・・・・その2へ続く・・・・・・・

L'OSIER ロオジエ(銀座)~その2~

まず始めに、お料理が運ばれてきました。

20090525%20021.jpg

AMUSE-BOUCHE
アミューズ ブーシュ
アミューズブーシュというのは、オードブルの前の小さいちょこっとした料理を言います。

フォアグラのムースが下に入っていて、上はチェリーの味がしました。そしてこの黒い細い棒はカカオです。


「どうしましょう?ワインは白1、赤1くらいをゆっくりと楽しまれますか?それとも・・・・?」と中本さんが聞いてくださいました。私と清水さんは、「色々いっぱい飲みたいです(ハート)♪」って言うと、中本さんは「承知しました。」と言ってくださいました。


20090525%20022.jpg

白ワイン。
Kim Crawford Sauvignon Blanc 2008 / Marlborough
ニュージーランドのソーヴィニヨンブランです。とっても爽やかです。


20090525%20024.jpg

こちらがスペシャリテ。
FOIE GRAS DE CANARD CONFIT, PUREE D'ANANDE ET GELEE "SAKURA", CHUTNEY DE CERISE
鴨フォワグラのコンフィ サクラのジュレとアーモンドピューレ さくらんぼのチャツネ添え

口に入れたとたん、幸せになりました。サクラの香りがほんのりして、フレンチなのに日本のサクラを組み合わせて、とても嬉しくなりました。


20090525%20027.jpg

もう一つ白ワイン。
Molino Real 2004
フォアグラにはこういうものの方が・・・
と、中本さんが注いでくださいました。


20090525%20028.jpg

ロワールのソーミュールシャンピニー。
Saumur-Champigny 1999 / Clos Rougeard
美味しいです。貴重なワインをありがとうございます。


20090525%20030.jpg

前菜です。こちらは私が食べた前菜です。
TRUITE JUSTE CUITE AUX CONDIMENTS, POMME DE TERRE GLACEE D'UN YAOURT AU " POMME DE TERRE GLACEE D'UN YAOURT AU "YUZU KOSHYO"
ニジマスのジュスト・キュイ 柚子こしょう風味のヨーグルトをコーティングしたポテト添え


20090525%20031.jpg

FLAN DE CAROTTE A LA LIVECHE, COULIS DE FENOUIL, FAISELLE AUX HERBES
キャロットのフラン リヴェーシュの香り ハーブ風味の山羊チーズと共に

清水さんご主人が召し上がった前菜。清水さんはチーズ大好きだそうです♪


20090525%20032.jpg

SOUPE DE PETITS POIS A LA MENTHE POIVREE, FLAN DE BONITE SECHEE
グリーンピースのスープ ミントと黒胡椒の香り かつお節のフラン

さおりさんが召し上がった前菜。かつおのフランに大興奮されてました!!


20090525%20033.jpg

こちらが私がいただいた主菜です!

AINAME POCHE, GNOCCHI DE POMME DE TERRE AU CITRON, SAUCE LAITUE DE POMME DE TERRE AU CITRON, SAUCE LAITUE / CURRY
あいなめのポッシェ レモン風味のニョッキ添え サラダ菜ソース

あいなめのポッシェももちろんですが、添えてあるニョッキも美味しいです。
素材の特徴がバランスよく活かされ、素晴らしい一皿です。


20090525%20034.jpg

清水さんご主人が選ばれた主菜。

AGNEAU CONFIT AUX LEGUMES DE PRINTEMPS, JUS TRANCHE
仔羊肉のコンフィ 旬の野菜添え ソース・ジュ・トランシェ

黒い目玉みたいに見えるのは黒にんにくのソースだそうです。

20090525%20035.jpg

またまたワインをいただきました。

スマイル王子様が満点の笑顔で!!こんなことまで!?本当に嬉しいです。

Grosset Reisling Polish Hill 2007 / Clare Valley
オーストラリアのリースリングです。


その3に続く・・・・

L'OSIER ロオジエ(銀座)~その3~

さて、メインも堪能して、その後「チーズいかがですか?」ということで、チーズもお願いいたしました。
ワゴンでジャーンッってやってきました!

20090525%20037.jpg

SELECTION DE FROMAGES AFFINES
フランス産 フロマージュ各種


20090525%20040.jpg

スマイル王子様が切り分けてくださいます♪


20090525%20041.jpg

私はあまりクセのあるものは苦手なので、フレッシュタイプの物とかをお願いしました。

20090525%20039.jpg

そして、今度は赤ワインですが、南アフリカのワインです。

de Trafford Cabernet Sauvignon 2006 (StellenBosch)
建築家のトラフォード氏が南アフリカの優良産地で極めて少量生産・手造りにこだわったワイナリーだそうです。
「え?!これがカベルネソーヴィニヨン?!」っていうくらいベリー系の香りがしてとても甘く感じました。
私は新婚旅行が南アフリカだったので物凄く嬉しかったです。
南アフリカの味がしました。ステレンボッシュっていう銘醸地のワインです。


チーズの後は、デセール。


20090525%20042.jpg

かわいいちっちゃなデセールが目の前に並びます。


20090525%20043.jpg

そして、「お口直しです!」と運ばれたのは、ハーフの牛乳瓶みたいなのに入ったもの。柑橘の酸味で一気に口の中がリセットされました。


20090525%20044.jpg

さっぱり爽やかです。


「ワインはもうよろしいですか?」と聞かれたのですが、やっぱりデセールには食後酒が欲しい!と、さおりさんと意見が一致しました!

20090525%20046.jpg

色々と8種類ほどデザートワインを見せていただいたのですが、「デザートがチョコレート系のものなので色のついたものの方がいいと思います。」とソムリエさんがアドバイスしてくださいました。

さおりさんは、ペドロヒメネス。
私はバニュルスを選びました。


20090525%20047.jpg

これがメインのデセールです。

BLANC MANGER CHICOREE / CAFE, CREME GLACEE A LA CANELLE, SOUCE CHOCOLAT PARFUMEE AU COGNAC
カフェとシコレのブランマンジェ シナモンアイスクリーム コニャック風味のチョコレートソース


20090525%20049.jpg

目の前でムースをかけてくださいます。


20090525%20050.jpg

こちらは、清水さんご主人の、
HAMBURGER MENTHE ET CHOCOLAT
ミントとチョコレートのハンバーガー


20090525%20051.jpg

そしてさおりさんの、
"FORET NOIRE" A LA CHOCOLAT, PARFAIT GLACE AU MARASQUIN
オレンジとチョコレートのパルフェ マラスキーノの香り フォレノワール風

20090525%20052.jpg

この、ラズベリーのプティフールがのっていた丸い輪っかなんですが、私はクッキーかなんかで出来ていて食べられるものだと思っていました。

私「あぁ、これ、食べれないんですね。」

スマイル王子様「消化に悪いと思います。」

私「・・笑・・」

スマイル王子様「お皿やグラスはブランド物を使っているのですが、この”輪っか”だけは担当者の手作りです。」

と教えてくださいました。

へぇ!木か何かの輪に、金色のカラースプレーで色をつけて、ちょぼちょぼを三つつけてあります。
こんな器が欲しいと思ったら作っちゃえばいいんですね。
うちの主人も蛤の貝殻に、金と銀のカラースプレーで色を付けていましたが、それを思い出しました。


20090525%20053.jpg

Banyuls 2005 / Domaine Du Traginer


20090525%20055.jpg

お待ちかねのプティフールがワゴンでやってきました!!
PETITS FOURS
お好みのプティフールをワゴンから

20090525%20057.jpg

カカオの割合プリント付きチョコやビスケットなど。


20090525%20056.jpg

2段目には、目移りしまくる数々のお菓子たち。


20090525%20058.jpg

ちっくりさした苺には、3種類の砂糖が選べます。
(※ちっくり刺す=福井弁です)


20090525%20060.jpg


20090525%20061.jpg

まるで宝石のようなチョコレート。

20090525%20063.jpg

いっぱい欲張りたかったですが、お腹と相談してこちらをチョイスしました!


20090525%20064.jpg

コーヒーも美味しくいただきました。

至福のひととき・・・・・。天国です。幸せ感いっぱい。

ご馳走様でした!!!


20090525%20068.jpg

そして!
なんと、最後にシェフのBRUNO MENARD(ブルーノメナール)さんと、シェフソムリエの中本聡文さんとみんなでいっしょに写真を撮っていただくことが出来ました!

本当に、居心地がよく料理も完成されて美味しく、ミシュラン東京3ツ星の素晴らしさを体験させていただきました。

レストランロオジエは、完璧集団でした。

この経験を少しでも日ごろの仕事に活かせていけたらと思いました。

そして、また絶対ロオジエさんに行きたいです。(頑張って仕事します!)

2009年07月25日

QUEEN ALICE クイーン・アリス(セントレア中部国際空港)

7月21日~7月23日まで韓国のソウルに夏休みの家族旅行に行ってきました。


セントレア発 9時30分でしたので名古屋に前泊しました。
そして、その日の夕食は、セントレア内にあるフランス料理 クイーン・アリス
さんでいただきました。


20090719-20%20016.jpg

シェフの方の1人が武生出身で、頑張っておられます。
ですので、一度は行ってみたいと思っていたお店です。

20090719-20%20015.jpg

20090719-20%20020.jpg

子供連れだったからか、個室に案内していただきました。

なんと、飛行機の離着陸が見えるのです!


20090719-20%20021.jpg

滑走路も見えます。


20090719-20%20023.jpg

アペリティフで乾杯!
主人はシャンパーニュ、私はミモザをいただきました。

20090719-20%20025.jpg

飛行機が目の前に見えますよ。

20090719-20%20026.jpg

お料理は、色んなものをお願いしました。

20090719-20%20027.jpg

前菜:ベトナム風サラダ


20090719-20%20028.jpg

前菜:生ハムとフルーツのサラダ


20090719-20%20030.jpg

前菜


20090719-20%20031.jpg

前菜:本日の前菜

20090719-20%20037.jpg

食事中、どんどん飛行機が飛んでいきます。そういう時間帯なのかなぁ。


20090719-20%20040.jpg

フォアグラと大根の一皿。


20090719-20%20041.jpg

ん? 卵!?

20090719-20%20042.jpg

二女。「なんだろう?!」


20090719-20%20043.jpg

こちらは冷製のスープでコーンスープでした。


20090719-20%20044.jpg

こちらは温製のスープで、モロヘイヤのスープです。


20090719-20%20045.jpg

パパとママは、赤ワインをいただくことに・・・。

Syrah 2005 Paige23 Snta Barbara County

カリフォルニアのワインです。


20090719-20%20046.jpg

魚料理。鱸でした。


20090719-20%20048.jpg

オマール海老。


20090719-20%20049.jpg

日も暮れてきました。
この夕暮れをゆっくり見ながら食事できるのは最高です。
パパは飛行機も好きなので、余計ハイになっています。


20090719-20%20052.jpg

お口直しの柚子のシャーベット。


20090719-20%20054.jpg

メインの豚です。

20090719-20%20055.jpg

こちらは、鴨。
茄子が鴨の形に見立ててあって、面白い!
そして、美味しかった!


20090719-20%20060.jpg

これは、ママのデザートです。


20090719-20%20061.jpg

二女のデザート。


20090719-20%20062.jpg

長女のデザート。


20090719-20%20063.jpg

パパのデザート。

4種類も楽しめました♪


20090719-20%20065.jpg

最後は、エスプレッソで♪


20090719-20%20066.jpg

空港を行き交う飛行機を眺めながらの夕食は楽しいひとときでした。

明日からソウル、行ってきまーす!

2009年09月19日

宮川町 さか~宮川町(京都)~

セミナーを受けた後、幼馴染みと「宮川町さか」さんで、久々に再会しました!

20090917%20011.jpg

京都の花街、宮川町にあります。
こちらのお店のコンセプトは、一言で言えば、「洋の割烹」。

割烹のお店っていうのは、京都の文化で、材料・素材しか書いていないメニューを見て、お客様が「焼いて。」とか「酒蒸しにして。」とか、「揚げて。」とかその日の気分でおまかせするようなんを割烹っていうのですが、その割烹の精神を洋でやらはったのが坂さんです。

素敵!

お店は、ものすごくわかりにくいところにあります。

そのわかりにくさがいいのかも・・・。
本当は、隠れ家にしておきたいようなお店なんです。


20090917%20012.jpg

前菜です。


20090917%20016.jpg

幼馴染のmarimariちゃんとカンパーイ!
marimariは大阪の遊園地で働いています。幼稚園・小学校・中学校も同じで、吹奏楽部で同じクラリネットをしていました。彼女は今も楽器を続けていて偉いなーと思います。

20090917%20013.jpg

生のポルチーニ茸!!!


20090917%20015.jpg

こんなに大きい!

後で料理が出てくるのが楽しみ♪


20090917%20017.jpg

前菜に緑の不思議な野菜があったので、「なんですか?」って聞くと、
「四角豆です♪」と、丸ごと見せてくださいました。

20090917%20018.jpg

わたり蟹 アボカドのソース、いくらものっています。


20090917%20019.jpg

焼き牡蠣 もずくのソース

20090917%20020.jpg

白ワインを何かいただこうと思ってワインリストを見ると、「あ!さっきセミナーで定兼さんがおっしゃってたラグランジェの白がある!」と見つけてしまいました。

2006 Les Aryns De Lagrange

をいただきました。


20090917%20021.jpg

目の前で3人の料理人の方の仕事が見えて、その仕事を見ながらおしゃべりを楽しめるという、本当に贅沢なスペース♪

20090917%20023.jpg

これが、さっきのポルチーニ!!!
marimariが言いました。「え?焼いただけやろ?」
と敬意を表してmarimari。

私、「私らが焼くのと違うえ。プロやで、ぷ・ろ!」

だって、こんな味を閉じ込めて焼けない・・・。美味しい!!

やっぱりこれぞ、洋割烹!♪

20090917%20024.jpg

こちらは、私が食べたかったフォアグラと無花果、巨峰。おいしいー!。


20090917%20026.jpg。<br />

これは、半干しこの子だそうです。バチ子にカチカチになってるのは見たことあるけど、これは初めて見ました。それがパスタになるの????

20090917%20029.jpg

はい、なりました!

あの、美味しすぎました。

これは、食べた人しかわかりませんって感じです。ブログでは表現不可能です。
天国!っていう味です(最高!)

20090917%20030.jpg

もう、この葱も名脇役って感じで主張も出来てる。


ものすごく満足です。

でも・・・・デザートは欲しい・・・・。


20090917%20035.jpg

私のです。

20090917%20036.jpg

marimariのです。

本当に至福のひとときでした。

ご主人の人柄が素晴らしい!

また絶対に行きたいお店の一つになりました!!!!!

ご主人、ありがとうございました!

2009年11月30日

Salon des Vins SEVE(セヴ)~奈良でプチ同窓会なワインの夕べ~

奈良町にある”Salon des SEVE"さんへ行ってきました。

プチ同窓会をしてきました♪


20091128%20062.jpg


SEVEのオーナーの奥西良さんは、以前料亭うおとめのワイン会にお越しいただいたことがあります。
その奥西さんのお店に初めて来させていただきました!

20091128%20063.jpg

20091128%20064.jpg

お店のご案内が外にありました。

こんなお店が自分の家の近くにあったらなぁー・・・・って思いました。多分入り浸りそう。


20091128%20065.jpg

ドアにも「Seve」の文字。


20091128%20066.jpg

店内です。カウンターとテーブル席が一つ。こじんまりした落ち着ける空間です。
もう、約束していた友人のmarimariちゃんが待ってくれていました。


20091128%20070.jpg

奥西さん、シャンパンを注いでくれます。


20091128%20068.jpg

キッシュ。
このキッシュ、めちゃくちゃ美味しかった。やさしーいお味♪


20091128%20073.jpg

帆立のソテー。


実は、この日はもう2名加わりました。
4人でカンパーイ!!

20091128%20074.jpg


以前ワインKANSAIの試飲ブースでお会いしたMさんが、なんとSeveさんのご近所だったのです。それはなぜ分かったかというと、うおとめの出入りの酒屋さんに新規でワインを卸すことになって、福井に挨拶に来られ、その酒屋で私の話になり、お店まで酒屋さんのスタッフといらっしゃったのです。その時に奈良の話になり、そしてMさんが同い年ということもわかりました。「そういえば、同じ歳でプロモーションを手伝ってもらっているソムリエの女性がいますけど、同級生ですか?」っていう質問をされ、「K田っていうんですけど・・・」、「え?!K田K?」ってめちゃくちゃ仲のよかった吹奏楽部もいっしょだった同級生でした。びっくりしました。

そして、MさんがK田Kを連れていっしょにSeveさんへ来てくださったのです。と言うわけで、この4人は同じ歳でーす!


r0010866_p.jpg

そして、女性3人は飛鳥中学校吹奏楽部の4期生です(笑)。

20091128%20077.jpg


さて、盛り上がったことは言うまでもないのですが、白を飲みましょうかということで・・・・。
どれにしましょう。

20091128%20080.jpg

奥西さんおすすめのこれになりました。

2007 Santenay 1er Cru Le Beaurepaire / Jean-Marc Vincent


20091128%20082.jpg

鶏レバーのムース。


20091128%20083.jpg

生ハムも切ってもらいました。


20091128%20085.jpg

生ハムです♪


20091128%20086.jpg

白身のグリル


20091128%20088.jpg

そして、赤は何にしましょう???

ブルゴーニュがずらーっと並びました。


が・・・・・。


奥西さんが、こんなんありますよ。

20091128%20089.jpg

クロルジャール?!

ロワールのクロルジャールでした!

1999年をロオジエさんで飲んだ!って思い出しました。

2002 Saumur Champigny / Clos Rougear


20091128%20090.jpg

今度はチーズ。


20091128%20091.jpg

切ってくださって笑顔つきで出していただきます。

20091128%20092.jpg

アンチョビとじゃがいもが絡み合ってます。


20091128%20094.jpg

そして、次のワインを奥西さんが抜栓してくださってます。


20091128%20096.jpg

そして、デキャンタ。

何をいただけるのでしょうか?


20091128%20097.jpg

2005 Arbois / Trousseau

奥西さんがフランスへ行かれたときに購入してきた貴重なワインです。

「こんなときだから開けました。」と嬉しい一言つき♪

20091128%20098.jpg

丁寧にグラスに注ぎ、回して香りを立たせてからサービスしてくださいます。


20091128%20100.jpg

Mさんです♪

「飲んで欲しいワインと焼酎があるんですよ!」って、10mの距離の自宅から取って来てくださいました。ありがとうございます。


20091128%20101.jpg

ニュージーランドのピノノワールです。

2005 Mount Edward Susan's Vineyard


20091128%20076.jpg


楽しい童心に戻ったひと時を過ごせました。プチ同窓会またやりたいです。


ありがとうございました!


Seve 奥西さんのブログ
http://yaplog.jp/closdetart1985/

2010年02月25日

東京:銀座並木通り紀行~その2~ロオジエ(2)

次に私が選んだお料理は、真鱈のポシェでしたので、白をチョイスしてくださいました。

P1030992.JPG

Gruner Veltliner / Huber

オーストリアのグリューナー・フェルトリーナーというぶどう品種です。


P1030994.JPG

Oくんは、牛ホホ肉のブレゼでしたので、赤を。

2005 Marsannay / Philippe Charlopin-Parizot

このマルサネは、料亭うおとめにもありました。とっても美味しいワインです♪


P1030995.JPG

Cabillaud Poche Dans Une Huile De Jambon "5J" Truffe, Brandade et Condiments
真鱈のポシェ 生ハムのオイルと黒トリュフ ブランダード添え


P1030996.JPG

Parmentier de Joue de Boeuf Braise et Celeri Rave a L'Huile de Tonka
牛ホホ肉のブレゼとセロリラブのパルマンティエ風 トンカ豆のオイルと共に


P1030997.JPG

食べかけの写真で失礼します(・-・;)

ホホ肉、こんなに細かくしてありました。
なので、Oくんはスプーンで食べていました。


で、次の主菜のためにまたワインをご用意いただきました。


P1030998.JPG

2006 Pernand Vergelesses / De Montille


P1030999.JPG

Oくんに注いでくださったのは、ボルドーのワイン。


P1040001.JPG

1996 Ch.Langoa Barton

メドック3級のワインです。

こんなのがグラスで出てくるのが本当に凄いです。


まだまだ続きますよー!

2010年02月26日

東京:銀座並木通り紀行~その2~ロオジエ(3)

思わず、「可愛い!」と言ってしまいました。ステーキナイフ♪


P1040002.JPG


ラギオールのステーキナイフ・フローレンジ / LAGUIOLE Knife Fluo Range

ハンドル部分は、カラフルなシースルー・アクリル樹脂製なんです。

本当は6色セットの商品だそうですが、ロオジエさんのカラーであるイエローのナイフだけを無理を言って揃えてもらったそうです。いちいち凄い!

P1040005.JPG

待望のオマールが来ました!!!

目の前でソースをかけてくださいます♪

Homard Bleu Poche, La Pince en Petits Boudins Noir, Gnocchi de Parmesan, Sauce Coraline Relevee De Gingembre, Citron Vert et Chenin Moelleux
ブルターニュ産オマール海老のポッシェ ソースコラリーヌ ジンジャー風味

P1040008.JPG

なんて可愛い♪♪♪(*-*)♪♪♪


P1040009.JPG

きのこの形をしたのは、オマール海老の肝でソーセージのようにしたもの。
素晴らしい!

P1040010.JPG

こちらは、Oくんのチョイスしたお肉。

Cote de Boeuf, Sauce Perigueux, Bonbon de Pomme de Terre, Fourre A L'ail Doux, de Pomme de Terre, Fourre A L'ail Doux, Et Garniture Gourmande
和牛背ロース ペリグーソース ポテトのボンボン ガーリック風味


P1040015.JPG

可愛すぎるぅーーー♪♪きのこちゃん。


さて、主菜を堪能しましたが、次はチーズを・・・。

P1040016.JPG

ワゴンで見せてくださいます。


P1040017.JPG

切っていただけます。


P1040018.JPG

熟成がすすんでいて、美味しそう♪


P1040019.JPG


チーズにあわせて、このパプをいただきました。

P1040020.JPG

1995 Châteauneuf-du-Pape / Ch.De la Garcine Gaston Philippe


そして・・・・・まだ続きます。

東京:銀座並木通り紀行~その2~ロオジエ(4)

チーズをいただき、大満足ですが、これからがまた凄い!

デザートといっしょにまたワインをお願いしました。


P1040022.JPG

1995 Chateau Chalon


そして、こちらはデザートの前座です。

P1040026.JPG


P1040028.JPG


P1040029.JPG

プチフールとマカロン。

P1040030.JPG

2004 Molino Real


P1040032.JPG

2001 Tokay Pinot Gris

甘い美味しいワインと甘いデザートで本当に至福の時です♪
本当にアマーイ!


P1040033.JPG

プリン♪


P1040035.JPG

あ!この金色の土台は・・・!土台についての記事


P1040037.JPG

これがメインのデザートです!


P1040040.JPG

またまた目の前でソースをかけてくださいます。
イクラみたい・・・。


P1040041.JPG

Parfait Glace A La Vanille, Fruits Rouges Et Coguelicot
ヴァニラと赤いフルーツのパルフェ ヒナゲシの香り

P1040042.JPG

こちらはOくんチョイスのデザート。

Biscuit Crousti-Fondant Au Cafe, Chocolat Et Mousse Mascarpone, Creme Glacee A L'Amaretto
マルカルポーネとチョコレートのムース
コーヒー風味のビスキュイとアマレットのアイスクリームを添えて

たくさんワインもお料理もいただいて、満足で・・・・・。

赤い顔をOくんに撮られてしまいました(汗)

P1040043.JPG


まだ!あります!

~お好みのプティフールをワゴンから~

P1040046.JPG

ワゴンから愛をこめて・・・・って感じです♪

P1040047.JPG

ワゴンから選ばせていただきました!


本当にお料理もワインもサービスもすべて満足で、幸せな時間をありがとうございました。

P1040048.JPG

中本さんと♪

P1040050.JPG

そして、シェフのブルーノ・メナールさんとも写真を撮らせていただきました♪


ありがとうございました。


絶対に、また来たいです。また頑張って仕事します♪

2010年04月13日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(2)~

二月堂に着きました。結構歩きました。

20100411%20017.jpg

向かって左側の石の階段を登っていきました。階段から見た二月堂。


20100411%20018.jpg

観光客で賑わっていました。修学旅行生もいました。

20100411%20019.jpg

20100411%20020.jpg

大仏殿の屋根が綺麗に見えます。
この景色、やっぱり落ち着きます。


20100411%20021.jpg

20100411%20022.jpg

古都の景色・・・。


20100411%20023.jpg

Y先生と。


20100411%20025.jpg

こちらが茶会記。

ブルゴーニュの6ドメーヌをご招待し、あの正倉院宝物「紺瑠璃杯」レプリカにワインを注いで大仏様に奉納するのです。
すごい企画ですね♪

20100411%20026.jpg

待合床。
屏風は、ワインの木箱の焼印になっていました。おもしろいですね。

20100411%20027.jpg

素敵なぶどうの絵。

20100411%20028.jpg

薄器とお茶碗。

20100411%20029.jpg

いよいよ、席入りです。

20100411%20031.jpg

ものすごーくお天気が良くて、外の景色が最高でした。
そして、ブログでは伝えられないのが残念ですが、鶯がしきりに鳴いていました。
春の麗を満喫できる素晴らしい場所です。


20100411%20032.jpg

桜に包まれてのお茶会・・・・。

さて、(3)に続きます♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(3)~

お席につきました。


この茶会は2日間で6回行われたそうですが、この回が最後の回です。

20100411%20033.jpg

お席に着きました。

何が始まるのか、どんなお茶会なのか、ワクワクです。

20100411%20035.jpg

この和紙のトンネルに興味津々です。


20100411%20034.jpg

ちょっと、覗いてみました。


20100411%20036.jpg

席主の麹谷宏さんがご挨拶されています。

ゆっくりと丁寧にお話される麹谷さん。客側も落ち着きます。これもおもてなしの一部なのでしょうね。


20100411%20037.jpg

聖武天皇が愛用していただろうといわれる「紺瑠璃杯」の説明をされました。

奈良の1300年の歴史。
奈良時代から1300年後、この杯にワインが注がれ東大寺の大仏に奉納されるなんて、聖武天皇は想像もしなかったでしょうね。

夢とロマンがあるお話ですよね~♪

20100411%20038.jpg

ワイン茶会では、きちんとソムリエさんがワインを運ばれます。すごいなー。


20100411%20039.jpg

お茶の作法に従って、ワインを一人ひとりに配られます。


20100411%20040.jpg

赤と白がグラスで。


20100411%20042.jpg

ワインが次々に配られます。

20100411%20043.jpg

私のところにも♪

20100411%20041.jpg

改めて、外の麗かな春の景色を見て・・・・・。

20100411%20046.jpg

かんぱーい!!!


20100411%20044.jpg

こちらの点心は、「まるすらぱん」というフレンチレストランの点心です。


20100411%20048.jpg

手前のはフォアグラでした。
左のはジャガイモの味がしました。
サーモンが巻いてあるのと。

20100411%20049.jpg

生ハム。
ちっちゃなパイ。

20100411%20050.jpg

これは、Y先生の点心なのですが、お皿が微妙に違っていて、「これも撮っといたら?」と言われて撮りました(^-^*)


20100411%20051.jpg

この時の白ワインは、

2006 Puligny Montrachet / Domaine Etienne Sauzet

そして赤ワインは、

2002 Chambolle-musigny / Domaine Jacques-Frederic Mugnier

でした。

ワインは回によって違ったそうです。

20100411%20052.jpg

俳句の掛け軸も見ながら・・・。


20100411%20053.jpg

点心、ご馳走様でした。

(4)に続きます♪♪♪


2010年04月14日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(4)~

さて、点心をいただき、お茶のお点前が始まります。

麹谷さんが「大寄せの茶会というものは、通常は亭主が正客にお茶を点てますが、正客以外の客に対しては、「影出し」と言って水屋で点てたお茶を配る形式が多い」とおっしゃいました。
そして、「そうではなくて、亭主がお客様みなさん全員のお茶を点てたいのです。」とおっしゃいました。


「どういう風にして、その大寄せでの影出しの問題を解決できるのだろう・・・」と考えていました。


20100411%20054.jpg


みなさんで総礼。水屋の方もお運びの方々も、オールメンバーで総礼です。

麹谷さんが出てこられ、真っ白の壁に・・・・・・・!!

20100411%20055.jpg

「一」を一文字書かれました。

そうか!!


これが茶会記に載っていた、「床 麹谷宏 筆 『一期一会』」なのか・・・とわかりました!


20100411%20058.jpg


お菓子です♪

かわいい!

20100411%20060.jpg

俵屋吉富製 「然」です。


花びらが中に浮いているように見えて、ゼリーのように透きとおっています。
このお菓子には、去年初リリースした「シモン・ビーズ」の「シャルドネジュース」を使用されたそうです。

黒文字は、染井吉野の枝だそうです。ここまで桜にこだわりが・・。

20100411%20061.jpg

20100411%20062.jpg

20100411%20063.jpg

20100411%20069.jpg

すごーい!大きい茶筅です!!

20100411%20070.jpg

茶筅通しも大変豪快です。


20100411%20074.jpg

ああー!!!
そういうことだったのか!!!!

ものすごい大きい片口のお茶碗でのお点前だと思っていましたが、7~8人分を同時にこの大きな茶碗で点てて、それぞれのお茶碗に移しかえます。すごーい!

20100411%20075.jpg

大きい片口はそういう意図があったんだー!感動!

20100411%20078.jpg

お茶が配られます。


男性の方ばかりだなーと思っていましたら、東京六志会というみなさまによるものでした。
袴姿、素敵ですね。

20100411%20080.jpg

私にも運んでいただきました。

20100411%20081.jpg

お茶は、「四分六分 長寿園詰」だそうですが、なんで六分四分なのかというと、お茶会の準備のために薄茶3種、濃茶1種をテイスティングされたそうですが、いろいろと検討した結果、ブレンドしようということになったそうです。「六志(ろくし)会」だからといってそうなったわけではないそうですが、六分と四分でブレンドされたそうで、その名前になったそうです。おもしろいですね♪

20100411%20082.jpg


いただきました!

20100411%20084.jpg

窓に目を向けると、この景色!
こんな春麗かな環境でこんなお茶がいただけるなんて、本当に幸せです。

20100411%20085.jpg

桜が素敵な俳句の掛け軸。


20100411%20086.jpg

そして、こちらがあの正倉院宝物「紺瑠璃杯」レプリカ。

花入れに見立ててあって、その茶花として、甲州種葡萄若芽が活けられていました。
香合にしてあるのは、ブルゴーニュ古式タストヴァン。タストヴァンというのは、ワインを試飲するときに使われる携帯ようの容器です。
そして、丸卓(まるじょく)はシモン・ビーズ樽古材で造られた棚です。


20100411%20087.jpg


20100411%20088.jpg

季節も場所も本当に最高のお茶会だと思いました。

20100411%20089.jpg

茶杓は、「麹谷宏 作『不友留郷入』ピノノワール枝蔓ヲ削ル」


20100411%20090.jpg

真ん丸の形の薄器は、「日の丸棗 はたけなか造」だそうです。

炭斗は、「パニエ・ブルゴーニュ」。
パニエとはワインの瓶を入れる容器のことです。これに炭を入れるなんて面白いです。

火箸は、「スクリュー頭」と書いてありましたが、スクリューはソムリエナイフの部分の名前ですが、ワインのコルクを開けるときにコルクに挿す部分です。へぇーすごい。

蓋置は、今回来日された6ドメーヌのコルクを集めて造ったものでした。


20100411%20091.jpg

とっても楽しいお茶会でした。

麹谷宏さんと写真を撮らせていただきました。


本当に素晴らしい至福の時間でした♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(1)~

二月堂での立礼ワイン茶会を楽しんだ後、夜の部である「奈良ホテル」でのワイン会に向かいました。


まだ時間があるので、ゆっくり歩いていくことに。


20100411%20092.jpg

二月堂の裏道を行きます。


20100411%20093.jpg

東大寺の裏側に出るんです。


20100411%20094.jpg

大仏殿の屋根。

この景色、好きです。


20100411%20095.jpg

ここは田んぼですが、蓮華がとっても綺麗に咲いていました。


ずっと歩いてきましたが、「ちょっと休憩しようか?」ということで、吉野葛のお店の『天極堂』さんへ。

20100411%20096.jpg

葛餅とコーヒーで一息つきました♪


20100411%20097.jpg

ここの葛餅、本当にプルプルで美味しいんですよ♪

奈良に来られたらぜひぜひ♪

そして、歩いて一の鳥居を過ぎ、荒池のそばを通り、奈良ホテルが見えてきました。

20100411%20098.jpg

20100411%20099.jpg

ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

Y先生の携帯電話のWeather Channelの予報はやっぱり当たってました。

20100411%20100.jpg

奈良ホテルに着くちょうど3分前くらいに雨が降り始めました。

慌ててホテルに入りました。


さて、ワイン会は・・・・・?!

楽しみです♪

2010年04月16日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(2)~

奈良ホテルに着きました。

20100411%20102.jpg

20100411%20101.jpg

奈良ホテルは、今年で100周年だそうです。
歴史あるホテルです。


20100411%20103.jpg

雨が降ってきました。

桜が・・・・。


20100411%20104.jpg

本当だ・・・。雨が降ると桜の色が濃く見えるって。


20100411%20105.jpg

100年経つ建物に桜が映えます。

20100411%20106.jpg

「サンヴァンサン日本」御席の看板♪

旧館の方でワイン会は開催されました。


20100411%20108.jpg

ティーサロンでしばらく待っていました。


「桐の間でウェルカムシャンパンをご用意しています!」と案内されたので、行ってみると・・・・・・。

なんで!!Oさんがいるの?!

ってびっくりしました。

20100411%20110.jpg

奈良でお会いするとは・・・・(驚)

いつもお世話になっている、VSVのOさんでした。そして京都のワイングロッサリーのYさん♪

20100411%20111.jpg

4人でパチリ♪

20100411%20112.jpg

エチエンヌ・ソゼのジェラール・ブドーさんとマリーさんと♪

私の着物の帯がぶどう柄でしたので、マリーさんがそれを見つけて、「Oh! Budou,Budou!」って言ってくださいました。

そして、彼の名前も「ブドー」さんです(笑)

20100411%20114.jpg

待合でももう盛り上がっています。

20100411%20115.jpg

さて、お食事はこちらの「菊の間」。

菊の間については、奈良ホテルHPを♪

クラシックな暖炉やシャンデリア。
明治建築の粋をちりばめた雅びやかな宴会場です。


20100411%20116.jpg

とてもレトロなお部屋です。歴史を感じます。

20100411%20117.jpg

席につきました。

20100411%20118.jpg

おみこしのようにサン・ヴァンサン像をかついで歩きます。これは本当にブルゴーニュ地方で行われている行事です。
村ごとにサン・ヴァンサン像があります。この像はサヴィニーレボーヌ村の像です。

20100411%20121.jpg

運んで来られたのは、トロ・ボーのナタリーさん、エチエンヌ・ソゼのジェラール・ブドーさん、そしてジャングリヴォのエチエンヌ・グリヴォさん。

20100411%20122.jpg

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(3)~

この「サン・ヴァンサン日本 2010奈良」の仕掛け人、アーキネットの向井奈保子さん♪


20100411%20124.jpg


ビーズ・千砂さんも着物を着られてました。
「着物着たの、二十歳のとき以来!」っておっしゃってました。
でもすごーく似合ってらっしゃいました。

20100411%20125.jpg

20100411%20127.jpg

メニューとワインリスト。
かわいいデザイン。


20100411%20133.jpg

エチエンヌ・ソゼのブドーさんが最初の白ワインの説明を。

20100411%20134.jpg

乾杯は、その白ワインで♪

20100411%20137.jpg

鯛のサラダ仕立て キャヴィア添え
生姜風味ソース
Salade de Daurade et Caviar
Parfume au Gingembre


20100411%20138.jpg

パン。

20100411%20139.jpg

笑顔が素敵なソムリエさん♪


20100411%20140.jpg

乾杯したワインです。

2003 Bienvenue-Batard-Montrachet / Domaine Etienne Sauzet


美味しかったです♪


まだ続きますよー!

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(4)~

さて、今度はトロ・ボーさんのワインの説明です。

20100411%20141.jpg


Y先生は、いつも熱心にテイスティングコメントをつけてらっしゃいます。

20100411%20142.jpg


20100411%20143.jpg

注がれたのは、

2001 Latricieres-Chambertin / Domaine Simon Bize


20100411%20144.jpg

ラベルです♪


20100411%20145.jpg

鱸と手長海老のポアレ
ブロッコリー添え 赤ワインソース
Bar poele aux Langoustine
et Brocolis, Sauce Vin Rouge


20100411%20146.jpg

このワインは、

2001 Corton-Bressandes / Domaine Tollot-Beaut


20100411%20147.jpg

美味しいワインは、会話も盛り上がります♪


20100411%20149.jpg

今度は、

2000 Clos de Vougeot / Domaine Jean Grivot


20100411%20150.jpg

ラベルです♪


20100411%20151.jpg

そして、こちらが凄かった!!!


2000 Musigny / Domaine Jacques-Frederic Mugnier


20100411%20152.jpg

ジャングリヴォさんのワインの説明です。


20100411%20154.jpg

牛フィレ肉のステーキ 網笠茸添え
マディラソース
Filet de Boeuf Grille aux Morilles,
Sauce Madere


20100411%20155.jpg

とにかく素晴らしかったです。グランクリュばかりのワインでこんな経験初めてです(^-^*)

20100411%20156.jpg

同じことを考えている人がもう一人いました!!

そう!ぶどう柄の帯をされてる方がいました!!

静岡から参加されたそうです♪

静岡市にあるワインショップの方でした♪
マツキヤさんというお店だそうです。


20100411%20159.jpg

後ろからからだけでは・・ね♪前からも「はい!チーズ!」

20100411%20160.jpg

いつも素敵な千砂さん。すごいイベントでお疲れが出ませんように・・・・。


20100411%20161.jpg

お土産は奈良の手ぬぐい。「サン・ヴァンサン日本」の刺繍入りでした。

20100411%20163.jpg

チーズ♪


わー!って調子よく楽しんでいましたが、Y先生もお仕事があるし、私も帰らなければいけないので、日帰り弾丸トラベラーだったのです(涙)。

実は9時半の近鉄奈良駅発の電車に乗らなければいけなくて、

「時間に限りがございます・・・」が聞こえてきて・・・・(涙・涙・涙)


そして、デザートを食べることができずにとても名残り惜しく、帰ってまいりました。


でも、とっても素晴らしい茶会とワイン会・・・。

素敵な一日でした・・・・・・・・(うっとり)・・・・・・・・・・。

2010年05月03日

弾丸トラベル~日帰り奈良帰省~

5月2日はお休みでしたので、日帰り弾丸トラベラーしてきました(笑)。


娘2人を車に乗せて、朝7時過ぎに武生を出発し、奈良の実家へ10時過ぎに到着。


奈良はとってもいいお天気でした。北陸道も名神もスムーズに走ってきましたが、奈良市内に入ると超渋滞でした。連休と平城遷都1300年祭の影響ですね。


奈良のおじいちゃんは裏できゅうりを植えていました。いい天気でいい気持ち。

20100502%20008.jpg

そして、牡丹が見事に咲いていました♪


20100502%20007.jpg

嬉しそうな二女。牡丹と撮りました。

20100502%20010.jpg

立てば芍薬、座れば牡丹・・・・の牡丹です♪


20100502%20012.jpg

公園に遊びに行くとき、藤が綺麗でした。

5月ですねー!


20100502%20013.jpg


20100502%20014.jpg

私も小さい頃、よく遊んだ公園です。

二女、さかあがりの練習。


20100502%20016.jpg

もう一度、挑戦・・・・・。


20100502%20018.jpg


20100502%20019.jpg

できないー・・・。頑張れ!

20100502%20020.jpg

あきらめて、ブランコ。

20100502%20022.jpg

気持ちよさそう・・・。


20100502%20025.jpg

長女も来て、さかあがりの練習。

できるようになるかな・・・!?

20100502%20026.jpg


20100502%20027.jpg

今回は、この「第34回 一条高校吹奏楽部定期演奏会」を聞きにきたのが目的です。

20100502%20028.jpg

Ⅱ部のポップスステージは、米米クラブでも大活躍のサックス奏者の「オリタノボッタ」さんでした。


20100502%20029.jpg

オリタノボッタさんのサックスが会場を盛り上げます♪

子供達も楽しんでノリノリで聴いていました♪


演奏会の後、ちょっとお茶しました。

20100502%20035.jpg

せんとくんのダッコちゃん人形♪


20100502%20038.jpg

「こわいー!」って言っていたのに、とっても満足そう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------


夕食は、高校の吹奏楽部の同期の友人達といっしょに食べました。

「Fちゃん、演奏会の日、私奈良に帰るし、いっしょにご飯でも食べへん?」って電話すると、なんとFちゃんは、吹奏楽部の同期全員にメールや連絡を取ってくれて、同窓会にしてくれます(^-^*)

いつもありがとう♪


ご飯を食べたのは、奈良町にある、

この
20100502%20041.jpg
「まざあぐうす」というお店の向いにある、

(まざあぐうすさんは、私の同級生のご両親が営んでらっしゃいます。宣伝!!!)


「マルスラパン」さんです。

20100502%20042.jpg

「まるすらぱん」さんは、4月にあった「二月堂茶会」での点心を担当されていたレストランです。


20100502%20045.jpg

お店の前でみんなで「はい、チーズ!」


20100502%20046.jpg

ご飯も楽しみですが、久しぶりに会うみんなとの会話が一番のご馳走♪

20100502%20049.jpg

こちらは、子供のプレートです。盛りだくさん♪

20100502%20047.jpg

前菜。生ハムとかパテとか、とっても美味しいです。

20100502%20050.jpg

お魚料理は、鱸です。新牛蒡のソースがとっても新鮮♪


20100502%20052.jpg

メインは4つの中から選べましたが、私はフランス産の鴨にしました。


20100502%20053.jpg

デセールです。大和茶のブランマンジェが大人の味でした(^-^*)


20100502%20055.jpg

コーヒーもいただき、ご馳走様でした♪

今度は、運転手ではないときにぜひ来たいです。ワイン飲みたかった(涙)。


20100502%20062.jpg

最後にみんなで撮りました!

また懐かしいみんなで会いましょうね~!!ありがとう♪

2010年06月03日

MILLE CARESSES ミルカレス~大阪・北新地~

大阪の北新地にあるワインバー、ミルカレスさんへおうかがいしました♪

メンバーは、松浪光倫くんとmarimariちゃんと。


20100531%20032.jpg

大阪の北新地の賑やかなビルの一階にあります。
去年の6月にオープンされた新しいお店♪


20100531%20033.jpg

まず、ビールとお通しをいただきました。ホタテのバジルソース。


20100531%20034.jpg

シャンパンをグラスでいただきます。

Champagne Extra Dry / Rene Rutat

いつもグラスで2~3種類、常備していらっしゃるそうです。ス・テ・キ。


20100531%20035.jpg

ミルカレスさんのブログで紹介されていた「自家製いわしのオイルサーディン」です。

これは注文せねば!って思って(^-^)

20100531%20036.jpg

ホワイトアスパラとアスパラソバージュのソテー。

20100531%20037.jpg

シャンパン2種目♪
Champagne Rose / Dosnon & Lapage


20100531%20038.jpg

ハンガリー国宝の豚 マンガリッツァ

塩でシンプルにいただきました。美味しかった♪


20100531%20040.jpg

シャンパン3種目♪

Champagne Extra Brut / Ulysse Collin


20100531%20041.jpg

シャンパン4種目♪

Champagne / Vilmart & Cie Grande Reserve


20100531%20042.jpg

Mille Caresses特製 和牛ヘレ肉のカツサンド

焼き印入りです!!

20100531%20043.jpg

これはたまりませんでした!!おいシーーー!

20100531%20046.jpg

松浪くん、ぱくっ!


20100531%20050.jpg

marimari、ぱくっ!

20100531%20052.jpg

私は頑なにシャンパンを飲み続けていましたが、他の2人はスティルワインに・・・。


20100531%20053.jpg

2008 Riesling Alsace / Bonheur Convivial


20100531%20054.jpg

2004 Cote-Rotie / Clusel Roch


20100531%20057.jpg

シャンパン5種目♪


20100531%20058.jpg

前菜3種。


20100531%20059.jpg


20100531%20060.jpg

チーズは熟成がとてもいい感じで、美味しかったです♪

20100531%20062.jpg

最後に白ワインをいただきました。

2004 Nuits-Saint-Georges / Robert Chevillon


例の如く、「ジカンニカギリガゴザイマス~!」ということで新大阪から新幹線&しらさぎにのって帰ってきました。

ミルカレスさん、とってもいいお店でした。一人でも気軽に行けるし、ワインもグラスでいろいろ楽しめて、料理もアラカルトでつまめます。しかもイケメンのスタッフとの会話が楽しい。大阪ならではの楽しいワインバーです♪

超おすすめです♪

2010年06月17日

レストラン ブラ・ド・メール~敦賀市~

せっかく敦賀まで来たので、前から行ってみたいと思っていた「ブラ・ド・メール」さんへ立ち寄らせていただきました。


20100617%20016.jpg


敦賀港の近くにあります。

20100617%20015.jpg


昨日お電話して、「ランチは食べてくるのでコーヒーだけですみません。」とお願いしていたのですが、まだお腹に余裕があったので、パスタをいただくことにしました♪

20100617%20008.jpg

ペペロンチーネ


20100617%20009.jpg

カルボナーラ


20100617%20011.jpg

で、デザートまでいただいちゃいました(笑)。


20100617%20013.jpg

コーヒーもいただき、ありがとうございました!!

いつもブラドメールさんとは、「たつやの感性見聞録」のたつやさんの蕎麦会でお会いしていました。一度お店に行ってみたかったので、嬉しかったです。奥様がソムリエさんで、前の蕎麦会では「ソムリエ合格祝」のケーキをいただいたのです。

今後とも、宜しくお願いいたします!!!


-----------------------------(番外みどころ)-------------------------------------

帰りにトイレ休憩をした、杉津(すいづ)パーキングエリアです。

ここには『恋人の聖地』というスポットがあります。


20100617%20018.jpg

~杉津パーキングエリア情報より~
夕陽の敦賀の海を前にあなたは何を願う!?
展望台からは、敦賀湾を眺めることができる。夕陽が水平線に沈む様子を、シャッターに収めようとする人もチラホラ。その絶景に、自分やカップルの願いを叶える願掛けを実施しているので、 ハートロック錠を購入して、思い出を残しておこう。錠前とカギは400円で販売。


20100617%20021.jpg


展望台のところに錠前をかけます。

20100617%20020.jpg


その鍵は、このボックスの中に入れてしまいます。なので、錠前はずっとかけられたままで、二人の愛は永遠となる・・・・みたいな。

20100617%20019.jpg


別れたら外しにくるのかな・・・?


すみません、ロマンチックじゃないことを言いました。


ぜひ、恋人同士で行ってみてください♪

2010年06月30日

Le Diamant Rose ル・ディアマンローズ~福井市~

福井市加茂河原にあるLe Diamant Rose ル・ディアマンローズさんに夕食に行ってきました。

福井競輪場の西側にある、こじんまりとした素敵なフレンチのお店です。


20100627%20011.jpg

白いシンプルな外観の建物。


20100627%20014.jpg

店内はテーブル席で、とても落ち着きます。

20100627%20016.jpg

お店には、初めて来させていただきました。
どんなお料理が出てくるんだろう???

こちらのお店は、くーさんまーさんという方に教えていただきました。


20100627%20017.jpg

シャンパンをいただきます。


20100627%20018.jpg

Champagne Brut / Princesse de Baudry
 

20100627%20020.jpg

「おつき出しでございます♪」と持ってきてくださいました。


20100627%20022.jpg

パン。


20100627%20023.jpg

根セロリのムースリーヌ
フレッシュ夏トリュフのファンタジー

20100627%20024.jpg

美味しかったです。


20100627%20025.jpg

赤座海老のカダイフ巻きフリット


20100627%20026.jpg

カリカリで美味しいです。
衣のサクッと感と、海老のプリプリがいい感じ♪


20100627%20027.jpg

白ワインをグラスでいただきました。

2008 Val Grieux Picpoul de Pinet (AOC Coteaux du Languedoc)


20100627%20028.jpg

本日の鮮魚 レモングラスの香り
ホロ葱のエチュベとジュリエンヌ


20100627%20029.jpg

お口直しのシャーベット

20100627%20030.jpg

鴨胸肉とそのスパイシーなコンソメのポトフ仕立て

20100627%20033.jpg

仔牛胸腺肉のムニエル レモンとケッパーと野菜


20100627%20035.jpg

赤ワインもグラスで。

2006 Chateau Saint-Galier (AOC Graves)


20100627%20037.jpg

そして、せっかくなのでチーズもいただきました。


20100627%20038.jpg

もう一度、シャンパンを♪

Champagne Brut / Gosset

20100627%20039.jpg

デザートです。

アメリカンチェリーのヘーゼルナッツタルトとそのアイスクリーム

20100627%20040.jpg

スパイスワインに漬けたフリュイルージュ
カカオ豆のクロカングラッセ


20100627%20042.jpg

デザートワインもいただいてしまいました。

2003 Banyuls / M.Chapoutier

20100627%20041.jpg

小菓子


20100627%20043.jpg

コーヒーも美味しかったです。


席から見えるお庭もとても素敵で、また来たいお店だと思いました。

ごちそうさまでした(^-^*)

2010年08月20日

奈良へ帰省2010夏~女4人で浴衣でフレンチ居酒屋”えとね” in 富雄~

お盆に奈良に帰省しておりました!

お休みをいただきありがとうございます。

幼馴染のmarimariちゃんと、娘2人と私の4人で、浴衣を着てお出かけしてきました♪


20100815%20002.jpg

marimariちゃんのおうちで、浴衣に着替えました。
4人でチーズ!


近鉄富雄駅から徒歩3分のところにある「フレンチ居酒屋”えとね”」さんでご飯を食べて、その後「東大寺燈花会」に行くことになりました。


近鉄奈良駅から近鉄電車に乗ります。
駅に”せんとくん”がいたので記念撮影♪

20100815%20003.jpg


今年は平城遷都1300年祭で奈良は盛り上がっています。
車窓にて、平城京の「大極殿院」を堪能♪

20100815%20005.jpg

「えとね」さんへ着きました♪
こちらのお店は、後輩の弟さんがご主人なのです。

20100815%20006.jpg

20100815%20007.jpg

20100815%20008.jpg

店内です。


20100815%20009.jpg

ご主人の東郷さん♪


20100815%20010.jpg

ご主人に4人で写真を撮っていただきました♪


20100815%20013.jpg

marimariと二女です。


20100815%20014.jpg

私と長女です。


20100815%20015.jpg

前菜。
トマトのコンポート・パテ・生ハム。


20100815%20016.jpg

これ、めっちゃ二女が気に入ってました!

「とろとろカマンベール!」


20100815%20017.jpg

イトヨリのパン粉焼き。


20100815%20018.jpg

牛モモ肉のステーキ。


20100815%20019.jpg

ニース風サラダ。


20100815%20020.jpg

ケンカになるくらい、「私が分ける!!」、「次、私!」と、料理が来ると取り分けてくれます(笑)。


20100815%20021.jpg

おっ!!!
1664クローネンブルグ!
思わず飲みたくなって・・・・。


20100815%20022.jpg

もち豚のグリル。


20100815%20023.jpg

ブルーチーズのガレット。
とっても濃厚でした。


20100815%20025.jpg

とろとろカマンベールが本当にお気に入りの二女でした。


20100815%20026.jpg

ごちそうさまでした!

さて、東大寺へ向かいます♪

2010年09月09日

弾丸トラベル1泊4日~パリ・ブリュッセル・シャンパーニュ~シャンパーニュ:ワインショップとBISTROT DU BOUCHERでランチ(ランス)

ランスの中心街でフリータイムに。

ワインショップに行ってみました。

20100828%20208.jpg


20100828%20209.jpg

こちらは、かわいいピンクのお菓子ですが、BISCUITS ROSES DE REIMS(ビスキュイ・ロゼ・ド・ランス)という、ランス地方のお菓子です。


20100828%20211.jpg

色んなドメーヌのシャンパーニュが並んでいます。
こちらは、ポメリー(POMMERY)。

20100828%20210.jpg

めっちゃ可愛いっ♪
トランプのデザインになってます。

20100828%20212.jpg

可愛いです。


20100828%20213.jpg

こちらは、ペリエ・ジュエ(PERRIER-JOUET)。

代々コルク職人であったペリエ=ジュエ家が1811年に設立したメゾン。
19世紀後半、当時としては珍しいブリュット(=辛口)タイプのシャンパンを造り、時代に先駆けたシャンパン・メゾン。

20100828%20214.jpg

ビルカール・サルモン(BILLECART-SALMON)。

1818年、マレイユ・スール・アイ村にて、7世代に渡り、その村で、変わらぬシャンパンに対する思いと共に時を刻んでいるメゾン。


20100828%20215.jpg

ドゥーツ(DEUTZ)。

1838年にウィリアム・ドゥーツとピエール・ユベール・ゲルテルマンの二人によってシャンパーニュ
地方のアイ村に創立されたメゾン。


シャンパーニュ、飲みたくなってきました。

お店を出て、このツアーでお知り合いになった、hiromiさんとhironoさんと3人でランチをすることになりました。


20100828%20216.jpg

路地を行くと・・・・・。

20100828%20217.jpg

赤いテントのビストロを発見しました。
日曜日なので、営業しているお店が少ないのですが、こちらはOK!でした。


20100828%20219.jpg

スタッフの方がモデルになってくださるというので、パチリ♪

20100828%20220.jpg

ちょっとー、僕も撮ってよ!と、厨房からシェフまで出てきました(汗)。


20100828%20221.jpg

いい感じのお店です。

あまり時間もなかったので、「メイン+デザート」のセットをお願いしました。


20100828%20222.jpg

hiromiさん、hironoさん、私。


hiromiさんは、お菓子の勉強でフランス各地を廻ってらっしゃるそうです。
20日間弱、パリに滞在されているそうです。

hiromiさんのHP↓
SWEET HONEY
http://www.sh-t.jp/


そして、hironoさんはお仕事でパリに5週間滞在されていて、週末はこのようなツアーに参加されているそうです。

お2人とも、1泊4日の私のスケジュールには驚いて・・・・・というか呆れていました(苦笑)。


20100828%20223.jpg

素敵な出会いにカンパーイ!


20100828%20227.jpg

グラスでいただいたシャンパンは、キャティア(CATTIER)。


20100828%20232.jpg

メインはいろいろと選べて、私は

Magret d'oie rotie aux poires epicees
をいただきました。
鵞鳥(ガチョウ)肉の西洋ナシ風味??

20100828%20233.jpg

hiromiさんのメイン。


20100828%20234.jpg

hironoさんのメイン。


3人が別々のメインを注文して、3品のお料理をいただけてよかったです。
ありがとうございました!

20100828%20236.jpg

私が選んだデザート。

Fondant Chocolat aux cerises amarena et son sirop
フォンダンショコラ さくらんぼとアーモンドのシロップ。

20100828%20237.jpg

hiromiさんのデザート。

20100828%20238.jpg

hironoさんのデザート。


デザートがとっても美味しかったです♪

お腹もいっぱいになって・・・・・・・・・・・。

さて、次はモエ・エ・シャンドンへ!!!

2010年11月06日

ぷらっと日帰りで奈良へ♪

急にお店がお休みになり、せっかくの秋日和なので、ふるさとの奈良へ行ってきました。

JRで武生から京都まで、京都から近鉄線で奈良まできました。

奈良交通のバスで「春日大社本殿」というバス停まで来て、そこからぷらぷら歩いて春日大社にお参りに。

2010-11-05%20001.jpg


鹿の口から水が出ているところで、手と口を清めます。

2010-11-05%20005.jpg


春日大社にお参りしてから、高畑町をぶらっと歩いて志賀直哉旧居などがある街道を歩き、浮見堂へ。

2010-11-05%20007.jpg


2010-11-05%20009.jpg

浮見堂は、鷺池に浮かぶ堂です。そこから興福寺の五重塔や奈良ホテルが見えるんです。


2010-11-05%20011.jpg

水鳥が気持ちよさそうに。


どんな会話をしているのでしょう?

2010-11-05%20012.jpg

「今日、飲みに行く?」

「そうやなぁ。どこ行く?」

みたいな・・・・(笑)。

2010-11-05%20013.jpg


2010-11-05%20015.jpg

五重塔が見えました。


この後、荒池も見て、奈良ホテルの前を通り、奈良町へ。


まるすらぱんというフレンチのお店でランチをしました。

2010-11-05%20022.jpg

前菜。


2010-11-05%20023.jpg

白いんげんのポタージュ。


2010-11-05%20024.jpg

お魚料理は、鱸でした。


2010-11-05%20026.jpg

私はメインを豚肉にしました。
脂が美味しいとおすすめしていただいたのですが、本当に柔らかくて口の中で溶けました♪


2010-11-05%20028.jpg

こちらは牛スネ肉の煮込み。


2010-11-05%20030.jpg

デザート。


2010-11-05%20032.jpg

コーヒー。

ごちそうさまでした♪

ランチの後は、懐かしい猿沢池の亀を見て、52段の階段を登って興福寺の五重塔まで行きました。


2010-11-05%20034.jpg


2010-11-05%20036.jpg

柳の木も懐かしい・・・・。


2010-11-05%20037.jpg

南円堂。
よく写生会で描いたなぁ・・・。


2010-11-05%20038.jpg

近鉄奈良駅前の行基像。
噴水の上に行基の像があります。

ここは、奈良市民の待ち合わせスポット?!です。


ああー、懐かしく一日ゆっくりさせていただきました。


感謝感謝♪(^-^*)

お天気もよくて、本当に素敵な一日でした。

2010年11月24日

イル・ヴァ・ビアンにて結婚10周年ディナー♪

早いもので、2000年に結婚して今年で10年目を迎えてしまいました(笑)。

10年も経った気が全然しませんが、実際にそうなんだと思うとなんか不思議です。

結婚10年目を記念して、福井市の「イル・ヴァ・ビアン」さんで家族4人でディナーしてきました。

2010-11-23%20039.jpg

2010-11-23%20042.jpg

もちろん、事前に予約しておきました♪
そして、ワインも持込みさせていただきました。


2010-11-23%20043.jpg

4人でかんぱーい♪


2010-11-23%20048.jpg

乾杯は、シャンパンをいただきました。

NV Champagne Delamotte Brut (ハーフ)


2010-11-23%20047.jpg

今日のメニューです。


2010-11-23%20044.jpg

子供達の前菜。


2010-11-23%20046.jpg

こちらは大人の前菜。
フレッシュフォアグラのテリーヌ いちじくのジャムを添えて


2010-11-23%20049.jpg

能登がきのフランと白子のムニエル あおりイカのカフェドパリ風


2010-11-23%20050.jpg

あつあつで美味しい~♪


2010-11-23%20051.jpg

ハーフで白ワインをいただきました。

2006 Vire-Clesse / Domaine de Roally


2010-11-23%20052.jpg

パン。


2010-11-23%20053.jpg

子供達には、せいこ蟹のパスタが来ました!


2010-11-23%20057.jpg

フレッシュオマールエビのサラダ マンゴ&バジルソース

2010-11-23%20058.jpg

次にハーフで赤ワインを。

2006 Cabernet Franc Vieilles Vignes / Chateau de Fesles


2010-11-23%20059.jpg

うろこを付けた甘鯛のソテー
ムール貝のマリニエール風


2010-11-23%20073.jpg

茨城県かすみが浦産
青首鴨のロースト エピス風味 赤ワインソース

さて、これは一体なんでしょう!?!?

2010-11-23%20069.jpg


「ブタの鼻?!?!」

実は、コルクに2000年の「00」ゼロゼロが記してあるのです。


2010-11-23%20077.jpg

結婚した年の2000年(ミレニアム)のワインを持ち込みさせていただきました。

2000 Nuits-Saint-Georges Clos des Corvees / Domaine Prieure Roch


2010-11-23%20078.jpg

モツとモモ肉、フランス木の子のサラダ仕立て


2010-11-23%20081.jpg

デザートです。

りんごとスイートポテトのパイ


2010-11-23%20082.jpg

フォンダンショコラ

デザートもたいらげて満足していると・・・・・・・・・・。

2010-11-23%20083.jpg

「わあ!!ありがとうございます(^-^*)」

サプライズのケーキをプレゼントしてくださいました!
ありがとうございます♪


2010-11-23%20084.jpg

いつも美味しいお料理、大満足です♪


ありがとうございました!!

Il va bien イル・ヴァ・ビアン
〒910-0806
福井市高木町82-35-1 ピースヴィレッジ1F
Tel 0776-54-1600
水曜定休


2011年01月23日

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン氏来日記念ワイン会~ Vin Sur Vin ヴァンシュールヴァン(虎ノ門)にて~

ブルゴーニュのドメーヌ、フィリップ・シャルロパン氏が6年ぶりの来日ということで、VinSurVinさん主催の来日記念ワイン会に行ってきました!

VinSurVin(ヴァンシュールヴァン)のお店の地下にあるレストランVinSurVinで開催されました。

2011-01-17%20003.jpg

レストラン入り口。


2011-01-17%20004.jpg

地下セラーをイメージさせるレストランです。初めて来させていただき、楽しみです。


2011-01-17%20006.jpg

フィリップシャルロパンは、ブルゴーニュの自然派の造り手さんです。


【VSVホームページより】
"ブルゴーニュの巨匠・アンリ・ジャイエ氏も絶賛する、若き醸造家"

アンリ・ジャイエ氏に毎年新酒を利いてもらうが、果梗が多すぎると酷評が続く。ついに1990年、「やっとワイン造りがわかったな」と褒められる。

フィリップの父、アンドレは孤児でアリエール・コートで育てられた。
自分のドメーヌを持ちたいと、稼いだ金を一生懸命ためて少しずつ畑を買い取っていく。そうして集めた1.8haの畑を譲り受けたフィリップは、さらに素晴らしい畑を探し求め、現在は13.77haをも所有している。

1988年に、ラトゥール一族のマダム・ジョスリーヌ・バロンに人柄を見込まれ、ル・シャンベルタンを任されるようになる。ジュヴレイ村の古いセラーを買取り、名実ともにジュヴレイのドメーヌとなる。

数ヶ所に分かれた畑のそれぞれのテロワールを生かすことを十分に考えているため、仕込み方法は一様ではない。ゆっくりした発酵・熟成と澱によって、ピノ・ノワールの魅力を十分に引き出し、酸味が柔らかく果実味の濃いワインに仕上げている。
果実味にボリューム感があり、若いヴィンテージでも旨味があるが、もちろん長期熟成にも耐えられるワインである。

所在地 : ブルゴーニュ地方 ジュヴレイ・シャンベルタン村
栽培面積 : 13.77ha
葡萄品種 : ピノ・ノワール、シャルドネ
葡萄栽培 : 低収穫、厳しい選果
発酵前 : 長期冷温浸漬法 (約1週間、果実と果汁を漬ける)
発 酵 : 30℃以下で15-25日の長期間

2011-01-17%20010.jpg

乾杯は、2007年がファーストヴィンテージの「2008 シャブリ」。

5ヘクタールの畑を買ってぶどうを栽培し始めました。シャブリ地区では珍しい、全て手摘み作業で収穫を行っているそうです。
150km離れているシャブリから醸造所があるジュブレシャンベルタン村まで、収穫したぶどうを冷蔵車で運び、醸造しているそうです。600mlの樽で15ヵ月熟成するそうで、2007は新樽50%、1~2年の樽50%の割合で熟成したそうです。ちなみに2008年は新樽30%だそうで、そのぶどうの状態によって変えるそうです。


2011-01-17%20011.jpg

Premier
フォアグラの温かいムース トリュフのコンソメジュレ添え
スモークサーモンのブリオーシュ包み


2011-01-17%20013.jpg

いつもお世話になっているOさん。

2011-01-17%20014.jpg

2007 Chassagne Montrachet Blanc


2011-01-17%20015.jpg

なんとラベルの裏側からラベルを見ると、文字が見えます♪

2011-01-17%20016.jpg

Deuxieme
萩漁港 朝市より 寒鰤のカルパッチョ仕立て

2011-01-17%20017.jpg

年間生産量900本という数少ないシャサーニュモンラッシェブラン。
光沢のあるワインです。


2011-01-17%20018.jpg

ワインの説明を受けながら、興味深くワインをいただいています。

2011-01-17%20019.jpg

こちらは、今日のワインリストですが、シャルロパンさんの直筆のサインが一人ひとりに。
素敵な心遣い、ありがとうございます。


2011-01-17%20020.jpg

Viande
蝦夷鹿の煮込み 野生の茸添え

2011-01-17%20021.jpg

2007 Gevrey Chambertin Cuvee Vieilles Vignes

ジュブレ・シャンベルタン キュヴェ ヴィエイユ・ヴィーニュ

この、Vieilles Vignes(VV)ですが、フランス語で「Vieille」は「古い」という意味で、古いぶどうの木から収穫したぶどうを使って醸造したワインということです。しかし、このVVの表示をするための法律はなくて、自称だそうです。シャルロパンさんの場合、50年以上の樹齢のぶどうの木のとき、このVVを表示すると話されていました。


2011-01-17%20023.jpg

Dessert
温かいチョコレートタルト


2011-01-17%20024.jpg

山本博先生が途中からいらっしゃって、色々とお話を聞かせていただけました。

2011-01-17%20025.jpg


2011-01-17%20026.jpg

山本先生はもう80歳だそうですが、これだけ若々しくいられる秘訣は?という質問に・・・・。

「私は、二つの『W(ダブリュ)』を愛しているのです。一つは、『Wine(ワイン)』、もう一つは、『Wife(ワイフ)』なんです♪」

な~るほど(^-^*)


2011-01-17%20029.jpg

コーヒー。


2011-01-17%20037.jpg

本日のワイン達です♪


2011-01-17%20038.jpg


2011-01-17%20039.jpg

一番右の三角のラベルのワインですが、これが、

Franc De Pied sur un Grand Terroir
フラン・ド・ピエ・シュール・アン・グラン・テロワール

フィロキセラに犯されていない苗木(ピノ・ノワール)で造られた希少なワインです。


1860年代にヨーロッパの葡萄研究者がアメリカに自生する葡萄品種を輸入した際にフィロキセラを一緒に輸入してしまい、ヨーロッパの葡萄品種が壊滅状態に追いやられるという事態になりました。
これは北アメリカ東部原産の葡萄品種にはフィロキセラへの免疫があったのに対し、ヨーロッパ原産の葡萄品種はフィロキセラへの免疫が全く無かったためで、ヴィティス・リパリア等の根の皮の厚いアメリカ原産葡萄にヨーロッパのワイン向き葡萄品種(ヴィティス・ヴィニフェラ)の枝を接ぎ木する事により解決する方法が発見されるまでに非常に大きな被害を出し、フィロキセラ禍と呼ばれています。
その後もフィロキセラはカリフォルニアやニュージーランド等でも猛威をふるい、現在では上記の接ぎ木による葡萄栽培が主流になっています。
ですが、このアメリカ原産葡萄に接ぎ木をせずに、ヨーロッパ原産葡萄にヴィティス・ヴィニフェラの枝を接ぎ木する本来のやり方で造られた苗木の希少なワインが、このFranc De Pied sur un Grand Terroir
フラン・ド・ピエ・シュール・アン・グラン・テロワールなのです。

ヨーロッパでは、3ヶ所だけこれが残っているそうです。
だからといって味はどうかと言われても、ヨーロッパ原産の台木とアメリカ原産の台木とどう違うなんてわかりませんが・・・・。

希少なワインであることは確かです。


2011-01-17%20040.jpg

2007 Chambertin Grand Cru  
    シャンベルタン・グラン・クリュ


2011-01-17%20036.jpg

シャルロパンさんと♪


お料理も美味しくて、ワインも素晴らしかったです。
そして、山本博先生のお話もおうかがいできて、とても有意義なワイン会でした。

とても勉強になり、またワインの奥深さをしみじみと感じました。
ありがとうございました。

2012年03月08日

「Detail つながるごはん」~福井市木田

福井市木田にある、『Detail つながるごはん』さんへランチに行ってきました。

2011年12月にオープンされたお店です。


2012-03-08%20004.jpg

可愛らしくておもしろい建物です♪


2012-03-08%20003.jpg

美容院とヨガスタジオとレストランがいっしょにあります。

コンセプトが、・美しい色とかたち ・つながるごはん ・きれいなからだ だそうで、その中のレストランが、『つながるごはん』です。

2012-03-08%20005.jpg

わくわく♪


今月のナチュールコースのBコースをお願いしました。

前菜+スープ+メイン+パン+ドリンクです。


2012-03-08%20006.jpg

前菜は3つから選べましたが、私は「ニース風サラダ」を。


2012-03-08%20008.jpg

パンは、100%自然酵母のあつあつを持ってきてくださいました。
美味しかった(^-^*)


2012-03-08%20010.jpg

スープも2種類から選べましたが、新キャベツと新じゃがのポタージュをいただきました。


2012-03-08%20011.jpg

メインは、魚料理肉料理7種類の中から選べました。
私はポークのパン粉チーズを。


2012-03-08%20015.jpg

コースにはデザートが付いていないので、別料金です。
でもやっぱりデザートはほしいです★

チョコレートムースをいただきました。


2012-03-08%20016.jpg

コーヒーをいただいて、ごちそうさまでした♪


ゆっくりとランチの時間を、ありがとうございました(^-^*)

About フレンチ

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「フレンチ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはフランスワインです。

次のカテゴリはワインです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35