メイン

掲載記事・取材・撮影 アーカイブ

2005年05月25日

福井新聞に記事が載りました

本日の福井新聞にうおとめの記事が載りました。


昨日の日記で書きました、福井県料理業生活衛生同業組合の総会の記事です。


越前の名産物を使った献立で、季節の旬の味を楽しんでいただくコンセプトで調理場もはりきっておりました。


記者の方が写真を色々と取っておられましたが、新聞に掲載されたのは焼鯖の汐汁を盛り付ける調理場の様子でした。向かって左手にいるおたまを持って汐汁をよそっているのが主人でございます。


福井新聞


 


 


 


 


 


福井新聞をとってらっしゃる方は一度ご覧くださいませ。

2005年10月04日

辻灯りウェディングが福井新聞に載っていました

辻ウェディング


10月1日に蔵の辻で行なわれた辻灯りウェディングの記事が今日、福井新聞に載っていました。


当日は予報では雨でしたが、本番にはいいお天気で本当によかったと思います。


 


結婚式が終わると、うおとめでご披露宴をされました。7時半からのご披露宴でした。


プロデュース会社のウェディングコーディネートでとてもおしゃれに会場が飾られました。演出もいろいろと工夫されていて、とても素敵なご披露宴でした。


シャンパングラス


正面テーブル


 


 


 


 


 


ウェディングケーキは「ジュン」さんのものでした。


ウェディングケーキ


 


 


 


武生市と今立町が「越前市」になった記念すべき、2005年10月1日。越前市の初めてのカップルが誕生しましたね。

2006年02月25日

友人の記事

ブログの機能でアクセス解析というもの(livedoorでは有料)があり、それを何気なく見ていましたら、なんと新聞社で記者をしている友人の記事にたどり着きました(笑)。文に出てくる「料亭の若女将になった友人」というのは、私です。2006年1月14日(土)の産経新聞夕刊の記事でした。

 

産経web 2006/1/14 http://www.sankei.co.jp/news/060114/evening/15iti003.htm

------------------------------------------------------------------

【食ものがたり】本日のおすすめ セイコガニ

「それはさながら海の宝石箱である」 開高健「越前ガニ」より

 いまだにカニがうまく食べられない。初めて夫の実家を訪れた正月、よりによって食卓には大量の越前ガニ。まごまごしていると、義父が身をほぐしてどんどん皿に載せてくれた。食べろ食べろと義父の手はせっせとカニをほぐしてゆく。緊張で味もわからず、このままカニもむけない嫁でいいのか…などと悩みつつ、食べるだけ食べて、終わってしまったっけ。

 そんなカニに不器用な女だから、料亭の若女将になった友人を福井に訪ねたとき、「自慢のカニなのよ」と体長二〇センチほどの小さなカニが出てきたときには、思わずため息がでた。これをむけとおっしゃるの? せめてもう少し大きくなりませんか。でも友人は「こっちのほうがおいしいから、食べてみて」。それは言葉どおり、驚くほど美味だった。越前ガニのメス、セイコガニというものだと聞かされた。

 旺盛な食の探求家として知られる作家、開高健が愛したのもこのセイコガニだ。取り上げている作品は多いが、中でもずばり『越前ガニ』と題した作品では、次のように書いている。

 ≪雄のカニは足を食べるが、雌のほうは甲羅の中身を食べる。それはさながら海の宝石箱である。丹念にほぐしていくと、赤くてモチモチしたのや、白くてベロベロしたのや、暗赤色の卵や、緑いろの“味噌(みそ)”や、なおあれがあり、なおこれがある。これをどんぶり鉢でやってごらんなさい≫

 そのどんぶり料理を開高に出したのが、福井県越前町の老舗旅館「こばせ」だ。ベトナム戦争従軍取材から帰国した直後に訪れた開高はここに六年間毎年通った。その後も亡くなる直前まで、旅の合間に「ただいま」とやってきた。主人の長谷政志さん(73)はこう振り返る。

 初日は「カニだけでいいから」と念押しされ、大皿に山盛りのカニを出したところ「おいしい」と褒められ、翌日は「おまかせ」になった。あらいのあと、二十一杯ものセイコガニをほぐし、炊き立てのごはんの上に乗せて「先生、今日は手元が狂って、『海の宝石箱』をひっくり返してしまったんです」と出したという。

 「熱々の大きな丼を片手にぽんと持つと、『アア』とか『ウン』とかうなりながら、文字通りがむしゃらに、むさぼるように一気に平らげられたんです。そしてぽん、とおなかをたたかれてね。『満足!』というようなそのしぐさがなんともうれしそうでかわいらしくって、今でもよく覚えています」

 後日、開高から大きな箱が送られてきた。開けてみると、自ら作った宿のパンフレット。長谷さんと交わした宿についての話が、温かみあふれる言葉でつづられていた。今も宿ではそのパンフレットを使っている。

 「オスに比べて姿かたちの劣るメスを『海の宝石箱』なんて表現されたのは、先生ならでは。冬に咲く水仙の束を風呂に浮かべていることも『優しい知恵である』と書いてくださった。豪放磊落(らいらく)といわれますが、とても繊細でお優しい、言葉の魔術師のような方でした」

 開高がいつも泊まったという部屋の入り口には、「この家ではいい雲古の出るものを食べさせてくれます。保証します。開高健」と書かれた色紙が飾られている。それではさっそく食べさせてもらいます。

 大きな丼鉢にセイコガニ七杯分が山盛りにされた「開高丼」を、開高のように「ガブッ」とやってみた。

 卵のプチプチした食感、「味噌」のコク、弾力のある内子。いつも四苦八苦しながらちびちびと食べる、あのすべてを一気にかきこむ快感。口いっぱいにほおばると、確かに「ああ」「うん」と、うなり声のようなため息のような声しか出ない。

 名前は丼だが、ご飯よりカニの方が多い気がする。辛口の日本酒なんかがぴったりあいそうだ。記者が訪ねた日は、大雪の合間の快晴で、窓の外に広がる日本海は、まぶしいほどきらきらと光っている。思わず仕事を忘れそう。

 水仙が浮かべられた温泉や雪見酒の風情、そして丼の忘れがたいおいしさ。「この冬をそうしてすごせたら」。たまった仕事が待ち受ける大阪へ帰る電車の中、『越前ガニ』の最後の一行が思わず口をついた。

≪おしながき≫

 ■セイコガニ ズワイガニは水揚げされる場所によって「越前ガニ」「松葉ガニ」など呼称が違うが、いずれもオスのカニ。セイコガニはメスのカニで、地域により「セコガニ」「コウバガニ」などとも呼ばれる。産卵保護のためオスよりも漁期は短く、1月10日まで。体長は約20センチ前後と小さいが、卵(外子)や卵巣(内子)、カニみその味は格別で、最近はインターネットの通信販売でも扱われるようになっている。

 木村さやか・文

2006年03月20日

ゼクシィの取材~料理の撮影~

zexy


今日は、リクルートのゼクシィという結婚情報誌の取材と撮影がありました。


東京からカメラマンの方が来てくださり、料理を撮影していただきました。


カメラマンはフリーのフォトグラファー 「カケマコト」さんです。東京を中心にフリーで活動されているそうです。たくさんの機材を車に積んで、福井まで走ってこられました。日ごろ「人」を撮ることが多いとおっしゃっていましたが、料理を撮影するセンスは素敵でした。以前イタリアンのお店で働いていたこともあるそうで、美味しいものを写真でいかに美味しそうに見せるかということも了知してらして、「さすが!!」と思うことが多々ありました。


4時間にわたって5カットを撮影していただきました。


リクルート ゼクシィ北陸版、4月24日発売号にうおとめが載りますので、みなさんぜひチェックしてください!!


今回お店として初めて、披露宴に出る料理コースの一部を試食できる「試食会」も開催することになりました。5月28日(日)12:00~料亭うおとめにて。価格はまだ未定ですが、婚礼料理をお手軽な価格で味わっていただけます。御結婚をお考え中の方、料理にはこだわりたい方は、ぜひお試しいただきたいと思います♪


ゼクシィnet http://zexy.net/chubu/


 

2007年02月03日

婦人画報3月号に・・・

fjgh今日届いた「婦人画報3月号」。


この婦人画報の記事の中に「壇ふみの茶の湯はじめ ダンフミ茶会」というのがあり、それに茶会の三客として載せていただきました。ありがとうございます。


今月号を見て、改めて、素晴らしい茶会に一期一会で参加させていただいたのだと、本当に光栄に思っております。


茶の湯の奥深さ、禅のすばらしさ・・・、私たちは感動すべきものです。


そしてこれからも、ますます茶道を勉強していきたいと思いました。素敵な方々との夢見心地の茶会は、本当に一生の思い出になりました。貴重な一日を本当に感謝しています。今後の糧にしたいと思います。

2007年05月02日

京都吉兆のHP:メディア紹介に婦人画報3月号の記事がアップされました

去年11月に初めて体験した京都吉兆でのお茶事(茶懐石)でしたが、婦人画報3月号に掲載されたのですが、その記事が吉兆さんのHPに紹介されていました。私のブログ上では、雑誌の誌面を出すことはいけないと思いましたので、載せていませんでした。


改めてあの日の感動がよみがえってきました♪大変貴重な体験だったので、今でも夢のようですが・・・・。詳しく載っていますので、ぜひご覧くださいませ。


京都吉兆 メディア紹介 http://www.kitcho.com/kyoto/media/index.html


京都吉兆が婦人画報に特集されました http://www.kitcho.com/kyoto/media/2007/070420_01_01.html

2007年08月08日

継体天皇こしの都千五百年”食フェスタ”~丹南ケーブルテレビの撮影~

昨日、「こしの都千五百年”食フェスタ”」の丹南ケーブルテレビの撮影がありました。

 

 

「こしの都千五百年」とは・・・・・越前市は、継体大王潜龍の地と云われ、伝統産業、伝統芸能、神事やまつりの他、大王所縁の史蹟が 数多く今もなお、息づいています。 その継体大王が第26代天皇に即位し、来年は1500年という大きな節目の記念年となります。 この記念すべき年を契機に、私たちの故郷の源、即ち当地ならではの歴史と文化そして産業を再認識し、誇りと郷土愛に満ちた地域づくり に活かすことを目的に民間と行政が協働のもとに立ち上げたものです。

その「こしの都千五百年」のイベントの一つとして、”食フェスタ”が開催中です。


現在市内の料亭10店で、昼と夜それぞれに「こしの都膳」と名づけた金額を統一した料理を提供しています。越前市は、海・山・里の旬の食材を活かした料理を味わうことのできる素晴らしい地域です。「継体天皇こしの都千五百年」のイベントを通じて県内外から訪れる観光客の方々に、気軽に料亭を利用していただけるように、「こしの都膳」をご用意しておりますので、宜しくお願いいたします。


~「こしの都膳」が味わえる料亭10店~


●料亭糸家 ●茶懐石佳秀 ●鎌仁別荘 ●料亭神崎家 ●料亭京家


●日本料理しくら ●料亭寿屋 ●料亭泉風 ●京町萬谷 ●料亭うおとめ


 


koshinomiyako2


 


本来は、お料理は一品一品お出しいたしますが、撮影用に全部いっしょに撮影。


 


北陸地方はかつて「コシ」(「越」「高志」「古志」)と呼ばれ、6世紀の段階ではイズモ(出雲、因幡、伯耆)やタニハ(丹波、丹後、但馬)と並び日本海側の重要な拠点の一つでした。継体大王が育った頃の越の国は対外交流を独自に行い、海外状況にも明るく、最先端の知識・文化・技術を取り入れていたと考えられています。このような継体天皇の政治統治をならって、この食フェスタの料理メニューも、古代米を使用するのはもちろんのことですが、新しい食材や素材を幅広く取り入れたコース料理をと考えました。


koshinomiyako


夜の膳7500円のお料理(税・奉仕料・部屋料込み)です。


7品とお食事、水菓子のコースになっています。


昨日の撮影はこのお料理内容ですが、季節によって材料も変わってくるので、1回だけではなく2回・3回とご来店いただき、季節の味を堪能していただくことが、料亭の醍醐味だと思います。


この機会にぜひどうぞ!!(要予約です)


継体大王と越の国 福井県 http://info.pref.fukui.jp/keitaidaio/


こしの都千五百年物語 プロジェクト http://www.t-catv.co.jp/koshinomiyako/top.htm


丹南ケーブルテレビ 「2ch 地域ふれあいチャンネル」にて、


8月17日(金)から1週間、AM11:45~・PM4:45~・PM10:45~(各10分間)の3回放送されます。ぜひご覧ください!


(お恥ずかしいですが、若女将も出演しています(汗;)

2007年09月05日

はうすくらぶ(月刊誌)の撮影&取材

継体大王の「こしの都 食フェスタ」に関連した特集を組むということで、福井県の月刊誌「はうすくらぶ」さんの撮影&取材がありました。


お店の外観とお部屋、食フェスタのお料理の一部(3品)の撮影をしていただきました。


はうすくらぶ


 


 


 


 


 


 


はうすくらぶ


 


 


 


 


 


 


 


はうすくらぶ


 


 


 


 


9月20日発売の「はうすくらぶ10月号」に掲載されるそうです。


料亭うおとめの他に、「鎌仁別荘」さん、「萬谷」さん、「しくら」さんも掲載されるそうですので、皆様ぜひ9月20日、はうすくらぶをご覧ください!!


はうすくらぶ http://www.houseclub.co.jp/

2007年09月28日

フリーペーパーの撮影&取材

10月18日創刊のフリーペーパーの記者の方が、うおとめに取材&撮影に来てくださいました。


週刊で新聞に折り込まれるそうですが、創刊の次に「ワイン特集」というのを組まれるとのことで、「和食とワインが楽しめるお店」として取材させてほしいと依頼をいただいたのです。


banana


 


ちょうど、イタリアンワインフェアの真っ最中ですので、私どもも宣伝していただけるのは大歓迎♪です。


 


 


また、掲載のフリーペーパーの発刊日が近づきましたら、お知らせいたします!


 


※料亭うおとめでは、秋のイタリアワインフェアを開催中です!


イタリアワイン8種類を、いつもの料金よりもかなりお安くご提供させていただいておりますので、ぜひこの機会にどうぞ!

2007年10月25日

週刊banana(福井新聞折込)に掲載されました

banana-00.jpg


本日(10月25日)の福井新聞に折込の週刊banana(バナナ)に
料亭うおとめが掲載されました。

今回のbananaのテーマは『ワイン』。
料亭うおとめは、日本料理ですが、ワインと和食を楽しめるお店として
載せていただきました。ありがとうございます。

私のブログを見て、記者の方が「ぜひ取材をさせてほしい」という依頼をいただきました。
これからもブログで情報発信していきたいと思います。

ぜひ、みなさまも料亭うおとめにワインを飲みに来て下さいませ!

image-3%200011.jpg

image-3%200022.jpg

2008年02月26日

「ちょっといいですか:ブログ」に紹介していただきました♪

先日、武生商工会議所さんより「若女将の四季折々日記」のブログを取材させてほしいと、ご依頼がありました。

3月15日発売の商工会議所の月刊誌「JP」に新コーナーで「ブログ探訪!」というのを企画されたそうです。その第1号に私のブログを選んでいただけたそうです(嬉しい限りです)。ありがとうございます。

そして、武生商工会議所さんの運営されているブログ、「ちょっといいですかhttp://tyottoii.exblog.jp/」に今日紹介してくださいました。

記事は↓こちらでーす!
http://tyottoii.exblog.jp/6835708/

何かこっぱずかしいです   。o@(^-^)@o。♪

みなさま、読んでみてくださいませ~。

2008年03月15日

「JP」 武生商工会議所報(今日発売)に載っています♪

3月15日発売の『JP』武生商工会議所報に、私のこの『若女将の四季折々日記』の記事が載りました。ぜひご覧ください!


P1070563.JPG


早速、商工会議所の担当者の方がご挨拶に来てくださいました。
こちらこそ、宣伝していただき、ありがとうございました!


↓こちらにも詳しく載っていますので、ぜひご覧くださいませ♪

ちょっといいですか
http://tyottoii.exblog.jp/m2008-02-01/

2008年10月02日

おもてなし研修のことが福井新聞に載りました!

blkumiko02.jpg


今日の福井新聞に「おもてなし隊研修会」の記事が載っていました。
私の後ろ姿の写真が載っていて、びっくりしました。

10月4日土曜日から始まる”たけふ菊人形”、ぜひ皆さまお越しください!

ちなみに、福井新聞「週刊もぎたてBanana」の特集が『菊人形を支える菊師の技術』というものです。
この菊師さんがいらっしゃってこそ、菊人形ができるのです。ぜひ興味を持って読んでみていただきたいと思います!

料亭うおとめの玄関にもたくさんの菊が並びましたよ!

P1020772.JPG

2009年05月18日

FM福井「全開!福井あばさけビジネス道」

FM福井さんへ収録に行ってきました!

全開!福井あばさけビジネス道という番組でゲストとして出演させていただきました。

この番組は、福井のユニークな経営者4人の本音トークが面白い!

出演者は、

シアターハウスの吉村明高さん

三和メッキ工業の清水栄次さん

ウォンツのどんまゐ鈴木さん

ポージーポージーの木村佳美さん

の4人の素敵な方です♪

2009518%20001.jpg

どんまゐ鈴木さんからお声をかけていただき、出演させていただくことになりました。

初めてのラジオ出演でしたので、すごく緊張しましたが、4人の方がとっても面白くて収録時間があっという間に終わってしまいました。ずっと笑いっぱなしでした。


放送予定日は6月2日午後5時~5時半です。

ぜひ聞いてくださいね!

2009年08月29日

BRUTUS(ブルータス)に”へしこのふりかけ”が掲載されました♪

BRUTUS(ブルータス)の「決定!お取り寄せグランプリ」に当店の”へしこのふりかけ”が一品として掲載されました!

BRUTUS 670号


20090824%20024.jpg

松任谷正隆さん、秋元康さん、酒井順子さん、佐藤可士和さんの4審査員が、18ジャンル216品をすべて試食し、グランプリを決定!という企画です。

テーマは、「ごはんの友 2009」です。

ジャンルはもちろん「ふりかけ部門」です。各審査員のマイベストも載っていましたが、酒井順子さんが、へしこのふりかけを第一位にしてくださいました(喜)

こんなに沢山の品物を取り寄せるのも大変だと思うし、試食も大変だなーと思いました。

ご苦労さまでした。

写真を見ていると、どれもこれも美味しそうで「お取り寄せしてみようかな」と思います。

20090824%20026.jpg

まだ「へしこのふりかけ」、お試しでない方、ぜひ召し上がってみてくださいませ♪


20090824%20027.jpg

カルシウム満点ですよー!

2009年09月07日

月刊URALAさんの撮影&取材♪

今日は、月刊URALAさんの撮影と取材がありました。

「何の取材?」かは、まだヒ・ミ・ツですが、URALAさんの発売を楽しみにしててくださーい!


20090907%20001.jpg


20090907%20003.jpg


お楽しみに・・・・・♪♪♪。

2009年12月26日

福井新聞 折込『おとな日otonavi』に載っています♪

今日発売の福井新聞に折り込まれる『おとな日otonavi』に、私が載っています!

20091224%20010.jpg

ぜひ福井新聞を購読の方は、見てくださいませ♪


『おとな日』は、毎月第4土曜日発行で、毎月色んなテーマで豆知識やうんちくなどが掲載されていて、おもしろい折込なんですよ。

今回のテーマは、“年越し蕎麦”です。

お蕎麦をテーマに色々な情報が載っています。

その中で、私のインタビューも載せていただいていますので、ぜひ見てみてくださいませ~(^-^*)/


20091224%20011.jpg


2010年02月24日

日本経済新聞:ほくりく人話題(北陸版)に掲載されました♪

2月24日、今日の日経新聞の「ほくりく人話題」というコーナーに載せていただきました。

2010-02-24.jpg

日本料理とワインを推奨している女将として、載せていただきました。

先日、日経新聞福井支局長さんの取材を1時間ほど受けて、「さてどんな記事になるんだろう?」って思っていました。
さすが、うまくまとめてくださって、ありがとうございます。


北陸の富山・石川・福井の3県限定の記事なので、他の地方は見れないのですが、どうぞ北陸の方、ご覧くださいませ♪

2010年03月19日

月刊はうすくらぶに載りました♪

3月20日発売の月刊「はうすくらぶ」に「料亭うおとめ」が載っていますので、ぜひご覧ください♪

20100319%20025.jpg

20100319%20026.jpg

20100319%20027.jpg


「一期一会もてなしの店へ」という特集で5店の日本料理店が載っています。

ぜひ、はうすくらぶを購入して読んでくださいね!!

(立ち読みじゃなく・・・・)

2010年11月18日

ソムリエ協会関西支部 例会の記事(日刊県民福井、日経新聞)

日本ソムリエ協会関西支部 第4回特別例会を記事にしていただきました。


【11月17日 日刊県民福井】

2010-11-16.jpg


【11月18日 日本経済新聞(北陸版)】

20101118nikkei.jpg


どうもありがとうございます!

----------------------------------------------------------------------------------------

ちなみに・・・・・・・・・・


この特別例会の事前準備として、この会で出される4種類のワインを、料理を担当する板場さん達に試飲してもらっていました。

料理の味つけによっても色々とマリアージュが生まれるので、料理する板場さんにもワインの味を知った上で料理してもらえたらと思ったからです。

2010-11-13%20032.jpg


とても協力的な板場さん達で、色んな意見も言ってくれて、いつも助かっています♪

いつもありがとう(^-^*)

2010年11月26日

URALA12月号の大人ウララに載せていただきました♪

11月25日発売の月刊URALA12月号の、大人ウララの特集に載せていただきました♪

2010-11-23%20089.jpg


「ようこそ、ワインのある人生へ。」と題された特集です。

2010-11-23%20090.jpg


その中で、「ワイン好きが集まる店の スタッフおススメのワイン」で登場させていただきました(^-^*)

取材の前に3本のワインをセレクトしておいてください!とお願いされました。

●大切な人と楽しみたいワイン
●気ごころしれた友人と飲みたいワイン
●お店注目のおススメワイン

2010-11-23%20092.jpg

色々と悩んだ結果、下記の3本にしました。

●大切な人と楽しみたいワイン
NV Champagne Fleur de l’Europe / Fleury Pere et Fils
シャンパーニュ フロー・ド・ロープ / フルーリー・ペール・エ・フェス

●気ごころしれた友人と飲みたいワイン
2009 Gruner Veltliner / Hirsch (Niederosterreich Austria)
グリューナー・ヴェルトリーナー / ヒルシュ(ニーダーエスタライヒ オーストリー)

●お店注目のおススメワイン
2008 Chasselas / Uvavins-Cave (Vin de Pays Voud Suisse)
シャスラ / ウヴァヴァン(ヴァンドゥペイ ヴォー スイス)

詳しくは、URALAを見てくださいませ~(^-^*)

2010年12月28日

福井新聞に記事♪

一つ前の記事である12月23日の「もうひとつのワイン会」の最中に、「福井新聞ですが・・・」と記者の方が取材に来られました。

その記事が今日、福井新聞に載りました!


2010-12-27fukuinp.jpg


料亭うおとめでは、2つのワイン会を定期的に開催しています。

●和食を楽しむワイン会

●もうひとつのワイン会

の2つです。

「和食を楽しむワイン会」は、先日は日本酒も交えたりして「秘密のお鍋de日本酒&ワイン会」と題して開催し、皆さんに楽しんでいただいています。

「もうひとつのワイン会」は、かなりワインがマニア向きになってきまして、12月23日のワイン会では2000年ヴィンテージのワインを平行飲み(同じヴィンテージの銘柄違いを飲み比べる)したりと、会費がどんどん高くなってきました。

そこで、2011年1月から低価格の会費でワインを楽しく学んでいただける『ソムリエ久美子のワイン勉強部屋』という企画をスタートします♪

お一人会費10000円で、お料理・ワイン5~6種類、第1回目は、「フランスのワインとぶどう品種」をテーマに楽しくお勉強いたします。


%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%9B%9E%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%8B%89%E5%BC%B7%E9%83%A8%E5%B1%8B.jpg


「ワインなんてよくわからない。」 「ワインって難しそう・・・。」というお客様の声がよく聞かれます。堅苦しい飲物のように思われがちですが、全くそんなことはありません。ワインは気軽に楽しめる飲物です。ガチガチの勉強会ではなく、楽しくワインをお勉強しましょう!
「ワインを楽しく学びたい!」「料理とワインのマリアージュを体験してみたい!」という皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ワインを気軽に楽しんでいただけるように、これからも考えていきたいと思っていますので、みなさま宜しくお願いいたします!


2011年01月25日

一個人~岸朝子の「絶品のお取り寄せ」直行便に『へしこのふりかけ』が掲載されました!

KKベストセラーズの月刊誌『一個人』の、「岸朝子の絶品のお取り寄せ直行便」のコーナーに、料亭うおとめの『へしこのふりかけ』が紹介されました!

ありがとうございます(^-^*)


2011-01-23%20052.jpg


テーマが、「鯖やかになど海の幸を誇る福井の美味」ということで、福井県のものがたくさん紹介されていました。

2011-01-23%20053.jpg

美味しそうな写真を撮っていただき、ありがとうございます。

ぜひ、みなさまも一度「へしこのふりかけ」、お試しくださいませ♪

2011年03月22日

日本ソムリエ協会の機関誌「Sommelier(ソムリエ)」2011年3月号に載せていただきました♪

社団法人日本ソムリエ協会の奇数月に発行される「Sommelier(ソムリエ)」という機関誌があります。


2011-03-15.jpg

ソムリエ協会の会員にだけ送られてくるものですが、その中に「ソムリエのOFFTIME」というコーナーがあります。ソムリエがどんなオフタイムを過ごしているのかを紹介するコーナーです。


ソムリエになってまだ1年半ですが、「女将でソムリエ」という西本さんがどんな休日を過ごしてどんな趣味を持っているのか興味があるので原稿を書いてくださいと依頼があり、↓こんな記事になりました。恥ずかしいですが、ご紹介しておきます。

offtime.jpg


俳句は「季語」があり、5・7・5で四季を感じられます。
ワインも季節の料理によって、さまざまなワイン選びができます。

この共通点を、今後も仕事に活かしていきたいと思います。


2011年05月04日

天晴本舗5月号(福井の動くマガジン)の「密着!男の趣味時間」

先日の「もうひとつのワイン会」に、天晴本舗さんの取材が入りましたが、その記事が5月号で紹介されました。


密着!男の趣味時間という、さまざまな趣味を紹介している記事なのですが、今回ワインのY先生が取り上げられました。

密着!男の趣味時間


↑うおとめのワイン会の様子も動画で紹介されていますので、ぜひ皆様ご覧くださいませ(^-^*)/

2011年07月04日

日刊県民福井の老舗物語に載せていただきました♪

日刊県民福井さんの『老舗物語』というコーナーで、料亭うおとめを紹介していただきました。

いつもお世話になっているSさんが、ツィッターで写真をアップしてくださったのを、ブログに貼らせていただきました。


337242042.jpg


ありがとうございます。

2011年07月23日

日本ソムリエ協会WEB上の記事掲載のお知らせ♪~関西支部のうまいもんと美味しいお酒~

今年から、日本ソムリエ協会関西支部の運営のお手伝いをさせていただいていますが、ホームページで各地区担当が「関西支部のうまいもんと美味しいお酒」というのを紹介するコラムがあります。その第11回を担当させていただきました。

WEB上にアップされていますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。

関西支部のうまいもんと美味しいお酒 第11回 福井県

福井県からは、『越前おろし蕎麦』と『福井の地酒』についてご紹介させていただきました(^-^*)

umaimon11_1.jpg

2011年07月26日

一個人 特別編集『全国5つ星の絶品お取り寄せ帖』に載っています

以前、雑誌の「一個人」に岸朝子さんのお取り寄せ帖のコーナーに「へしこのふりかけ」を載せていただきましたが、そのコーナーが本になり、47都道府県のお取り寄せ情報が紹介されました。

2011-07-25%20009.jpg

↑こちらです。840円。

2011-07-25%20010.jpg

福井県のページに載っています♪


ありがとうございます(^-^*)

2012年01月25日

1月15日放送の「まちかど県政」

1月15日に、FBCと福井テレビで放送された「まちかど県政」?が、

↓こちらで

http://f-i.pref.fukui.jp/?kouho/120115matikado.html

ご覧いただけます(^o^)

今後も、料亭うおとめをよろしくお願いいたします!

2012年03月05日

ウェブマガジン「天晴本舗」3月号の特集「大人の結婚」に料亭うおとめが掲載されています!

2012-03-05%20001.jpg

ウェブマガジン「天晴本舗」3月号の特集、「大人の結婚」に料亭うおとめが掲載されています。


2012-03-05%20002.jpg

若女将のインタビューの動画もありますので、ぜひご覧くださいね。


だけど、やっぱり自分が話しているのを自分で見るのは、本当に恥ずかしいものですね(笑)


↓記事はこちらをご覧ください(^-^*)
料亭うおとめ「新風を織り交ぜた真心婚


料亭うおとめでは、様々な形のご結婚披露宴、お食事会などご相談させていただきます。
宜しくお願いいたします。

2012年03月07日

俳句王国「鏡」の回が再放送されるそうです(^-^*)

私も出演させていただいたNHK Eテレの『俳句王国』の1月16日放送分が好評により、
  ↓
俳句王国1月16日放送分

アンコール放送(再放送)が決まったそうです(^-^*)

【再放送】
2012年3月19日(月) PM9:30~9:55

【再放送の再放送】
2012年3月26日(月) PM1:05~1:30


ぜひぜひご覧くださいませ~(^-^*)

2013年12月02日

「きもので宴」が福井新聞に掲載されてました♪

先日、料亭うおとめで開催された、「きもので宴」(たけふきものがたり5周年記念)の記事が福井新聞に掲載されてました。

P10107852.JPG


この企画で、「着物」をテーマにした俳句の募集もあり、その選者をさせていただきました。

私の選んだ4句をご紹介します。素敵な句がたくさん集まり、着物で俳句も楽しいなぁって思いました。


----------------------------------------------------------------------------------------------

●大賞 一句

・菊を観に母の遺愛の紬着て        岩村初美

菊の季節がやってくると、武生の街は、「たけふ菊人形」でにぎわいます。お母様が大切に着られていた紬の着物を着て、母と行った菊人形の会場へ出かける様子が浮かびます。紬という着物はある程度の年齢になり人生を重ねていかないと着こなせない着物です。そしてその人の人生や人柄をも表す着物です。「私も母が愛した紬を着るような歳になった。」という意味も含まれているように感じました。この紬を、また何十年後かには、娘さんが着るのかもしれません。


  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  

●入賞 三句

・紅付けたゆかたの孫と人力車      山本美登里

お孫さんにとって、浴衣を着ることも初めてのこと、そして口紅を付けるのも初めて。ましてや人力車に乗るなどといった、非日常を一辺にやってしまい、さぞかし楽しい一日を過ごされたことでしょう。おばあちゃん(おじいちゃん)にとっても孫との着物を通してのふれあいは、この上ない幸せ
だと思います。


    (きびす)
・湯上りの踵柔らか藍浴衣        上嶋昭子

温泉に浸かりとても良い気分で、糊のきいた粋な藍色の浴衣を着た色白の女性。その女性の浴衣の裾よりちらりと見える踵(きびす)。踵とは、かかとのことですが、お風呂上りにはかかとは柔らかいですね。つるつるすべすべの白いかかとと藍色の浴衣の色のコントラストもすごく効いていると思いました。


・妹と小袖に蛍入れし日も         古川時江

現代の子供達には想像ができないと思いますが、浴衣を着て妹と蛍狩に行き、その浴衣の小袖に捕まえた蛍を入れて透かし見た思い出を詠まれたのだと思います。昔はそんな粋な四季折々の遊び方もあったのですね。姉妹の遠き日も合わせて詠みこまれ、素敵だと思いました。

(敬称略)

----------------------------------------------------------------------------------------------

2014年10月02日

【福井で働く女性を応援する情報配信サイト alica(アリカ)】さんの今月のトークに出演(?)させていただいてます

山内喜代美さんとご縁をいただき、株式会社ドリームワークさんが運営されている情報配信サイトのalica(アリカ)に出演(というのでしょうか)させていただきました。10月1日~15日は【前編】、16日~31日は【後編】をアップしてくださるそうです。

【福井で働く女性を応援する情報配信サイト alica(アリカ)】さんの今月のトークに出演(?)させていただいてます


ぜひ↓こちらをご覧くださいませ(*^_^*)
http://alica-fukui.com/Talk/TalkDetail.php?15

自分の動画って、ものすごく恥ずかしいですね(笑)

この度は、とても素晴らしい機会をいただき、ありがとうございました。

About 掲載記事・取材・撮影

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「掲載記事・取材・撮影」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは吟行です。

次のカテゴリはです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35