メイン

焼酎 アーカイブ

2005年03月14日

焼酎「山ねこ」

最近ではウィスキーの水割はほとんど出なくなり、焼酎が大人気です。日本料理店ですので、日本酒・冷酒はもちろん飲まれるお客様はたくさんいらっしゃいますが、ここ数年は圧倒的に焼酎が人気です。焼酎も芋・麦・米などなどあり、その中でも様々な種類があります。なかなか手に入れることのできないプレミアム焼酎をご要望されるお客様もいらっしゃるので、お店としてもそれなりのものを取り揃えています。私自身もお酒は好きですので、少しずつ味わって楽しませていただいています。私のお気に入りは「尾鈴山蒸留所の山ねこ」です。 yamaneko 私は独身の時、京都にいました。京都の先斗町三条下がった所にあるチョットバーという雰囲気の素敵なバーがあります。ママに「この大根の漬物といっしょに飲むと最高よ♪」と寒干大根といっしょに勧められたのが「山ねこ」でした。その時の味が忘れられなくて、ずっと「山ねこ」を探していましたが、 1ヶ月前やっと手に入れることができました。嬉しくて嬉しくて思わず山ねこを抱きしめてしまいました(笑)。ちびちびと大事に飲んでいましたがとうとう空になってしまいました。焼酎通のお客様にもお勧めして飲んでいただきましたが、大絶賛でした。「これはうまい!」と言っていただきました。自分が美味しいと思うものを他の方も美味しいと言っていただけるととても幸せになります。まだまだ美味しい焼酎もあると思いますので、これからも探して行きたいです。何かお勧めがありましたら、どなたか教えてくださいませ。

2006年03月03日

金魚(goldfish)

金魚という焼酎の飲み方をご存知でしょうか?


焼酎のお湯割りに大葉と鷹の爪を入れるのです。


それが、ちょうど金魚が泳いでいるように見えるということから「金魚」と言われているようです。


で、ちょっと調べてみましたが、実は本とはその「金魚(goldfish)」というのは、カクテルの名前みたいで、カルピスも入れるそうです。どんな味なんだろう???一度試してみようかな・・・と思います。


金魚(goldfish)のカクテルの作り方 http://www.cocktailtype.com/recipe/recipe_0533.html

2008年04月19日

超不阿羅王~王手門酒造さん~

ワインや日本酒もいいんですけれども・・・・・若女将は焼酎も大好きです♪
今宵は主人が会に出かけていませんので、一人でゆっくりと焼酎を堪能することにしました(秘)

王手門酒造さんの、「超不阿羅王(超ファラオ)」です。
明治28年創業の蔵元さんです。「不阿羅王(白麹仕込)ファラオ」の更に美味しいものっていうことで、黒麹仕込でこだわり製法、格段の原材料を用いた本格焼酎です。
紅寿芋のもつ、はちみつのような甘ったるいカオリと奥深い旨味が凝縮しています。
ぜひお試しください!!

image0000102%20005.jpg

うおとめでも飲んでいただけますよー!

2009年05月17日

焼酎のお湯割りはお湯が先!

昨日、主人が九州・鹿児島から帰ってきました。
鹿児島の友人の農家へ訪問し、いくつかの焼酎の蔵元さんも訪問させていただいたそうです。

それで、いっぱい色々なことを教わってきたそうです。

「焼酎のお湯割りは、お湯が先!」ということをまず私に教えてくれました。


「佐藤」の麦で実験をしました。

まったく同じ割合で同じ銘柄。
(左)お湯を先に入れて、その後焼酎を注ぐ。
(右)焼酎を入れてから、その後お湯を注ぐ。

20090516%20018.jpg

これが、びっくり!!
今までは比べて飲んだことがなかったので、先にお湯を入れても後でお湯を入れても「美味しい」と思っていました。こうして実験として味わってみると、全然違います。

(左)は、まったく口の中にひっかかりがなく、香りがやわらかくふくらみ、味わい深いです。
(右)は、金属的なギスギス感が口に残り、香りも平面的でした。

20090516%20019.jpg

ちょっとしたことでこんなに変わるものか!!と本当に驚きでした。

皆さんも実験してみてください。

明らかに違いが分かります。

About 焼酎

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「焼酎」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは松山です。

次のカテゴリは食材です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35