メイン

ワイン会・試飲会 アーカイブ

2006年03月10日

カリフォルニアワイン試飲会~ヴィノスやまざき~

スイスホテル


大阪難波にある、スイスホテル南海大阪の36階にあるイタリアンレストラン&スカイバー『タボラ36』にてカリフォルニアワインの試飲会があり、参加してきました。


 


 


 


試飲会7


試飲会5


試飲会6


 


 


 


 


 


 


 


いつもお世話になっているヴィノスやまざきさんの催しで、カリフォルニア州政府から企画を認定され、食とともにワインを提案しているレストランにより深くカリフォルニアワインについて知ってもらおうと、企画されたものです。


試飲会3


 


 


試飲会4


いずれもコストパフォーマンスなワインばかりで、「こんな味でこの値段?!」というものばかりです。


カリフォルニアワインも深い!!というのを再認識しました。


 


試飲会


 


これらは、日本酒でいうと大吟醸(?)。厳選された逸品です。


 


試飲会では、パンとチーズが用意されており、それを食べながらワインを味わいました。


試飲会2


試飲会1


 


 


 


 


カリフォルニアの素敵なワイン、皆様にお料理とともにご提案できるように、企画したいと思います!!

2006年11月21日

蟹&ワインで忘年会♪

ひと足早く、自宅で、同業のワイン好きの仲間で「蟹&ワインで忘年会」を開催しました。


刺身


 


まずは、お造り。


 


 


おかず


蟹は、珍しいズワイの二重(ふたえ)。


脱皮する直前なので、蟹の皮が2枚になっています。


脱皮する前なので、身がぎっしりと甘みがあります。


 


おかず


 


これは、せいこ蟹。やっぱりセイコちゃんですよね♪


盛り付けは、バットで・・ダイナミックに(?)


 


 


ワイン


 


まず、白で、ゲヴェルツトラミネールというぶどうの品種のワインを飲み比べしました。


左はイタリアのゲヴェルツ、そして右はアルザスのゲヴェルツです。


 


 


 


おかず


おかず自宅で大皿料理で、みんなでワイワイ。


 


 


 


ワイン


 


このワインは、ボルドーメドック ベガダン村のシャトーラバディー。


パリ農業コンクール銀賞。


 


 


 


 


おかず


これは、料理教室のシェフの料理です。


大根の上にイベリコ豚のワイン煮がのっています。


バルサミコソースをちょっとかけて酸味も効いています。


 


そして、メインのワインの登場!!


ワインワイン


 


 


 


 


 


 


ボルドーのシャトームートンロートシルトが手がける白ワイン、エールダルジャン1994、ボルドーサンテミリオンのシャトーシュバルブラン1996、ボルドーメドック一級ポイヤックのシャトーラトゥール1998、そしてカリフォルニア・サンタバーバラのシースモーク ピノノワール2004。


こんな3本を飲み比べられて、とても勉強になりました。そして、美味しかったです。


これから忘年会シーズンで飲食関係は忙しくなる(はず)ので、また「次回の集まりはお正月に!」という事で解散!

2006年12月24日

和食とワインを楽しむ会

X'mas先日、当店(料亭うおとめ)にて、ある団体のお客様が、『和食とワインを楽しむ会』をしていただきました。


メンバーの中のお一人がとてもワインに関してプロフェッショナルな方がおられまして、その方にワインの組み立てのお題をいただきました。


 


 


 


10種類のワインを2本ずつで、ということで、


①Sparkling スパークリング②Souvignon blanc ソーヴィニヨンブラン ③(dry)Riesling リースリング ④Gewurztraminer ゲヴェルツトラミネール ⑤Chardonnay シャルドネ ⑥Red Japanese レッド ジャパニーズ ⑦Zinfandel ジンファンデル ⑧Cabernet Sauvignon (or brend) カベルネソーヴィニヨン ⑨Pinot Noir ピノノワール ⑩Sweet Desert スイート デザート


この流れで、ワインリストを作りました。(もちろん予算もありますので色々と大変)


料理は和食ですので、それに合わせられるもので色んな組み合わせをしてみました。このようなワインのお題をいただいて、リストアップさせていただくのは初めてでした。私にとってもとても勉強になりました。


みなさまも、ワインがお好きな方で和食といっしょに楽しんでみたいと思われる方は、このようなことも料亭うおとめでは対応できますので、ぜひ宜しくお願いいたします。


そうそう、今日はクリスマスイヴですね。みなさまよいクリスマスを♪

2007年04月17日

南条のフランスに行ってきました♪

dy1


いつも、うおとめにもお越しいただいているお客様の自宅へおうかがいしました。


 


 


大変なワイン愛好家の方で、ご自宅の真ん中にセラーを作ってしまうほどの方です。まず、セラーを見学させていただきました。


dy3


 


飲食店を経営していらっしゃる訳でも、ワインショップをされている訳でもなく、個人のお宅にこれだけのセラーがあるのかとびっくり!!


しかも、今そのワインを買おうと思うと「ん万円!!ん十万円!!」というものばかり。


 


 


dy4


 


時間のたつのを忘れて、しばらく居てしまいました。


どうして、「南条のフランス」かって、おわかりだと思いますが、それくらいワインをたくさんお持ちなんです。


 


dy2


 


こちらが奥様です。とても明るくて社交的で素敵な奥様です。


 


 


 


 


dy5


テーブルセッティング。


いつもお料理の掛け紙にしているものを、ランチョンマット代わりにさせていただきました。


 


 


dy6


 


キッチンでは、うちの主人とシェフ2人が料理を始めています。


dy7


 


 


 


 


 


 


 


dy8


 


今日の食材の一つ、「雲丹(うに)!」です。


贅沢に使います。


 


 


 


 


さて、ワインも用意されはじめました。わくわくします。


dy9


 


 


 


左)Peter Michael Chardonnay ”Mon Plaisir”


右)高畠ワイナリー 嘉 ピノノワール ロゼスパークリング


 


dy11


 


シャンパンで乾杯ということで、


●高畠ワイナリー”嘉” ピノノワール


スパークリングロゼ 2005


dy12


 


 


とってもきれいな桜色♪


今日のテーマは”桜”!


 


 


そして、その次に開けていただいたのは、「ピーターマイケル PETER MICHAEL WINERY 1996年」のシャルドネ、マグナムボトルでした。カリフォルニアのワインです。Mon Plaiser=My Pleasure  モンプレイザーとは、私の喜びという意味だそうです。ブドウはマーカッシンのガウアーと同じ畑(アレキサンダー・マウンテン・エステート畑)のものを使用しているそうです。


 


dy13まず始めのお料理です。


春の山菜(筍・たらの芽・こしあぶら)を、今日〆た活平目でロールしたものです。酢橘を搾って、能登の塩でいただきます。


 


 


dy14


二品目、「鯖の船場汁」


鯖の汐汁ですが、特徴は胡椒を利かすことです。


お出汁と黒胡椒がとてもマッチ、ワインにも合います。


 


 


dy-1


そして、出てきたのが、なんとアルザスワイン、しかもすべてグランクリュです!!4種類の品種を楽しませていただきました。こんな機会は、まずありません!


左から、●ゲヴェルツトラミネール ●リースリング ●ピノグリ ●ミュスカ です。


 


dy15


そして、”雲丹茄子” 加茂茄子を焼いてその上に雲丹をのせたもの。


これはリースリングによくあうとおっしゃってました。


(ただし今日は、濃いリースリングです。)


 


そして、今日のテーマの「桜」のお料理が・・・。


イタリアンの碇子シェフによる「桜のリゾット♪」・・・・・素敵です。


dy16


dy17


 


 


 


 


 


dy10


 


次はお肉料理ということで、赤ワインの登場!


こちらもマグナムボトル!!


アロウホ・アイズル・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニヨン 1993年 (Araujo Eisele Vineyard Cabernet Sauvignon 1993)


すごいワインがスーッと出てきます。「いいの?!」夢見たいです。

 


dy-2


 


こちらは牛の肩肉の煮込み。


 


 


dy-2


 


牛ロースステーキ。


 


 


dy-3


 


フランスパンは、長いまま焼いて、焼いてから切った方がいいよ・・・とシェフ。


 


 


dy-4


 


 


そして、二杯酢サラダ。色々な海鮮と野菜を二杯酢で。木の芽が利いています。


 


 


 


 


dy-5


 


何が飲みたい?と聞いてくださったので、お言葉に甘えて、「ブルゴーニュを」と言って持ってきてくださったのがこれです!


クロ・ド・ラ・ロッシュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 1988 / ドメーヌ・ポンソ Clos de La Roche Domaine Ponsot Cuvee Vieilles Vignes


dy-6


 


このチューリップグラスでいただきました。美味♪


 


 


 


 


 


dy-8


 


そしてまた次々とすごいワインが・・・・


シャトーヌフ・デュ・パプ・ピニャン 1990 シャトーレイヤス Chateauneuf-du-Pape Pignan Ch.Rayas


 


 


 


dy-11


 


先生曰く、「ディケムと合うのはカレーだ!」ということで、Nシェフが用意してきたのが「カレー」。


カレーでも、トロピカルなカレーがぴったりとおっしゃっていました。


dy-9


 


Nシェフの押しにディケムを開けようかどうしようか思案しておられましたが・・・・開けてしまいました;


 


 


dy-10


 


そう!初めて見ました!


“世界三大貴腐ワイン”の産地として知られているソーテルヌ地区で、別格扱いとされているトップ・シャトー、がシャトー・ディケムです。1711年フランスから所有権を買い取ったソヴァージュ家がブドウを植え始めたと言われていて、1855年のソーテルヌ地区の格付けでは、唯一の「特別1級」とされました。


黄金色に輝くこのワインは、ハチミツやアプリコットの甘美な香りと、トロリとした甘味が、完璧なまでの優美なハーモニーを奏で、まさに「自然が生み出した奇跡の神酒」と言えるほどのもの。「ディケムなくして甘口ワインは語ることはできない」とまで評されている存在なのです。


1本のブドウの樹から作られるディケムは、わずかグラス1杯。徹底した収穫制限、容赦ないワインの選別が行われているためです。枝は短く剪定され、そこに残される芽は2つだけ。貴腐化の進み具合は同じ房でも一粒ごとに違うため、収穫は5~6回に分けて行います。10人ものスタッフが摘み頃を見極めながら、一粒一粒を選り分けて摘んでいくのです。


また、自然が味方してくれずに貴腐化がうまくいかなかった年には、1本たりとも生産されません。1964年には、摘み手たちは13回にもわたって収穫を行ったのですが、最後まで納得のいくブドウは得られず、結局この年のワインは作られませんでした。さらに、ワインのブレンドの際にも容赦ない選別が行わていて、20世紀だけでも、実に9つのヴィンテージが欠番となっているのです。


http://www.old-vintage.com/chateau/4101/4101_list.html ボルドーヴィンテージワイン通販より


dy-12


 


開けたとたん、みんなが美味しい美味しい!とカレーと一緒に楽しみました。すぐに瓶が空になったのは、言うまでもありません。


こんな夢のような夕べは本当に時間のたつのが早かったです。


また、ぜひお邪魔させてください!!よろしくお願いいたします。

2007年06月15日

JALカード・ワイン初級講座 in Osaka 樋口誠ソムリエ~ホテル日航大阪にて~

日航大阪1


JALカード・ワイン初級講座/大阪に行ってきました!


JALカード会員限定のワイン講座で、抽選で当選した人だけ参加できるという貴重な講座です♪


4月に応募して5月に当選の連絡が来ました。そして、昨日、ホテル日航大阪に行ってきました!


 


 


 


 


日航大阪12


 


講師の先生は、あのホテル日航大阪、フレンチ レ・セレブリテの樋口誠グランソムリエ、樋口誠さんは日本ソムリエ協会の関西支部長もしておられます。


開会早々、「さて、今日はこんな講座に申し込む方っていうのは、世間でよく言われる“ザル”っていう方がお揃いだと思いますが・・・・」というつかみ、そして饒舌でお話が始まりました。


 


 


日航大阪2


今日のテーマは、「中華料理とのマリアージュ」で、気軽にワインを楽しむポイントなどをお話してくださいました。


と言っても、結構ワインに詳しい方ばかりで、質問はとっても高レベル?!


 


日航大阪3


 


 


まず、「シャンパンのようなもの」と先生がおっしゃったのが、カリフォルニア、ナパ・バレーのSCHRAMSBERG BLANC DE NOIR 2002(シュラムスバーグ ブランドノワール)


・桃李特製前菜盛り合わせ


といっしょにいただきました。


 


 


日航大阪4


これが、その前菜盛り合わせ。


中華料理とのマリアージュがテーマですが、前菜というのは色々なものが盛り合わせで出てきます。ですので、樋口ソムリエ曰く、なんにでも合いやすいいわゆる『シャンパンのようなもの』がいいとのことです。


 


日航大阪5


 


 


 


 


 


日航大阪6


次のお料理は、


・蟹爪フライとマンゴーのクリーム揚げ


でした。


 


それと、出てきたワインが


・TAVEL ROSE 2005 Ch.d'AQUERIA(タヴェル ロゼ シャトーダケリア)


・BOURGOGNE HAUTES COTES DE BEAUNE GUEULOTTES 2005 CAPITAIN (ブルゴーニュ オート コート ド ボーヌ グーロット キャピタン)


でした。


樋口ソムリエは、「蟹の爪をひとかけら残しておいてほしい」とおっしゃいました。「あとで、赤ワインとあわせてみていただきたい」とおっしゃいました。


その後出てきた赤ワインは、


・CHATEAU-NEUF DU PAPE CLOS ST MICHEL ROUGE 2003 MOUSSET(シャトーヌフデュパプ クロサンミッシェル ルージュ ムッセ)


でした。「蟹=白ワイン」という概念はいらない。実は蟹というのは、旨味がとてもあり、それ自体がとても味があるので、それをフライにしたものはもっと複雑な味となり、複雑な色んな品種を混ぜて造られるシャトーヌフデュパプでも充分マリアージュになる・・ということをおっしゃっていました。


皆さん、「なるほど・・美味しいね、合うね」とおっしゃっていました。


ワインは、空気に触れて酸化していくとより美味しくなるともおっしゃっていました。「かの有名なクーベルタンさんも言っておられました、知ってるでしょ?!」と質問され、「ええー?みなさん知っていますよ。参加(酸化)することに意義があるんですよ!!ハハハ!」皆さん大爆笑です。


日航大阪7


 


こちらは、


・海の幸入りふかひれのスープ


ふかひれ自体は味がなく、食感だけの食材ですが、海の幸という旨味が加わって、ブルゴーニュのシャルドネやタヴェルロゼにとっても合います。


 


日航大阪8


 


・季節野菜と牛フィレのピリ辛炒め


 


 


日航大阪9


 


・海老のマヨネーズ炒め


 


 


最後に登場した赤ワインは、なんとイタリアの赤ワイン。


・VALPOLICELLA SUPERIORE RIPASSO DOC 2003 CORTE SANT'ALDA(ヴァルポリチェッラ スペリオーレ リパッソ コルテ サンタルダ)


リパッソというのは、イタリアのヴェネト州の伝統的な製法です。干しぶどうで造るアマローネやレチョートの醗酵終了後にその粕をもう一度ワインと混ぜて再発酵させるという、まるでリサイクルのようなワインの製法です。良質なアマローネ粕以外では出来ない貴重なワインです。良質な粕でないと「酸っぱい」だけになってしまうそうで、それは、樋口ソムリエ曰く、「酸っぱいは成功のもと」だそうです(爆笑)  こんなダジャレを取り入れながらお話してくださるので、とっても楽しかったのです。1年分笑った気がしました。


もう、クライマックスの料理・ワイン、そしてソムリエのおもしろく楽しいお話で、結構いい感じに酔いがまわってきました(笑)


日航大阪10


・山菜おこわ


 


 


 


 


日航大阪11


 


・デザート(タピオカと杏仁豆腐)


 


 


日航大阪13


 


ワインを美味しく飲むために空気と触れ合うために、グラスを回します。それが右回り、左回りどっちがどうなの??っていつも思っていましたが、DNAとか地球の自転とかの関係で、実は・・・


北半球では


・右回りにまわすと果実香が強まり女性的


・左回りにまわすと鉄分の香りが強まり男性的


という結果が出ているそうです。それは、フランスのルイ・ジャド社のジャック・ラルディエールさんも言っているそうです。


日航大阪14


 


最後に樋口ソムリエと写真を撮っていただきました!


本当に楽しくワインをいただき、あっという間に時間が過ぎていきました。


ぜひぜひ、またこんな機会があれば参加したいと思います!


「参加することに意義がある!?」


 


JALカード イベントレポート→http://www.jalcard.co.jp/library/report/070614_wine/index.html

2008年02月21日

シャブリと京料理の夕べ~料亭菊乃井(本店)~その1

京都のワイングロッサリーさん主催のイベント、生産者ディナー、「シャブリと京料理の夕べ」に行ってまいりました!場所はなんと、「料亭菊乃井」さんです。

シャブリ生産者は、ラ・シャブリジェンヌ。シャブリ全体の4分の1を生産しているトップ生産者です。

シャブリジェンヌ
http://www.chablisienne.com/index.html


京都駅で大学の後輩の松浪光倫くんと待ち合わせ、タクシーで菊乃井さんへ向かいました。
松浪くんは3年前に独立して、自分で建築設計事務所をしています。
「ブログで宣伝してください」ということですので、松浪くんのHPは
こちら↓です。

松浪光倫建築計画室
http://www.mma-design.com/
(彼は2007年にグッドデザイン賞も受賞しています。)
で、松浪くんのことはこれぐらいにしまして・・・・・。

料亭菊乃井本店は、円山公園の奥、音楽堂の近くにあります。
広間に案内してくださいました。

P1070209.JPG


P1070211.JPG

とても趣のあるお部屋です。すばらしい♪

P1070212.JPG

そして、市松模様の屏風がぱっと目に入りました。「素敵だなー」と思っていたら、松浪くんが「あ、この屏風、桂離宮のといっしょですよ。」と教えてくれました。さすが建築士。

P1070213.JPG

まず、お菓子とお抹茶をいただきました。

P1070215.JPG

女将さんがご挨拶に来られました。

P1070217.JPG

そして、こちらはワイングロッサリーの吉田まさきこさん。

P1070219.JPG

生産者のエルベ・トゥッティさん、エージェントのベルナールさん、ワイングロッサリーの社長さんです。

P1070216.JPG


さて、どんなお料理&ワインがいただけるのでしょうか?!

シャブリと京料理の夕べ~料亭菊乃井(本店)~その2

今回は、この4種類のワインがいただけるそうです。

●Chablis 1er Cru Vaillon 2006
●Chablis 1er Cru Mont Milieu 2005
●Chablis Grand Cru Grenouille Chateau Grenouille 2004
●Chablis 1er Cru Mont de Milieu 1999

P1070221.JPG

P1070222.JPG
まず、1番目のChablis 1er Cru Vaillon 2006 で乾杯です。

P1070220.JPG

八寸。杉の絵馬の形の板に春が満載です♪

P1070223.JPG

白子蒸し トリュフのあん。

P1070224.JPG

P1070226.JPG

真鱈の白子とトリュフですよ!美味しい!!

P1070228.JPG

向付(造)は、車海老、鯛、水前寺海苔。

P1070230.JPG

向付の続き、鮪です。辛子と黄味醤油で。

P1070231.JPG

お椀が運ばれてきました。わくわく。

P1070232.JPG

煮物椀は、丸仕立てです。
丸というのはすっぽんのことです。

P1070233.JPG

さて、焼物の魴鰹南蛮焼きが、大皿で運ばれてきました。

P1070236.JPG

女将さんが取り分けてくださいました。

ただ料理を持ってくるのではなく、演出もとても素晴らしいと思いました。

P1070237.JPG

取り分けていただいた魴鰹南蛮焼きです。青い器に杉板、映えます。

P1070238.JPG

ワインも飲んで会も和んでまいりました。ワインは輪(和)を作りますね。

P1070239.JPG

海老のスープ

P1070240.JPG

松浪くん、「海老以外の香りと味がする・・・」と言っていましたが、答えは『露生姜』でした。このちょっとしたスパイスがアクセントになります。

P1070241.JPG

何やら玉手箱が・・・。

P1070242.JPG

酢の物が宝石のように入っていました!!

P1070244.JPG

強肴は、京野菜鍋です。蕪や大根、海老芋が大きめで入っていました。ホクホクでした。

P1070245.JPG

ワインもたくさんいただいて、いい気分です。

●Chablis 1er Cru Vaillon 2006
シャブリの中でも古い区画だそうで、2006年は6・7月に太陽に恵まれとてもいい気候だったそうです。
春を感じるシャブリだということです。

●Chablis 1er Cru Mont Milieu 2005
真南に面した日当たりのいい斜面に植えられているぶどうだそうです。土壌が非常に痩せているため、昔からぶどう以外の植物は育たなかったそうです。でも痩せた土地といい日当たりのおかげで、ミネラル豊かなワインとなったそうです。ほんとにそうでした。

●Chablis Grand Cru Grenouille Chateau Grenouille 2004
こちらのGrenouille グルヌイユですが、グルヌイユはフランス語でカエルのことだそうです。

●Chablis 1er Cru Mont de Milieu 1999
そして、4番目に登場。1999年のシャブリ。なかなかこんなヴィンテージは飲む機会がありません。
蜂蜜、漬け込んだ果実の香りと味。

エルベさん、シャブリのワインは、ワインが料理を邪魔することなく、料理がワインを邪魔することもなく、互いに相乗効果を出し合い、とてもいい関係になるワインだとおっしゃっていました。

P1070246.JPG

P1070247.JPG

P1070248.JPG

ご飯物は穴子飯蒸し、粕汁。

P1070249.JPG

そして、デザートがとっても美味しかったです。金柑ソルベ 苺スープ。
スプーンがまた可愛い。銀のレンゲなんですよ。

P1070251.JPG

少し、エルベさんとお話することができました。
私と松浪くんが参加者の方の中では若く見えたそうで、「こんな若い方がシャブリに興味を持ってくれて嬉しい。」と言ってくださいました。ありがとうございました。

P1070250.JPG

本当に至福のときをすごさせていただき、感無量です。

とっても勉強になりました。今後に活かしていけるようにしたいです。

2008年04月15日

リストランテ カシーナ(福井)にて La Spinetta ラ・スピネッタ ワイン会

福井市文京にある「リストランテ カシーナ」さんにて開催された、ラ・スピネッタ(La Spinetta)社のワイン会に行ってきました。私のワインの先生、Y先生にお誘いいただきました。

リストランテ カシーナさんには初めておじゃましました。イタリアには行ったことがありませんが、まるでイタリアに来たような佇まいです。2階建ての石造りの建物、素敵なお庭、本当にゆったりとできるスペースで、チャペルやパイプオルガンもあります。イタリアのトスカーナの美しい丘の上に建つ素朴な石造りの馬小屋”カシーナ”をイメージされたそうです。

リストランテ カシーナ
http://www.cascina.org/


ラ・スピネッタ社は、イタリアのピエモンテ州にあるワイナリーで、バルバレスコ、バローロのサイやライオンのラベルで有名です。
ラ・スピネッタ社のワイン造りは、リヴェッティ3兄弟が、父(愛称ピン)から譲り受けたぶどう畑で、イタリアで初めて単一畑のモスカートダスティをリリースしたことが始まりです。その後、バルベーラ種やネッビオーロ種の畑を次々に購入し、ワイン造りを始めました。醸造所は、創業の地、モスカート種のぶどう畑があるカスタニョーレ・ランツェ以外に、バローロ地区グリンザーネ・カヴール、トスカーナ州ピサ近郊の3箇所に所有しています。ヴィニディアリア(ガンベロ・ロッソ誌)2007年度から3スターワイナリーへ昇格し、名実共にイタリア屈指のワイナリーへと成長を遂げました。
ちなみに、3スターワイナリーは、数あるイタリアのワイナリーの中でも3つだけです。一つはGaja、一つはCA'DEL BOSCO、そしてもう一つがLa Spinettaなのです。

ラ・スピネッタ La Spinetta
http://www.la-spinetta.com/Home/

そのスピネッタの3兄弟の一人、ジョルジョ・リヴェッティさんが来日され、このカシーナさんでワイン会だというのです。なかなかそんな機会はありません。そのようなワイン会に私なんかが参加させていただけて、本当に嬉しいです。

初めておじゃまするレストランで、初めてお会いする方ばかりで、めちゃくちゃ緊張していました。

P1070951.JPG

輸入業者の方の説明が始まります。

P1070950.JPG

今日のお料理のメニューとワインリスト。楽しみ・楽しみ。


P1070952.JPG

まずは、食前酒アペリティフとしてモスカートダスティが。甘くてシャワシャワ!すっきりです。
Bricco Quaglia Moscato d'Asti 2006

P1070953.JPG

”食前のお楽しみ”と書いてあったのは、鮎でした。トレビスと。

P1070957.JPG

”季節の前菜盛合わせ”が運ばれ、続いて白ワインが2種類。

P1070954.JPG

ランゲ ソーヴィニヨン
Lange Sauvignon 2005

ランゲ シャルドネ リディア
Lange Chardonnay Lidia 2006

「リディア」というのは、お母さんの名前だそうです。

P1070958.JPG

”空豆とアスパラガスのクリームスープ”


P1070960.JPG

自家製パン、そしてオリーブオイルが美味しかったです。サルバーニョというオリーブオイル。カシーナのご主人のFさんが、イタリアで見つけてこられたそうです。


P1070961.JPG

これが、スピネッタ社のワイン達。


写真はありませんが、この後、

Ca'Dipian Barbera d'Asti 2005

Lange Nebbiolo 2005

Pin Monferato Rosso 2005

をいただきました。

P1070964.JPG

”真蛸とポルチーニのペンネッティー ルッコラ添え”
ルッコラをソースに浸して食べるととてもワインと合いました。

P1070965.JPG

”若狭グジのウロコ焼き レモン風味ソース”


P1070966.JPG

”和牛ロースのグリル 鴨と豚肉の自家製サルシッチャ添え”
このお肉と筍をいっしょにいただくと、春の味に♪


P1070967.JPG

Barbaresco 2002
Vigneto Starderi Barbaresco 2003

バルバレスコはイタリアのワインの女王と言われています。
2002年は3つの単一畑のぶどうを全ていっしょにしてワインを造られたそうで、単一畑名は付きません。
2003年は、3種の単一畑のバルバレスコができました。
【ガッリーナGallina】  【スタルデリStarderi】  【ヴァレイラーノValeirano】の3つの畑名です。
そのうちの、スタルデリをいただきました。エチケットは色違いになっていて、ガッリーナは深い緑、スタルデリが赤、ヴァレイラーノが青です。バルバレスコのエチケットにはサイが描かれています。ドイツの画家、アルブレヒト・デューラー氏(1471-1528)の作品から生まれたそうです。


P1070969.JPG

Campe Barolo 2003
バローロもいただきました。バローロのエチケットは、百獣の王ライオンです。バローロはワインの王です。掛けてあるんですね。
バローロもバルバレスコも、ネッビオーロ種というぶどう100%で造られています。Y先生が、「ネッビオーロの簡単な見分け方」というのを教えてくださいました。「色が薄くてタンニンが強い」ということだそうです。そして、その色の濃さは、ネッビオーロの樹齢が古いほど色は薄くなるとおっしゃっていました。
なるほど~。ワインの色が薄いから、軽めのワインかと思って飲むと渋味がすごくてびっくりするのがネッビオーロなんですね。
ぶどうによって全然特徴が違って、やっぱりワインって興味深い飲物です。

P1070971.JPG

”本日の農家自家製のチーズ”

P1070973.JPG

カシーナさんには凄い種類の日本酒があるということですが、ワインの合間に出てきたのが「早瀬浦 浦底」。リヴェッティさん、「美味しい!」と大絶賛されていました。

リヴェッティさんは、「イタリア料理と日本料理はとても似ている。ですので、イタリアワインは日本料理と合いやすい。」とおっしゃていました。


P1070975.JPG

カシーナさんのお庭の木々です。
ライトアップされています。
ソメイヨシノの桜が咲いて、池の水面に映り、とってもいい雰囲気です。


P1070983.JPG
ソメイヨシノの反対側には山桜。樹齢100年だそうです。


P1070987.JPG

”ドルチェの盛合わせ”
ティラミスが美味しかったです。


P1070988.JPG

デザートワインのパッシート オーロ。パッシートとは陰干しぶどうで造るワインのことです。このオーロは、モスカート種を通常より1ヶ月遅く収穫し、その後セラーの中で陰干しして造られます。
Passito Oro 2003


P1070990.JPG

イタリアのビールも出てきました。何でもあるんですね。凄いです。

最初の食前酒から最後のデザートワインまで、全てスピネッタ社のワインをいただき、大満足です。
体の中がスピネッタになりました(笑)


P1070998.JPG

Giorgio Rivetti(ジョルジュ・リヴェッティ)さんといっしょに!

楽しいひとときを、ありがとうございました!

2008年04月29日

花山椒しゃぶしゃぶ~Y先生のお宅にて~その1

私のワインの先生、Y先生のおうちで 「花山椒しゃぶしゃぶ de ワイン会」をしました。

先生のご友人曰く、「和久傳時代の幸村さんが考えた花山椒しゃぶしゃぶ、年一回これを食べないと春が来ない」というしゃぶしゃぶを、ぜひ食べてみたいということで、花山椒のある4月中に企画しました。


P1080156.JPG

花山椒としゃぶしゃぶ鍋。

P1080157.JPG

そして、今日のメインはこのスピーカーのお披露目♪
先生はオーディオも大好きで、すごーくマニアックな機材(聞いたこともないメーカー)がいっぱいです。
(本当は2本セットでしか売ってくれないスピーカーを、無理言って3本売ってもらったとおっしゃってました)

お披露目の曲は、Mさんリクエストの『ドボルザークの交響曲第8番』~♪~♪~♪


P1080163.JPG

「先生、何か料理用に白ワインをいただけますか?」とお願いして出てきたのが、これ(汗)!

P1080160.JPG

Peter Michael "Cuvee Indegene"


先生が「花山椒しゃぶしゃぶ」に合うワインをと、何本かセラーから出してこられました。

P1080164.JPG


さて、どのワインが空くのでしょうか???


まずは、シャンパーニュで乾杯を。

P1080167.JPG

Paul Bara Cuvée Brut Réserve / ポール・バラ キュヴェ・ブリュット・レゼルヴ


P1080168.JPG

みんなでカンパーイ!!


P1080169.JPG

ハム、サラミと茸のマリネ。


P1080171.JPG

ホワイトアスパラと帆立のサラダ。ホワイトアスパラは長野産。トマトはとっても甘い高知のトマト。


P1080173.JPG

そして、次は以前もご紹介しました”いさざ(シロウオ)”です。

まずは、動画でお楽しみください。


そして、網ですくってお酢に・・・・・。  ・・・あ、逃げました(汗)

P1080178.JPG


P1080179.JPG

生姜入りのお酢につけていただきます。触感はぷちっとしてます。味はほとんどありません。

あー、ちょっとかわいそうですが、これも春の風物詩・・・・。

P1080188.JPG

鮑のステーキです。


P1080191.JPG

こちらは、Mさんの自家畑の野生三つ葉の胡麻和え。野生の三つ葉は葉っぱが硬すぎて、これは茎だけ使われているそうです。


P1080193.JPG

これもMさんの手作り。浅葱の根元と烏賊の和え物。すごーく美味しいです。


P1080195.JPG

先ほどの料理用として開けた「ピーターマイケル」も勿論いただきました。そして、2番目の白ワインが。ロワールのシュナンブラン、AOCサヴィニエールです。

Savennières Trie Spéciale 1995 サヴニエール・トリ・スペシャル
/Domaine des Baumard ドメーヌ・デ・ボマール

ボマール家は近年までブドウ栽培中心の苗木業者として生計を立てていましたが、1953年にカール・ド・ショームを購入、ワイン生産者としてドメーヌを発展させてきました。現在では、ロワール地方のグラン・クリュと呼ぶに相応しいカール・ド・ショームで最高の生産者としてボマールが挙げられるほどの名声を得ています。

さてさて、まだまだ前半戦・・・・・・・・・・・・どんなワインが出てくるのでしょうか?(その2へ続く)

花山椒しゃぶしゃぶ~Y先生のお宅にて~その2

さてさて、花山椒しゃぶしゃぶとのマリアージュにと先生がデカンタージュされたのは、この2本!!


P1080208.JPG

Cote-Rotie / J.Vidal.Fleury 1966


P1080184.JPG

Chateauneuf-du-Pape / Domaine de Mont-Redon 1961


P1080205.JPG

なんと1961年のラベルですが、穴でヴィンテージが表示されています。毎年同じラベルを使い、ヴィンテージは穴あけでやっていたんですね?!

P1080211.JPG

地図もいいですねぇ。味があります。

P1080197.JPG

それと、驚いたのが「値札シール」です。先生はこのワインをずいぶん前に購入されたのですが、なんと『4ドル36セント』、シカゴでの購入なので米ドルです。

「ええ?!4ドル?!?!?」

みんな目をぱちくりして驚きました。

P1080202.JPG

左が 61 パプ、 右が 66 ロティ です♪

こんな比べ方、初めてです(涙)

さてさて、メインの花山椒しゃぶしゃぶを・・・・・・・・・。


P1080196.JPG

お肉、筍、若布、うるいです。


P1080198.JPG

花山椒をまず出汁の中にドバッと入れます。そして、野菜やお肉をしゃぶっと・・・。


P1080199.JPG

そのお肉に絡まってきた花山椒といっしょにお口の中へと運びます。んんーん、美味です。ピリッと山椒がたまりません。
そして、ローヌの古酒にもぴったりなのです。先生、素敵なワインをありがとうございます。


P1080212.JPG

「これは?」と出てきましたのが、カリフォルニアのピノノワール、さっきのシャルドネと同じ「ピーターマイケル」のワインです。

Peter Micheal PN "Le Moulin Rouge" 1998

このPNもしゃぶしゃぶにぴったりで、先生曰く 「お手本だよ。」


P1080213.JPG

そして、鮑もしゃぶっとしてみました。もちろん美味しいです。


P1080214.JPG

さて、しゃぶしゃぶもクライマックス。Mさんの手作りのパスタをしゃぶしゃぶに。
このパスタはうどんの製法を参考にして三つ葉の葉っぱを練りこんで作ったという「三つ葉パスタ」です。


P1080220.JPG

「鍋の締めは麺でしょ?!」ということで鍋に・・・・。


P1080218.JPG

これがこれが、美味しいこと!!
山椒と出汁とパスタが絶妙でした。

さて、花山椒しゃぶしゃぶは大満足に終わりました。

まだまだ続きますよ~。その3に続く・・・。

花山椒しゃぶしゃぶ~Y先生のお宅にて~その3

さて、しゃぶしゃぶの後も料理が続きます。

みんなよく食べます(^・ω・^)

P1080221.JPG

へしこのパスタです。パスタは鰹だしで茹がき、旨みがパスタまで絡んでいます。


P1080223.JPG

先生が「へしこパスタにはこれ!」と、またカリフォルニアのカルトワインが・・・。

Cabernet Sauvignon Napa Valley / Colgin Herb Lamb vineyard 1995

Colginの本物を初めて見ました(驚)。へしこの生臭味とこのカベルネソーヴィニヨンがとってもいい相性だとみんな感激。


P1080224.JPG

「当ててください」と先生がデカンタージュされて、みんな「これはボルドーだよね?」と言っていましたが、主人が「20年前くらいのボルドーですか?」と言って、「お!ほぼ正解」と言っていただきました。

Ch. Pichon-Longueville Baron 1990


なんか、すごいのがどんどん出てきます (^_^;)


P1080225.JPG

山菜、オクラ、細魚(サヨリ)の梅肉和え。


P1080226.JPG

Cote-Rotie 1990 / E.Guigal


P1080228.JPG

セラーをシェフと主人が見学させていただき、目をつけていたワイン・・・・・。
主人が1972年生まれなので、「1972年のルロワが飲みたいです」なんて大それたことを・・・。
でも、先生は開けてくださいました。

Savigny-les-Beaune / Domaine Leroy 1972


P1080230.JPG

主人と同じ36年を迎えるワイン。コルクはこんなに・・・・。あたりまえですが、人間もワインも歳をとります。


P1080233.JPG

こんな貴重なワインが飲めることができて、感動です。

ちょっと酔った勢いで、元気よく挙手して、「先生!古いシャルドネが飲んでみたいです!!」と大それたことを言ってしまいました。すぐシェフが、「プルミエクリュじゃなくて、グランクリュがいいです!」


P1080234.JPG

Batar-Montrachet Grand Cru 1992 / Domaine Leflaive

初めてバタールモンラッシェ、飲みました。今日は初めてだらけ・・。


P1080237.JPG

またお料理です。ただの海苔巻きに見えますが、これはちょっと違います。

この巻き物の黒いのは、「スガモ」という海草です。海藻(Seaweed)ではなく、海草(Seagrass)です。
ちょっと炙って「の」の字巻きにしたそうです。

Wilipediaより
海草(かいそう、Seagrass)とは、海域に生育する種子植物のことで、海産の水草である。藻類である海藻とは同音異義であるが、海草を「かいそう」と読むと区別しにくいので「うみくさ」と呼ぶこともある。


これも、Mさんが仕入れてきてくださいました。スガモに感動していると・・・・・・・・・


P1080238.JPG

早瀬浦の吟醸が、それも一升瓶で・・・。すごいアルコールの量・・・。
そして稀少なものばかりが。

P1080239.JPG

とどめは、いつもお馴染みのシェフの特製カレー!

チャツネとかいろいろ入ってます。トロピカルな味。

シェフはイケム狙いでカレーを持ってくるのですが、今日は先生、「今日はイケムは出さない。違う方向で行く」と。


P1080240.JPG


なんとなんと、ヴィンテージポートワインでした。1985です。


P1080241.JPG

泡盛


P1080245.JPG

瓶を全部、並べてみました(汗)


P1080254.JPG

後片付けの最中、「日本酒の栓が無くなった!無くなった!どこに行った?」と、大騒ぎしていました。が、「あ、コルクでも大丈夫!」と、サヴィニエールで栓をしました。

ということで、栓をしたということで、締めにしたいと思います。


Y先生、奥様、本当にいつも美味しいワインを勉強させていただき、ありがとうございます。
また、ぜひお願いします!

2008年06月24日

日本ソムリエ協会関西支部 北陸例会

JR福井駅前にある、ユアーズホテルフクイにて「日本ソムリエ協会関西支部 北陸例会」が開催され、行ってまいりました。


P1000598.JPG


福井で行なわれるのは、なんと10年ぶりだそうです。


P1000599.JPG


14:00~16:00 セミナー
16:00~17:00 試飲会

というスケジュールになっていました。

セミナーは、なんと「2007年度ミシュラン東京」で3つ星を獲得した銀座の「ロオジェ」のシェフソムリエである中本聡文さんが講師でした。

銀座ロオジェ
http://www.shiseido.co.jp/losier/top.htm


P1000601.JPG


P1000602.JPG


中本氏がどういう経緯で今のロオジェのシェフソムリエになられたかとか、どのようにステップアップされてきたかとか、経歴も交えてさて「よいソムリエとは?」というようなお話を聞かせていただきました。

中本さんのお話を通して感じたのは、「お客様が楽しんで喜んでいただくのが一番」ということです。

「よいソムリエとは?」という質問で、ある受講者の方は「お客様がどうしたいかを察して行動する」とおっしゃっていました。
中本さんは「わからない時は聞きなさい。聞けばいいんです。」

「今日は暑いですね。喉が乾いてますか?冷たいお飲物がいいですか?」
「ワインはどんなのがいいですか?甘いのがいいですか?ドライなのがいいですか?」
そのお客様とのコミュニケーションが信頼関係を生むということなのでしょうね。

P1000600.JPG


こちらは、セミナーで試飲したワイン。
白が2種類、赤が1種類です。

P1000603.JPG

● Dog Point Sauvignon Blanc 2007 / New Zealand

● Sancerre 2005 Vincent Pinard

● シャトーメルシャン カベルネ・ソーヴィニョン&メルロ 2003


P1000604.JPG


セミナーの後、話しかけるのにとても緊張しましたが、話してみるとすごくソフトな方で低姿勢の方でした。さすがです。
実は先日主人が銀座ロオジェさんへ食事に行きまして、その時に中本さんを呼んだそうですが、お出かけになられてしまったとのことでした。たった1回しか行ったことがないのに、「ご主人の席に行けずにすみませんでした。」と頭を下げられ、本当にこちらが恐縮してしまいました。

P1000605.JPG

セミナーの後は、試飲会場へ移って数社のブースで試飲ができました。
赤いポロシャツで頑張っておられた「日智トレーディング」さん。

P1000606.JPG

今回の例会、大変勉強になり、今後に活かせていければと思いました。

2009年04月12日

春爛漫ワイン会(主催:お客様 企画:うおとめ)

お客様主催の『春爛漫ワイン会』をうおとめが企画運営(?)させていただきました。

ご予算もたっぷりあり、かなり贅沢な内容となっております。


9名様でのワイン会、ワインは10種類です。

20090411%20002.jpg


20090411%20004.jpg

ワインリストと献立はこんな感じです。

Wine List

1)Champagne / Jean Milan Grand Cru  Blanc de Blanc Brut

2)Sancerre 2007  / Domaine Merlin Cherrier

3)Cotes du Rhone 2007 / Domaine Maby

4)Savigny les Beaune 2004 / Simon Bize & Fils

5)Stagecoach Blend 2005  / Stonehedge Winery

6)Dominus 2002 / Christian Moueix

7)Volnay 1er Cru Santenots 2001 / Domaine Sylvie Esmonin

8)Gevrey Chambertin 2001 Vieilles Vignes / Domaine Dominique Laurent

9)Vosne Romanee Les Hautes-Maizieres 2001 / Domaine Priure Roch

10)Recioto di Soave 2001 / Roncolato

お献立

口 代
  ・花山葵
  ・新牛蒡金平
  ・たらの芽 蚕豆 スナックエンドウ
  ・なまこ

 造  鮪 梶木 平目 蛍烏賊 才巻海老 鳥貝 白玉貝

焼 物 鯛 蕗の薹味噌

煮 物 白い焚き合わせ

揚 物 竹の子フライ

強 肴 鮑 磯焼き

進 肴 花山椒しゃぶしゃぶ

蒸 物 冷製コロコロ野菜茶碗蒸 

御 飯 焼おにぎり
    赤出汁

果 物 季節の果物


----------------------------------------------
花山椒しゃぶしゃぶは、今の季節だけのもの。花山椒を出汁のお鍋に入れて、そこへ和牛をしゃぶしゃぶしていただきます。

20090411%20005.jpg

5番と6番のカリフォルニアワインを、ブラインドしていただきました。
デキャンタして同じ瓶でサービスし、A・Bのどちらが5番か6番かを当てていただきました。
9人中5人が当たりました。

5番はストーンヘッジワイナリーのステージコーチブレンド。そして、6番はクリスチャンムエックスが手がけるカリフォルニアのカルトワイン、「ドミナス」です。ドミナス2002は、パーカーポイント96点なんです。

同じようなボルドーブレンドでわかりにくいと思いますが、価格的には5番と6番では、10倍(ゼロがひとつ)違います。

ワインを比べて飲まれて、みなさんがおっしゃったのは、「このストーンヘッジ凄いね!この価格でこのパフォーマンスは頑張っているよね!」ということです。


日本料理のコースを堪能していただき、和食とワインのマリアージュの意外性を楽しんでいただけたようでよかったです。

2009年07月10日

ホテルニューオータニ大阪ワインセミナー~世界のスパークリングワイン~(レストランSAKURAにて)

7月8日に、ホテルニューオータニ大阪でのスパークリングワインのセミナーに参加させていただきました。

様々なソムリエコンクールで素晴らしい成績をあげておられる小嶋隆ソムリエのセミナーです。
とっても楽しみにしていました。
今回は、お店のスタッフの板場さんと参加してきました。

20090708%20002.jpg


20090708%20003.jpg

SAKURAという18階にあるレストランが会場です。


20090708%20004.jpg

こちらが入り口。

20090708%20005.jpg

素敵な店内です。この奥にある個室でセミナーがありました。


20090708%20006.jpg

今回でこのワインセミナーも38回となるそうです。私は初めて参加させていただきました。

今回のテーマは、「世界のスパークリングワイン」ということで、5種類のスパークリングワインをいただきます。
まず、ブラインドテイスティングです。A~Eまで、どれがどのワインか想像しながらテイスティングします。小嶋さん曰く、まずは一つに集中しないで、すっすっっと順番に香りを感じてみてくださいとのことでした。


20090708%20009.jpg

こちらが、小嶋ソムリエです。

20090708%20010.jpg

ワインが注がれました。


20090708%20011.jpg

小嶋さんのお話を聞きながら、テイスティングをしました。

かなり真剣にテイスティングして、消去法でBとDとEは分かりました。
が、AとCが「シャンパーニュ」か「カヴァ」のどちらかで迷ってしまいました。
でも、Aがとても美味しくて好きだったので、Aがシャンパンかな?と思いました。
しかし、シャンパーニュはCでした(涙)。

ということは、あのAのカヴァはとてもコストパフォーマンスがあり、美味しいカヴァなんだと思いました。

スパークリングのテイスティングは、結構酔います。食事が出されるころにはいい感じでした♪

20090708%20012.jpg

このレストランからは、大阪城もきれいに見えて素晴らしいです。夜もきれいだろうなぁ・・・。

20090708%20013.jpg

テイスティング後、お食事となりました。


20090708%20015.jpg

Amuse-Bouch 小前菜


20090708%20016.jpg

パン


20090708%20017.jpg

Compote de Legumes a la Nicoise,
CEuf Poche Gelee de Son Jus
ニース風夏野菜に温泉卵を添えて

20090708%20020.jpg

Bar de Mer Pique de Feves Fraiches,
Jus de Volaille,et AYU Frit
空豆をピケした鱸のポアレ 小鮎のフリットと共に


20090708%20021.jpg

Entremets de Figues, Banane,
et Raisins Glace Vanille aux Raisins Secs au Rhum
無花果、バナナ、葡萄のアントルメ
ラム酒漂うバニラアイス添え


20090708%20022.jpg

Mignardises
小菓子


20090708%20023.jpg

紅茶


この日のスパークリングワインのリストです。

A:2005 Cava Mas Bertran Brut Nature Reserva Balma

B:2004 Bacharacher Kloster Furstental Riesling Sekt Brut

C:NV Ayala Zero Cosage Brut Nature

D:NV Cuvee Bellavista Franciacorta

E:1999 Morton Methode Traditionnelle Blanc de Blanc

20090708%20018.jpg

5つとも凄く美味しかったです。
お店でもスパークリングのワイン会をしたいなーと思いました。

そして、またこのニューオータニ大阪のワイン会も参加したいと思います。

2009年10月23日

WINE KANSAI 2009 大阪・天満橋OMMホール

昨日、WINE KANSAI 2009に行ってまいりました。

飲食店・販売店を対象としたワインの展示会です。

その第20回記念講演で、そむりえ亭の樋口誠マスターソムリエが、講師をされますので、勉強しに行ってまいりました。

講演の前に・・・・・・・・・・・・・


樋口さんに「めっっーちゃくちゃ、緊張してたなー?!」と話しかけられました。
私、「だってー!サービス実技会場に入ったら、樋口さんが試験官なんですものっ!!」

樋口さん「あんな緊張した顔、初めて見たわ(笑)。いつもの顔と全然違ったわ。許されるなら、あの顔、写真で撮っておきたかったわ(超笑)。」


そうなんです。ソムリエの二次試験のサービス実技の試験官は、樋口さんだったのです。

何百人の大阪会場の受験者に対し試験官が12人、という確率で知り合いの方が試験官だったので本当に緊張したんです(汗)

樋口さん「そーやなー、知らん人の方が緊張せえへんわ(笑)」とおっしゃってました。

樋口さん「ほんで、(結果)どうやった?!」

私は、Vサイン(合格!)で、ウィンクで合図しました♪(ウフ)


20091022%20001.jpg

講演のテーマは、「教科書に載っていないマリアージュ~日常の中で簡単に活かせるマリアージュ~でした。

20091022%20002.jpg


日頃の食事とワイン選びにも活かせる楽しいお話でした。

教科書に載っていないマリアージュも、教科書に載っていないダジャレも(笑)

色んなお話を聞けて、勉強になりました。


20091022%20003.jpg

日常的に飲まれていそうな、白ワインと赤ワインに「秋刀魚のあぶり」と「豚のグリル」と「ピクルス」をあわせてみて、実際にマリアージュを口で確かめてみました。

一般的に「魚には白、肉には赤」と言われますが、それは一概には言えないということがはっきりとわかりました。

展示会場では、たくさんのインポーターや出展業者の方が商品の売り込みに精を出されていました。

色んなワインを試飲してきました♪

20091022%20006.jpg

こちらは、ラギオールアンオブラック コンコルドモデル

20091022%20005.jpg

ラギオールの限定コンコルドモデル・ソムリエナイフです。ナイフの一部に実際にコンコルドの機体に使われていた金属を使用したモデル。しかも、どの部分が使われているかわかるコンコルドの機体図付です。さらに、数量限定を示すシリアルナンバーが彫られています。ワインも飛行機も好きな方にはたまらないですねー。

2010年03月04日

フランチャコルタ 「カ・デル・ボスコ社」 マウリツィオ・ザネッラ氏 セミナー&試飲会

3月3日に、名古屋の中日パレスにて、フランチャコルタの「カ・デル・ボスコ社 マウリツィオ・ザネッラ氏のセミナーと試飲会がありました。

名古屋に来るのは久しぶりです。

20100303%20009.jpg

栄にある中日ビルの5Fが「中日パレス」です。


20100303%20010.jpg


1965年に小さな農家から始まったワイナリーですが、シャンパーニュを訪れたときに、「こんなワインをイタリアで造りたい!」と夢を抱き、その後、イタリア産スパークリングワインの先駆者となります。

フランチャコルタというDOCGは、スプマンテと名乗ってはいけないくらい、特別な存在となっています。そこまでのものにしたのは、そのマウリツィオ・ザネッラさんなのです。

20100303%20011.jpg

セミナーでは、フランチャコルタを5種類試飲しました。


20100303%20012.jpg

セミナーを始めるときに、「まず、乾杯!」

イタリアらしいなー。


20100303%20013.jpg

イタリアのワインの歴史もお話していただきました。

1968年の時点で、イタリア人の年間平均ワイン摂取量は、116リットルだったそうです。
この数字にはお酒を飲まない人の数も入っているので、1人に換算すると、1人が1日に1リットル飲む計算だったそうです。ワインは主食のように飲まれていたそうです。


20100303%20014.jpg

1970年代後半からは、がぶ飲みの時代から、だんだんと量より質になってきました。


20100303%20016.jpg

こちらは、フランチャコルタと他のスパークリングとの比較。

とてもよくわかりました。


20100303%20018.jpg

ザネッラさん、「試飲する前にお断りしておきますが、グラスはこのグラスにしています。フルートグラスは使用してません。」

ザネッラさん曰く、フルートグラスは嫌いだということです。
その理由は、

・飲む時にある程度は空気に触れたほうがよいので。
・洗った後、乾かすのが難しい。
・食事中にはできるだけ自然な姿勢で頭はまっすぐにしていたい。フルートグラスだと、顎を上げて飲まなくてはいけない。

だそうです。

そして、試飲はフランチャコルタ5種類。


20100303%20019.jpg

(1)Franciacorta-Cuvee Prestige
  フランチャコルタ キュヴェ・プレステージ

(2)Franciacorta-Dosage Zero Millesimato 2004
  フランチャコルタ ドサージュ・ゼロ 2004

(3)Franciacorta-Saten Millesimato 2004
  フランチャコルタ サテン 2004

(4)Franciacorta-Brut Millesimato 2004
  フランチャコルタ ブリュット・ミッレジマート 2004

(5)Franciacorta-Brut MIllesimato 2002
  フランチャコルタ ブリュット・ミッレジマート 2002


ドサージュ・ゼロというのは、門出のリキュールが無しということです。 

どれも個性があり、印象深かったです。
特に、フランチャコルタ サテンが、個人的に美味しいと思いました。

お買い上げ♪


ワインを生産するのには、哲学が必要だとザネッラさん。

●献身
●労苦
●情熱
●テロワール
●時間
●お金

ワインに限らずなんでもそうなのかも・・・って思いました。


あと、「NV」について・・・。

「これは、ノンヴィンテージではないのだ。本当はMVにするべきだ。」
マルチヴィンテージにするべきたったのだ。と語っておられました。

なるほど・・・その通りです。

20100303%20022.jpg

左から、私、ザネッラさん、通訳でジャーナリストの宮嶋勲さん。

宮嶋さん、「福井、昔よく行ってましたよ!Yさんとかとワイン会してましたよ。」

私、「あ!Y先生はワインの師匠です♪」

ワインの世界って、狭いなー。


20100303%20024.jpg

ボトルにサインもしていただきました(^-^*)

ありがとうございます♪

20100303%20021.jpg

ザネッラさんと写真を撮らせていただきました。

とても素晴らしい方でした。


2010年04月13日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(1)~

4月11日に、奈良へ行ってきました。

「サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良」に参加させていただいてきました。

カトリックのカレンダーでは、1月22日はサン・ヴァンサン(サラゴサの聖ヴィセンテ)の祭日。この聖人はブドウ栽培者・ワイン醸造者たちの守護聖人となっているので、その近くにブドウ栽培者やワイン製造者たちがお祝いをします。聖ヴァンサンのワイン祭りで最も有名なのは、「サン・ヴァンサン・トゥルナント(Sait Vincent Tournante)」と呼ばれるイベントです。ブルゴーニュの村々がサン・ヴァンサンの像をかついでのパレードした後、教会でミサが行われます。

そのサンヴァンサンを日本でやろうというイベントが今年から始まり、調度「平城遷都1300年祭」が行われている奈良が第一回目の地に選ばれたのです。


どうしてこの4月になったかというと、サンヴァンサン日本に6つのブルゴーニュのドメーヌをお招きしました。そのドメーヌの方々に「ぜひ奈良の桜を見ていただきたい」ということで4月になったそうです。


サンヴァンサン日本は、お昼に二月堂での茶会、そして夜は奈良ホテルでのワイン会を2日間開催されました。


20100411%20002.jpg

これが、茶会のお茶券です。

この写真のワイングラスは、正倉院宝物「紺瑠璃杯」のレプリカですが、これは聖武天皇が愛用されていただろう(多分ワインは飲んでなかった)というグラスだそうです。


このお茶席の席主である、グラフィックデザイナーの麹谷宏さんが、このグラスを見て「サンヴァンサン日本」が奈良で行われるにあたって、ものすごく色んなアイデアを考えられました。それがこの茶会にすべて盛り込まれています。すごいなーと思います。
麹谷さんは、奈良のご出身で東大寺の近くのお生まれです。その生地でこんなお茶会ができるなんて本当に嬉しいとおっしゃっていました。

近鉄奈良駅に着きました。
タクシーやバスを使って二月堂まで行ってもいいのですが、ご一緒してくださったワインの師匠のY先生が「晴れてるし時間もあるし、歩いていこうか?」とおっしゃったので、歩いていくことにしました。

20100411%20004.jpg

本当にいい天気♪

20100411%20005.jpg

日曜日ということもあり、たくさんの観光客や人々が休日を楽しんでいます。

20100411%20006.jpg


私も幼少の頃は、よくここで遊んだなーって思い出しました。


20100411%20007.jpg

氷室神社。


20100411%20008.jpg

東大寺の参道に入ってきました。


人力車のお兄さんに、「よかったら乗っていきませんか?」と声をかけられました。

私  「Y先生、お金持ちに見えたんじゃないですか?」

Y先生 「いや、あなたが着物だから歩くの大変そうに見えたんじゃない?」


20100411%20009.jpg

大仏殿に向かう人だかりとは別の道へ。

二月堂に向かいます。


20100411%20010.jpg

勝手知ったる場所ですので、地図なしで道案内。

ここは、昔はプールがあったんです。小学校のとき、夏休みによく行ってました。
プールの帰りに冷しアメを飲んだ思い出が頭に浮かびました(笑)

20100411%20011.jpg


桜が風に散って、花びらの絨毯になっていました。


20100411%20012.jpg


20100411%20013.jpg

本当に綺麗♪

こんな季節に来ることができて幸せです。

散る桜にうっとり・・・・。

日本人でよかった・・・。

20100411%20015.jpg

花の道を歩きます。

20100411%20016.jpg

鹿さんも桜を喜んでいました。
花びら(多分)食べてました。

もうすぐ二月堂です♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(2)~

二月堂に着きました。結構歩きました。

20100411%20017.jpg

向かって左側の石の階段を登っていきました。階段から見た二月堂。


20100411%20018.jpg

観光客で賑わっていました。修学旅行生もいました。

20100411%20019.jpg

20100411%20020.jpg

大仏殿の屋根が綺麗に見えます。
この景色、やっぱり落ち着きます。


20100411%20021.jpg

20100411%20022.jpg

古都の景色・・・。


20100411%20023.jpg

Y先生と。


20100411%20025.jpg

こちらが茶会記。

ブルゴーニュの6ドメーヌをご招待し、あの正倉院宝物「紺瑠璃杯」レプリカにワインを注いで大仏様に奉納するのです。
すごい企画ですね♪

20100411%20026.jpg

待合床。
屏風は、ワインの木箱の焼印になっていました。おもしろいですね。

20100411%20027.jpg

素敵なぶどうの絵。

20100411%20028.jpg

薄器とお茶碗。

20100411%20029.jpg

いよいよ、席入りです。

20100411%20031.jpg

ものすごーくお天気が良くて、外の景色が最高でした。
そして、ブログでは伝えられないのが残念ですが、鶯がしきりに鳴いていました。
春の麗を満喫できる素晴らしい場所です。


20100411%20032.jpg

桜に包まれてのお茶会・・・・。

さて、(3)に続きます♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(3)~

お席につきました。


この茶会は2日間で6回行われたそうですが、この回が最後の回です。

20100411%20033.jpg

お席に着きました。

何が始まるのか、どんなお茶会なのか、ワクワクです。

20100411%20035.jpg

この和紙のトンネルに興味津々です。


20100411%20034.jpg

ちょっと、覗いてみました。


20100411%20036.jpg

席主の麹谷宏さんがご挨拶されています。

ゆっくりと丁寧にお話される麹谷さん。客側も落ち着きます。これもおもてなしの一部なのでしょうね。


20100411%20037.jpg

聖武天皇が愛用していただろうといわれる「紺瑠璃杯」の説明をされました。

奈良の1300年の歴史。
奈良時代から1300年後、この杯にワインが注がれ東大寺の大仏に奉納されるなんて、聖武天皇は想像もしなかったでしょうね。

夢とロマンがあるお話ですよね~♪

20100411%20038.jpg

ワイン茶会では、きちんとソムリエさんがワインを運ばれます。すごいなー。


20100411%20039.jpg

お茶の作法に従って、ワインを一人ひとりに配られます。


20100411%20040.jpg

赤と白がグラスで。


20100411%20042.jpg

ワインが次々に配られます。

20100411%20043.jpg

私のところにも♪

20100411%20041.jpg

改めて、外の麗かな春の景色を見て・・・・・。

20100411%20046.jpg

かんぱーい!!!


20100411%20044.jpg

こちらの点心は、「まるすらぱん」というフレンチレストランの点心です。


20100411%20048.jpg

手前のはフォアグラでした。
左のはジャガイモの味がしました。
サーモンが巻いてあるのと。

20100411%20049.jpg

生ハム。
ちっちゃなパイ。

20100411%20050.jpg

これは、Y先生の点心なのですが、お皿が微妙に違っていて、「これも撮っといたら?」と言われて撮りました(^-^*)


20100411%20051.jpg

この時の白ワインは、

2006 Puligny Montrachet / Domaine Etienne Sauzet

そして赤ワインは、

2002 Chambolle-musigny / Domaine Jacques-Frederic Mugnier

でした。

ワインは回によって違ったそうです。

20100411%20052.jpg

俳句の掛け軸も見ながら・・・。


20100411%20053.jpg

点心、ご馳走様でした。

(4)に続きます♪♪♪


2010年04月14日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(4)~

さて、点心をいただき、お茶のお点前が始まります。

麹谷さんが「大寄せの茶会というものは、通常は亭主が正客にお茶を点てますが、正客以外の客に対しては、「影出し」と言って水屋で点てたお茶を配る形式が多い」とおっしゃいました。
そして、「そうではなくて、亭主がお客様みなさん全員のお茶を点てたいのです。」とおっしゃいました。


「どういう風にして、その大寄せでの影出しの問題を解決できるのだろう・・・」と考えていました。


20100411%20054.jpg


みなさんで総礼。水屋の方もお運びの方々も、オールメンバーで総礼です。

麹谷さんが出てこられ、真っ白の壁に・・・・・・・!!

20100411%20055.jpg

「一」を一文字書かれました。

そうか!!


これが茶会記に載っていた、「床 麹谷宏 筆 『一期一会』」なのか・・・とわかりました!


20100411%20058.jpg


お菓子です♪

かわいい!

20100411%20060.jpg

俵屋吉富製 「然」です。


花びらが中に浮いているように見えて、ゼリーのように透きとおっています。
このお菓子には、去年初リリースした「シモン・ビーズ」の「シャルドネジュース」を使用されたそうです。

黒文字は、染井吉野の枝だそうです。ここまで桜にこだわりが・・。

20100411%20061.jpg

20100411%20062.jpg

20100411%20063.jpg

20100411%20069.jpg

すごーい!大きい茶筅です!!

20100411%20070.jpg

茶筅通しも大変豪快です。


20100411%20074.jpg

ああー!!!
そういうことだったのか!!!!

ものすごい大きい片口のお茶碗でのお点前だと思っていましたが、7~8人分を同時にこの大きな茶碗で点てて、それぞれのお茶碗に移しかえます。すごーい!

20100411%20075.jpg

大きい片口はそういう意図があったんだー!感動!

20100411%20078.jpg

お茶が配られます。


男性の方ばかりだなーと思っていましたら、東京六志会というみなさまによるものでした。
袴姿、素敵ですね。

20100411%20080.jpg

私にも運んでいただきました。

20100411%20081.jpg

お茶は、「四分六分 長寿園詰」だそうですが、なんで六分四分なのかというと、お茶会の準備のために薄茶3種、濃茶1種をテイスティングされたそうですが、いろいろと検討した結果、ブレンドしようということになったそうです。「六志(ろくし)会」だからといってそうなったわけではないそうですが、六分と四分でブレンドされたそうで、その名前になったそうです。おもしろいですね♪

20100411%20082.jpg


いただきました!

20100411%20084.jpg

窓に目を向けると、この景色!
こんな春麗かな環境でこんなお茶がいただけるなんて、本当に幸せです。

20100411%20085.jpg

桜が素敵な俳句の掛け軸。


20100411%20086.jpg

そして、こちらがあの正倉院宝物「紺瑠璃杯」レプリカ。

花入れに見立ててあって、その茶花として、甲州種葡萄若芽が活けられていました。
香合にしてあるのは、ブルゴーニュ古式タストヴァン。タストヴァンというのは、ワインを試飲するときに使われる携帯ようの容器です。
そして、丸卓(まるじょく)はシモン・ビーズ樽古材で造られた棚です。


20100411%20087.jpg


20100411%20088.jpg

季節も場所も本当に最高のお茶会だと思いました。

20100411%20089.jpg

茶杓は、「麹谷宏 作『不友留郷入』ピノノワール枝蔓ヲ削ル」


20100411%20090.jpg

真ん丸の形の薄器は、「日の丸棗 はたけなか造」だそうです。

炭斗は、「パニエ・ブルゴーニュ」。
パニエとはワインの瓶を入れる容器のことです。これに炭を入れるなんて面白いです。

火箸は、「スクリュー頭」と書いてありましたが、スクリューはソムリエナイフの部分の名前ですが、ワインのコルクを開けるときにコルクに挿す部分です。へぇーすごい。

蓋置は、今回来日された6ドメーヌのコルクを集めて造ったものでした。


20100411%20091.jpg

とっても楽しいお茶会でした。

麹谷宏さんと写真を撮らせていただきました。


本当に素晴らしい至福の時間でした♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(1)~

二月堂での立礼ワイン茶会を楽しんだ後、夜の部である「奈良ホテル」でのワイン会に向かいました。


まだ時間があるので、ゆっくり歩いていくことに。


20100411%20092.jpg

二月堂の裏道を行きます。


20100411%20093.jpg

東大寺の裏側に出るんです。


20100411%20094.jpg

大仏殿の屋根。

この景色、好きです。


20100411%20095.jpg

ここは田んぼですが、蓮華がとっても綺麗に咲いていました。


ずっと歩いてきましたが、「ちょっと休憩しようか?」ということで、吉野葛のお店の『天極堂』さんへ。

20100411%20096.jpg

葛餅とコーヒーで一息つきました♪


20100411%20097.jpg

ここの葛餅、本当にプルプルで美味しいんですよ♪

奈良に来られたらぜひぜひ♪

そして、歩いて一の鳥居を過ぎ、荒池のそばを通り、奈良ホテルが見えてきました。

20100411%20098.jpg

20100411%20099.jpg

ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

Y先生の携帯電話のWeather Channelの予報はやっぱり当たってました。

20100411%20100.jpg

奈良ホテルに着くちょうど3分前くらいに雨が降り始めました。

慌ててホテルに入りました。


さて、ワイン会は・・・・・?!

楽しみです♪

2010年04月16日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(2)~

奈良ホテルに着きました。

20100411%20102.jpg

20100411%20101.jpg

奈良ホテルは、今年で100周年だそうです。
歴史あるホテルです。


20100411%20103.jpg

雨が降ってきました。

桜が・・・・。


20100411%20104.jpg

本当だ・・・。雨が降ると桜の色が濃く見えるって。


20100411%20105.jpg

100年経つ建物に桜が映えます。

20100411%20106.jpg

「サンヴァンサン日本」御席の看板♪

旧館の方でワイン会は開催されました。


20100411%20108.jpg

ティーサロンでしばらく待っていました。


「桐の間でウェルカムシャンパンをご用意しています!」と案内されたので、行ってみると・・・・・・。

なんで!!Oさんがいるの?!

ってびっくりしました。

20100411%20110.jpg

奈良でお会いするとは・・・・(驚)

いつもお世話になっている、VSVのOさんでした。そして京都のワイングロッサリーのYさん♪

20100411%20111.jpg

4人でパチリ♪

20100411%20112.jpg

エチエンヌ・ソゼのジェラール・ブドーさんとマリーさんと♪

私の着物の帯がぶどう柄でしたので、マリーさんがそれを見つけて、「Oh! Budou,Budou!」って言ってくださいました。

そして、彼の名前も「ブドー」さんです(笑)

20100411%20114.jpg

待合でももう盛り上がっています。

20100411%20115.jpg

さて、お食事はこちらの「菊の間」。

菊の間については、奈良ホテルHPを♪

クラシックな暖炉やシャンデリア。
明治建築の粋をちりばめた雅びやかな宴会場です。


20100411%20116.jpg

とてもレトロなお部屋です。歴史を感じます。

20100411%20117.jpg

席につきました。

20100411%20118.jpg

おみこしのようにサン・ヴァンサン像をかついで歩きます。これは本当にブルゴーニュ地方で行われている行事です。
村ごとにサン・ヴァンサン像があります。この像はサヴィニーレボーヌ村の像です。

20100411%20121.jpg

運んで来られたのは、トロ・ボーのナタリーさん、エチエンヌ・ソゼのジェラール・ブドーさん、そしてジャングリヴォのエチエンヌ・グリヴォさん。

20100411%20122.jpg

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(3)~

この「サン・ヴァンサン日本 2010奈良」の仕掛け人、アーキネットの向井奈保子さん♪


20100411%20124.jpg


ビーズ・千砂さんも着物を着られてました。
「着物着たの、二十歳のとき以来!」っておっしゃってました。
でもすごーく似合ってらっしゃいました。

20100411%20125.jpg

20100411%20127.jpg

メニューとワインリスト。
かわいいデザイン。


20100411%20133.jpg

エチエンヌ・ソゼのブドーさんが最初の白ワインの説明を。

20100411%20134.jpg

乾杯は、その白ワインで♪

20100411%20137.jpg

鯛のサラダ仕立て キャヴィア添え
生姜風味ソース
Salade de Daurade et Caviar
Parfume au Gingembre


20100411%20138.jpg

パン。

20100411%20139.jpg

笑顔が素敵なソムリエさん♪


20100411%20140.jpg

乾杯したワインです。

2003 Bienvenue-Batard-Montrachet / Domaine Etienne Sauzet


美味しかったです♪


まだ続きますよー!

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(4)~

さて、今度はトロ・ボーさんのワインの説明です。

20100411%20141.jpg


Y先生は、いつも熱心にテイスティングコメントをつけてらっしゃいます。

20100411%20142.jpg


20100411%20143.jpg

注がれたのは、

2001 Latricieres-Chambertin / Domaine Simon Bize


20100411%20144.jpg

ラベルです♪


20100411%20145.jpg

鱸と手長海老のポアレ
ブロッコリー添え 赤ワインソース
Bar poele aux Langoustine
et Brocolis, Sauce Vin Rouge


20100411%20146.jpg

このワインは、

2001 Corton-Bressandes / Domaine Tollot-Beaut


20100411%20147.jpg

美味しいワインは、会話も盛り上がります♪


20100411%20149.jpg

今度は、

2000 Clos de Vougeot / Domaine Jean Grivot


20100411%20150.jpg

ラベルです♪


20100411%20151.jpg

そして、こちらが凄かった!!!


2000 Musigny / Domaine Jacques-Frederic Mugnier


20100411%20152.jpg

ジャングリヴォさんのワインの説明です。


20100411%20154.jpg

牛フィレ肉のステーキ 網笠茸添え
マディラソース
Filet de Boeuf Grille aux Morilles,
Sauce Madere


20100411%20155.jpg

とにかく素晴らしかったです。グランクリュばかりのワインでこんな経験初めてです(^-^*)

20100411%20156.jpg

同じことを考えている人がもう一人いました!!

そう!ぶどう柄の帯をされてる方がいました!!

静岡から参加されたそうです♪

静岡市にあるワインショップの方でした♪
マツキヤさんというお店だそうです。


20100411%20159.jpg

後ろからからだけでは・・ね♪前からも「はい!チーズ!」

20100411%20160.jpg

いつも素敵な千砂さん。すごいイベントでお疲れが出ませんように・・・・。


20100411%20161.jpg

お土産は奈良の手ぬぐい。「サン・ヴァンサン日本」の刺繍入りでした。

20100411%20163.jpg

チーズ♪


わー!って調子よく楽しんでいましたが、Y先生もお仕事があるし、私も帰らなければいけないので、日帰り弾丸トラベラーだったのです(涙)。

実は9時半の近鉄奈良駅発の電車に乗らなければいけなくて、

「時間に限りがございます・・・」が聞こえてきて・・・・(涙・涙・涙)


そして、デザートを食べることができずにとても名残り惜しく、帰ってまいりました。


でも、とっても素晴らしい茶会とワイン会・・・。

素敵な一日でした・・・・・・・・(うっとり)・・・・・・・・・・。

2010年06月01日

日本ソムリエ協会関西支部第2回例会~ホテルオークラ京都~

日本ソムリエ協会関西支部第2回例会に出席してきました。

京都のホテルオークラ京都でありました。去年ソムリエの試験があった会場と全くいっしょの会場で、懐かしく思いました。


20100531%20027.jpg


今回は、世界中に展開しているアラン・デュカスグループのシェフ・ソムリエを総括するジェラール・マルジョン氏が講師でした。そして進行役は、ベージュアランデュカス東京の総支配人、石田博ソムリエです。

アランデュカスといえば、一昨年、プロヴァンスに行ったときに、アランデュカスがプロヴァンスに開業した「ラ・バスティード・ムスティエ」に宿泊し、とても楽しく過ごさせていただきましたので、このセミナーはぜひぜひ参加したいと思っていました。

アランデュカスの料理は、「大地からのメッセージ」なので、ワインリストを作るときも、「メッセージ」があるワインを選んでいるということをおっしゃっていました。

そのメッセージは、70%がテロワールからのメッセージがあるものそれ以外は、造り手のメッセージがあるもの、そしてお客様の要望にそったもの・・・・・という風にリストされているそうです。

アランデュカスのレストランは、世界に26のレストランがあり130人のソムリエがいらっしゃるそうで、ワインは5000種類だそうです。それを統括されているのです。すごいです。

すべてのレストランでの試飲に携わっておられ、そしてそのワインリストは「赤い糸(fil rouge)」で繋がっているとおっしゃっています。ここまで徹底されているのが本当にすごいです。


20100531%20030.jpg

ワインのテイスティングは、6種類。

1) Cotes du Rhone 2008 / Domaine de la Janasse

2) Cotes du Rhone Villages Plan de Dieu 2008 / Ferraton Pere & Fils

3) Chateau Larogue 2001 / St.Emilion Grand Cru

4) Bourgogne Blanc "Les Cteaux des Moines" 2007 / Bouchard Pere & Fils

5) Pouilly Fuisse "Clos sur la Roche" 2008 / Domaine Saumaize Michelin

6) T-OINOS 2008 / Grece


いつもの感覚とは全然違ったのが、まず赤ワインから試飲。これはブルゴーニュ風らしいです。

ブルゴーニュでは、赤ワインからテイスティングするそうです。

そして、最後の6番のワインはギリシャのティオニス島でマルジョンさんが自ら造ったワインです。本質、原点に戻りたいと、ギリシャのある島に2000年葡萄の木がなかったところに葡萄の木を植えられたんです。

人間の手をできるだけ加えない自然なワインが出来たとおっしゃっています。

本当に素晴らしいワインでした。


20100531%20031.jpg

質問も多くなって、すごく中身の濃いセミナーとなり、予定時間を40分くらいオーバーしていました。
本当にためになりましたので、これからのワインのセレクトにも役立てていきたいと思います。

アランデュカスは、ワインだけでなく日本酒も取り入れています。2010年5月には、金沢の中村酒造さんとコラボで、日榮アランデュカス・セレクションをグループのレストランで提供されています。

もっともっと勉強になったこともありましたが、ブログでは書ききれないこともあります。


定期的にこのようなセミナーには、どんどん参加しようと思いました。

2010年07月08日

日本ソムリエ協会関西支部 ~第3回特別例会セミナー in 金沢~

7月6日に、金沢で開催されました、「日本ソムリエ協会関西支部 第3回特別例会セミナー」に行ってまいりました。

私はスタッフとしてお手伝いさせていただきました。とてもいい経験をさせていただきました。


20100706%20025.jpg


テーマは、「ボージョレ・ワインセミナー」と「テイスティングの基本/加賀料理とのマリアージュ/ワインサービス実践」でした。

通常今までは「数種類のワインの試飲」で終わっていたセミナーですが、今回のセミナーでは「料理」と「ワイン」が提供され、実際に料理とワインのマリアージュを体感していただくという素晴らしい企画でした。

20100706%20024.jpg

金沢都ホテルの「飛翔の間」。
こちらが会場です。


講師の先生は、日本ソムリエ協会理事でワインカレッジ校長の谷住肇先生でした。


20100706%20026.jpg

セミナーは、谷住先生の「僕何歳に見えます?」という会場を和ませる話題から始まり、ボージョレ地区のワインについて楽しい講義でした。


ボージョレといえば、ボージョレ・ヌーボーが有名ですが、今回はヌーボーではなく、ボージョレ地区の魅力的なガメイ種の魅力を学ばせていただきました。


20100706%20027.jpg


20100706%20028.jpg

私もお手伝いでワインをサービスさせていただきました。

注ぎ始めるタイミングの直前のセミナーの内容が「ワインの注ぎ方」について講義されていて、ちょっと緊張しました(汗)。

20100706%20039.jpg

前菜 
青豆葛万十・蛸味噌漬・海老のじんだ和え・帆立貝呂焼・サーモン蛇籠

20100706%20038.jpg

造り
鱚昆布〆 岩茸 防風 山葵 煎り酒


20100706%20037.jpg

酢物
梅貝
 蓮芋 長芋 人参 胡瓜 吉野酢

20100706%20032.jpg

ワインは5種類。

①~④はすべてもちろんガメイ種です。⑤はボージョレの白。シャルドネです。


ガメイ種は渋みもやわらかですごくフルーティーなので、和食には合いやすいワインだと思います。

4番のMoulin a Ventは、新樽を使って樽熟成しているため、治部煮にはしっくり合うと思いました。


20100706%20034.jpg

焚合
 治部煮
  小芋 すだれ麩 金時草 合鴨ロース


20100706%20035.jpg

蒸物
 蓮蒸し 
  鰻 三葉 銀あん 露生姜


20100706%20036.jpg

焼物
 太刀魚八幡巻
  酢取茗荷 びわ白和

20100706%20041.jpg

今日の5種類のワインです。


(1) 2009 Beaujolais / Georges Duboeuf

(2) 2008 Beaujolais-Villages / Joseph Drouhin

(3) 2007 Moulin a Vent / Joseph Drouhin

(4) 2007 Moulin a Vent Chateau Des Jacques / Louis Jadot

(5) 2007 Beaujolais-Villages Blanc “Grand Clos de Loyse” Chateau Des Jacques / Louis Jadot

みなさん、熱心に講義をお聞きになっていました。
そして、加賀料理とのマリアージュも、召し上がりながら感心しておられました。

普段のセミナーでは、「おかわり」なんてほとんどないのですが、今回はお料理があったせいか、「おかわり!」もたくさん出て、楽しく有意義なセミナーだったと思います。


20100706%20042.jpg

谷住先生と♪


勉強させていただき、そして初めてスタッフとして色々経験させていただき、ありがとうございました(^-^*)


------------------------------------------------------------------------------------------


ちなみにこちらは、スタッフの昼食ミーティングの時にいただいた定食の写真です(^-^*)

20100706%20023.jpg


また、今後とも宜しくお願いいたします。

2010年07月23日

「寿司とよ」さんで持ち寄りワイン会♪

ワインの師匠Y先生をはじめ、ワインが大好きなメンバー6人(男性3・女性3)で、「寿司とよ」さんでお寿司とワインを楽しみました。

寿司とよさん、持込すみません・・・無理を言って申し訳ございません。

でも、この寿司とよさんの絶品お寿司でワインを飲みたかったのです(^-^*)


20100608%2520029.jpg


今日のテーマは、シャンパーニュ♪

3種類のシャンパーニュと白ワイン2種、赤ワイン1種を楽しみました。

ワインを一人一本ずつ持ち寄りました。まずは、私の持ってきた(先日シャンパーニュの夕べで1番だった)シモンセロスで乾杯♪


そして次に、Champagne Carpe Diem Extra Brutをいただきました。

20100722%20002.jpg

このシャンパーニュはコルク栓のストッパーが麻紐でした(画像なくて無念)ので、すごく珍しいと思いました。

とても美味しいシャンパーニュです。


20100722%20001.jpg

鱚を梅肉で♪


20100722%20003.jpg

鮪の漬け・海老・甘海老


20100722%20004.jpg

鳥貝の塩焼きですが、3種類目のシャンパーニュ。
Champagne Heritier Eugene Prudhomme Cuvee du Troisieme Millenaire NV
この名前の意味は第3千年紀(2001年から3000年までを言う)のキュヴェ。2000年に販売開始し、以降ミニョンのプレステージシャンパンとして毎年造られる。ということだそうです。

20100722%20005.jpg

白ワイン2種。

1995 Peter Michael ”Cuvee Indigene”

1988 Meursault 1er Cru Perrieres / Nicolas Potels

興味深く味あわせていただきました。


20100722%20006.jpg

鮪の漬けです。


20100722%20007.jpg

そろそろ握っていただきます♪
鯖と烏賊。


20100722%20008.jpg

梅貝、鱚、牛蒡巻き、鉄火巻き。


20100722%20009.jpg

穴子です!

もうこの頃には、赤ワインが。

2008 Volnay 1er Cru Santenots / Domaine Francois Mikulski

をいただきました。(画像なくて残念ですが)


Y先生 「穴子よりももっと凄いマリアージュがあるよ。」

と、なにやら隠し持っていたボトルを取り出されました。

シェリーでした。

Y先生 「実は、鰻とシェリーがとても合うよ♪ 大将!鰻ちょうだい!」


20100722%20010.jpg

ということで、鰻が来ました♪


シェリーとあわせてみると、ほんとーーーーーに合いました。

これがマリアージュかーーー!!!って驚きでした。

20100722%20011.jpg

この漬けの握りは、ピノノワールにとっても合いました(^-^*)

20100722%20012.jpg

そして、シンプルが嬉しい、胡瓜巻きと山葵巻き。


素晴らしいお寿司とワイン、堪能させていただき、本当に勉強になりました!

みなさん、またいっしょに楽しみましょう♪♪(^-^*)♪♪

寿司とよさん、みなさん、ありがとうございました。

2010年11月03日

勘平寿司さんでお寿司とワインの夕べ♪

9月に勘平寿司さんでのワイン会がとっても楽しかったので、また同じメンバーで集まって、ワインを飲みました!

今回のメインのワインは、「2004 Opus One」です♪


2010-11-01%20012.jpg

Hさんがご提供してくださいました♪

2010-11-01%20007.jpg

H先生と私が持ってきました。シャンパーニュです。

・NV RJ Cuvee Speciale / Rene Jolly

・NV Blanc de Blancs / Jean Milan


2010-11-01%20009.jpg

お寿司屋さんのカルパッチョ♪

寿司酢ですごく美味しいカルパッチョでした。

シャンパンとすごく合います。


2010-11-01%20010.jpg

烏賊。

2010-11-01%20013.jpg

鮪。


2010-11-01%20014.jpg

この玉子、めっちゃ美味しそう・・。

でもまだ切りません(涙)。

2010-11-01%20016.jpg

赤貝。

2010-11-01%20017.jpg

メインのオーパスワン、開けました!

2010-11-01%20018.jpg

おおー!!

パーカーポイントは、93点です。

2010-11-01%20019.jpg

せっかくなので、グラスもリーデルのソムリエシリーズのグラスで(^-^*)


2010-11-01%20022.jpg

玉子ですぅ~♪


2010-11-01%20024.jpg

最後の締めは、赤出汁!

ごちそうさまでした!!!

いつも楽しいお寿司とワインの会をありがとうございます♪


またぜひ集まりましょう!!ありがとうございました♪


2010年11月17日

日本ソムリエ協会関西支部 第4回特別例会~料亭うおとめ~

昨日、社団法人日本ソムリエ協会関西支部第4回特別例会が、料亭うおとめにて開催されました。

関西支部では特別例会が年に4回行われていますが、福井で例会が行われるのは2年ぶりで、武生(越前市)で開催されるのは初めてです。

今回の例会では、料理とのマリアージュを勉強するということで、ワインの試飲プラスお食事もするという例会となっています。

今回は、「和食とイタリアワインのマリアージュ ワインサービス実践」をテーマにしたセミナーが行われました。


2010-11-16%20019.jpg

60名様の会場です。


2010-11-16%20020.jpg

講師は、「なにわの名工」
そむりえ亭店主樋口誠マスターソムリエです。

「ダジャレの神様」という異名も持ってらっしゃいます。


来場された皆さんにご挨拶されてましたが、来られる方みなさんから、

「炸裂トーク期待してます!」とか、

「だじゃれ待ってます!」とか声がかかっていました(笑)。


2010-11-16%20021.jpg

私も2人で撮っていただきました(^-^*)


2010-11-16%20022.jpg

サービス実践は会場から1人指名されて、実際に抜栓、デカンタージュをされました。


2010-11-16%20023.jpg

ワインは4種類。


1)2005 Verdicchio dei Castelli di Jesi / Brunori Mario & Giorgio
  イズミトレーディング

2)2007 Vernaccia di San Gimignano / Belinda Coli
  メルシャン

3)2005 Montepulciano d'Abruzzo Colline Teramane / Gran Sasso
  日本リカー

4)2007 Valtellina Superiore Grumello / Pietro Nera
  稲葉

お料理は5品でした。

・菊と菊菜のおひたし

・青魚の南蛮

・越前せいこ蟹 

・越前産里芋のきのこあん

・牛すじの根菜鍋


「和食には白」と言われてきましたが、今回のセミナーで赤ワインも和食には大活躍するということがわかりました。

これからもお客様に、「和食にワインも合います!」とおすすめしていこうと思いました。

もちろん、お客様のお好みが優先ですが。


越前市にこんなにソムリエが集まることは初めてだと思います。
遠くから足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。


ちなみに本日の、日刊県民福井に記事が載っていますので、どうぞご覧くださいませ♪

2011年01月23日

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン氏来日記念ワイン会~ Vin Sur Vin ヴァンシュールヴァン(虎ノ門)にて~

ブルゴーニュのドメーヌ、フィリップ・シャルロパン氏が6年ぶりの来日ということで、VinSurVinさん主催の来日記念ワイン会に行ってきました!

VinSurVin(ヴァンシュールヴァン)のお店の地下にあるレストランVinSurVinで開催されました。

2011-01-17%20003.jpg

レストラン入り口。


2011-01-17%20004.jpg

地下セラーをイメージさせるレストランです。初めて来させていただき、楽しみです。


2011-01-17%20006.jpg

フィリップシャルロパンは、ブルゴーニュの自然派の造り手さんです。


【VSVホームページより】
"ブルゴーニュの巨匠・アンリ・ジャイエ氏も絶賛する、若き醸造家"

アンリ・ジャイエ氏に毎年新酒を利いてもらうが、果梗が多すぎると酷評が続く。ついに1990年、「やっとワイン造りがわかったな」と褒められる。

フィリップの父、アンドレは孤児でアリエール・コートで育てられた。
自分のドメーヌを持ちたいと、稼いだ金を一生懸命ためて少しずつ畑を買い取っていく。そうして集めた1.8haの畑を譲り受けたフィリップは、さらに素晴らしい畑を探し求め、現在は13.77haをも所有している。

1988年に、ラトゥール一族のマダム・ジョスリーヌ・バロンに人柄を見込まれ、ル・シャンベルタンを任されるようになる。ジュヴレイ村の古いセラーを買取り、名実ともにジュヴレイのドメーヌとなる。

数ヶ所に分かれた畑のそれぞれのテロワールを生かすことを十分に考えているため、仕込み方法は一様ではない。ゆっくりした発酵・熟成と澱によって、ピノ・ノワールの魅力を十分に引き出し、酸味が柔らかく果実味の濃いワインに仕上げている。
果実味にボリューム感があり、若いヴィンテージでも旨味があるが、もちろん長期熟成にも耐えられるワインである。

所在地 : ブルゴーニュ地方 ジュヴレイ・シャンベルタン村
栽培面積 : 13.77ha
葡萄品種 : ピノ・ノワール、シャルドネ
葡萄栽培 : 低収穫、厳しい選果
発酵前 : 長期冷温浸漬法 (約1週間、果実と果汁を漬ける)
発 酵 : 30℃以下で15-25日の長期間

2011-01-17%20010.jpg

乾杯は、2007年がファーストヴィンテージの「2008 シャブリ」。

5ヘクタールの畑を買ってぶどうを栽培し始めました。シャブリ地区では珍しい、全て手摘み作業で収穫を行っているそうです。
150km離れているシャブリから醸造所があるジュブレシャンベルタン村まで、収穫したぶどうを冷蔵車で運び、醸造しているそうです。600mlの樽で15ヵ月熟成するそうで、2007は新樽50%、1~2年の樽50%の割合で熟成したそうです。ちなみに2008年は新樽30%だそうで、そのぶどうの状態によって変えるそうです。


2011-01-17%20011.jpg

Premier
フォアグラの温かいムース トリュフのコンソメジュレ添え
スモークサーモンのブリオーシュ包み


2011-01-17%20013.jpg

いつもお世話になっているOさん。

2011-01-17%20014.jpg

2007 Chassagne Montrachet Blanc


2011-01-17%20015.jpg

なんとラベルの裏側からラベルを見ると、文字が見えます♪

2011-01-17%20016.jpg

Deuxieme
萩漁港 朝市より 寒鰤のカルパッチョ仕立て

2011-01-17%20017.jpg

年間生産量900本という数少ないシャサーニュモンラッシェブラン。
光沢のあるワインです。


2011-01-17%20018.jpg

ワインの説明を受けながら、興味深くワインをいただいています。

2011-01-17%20019.jpg

こちらは、今日のワインリストですが、シャルロパンさんの直筆のサインが一人ひとりに。
素敵な心遣い、ありがとうございます。


2011-01-17%20020.jpg

Viande
蝦夷鹿の煮込み 野生の茸添え

2011-01-17%20021.jpg

2007 Gevrey Chambertin Cuvee Vieilles Vignes

ジュブレ・シャンベルタン キュヴェ ヴィエイユ・ヴィーニュ

この、Vieilles Vignes(VV)ですが、フランス語で「Vieille」は「古い」という意味で、古いぶどうの木から収穫したぶどうを使って醸造したワインということです。しかし、このVVの表示をするための法律はなくて、自称だそうです。シャルロパンさんの場合、50年以上の樹齢のぶどうの木のとき、このVVを表示すると話されていました。


2011-01-17%20023.jpg

Dessert
温かいチョコレートタルト


2011-01-17%20024.jpg

山本博先生が途中からいらっしゃって、色々とお話を聞かせていただけました。

2011-01-17%20025.jpg


2011-01-17%20026.jpg

山本先生はもう80歳だそうですが、これだけ若々しくいられる秘訣は?という質問に・・・・。

「私は、二つの『W(ダブリュ)』を愛しているのです。一つは、『Wine(ワイン)』、もう一つは、『Wife(ワイフ)』なんです♪」

な~るほど(^-^*)


2011-01-17%20029.jpg

コーヒー。


2011-01-17%20037.jpg

本日のワイン達です♪


2011-01-17%20038.jpg


2011-01-17%20039.jpg

一番右の三角のラベルのワインですが、これが、

Franc De Pied sur un Grand Terroir
フラン・ド・ピエ・シュール・アン・グラン・テロワール

フィロキセラに犯されていない苗木(ピノ・ノワール)で造られた希少なワインです。


1860年代にヨーロッパの葡萄研究者がアメリカに自生する葡萄品種を輸入した際にフィロキセラを一緒に輸入してしまい、ヨーロッパの葡萄品種が壊滅状態に追いやられるという事態になりました。
これは北アメリカ東部原産の葡萄品種にはフィロキセラへの免疫があったのに対し、ヨーロッパ原産の葡萄品種はフィロキセラへの免疫が全く無かったためで、ヴィティス・リパリア等の根の皮の厚いアメリカ原産葡萄にヨーロッパのワイン向き葡萄品種(ヴィティス・ヴィニフェラ)の枝を接ぎ木する事により解決する方法が発見されるまでに非常に大きな被害を出し、フィロキセラ禍と呼ばれています。
その後もフィロキセラはカリフォルニアやニュージーランド等でも猛威をふるい、現在では上記の接ぎ木による葡萄栽培が主流になっています。
ですが、このアメリカ原産葡萄に接ぎ木をせずに、ヨーロッパ原産葡萄にヴィティス・ヴィニフェラの枝を接ぎ木する本来のやり方で造られた苗木の希少なワインが、このFranc De Pied sur un Grand Terroir
フラン・ド・ピエ・シュール・アン・グラン・テロワールなのです。

ヨーロッパでは、3ヶ所だけこれが残っているそうです。
だからといって味はどうかと言われても、ヨーロッパ原産の台木とアメリカ原産の台木とどう違うなんてわかりませんが・・・・。

希少なワインであることは確かです。


2011-01-17%20040.jpg

2007 Chambertin Grand Cru  
    シャンベルタン・グラン・クリュ


2011-01-17%20036.jpg

シャルロパンさんと♪


お料理も美味しくて、ワインも素晴らしかったです。
そして、山本博先生のお話もおうかがいできて、とても有意義なワイン会でした。

とても勉強になり、またワインの奥深さをしみじみと感じました。
ありがとうございました。

2011年02月04日

勘平寿司さんでお寿司とワインの夕べ♪2011新年会

勘平寿司さんで「お寿司とワインの夕べ」、新年会をしました。

今日のワインは、
・シャンパーニュ 3種
・2006 Opus One 

です♪

楽しみ・・・。

まずは、シャンパーニュで乾杯。せっかくなので、2つ飲み比べて楽しみました。

2011-02-01%20016.jpg

・NV Champagne Taittinger Prelude
シャルドネ50%(コート・デ・ブラン地区のアヴィズ、メスニル・シュル・オジェ)ピノ・ノワール50%(モンターニュ・ド・ランス地区のブージー、アンボネー)

・Christophe Mignon Extra Brut
ピノ・ムニエ100%

2011-02-01%20015.jpg

泡立ちはクリストフ・ミニョンの方が細かく強いです。

飲んでみると、クリストフ・ミニョンは若々しく生き生きしたイメージで、テタンジュプレリュードはなめらかでふくよかな後味でした。

2011-02-01%20017.jpg

酢牡蠣をいただきました。
勘平さんのポン酢、最高!!

2011-02-01%20018.jpg

お寿司屋さんの、茹でたて蛸のマリネ。


2011-02-01%20020.jpg

上に乗っている野菜は冷たいのですが、蛸は温かくていい感じです。
この、沢庵の千切りがにくい・・・。


2011-02-01%20021.jpg

鰻は大根おろしと山葵で。


2011-02-01%20022.jpg

2006 Opus One
今日のメインです♪
いつもHさん、ありがとうございます!!


2011-02-01%20023.jpg

鯖の握り。生姜で。


赤ワインには青魚が合います。

2011-02-01%20025.jpg

勘平さんのお寿司は、押し付けがなく、でも自己主張はある、お客様に対する愛が感じられるお寿司です。


2011-02-01%20026.jpg

鮪。


2011-02-01%20027.jpg

中トロ。

2011-02-01%20028.jpg

シャンパーニュ3種目。

・Champagne Alain Couvreur Brut Nature Tradition Vieille Cuvée
ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%。平均樹齢25~30年。1986年産60%、1985年産40%のブレンド。ドザージュ・ゼロのブリュット・ナチュール。21年間以上瓶熟成。2008年度「Effervescent du Monde」金賞受賞。

2011-02-01%20029.jpg

真烏賊。


2011-02-01%20030.jpg

大トロ♪

幸せ~(^-^*)


2011-02-01%20031.jpg

3本目のシャンパーニュがとても濃厚で、白ワインの古酒のような味わいだったので、勘平さんが、蛸のバターソテーをしてくださいました。

ありがとうございました!

いつも、美味しいお寿司とワインをありがとうございます。

またお寿司とワインのマリアージュを楽しみたいと思います。


2011年02月14日

下関にて「ふくとワインの会」~その1~

ワインの師匠Y先生から、「毎年下関で『ふくとワインの会』というのがあるんだけど、それにゲストで来て欲しい。」とお誘いがあり、行ってまいりました(^-^*)


往路は飛行機で、帰路は新幹線で行ってきました。


伊丹から福岡空港まで、ANAのボンバルディアに乗りました♪

2011-02-12%20001.jpg


プロペラ機に乗るの初めて♪

2011-02-12%20003.jpg

福岡空港から地下鉄で博多、博多から新幹線で小倉まで行き、小倉からJR線で下関まで行きました。


2011-02-12%20005.jpg


下関、到着!!

2011-02-12%20006.jpg

ふぐが迎えてくれました(^-^*)


2011-02-12%20010.jpg

ホテルからの景色。

ホテルは唐戸にある、下関グランドホテル。

目の前が海響館(市立しものせき水族館)です。

2011-02-12%20011.jpg

唐戸市場もすぐそこです。


2011-02-12%20012.jpg

向かい側は、門司港です。

2011-02-12%20013.jpg

船が往来しています。


さて、着物に着替えて身支度しまーす♪


下関にて「ふくとワインの会」~その2「宮常(みやつね)-Ⅰ」~

4代続くふく料理のお店、「宮常(みやつね)」さんへ。

2011-02-12%20016.jpg

細い路地を入ったところにお店はあります。


2011-02-12%20017.jpg

古い歴史を感じる建物です。


2011-02-12%20018.jpg

ワイン会会場である広間へ。

2011-02-12%20028.jpg

「酔っ払う前にみんなで写真を撮りましょう!」ということで、集合写真を・・・。

私がなぜ真ん中!?(汗)

「まーまー、お客さんだから!!」と言われて、思わず笑顔(^-^*)

2011-02-12%20020.jpg

すごーい!ワインリストです。


2011-02-12%20058.jpg

乾杯は、こちらのシャンパーニュで。
Champagne Brut Rose / Besserat de Bellefon

「かんぱーい!」

2011-02-12%20019.jpg

主催者のN先生と、Wさん。
Wさんは、東京からです。東京輪飲俳句会でご一緒させていただいたので、「奇遇ですね~!!」ってなりました。ワインの世界は狭いです。

2011-02-12%20021.jpg

さて、お料理も楽しみです♪

2011-02-12%20022.jpg

お通しは、ゴルゴンゾーラ豆腐。

ワイン会ということで、板長さんのご主人が色々と工夫して料理されています。


2011-02-12%20023.jpg

前菜です。


2011-02-12%20025.jpg

てっぴのにこごり。大根おろしで。


2011-02-12%20024.jpg

いくらや鮑、菜花や筍など、早春の彩りです♪

2011-02-12%20026.jpg

1989 Champagne Reserve Le Mesnil / Alain Robert


2011-02-12%20030.jpg

皆さん楽しくワインを堪能されています。

2011-02-12%20032.jpg

この「ふくとワイン会」は、もう16年も続いているそうです。
すごいですね。

2011-02-12%20033.jpg

お椀が出てきました!!


2011-02-12%20034.jpg

わぁっ!!
白子のお椀です。味噌仕立てです。

美味しかったです。幸せ~~♪♪


まだまだ続きます(^-^*)

下関にて「ふくとワインの会」~その3「宮常(みやつね)-Ⅱ」~

ジャジャーーーン!!

すばらしいーーーーー!てっさ!!


青磁や網目模様の大皿に盛られたてっさはよく見かけますが、こちらのてっさは、素敵な備前焼の器に盛られてやってきました!!!

2011-02-12%20035.jpg

美味しそう・・!!

この備前焼の器はご主人のこだわりだそうです。備前焼の作家さんに、てっさのための大皿をわざわざ焼いてもらったそうです。備前焼の渋い色にてっさがいい感じです。


2011-02-12%20036.jpg

葱を巻いて、ポン酢でいただきました。


女将さんが、「今日は、お造りは3種類をご用意させていただきました。」

一つは今のてっさ。

そして、2つ目はこちら!

2011-02-12%20037.jpg

ふくの昆布〆です。

酢橘と塩でいただきます。
塩はイギリスの塩だそうで、とても旨みのある塩でした。


こんな贅沢な食べ方、初めてです。

2011-02-12%20038.jpg

最高!!幸せ!!


そして、3つ目は、カルパッチョ。

2011-02-12%20039.jpg

ふくを3通りで楽しませていただきました。

2011-02-12%20041.jpg

白子の茶碗蒸し。

2011-02-12%20043.jpg

お料理もどんどん来ますが、ワインもどんどん注がれていきます。

2011-02-12%20042.jpg

2005 Pierro Margaret River Australia / Michael Peterkin


2011-02-12%20053.jpg

1992 Baron de L (Mag)

2011-02-12%20055.jpg

1997 Chambertin / Domaine Camus Pere & Fils (Mag)

2011-02-12%20057.jpg

1959 Grands Echezeaux / Leroy

2011-02-12%20056.jpg

1998 Mursault Co9s de la Barre / Domaine Domtes Lafon

2011-02-12%20061.jpg

1985 Opus One


2011-02-12%20060.jpg

1976 Ch. Lafite Rothschild (Mag)


ものすごいワインの数々・・・・。

すごーい・・・・(ため息)


でも、どんどんワインが開いていくので、飲むのにとっても忙しくて・・・・。

もう少し、ゆっくり味わいたかった・・(涙)。


2011-02-12%20045.jpg

焼き白子と筍。

2011-02-12%20046.jpg

ふくの身と白子の天ぷら。

至福のふくづくし(・3・)です♪

2011-02-12%20047.jpg

そして、酔いもまわってきて、盛り上がっています。

2011-02-12%20050.jpg

最後にふくの締めで、雑炊を。


な・な・なんと!!!

2011-02-12%20051.jpg

白子の雑炊でした。

こんなの初めて。

2011-02-12%20052.jpg

最後の果物もいただきました。


ご馳走様でした~!!!


でも、今度は2次会会場へと続きます。


2011年02月16日

下関にて「ふくとワインの会」~その4「N先生のご自宅にて二次会」~

宮常さんで「ふく」を堪能した後、場所を移動して二次会となりました。

いつも二次会は、N先生のご自宅だそうです。

酔っ払い達、お邪魔いたしまーす・・・。


2011-02-12%20065.jpg

またまた「カンパーイ!」

2011-02-12%20069.jpg

2011-02-12%20070.jpg

師匠Y先生、デキャンタしてます。

「ええー!!」とみなさん。


Y先生のデキャンタはとても大胆なのです。


Y先生、「デキャンタは躊躇せず大胆に!」


みなさん、「はい・・・・。」


2011-02-12%20071.jpg

2011-02-12%20072.jpg

2011-02-12%20073.jpg


素晴らしいワインの夜は、更けてゆきました・・・。

【二次会でのワイン】です♪

・1997 Corton Charlemagne / Domaine Jacques Prieur
・2002 Ronco del Gnemiz / Colli Orientali
・1955 Cockburn's Vintage Port
・1989 Hermitage / H.Sorrel
・2006 Bourgogne Franc de Pied / Domaine Philippe Charlopin

ここでも、大変勉強させていただきました。


ありがとうございます(^-^*)

下関にて「ふくとワインの会」~その5 決闘の聖地「巌流島」へ~

朝、目が覚めて約束の時間までまだ少しあるので、ホテルの近くを散策することにしました。

2011-02-12%20075.jpg

こちらが泊まったホテル。
下関グランドホテル。


2011-02-12%20074.jpg

ホテルの向かいにあったレトロな建物。

こちらは、旧秋田商会ビル。
現在は、下関観光情報センターです。

大正4年に、木材取引中心の商社活動と海運業を営む秋田商会の事務所兼住宅として竣工した、西日本初の鉄筋コンクリート造りのビルです。ライトアップもされていて、下関ゆかりの金子みすゞコーナーもあります。

2011-02-12%20076.jpg

「え!巌流島に行ける?!」

時間もあるので、行ってみよう・・・。

2011-02-12%20078.jpg

フェリー乗り場へ。

2011-02-12%20079.jpg

この船に乗ります。


2011-02-12%20082.jpg

しゅっぱーつ!

あっという間に着きました。


2011-02-12%20083.jpg

ようこそ、巌流島へ。


2011-02-12%20084.jpg

電気も通っていない無人島ですが、整備されています。


2011-02-12%20108.jpg


2011-02-12%20109.jpg


2011-02-12%20085.jpg

案内図です。


2011-02-12%20086.jpg

正式な島の名前は船島(ふなしま)です。


2011-02-12%20087.jpg

2011-02-12%20089.jpg

宮本武蔵と佐々木小次郎に会えました。


2011-02-12%20090.jpg

決闘の瞬間です。


2011-02-12%20091.jpg


2011-02-12%20094.jpg

2011-02-12%20096.jpg

こちらは、ひっそりと在る「佐々木巌流の碑」。


2011-02-12%20097.jpg

私も手を合わせてきました。


2011-02-12%20098.jpg


島を歩いていると、「あれ?」

2011-02-12%20104.jpg

たぬきがいました。

2011-02-12%20106.jpg

かわいい。


2011-02-12%20107.jpg

待合室から離れないたぬき。

人に慣れているようでした。


たぬきにも出会った巌流島でした。

下関にて「ふくとワインの会」~その6「亀松」(博多)で寿司とワイン会-Ⅰ~

翌日のお昼は、再集合(?)して、皆さんで新幹線で博多へ。

お昼は、「亀松」さんで『寿司とワイン会』でした。


2011-02-12%20110.jpg

大名2丁目、中央区役所向かいにある「亀松」さん。

2011-02-12%20111.jpg

2011-02-12%20112.jpg

店先のチューリップが迎えてくれました。


お店に入ると、もちろん、ご主人と奥様が笑顔で迎えてくださいました。


「よくしゃべる大将で、こだわりがすごいからね。」

と聞いていたので、緊張しながら席に座りました。

2011-02-12%20114.jpg

さて、どんなこだわりのお寿司がいただけるのでしょうか?


2011-02-12%20115.jpg

今回の旅で3度目の「かんぱーい!」


2011-02-12%20117.jpg

やっぱり乾杯は、シャンパン。

このお寿司屋さんでいただいたシャンパーニュは、2種類。


2011-02-12%20118.jpg

・1998 Champagne "Marquis de Sade" / Michel Gonet

2011-02-12%20120.jpg

・2002 Louis Roederer Cristal


2011-02-12%20121.jpg

細魚、らっきょう味噌で。

「え?!らっきょう味噌?」
これが美味しい~!


2011-02-12%20122.jpg

鰯、柚子こしょうで。


2011-02-12%20123.jpg

鯛。酢橘と塩で。


2011-02-12%20125.jpg

虎河豚のてっさ。
ぷりぷりです。


2011-02-12%20126.jpg

大将です。


2011-02-12%20127.jpg

1993 Mas de Daumas Gassac Blanc de Raisins Blancs / Languedoc


2011-02-12%20130.jpg

1995 Peter Michael "Point Rouge"

2011-02-12%20131.jpg

赤貝。

2011-02-12%20132.jpg

玉子と海老。


2011-02-12%20135.jpg

鯛。

2011-02-12%20137.jpg

なますが乗せられた青魚。

これは赤に合います!「青魚には赤で、そして、酸っぱいは成功のもと!」


2011-02-12%20138.jpg

烏賊の上にさらに雲丹が(^-^*)

2011-02-12%20139.jpg

たいらぎ。


2011-02-12%20140.jpg

蛸。

2011-02-12%20141.jpg

縁側。


まだまだ、続きま~す♪

2011年02月17日

下関にて「ふくとワインの会」~その7「亀松」(博多)で寿司とワイン会-Ⅱ~

さて、赤ワインが登場してきました。


2011-02-12%20142.jpg

1996 Vosne-Romanee / Emamanuel Rouget


大将「はい!3秒で食べてっ!!!」


私が写真を撮っていると、


大将「3秒やで、3秒っ!!!」


私 「はいっ!!!すみません、大将!」


2011-02-12%20143.jpg

あ・わ・び♪

美味しすぎ~る♪


私 「ええ?!もしかして、私が端っこ好きなの、ご存知だったんですか?!」

大将「・・・・・・・。」


2011-02-12%20144.jpg

私 「きゃっ!!来た!!端っこ!!(嬉)」


2011-02-12%20145.jpg

鯖のお寿司。

2011-02-12%20146.jpg

2001 Tignanello / Antinori


2011-02-12%20147.jpg

「写真撮るな!」と大将に言われながら、私のあまりのしつこさに呆れておられました。

すみません。大将・・。

2011-02-12%20148.jpg

鮑の肝。

2011-02-12%20149.jpg

鮪。


S先生「これは何秒?」


大将「特にいいです。ゆっくり食べてください(笑)。」

2011-02-12%20150.jpg

トロ。


2011-02-12%20151.jpg

1986 Ch. Soutard / St-Emillion

2011-02-12%20152.jpg

こはだ。

2011-02-12%20153.jpg

赤貝ひも。

大好きです!!

2011-02-12%20154.jpg

鉄火巻き。

海苔も美味しい。


2011-02-12%20159.jpg

海苔だけでも美味しい~。

2011-02-12%20156.jpg

2006 Turley Zinfandel "Hyne Vineyard Napa"


2011-02-12%20158.jpg

おにぎりです。
牡蠣ご飯のおにぎり。こちらは、お土産にいただきました。

2011-02-12%20160.jpg

「わぉー!このタレは~!?」

2011-02-12%20161.jpg

穴子で~す。


2011-02-12%20162.jpg

さて、次は・・・!?


2011-02-12%20164.jpg

なんと!
カマのあぶり。貴重な一品。

2011-02-12%20163.jpg

最後のお椀には鰆。
とってもいいお味です。

2011-02-12%20165.jpg

さっぱりと白菜のお葉漬にぎり。

2011-02-12%20166.jpg

娘さんが描かれたご主人の絵です。素敵です♪

2011-02-12%20167.jpg

普通には絶対出さない!

というものを大将が切っておられます。

2011-02-12%20168.jpg

なまこ!!

こんな海鼠は初めて食べました。


2011-02-12%20169.jpg

本当にどれもこれも素晴らしかったです。


最初にお店に入ったときの緊張感は、お店を出るときにはすっかり満足感にかわっていました。


ありがとうございました!!!

これで、下関の旅は終わりです。


帰りの新幹線は熟睡でしたzzz・・・

みなさん、ありがとうございました!


2011年06月21日

日本ソムリエ協会関西支部 第3回例会~金沢都ホテルにて~

本日、金沢都ホテルにて、日本ソムリエ協会関西支部 第3回例会が開催されました。

2011-06-17%20019.jpg

私はスタッフとしてお手伝いさせていただきました。


2011-06-17%20020.jpg

ワインのテイスティングは、5銘柄でした。

テーマは、「イタリアワインをもっと身近に!」で、講師は、日本ソムリエ協会副会長 東京渋谷 ヴィーニ・ディ・アライ の荒井基之氏でした。


テイスティング5銘柄は、当日ミーティングで初めて知りました。なんと!スパークリングばかりでした。


完全なブラインドテイスティングでのセミナーでした。


グラスに注がれたワインを次々に運びました。
5種類の泡が並び、荒井氏が少しずつヒントを皆さんに与えていき、どのワインがどんなワインなのか考えていきます。


下記の5銘柄でしたが、とても興味深いアイテムばかりでした。

(1)NV Prosecco Conegliano Valdobbiadene Brut
     (Conegliano-Valdobbiadene D.O.C.G)

(2)2006 DUBL Falanghina Spumante
     (V.S.Q)

(3)NV Ferrari Brut
     (Trentino D.O.C.)

(4)NV Ca' del Bosco Cuvee Prestige
     (Franciacorta D.O.C.G)

(5)NV Tosti
     (Asti D.O.C.G)


2番、3番、4番にはどんなお料理も合わせやすいということもおっしゃっていました。

発泡だけに、「八方美人」なワインです。ということでした(笑)

5種類もスパークリングをブラインドすることはなかったので、とてもいい機会だったと思いました。


反省点もいくつかありましたが、次回のセミナー、例会にいかしたいと思います。

2012年06月09日

ソムリエ協会関西支部 分科会 「ブルゴーニュセミナー」in大阪

6月8日に大阪で開催された、ソムリエ協会関西支部分科会に行ってきました。


2012-06-08%20007.jpg

フランス、ブルゴーニュ地方の生産者「Domaine de la Vougeraie(ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレ)」の栽培醸造責任者である、「Pierre Vincent(ピエール・ヴァンサン)氏」の講演を聞き、6種類のワインを試飲してきました。


ヴァンサンさんのぶどう栽培、ワイン醸造にこだわる情熱をおうかがいし、ワインに造る人の個性が顕著にあらわれるのだと改めて感じました。


2012-06-08%20008.jpg

関西支部の委員である咲子ちゃん、陽子ちゃんと一緒にヴァンサンさんと写真を撮っていただきました(^-^*)


2012-06-08%20009.jpg

♪-------------------------------------------------------♪

試飲したワイン

・2009 Vougeot ”Clos du Prieure” MONOPOLE Blanc

・2009 Vougeot 1er cru ”Le Clos Blanc de Vougeot” MONOPOLE Blanc

・2009 Bourgogne Pinot Noir ”Terres de Famille” Rouge

・2009 Vougeot ”Clos du Prieure” MONOPOLE Rouge

・2008 Gevrey-Chambertin Rouge

・2006 Clos de Vougeot Grand Cru Rouge


♪-------------------------------------------------------♪

2013年08月19日

茶懐石とワインの夕べ~茶懐石佳秀にて~

8月12日に、越前市広瀬町にある「茶懐石 佳秀」さんにて、ソムリエの菅田ゆう氏を招いての「茶懐石とワインの夕べ」というワイン会に参加してきました。

P10103550.JPG

勉強のために、研修として主人と板場さんOくんと3人で行ってきました。

P10103560.JPG

佳秀さんのお庭。


P10103570.JPG

まず茶室に案内していただき、お抹茶をいただきました。


P10103580.JPG

こちらがワイン会の会場。

P10103600.JPG

グラスが5つ。

P10103610.JPG

菅田ゆうソムリエのお話をおうかがいしました。

福井県出身で、東京で「インフィニット・酒スクール」をご自身で経営されています。

P10103620.JPG

茶懐石の作法に従い、最初に向付・汁・白飯が出されました。


P10103630.JPG

そして、乾杯!


お料理をいただきながら、5種類のワインをいただきました。


-----------------------------------------------------------------------


(1)2011  リュナリス 甲州 シュール・リー  (白)
         / マンズワイン

(2)2012  クラウデイ・ベイ ソーヴィニヨン・ブラン (白)
         / クラウディ・ベイ

(3)2012  リースリング クラシック  (白)
         / マークス・ボーア 

(4)2009  モンルイ・シュール・ロワール レ・シュワジール (白)
         / フランソワ・シデーヌ

(5)2011  メルキュレ・プルミエ・クリュ クロ・デ・バロー (赤)
         / ルヴェール・バロー


P10103700.JPG

-----------------------------------------------------------------------

P10103640.JPG

お椀です。
鱧真丈 焼き茄子 松茸 じゅん菜 梅肉 柚子

P10103660.JPG

お造り。
かんぱち はた 甘海老 鮪


P10103690.JPG

八寸。
ちぢみ蒟蒻酢味噌和え
穴子小袖寿司
あまご南蛮漬け子持ち昆布旨煮
スモークサーモン酢蓮根蛇籠
からすみ烏賊巻き

P10103710.JPG

焼物。
のど黒塩焼き 酢どり茗荷 木の芽


P10103740.JPG

冷やし鉢。
信田巻き 冬瓜 よもぎ麩 南瓜 木の芽

P10103770.JPG

へしこ茶漬け


P10103790.JPG

水物
すいか マンゴー メロン シャインマスカット ブルーベリー


P10103800.JPG

佳秀のご主人も最後にご挨拶されてました。
とても美味しいお料理をありがとうございました。


菅田ソムリエの興味深いお話と、茶懐石のマリアージュを楽しませていただきました。

大変勉強になり、ありがとうございました。


About ワイン会・試飲会

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「ワイン会・試飲会」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはワインです。

次のカテゴリはワイン会(若女将プロディース)です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35