メイン

料亭うおとめイベント アーカイブ

2009年08月21日

武生国際音楽祭~ギターとマリンバの夕べ@料亭うおとめ~

今、越前市では、『武生国際音楽祭』が開催されています。(8月18日~8月25日)

8月20日に、今年初めて、アウトリーチコンサートとして、料亭うおとめでも演奏家の方を招いて、コンサート&宴をさせていただきました。


ギター奏者「田部井辰雄」さんと、マリンバ奏者「塚越慎子」さんをお招きしての素敵な夕べとなりました。

200908%20182.jpg

こちらが会場です。30名様の方々にお集まりいただきました。

200908%20185.jpg

最初は、出演者お二人の演奏を皆さんでお楽しみいただき、その後お食事となります。
お食事のお席には、「あの音色胸になつかし初秋かな」という俳句を書かせていただきました。

200908%20187.jpg

ギターの田部井辰雄さんの演奏。
最初の曲は「荒城の月」。初秋にぴったりの曲ですね~。
そして、知っている曲、そして日本の曲でみなさん喜んでらっしゃいました。


200908%20188.jpg

その後は、スペインの曲や禁じられた遊びなど、懐かしい曲を演奏していただきました。


200908%20190.jpg

そして、マリンバの塚越慎子さんの演奏。
まずは「パッヘルベルのカノン」をマリンバに編曲されたものを演奏されました。
私はこの「カノン」が大好きで、俳号を「花音」にしたのもこの曲が好きだったからで、とても嬉しく聴き入ってしまいました。


200908%20191.jpg

塚越さんの選曲は、愛に関する曲が多くとてもしみじみ、マリンバの世界に入っていってしまいました。

参加された方が、「マリンバの音色って、水の中にいるみたいです。もっと言うなら、胎児が母親の胎内にいる感じですね。」っておっしゃってました。その通りかもしれません。何か癒されるものがあります。


200908%20194.jpg

当初は、「単独演奏のみ」ということで打ち合わせしていましたが、なんと!
お二人が気を利かせてくださって、デュオをしてくださいました!!!


200908%20196.jpg

最後に、「赤とんぼ」をデュオしてくださって、日本の歌で締めくくっていただきました。
すばらしい演出をありがとうございました。


演奏が終わって、懇親会です。


お客様と和気藹々とお食事をしていただきました。


200908%20201.jpg

3人での写真も撮っていただきました!!


本当に、田部井さん、塚越さん、そして参加いただいた皆様、ありがとうございました♪

素晴らしい音楽の夕べ♪でした。

2009年08月28日

♪マリンバ奏者 塚越慎子さんのOfficial Blog♪に料亭うおとめでのアウトリーチコンサート記事

先日、料亭うおとめにて、ギターとマリンバの夕べをさせていただきましたが、マリンバの塚越慎子さんのオフィシャルブログにうおとめでのアウトリーチコンサートのことを載せていただいてました。

http://yaplog.jp/noriko-t/archive/345

私のことも少し書いてくださっていて、嬉しくなりました。

塚越さん、ありがとうございまーす!♪


アメリカでも頑張ってくださいね!!

益々のご活躍をお祈りしております!

2009年09月08日

”一途”心の休日コンサート♪

昨日、9月7日に”一途”心の休日コンサート♪を開催させていただきました!

一途さんは、珍しい三兄妹ユニットのバンドです。

一途のプロフィールは下記を見ていただけたらと思いますが、株式会社ウォンツを起業した3兄妹さんであります。
一途さんは、オリジナルの曲をたくさん作っておられますが、その曲一つ一つが「一人のため」に作った曲なんです。でもその一人のために作った曲がたくさんの方々に共感を与え、感動する曲となっています。

『虹色プラン』という曲は、「この世のから自殺を無くそう」という想いがこめられています。

いつも私は、♪それでいいんだよ 経験すべてがあなたの絵筆♪というところでうるっときます。

20090907%20006.jpg


『Like a Dragon』はとてもパワーのある曲です。
お腹から元気が沸いてきます。


20090907%20011.jpg


20090907%20012.jpg

『謳歌』は、「自分の命が消えるとしたら、人は何をするのでしょう?何ができるのでしょう?」という想いがこめられています。
末期がんの方が、仕事ばかりの人生で家族に何もできなかった・・・死を宣告されたときに「そうだ!笑顔を」と思い、自分が死ぬまで今まで出来なかった笑顔を家族に与え続け、同じ施設にいる病気の末期の方々にも笑顔を与え続け、人生を謳歌されたという曲です。

最後の「また会いましょう」という言葉がとても心にしみます。


こんな素晴らしい、3兄妹ユニット・・・・。
私も3人兄弟ですが、こんなに仲良しでバンドも出来るような関係ではありません。

こんな素晴らしい兄弟にするにはどんな育て方をしたらいいのか・・・・、親の顔が見てみたいものです。
という前振りをさせていただき、「実は!今日、一途のお父様、お母様もお見えです!」と皆様にご紹介させていただきました。

本当に素敵なご両親で、父の厳しさ・母の温かさ、そして家族の絆がとても感じられるんです。


20090907%20014.jpg

『3兄妹ユニット「一途(イチズ)」』

 2000年に、鯖江市に株式会社ウォンツを創業した、起業家でもある3兄妹が、2008年春「3人が兄妹として生まれてきた意味」を考えてみました。現在私たちには、たくさんの人に喜んでもらうために選んだ、映像教材制作という仕事があります。おかげさまでユーザーは数十万人となりました。
 しかし世界を見渡しますと、私たちが喜びを届けたい人がまだまだたくさんいる気がします。「もっと多くの人々の心に浸透し、喜んでいただきやすいもの、幸せな気持ちになっていただきやすいものはないか・・・」そこで浮かんだ案が「音楽」だったのです。音楽なら国境を越え、心に残り、お互いに幸せを感じることができる。そこから3兄妹全員の力を合わせ、「人々の笑顔」を糧にした楽曲作りがスタートしました。
 一途の楽曲は、実は、それぞれの曲が「たった1人のために作った曲」です。1人にインタビューをさせていただき、その人の持っている想いや、メッセージ、実は口に出せなかったことなどをお聞きします。その言葉を紡いだり、さらにイメージを広げたものが、歌詞になります。たった1人のことを考えて作った曲が、実は万人の共感を呼ぶ、人間の普遍的な感情に触れるものになりました。
 泣きじゃくりながら書いた歌詞もありますし、祈るような気持ちで書いた歌詞もあります。でも、実際は紙の上の文字でしかありません。それにメロディがつくことで、言葉に命が吹き込まれ、風に乗り、皆さんの耳に届けることができます。
 人々の心の根幹に、ストレートに響く歌詞とメロディを作り続けます。また、できればそれらの曲を多くの方々に歌っていただき、100年後、200年後になっても愛される、シンプルで普遍的な「うた」を残したいと願っています。

●一途公式サイト(曲の試聴/CD販売はこちら) http://1zu.jp/

●イベント・公演のご依頼は tel.0778-62-3793 株式会社ウォンツ
 担当ヨシダ(平日10時~18時)
WEBhttp://1zu.jp/request/


コンサート終了後、私もいっしょに写真を撮らせていただきました!

一途さんと♪


20090907%20023.jpg

みなさん、ご自分のブログもされています。
長男:くまひげさんhttp://www.kumahige.tv/
次男:どんまゐさんhttp://www.donmai.jp/
長女:みっこさんhttp://www.mikko.jp/


早いっ!!!もう、どんまゐさんのブログに料亭うおとめでの記事がアップされてました♪
ありがとうございます!
料亭「うおとめ」さんでLIVEさせていただきました

さすが、早いですね(^-^*)/ どんまゐさん!!

一途にもう一人、この方こそが『縁の下の力持ち!』 Satoshiさん!
紫のTシャツの方です!
この方があっての一途だと、私は思います。


20090907%20017.jpg


↓Satoshiさんのブログ
ウォンツ社長代理日記http://www.wantsinc.com/satoshi/

これからも、音楽活動、平和活動、頑張って欲しいと思います。
私も陰ながら、応援させていただきます♪



CDアルバムもありますので、ぜひみなさん、心の休日してみてくださーい!

2009年11月06日

岩堀美雪先生とくまひげ先生のにこにこないす♪心の休日コンサート

昨日は、料亭うおとめにて、「岩堀美雪先生」と「くまひげ先生」の”にこにこないす”をお招きして、心の休日コンサートを開催させていただきました!


6時半よりお食事を1時間ほどお楽しみいただき、その後、岩堀先生に「トーク&ライブ」をしていただきました。


岩堀先生は、子供の笑顔が大好き!そして、「人は誰でもすばらしい可能性を持っている」を信条とされて「パーソナルポートフォリオ」という心を大切にした教育を目指して頑張っておられる現役の小学校教師です。鯖江市の立待小学校で現役で教師をされている忙しい合間にこのような活動をされているパワフルな女性です!
私は岩堀先生に9月にお会いして、お話をしていくうちに、「ぜひこの先生の心の教育を多くの方に伝えたい!」って思いました。それで、昨日料亭うおとめのお客様にもトーク&ライブの機会を設けさせていただいたのです。


岩堀先生のパーソナルポートフォリオ
http://daisuki.feb.co.jp/activity.html

20091103%20005.jpg

先生のお話に皆さん聞き入っておられました。


20091103%20006.jpg


20091103%20007.jpg

そして、歌も歌っていただきました。


20091103%201008.jpg


20091103%201009.jpg


20091103%201010.jpg

本当にみなさん一生懸命聞いていただきました。

「しあわせ」の、
♪大切なのは人からどう思われるかじゃなく、自分がどう生きたいかなんだ♪
という部分でいつも涙が・・・。

母の歌では、
♪おまえが幸せでいることが一番幸せと笑ったかあさん♪
で、どーっと涙が出ます・・・・(号泣)

特に私は、実家が奈良にあり「母」はなかなか会えない存在なので余計なのかもしれませんが。

岩堀先生の歌詞は本当に心に響きます。その歌をCMの女王ミネハハさんが「歌いたい」ということで、6月にくまひげ先生が作曲し、ミネハハさんが歌うCDが発売となりました。


岩堀先生の歌は、↓こちらの鯖江市のHPからも聴くことができます。
ぜひ皆さん、聴いてください♪
http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=4032

岩堀先生のブログ
「子どもたちの『自己肯定感』を育てる パーソナルポートフォリオ
http://plaza.rakuten.co.jp/miyuki35/


そして、11月28日には、MINEHAHA(ミネハハ) & 岩堀美雪 ありがとう地球 大阪コンサートが開かれます。
私も駆けつける予定です。

ぜひ、関西在住の方々、必ずハンカチを持ってご来場いただけたらと思います。
よろしくお願いします!

2010年07月23日

SingJRoyさんの納涼レゲエライブ in 料亭うおとめ

昨日は、料亭うおとめの夏の納涼企画としまして、「SINGJROY」さんを招いて、レゲエライブを開催させていただきました。


7時からお集まりいただいたみなさまに、まずはお食事を召し上がっていただきます。もちろんお酒も♪

納涼ということで、ビールを中心にいろいろお酒をご用意させていただきました。

ビールはドイツビールとベルギービールも!


20100722%20020.jpg

お料理も一人ずつのコースです。

こちらは岩牡蠣の香草焼き。


20100722%20022.jpg

こちらは、冷しゃぶ。夏のお料理を楽しんでいただきます。


初対面の方も、結構すぐうちとけてお話されています。
楽しいことが大好きな人が集まっているから、すぐ仲良しになりますね。


20100722%20030.jpg

1時間ほどお料理を楽しんでいただき、8時過ぎからライブタイムとなりました!

SingJRoyさんといっしょに頑張っているSinger_Takahiさんの歌でスタート!

力強く、それでいて綺麗な澄んだ女性らしい声が響きます。

20100722%20031.jpg


20100722%20036.jpg


そして、SingJRoyさんの歌も♪

20100722%20045.jpg


何回聴いても、「この人は福井県を愛しているんだなー・・・」としみじみ感じます。


20100722%20046.jpg

レゲエと福井を組み合わせるなんて、本当に素敵。


20100722%20050.jpg

年配の方も多かったのですが、みなさんノリノリでした。

20100722%20052.jpg

暑さも吹き飛ばして盛り上がりました。

ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました!!

今後もSingJRoyさんを応援お願いします!

そして福井県を盛り上げましょう!!

2010年09月10日

2010武生国際音楽祭 料亭うおとめミニコンサート~弦楽四重奏の夕べ ディオティマ弦楽四重奏団

9月5日から9月12日まで、越前市で、「2010武生国際音楽祭」が開催されています。

毎年世界中から演奏家・作曲家などが集まり、音楽を愉しむ1週間のイベントです。


昨日、9月9日に料亭うおとめのミニコンサートを開催させていただきました。

料亭うおとめでのミニコンサートには、ディオティマ弦楽四重奏団の方が来ていただけました。


-------------------------------------------------------------------------------

【ディオティマ弦楽四重奏団】
1996年、パリ、リヨンの国立音楽院においてプルミエプリを得て卒業したメンバーによって結成される。印象的な古典的なレパートリーはもちろん、ディオティマは20世紀後半の弦楽四重奏のための素晴らしい音楽を演奏しています。 素晴らしい世界各地での公演を重ね、プログラムは大胆で新しい風とヨーロッパの古典のレパートリーを共有しています。
ルーヴル美術館、パリの秋、オルセー美術館、IRCAMの顎ラ・フェスティバルなどフランス各地での公演や、ベルリンを始めヨーロッパ各地で公演を行い、おの高い実力を認められている。ラッヘンマンの”精霊の踊り”とノーノの「沈黙の断章、ディオティマへ」を録音した初CDでは、チャールス・クロス・アカデミーから”Coup de Coeur”賞を、また音楽雑誌「ディアパソン」で新人賞を受賞。コンサートツアーは、アメリカ、中米、南米、日本、中国、韓国など、世界各地で絶賛を得ている。


-------------------------------------------------------------------------------

6時半から1時間のコンサート。

・シューベルト 弦楽四重奏曲第二番 ハ長調 D.32
・ラヴェル 弦楽四重奏曲 

の2曲を演奏していただきました。

アンコールは、「アヴィニョンの橋の上で」を演奏してくださいました♪


20100909%20002.jpg

間近で世界のトップレベルの演奏が聴けてすばらしかったです。

20100909%20004.jpg

本当に素敵な演奏でした!!


余談ですが、うちの娘2人がカルテット(4人)の方に花束を渡す役目をしました。

私  「フランス人の方だから、”メルシーボク!”って言ってお花渡してね(^-^*)」

二女 「なんで”メルシーボク”や?”メルシーワタシ”じゃないの?」

私  「・・・・・」


このことを通訳の方に演奏者に伝えていただいたところ、大うけでした(^-^*)

20100909%20006.jpg

演奏が終わって、懇親会となりました。

20100909%20007.jpg

秋の味覚、若狭カレイをはじめ、越前の幸をご堪能いただきました。


20100909%20008.jpg

演奏者の方もお料理を楽しんでらっしゃいました。
日本酒を飲まれました。
入荷したての「ひやおろし」を美味しい!と飲んでらっしゃいました。

20100909%20009.jpg

写真を撮るときには、「サシミー!」と言うといいスマイルができるそうです。


20100909%20010.jpg

お箸も上手に使っておられます。
今日はフランスワインばかりにしました。それも喜んでいただけました。


20100909%20012.jpg

楽しいお食事会♪

20100909%20013.jpg

私も「サシミー!」で撮っていただきました(笑)


20100909%20015.jpg

最後に演奏者の方がご挨拶してくださいました。


20100909%20016.jpg

とても素敵なひとときを過ごさせていただきました。と言ってくださいました。
そして、都会にはない田舎らしいおもてなしをありがとうございました。とも言ってくださいました。嬉しいことです。


それと、またまた余談ですが、演奏者の方のお一人が喫煙者でした。その方が喫煙所で覚えた日本語をおっしゃっていました。

「スイマセン、スイマス。」

ディオティマ弦楽四重奏団のみなさん、通訳のEさんご夫妻、ご参会いただいたたくさんの皆様、本当にありがとうございました!!!

2010年10月15日

2010年11月18日は『絵利菜と過ごす 秋の夜長のポップスの夕べ』♪

erina20101118.jpg

料亭うおとめ、秋のイベントのお知らせです!
今回は、越前市在住の素敵な女性ヴォーカリスト「絵利菜(えりな)」さんと過ごす秋の夕べを企画させていただきました。ポップス、クラシックから演歌まで、様々なジャンルを歌い、4オクターブの声量も持つ、笑顔の素敵な絵利菜さんです。季節の歌も取り入れてプログラムしていただきます。
旬のお料理とお酒を楽しみながら、しっとりと美しい絵利菜の歌声をお聴き頂き、素敵な秋の夜長を演出させていただきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております!


DSCF0977.JPG

【絵利菜 えりな】
2008年5月31日、世界5カ国と全国から参加したアマチュアの最高峰を決める日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会で「アメージング・グレイス」を歌い優勝。この大会がきっかけとなり、2009年8月8日「あなたが大人になった時」「ふるさとの春」で、キングレコード第3製作部よりデビューする。
クラシックやポップス、演歌など幅広く様々なジャンルの曲をレパートリーとする。低音から高音まで4オクターブの声の幅をもった音域の広さの歌声を持つ。

日時などを、下記のようにご案内させていただきます。

日 時 :2010年11月18日(木)
        受付    18:40~
        スタート  19:00 (21時ごろ終了予定)

場 所 :料亭うおとめ 2F 広間
           〒915-0069 福井県越前市吾妻町1-45
           TEL0778-22-0151

費 用 :お一人様  ¥10,000 (ライブ・お食事・飲物・税金など 全て込み)

お問合せ先・お申込み先 : 料亭うおとめ 0778-22-0151 info@uotome.com


尚、この日はボジョレーヌーボー解禁日!

ですので、ヌーボーもご用意してお待ちしております!


ぜひ、たくさんのご参加、宜しくお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください。

2010年11月19日

絵利菜と過ごす秋の夜長のポップスの夕べ♪~料亭うおとめ~

11月18日の、ボジョレーヌーボー解禁日に、女性ボーカル「絵利菜」さんを迎えて、料亭うおとめにてディナーコンサートを開催させていただきました♪


2010-11-18%20004.jpg

今日の掛け紙は、絵利菜さんとボジョレーヌーボーにちなんで、

「グラス越し歌姫の声秋夜長」


2010-11-18%20005.jpg

ボジョレー・ヌーボーで乾杯します♪


2010-11-18%20007.jpg

ボジョレーヌーボーは、3種類ご用意しました。


2010-11-18%20010.jpg

いつもうおとめでのコンサートは、パターンとして、

1)最初にコンサートを1時間聞いていただいた後に1時間お食事タイム
2)最初に1時間お食事タイムして1時間コンサート

のどちらかでしたが、絵利菜さんは「お客様が満足していただけるようにしたい。」ということで、2時間ゆっくりとお食事&コンサートを楽しんでいただくパターンにさせていただきました。


演歌からポップス、ジャズやブルースなど、なんでもこなす絵利菜さん。


2010-11-18%20022.jpg

のびのびと声が響き、会場のお客様も魅了されています。


2010-11-18%20023.jpg

馴染みの曲でとても聞きやすく、楽しいです。


2010-11-18%20025.jpg

写真だけではわからないのですが、歌うときの一つ一つの仕草がとても色気がある絵利菜さん。

心から歌っているのが本当にわかります。


「アメイジング・グレイス」では、みなさん聞き惚れてらっしゃいました。


2010-11-18%20032.jpg

この絵利菜さんのコンサートをうおとめで開くきっかけとなった「ジュエリータイムムラタ」店主の村田さん。


村田さんが「うおとめさんに、一度話しに言ってみたら?」と絵利菜さんに声をかけたところ、絵利菜さんがうおとめに突然営業に来られました。

私は最初、『飛び込みで営業に来るなんて、ちょっと・・・』って思っていましたが、話を聞いているうちに、『ああ、この人は本当に歌が好きで、心の綺麗な人なんだな・・・』って思って、絵利菜さんの歌も聴かずに「じゃあ、一度コンサート企画してみますか?!」って決めちゃったのです。

その後、絵利菜さんがうおとめの音響を見に来られた際に、私のためにアカペラで「アメイジング・グレイス」を歌ってくれました。その声を聴いて、感動せずにはいられませんでした。


そういうことで、このコンサートを開くこととなったのです。

2010-11-18%20034.jpg

武生できちんとコンサートをするのは今日が初めてだそうで、絵利菜さんも喜んでおられました。

ありがとうございました。


2010-11-18%20036.jpg

絵利菜さんをよく知る方もコンサートに来ておられて、「よかったねー!またこれからも頑張ってね!」と抱き合われてました。

すごく感動的な瞬間でした。


今後ともご活躍、期待しております。そして応援しております。

2010年12月09日

秘密のお鍋de日本酒&ワイン会~料亭うおとめ~

12月8日に、料亭うおとめの冬季特別企画として、「秘密のお鍋de日本酒&ワイン会」を開催させていただきました!


定員20名のところ、17名様にご参加いただき、大変嬉しく思っております。

2010-12-08%20002.jpg


今日の掛け紙は、「一人より二人でつつく小春鍋」。

2010-12-08%20003.jpg

今回のテーマは、日本酒担当の久保田裕之さんとも相談して、お仕事を日々頑張って忙しくしていらっしゃる方々に、お鍋で「温かい心」になっていただき、「心が美味しい」状態にしていただけたらいいなーということで、「小春」をテーマにいたしました。

・冬ざれ=日々忙しい厳しい社会
・小春=うおとめでのお鍋のひととき

立冬を過ぎてからの春のようにあたたかい晴れた日の気分で、うおとめで過ごしていただけたらと思って、日本酒もワインも久保田さんとセレクトさせていただきました。

まずは、乾杯してスタートですが、乾杯のお酒は、「白岳仙 あらばしり」。


2010-12-08%20013.jpg

久保田酒店の久保田裕之さんが、お酒について説明してくださいます。


2010-12-08%20014.jpg

このお酒は酒造期間中、最初に滴り垂れてくる搾りたて新酒『あらばしり』をそのまま瓶に詰められたもの。生まれたてのピチピチ&フレッシュに弾ける新酒の状態のまま瓶に閉じ込められています。

ですので、まだ発泡していて、本当にピチピチです。アルコール度数も17~18度で高めです。

瓶の中の白い濁りの動きも目で楽しめます(^-^*)


2010-12-08%20004.jpg

本日の料理のメニュー。


2010-12-08%20006.jpg

師走の八寸。


2010-12-08%20021.jpg

お造り。


もちろん、久保田さんも席についていただき、料理も楽しんでいただきました。

2010-12-08%20026.jpg

せいこ蟹です♪


ワインの説明もさせていただきました。

「ワインの説明を紙に書かせていただきましたが、説明は読まなくていいです!まず飲んでいただいて、癒されてください!」

とお話させていただいたところ、「読まんでいいって言われたら、読んだわ!(笑)」でした。

2010-12-08%20034.jpg

さて、お待ちかねの「秘密のお鍋」登場!


2010-12-08%20036.jpg

「鍋にはこれを合わせてください!」と久保田さんは、梵の「ゴールド」の説明をされています。

2010-12-08%20037.jpg

さて、「秘密のお鍋」の正体ですが、料亭うおとめ三代目の「西本覚之助」が考案した鍋です。

白菜と豚肉のバター鍋」です!


空っぽのお鍋に、白菜・豚肉・バターを入れ、火をつけます。
水は使わず、加熱することによって白菜の水気とバターで調理します。


2010-12-08%20042.jpg

それを、黄身おろし(玉子の黄身を入れた大根おろし)で食べます!


「こんなお鍋、初めて!」と、みなさん喜んでくださっている様子でした。

どんどん、お肉も野菜も無くなっていきます。


2010-12-08%20057.jpg

鍋の後には、さっぱりと冷しうどんを。
オクラとなめこが入っていて、ねばねばです♪


2010-12-08%20059.jpg

季節の果物とシャーベット。


2010-12-08%20052.jpg

今日の日本酒とワインです♪


①白岳仙 純米吟醸
  奥越五百万石 あらばしり

②梵 ゴールド

③黒龍 純吟三十八号

④Cremant de Bourgogne Rose / Domaine Anne & Jean-Francois Delorme
 クレマンドブルゴーニュ ロゼ / ドメーヌ アンヌ&ジャン・フランソワ ドゥロルム

⑤2007 Pinot Noir / Uvavins
    ピノノワール / ウヴァヴァン
      (スイス・ファンダン・デュ・ヴァレー)

⑥2004 Chateau Comtesse de Laussac
 シャトーコンテスドローサック


久保田さんと打ち合わせしていて、久保田さんから出た言葉。

心が美味しい

心が美味しいって、ただお腹を膨らませるだけじゃなく、お食事を心から楽しんでいただくことだと思います。久保田さんとまたコラボして、皆様に「心が美味しい」と思っていただけるよう、また頑張りたいと思います。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!

また今後とも、多方面でご活躍をお祈りしています(^-^*)/

2013年02月04日

野菜が主役 旬の和会席の夕べ~野菜ソムリエ桐子さんをお迎えして~

昨日、『野菜が主役 旬の和会席の夕べ』を開催させていただきました。


2013-02-04%20001.jpg

野菜ソムリエの久保田桐子さんをお迎えして、旬の野菜を堪能していただく企画です。


2013-02-04%20002.jpg

掛け紙は、お料理にも登場する「ふきのとう」の句。

「ふきのたう出て天地(あまつち)の音を知る 花音」


2013-02-04%20005.jpg

野菜ソムリエの桐子さん。

カフェでの調理をされていてそれで野菜ソムリエの資格も取得されましたが、現在は鯖江の久保田酒店へ嫁がれ、酒屋さんのお仕事をされています。

ゆっくりとした優しい口調で、お野菜のことを説明していただきました。


2013-02-04%20006.jpg

そして、今回は脇役である日本酒のセレクトは、ご主人の久保田裕之さんです。


2013-02-04%20053.jpg

4種類のお酒をみなさまにお料理といっしょに味わっていただきました。


野菜を主役にした会席の夕べ、みなさま野菜についてとても熱く語り合っておられ、ゆっくりと楽しんでいただけました。ありがとうございました。

お料理は、こんな感じです。

2013-02-04%20013.jpg

かぶら蒸し


2013-02-04%20017.jpg

お造り

2013-02-04%20021.jpg

勝山水菜 こたけ スナックえんどう のポン酢あんかけ

2013-02-04%20023.jpg

海老芋 ふきのとう 雲丹ソース


2013-02-04%20030.jpg

紅芯大根の梅肉はさみ


2013-02-04%20035.jpg

大根 鴨ロース 桜あんかけ

2013-02-04%20037.jpg

若竹鍋


2013-02-04%20042.jpg

野菜のお寿司 白味噌汁

2013-02-04%20047.jpg

ビーツのシャーベット 黒豆

節分の開催日ということもあり、節分にちなんだお話を野菜ソムリエからおうかがいできました。

地元の野菜事情などもいろいろなお話も出て、野菜が主役のひとときを盛り上げてくださいまして、ありがとうございました。

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました(^-^*)

2013年07月05日

四季のある国に生まれた喜びを味わう『夏の旬を楽しむ会席の夕べ』~料亭うおとめ~

七夕も近づく昨日、料亭うおとめ特別企画、四季のある国に生まれた喜びを味わう『夏の旬を楽しむ会席の夕べ』を開催させていただきました。

今回は少人数でしたが、大勢でわーーー!って盛り上がるのではなく、こじんまりと静かにお料理とお酒を楽しんでいただくことができ、よかったと思います。


旬を楽しむ会席に、久保田酒店の久保田裕之氏の日本酒をセレクトいただいたお酒を4種類味わっていただきました。

2013-07-04%20002.jpg

俳句は、

「星の恋献杯をして閨に入る  花音」

です。七夕の日に織姫と彦星がめでたく会うことができることを願って献杯をしましょう。
という意味をこめて。そして、「閨(ねや)に入る」というのは寝床に入るということです。
「閨事(ねやごと)」とは男女の夜の営みのことを意味します。

その、献杯をしていただくお酒ですが、とても素敵な酒器でしていただきました。


2013-07-04%20003.jpg

「トリチュラ」という酒盃です。
逆円すい形の吹きガラスの杯に漆器の土台を組み合わせたセパレート式酒器です。

Tri Tura の詳細はこちら
http://www.tritura.biz/spec2.html

2013-07-04%20005.jpg

お酒を注ぐと漆の内側の絵柄が浮き出てゆれるので、お酒の席を演出してくれるのです。


2013-07-04%20006.jpg

こちらはピンクが浮き出てきて綺麗!


2013-07-04%20007.jpg

こちらの朱色のも、金色の花びら柄が浮き出てきます。


ひとしきり、この酒器でみなさま夢中になり、お腹がすいていることも忘れ、写真などを撮っておられました。美しいものを見るのは楽しいし、嬉しいものですね。


楽しんでいただいたお料理をご紹介します。


2013-07-04%20008.jpg

盛夏の一皿
(葉山葵が下に敷かれており、その上に夏野菜を盛り付け、ジュレがけに)

涼しさ、爽やかな一皿です。


2013-07-04%20012.jpg

新玉葱のスープ


2013-07-04%20015.jpg

お造り その1
  烏賊 生雲丹
  

2013-07-04%20021.jpg

お造り その2
  鳥貝 鯛 甘海老


2013-07-04%20022.jpg

甘鯛の焼きびたし


2013-07-04%20026.jpg

〆鯖 チコリ 酢味噌

2013-07-04%20030.jpg

牛味噌カツ


2013-07-04%20034.jpg

鮑 雷干し


2013-07-04%20039.jpg

ネバネバうどん
(オクラ、なめこ、山芋、めかぶ)


2013-07-04%20042.jpg

無花果 胡麻ソース


2013-07-04%20033.jpg

久保田さんのお酒の説明に、皆さん真剣に耳を傾けておられました。

2013-07-04%20045.jpg

本日のお酒たち。


・雪洞酒 緑・・・・・緑川酒造(新潟県)

・白岳仙 吟生・・・・・安本酒造(福井県福井市)

・黒龍 あどそ・・・・・黒龍酒造(福井県松岡町)

・越州 夏ほのか ゆず・・・・・朝日酒造(新潟県)


それぞれ、個性があり、美味しいお酒でした。

最後の「ゆず」は、ぐいぐいいってしまいそうで危険?!


ご参加くださった皆様、ありがとうございました(^-^*)

また美味しい旬を楽しむ機会を作りたいと思います。

About 料亭うおとめイベント

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「料亭うおとめイベント」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは料亭うおとめ もうひとつのワイン会です。

次のカテゴリは料亭うおとめワイン会です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35