メイン

絵画 アーカイブ

2013年06月06日

前壽則さんの絵画企画展『座観』~ギャラリー新~

鯖江商工会議所内にある、「ギャラリー新」で6月1日~9日まで開催されています、企画展『座観』に行ってきました。


2013-06-06%20001.jpg

画家の前壽則さんは、斬新な今までにないジャンルの絵画を手掛けられています。

プロフィールより・・・
表現方法としては、西洋の材料である油絵具に金箔、銀箔、和紙、膠など日本の伝統的素材を加えて、これまでにない新しい世界観を表そうと考えている。
 わび、さび、幽玄など日本文化の最深奥に流れている概念があるが、そういう概念を介さずに直接心を打ち貫く切実さを描きたい。ものの持つ本来の面目を。

前壽則さんのHP→http://futan.net/http://futan.net/
(エッセイもとてもおもしろいです)


こんな感じのとても幻想的な空間がそこにはありました。

2013-06-06%20002.jpg

こんな絵画展、初めてです。

畳に正座し、一つ一つゆっくりと観賞させていただきました。


2013-06-06%20003.jpg


前壽則さんとも少しお話させていただきました。

私   「どうして、草の一部分を切り取って描かれるのですか?」

前さん 「僕にはそれが手を挙げているように見える。その部分だけが光っているように見える。」

私   「そうなんですか・・・。こんな草の葉っぱが・・・。」

前さん 「それが僕自身なんです。僕は言葉ではうまく表現できないので、絵で表現したらこんななんです。」


とおっしゃっていました。
深いなぁ・・・・と思いました。そして、こんな作品に出来るのがすごいと思いました。


前さんに、「西本さんも、こんな俳句とかで表現できてすごいですね。」と言われたのですが、「いえいえ、そんなことないです。絵で表現できる方がすばらしいです。」とお答えしたところ、「ピアノが弾ける人にすごいねって言ってるのといっしょで、お互い様ですね。」と笑っておられました。


ますます、ご活躍されますことを、心よりお祈り申し上げます(^-^*)

About 絵画

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「絵画」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは各地のこだわり名産です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35