メイン

俳句会(於:料亭うおとめ) アーカイブ

2009年04月21日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は月に一度の俳句会でした。
今月は、私(花音)が幹事をさせていただきました。

句会でのお菓子は、御素麺屋さんの羽二重おりひめをご用意しました。このおりひめは、羽二重餅の中にクルミが入っていて、とっても美味しいです。

3時からみんなで選句をし、6時ごろから会食です。

20090420.jpg

口代。こごみやこしあぶらが春の味覚で美味しいです♪


20090420%20006.jpg

お造りです。

20090420%20007.jpg

丸茄子の海老あんかけ。


20090420%20008.jpg

鯛の焼いたものを出汁に。


20090420%20009.jpg

豚ロース 山菜味噌。豚ロースにこんなに味噌が合うなんて!!


20090420%20010.jpg

このわたの茶碗蒸し。
自家製このわたなので、口子になる部分も多分含まれているので味が深いです。


20090420%20011.jpg

筍御飯。赤出汁。


20090420%20012.jpg

果物でおしまい。


ご馳走様でした!


2009年05月21日

俳句の会~料亭うおとめにて~

先日、月に一度の俳句の会がありました。

今月は、2句も天の句をいただき、ありがとうございます!

・火の山となりて躑躅の咲き満ちる

・雛菊の花ままごとの散らし鮨

嬉しかったです♪


俳句の会は、国語の授業みたいで楽しいです。実は俳句の会のメンバーの方々は、ご年配ばかりです。戦後生まれは私だけです。大正~昭和16年までにお生まれになった方ばかりなんです。
それで、元国語の教師の方もいらっしゃって、その先生のお話がものすごーく楽しいんです。先生は、「楽しい授業」というのをモットーに、自分が先生という職人になって生徒と向き合うことをずっとやってらしたそうです。ですので、俳句のメンバーにもそういう対応で、おもしろおかしく句会をしていただけるので、本当に楽しいです。


20090520%20017.jpg

天の句にいただいた、「火の山となりて躑躅の咲き満ちる」なんですが、選んでいただいた方が「咲き満つる」の方がいいかな?とおっしゃったのですが、先生は「咲いて真っ盛りという意味でしょ?そしたら『咲き満ちる』の方がいいねぇ。満つるでは連体形になるのでね。」と文法も踏まえて教えてくださいます。

この句会は、「自由に」という暗黙の了解があるので、あまり季語重ねや字足らず字あまりは気にしていません。形式ばかりを気にしていては、面白い句ができないということです。


さて、楽しい句会が終わればまた更に楽しい懇親会です。


20090520%20002.jpg

今日の掛け紙は、「つば広に白肌のぞく夏帽子」を掛けましたが、すかさず「花音(私の俳号)さん、字間違ってるよー!」と。帽子の帽の線が一本足りませんでした(汗)


20090520%20003.jpg

翡翠茄子と温泉玉子


20090520%20004.jpg

お造りです。

20090520%20008.jpg

鮎風干し 紅たでとスイカとうるかで


20090520%20009.jpg

檜扇(ひおうぎ)貝の天ぷら


20090520%20011.jpg

牛たたき


20090520%20012.jpg

こちらの赤飯は、メンバーの方が差し入れてくださいました。


20090520%20013.jpg

金目鯛 酒蒸し


20090520%20014.jpg

雲丹うどん


20090520%20015.jpg

デザートです。苺のシャーベット。


楽しく会話が弾みます♪


また来月も楽しい俳句会になるよう、俳句も頑張ります!

2009年06月23日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句の会でした。

当店で開いていただき、ありがとうございます。

一人15句投句します。それを短冊に書いたものをバラバラにし、出席者に配ります。
配られた短冊を清記します。その清記した用紙をまわしていき、選句します。
19人のメンバーですが、今日はなんと15人出席で、欠席された方も投句はされるので、300句くらいは読んで選句するということになります。

今日は、新人メンバーも加わり、大盛り上がりでした。


私事ですが、今月は「天の句」を3ついただいちゃいました!

・籐椅子にある人生の一欠片
・本を読む子の声高き麦の秋
・深煎りの珈琲を注ぎ星涼し

この3句です。

ありがとうございます!


句会の後は、懇親会です。

20090622%20003.jpg

今日の掛け紙は、「紫陽花や玉となり藍つらぬきて」でした。
(残念ながらこの句は取っていただけませんでしたが・・・)


20090622%20002.jpg

口代。

20090622%20004.jpg

ずいきの梅肉和え 口子。


20090622%20005.jpg

お造りです。


20090622%20006.jpg

鰻 源平焼き。


20090622%20007.jpg

鶏ササミ とろろ。


20090622%20008.jpg

いろいろ野菜と海老、帆立のなめこあんかけ。


20090622%20009.jpg

カマス 蓼酢。


20090622%20010.jpg

鯛飯と小吸物。


20090622%20011.jpg

果物は、抹茶シャーベット、黄色いさくらんぼと白いピーチパイン。

ごちそうさまでした!


句会も懇親会も楽しかったです♪

2009年07月16日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は月に一度の俳句会でした。

今回は、天の句は一つだけいただきました。

「幼子の手いっぱいに茄子の紺」

ありがとうございます。

私が入っている句会は、すごく古くからあって、毎月句集を作成しているのですが、この7月で598号を迎えます。9月で記念すべき600号ということなんです。
ということは、9月でこの句会は50周年を迎えます。すごいことですねー。私が生まれる随分前から句会が継続されてきました。会のメンバーで一番入会した年月が早い方は、1974年12月なんです。私が一歳の時です。歴史を感じます。

それで、600号を記念して、記念誌を作りましょうということになり、1人23句+エッセイを書くことになり、それの作業を最近はみなさん頑張っています。

さて、どんな記念誌になるのでしょうか・・・。私は文才がないので、小学生の作文みたいなエッセイ(?)になりました。まだまだ句歴も浅いのでゆるしてください~。


~懇親会のお料理~

20090715%20006.jpg

「睡蓮の緋色のこぼれ手水鉢」


20090715%20007.jpg

口代。小芋美味しかった♪


20090715%20008.jpg

お造り。烏賊・天然勘八・梅貝・平目


20090715%20009.jpg

お椀。海老真丈。


20090715%20011.jpg

焼物。海老・帆立・まながつお


20090715%20012.jpg

鰻寿司。


20090715%20014.jpg

蛸。落とし風。


20090715%20015.jpg

松茸と鯛の天ぷら。


20090715%20017.jpg

蛤素麺。


20090715%20018.jpg

果物と梅のシャーベット。

梅のシャーベットは、さっぱりして美味しいですよ。


また来月もたくさん句をとっていただけるように頑張りまーす!

2009年08月22日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

16人が15句投句し、合計240句を12人で選句します。
句会は欠席でも、俳句だけ投句する方もいらっしゃるからです。
1人何句でも選句できます。そして、最後に選句した中から1句だけ「天の句」を選びます。

今日は、12人の方の2人の方から「天の句」をいただきました。

『芯強き女になりたし吾亦紅』
    (ひと)    (われもこう)


です。最近いろいろとあり、くじけそうになっていましたが、吾亦紅を見ると「あ、私も頑張らなあかん!」と思えました。ですので、この句は自分でも好きな句です。


句会が終われば、懇親会です。

20090821%20001.jpg

今日の掛け紙は、「郷里発つ汽車の窓にも盆の月」です。


20090821%20002.jpg

もずく。グレープフルーツと順才が入ってます。
南蛮漬。

20090821%20003.jpg

お造り。


20090821%20004.jpg

土瓶蒸し。


20090821%20007.jpg

お出汁が美味しい♪癒されます。
土瓶蒸しを食べると、「やっぱり日本人でよかった!」と思います。


20090821%20005.jpg

鱒のいくらおろし。


20090821%20008.jpg

帆立の胡麻味噌焼き。


20090821%20009.jpg

牛たたき 野菜巻き。


20090821%20010.jpg

小芋の唐揚げ。


20090821%20011.jpg

梅若布うどん。


20090821%20012.jpg

果物。
この西瓜は、白山すいかです。句会のメンバーの方が作られた西瓜です。甘くって美味しかった♪


また来月も楽しい句会になりますように・・・。

2009年09月19日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、俳句の会でした。


今月は、なんと天の句を3つもいただきました!!!(嬉)


●「窶れ身に褄余りたり秋袷」
 (やつれみにつまあまりたりあきあわせ)

●「梨を剥く手元見つめるつぶらな瞳」
 (なしをむくてもとみつめるつぶらなめ)

●「胸中の思ひ明かさず秋蛍」
(きょうちゅうのおもひあかさずあきほたる)

ありがとうございまーす!


句会が終わったら、いつも通り「懇親会」となります。

いつも「その懇親会のために俳句してるんでしょ?」と言われますが、違うのです。
句会も懇親会も比重はいっしょ。とても大事な会なのです。

句会があってこそ懇親会、懇親会があってこそ句会、「句会≧懇親会」くらいの比重です(笑)


20090917%20037.jpg

この俳句は、自分が気に入っているので・・・・・。


20090917%20038.jpg

口代。


20090917%20040.jpg

お造り。3種類の食べ方で味わえます。酢橘&塩、お醤油、ポン酢。


20090917%20041.jpg

鱸のカマの酒蒸し。


20090917%20042.jpg

いくら入り冷し茶碗蒸し。


20090917%20043.jpg

笹かれい。


20090917%20044.jpg

蟹のおろし添え。


20090917%20045.jpg

穴子の柳川鍋。


20090917%20046.jpg

松茸のにゅう麺。


20090917%20047.jpg

デザートです。


今日も楽しく句会を過ごせて、ありがとうございました。
いつも料亭うおとめで開催していただき、嬉しく思っています。

来月は、久々の吟行です。行き先は、私の故郷「奈良」なんです。楽しみです♪

2009年11月19日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、俳句の会でした。

先月は、吟行に行きましたので、句会はありませんでした。今月は、吟行の句が多かったです。

私も吟行の句を何句かとっていただきました。今月は、天の句はいただけませんでした(涙)。


~吟行の句~

・秋篠の古墳通りや柿たわわ

・小春日にとけ込んでゐる伎芸天

・秋篠寺人待ち顔の石蕗の花

・大和路の寺々染めて秋暮るる

・越前の訛り響いて秋篠寺

---------------------------------------------------------------------


句会の後は、懇親会♪


20091118%20003.jpg

掛け紙は、『もつれあひ一途な恋の秋茜』


20091118%20002.jpg

前菜。


20091118%20001.jpg

お造り。赤貝の糸造りが美味しかったです。

20091118%20004.jpg

鰆 葱味噌焼き。


20091118%20005.jpg

かぶら蒸し。アツアツで美味しいです。


20091118%20006.jpg

蟹鍋。


20091118%20007.jpg

河豚の唐揚げ。

20091118%20008.jpg

ササミと茸の酢の物。

20091118%20009.jpg

梅雑炊。


20091118%20010.jpg

水菓子。

句会の他に2組お客様があってバタバタしましたが、隙をみてお料理もいただきました!
美味しかったー!

2009年12月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~忘年会?!

昨日は、2009年最後の句会でした。

今月からいいなと思った句を1句選ぶ「天の句」の発表は無しになり、「印象に残った句(何句でも)」をエピソード付きで発表することになりました。


私の句で、他の方が発表してくださったのは、

・襟巻の中につぶらな瞳かな

・食卓の主役飴色ぶり大根

の2句でした。ありがとうございます。

2009年の句を読み返してみると、思い出深いものばかりでした。

もう一年経ったのだなーってしみじみ・・・・。

句会が終われば、今日は忘年会!!

20091217%20002.jpg

掛け紙は、

故郷への道しるべとして寒椿


20091217%20005.jpg

口代


20091217%20004.jpg

お造り

20091217%20006.jpg

牡蠣の酒粕チーズ焼き


20091217%20007.jpg

黒大根と帆立の蟹あんかけ


20091217%20009.jpg

穴子寿司


20091217%20011.jpg

河豚のお鍋


20091217%20012.jpg

焼き鮑


20091217%20013.jpg

キュウリの入った胡麻酢でいただきます。


「今日は忘年会!!」
ということで、Kさんが踊りを披露してくださいました!!

20091217%20043.jpg

〆のご飯代わりは、にゅうめん。


20091217%20044.jpg

果物。

大変盛り上がった句会&忘年会でした(^-^*)/


また来年もよろしくお願いいたします!

2010年01月18日

2010年 初句会~料亭うおとめにて~

今日は、俳句の会の「2010年新年初句会」でした。

初句会といっても、やることはいつも通りです。

まず、メンバーみんなが投句します。一人10句。
先月まで一人15句だったのですが、今月から10句になりました。
人数が増えてきたので、投句の数を少なくしたのです。

短冊をバラバラにメンバーに配って、配られた短冊を清記用紙に清書していきます。

どうして清記用紙に書くのかというと、短冊だと筆跡で誰の句かわかってしまうので、選句の条件を平等にするためです。

20100118%20003.jpg


そして、今度は緑色の選句用紙に自分がいいと思った句を書いていきます。

20100118%20004.jpg

なので「花音選」です。


20100118%20006.jpg

結構、知らない言葉も多いので、辞書を調べながらゆっくりと選句していきます。

ここで勉強することも多いです。


選句が終わると、読み上げです。「○○選!」と言って、俳句を読み上げ、自分の俳句が読み上げられると作者は、(例えば私の場合)「花音です。」と言っていきます。


今日は、いつもよりたくさん選んでいただけたかな・・・・。

今日は、新年ということで、懇親会に先立って、「謡い」と「新春の舞」のご披露がありました。もちろん会員の方によるものです。みなさん本当に芸達者。


20100118%20020.jpg

謡い。

新年のお祝いに因んで「鶴亀」。


20100118%20024.jpg

新春の舞。「宝船」


20100118%20030.jpg

御歳を感じさせない、ピシっとした凛とした舞はみなさん感動しておられました。


20100118%20031.jpg

素敵な謡と舞の後は、乾杯!


20100118%20010.jpg

口代。


20100118%20032.jpg

お造り。


20100118%20033.jpg

色々変わり揚げ。


20100118%20034.jpg

金目鯛のかぶら蒸し。


20100118%20035.jpg

この細かいサイコロは、生の蕪でした。牡丹雪をイメージできるし、この金目の赤がとっても映えて、お正月らしいおめでたい一皿となっていました。美味しかった~!


20100118%20036.jpg

蟹。


20100118%20037.jpg

若竹鍋。
若布と筍とうるいが入っています。


20100118%20038.jpg

雲子の茶碗蒸し。


20100118%20039.jpg

この雲子を、うちの娘達は「もにょもにょ」と呼んでいます(笑)


20100118%20045.jpg

帆立ご飯と赤出汁。


20100118%20048.jpg

デザート。


ご馳走様でした。

今年も、俳句、頑張りたいと思います♪

2010年02月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

2月の句会がありました。

この平成22年2月の句会は、木犀会にとって605回目の句会です。

そして、以前から会員のみんなで取り組んできた(私はあまり貢献していませんが)句集が出来上がってきました!

『木犀』 第六百号 記念句集

20100217%20003.jpg

落ち着いた色の温かみのある素敵な表紙で、中身の挿絵もセンスよく入っていると思うし、完成品を見て大満足です。実際に出来上がって手にとると感激です。この句集を作成するにあたって、編集委員さんには随分ご苦労をかけたと思うと、その重みを感じます。

100号ごとに、記念句集を作成しているのですが、600号ということは1ヶ月に1号ですので、50年続いている句会なんです。私ごときが、そんな歴史のある会の仲間に入れていただいているのは、本当に有り難いことだと思っています。

前回の500号は平成13年5月に発行されました。600号までの8年4ヶ月、色んなことがあったと思いますが、改めてこの600号を眺めていると、考え深いものです。私は8年4ヶ月のうち、3年しかお世話になっておりません。私は木犀句会に入らせていただいたのは、563号からです。私なんて、木犀の花に例えると、あの金木犀の花のたった一つの花くらいにしかならないのだろうな・・・・って思います。
木犀の生命のひとかけらになれるということが幸せだなって思いました。

この句集の発行部数は、200部。

越前市立図書館や、福井県立図書館などにも寄贈されたそうなので、もしも興味のある方は、ぜひご覧ください。


さて、この日もいつものように句会です。


----------------------------------------------------------------------------------


今日の幹事さんは、いつもケーキを用意してくださいます。

20100217%20005.jpg

鯖江の「けーき屋」というケーキ屋さんの苺のロールケーキ。

美味しかったです♪


ケーキの他にも、駄菓子を用意してくださいます。

「あ!!私の大好きなもの見つけた!」

20100217%20006.jpg

炭酸煎餅です(笑)

カルシウム入り!カルルス!


句会は、無事終了。


今月の気になる句に、2句選ばれて嬉しかったです。

   「風邪の子の声を伝へて糸電話」

   「盗まれしくちびる渇き梅真白」

の2句です。後者の講評は、「この句は、年寄りや男では詠めない句や!」と言っていただきました(^-^*)

皆さんの講評の後は、懇親会。


残念ながら取っていただけなかった句ですが、掛け紙は、

「佐保姫の目覚めし山の笑ひ顔」

20100217%20007.jpg


20100217%20009.jpg

口代。

私が勝手に思ったのですが、菜の花が湯葉に包まれて、新牛蒡の枕で寝っころがっているように見えて、まさに「春眠!」って思いました。

20100217%20010.jpg

お造り。

20100217%20011.jpg

豚の角煮。

20100217%20012.jpg

はまぐりの貝寄せのお寿司。

もうすぐひな祭りですね。


20100217%20014.jpg

白魚の柳川鍋。

20100217%20015.jpg

鰈の唐揚げ。揚げ出し風。

20100217%20016.jpg

赤貝の酢味噌。

添えているのは、紫山芋とショコラトマト。


20100217%20017.jpg

梅そば。


20100217%20019.jpg

最後はシャーベットと果物。


昭和34年から相も変わらず、一貫して午後1時に料亭に集まり、3時投句締切、披講、選を終えて6時ごろより酒宴に入ります。この集まる料亭は、50年の間にいろいろな場所になったそうですが、最近は料亭うおとめが定宿になりつつあります。

いつも会員の皆様に可愛がっていただき、本当に心から感謝しております。


今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

2010年03月17日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

今月も10句を投句しました。

↓この掛け紙に書いた句だけが選んでいただけませんでした(涙)。
20100316%20001.jpg


俳句というより、川柳っぽすぎるからかなぁ・・・。

他の9句は、とっていただけました!ありがとうございます!

せっかくなので、9句書いておきます(^-^*)

●不揃ひの粒の甘さよ冬苺

●つぶら目に見守られゐて剥く林檎

●北国の闇にうつすら朧月

●蜜柑剥くしぶきのかかる鼻頭

●結髪は小振りにまとめ春袷

●凛として今昔伝へ梅一輪

●桃咲くや鳥居をくぐる綿帽子

●白梅や白無垢姿なほ白く

●さきがけの羽音つぶての初燕

この中では、私は「結髪は・・・」が気に入っています。


春になって、少し寒さも緩んできて、春袷を着る時には、髪もきゅっと小さめにしたいものです♪

句会が終わると、恒例の懇親会です。
昨日はありがたいことに他にも宴席があったので、句会の席にはあまり居られませんでしたが、お料理は全て食べました!!ご馳走様でした(^-^)

20100316%20002.jpg

前菜。山葵の飛びっ子和え、雲子あん、春野菜の味噌ソース。


20100316%20003.jpg

お造りです。


20100316%20004.jpg

牛肉のたたき。

20100316%20005.jpg

出汁巻き卵の海老あんかけ。


20100316%20006.jpg

若布と帆立と芽キャベツと蛸のお鍋。


20100316%20007.jpg

焼き筍、焼き鯛の蕗の薹味噌。


20100316%20008.jpg

赤貝、蛍烏賊の梅肉かけ。


20100316%20011.jpg

ご飯は、蟹飯と赤出汁です。


20100316%20012.jpg

果物。


毎月、素敵な句会と懇親会、ありがとうございます!


2010年04月22日

俳句の会~料亭うおとめにて~

4月20日は、毎月の俳句の会でした。

今月の兼題は、「花」いっさいでした。作りやすいのですが、作りやすすぎて難しいという兼題かもしれません。

20100420%20001.jpg

兼題「花」に因んだお菓子。桜の生菓子をいただきながら句会です♪


私の句の中で選んでいただいた句を書いておきます。


・ふる里の土の香りや土筆摘

・花屑をつけて戻りし貸せし傘

・吹き下ろす風や子猫をかばふ親

・宮跡のほのかな香り花すみれ

・べっこうの簪挿して花衣

・卒園の小さな姫の紺袴

・行く春や指なめらかに弾くソナタ

・ひざ上に収まる弁当桜狩

・子の注ぐ銀の柄杓や花御堂


でした。ありがとうございました。

20100420%20003.jpg

この日は、毎年発行される福井県俳句作家協会の句集の「福井県 第48集」が配られました。いつも事務局の方が手続きをしてくださっています。

ありがとうございます。

句会の後の懇親会です。

この日は他にお座敷もあり、私はバタバタとしていてあまりお席には着けませんでした(涙)。

20100420%20005.jpg

前菜は、うすい豆の冷たいスープ(?)、青だつ、木の芽和え。

句は、「花屑をつけて戻りし貸せし傘」

20100420%20008.jpg

蛸とグレープフルーツと順才と海ぶどう。


20100420%20009.jpg

お造り。


20100420%20010.jpg

帆立焼霜のあんかけ 花山椒 こしあぶらの天ぷら添え。

20100420%20011.jpg

ホワイトアスパラのフライ。味噌ソース。

20100420%20013.jpg

酢味噌


20100420%20015.jpg

すき焼きのお鍋。


20100420%20017.jpg

美味しそう♪     
実はこれは、私が「すき焼き食べたい♪」と言ってお願いしました。

20100420%20014.jpg

蛤うどん。

20100420%20016.jpg

最後は、果物。


ありがとうございました!

また来月もよろしくお願いいたします!

2010年05月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

兼題は、「陽炎(かげろう)」でした。

結構難しい兼題でしたが、素晴らしい句がいっぱいでした。

私の句で、昨日選んでいただいた句を記しておきます。

・春雨につなぐ二人の手のぬれて

・人住まぬ洋館ポストかげろへる

・磨かれし鏡の如き代田かな

・遠足のおにぎり香る竹の皮

・靴を脱ぎ素足よろこぶ芝生かな

・薔薇の花贈られし日や青春譜

・陽炎に眼(まなこ)細めてゆく少女

・押しあひて一体になり若楓


以上8句です(^-^*)

ありがとうございます。

句会の時にいただいた、お菓子です。

大野の伊藤順和堂さんの栗入りきんつば。

20100517%20003.jpg


句会の後は、懇親会♪

掛け紙は、「磨かれし鏡の如き代田かな」を掛けさせていただきました。

20100517%20005.jpg

20100517%20006.jpg

蛤美味しかったです。ちょこちょこ色々が嬉しいです♪


20100517%20007.jpg

冷し茶碗蒸。順才と梅肉が入っています。

20100517%20008.jpg

お造りです。


20100517%20010.jpg

鶏肉の蕗の薹味噌焼き。


20100517%20011.jpg

白い焚き合わせ。
白い野菜ばかりの冷たい炊き合わせ。


20100517%20013.jpg

白海老の唐揚げ。


20100517%20014.jpg

湯葉を塩とごま油で。


20100517%20015.jpg

締めのご飯は、鮑ご飯。


20100517%20016.jpg

果物で終わりです。


ご馳走様でした。

また来月もよろしくお願いいたします♪

2010年06月21日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の俳句の会でした。

今回は私が幹事をさせていただきました。


20100621%20001.jpg

わらび餅をご用意しました♪


今日の兼題は、『蛍』と『祭』でした。

とっていただきました句は、9句ありました。


●おかつぱの寄り目がのぞくラムネ玉

●限りなく明滅交し恋蛍

●沢に舞ふ小惑星とも夕蛍

●校舎まで喝采響くプールの日

●せせらぎにしなる女竹の艶めける

●蛍火の青きが輝らす白き肌

●水源の清き蛍の刹那かな

●若白髪とは云へぬ歳梅雨入かな

●ためらはず皮脱ぎ初めし今年竹


の9句でした(^-^*)。ありがとうございます。


句会が終わると、懇親会。


20100621%20003.jpg

掛け紙は、「蛍火の青きが輝らす白き肌」で。


20100621%20004.jpg

先付でいただいたのは、冷たい冬瓜。出汁はジュレになっていて、飛びっこがのっていました。
そして、中から!


20100621%20009.jpg

温泉玉子が出てきました!


20100621%20005.jpg

お造り。


20100621%20007.jpg

鮎の風干し。


20100621%20011.jpg

茄子、天然カンパチの揚げだし。


20100621%20010.jpg

牛ロースをポン酢で。


20100621%20012.jpg

蛸、青だつの梅肉和え。


20100621%20013.jpg

ふかひれの茶碗蒸し。


20100621%20014.jpg

めかぶとなめこの稲庭うどん。


20100621%20015.jpg

果物。パイナップルのシャーベット♪


こじんまりと、8名の懇親会でしたが、有意義なお話もでき楽しかったです。

また来月お願いいたします!

2010年07月17日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は月に一度の俳句会でした。

毎月、1人10句投句します。

投句した短冊をみんなで清記して、それから選句していきます。

20100716%20019.jpg

↑これは私が選んだ句なので、「花音選」です♪

そして、句会の最後に「今月の気になる句」を発表するので、気になる句も書きとめておきます。

「気になる句」の中でも、私が「なるほど!」って思った句は、

はからずも日陰となりて赤信号

でした。日陰が季語ですが、車を運転していてたまたま赤信号で止まったら日陰で、「ラッキー♪」って思うことありますよね。そんな些細な日常からも俳句って作れるということを改めて感じました。

私の俳句、9句選んでいただけて、嬉しかったです(^-^*)
記録しておきます。

・昆布〆の鱚(キス)透きとおる青九谷

・バス停に影残し去る白日傘

・ひと座敷終へて襦袢の汗みどろ

・雨垂れの刻むリズムや虎耳草(ゆきのした)

・童心にかへりそぞろの祭笛

・お喋りはおませな姉妹初浴衣

・博多織の夏帯堅く気合入れ

・出番待つ風なき舞台の踊子草

・風に干す天然鮎の尾の揺れて

以上、9句でした。

ありがとうございました。


20100716%20021.jpg

掛け紙は、選んでいただけなかった句(涙)でした。

身を寄せて相合傘の半夏雨


20100716%20020.jpg

前菜
トマトとササミとアスパラとオクラが入っていました。


20100716%20022.jpg

お造り。
烏賊・赤貝・鮪・才巻海老


20100716%20023.jpg

鰆の松茸巻き


20100716%20024.jpg

鮑のスモーク

先日のワイン会でのメニューといっしょです。


20100716%20025.jpg

お椀の蓋を開けると、中から煙が出てきますので、「浦島太郎!」って盛り上がります。

20100716%20027.jpg

とうもろこしの天ぷら。


20100716%20028.jpg

牛肉のとろろ冷しゃぶ。


20100716%20029.jpg

鰻の蒸し寿司。


20100716%20030.jpg

鮎の風干し 素麺。
柚子がきいてて美味しかったです。


20100716%20031.jpg

果物とパイナップルのシャーベット。


ご馳走様でした!


また来月も宜しくお願いいたします(^-^*)


2010年08月24日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、毎月の俳句の会でした。

20100823%20001.jpg

今月の当番の方が持ってきてくださった、阿んま屋さんの「つり鐘せんべい」です。
美味しかったです。


毎月の句会ですが、今月は出席者が多く11名でした。

いつものように、10句投句します。

今回は嬉しいことに、私が投句した俳句、全て選句に入れていただけました!

すっごく嬉しいです。

記録用に書きとめておきます。今月の「花音」の句。

・晩涼や短き母の文届く

・葉伝へに結ばれ露のひとしずく

・幼な子のまとはりついて白日傘

・桑の実を口いっぱいに下校の子

・一言も交わさず闇に待つ花火

・空き多き長屋を行き来黒揚羽

・触れがたきブーゲンビリアの深紅かな

・行方なき寄せあふ波と磯の蟹

・打つ波に足跡消され夏の恋

・白シャツや物干し竿を飛ばんとす

(太字は印象に残った句でも紹介していただきました!)


ありがとうございました!!


句会の後は、懇親会です。


かんぱーい!

20100823%20005.jpg

この句は自分でも結構気に入っています(^-^*)


20100823%20006.jpg

口代。

20100823%20008.jpg

お造りです。


20100823%20009.jpg

う巻き。
鰻美味しい♪


20100823%20010.jpg

甘鯛の干物。
ぐじです。


20100823%20012.jpg

牛肉冷しゃぶ。

20100823%20013.jpg

鰆の唐揚げ。おろしポン酢で。


20100823%20014.jpg

大さざえ。青だつと梅肉和え。


20100823%20015.jpg

松茸ご飯。赤出汁。


20100823%20016.jpg

デザート。
無花果の抹茶クリーム。


ごちそうさまでした♪

来月も俳句、頑張ります(^-^*)/

2010年09月16日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、毎月の俳句の会でした。


20100915%20001.jpg


今日の係りの方の手作りゼリーをいただきながら句会でした。

20100915%20002.jpg


今回は、10句投句したうちの9句をとっていただきました!

ありがとうございます♪

記録しておきます。

------------------------------------------


・秋の色籠にあふれて野菜市

・抛入れの芒が主役素焼き鉢
(なげいれ)
・月明や錆びても刻む古時計

・深鉢に秋茄子味噌煮とろけたり

・蕎麦の花風も白きに触れてゆき

・月光を乗せてドライブ里の道

-------------------------------------------

【弾丸トラベルのパリ&ブリュッセルの紀行句】

・秋澄むや小便小僧の細き指
  ※ブリュッセルにて
・秋風やセーヌの古き石の橋
  ※セーヌ川にて
・三色旗のパラグライダー巴里の秋


-------------------------------------------

句会が終われば、お楽しみのお食事♪

掛け紙は、「月光を乗せてドライブ里の道」です。

20100915%20004.jpg

20100915%20006.jpg

お造りです。


20100915%20007.jpg

鯛の酒蒸し。


20100915%20008.jpg

松茸のフライ。


20100915%20009.jpg

モッツァレラチーズ焼き♪


20100915%20010.jpg

フカヒレの茶碗蒸し。


20100915%20011.jpg

スモークサーモン。ぶどうといっしょにいただきます。


20100915%20012.jpg

稲庭うどん。辛味大根おろしで。


20100915%20013.jpg

デザート。


ご馳走様でした。

句会のメンバーの方は、元教師やお坊さんや様々な方々がいらっしゃいますので、色んなお話が聞けてとってもためになります。先人のお話は勉強になります。


いつも楽しい句会、ありがとうございます!

2010年10月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

毎月一度の俳句の会でした。

2010-10-19%20002.jpg


いつものように清記して、それを回して選句していきます。


今月は、10句投句中、7句取っていただけました。

ありがとうございます!

記録しておきます。

・絵手紙の滲みし柿や切手貼る

・夕茜波打つ曽爾の花芒

・雨に散り染みる香りや金木犀

・秋晴れやベロアの帽子伊達めがね

・頬に触れもてあそばるる尾花かな

・身に沁むやレコード盤に竹の針

・さくさくと奥歯奏でる青林檎


太字の句は、印象に残った句にも入れていただきました。ありがとうございます。


句会の後は、お食事です。

2010-10-19%20003.jpg

口代。
掛紙は、「頬にふれもてあそばるる尾花かな」です。


2010-10-19%20005.jpg

お造り。
鰆の昆布〆、烏賊、梶木、鯛。


2010-10-19%20006.jpg

大根 帆立 肉味噌あん。


2010-10-19%20007.jpg

松茸と水菜、菊のおひたし。


2010-10-19%20008.jpg

きのこ鍋。


2010-10-19%20009.jpg

笹かれい 栗あん。


2010-10-19%20010.jpg

蟹の茶碗蒸し。


2010-10-19%20011.jpg

鮭の炊込みご飯に、いくらをのせたご飯!!美味しかったです。
伊勢海老の赤出汁と。

2010-10-19%20012.jpg

果物。
シャーベットは、無花果のシャーベットです。


毎月、ありがとうございます!

また来月もお願いいたします♪

もっと俳句が取っていただけるよう、頑張ります!

2010年11月16日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句の会でした。


2010-11-16%20001.jpg

まことやさんの生菓子をいただきながらの句会でした。
秋らしいお菓子♪

今月は10句投句したうち、9句を取っていただきました!ありがとうございまーす!


・山鳩のくぐもり声や今朝の冬

・手のひらに小さき手重ね紅葉狩

・円描き遠ざかる水脈(みお)浮寝鳥

・オルゴールの終はる余韻や山眠る

・掃き寄せて赤にまぢる黄柿紅葉

・まつすぐに日矢受け止めて紅葉谷

【奈良への紀行句】
・木漏れ日に歩を合はす道石燈籠
      (春日大社参道にて)

・水尾引く二羽の鴛鴦浮見堂
      (奈良公園浮見堂にて)

・仏土への五十二段や秋深む
      (猿沢池から興福寺への五十二段の石段にて)


太字の句は、「今月の気になる句」にも2人から選んでいただきました♪嬉しい♪

句会が終わると懇親会です。

2010-11-16%20002.jpg

掛け紙の俳句は、「手のひらに小さき手重ね紅葉狩」

2010-11-16%20004.jpg

前菜。


2010-11-16%20005.jpg

お造り。

2010-11-16%20009.jpg

鰆の柴漬け焼と松茸。

2010-11-16%20006.jpg

牛すじの根菜鍋。


2010-11-16%20010.jpg

美味しそうに煮えました♪


2010-11-16%20011.jpg

海老芋、烏賊団子の海老あんかけ。


2010-11-16%20012.jpg

せいこ蟹。


2010-11-16%20013.jpg

温かい南蛮。


2010-11-16%20015.jpg

焼おにぎり茶漬け。


2010-11-16%20017.jpg

果物とシャーベット。

毎回、話が盛り上がって楽しいです。


いつも楽しい句会をありがとうございます。

また来月もお願いいたします(^-^*)

2010年12月24日

俳句の会~料亭うおとめにて~

20日は、月に一度の俳句会でした。

まことやさんの美味しいお菓子を食べながらの句会です(^-^*)

2010-12-20%20001.jpg

まことやさんの美味しいお菓子を食べながらの句会です(^-^*)


2010-12-20%20003.jpg

月に一度の俳句会。14・5名、毎月10句、短冊に書いて出句します。短冊は誰の句かわからないようシャッフルし、清記用紙に転記します。清記用紙を順送りし、全句に目を通し、選句します。そして披講、選んだ句を読み上げます。読み上げられたら、作者は「花音です!」と名乗ります。全ての披講が終わると、印象に残った句を講評します。自分の句が人にどのように感じてもらえるのか、とても興味深く楽しい時間です。

みなさん、真剣に選句です。

句会のメンバーは楽しく優しい方ばかり。
「俳句」って短い詩なので、とても言葉を大切にします。「言葉を大切にする人は、人も大切にする。」ってどなたかの言葉でありました。

本当にその通り。


そして、俳句は年齢関係なく楽しめます。句会の最年長の方ですが、大正12年生まれです。

「とうとう2月で米寿だよ~。」とおっしゃっています。

「ひぇー!私、4月で38なんですけど、ちょうど50歳違いですね(笑)。」

「半世紀やな(^o^)」

俳句は年を超えて楽しめるのです♪

今月は、10句投句したうち、9句を選んでいただけました!!(^-^v)

記録しておきます。

・ひとひらに心ひかれし姫椿

・太陽の匂ひ抱きしめ干蒲団

・雪もよひ袱紗になじむ茶杓の反り

・小春日やパンケーキ焼く子のまなこ

・爪を切る音の軽さや小六月

・洋館のステンドグラス冬の蝶

・冬満月武生の街は早や眠り

・泣いていた空にかかりし冬の虹

・独り寝の蒲団取り合ふ夢の中

太字の句は、「今月の気になる句」にも選んでいただきました!
ありがとうございます♪


句会の後は、お楽しみの懇親会です。

2010-12-20%20007.jpg

掛け紙の句は、「泣いていた空にかかりし冬の虹」を掛けさせていただきました。


2010-12-20%20008.jpg

前菜。つぼ4種。


2010-12-20%20010.jpg

お造り。

2010-12-20%20012.jpg

北海道鵡川産の本ししゃも。
オスメスカップルで♪


2010-12-20%20009.jpg

お鍋は、雲子鍋。


2010-12-20%20013.jpg

あたたまります♪


2010-12-20%20014.jpg

豚の角煮。

2010-12-20%20016.jpg

鯛の酒蒸し。


2010-12-20%20015.jpg

なまこ酢。


2010-12-20%20019.jpg

蟹雑炊。


2010-12-20%20020.jpg

果物。


いつもいつも、楽しい句会ありがとうございます(^-^*)/

2011年02月24日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句の会でした。

今月は当店、料亭うおとめにて。

ありがとうございます。幹事さんが開催場所を決めてお世話するのがこの会のルールですので、毎回うちで句会をやっていただくというわけではないのです。
うおとめで開催していただき、感謝感謝です。

2011-02-23%20001.jpg

幹事さんのおすすめ!という「けーきやさん」のモンブランをいただきながら選句しました。


今月は、8句を取っていただきました(^-^*)

ありがとうございます。

・雛の菓子添へて点てたり筒茶碗

・早梅の枝たをやかに空へ伸び

・春寒の指で揃へし身八つ口

・黒髪に雪ひとひらの触れて消え

・告げられし母の病名春を待つ

・屈せずに女ざかりや寒椿

・寒椿午后の日差しにほぐれゆく

・大輪のふく剥がし食ふ唐戸の宿


自分以外の句を選句するのですが、披講の最後に一人ずつ、「今月の気になる句」を取り上げ、講評します。

私は、素敵な句だなーって思った句がありました。


『妻の耳朶(じだ)はなびら餅の紅に似て :神兵』

耳朶とは、耳たぶのことですが、作者の奥様は亡くなっておられます。きっとはなびら餅を見て奥様のことを思い出し、耳たぶの細部まで思い出されたのでしょう。こんなにも亡くなってからも愛されている奥様は本当に幸せだろうな・・・って思いました。


石川啄木の短歌で、耳朶が出てくるとても艶のある歌。

小奴といひし女の
やはらかき
耳朶(みみたぶ)なども忘れがたかり


俳句は、実生活の中から生まれるものであり、そうでないと素晴らしい句は生まれないと思います。


今月私が投句した2つの句、

・告げられし母の病名春を待つ

・屈せずに女ざかりや寒椿

ですが、実家の母を詠みました。
最近体調を崩している母ですが、明るく前向きに病気を克服しようとしている姿に、健康な私が元気づけられています。

還暦を数年前に越えた母ですが、いまでも女ざかりでかっこいいです。
見習わないと・・・。

句会が終わると懇親会。

2011-02-23%20004.jpg

掛け紙は、「黒髪に雪ひとひらの触れて消え」です。

2011-02-23%20005.jpg

細魚の昆布〆の飛びっこ和え。
山芋このわた。


2011-02-23%20007.jpg

金目鯛と雲丹。
梅肉で。


2011-02-23%20009.jpg

お椀は・・・。

2011-02-23%20012.jpg

鯛の汐汁。

2011-02-23%20013.jpg

かます 塩焼き。


2011-02-23%20016.jpg

若竹煮。


2011-02-23%20018.jpg

鮑。磯焼。


2011-02-23%20017.jpg

茶碗蒸しです。


2011-02-23%20019.jpg

白魚が入っています♪

2011-02-23%20021.jpg

穴子寿司と赤出汁。

2011-02-23%20022.jpg

デザートです。苺のシャーベット。

ご馳走様でした~!


来月は、名古屋の徳川美術館へ吟行に行きます!!楽しみです(^-^*)

2011年04月15日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は月に一度の俳句の会でした。

3月は名古屋への吟行の予定でしたが、東日本大震災の直後でしたので、自粛しようということになり、吟行は無しになり、句会も無しになりました。

2ヶ月ぶりに集まっての句会となりました。


2011-04-14%20001.jpg

まことやさんの生菓子をいただきながら、選句しました。


今月は、10句投句のうち8句取っていただきました(^-^*)

ありがとうございます!


・街の景逆さに映しシャボン玉

・さくさくと響く包丁春大根

・手術日の決まりし母の春帽子

・つくし摘む子の歌声の風に乗り

・春風とパンの香りを連れ帰る

・試練にはあまりに痛まし春のなゐ(なゐ=地震)

・花守の伝へる里のむかしいま

・春うらら身代り猿のさがりをり(奈良にて)

以上の8句でした。その8句のうち、

・街の景逆さに映しシャボン玉

・春風とパンの香りを連れ帰る

の2句は、「今月の気になる句」に選んでいただきました。


多分、現代的な俳句だからだと思います。

ありがとうございました。


いつものように、句会の後は懇親会です。


2011-04-14%20002.jpg

前菜のこごみの胡麻和えと鳥貝。


2011-04-14%20003.jpg

お造り
蛍烏賊、鮪、生蛸、甘海老。


2011-04-14%20004.jpg

蛤の土瓶蒸し。


2011-04-14%20005.jpg

鯛の雲丹焼。


2011-04-14%20006.jpg

金目鯛の生七味カルパッチョ。

2011-04-14%20008.jpg

白海老の唐揚げ。


2011-04-14%20009.jpg

鴨ロース 桜あんかけ。


2011-04-14%20010.jpg

梅そば。


2011-04-14%20011.jpg

果物。


「ごちそうさまでした!!!」


さて、今回はとってもとっても盛り上がってしまいまして、二次会へ。


句会のメンバーの方のお店に。

2011-04-14%20013.jpg

大変楽しく過ごさせていただきました。


ありがとうございました。


また来月も頑張って俳句作ります(^-^*)

2011年05月19日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

3時投句締切、3時から清記してみんなで選句します。

2011-05-18%20001.jpg

まことやさんのお菓子をいただきながら、選句です。


毎月10句の投句ですが、今月は9句選んでいただけました!
ありがとうございます(^-^*)


・草取りの子の狂ひなき腹時計

・汲み出しの新茶白磁に湯気高く

・幼らの草の匂ひや青嵐

・「おおきんのう」お国なまりの春の客

・遠足日ポニーテールを高く結ひ

・母のメール幾度もひらき卯の花月

・隣家よりなだれて香る沈丁花

・ふらここの順番がきておいてけぼり

・木漏れ日にあそぶ若葉の初々し

上記の9句のうち、印象に残った句として、下記の3句も選んでいただきました。

嬉しかったです♪


・遠足日ポニーテールを高く結ひ

・汲み出しの新茶白磁に湯気高く

・幼らの草の匂ひや青嵐


2011-05-18%20002.jpg

掛け紙は、「こもれびにあそぶ若葉の初々し」です。


2011-05-18%20003.jpg

前菜。
山葵菜がピリリと効いてました♪野菜が活き活き美味しくて、トマトも甘くて(^-^*)/グー!

2011-05-18%20004.jpg

お造り。
烏賊、車鯛、梅貝。


2011-05-18%20005.jpg

鮎の風干し。


2011-05-18%20006.jpg

丸茄子の肉味噌かけ。

句を披講するときも楽しいのですが、この懇親会がまた楽しいひとときです。

私の所属するこの「木犀会」には、俳句の先生がいません。みんなが自由に各自がいいと思う自分の句を投句するんです。他の句会ではあまり見られないことです。


2011-05-18%20008.jpg

白い炊き合わせ。

2011-05-18%20009.jpg

鯛 花山椒あんかけ。

2011-05-18%20011.jpg

めじ鮪のたたき。

2011-05-18%20012.jpg

温泉玉子入り冷しうどん。

2011-05-18%20013.jpg

果物は、アップルマンゴーと食用鬼灯(ほおずき)。


ごちそうさまでした。

とても盛り上がって、遅くまで話に花が咲きました。


2011年06月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

毎月一度の俳句会。

今回は休会している方を除いて、全員出席の句会となりました。

みなさんのお顔が見れるのは、嬉しいです。

2011-06-17%20001.jpg

焦がし黒糖 かりんとうまん を食べながら、選句します。


10句投句しますが、なんと今回は10句とも選んでいただきました!!


・石仏に空の重たき梅雨入かな

・晴れやかに尽くす一会や初夏の茶事

・夜の雨に藍深まりし杜若

・草笛と小さき足音通りすぎ

・マンゴーに楊枝差す子の丸き顔

・花ぎぼし日がな一日風をよむ

・湯上がりの縁(ふち)に束ねて洗ひ髪

・送り出て二代の女将アマリリス

・散ることのなき今日の色濃紫陽花

・腹立つも一途に変へず梅雨の空

ありがとうございました。

句会が終わるとお食事です。


2011-06-17%20002.jpg

掛け紙は、「草笛と小さき足音通りすぎ」。

2011-06-17%20003.jpg

口代。

豌豆の緑が初夏の深緑のイメージにぴったりでした。


2011-06-17%20005.jpg

お造り。


2011-06-17%20007.jpg

穴子湯葉巻き。

2011-06-17%20006.jpg

焼鳥貝。山葵でいただきます。


2011-06-17%20008.jpg

うざく。

2011-06-17%20009.jpg

冷やし茶碗蒸し。梅肉と順才入り。


2011-06-17%20010.jpg

豚肉の冷しゃぶ。とろろで♪

2011-06-17%20011.jpg

鮎ご飯。赤出汁。

2011-06-17%20012.jpg

デザートは、さくらんぼ。

いつも楽しい句会と懇親会。


ありがとうございました!また来月もお願いいたします。


2011年07月20日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は毎月の俳句会でした。

今月も料亭うおとめにて。
いつもありがとうございます♪

今月も10句投句しました。

選句が終わり、披講タイムです。


2011-07-19%20001.jpg


披講されて自分の句が発表されると、「花音です!」のように名乗ります。

欠席投句されている方は、代わりの人が「浮木さんです!」のように名乗ります。
今日は私も欠席された浮木さんの代わりに名乗りました。

写真の電子手帳は最近買いました♪(使っていたのが壊れたので・・・)

最近の電子辞書はすごいです。動画まで入っているし、俳句の季語を調べたりすると、虫や花は写真解説付きなんです。すごいです。

今月は8句選んでいただきました。
書き記しておきます。


・小風きて額うれしき夏座敷

・棗拭く羅の手の白さかな

・葛饅頭銀の器に落ち着かず

・久々に誂へ染めの単帯

・昼寝の子足で天地を裏返す

・氷店子の込み合ひし長床几

・青空をながめて鉢の出目金魚

・空に湧く輪郭さやに夏の雲


以上です♪


句会が終わると懇親会です。


2011-07-19%20003.jpg

掛け紙は、「空にわく輪郭さやに夏の雲」です。

お料理をいただきます。

2011-07-19%20004.jpg

前菜は・・・・・・。

トマト!?


2011-07-19%20009.jpg

中は・・・・涼しげなエメラルドグリーン♪


2011-07-19%20010.jpg

トマトの中身は、夏野菜、ジュレ、枝豆ペーストが入っていて、スプーンでいただきます。涼しくて美味しい!


2011-07-19%20013.jpg

器になっていたトマトもいただきました!!

みなさん、かぶりつきです(笑)

2011-07-19%20006.jpg

お造りです。


2011-07-19%20007.jpg

ほおずきの中にお造りが盛られています。


2011-07-19%20005.jpg

冬瓜と鮑の冷製スープ。


・トマト
・枝豆
・夏野菜
・鬼灯(ほおずき)
・若楓
・氷
・冬瓜
・鮑

季語がいっぱいです。


2011-07-19%20011.jpg

和牛しゃぶしゃぶ。


2011-07-19%20014.jpg

鯖寿司です。
左から、柚子胡椒・梅肉・辛子

2011-07-19%20015.jpg

松茸のフライ。


2011-07-19%20016.jpg

人生経験豊富な方々のお話はとてもためになります。


2011-07-19%20017.jpg

梅貝のジュレ。


2011-07-19%20019.jpg

夏野菜そうめん。

2011-07-19%20021.jpg

果物。
シャーベットはグレープフルーツのシャーベットです。


ごちそうさまでした。

また8月もよろしくお願いいたします(^-^*)

2011年08月23日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句の会でした。


今月は、私が当番をさせていただきました。
ありがとうございます。

2011-08-23%20007.jpg

一昨日、金沢に行ってましたので、白山市の「くるみ餅」を。

毎月10句投句します。
今月は、10句とも選んでいただけました!!嬉しい(^-^*)


・水の音水の匂ひや滝近し

・薄葛の冬瓜透きし藍久谷

・朝顔の紺に明けゆく商店街

・白雲のなほ鮮やかに土用波

・サングラス外して笑むや待合せ

・盆の月未だ父にはしたがはず

・小判草少しみどりを残しけり

・白玉に銀のスプーン京のカフェ

・なめらかに漆の箸に冷奴

・川風や気の向くままの夜涼かな


太字の句は、「今月の気になる句」にもお一人に選んでいただきました。


句会が終わると懇親会。

2011-08-23%20008.jpg

掛け紙は、「小判草少しみどりを残しけり」。

さて、この最初のお料理のお椀、ナンでしょう!?!?


2011-08-23%20010.jpg

宝石のお椀♪(キラキラ)

枝豆と銀杏と順才を出汁で凍らせたキューブとダイヤが入っています。冷たいお出汁で。

2011-08-23%20011.jpg

枝豆の緑色で、エメラルドみたいです。

きれい~!!

2011-08-23%20012.jpg

お造り。


2011-08-23%20014.jpg

土瓶蒸し。


2011-08-23%20015.jpg

松茸~~♪

2011-08-23%20016.jpg

鰻の白焼き、梅のパウダー。


2011-08-23%20017.jpg

このわたの茶碗蒸し。


2011-08-23%20018.jpg

豚ロースのもずくあん。


2011-08-23%20019.jpg

鮑と白だつの胡麻和え。


2011-08-23%20020.jpg

なめこおろしうどん。


2011-08-23%20021.jpg

デザート。無花果のシャーベットです。


毎月楽しみにしている俳句会。

最近は、体調などの関係で参加者が減ってきました。

もしも俳句をいっしょにやりたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ入会いただけたらと思います。句会の会員募集中です!!

毎月、楽しい句会と懇親会、そして句集も作って活動しています(^-^*)

2011年09月21日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句の会でした。

例の如く、10句投句します。
今月も10句とも選んでいただくことができました。ありがとうございます。

とても嬉しい(^-^*)ルンルン♪


------------------------------------------------------------


【フランス・ロワール紀行句】

・残照を浴びる古城の花芙蓉
・連なりし古城に浮かび鰯雲
・秋江に架かりし城やシュノンソー(ロワール・シュノンソー城にて)
・葵咲く川運ばるる聖(サン)マルタン
  (ロワール・カンド・サン・マルタン村にて)
・卵焼く香りに目覚めパリの秋


【日常句】

・長引くや恋に似たりし夏の風邪
・伸びやかな稜線機上の月涼し
・交はしあふ文の中にも秋思かな
・被災地の涙乾かす秋の風
・脱衣場にころがりてをり浮人形


太字の句は、「今月の気になる句」にも二人から選んでいただきました。
嬉しかったです。


------------------------------------------------------------

じゃーん!


2011-09-20%20003.jpg

メンバーの1人が、ヨーロッパへご旅行へ行かれたので、お土産に「ハンガリーワイン」を持ってきてくださいました。

なんと珍しいトカイワインです(^-^*)

・2006 Tokaji 6 puttonyos Tokaj Aszu / Szentkereszti


下記の説明にもあるように、このTokajは、6Puttonyos と明記されています。ですので、1リットルに対して150g以上の最低残糖分ということになります。

                              最低残糖分  最低熟成年数
・Aszu  ・Aszu 3 Puttonyos(プットニッシュ)    60g/リットル以上     3年
      ・Aszu 4 Puttonyos(プットニッシュ)    90g/リットル以上     3年
      ・Aszu 5 Puttonyos(プットニッシュ)   120g/リットル以上     3年
      ・Aszu 6 Puttonyos(プットニッシュ)   150g/リットル以上     3年
      ・Tokaji Aszuesszencia          180g/リットル以上     5年
      ・Tokaju Naturesszencia  250g/リットル以上   貴腐ブドウ100%

2011-09-20%20004.jpg

Wikipediaより
【トカイワイン】
トカイワインまたはトカイ(ハンガリー語:Tokaji)は、ハンガリーのトカイ(Tokaj)と周辺の地方からなるトカイ・ワイン地区(ハンガリー語:Tokaj-Hegyalja Borvidék)で作られるワインである。またトカイワイン地区の北端はスロヴァキアの国境と接しており、スロヴァキア側で作られた貴腐ワインもTokajiと表記することがEUの採決により許されている(同時にそれ以外の国や地方の貴腐ワインをTokajiあるいはそれに類する表記で販売することは禁止された)。そのワインはトカイ地方独特の気候が産み出す。二つの川が合流するトカイ地方は、秋から冬にかけての朝、濃い霧が発生する。この霧は丘の上に昇っていき、やがてブドウ畑全体を包み込む。そして霧による湿気によって、貴腐菌というカビに侵された白ブドウが作り出される。貴腐菌は水分を外に出し、糖分を濃縮させることで、とても甘いブドウになる。貴腐ワインが生まれたのは、17世紀にトカイはオスマン帝国の侵略を受け、住民たちはこの地から避難せざるを得なくなった。しかし村を離れている間に、ブドウ本来の収穫期を過ぎてしまい、霧によって収穫されずに残っていた実にカビがつき、腐り始めていた。諦めきれずそのブドウでワインを作ったところ、濃厚で甘い蜜のようなワインになったことが始まりである。
トカイワインには、主にフルミントと呼ばれるブドウ品種が用いられる。その他にトカイワイン地区で栽培されているブドウ品種はハールシュレヴェルー、イエローマスカットなどで、一般的にはこの3種をブレンドして使うが、単一種によるワインも作られる。「トカイワイン」はトカイ貴腐ワインとほぼ同義に使われる名称であるが、トカイ地区ではそれ以外に辛口白ワインとしてのフルミントや、最近では遅摘みブドウによる甘口白ワイン(アイスワイン)なども生産されている。貴腐ワインやアイスワインの瓶は一般的なワインのもの(750ml)よりも小さめで500mlのものが標準サイズである。フランスのソーテルヌ・ワイン、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼと並ぶ世界三大貴腐ワインのひとつに数えられる。フランスのルイ14世に「王者のワインにしてワインの王者」(Vinum Regum, Rex Vinorum)と絶賛した逸話は有名である。フランツ・シューベルトが1815年に作曲した「トカイ賛歌("Lob des Tokayers", D. 248)」という歌曲作品がある。


Kさん、ありがとうございました!
トカイワイン、美味しくいただきました。

2011-09-20%20005.jpg

トカイワインで乾杯して、懇親会です。
掛け紙は、「交はしあふ文の中にも秋思かな」です。


2011-09-20%20006.jpg

長月の口代


2011-09-20%20007.jpg

お造り。

2011-09-20%20008.jpg

まながつをの梅肉ソース。

2011-09-20%20009.jpg

こちら!
いもたこなんきん」!

どうして「いもたこなんきん」なのか・・・。
芋蛸南京って、女性の好物をあらわしたことわざなんです。
井原西鶴の一節に【とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋蛸南瓜】と出てきます。
で、海老芋を揚げて、蛸のあんをかけてあります。そしてあしらえに南瓜の千切りを添えてあるのです。だから「いもたこなんきん!」です(^-^*)

2011-09-20%20011.jpg

ホタテのトマトチーズ焼き


2011-09-20%20012.jpg

からすみのサラダ。

2011-09-20%20013.jpg

鶏肉の柚子みそ


2011-09-20%20019.jpg

松茸ご飯と赤出汁。

2011-09-20%20020.jpg

果物。

今月は、句会の部屋の床の間がとても賑やかになりました。

武生俳句連盟六十周年を記念して、「たけふ菊人形」開催時に、俳書展(色紙・短冊・俳画などの小作品)を催すことになり、「木犀会」のコーナーが設けられます。会員が1人1点以上作品を出品することになったのです。

2011-09-20%20014.jpg

とても個性的な作品が並び、見ていて楽しかったです。

ぜひ、来月の「たけふ菊人形」に来られましたら、ご覧になってくださいませ(^-^*)


今月も楽しい句会、ありがとうございました!

2011年10月21日

俳句の会~料亭うおとめにて~

月に一度の俳句会。

俳書展の反省もしながらの句会でした。
改めて、作品を並べてみました。


2011-10-20%20002.jpg

短冊や額がいろいろとあり、それぞれに個性が出ていてとてもよかったと思います。

2011-10-20%20001.jpg

季節ですね~♪

お菓子は、まことやさんの栗きんとんです。
美味しいきんとんをいただいて、句会です。

2011-10-20%20003.jpg


さて、今月も花音は10句投句しましたが、7句選んでいただけました。


ありがとうございます♪

愛用のPILOTの万年筆で。もうかれこれ2年半使ってます。とってもいい書き心地なんです。
ちなみに細字です。


今月の花音の句。

・棚田にも紅の縁取り曼珠沙華

・ワイシャツの色のとりどり秋暑し

・銀の海を泳ぐ心地や芒原

・制服の少女付けあふ赤い羽根

・地に触れて枝たはむれしこぼれ萩

・金木犀空にこぼるる金平糖

・ほめ言葉聞えぬ振りの菊人形

太字の句は、今月の気になる句にもいただきました。
ありがとうございます。


花音選の素敵だと思った句は2つありました。

・秋麗の日野と向き合ひにぎり飯  房女

・秋やゆく余世のありてなきごとく てる子

日野は、越前市にある「日野山」のことですが、秋麗の日野山を見ながらにぎり飯をほおばっている。それも大きなおにぎりを想像しました。雄大な感じがして素敵だと思いました。

「余世のありてなきごとく」という感情に「秋やゆく」の季語がぴったりだと思いました。

さて、句会が終われば楽しみなお食事の時間です。


2011-10-20%20004.jpg

掛け紙は、「金木犀空にこぼるる金平糖」です。


2011-10-20%20005.jpg

口代。
口子、てっぴ明太、銀杏、もずく

2011-10-20%20007.jpg

お造り。

2011-10-20%20009.jpg

お鍋は、牡蠣と韮となめこのお鍋。


2011-10-20%20010.jpg

出汁巻き玉子の菊花あん。


2011-10-20%20011.jpg

帆立貝とじゃこのサラダ。


2011-10-20%20012.jpg

吹寄せ。

若狭かれいなど、秋色満載♪


2011-10-20%20014.jpg

蟹の湯葉巻き
二杯酢ジュレ


2011-10-20%20015.jpg

にゅうめん。
柚子こしょうが利いています。


2011-10-20%20017.jpg

果物。


いつも楽しい句会をありがとうございます。


今月は、嬉しいニュース♪?!もあり、とても盛り上がりました。


また来月もお願いしまーす(^-^*)

2011年11月23日

俳句の会~料亭うおとめにて~

毎月一度の俳句会。

今回は、松山へ行った報告もさせていただきました。

2011-11-21%20002.jpg

いつものようにお菓子とお茶。


2011-11-21%20001.jpg

うつぼ屋さんの坊っちゃん団子です。


いつも通り句会をしました。

今月は10句投句中、10句ともとっていただきました。嬉しいです♪


・挿し入れる本の押し葉に秋惜しむ

・秋深し縞の小紋にくつろぎて

・袖口を彩る襲(かさね)秋うらら

・黒茶碗の影の重さや秋深し

・月光につややか雨後の実紫

・日短を勘定に入れ夕仕度

・赤とんぼ空くれなゐに暮れにけり

・おしまひの一葉を残し冬紅葉

・紅葉かつ散りて神秘の夜叉が池

・筆談で別るる空港秋夕焼 (松山空港にて)


以上10句でした。

太字の句は気になる句にも入れていただきました!


花音選の気になった句は、下記の3つです。

・身の程を知るや落葉の潔さ  彩敏さん

・山桜滝の飛沫に帰り咲く  起生さん

・秋蝶のもつれて菊の辺を去らず  洲砂さん

句会が終われば、懇親会です。


2011-11-21%20003.jpg

句は、「おしまひの一葉を残し冬紅葉」です。

2011-11-21%20004.jpg

前菜は、茶碗蒸しです。

2011-11-21%20005.jpg

花びら茸など茸がいっぱい入った茶碗蒸し♪

2011-11-21%20006.jpg

お造りです。


2011-11-21%20007.jpg

すき焼き鍋。


2011-11-21%20008.jpg

雲子焼。


2011-11-21%20009.jpg

甘鯛のかぶら蒸し。

2011-11-21%20010.jpg

なまこ。

2011-11-21%20011.jpg

蟹グラタン。


2011-11-21%20013.jpg

焼きおにぎりと赤出汁。


2011-11-21%20014.jpg

デザートです。


今月もありがとうございました。

来月は、兼題に「クリスマス」と「鏡」が出されました。

また来月も頑張りたいと思います。

2011年12月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

毎月一度の俳句会、今年最後の句会です。


カレンダーの裏などを利用した短冊に投句した俳句をバラバラにシャッフルし、メンバーに配ります。それを白い「清記用紙」に書いていきます。

そして、その後、白い用紙を順番に回していき、選句した句を緑色の選句用紙に記入します。

2011-12-16%20001.jpg

まず、白い清記用紙に書きました。今回は、7名の出席でしたが、欠席投句が多く一人18句を清記いたしました。

さて、選句するぞ~!


2011-12-16%20002.jpg

今回の兼題は、「クリスマス」と「鏡」でした。私が俳句王国に出演した記念?に、兼題をそのテーマにしてくださいました。
それで、幹事の方がガトーショコラをご用意してくださいました。ありがとうございます。
食べながら選句です(^-^*)


今月の花音は、10句投句したうち、8句選んでいただきました。


・灯の消えて木々よりひらけ冬銀河

・点滅の消えて聖樹の星明かり

・書き終へし母への手紙年惜しむ

・石垣の白極まりて花八手

・名をかへて海につなぎし冬の川

・朝日差す手水に降るる柿落葉

・プレゼント太きリボンや聖夜待つ

・声高きベロア帽子の聖歌隊


上記のうち、太字は、「今月の気になる句」にも選んでいただきました。

ありがとうございました。

花音が選句した句で「気になる句」は3句ありましたが、全て作者が同じでした。

・地球儀をまはし日本の煤払ふ  てる子さん

・飴色のこけしのおさげ冬座敷  てる子さん

・嫁入りの鏡の染みや寒に入る  てる子さん


てる子さんは欠席されていたのですが、とっても心に残る句をありがとうございました。

句会が終わりましたら、お食事です。


2011-12-16%20003.jpg

掛け紙は、「灯の消えて木々よりひらけ冬銀河」にしました。

この句は、紅葉のライトアップの灯が消えたあと、空を見上げたらものすごく星がきれいで、たっくさんの星座が見れたときの句です。俳句王国http://www.nhk.or.jp/haiku/backnumber/111212.htmlで私がとらせていただいた寺岡凛ちゃんの「名も知らぬ星座あふるる聖夜かな」の句も、その時にふっと思い出したのです。

2011-12-16%20004.jpg

前菜
黒胡麻のペーストが下に波のように描かれていて、冬の素材がかわいくのっています。


2011-12-16%20005.jpg

お造り。


2011-12-16%20006.jpg

帆立と黒大根の湯葉あんかけ。


2011-12-16%20007.jpg

きのこ鍋。


2011-12-16%20008.jpg

茸のうるか和え。


2011-12-16%20010.jpg

黒毛和牛の赤味噌煮 牛蒡のソース。


2011-12-16%20011.jpg

しめ鯖のジュレサラダ。

2011-12-16%20012.jpg

〆は、蟹雑炊。


2011-12-16%20013.jpg

果物。


今年も楽しい俳句会をありがとうございました。

来年もどうぞ宜しくお願いいたします(^-^*)

2012年01月21日

新年♪初句会~料亭うおとめにて~

昨日は、毎月一度の句会でした。

1月なので、初句会♪


2012-01-20%20001.jpg

9名での句会です。


2012-01-20%20002.jpg

とらやの羊羹をいただきながら選句しました。


2012-01-20%20003.jpg

兼題は、「寒」でしたが、いい俳句がたくさんありました。


私も10句投句中、10句取っていただきました。
ありがとうございます(^-^*)


・杉玉の青まろまろと寒造

・つぼみ解け紅のあらはに冬椿

・初鏡紅差す指に残る紅

・手を添へて注ぐ仕草やお燗酒

・遅れ来る客を待つ間の懐手

・万物の光に満ちて今朝の春

・石蕗の黄に点てる濃茶のふかみどり

・小さな背丸めし母の雑煮椀

・「おかはり」と言ふ歯抜け子の小豆粥

・明け方の気になる夢や寒茜


太字の句は、今月の気になる句にも選んでいただきました。

嬉しかったです。

私の「今月の気になる句」には、

・待針で留めをく賀状ありにけり  てる子さん

・明日ありやたとへば寒き朝(あした)にも  神兵さん

をいただきました。

新年初句会ということで、メンバーの方で日本舞踊と謡曲をされる方がいらっしゃるので、初舞もしていただき、とてもおめでたい句会となりました。

初舞は、能の「半蔀(はしとみ)」、謡いは、「江口の君」をしていただきました。

踊りと謡いを聞かせていただき、懇親会となりました。

2012-01-20%20017.jpg

掛け紙の俳句は、自分でも気に入っている「杉玉の青まろまろと寒造」です。


2012-01-20%20016.jpg

前菜3種。


2012-01-20%20018.jpg

お造り。

2012-01-20%20020.jpg

若竹鍋。


2012-01-20%20021.jpg

雲子と鱈のみぞれあん。

2012-01-20%20022.jpg

のれそれ 温泉玉子

2012-01-20%20023.jpg

鴨ロースの桜あん


2012-01-20%20024.jpg

梶木のカルパッチョ

2012-01-20%20026.jpg

海老のおじや


2012-01-20%20029.jpg

果物


初句会ということで、いつもより盛り上がり、カラオケも歌いました♪

楽しい句会をありがとうございました(^-^*)

また今年も宜しくお願いいたします。


2012年02月18日

俳句会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の句会でした。

2012-02-17%20002.jpg

当番の方からのケーキをいただきながらの句会です。

もうすぐお雛祭りなので、お雛様の菱餅をイメージしたケーキでした。


2012-02-17%20003.jpg

白い「清記用紙」に配られた短冊の句を書いていきます。短冊だと筆跡で誰の句か解ってしまうので、最初にみんなで清記します。そして、緑色の「選句用紙」に自分のいいと思う句を書いていきます。私たちの句会では、何句選んでもいいルールです。


メンバーが減ってきたので、投句の数は自由に・・・ってことで、いつも10句でしたが、10句以上出してもよいということになりました。


私は15句投句しましたが、12句選んでいただきました(^-^*)
嬉しかったです。ありがとうございます。


記録しておきます。

二月、花音の句★

・眠る子の手のぬくもりや薄紅梅

・一枝の衣ほころびて春ふぶき

・小男の七面倒に深む冬

・不機嫌な夫をあしらひおでん鍋

・白きまま散りてはかなし冬薔薇(ふゆさうび)

・結ひ髪に淡雪舞ひて消えにけり

・湧き水を小径(こみち)に辿り冬の蝶

・大文字(だいもんじ)に産着きせたり春の雪

・ランドセルに降る綿雪も子も弾み

・切炬燵菓子器つぎつぎ手渡され

・パノラマを肴に一杯雪列車

・幻に未練残りし雪女郎


太字の句は、「今月の気になる句」にも選んでいただきました。
ありがとうございました。

花音選の中で気になった句は、4句ありました。

・吊られたるかき餅の反り春きざす  房女さん

・書きさしの手紙そのまま春炬燵  春宵さん

・着ぶくれてつつけんどんの優しき目  てる子さん

・吹雪うけ過ぎゆく赤きランドセル  梧桐さん


特に、梧桐さんの「吹雪うけ過ぎ行く赤きランドセル」の句は、雪国の小学生の女の子が雪の中一生懸命通学している様子が目に浮かび、いいなーと思いました。

披講と講評が終われば、懇親会。


2012-02-17%20004.jpg

掛け紙の句は、「一枝の衣ほころびて春ふぶき」です。


2012-02-17%20005.jpg

前菜。
マスの中身は何でしょうか?


2012-02-17%20006.jpg

春の素材いろいろ♪


2012-02-17%20007.jpg

お造り。

2012-02-17%20009.jpg

白魚の天ぷら。

2012-02-17%20010.jpg

生湯葉と生雲丹。


2012-02-17%20011.jpg

雲子鍋。鱈の白子です。

2012-02-17%20013.jpg

豚肉の味噌漬け焼き。


2012-02-17%20015.jpg

蛸の梅酢。


2012-02-17%20016.jpg

蟹の甲羅寿司。


2012-02-17%20017.jpg

果物。


いつも楽しいお話で盛り上がっています。

実は私以外、みなさん戦前のお生まれなので、先人の方々のお話はためになります。
(出てくる俳優や歌手は、私には全くわかりませんが・・・笑)

また来月も、宜しくお願いいたします(^-^*)/

2012年03月17日

俳句会~料亭うおとめにて~

昨日は、3月の句会でした。一昨日ブログで「訃報」を書きました。

みんなの話題は一生さんの話題で持ちきりでしたが、みな声を揃えて、「一生さんの人生はいい人生だったね。」と言っておられました。

亡くなる前の夜、いつものようにビールを飲み床につかれた一生さん、翌朝奥様が冷たくなっている一生さんを見つけられたそうです。「眠るように・・・」とはよく言いますが、本当に眠ったそのまま逝ってしまわれました。

「木犀六百号」のエッセイに一生さんは、

『死を迎えることに対しての恐怖はそれ程でもないが、なるべく苦しむ事なく、しかも家族に迷惑をかけることなく、それこそぽっくりと逝ければと願うことしきりである。』

と書かれています。まさにその通り全うされた一生さんだったと、みなさんおっしゃっていました。

それでも、大正生まれで戦争へも赴いた生き残りでもあり、苦労は並大抵ではなかっただろうと思います。それなのに、このように言ってのけるのはすごいことだと思います。

一生さんが亡くなって数日でしたが、一生さんへの追悼句がたくさん投句されていました。
それは一生さんの人柄からだと思います。


------------------------------------------------------------------------

2012-03-16%20002.jpg

今月の兼題は、『梅』でした。
『梅』といえば、『鶯』!!
うぐいすの可愛いお菓子をいただいて、選句しました。

2012-03-16%20003.jpg


今月の「花音」の句ですが、12句選んでいただけました。ありがとうございます。

・踏みまどふ散りし椿の石畳

・球根の土持ち上げて春隣

・塗りあせし椀にみどりの若布汁

・ひとつ咲きまたひとつ咲き梅二月

・冴返る曇りガラスに映る鼻

・一椀に出会ふ恵みの若竹煮

・ふくよかさ愛でて白玉椿かな

・鶴頸に椿一輪気取るごと

・春一番待ついと小さき蕾かな

・梅が香にさそはれのぼる浄瑠璃寺

・ふるさとの母に似たりし雛かな

・ふはふはのシフォンケーキに梅一輪


以上です。太字は今月の気になる句にも選んでいただきました。
ありがとうございました。


今月の花音の気になる句は、3句ありました。


・余生なほ頑固一徹山笑ふ  彩敏さん

・入園に服の決まらぬお婆かな  起生さん

・置いておく男の靴や春の塵  てる子さん

選んだ基準は、「私も年を重ねたら、こんな風になるのかな?」という基準でした。

さて、句会が終わるとお食事です。


2012-03-16%20004.jpg

掛け紙は、『球根の土持ち上げて春隣 花音』です。


2012-03-16%20005.jpg

貝合わせの蛤寿司


2012-03-16%20007.jpg

小鉢3種
緑色の葉っぱは、明日葉のおひたし

2012-03-16%20008.jpg

お造り


2012-03-16%20009.jpg

こちらは、土瓶蒸しですが・・・


2012-03-16%20010.jpg

松茸ではなく、春の土瓶蒸しで、蛤と新筍の土瓶蒸し。

2012-03-16%20011.jpg

鱸のかま焼き


2012-03-16%20012.jpg

鶏のパン粉焼き


2012-03-16%20013.jpg

蛍烏賊と蛸のサラダ、ビーツのドレッシング

2012-03-16%20014.jpg

桜の稲庭うどん 


2012-03-16%20016.jpg

果物とパイナップルのシャーベット


今月も楽しい句会のひとときを、ありがとうございました(^-^*)/

来月も宜しくお願いいたします。

また頑張って、俳句作りまーす♪

2012年04月20日

俳句会~料亭うおとめにて~

昨日は毎月の定例句会でした。

メンバーの一人が急病で入院されてお顔が見れないのがちょっと淋しい句会でしたが、その方の人柄のおかげで淋しさもふっとぶ楽しい句会となりました。

2012-04-19%20003.jpg

山吹の花を見ながら・・・。


2012-04-19%20001.jpg

句会中、幹事の方のおすすめで、木津屋さんの「かしわ餅」をいただきました。もうそんな季節なのですね。


2012-04-19%20002.jpg

清記した後、選句します。


今月は、花音の句は11句選んでいただけました。ありがとうございます。

・間近まで子を抱き上げて初桜

・お日様が大好き子らもたんぽぽも

・文庫本目を閉じたたむ日永かな

・沈丁花雨に途切れし香りかな

・ふらここの揺るるがままに身をまかせ

・はち切れんばかりの袋土筆摘む

・胸元に一輪さして卒業す

・咲きそろひ散りてなほ春惜しみけり

・切り分けるキッシュ彩る春野菜

・駅降りる人のまばらや春惜しむ

・雨しずくとどまりをりて若緑

以上でした。


太字は、今月の気になる句にも選んでいただきました。

花音が「今月の気になる句」に選んだ句は、2つありました。


・鳥引くや境界のなき海と空  起生さん

・高く低く緑の音符葱坊主  神兵さん

です。起生さんの句は、鳥は自由だよな~と思ったのととても綺麗な句だと思いました。神兵さんの句は、葱坊主を音符に例えるのがおもしろくて、音程があるように葱も楽譜になっているんだと、とてもユニークだと思いました。


句会の後は、懇親会です。

2012-04-19%20004.jpg

掛け紙の句は、

「咲きそろひ散りてなほ春惜しみけり」

2012-04-19%20005.jpg

春野菜のスティック。蕗味噌と梅肉で。

2012-04-19%20006.jpg

お造り。


2012-04-19%20007.jpg

とうもろこしの天ぷら。


2012-04-19%20008.jpg

細魚の笹焼き。

「耳を澄まして召し上がってください。」ということでした。


2012-04-19%20010.jpg

豚のしゃぶしゃぶ。胡麻だれ。


2012-04-19%20011.jpg

白魚の茶碗蒸し。


2012-04-19%20012.jpg

赤貝のてっぱい。


2012-04-19%20013.jpg

筍ごはん。赤出汁。


2012-04-19%20014.jpg

果物とシャーベット。


ごちそうさまでした。

また来月も宜しくお願いいたします(^-^*)

俳句も頑張ります♪

2012年05月16日

俳句会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の俳句の会でした。


今月は、14句投句中、13句とっていただきました。

ありがとうございます♪

-------------------------------------------------------

【5月 花音の句】

万緑の中や小ぶりの旅鞄

聖五月子の黒髪に櫛をあて

影映す木々や落花のちぎり絵に

日時計に朱色移りし花ダリア

ファインダーに重ねあふ笑み花の雲

あばら家の戸にもやさしき若葉風

夏めくやスパイス香る野菜カレー

薔薇の雨静かに手帖くりし音

君をのせ絵葉書の来し聖五月

ブラウスの白はればれと若葉光

風薫る指きりの指いつまでも

日野山の緑を黒にして代田

ひとひらを肩に古道の山桜


太字の句は、気になる句にも選んでいただきました。

ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------------

花音の今月の気になる句は、2句ありました。


畦昼餉花菜の上を手渡しに  神兵さん

山つつじ道をせばめて切通し  彩敏さん

神兵さんの句は、登場人物が2人出てきて、「どんな昼餉なんだろう?お弁当かな?おにぎりかな?」ってとても和やかな気持ちになれたからです。

彩敏さんの句は、先日日野山に登ったときに私が見た風景をそのまま詠んでおられたから、私もこんな風に詠めたらな~って思ったからです。


--------------------------------------------------------------------------

句会の後は、懇親会です。


2012-05-16%20002.jpg

掛け紙は、「風薫る指きりの指いつまでも 花音」です。

2012-05-16%20001.jpg

前菜
木の芽味噌に春野菜♪


2012-05-16%20003.jpg

お造り


2012-05-16%20004.jpg

鮎の風干し


2012-05-16%20005.jpg

めかぶと温泉玉子

2012-05-16%20006.jpg

丸茄子とインカのめざめの海老あんかけ


2012-05-16%20007.jpg

鴨ロース


2012-05-16%20008.jpg

白海老の唐揚げ


2012-05-16%20009.jpg

雲丹うどん


2012-05-16%20010.jpg

水菓子


今月も楽しい句会をありがとうございました。

また来月も宜しくお願いいたします(^-^*)

2012年06月20日

俳句会~料亭うおとめにて~

昨日は毎月一度の句会でした。

今月も料亭うおとめで開催していただきました。ありがとうございます。


2012-06-19%20001.jpg

和菓子をいただきながら、選句します。

まことや製 「桔梗」です。


2012-06-19%20003.jpg

選句中・・・・・。

この万年筆は、超お気に入りの「パイロット グランセ」です。インクは「ブラック」。


清記用紙(白)も万年筆で書いていますが、こちらは、モンブランのショパンで、インクは「ロイヤルブルー」です。


今月は、14句投句しましたが、10句選んでいただきました(^-^*)

♪---------------------------♪---------------------------♪---------------------------♪

逆上がりして夏空をひとまはり

・かたつむり見つけて姉妹仲直り

・かきつばた水面に青の影静か

・君笑ふうしろの空に沙羅の咲く

・奥ノ院千年守り山紫陽花

・茶を点てる吾の肩へと糸蜻蛉

・木洩れ日をあつめし杜の若楓

・バス一台やり過ごしをり雛燕

・太陽をかじる少女やもぎトマト

・靴ひもを直す手元を青蛙


♪---------------------------♪---------------------------♪---------------------------♪

太字は、今月の気になる句にも選んでいただきました!

今月の花音の気になる句は、2つありました!

・早苗田に逆さバス行く能の里  房女さん

・花水木花びらごとに風ありて  神兵さん


以上2句です。
房女さんの、逆さバスというのは、田んぼに映っているバスのことで、田舎ののどかな風景が目に浮かびます。「能」とは、「能登の国」の略です。
神兵さんの、花水木のあの花びらに見えるのは実は花びらではなく「がく」なのですが、その風に揺れる様子をきれいに詠まれたと思います。

句を鑑賞するのも勉強になります。


句会の後は、お楽しみの懇親会です。

2012-06-19%20004.jpg

掛け紙は、「かたつむり見つけて姉妹仲直り 花音」です。

2012-06-19%20005.jpg

前菜。

板場さんOくんの一品です。「なんだろう?・・・」

2012-06-19%20009.jpg

中に鱶鰭(フカヒレ)が隠れてました!
枝豆とか貝も入っていて、ジュレの柚子こしょうが効いていて美味しかったです。

2012-06-19%20007.jpg

お造り。

2012-06-19%20010.jpg

焼物は鳥貝。


2012-06-19%20011.jpg

鮎ざく。


2012-06-19%20012.jpg

雲丹茄子。

2012-06-19%20013.jpg

豚しゃぶの冷製煮物。


2012-06-19%20015.jpg

鮑の茶碗蒸し。

2012-06-19%20016.jpg

温泉玉子入り冷やしうどん。


2012-06-19%20017.jpg

果物。


ごちそうさまでした(^-^*)


また来月も俳句、がんばります♪


2012年08月21日

俳句会~料亭うおとめにて~

今月は、私「花音」が幹事をさせていただきました。


2012-08-21%20002.jpg

お茶菓子代わりに、昨日作った「ブルーベリータルト」をみなさんに召し上がっていただきました。

2012-08-21%20003.jpg

選句してます(^-^*)

選句が終われば、披講です。


今月は、16句投句しましたが、15句選んでいただきました!!嬉しいです(^.^*)

---------------------------------------------------------------


【八月 花音の句】

・ヨーヨーの地球つり上げ浴衣の子

・名も知らぬ貝のかけらや夏の波

・姉妹お喋り尽きず氷苺

・一粒に雨ひと粒のあをぶだう

・手を振りて見ゆる間の白日傘

・百日紅こぼるる大野朝の市

・背の高き低きも籠へ秋の草

・黒揚羽火影も黒き蝶の道

・とりどりの野菜老母の日焼濃し(大野朝市にて)

・掬はれて半紙に固まりし金魚

・海風をうけて向日葵真つ盛り

・朝顔の紅にくぎづけ子のまなこ

・鮎つかむへつぴり腰の都会つ子

・海暮れて夕焼空に砂の城

・気丈夫は母親ゆづり盆の月


※太字の句は、今月の気になる句にも選んでいただきました!
ありがとうございます。

---------------------------------------------------------------

毎月、気になる句を選びますが、今月は3句です。

【八月 花音の気になる句】

・青く透く吟醸瓶に秋の草  てる子さん

ちょっとひかえめな秋の草が、青い吟醸酒の空き瓶に活けられている様子が目に浮かびます。


・吾亦紅野良着の母を重ねたる  起生さん

吾亦紅の線の細さ、でも強い母というイメージが感じられました。


・鉄線花雨樋借りて空探る  秀峰さん

鉄線の蔦が夏の空に伸びていく様子が浮かびました。


---------------------------------------------------------------

句会の後は、懇親会です。今月で夜に句会をするのは終わりなので、今日が最後の晩餐です(笑)

2012-08-21%20005.jpg

掛け紙は、「海暮れて夕焼空に砂の城  花音」です。

2012-08-21%20004.jpg

一品目のお椀。
今日の句会の兼題が「秋草」でしたので、みなさん「わぁ~!ぴったり~!」と喜んでくださいました。


2012-08-21%20006.jpg

冷たいお出汁でキューブは凍らせたゼリーなんです♪美味しいです。


2012-08-21%20007.jpg

お造り。
蛸、縞鯵、帆立、金目鯛。

2012-08-21%20008.jpg

甘鯛の鱗焼きとオクラの天ぷら、とうもろこしあん。


2012-08-21%20009.jpg

葱出汁巻き。大根おろし。

2012-08-21%20010.jpg

鮎の風干し 素麺。


2012-08-21%20011.jpg

かますの雲丹焼きと蕗味噌焼き。


2012-08-21%20012.jpg

梅貝と蓮根の梅肉和え


2012-08-21%20013.jpg

松茸ご飯と赤出汁。

2012-08-21%20014.jpg

水菓子代わりは、かき氷♪

今月も楽しい句会をありがとうございました。

来月からは、お昼の句会になります。

また俳句、がんばります(^-^*)

2012年10月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、毎月一度の俳句の会でした。

先月から、午前中に句会をして、みんなでお昼の食事をして解散ということになっています。

今月も朝から集まりました。

10時から句会をして、人数にもよりますが、1時か1時半から食事という流れになります。

今日は、なんと!!3年半ぶりに新入会員さんをお迎えすることが出来ました!
メンバーが増え、嬉しい限りです。


今月の会場は、当店「料亭うおとめ」にて。


P10000218.JPG

幹事さんのお宅の近所の「けーき屋さん」というケーキ屋さんのマロンパイ♪
美味しかったです(^-^*)
コーヒーと一緒にいただきました。

P10000219.JPG

張りきって選句しまーす!


選句が終われば、披講です。

今月は、15句投句中、12句選んでいただけました。
ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------------

【10月 花音の句】

・抜け道をひとりじめして秋桜

・星屑のほろりと落ちし芋の露

・休止符もありて厨のちちろ鳴く

・リコーダーの高きラの音秋の空

・波打ちて風にきらめく花芒

・身にしむや幾人(いくたり)の見し帯を解く

・ひと口にはにかむ君の芋きんつば

・はればれと食む秋天の串だんご

・軽やかに青をひと刷き秋の雲

・秋桜の畦のんびりとコンバイン

・蜻蛉の羽きらきらと川光る

・秋雨や店に残りし傘ひとつ


太字は、今月の気になる句にも選んでいただきました!

----------------------------------------------------------------------------

今月の花音の気になる句は、

・朝露の畦草鷺となりて翔つ  梧桐さん

・蜘蛛築く一夜の城に露光る  洲砂さん

・雁行の折れ竿となり棒となり  神兵さん

以上3句でした。

----------------------------------------------------------------------------

句会が終わるとお楽しみのお食事です。

P10000220.JPG

掛け紙ですが・・・・・・・・・

「この句は絶対いい!」って自分では自信があったのですが、どなたにも選んでいただけませんでした。
しゅん・・・・(涙)

でも、この掛け紙を見て、皆さん「やっぱり、ええなぁ。」とおっしゃってくださいました。

(字面だけじゃなく、筆で和紙に書いてあるとちょっとは良く見えるのかな・・・)

P10000221.JPG

菊花、水菜、茸、口子のおひたし。

P10000222.JPG

お造り。

P10000223.JPG

土瓶蒸し。

P10000224.JPG

アツアツです。
あったかいものが美味しい季節となりました。


P10000225.JPG

笹かれい 栗のあん

P10000226.JPG

蟹の茶碗蒸し


P10000227.JPG

白玉貝と柿のサラダ

P10000228.JPG

煮麺。


P10000229.JPG

デザート。
葡萄のシャーベット。


とても楽しい句会とお食事の、非日常のひとときをありがとうございました!!

また来月も頑張ろうっと(^-^*)

2012年11月21日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

今月も料亭うおとめにて開催していただきました。ありがとうございます。

2012-11-20%20001.jpg

鯖江市の亀屋萬年堂の「ワッフル」をいただきながらの句会でした。

甘さ控えめで中のカスタードクリームが優しいお味でした。


2012-11-20%20002.jpg

投句がかかれた短冊をシャッフルし、みなさんに配り、その短冊を清書し、選句していきます。

------------------------------------------------------------------------------------------

【11月 花音の句】

・白足袋のつま先軽し千歳飴

・小春日や千体地蔵の影重ね

・湯上がりの子のやはらかし秋うらら

・ゴンドラの揺るる小箱に山粧ふ

・朱塗り膳並ぶ婚儀や秋うらら

・かはたれの野にほの紅き吾亦紅

・朝の陽にうるほふしづく蛍草

・まだら雲行きゆく影や山粧ふ

・小春日や合唱の子のほがらなる

・小皿持つ子の笑み満ちて冬林檎

・けふの空みたす浜辺の星月夜


※太字の句は、今月の気になる句にも選んでいただきました。
ありがとうございます。


*************

花音の「今月の気になる句」

・白浪の小岩をなづる小春かな  梧桐さん

 小岩をなづるというので、とても小さなさざ波が打っている様子が目に浮かびました。

・北風籠る橅に囲まれ夜叉が池  起生さん
 
 福井県の名勝地である「夜叉が池」の初冬の様子がとてもよく表現されていると思いました。

・鼻歌にゆれる干し物小春空  彩敏さん

 女性らしい日常句だと思います。私も小春日の洗濯の時には鼻歌が出そうです。

------------------------------------------------------------------------------------------


句会が終わると、懇親会です。

2012-11-20%20003.jpg

前菜と掛け紙。

句は、「朝の陽にうるほふしずく蛍草  花音」です。

2012-11-20%20006.jpg

お造り。

2012-11-20%20007.jpg

きのこのお鍋。

2012-11-20%20010.jpg

豚の角煮。


2012-11-20%20011.jpg

北海道産の本ししゃも。
カップルで♪

2012-11-20%20012.jpg

越前せいこ蟹★


2012-11-20%20014.jpg

蒸し寿司。


2012-11-20%20015.jpg

水菓子は、江戸柿と苺。


ご馳走様でした(^-^*)


来月も俳句、頑張りたいと思います。

2013年01月22日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は月に一度の俳句の会でした。


今月は、料亭うおとめにて。
幹事さま、ありがとうございます!


2013-01-22%20001.jpg

まことやさんの生菓子をいただきながら・・・。
「山茶花」かな?


今月は、14句とっていただけました。ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------------

【1月 花音の句】

・あらたまの空に雀のむすびあひ

・初商ひ少し高めに髪結はむ

・いくたびも鏡に映し独楽の帯

・初稽古フロアに響くトウシューズ

・幸せの溶けし聖夜のシャンパーニュ

・ほろ苦きごまめ噛みしめ夜を明かす

・洩るる灯の家々にある三が日

・ガラス戸をこつん幼の竜の玉

・ポケットにあひふれし手や冬ぬくし

・冬桜君に見せむと手折る枝

・明け初むる空へ真白き花柊


(祖母への追悼句)

・目瞑りぬ祖母の白さよ除夜の鐘

・東雲のなかに祖母逝く大晦日

・なきがらに初風の音を聞きゐたり

※太字の句は「今月の気になる句」にも選んでいただきました。


------------------------------------------------------------------------------

【1月 花音の気になる句】

・寒林に透ける大寺空の青  てる子さん

・夫の腕毛糸の枷(かせ)に妻ほがら  神兵さん

------------------------------------------------------------------------------


2013-01-22%20002.jpg

掛け紙は、お一人だけに選んでいただけた句。

~ポケットにあひふれし手や冬ぬくし 花音~

「花音さんのデートの句ですか?」

とひやかされましたが、「いいえ、子供とですが、みなさんのご想像にお任せします。」と返させていただきました。


2013-01-22%20003.jpg

前菜。
黒豆、数の子、金柑、むかご


2013-01-22%20004.jpg

のれそれ 温泉玉子。

2013-01-22%20005.jpg

お造り。


2013-01-22%20006.jpg

団子のお鍋。


2013-01-22%20007.jpg

鰆のちりむし。


2013-01-22%20008.jpg

越前産赤鰈の焼きびたし。

2013-01-22%20009.jpg

あさり茶漬け。


2013-01-22%20011.jpg

晩白柚(ばんぺいゆ)と苺。


ごちそうさまでした(*^_^*)

また来月も俳句、頑張ります。

2013年02月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の俳句の会でした。

今月も料亭うおとめでの句会。幹事さん、ありがとうございます!


2013-02-18%20003.jpg

ごま団子をいただきながら、句会です。


2013-02-18%20004.jpg

いつも一人10句~15句短冊に書いて投句し、それを清書し、選句します。


今月ですが、14句選んでいただけました。ありがとうございます。


---------------------------------------------------------------------

【2月  花音の句】

・コーヒーの湯気やはらかに春隣

・お運びの笑顔よろしき梅見茶屋

・折鶴の羽根凛として春きざす

・寒紅の黙(もだ)しとほしてほほえみぬ

・倖せにしがらみのあり水仙花

・ふきのたう出て天地(あめつち)の音を知る

・はにかみの齢は過ぎし斑雪

・めんどうな用は明日へ春炬燵

・風船に泣きて笑ひて子のせはし

・五百円握る手かたき石焼芋

・冬霧や胸に灯れることば欲し

・黒土を清めて冬菜みづみづし

・常客の上手躱(かは)して懐手

・菜の花のレシピひらりと冷蔵庫


※太字の句は今月の気になる句にも選んでいただきました。


【2月花音の気になる句】

・孫の手を巧みに使う炬燵番  起生さん

私は、言葉巧みに孫に指図して使い走りをさせているのを想像したのですが、実際は道具の孫の手で身の回りのものを取ったりしたことを詠んだとのことです。面白い句だと思いました。

・老えば尚秘するが花や冬薔薇  洲砂さん

かなり年上の方の句ですが、自分も老いてけば、冬薔薇をそんな風に感じるのかな・・・と思いました。

・春めきて日溜りへ押す車椅子  彩敏さん

この句は、車椅子を押す方の優しさがとてもよくわかり、小さな気遣いに心が温まりました。

---------------------------------------------------------------------


句会が終わると、お食事です。


2013-02-18%20005.jpg

掛け紙は、「黒土を清めて冬菜みづみづし 花音」です。


2013-02-18%20006.jpg

前菜。


2013-02-18%20007.jpg

お造り。


2013-02-18%20008.jpg

若竹鍋。


2013-02-18%20009.jpg

春野菜と団子の天ぷら。


2013-02-18%20010.jpg

鴨ロースサラダ。


2013-02-18%20011.jpg

ホタテの二杯酢ジュレ。


2013-02-18%20012.jpg

十五穀米の蟹あんかけ。


2013-02-18%20001.jpg

デザートは、杏仁豆腐。


ごちそうさまでした。

また来月も楽しい句会になるように、俳句も頑張ります(*^_^*)

2013年03月18日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の俳句の会でした。

2013-03-18%20001.jpg

まことやさんのお菓子をいただきながら・・・。

綺麗な桜のお菓子♪


2013-03-18%20002.jpg

一人10~15句を短冊に書いて投句し、バラバラにシャッフルして配り、人数分に分けます。その短冊を清記用紙に書き、自分がいいなと思った句を選句用紙に書いていきます。私たちの木犀会では、一人何句選んでもよいというルールになっています。

今月は、花音の句は13句選んでいただけました。
ありがとうございます。

--------------------------------------------------------

【三月 花音の句】

・あやとりの小さな手より蝶生る

・音たてて山の調べや雪解晴

・朧夜の古都の坂道塔の茶屋

・春光やふくらみそめし子の乳房

・前髪をかきあげし背に山笑ふ

・犬ふぐり野に星屑をちりばむる

・路地裏を恥づることなき菫かな

・晴れ渡る空の青きに梅一樹

・上を見て涙ためたる卒業歌

・永き日の筆さらさらと母へ文

・鳥帰る今日より広き明日の空

・メルヘンの馬車をかなたに春霞

・蛍烏賊掬ひし海の星座かな

※太字の句は、今月の気になる句にも選んでいただきました(^-^*)
--------------------------------------------------------

【花音の気になる句】

・踏まれても強き嫁菜の優しき名  房女さん

・路線バス春の山裾見え隠れ  浮木さん

・遺しおく文の迷ひや朧の夜  彩敏さん

--------------------------------------------------------

句会が終わると、お食事をいただきます。

2013-03-18%20003.jpg

掛け紙は、「鳥帰る今日より広き明日の空」です。


2013-03-18%20004.jpg

前菜。


2013-03-18%20005.jpg

お造り。


2013-03-18%20006.jpg

春の土瓶蒸し。


2013-03-18%20007.jpg

穴子焼き。

2013-03-18%20008.jpg

酢味噌。

2013-03-18%20009.jpg

桜うどん。


2013-03-18%20010.jpg

果物。


今月も、楽しい句会をありがとうございました。

料亭うおとめで句会をしていただき、幹事さんありがとうございます。

また、来月も俳句がんばります(^-^*)

2013年07月23日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、毎月一度の俳句会でした。

今月は料亭うおとめでの句会でした。
幹事さん、ありがとうございます!


P10101600.JPG

京都の「緑韻」というお菓子をいただきながらの句会。


P10101610.JPG

選句中。


さて、今月ですが、12句選んでいただきました。

ありがとうございます!


---------------------------------------------

【7月花音の句】


・束ね髪目じるしに追ひ海びらき

・遠山を置き捨ててきし夏の雲

・夏山の立ちはだかるをなほ登る

・駆けてきて子らの指さす二重虹

・ほろ酔ひに呼びとめられし藍浴衣

・星の恋献盃をして閨に入る

・紫陽花の藍に溶け入る雨の音

・色あせし掲示ポスター揚羽来る

・夢見ゐて誰肌ふれむ夜の蜘蛛

・まばたけばはるかに遠し夏燕

・髪切つてかろき足どり梅雨晴るる

・薄衣眉に恥づかし絆創膏


※太字は今月の気になる句にも選んでいただきました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【7月 花音の気になる句】

・白南風や潮音の街の棕梠並木  彩敏さん

・蓮の音を聴かむと白き裾濡らす  秀峰さん

・合歓の花薄くれなゐの化粧刷毛  神兵さん


---------------------------------------------


彩敏さんは入院の中、たくさんの投句があり、みな熱心だと感心しておられました。

そして、今日は先日亡くなられた房女さんへの追悼句が多くありました。

P10101590.JPG

・式部像祈りの色に半夏雨

・蓮の香や母の真心伝はりぬ

・星飛んでたましひの句よとこしなへ


私も三句、追悼句を短冊にさせていただきました。


----------------------------------------

句会が終わると、食事です。


P10101620.JPG

掛け紙は、「まばたけばはるかに遠し夏燕  花音」です。

自分でもこの句は気に入ってます。


P10101630.JPG


前菜。枝豆のペーストをつけていただきます。

P10101640.JPG

新玉葱のスープ。


P10101650.JPG

お造り。


P10101660.JPG

松茸の土瓶蒸し。


P10101670.JPG

癒やされまーす!


P10101680.JPG

冷たい豚しゃぶの煮物。

P10101690.JPG

かますの焼きちり。

P10101700.JPG

鮎ソーメン。


P10101710.JPG

マンゴープリン。

ごちそうさまでした!

また、来月も俳句、頑張りたいと思います。


毎月、先輩方に色んなお話を聞かせていただき、勉強になります(*^_^*)

2013年09月17日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、毎月一度の俳句の会でした。

今月は当店で開催してくださいました。幹事様ありがとうございます。

幹事さんの計らいで、鯖江市の「けーき屋さん」のショートケーキをいただきながら、句会をさせていただきました。

1010637.JPG

コーヒーの香りの中の句会、幸せです(*^_^*)

1010638.JPG

各自短冊に書いた句を投句し、その短冊をバラバラにシャッフルし、人数分に振り分けて、清書します。その清書用紙を見て選句し、自分のいいなぁと思う句を選句用紙(緑色)に書いていきます。


今月は、13句選んでいただけました!!

ありがとうございます!うれしいです。


----------------------------------------------------------

【9月 花音の句】

・初鴨や胸より水脈をひろげたる

・長文の書簡の折り目秋思かな

・紅の斑(ふ)をひろげて暮るる鱗雲

・脇役の慣れつ子となり吾亦紅

・少年の深きおじぎや休暇明け

・ピアノ弾く十指のちから秋澄みぬ

・絡みゆく風と奏でし虫の声

・桔梗咲く母の庭にも通り雨

・秋草に領されてをり休耕田

・描く弧におもひおもひの赤蜻蛉

・星月夜切なく光る星ばかり

・月代につつまれし山しづもりぬ

・酌受けしまなこのくぼみ秋暑し


  ※太字は気になる句にも選んでいただきました。

----------------------------------------------------------

花音の気になる句


・蔓ものに巻かれ廃屋虫の城   てる子さん

・一筆箋はみ出す見舞涼新た   てる子さん

今回は、てる子さんの句にしぼられました。

まず上の句ですが、人間にとっての廃屋が、虫にとっては城なんだ・・・という発想が斬新で面白いなぁと思いました。

下の句は、一筆箋からはみ出るほど心配して見舞いの手紙を書いている様子がよくわかりました。
「じゃあ、普通の便箋にすればいいのに・・」という意見もありますが(笑)

----------------------------------------------------------

それぞれ、自分の気になる句を発表して、その後、食事です。

1010641.JPG

掛け紙の俳句は、「月代につつまれし山しづもりぬ」にしました。


1010639.JPG

無花果(いちじく)のワイン煮

私も自分で無花果のコンポートをつくるのですが、なかなかこんなにはできません。
絶対に形が崩れてしまいます。


1010640.JPG

お造り

1010642.JPG

まながつをとオクラの揚げ物 梅肉ソースがけ


1010643.JPG

冷製 湯葉の茶碗蒸し
生姜の香り


1010644.JPG

帆立の柚子味噌焼き

美味しかったです(*^_^*)


1010645.JPG

蟹の二杯酢ジュレ


1010646.JPG

トウモロコシご飯と赤出汁

1010647.JPG

デザート


今日も、楽しい句会をありがとうございました。

また来月も、俳句がんばりたいと思います。

2013年11月02日

俳句の会~料亭うおとめにて~

10月28日に、毎月の俳句の会がありました。

今月も「料亭うおとめ」にて、ありがとうございます。

P10107450.JPG

毎月、お菓子とお茶をいただきながら、選句を楽しませていただいています。


今月は、12句選んでいただきました。ありがとうございます。


-----------------------------------------------------

【 10月 花音の句 】

・無為の日や袖通しみる秋袷

・花影を水面に置きし実紫

・ふくよかに色を深めし山葡萄

・数珠玉やお手玉唄の遠き祖母

・無花果の香りの満ちて焼くタルト

・行く秋や捨てがたきもの捨て去りて

・小さき靴たくさん並び秋彼岸

・手びねりの壺に伸びんと赤まんま

・草の香や立待月を上げにけり

・コスモスにふくらみゆきし海岸線

・吾亦紅かすかな風をとらへけり

・聖泉の底に岐るる夫婦滝

  (太字は、今月の気になる句に選んでいただきました)


-----------------------------------------------------

【 10月 花音の気になる句 】

・摺るほどに匂ふ奈良墨冬隣  彩敏さん

・吹く風を柔らかにして花芒  神兵さん

・布団蹴るまあろきあんよ収めけり  てる子さん

-----------------------------------------------------

句会の後は、食事会です。


P10107460.JPG

じゃがいものすり流し


P10107470.JPG

お造り

P10107480.JPG

かんぱちのカマ焼き


P10107490.JPG

きのこのお鍋


P10107500.JPG

牛すじ大根


P10107510.JPG

梅貝の梅肉ソース


P10107520.JPG

蒸寿司


P10107530.JPG

マンゴープリン ビーツのヨーグルト


今月も、楽しい句会をありがとうございました!

また来月もがんばりたいと思います(*^_^*)

2013年12月17日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は月に一度の句会でした。

今年最後の句会で、忘年会気分の会です。


mP1010793.JPG

まことやさんの生菓子をいただきながら・・・。

mP1010794.JPG

選句中。
今月も素敵な句がたくさんありました。


花音の句は、今月は13句選んでいただきました!
嬉しいです♪

------------------------------------------------------------------

【12月 花音の句】


・柚子湯して寝間に連れゆく香りかな

・八掛の緋色こぼるる寒稽古

・一言を文に残して冬燈

・襟巻の中につぶやくひとりごと

・小面の女将もてなす根深汁

・早口の電話セールス聞く師走

・たそがれて色盗まれし木守柿

・池染むるひとひらごとの散紅葉

・ゆく先に日輪おくり冬木道

・頬杖にながむ師走の帳簿かな

・荒るる山抱き静かに冬の月

・月明の中に眠りて小白鳥

・偽りもなく裸木となりにけり

※太字の句は、気になる句にも選んでいただきました。

ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------

【12月 花音の気になる句】

・妙齢に爪立てらるる蜜柑かな  てる子さん

・遠山に負けず高々大根干す  神兵さん

------------------------------------------------------------------

mP1010795.JPG
オリオンの三つ星まねき木立かな

mP1010796.JPG

前菜。
・むかごの白和え ・栗、菜の花、無花果寒天 ・もずく ・子持ち昆布


mP1010797.JPG

お造り。


mP1010798.JPG

黒大根と金目鯛の湯葉あんかけ。


mP1010799.JPG

牡蠣とニラとなめこのお鍋。


mP1010800.JPG

海鼠(なまこ)。


mP1010801.JPG

牛肉のたたき。

mP1010802.JPG

蟹雑炊。


mP1010803.JPG

柿のシャーベット。


楽しい句会をありがとうございました。

句会はこのところ全員出席で、とても充実した句会になってます。

また来月(来年)がんばります(*^_^*)

2014年01月20日

俳句の会~料亭うおとめにて~

1月20日は、月に一度の俳句会でした。

2014年、新年初句会でした。

私が幹事をさせていただき、料亭うおとめで句会をしました。


P1010998.JPG

今日のお菓子は、野木さんの「勝栗もなか」にしました。

お正月に奈良の実家にお土産で持って行ったところ、甘いものを食べない父親が、「これは美味しい!」と言って、いっぺんに3個、ペロリと食べてしまって・・・・。

あまりにもそれが印象に残ったので、句会でも出させていただこうと思い、このお菓子にしました。


今回は、16句投句し、なんと!パーフェクト、16句選んでいただきました。

ありがとうございます!!新年早々、嬉しいです♪

-----------------------------------------------------------

【2014年1月 花音の句】


・恙なきことに満ち足り今朝の春

・雪明り旧監獄の煉瓦門

・餅花や白描に浮くうすき影

・買初のワッフルの香を連れ歩く

・ひとり抜けまたひとり立ち晦日蕎麦

・星の無き空に美しきは冬の雁

・旺盛な子の食べぶりに初笑ひ

・初御空仰ぎて眩し丹の鳥居

・神木の下枝の鹿や淑気満つ

・少女らの行き交ふ髪を飾る雪

・ナイフ待つ炬燵の上のかすていら

・春日野に片脚を置き冬の虹

・縄跳の大波小波土を打ち

・ぬくもりとともに手袋置き忘れ

・初空へ弾むたてがみ乗馬の子

・選りに選る切手の柄や初手紙

(※太字は気になる句に選んでいただきました)

-----------------------------------------------------------

【花音の気になる句】

・凍雲を打ち抜く日矢の大原野  神兵さん

・手袋のままのボタン懸けもどかしく  神兵さん

  この句はとてもいいと思いましたが、字余りなので、「手袋の指のボタンのもどかしく」とかにしたらどうかと言いましたが、神兵さん曰く、「添削するほどの句でない」と自暴自棄になっておられました(笑)

・寝て起きて目覚めてテレビ寝正月  彩敏さん

  その通りだ!って思いました(笑)


-----------------------------------------------------------


句会の後は、お食事を楽しくいただきました。


P1020001.JPG

掛け紙は、

「星の無き空に美(は)しきは冬の雁  花音」

です。

P1010999.JPG

ごぼうのすりながし


P1020002.JPG

お造り


P1020003.JPG

大根、椎茸、人参の肉味噌がけ


P1020007.JPG

鳥味噌なべ

P1020008.JPG

数の子のサラダ


P1020010.JPG

雲子の茶碗蒸し


P1020011.JPG

十六穀米の海老あんかけ

P1020012.JPG

ぶどうのゼリー

ごちそうさまでした。

楽しい句会と食事の時間、ありがとうございました。

毎月人と俳句が集まり、季節感を感じ、先人のお話をおうかがいして、楽しく過ごさせていただき、感謝です。

今年も元気に毎月句会ができることを祈ります。


幹事が次回の句の兼題を決めるのですが、私は「春待つ、春隣」を兼題としました。

もう来月は二月、立春です。春よ、早く来い(*^_^*)

2014年04月22日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の句会でした。

2回お休みしてしまいましたので、久しぶりの選句です。


1020293.JPG

今日は、鯖江の「けーき屋さん」のケーキとコーヒーをいただきながら。


1020295.JPG

真剣に選句します(*^_^*)
選句中はしーーーんとします。


今月は、16句投句して、13句選んでいただきました。
気になる句には、5句選んでいただき、とても嬉しいです♪


------------------------------------------------------------------
【4月 花音の句】

・大いなる地の斑(ふ)となりし花吹雪

・炒りたてのほうじ茶香る竹の秋

・帯留の珊瑚つやめく春袷

・花散るや僧のいがぐり頭にも

・飛行雲空一枚を春にして

・つま先の弾むリボンや春の靴

・妙薬に化けしシャンパン朧の夜

・うららかや風ふれてゆく木々の音

・春寒や日矢にすがりし丸き猫

・スカートのひるがへり来て入学す

・辛夷咲く眠る赤子の掌の如く

・巻き上げて再会果す春ショール

・アネモネの庭四代の住家かな


太字は、気になる句に選んでいただきました。

------------------------------------------------------------------

【四月 花音の気になる句】

・手を繋ぐきつかけとなり桜山  神兵さん

 奥様と初めて手を繋いだのが西山公園だそうで、先に歩いていく神兵さんに奥様が手を出して引っ張って!と頼んだそうです。「花音さん、今じゃ当たり前のようにみんな手を繋いで歩いてるけど、僕らの時代は、とても人前で手なんてつなげなかったよ~。」とのことでした。

・草摘みのお尻出てゐる海の道  梧桐さん

 越前海岸を車で運転していると、草取しているおばちゃんのお尻を引きそうになるそうです(笑)。


------------------------------------------------------------------


句会が終わると、食事会です(*^_^*)

1020296.JPG

前菜です。

掛け紙は、「飛行雲空一枚を春にして」です。

1020298.JPG

新玉葱のスープ。


1020299.JPG

のれそれと温泉玉子。


1020300.JPG

お造り。


1020304.JPG

まながつを柚庵焼きのスモーク。


1020306.JPG

牛煮込みのチーズ焼き。


1020307.JPG

梅そば。


1020308.JPG

デザートです。


今月も、楽しい句会をありがとうございました。

また来月もがんばります(*^_^*)

11月には久しぶりに吟行に行くことになり、とても楽しみです♪


ありがとうございました(^o^)


ちなみに当句会、『木犀会』は会員募集中です。
俳句初心者の方でもOKですので、ぜひ興味のある方はご連絡くださいませ(*^_^*)

2014年05月19日

俳句の会~料亭うおとめにて~

今日は、月に一度の句会でした。

今月も料亭うおとめでの句会、ありがとうございます。


P1020415.JPG

いつも昔懐かしい駄菓子と・・・・。

今日は八女の新茶で(*^_^*)


P1020414.JPG

今日は、鯖江の「けーき屋さん」というケーキ屋さんのチーズケーキをいただきながらの句会でした。


P1020416.JPG

選句中。


今月は、16句投句中、14句選んでいただきました。ありがとうございます。

--------------------------------------------------
【5月 花音の句】

・湧泉の奥に奏づる水の詩

・薫風や引つぱつて干す子らのシャツ

・スケッチの子らにあふれし新樹光

・黒板の方程式や薄暑光

・黒き影おとし徘徊揚羽蝶

・花は葉に褥の闇に艶めきぬ

・夕涼のまたくり返し鳴るピアノ

・五線譜の和音にまじる若葉光

・麦秋の風きらきらと渡りをり

・鶏小屋の喧嘩に入るる青田風

・つながれし廃屋の屋根蔦若葉

・曇ること知らぬ空へと柿若葉

・八重桜散りゆく音のなかりけり

・遠く聞く電車のベルよ山若葉


※太字の句は、今月の気になる句にも選んでいただきました。

---------------------------------------------

【5月 花音の気になる句】

・自転車で突つこんでゆく蚋(ぶよ)の陣  神兵さん

蚋がひと塊に集まって浮遊しているのが見られる季節となりました。
自転車で突っ込むっていうのもおもしろかったし、「蚋柱」とせず、「蚋の陣」としたところがいいと思いました。


・筆を置く紙に緑樹の影写し  浮木さん

筆を置く紙に写っている影は黒色ですのでモノクロの世界ですが、この「緑樹」という季語が「緑」の色をより一層鮮やかにしていると思いました。


---------------------------------------------


句会の後、お食事をいただきました。


P1020418.JPG

掛け紙は、「湧泉の奥に奏づる水の詩」です。
前菜は、スナップエンドウ、ヤングコーン、一寸豆、蕨、栄螺


P1020419.JPG

冷製茶碗蒸し、蓴菜(じゅんさい)と梅肉


 
P1020421.JPG

お造り


P1020422.JPG

揚げ茄子の肉味噌がけ


P1020423.JPG

煮物


P1020424.JPG

牛タンのスープ 柚子胡椒


P1020425.JPG

酢橘そーめん


P1020427.JPG

果物とグレープフルーツのシャーベット


今月も楽しい句会をありがとうございました。

また来月もがんばります(*^_^*)

また来月も生きて顔が見れますように・・・・と解散しました。

2014年06月24日

俳句の会~料亭うおとめにて~

昨日は、月に一度の俳句会でした。

1020485.JPG

-------------------------------------------------------------------

【6月 花音の句】

・葉脈に水音立てし青時雨

・十薬のみちびく先の濡れ仏

・どくだみといふ名のあはれ白十字

・スニーカーの赤かけぬけし夏野かな

・結葉やまひるの空を遠くして

・結葉に紺青の空見えかくれ

・下校の子日傘の母にかけこみぬ

・蜘蛛の巣のとらへし星や森の夜

・無住寺の土塀囲みし濃紫陽花

・海鳥の波より生れ夏の潮

・虹立ちて田水あふるる棚田かな

・間をおきて上がる噴水時忘れ

・薄暑はやランチメニューのかはりけり

・ルッコラの葉色艶めく白雨かな

・うつろへることよしとして四葩咲く

(太字は今月の気になる句にも選んでいただきました)

-------------------------------------------------------------------

【花音の気になる句】

・一閃の車灯に螢見失ふ  彩敏さん

せっかく螢を見つけたのに、一瞬の車のライトで螢を見失ってしまって残念な様子がよくわかりました!


・十薬や軒に干されしまま逝けり  彩敏さん

今月の兼題であった、「十薬、どくだみ」の句の中でとてもいいと思った句でした。
淋しいけど、一生懸命生きた方の様子がよく伝わりました。


-------------------------------------------------------------------

句会の後は、食事会ですが、この食事も今月で最後になりました。

次回の7月の句会からは、句会のみで、食事はなしと決まりました。

色々と事情があり、また懇親会は別途することになりました。


いろいろと変えていかないと、句会の存続も厳しいのでやむを得ないと思います。


1020486.JPG

夏野菜と枝豆のペースト


  (お造り写真忘れちゃいました・・・涙)

1020487.JPG

万願寺とうがらしとホワイトアスパラ、ズッキーニの煮びたし

1020488.JPG

出汁巻き卵の海老あんかけ


1020489.JPG

とうもろこしの天ぷら

1020490.JPG

豚しゃぶの梅肉ソース


1020491.JPG

茶そば

1020492.JPG

デザート


今月もありがとうございました(*^_^*)

また来月も俳句、がんばります!!

2016年01月14日

初句会~料亭うおとめ~

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


昨日は、料亭うおとめにて、初句会&新年会でした。

全員出席で盛会でございました(*^_^*)


IMG_1553.JPG

鯖江のスローベリーさんのチーズケーキをいただきながら・・・)^o^(

濃厚で美味しいチーズケーキでした。


兼題は、「淑気」、「雪」または自由でした。

-----------------------------------------------------------------------

【2016新年 花音の句】

・小筆置く真白き料紙淑気満つ

・研ぐほどに淑気満ちたる厨かな

・風はらむ薄きショールの足早に

・玉あられしずまり星の粒あまた

・凛として花一輪の淑気かな

・つかの間に天地をたどり六花

・馬鹿話交わす親子の去年今年

・ゆく先の水面かがよふ細雪

・冬銀河失ふもののなき一樹

・口笛を吹きて下校や冬休み


---------------------------------------------------------


お料理も楽しくいただきました。


IMG_1555.JPG

掛け紙は、「初空や弧線を描く一機あり」。

IMG_1562.JPG

きのこのすりながし

IMG_1563.JPG

お造り


IMG_1564.JPG

湯葉蒸し


IMG_1565.JPG

すり身団子のお鍋


IMG_1568.JPG

数の子のサラダ


IMG_1569.JPG

鶏肉と白菜、椎茸のポン酢あん

IMG_1570.JPG

梅そば


IMG_1571.JPG height="360" />

柿のシャーベットと果物


句会のメンバーは、皆さん芸達者な方ばかりで、新年会は「謡い」「鼓」「オカリナ」などのご披露もあり、楽しい会となりました。

ありがとうございました。

また今年も俳句、頑張っていきたいと思います(^.^)


About 俳句会(於:料亭うおとめ)

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「俳句会(於:料亭うおとめ)」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは俳句です。

次のカテゴリは文房具です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35