メイン

専門店 アーカイブ

2008年08月24日

La Paysanne ラ・ペイザン:兵庫県西宮市~お肉専門店(ステーキ・しゃぶしゃぶ・すき焼)~

去年、ヴィノスやまざきさんの南仏ワイナリーツアーに行ってきましたが、そのツアーでご一緒させていただいたラ・ペイザンのマスター、Iさんのお店に行ってきました!

P1020238.JPG

前から一度行きたい行きたいと思いつつ、なかなか行けずにいました。その願いがかないました。


P1020239.JPG


もともとはお肉屋さんで、お肉屋さんは、「肉商INAGAMI」というお店です。
その店舗の横に入り口があり、そこがレストランとなっています。お店は広く、カウンターとテーブル席が1階にあり、2階はパーティーもできる(20~30人)スペースになっています。


P1020240.JPG

これが、ペイザンさんの入り口です。


お店の雰囲気は、シックでモダンな雰囲気です。
ピアノもあり、ライブのイベントなども開催されているそうです。

メニューをいろいろ眺めていましたが、結局Inagamiさんにお任せすることにしました。

そして、持ってきていただいたのがこれです。

P1020241.JPG


「今日は、こちらのお肉を焼かせていただきます!」


P1020242.JPG

自称「ペイザンのおっさん」のInagamiさんです♪


前菜が来ました。

P1020245.JPG


・ラタトゥーユ ・自家製生ハムとメロン
・イチボ肉のローストビーフ ・ピクルス

P1020246.JPG

こちらは、肩肉のカルパッチョ。
カルパッチョと言っても、塩とオリーブオイルだけのシンプルなものです。


P1020251.JPG

子供が喜ぶということで、茄子とミートのピザをいただきました。美味しい♪

アラカルトも充実。


P1020248.JPG

鉄板で焼いていただいています。


P1020254.JPG

先ほど見せていただいたお肉が、焼きあがりました!!


塩とポン酢を用意していただけます。

まずは、塩でいただきます。

P1020255.JPG


次は、ポン酢で。

P1020256.JPG

ワインをいただきました。ペイザンさんは、今年で10周年だそうで、10周年記念ラベルのワインをいただきました。南フランスのペノティエのカベルネソーヴィニヨンです。


P1020257.JPG


P1020258.JPG

鉄板で焼く時以外は、常にお客様の様子をうかがい、飲物や食べ具合などを気遣われていました。
きめ細かなサービスも見習いたいです。


P1020259.JPG


次は、しゃぶしゃぶをいただくことに。

P1020260.JPG


P1020261.JPG


お肉は、前沢牛と鹿児島豚です。
タレは、胡麻ダレとお出汁。


P1020262.JPG

あんなにステーキを食べても、しゃぶしゃぶはまだ入ります♪おいしーい!


P1020263.JPG

そして、しゃぶしゃぶのこのお出汁で今度は・・・・・・。


P1020264.JPG

なんと! ラーメンにしていただきました。


P1020265.JPG

やさしいお味に癒されます。


P1020267.JPG


P1020268.JPG

最後にフルーツをいただき、大満足!
岡山の桃をいただきました。

ごちそうさまでした!!


P1020269.JPG

ペイザンさんは本当に地元でも人気のお店で、甲子園も近くなので阪神の選手もたくさん来られるそうです。↑この写真は、藤原紀香さんと陣内智則さんが来られたときの写真だそうです。

また、ぜひ行きたいお店です♪


La Paysanne ラ・ペイザン
http://www.paysanne.co.jp/

2009年04月14日

肉料理 安田(上立売通堀川東入)

京都へ花見に!行ってきましたが、そのときにおうかがいした「肉料理安田」さんのご紹介です。

京都市上立売通堀川東入にお店はあります。というと京都の方はすぐどのあたりかわかります。
でも四条とか繁華街とは違う住宅とか色々混在する場所にあるので、京都の隠れ家的なお店なのかもしれません。

20090407%20069.jpg


13~14年前に主人と二人で(まだ独身の頃)行ったことがありました。その時、二人でワインを3本飲んでひっくり返ってえらいことになったのを記憶しています(汗)。若気の至りでした。


20090407%20068.jpg


こちらのカウンター前廊下を通って、奥の掘り込みの個室へ。

20090407%20067.jpg


美味しい厳選された京都牛の焼肉が会席風に楽しめるお店なんです。


私は運転手で、武生まで運転しなければいけませんので、ジンジャーエール(涙)。

20090407%20019.jpg


前菜。

20090407%20020.jpg


ナムル。

20090407%20023.jpg


タンガーリック!!
14年前の絶品なお味がよみがえります。「これ!これ!美味しかったの覚えてる!」

20090407%20025.jpg


塩タン。

20090407%20026.jpg


塩タン焼きます。

20090407%20027.jpg


「うちのお店では、レモンスライスの上にお肉を置き、お箸で押さえてレモンの酸味をつけてお召し上がりいただいています。おすすめの食べ方ですよ。」と教えてくださいます。

20090407%20030.jpg


葱といっしょにいただきます。最高!

20090407%20032.jpg


ロース。

20090407%20033.jpg


安田さんでは、普通のたれとおろしポン酢とがあり、両方楽しめます♪

20090407%20034.jpg


ロース焼きます。

20090407%20036.jpg


魚介と野菜。

20090407%20037.jpg


上ミノ。

20090407%20038.jpg


カルビ。

20090407%20039.jpg


サラダ。このドレッシング絶品です。ちょっとすっぱいのですが、焼肉と合うので、子供たちもおかわりしました。

20090407%20040.jpg


普通の焼肉店と明らかに違うところは、順番にお肉が出てくるところです。
焼肉屋さんに行って、焼くものを注文すると、全部いっぺんにジャーンって出てきて、いっせいに焼いてしまうのですが、この安田さんでは一品一品焼いて食べ終わった頃に次のお肉がタイミングよく出てきます。ですので、一つ一つのお肉が味わっていただけます。それが明らかに違うところです。その心配りが、お肉の味も引き立てるのだと思います。

20090407%20041.jpg


カルビはポン酢でいただきまーす!

20090407%20042.jpg


会席の最後にご飯、スープ、香の物がいただけます。

20090407%20043.jpg


デザートのアイスで終わりなのですが、せっかく京都まで来たんだし、主人もワインがまだあるので追加でいろいろいただきました。


鶏のササミです。おいしい!

20090407%20044.jpg


牛肉のお刺身。

20090407%20049.jpg


ユッケ。このお皿、おもしろーい!
そうです。こちらの安田さんのお皿、素敵なお皿ばかりです。

20090407%20054.jpg


生レバー。

20090407%20061.jpg


キムチ。

20090407%20062.jpg


ピビンバ。

20090407%20063.jpg


パパ一人で「ん、ふーん♪」と飲んでいたワイン。

20090407%20064.jpg


最後の締めのアイスです。

20090407%20056.jpg


20090407%20058.jpg

ごちそうさまでございました。

久しぶりの安田さん、大満足でした。

2010年07月31日

ヨーロッパ軒:神明分店~鯖江市~

先日家族でヨーロッパ軒神明分店に行きました。

20100725%20001.jpg

私が福井にお嫁に来て、「おろし蕎麦」と同様にびっくりしたのが「ソースカツ丼」です。

カツ丼と言えば、卵でとじたどんぶり(半熟が好き♪)が定番で、ソース?で丼?って思っていました。

ところが、食べてみると超美味しくてはまってしまいました。

今ではカツ丼と言えばソース!ですよ♪


ヨーロッパ軒のソースカツ丼は美味しいですよ。

--------------------------------------------------------------------------------

【ヨーロッパ軒HPより】


福井では常識!
カツ丼の概念を変えるソースの味。
これがヨーロッパ軒の始まりでした。

当店創業者、高畠増太郎がドイツ・ベルリンの日本人倶楽部で
6年間の料理研究の留学を終え、明治45年帰国。
(天皇の料理番の秋山徳蔵氏も同期)


ドイツ仕込みのウスターソースを
日本人の味覚に普及さすべく
苦心を重ね、創案致しましたのが、
翌大正2年 東京で開かれた料理発表会にて
日本で初めて披露しました
『ソースカツ丼』でございます。

薄くスライスした上等のロース・モモ肉を、
目の細かな特製パン粉にまぶし、
ラード・ヘッドでカラリと揚げたカツを、
熱々のうちに
ウスターソースをベースに各種の香辛料を加えた
秘伝のタレにつけ、
熱いご飯にタレをまぶした上にのせたカツ丼です。

油臭さがなくサラリとした歯触りはもちろん、
ツーンとした甘み&酸味が醸すまろやかな口当たりは、
どなたにもおいしくお召し上がりいただけます。

この『ソースカツ丼』が味わえるのは、
日本広しと言えども、
ここ福井の『ヨーロッパ軒』だけ!
越前ガニや甘エビと並ぶ、
福井ならではの名物の1つとして人気を博しています。

--------------------------------------------------------------------------------


20100725%20003.jpg

店内へ!


20100725%20005.jpg

メニューです。

いろいろとあって、迷ってしまいますが、結局いつもソースカツ丼。

20100725%20006.jpg

小カツ丼。


20100725%20007.jpg

ソースカツ丼定食。
お味噌汁とサラダ付きです。


20100725%20008.jpg

エビフライ丼定食。
エビのしっぽがはみ出しています。

20100725%20009.jpg

大きいエビが2匹入っています!


20100725%20010.jpg

ベビーカツ定食♪

カツとご飯を別々に食べたいときはこれです♪


とってもボリュームがあり、お腹いっぱい!元気になりますよ!


福井県に19店舗あるそうですので、ぜひ福井に来られたときにはどうぞ!!

http://homepage2.nifty.com/yo-roppaken/

2011年04月24日

職人二人~福井市~

「職人二人」というその名の通り、職人さんが2人でやっているお店に行ってきました!


2011-04-20%20001.jpg

片町のアパホテルや秋吉の近く、ナカムラビルの2階にあります。

2011-04-20%20002.jpg

ご主人は和食の職人、そして奥さんはイタリアン、なおかつソムリエさんなんです。


2011-04-20%20003.jpg

でも入口はこんな感じです。気軽に入れる飲み屋さんって感じ。

2011-04-20%20004.jpg

なんかこの色んなものが無国籍にある状態がまた味があります。

2011-04-20%20005.jpg

前菜。


2011-04-20%20006.jpg

生ビールで乾杯!

2011-04-20%20009.jpg

お造り。


2011-04-20%20012.jpg

鱈のピルピル・・・だったっけ?プルプルだったかな??

ごめんなさい。忘れちゃった。

オリーブオイル煮です。これにパンをつけて食べます。ワインにぴったり(^-^*)

2011-04-20%20013.jpg

春野菜の天ぷら。


店内は満員。とっても賑やかなお店でした。

またおうかがいします!


【職人二人】
福井市順化2-13-20
ナカムラビル2階 
0776-27-0148
PM5:00~12:00(LO11:00)
日曜日がお休みだそうです♪

お店は完全禁煙です(^-^)

ワインも豊富ですので、ぜひどうぞ~♪

About 専門店

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「専門店」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは接客日記です。

次のカテゴリは大阪です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35