メイン

若女将の一日 アーカイブ

2005年03月16日

半年ぶりに・・・

ほぼ半年ぶりに、カットに行ってきました。着物を着ていると髪の毛はアップにするので頻繁に切ることはないのです。ショートヘアにしたなら一ヶ月に一度は行かなければいけないと思いますが、私はずーっと20年以上ロングですので、あまり美容院に足を運ばないので、美容院にとっていいお客さんではないようです。私が行く美容院は、とても居心地がよいです。というのは、美容院と理容院がいっしょになっているのです。去年リニューアルオープンされたのですが、美容院なのに顔そりやエステもしてくれるのです。私はあまり美容理容のことはわかりませんが、とても画期的なお店だそうです。美容と理容の免許は違うみたいでお互いをいっしょに同じお店で共存させるというのはあまりないみたいです。でも今日は「カット」「カラー」と「顔そり」「メイク」もしてもらって、とても気持ちよく、「耳掃除」も十何年ぶりにしてもらってこそばかったです。そのせいか、今日は耳がスカッと聞こえるようになりました。 春風や 頭も刈ると 軽くなる 節目の季節なので、ヘアースタイルを変える方が多いそうです。リフレッシュして明日からまたがんばります!!

2005年04月04日

子供達大喜び!杉田あきひろさん&オリタノボッタさん

4月2日、子供達が大喜びのお客様がいらっしゃいました。武生東高校吹奏楽部の定期演奏会のGESTが米米クラブのSAX担当「オリタ・ノボッタさん」と前NHKお母さんといっしょの歌のおにいさん「杉田あきひろさん」で、前日打ち合わせを兼ねたお食事にうおとめにいらっしゃいました。武生東高校吹奏楽部顧問の植田先生とごいっしょに来店されました。 歌のあきひろおにいさん 子供達は大喜びでした。私の主人(うおとめの若旦那)は武生東高校吹奏楽部のOBで、トランペットを吹いておりました。私は昨日日記で書いたようにクラリネットを吹いています。私は奈良の一条高校吹奏楽部のOBなのですが、一条高校吹奏楽部も春に定期演奏会をしています。おどろいたことに、一条高校の去年の定期演奏会のGESTが「オリタ・ノボッタさん」だったのです。オリタさんは「去年の今頃は一条高校のセミナーハウスで合宿してました」とおっしゃって、すごく懐かしく、そして日本は狭いなーと思いました。お二人とも吹奏楽好き(マニア)でびっくりしました。でも吹奏楽を愛していらっしゃって、子供達そして中高生にも吹奏楽の素晴らしさを教えてくださる方だと実感しました!! 武生東高校吹奏楽部 http://www.takefuhigashi-h.ed.jp/jpn/life/club/brass/BRASS1.htm 一条高校吹奏楽部 http://ichijo-hsb.s11.xrea.com/ オリタ・ノボッタ(織田浩司)さん公式サイト http://www.oritanobotta.com/ 杉田あきひろさんオフィシャルHP http://www.s-akihiro.com/info/ 杉田あきひろ&オリタ・ノボッタのコンビが、全国各地の地元の吹奏楽団の方々との交流を通じ「吹奏楽の素晴らしさ」更には「音楽と触れ合うことの楽しさ」を少しでも多くの方々に広めることを目的に全国で開催している“吹奏楽バンザイ!コンサート”。「コンサートに行きたいけど・・なかなか行けない・・でも吹奏楽とのコラボレーションを体感してみたい」そんな声にお応えして、この度“吹奏楽バンザイ!”が2004年12月にCDとして発売されました! http://www.s-akihiro.com/cd/

2005年04月12日

若女将1つ年とりました

今日は若女将の誕生日です。

ヘンなルールかと思われるかもしれませんが、(私も最初ふにおちなかった)

料亭うおとめでは「誕生日の人が皆さんに自分のバースデーを祝ってもらうために、ケーキを振舞います。」というルールになっています。

なので、祝ってほしくない人は別にケーキを買わずに何もしないのです。

 

cake


 


 


 


 


今年も自分でケーキを買って、皆さんに振舞いました。でも今日はお店がお休みでしたので、家族に祝ってもらいました。そして、お昼にお友達と越前蕎麦を食べに行って、そこで花束をいただきました。


それに、毎年覚えていてくれてありがとう!!なんですが、れいこおばさまにチューリップなどの春のお花の花束もらいました!


 


reiko


 


 


 


 


私にとっては血のつながりも何もない遠い親戚にあたるのだけれど、武生に嫁に来てから、話し相手になってくれたりいろいろお世話になったりしていて、私のことも覚えていてくれるおば様です。ありがとうございます!!


嬉しかったです!!


そして、もう一つプレゼントをもらいました。


手作りの肉まんです!nikuman


 


 


 


生地から全部手作りなんです。普通の主婦の奥様手作り!!一度作っていただいて食べたことがあって、「誕生日、何か作ろうか?」っていわれたので、「リクエストしてよい?・・・肉まんがいい!!♪」ってリクエストしてしまいました。それぐらい美味しいんです♪


美味です。

2005年05月08日

母の日

こんな時間でもう5月8日になってしまいました。

今日は母の日です。

「母の日は、20世紀の初め、アメリカのウェブスターという町で、亡き母の追悼会を開いた娘アンナが、母の大好きなカーネーションを集まった人々に贈り、母をしのびました。これが多くの人々の共感をよび、アメリカの議会で、5月の第2日曜日を母の日として守られることが決議されました。それから全世界の人々が、この日、母に感謝し、母のために祈るようになったのです。」だそうです。カーネーション

3歳の娘が一昨日、幼稚園から帰ってくると、「お母さん、いつもありがとう!」と、幼稚園で書いた絵がついた籠をプレゼントしてくれました。そんなことがあると、母になったのかなと実感します。この前まで赤ちゃんだった娘も、こんなことが言えるようになったのかと驚きと嬉しいのと、ちょっとうるっとしました。

母の日


  

 

2005年05月22日

若女将のお気に入り

私は最近、土曜日の夜は「エンタの神様」をたまたま見ています。

お気に入りは「レギュラー」さんです。

あの”あるある探検隊”のねたはとても共感でき、ある意味ほのぼのできます。

サザエさんやちびまるこちゃん的な視点で、「あー、あるある」と同感できるものがあって、いいなーと思います。

仕事や家庭の仕事が終わって一段落したときに、「悲しいニュース」や「事故のニュース」をテレビで見るよりそんな「レギュラー」さんのねたを聞くとなぜかほっとしてしまいます。

娘がそれのまねを最近よくします。

「消しゴム買ってもすぐなくす、はいっはいっはいはいはい!」と喜んで騒いでいます。

 

※福井のこの地域ではエンタの神様は土曜の深夜に放送されています。

2005年08月20日

母校の校友会に参加してきました

母校の校友会の福井支部総会が福井パレスホテルであり、それに参加させていただいてきました。


福鉄の武生新駅に5時20分集合ということでしたので、少し早めに行って切符を買って待っていました。武生の方はみんな福鉄のことを「電車」、JRのことを「汽車」といいます。その「電車」に乗るのが私は今日が初めてで、実はとてもドキドキしていました。5時27分発の急行で福井市内へ向かいました。電車


福鉄の車両♪ 


 実家のある奈良には路面電車が走っていなかったので、とても珍しく思うのです。


 


 60人くらい集まっての懇親会です。昭和23年卒の方から平成16年卒の方まですごい年齢層が集まっての食事会。


校友会


 


 


 


 


クラリネットを持っていきましたので、それも皆様にご披露&皆さんと思い出の歌を歌ったり、盛り上がりました♪


福井パレスホテル


 


 


 


 


年齢は離れていても、母校は同じですので、話題は学生時代の思い出話で花咲き、色んなお話も聞けました。


最後は●大節でみんなで輪を作ってまわり、そして校歌を歌って万歳!


貴重な会に参加させていただき、先人のお話を聞かせていただき、よい経験をさせていただきました。


ありがとうございました。


 


 http://www1.odn.ne.jp/~kindaikk/


 ------------------------------------------------------------


8月29日にわざわざこの校友会にお誘いいただいた方が写真を届けに来てくださいました。


クラリネットを吹いているのが私です

kouyukai

2005年09月07日

台風接近(14号)

今日は”台風14号”の接近に伴い、幼稚園もお休みになり、娘2人がずっとおうちに居ました。


娘:「台風が来るから、机の下にかくれなあかん!」


娘なりにも、台風が来たら大変だと感じていたようです。


幸いにもこの辺(武生)は風が少しきつかっただけで、一安心でした。

2005年12月14日

今日は大雪です

毎年、暖冬暖冬といわれていて12月にこんな大雪が降るなんて9割の人は思っていなかったと思います。昨日から今日にかけて本当によく降りました。


お昼に予約が入っていた1組が大阪から来れないということでキャンセルになりました。明日のお昼の予約も何ヶ月も前から「蟹を食べたい!」ということで予約をいただいていたのですが、電車が動いていないし帰りも帰れる保障ができないということでキャンセルになりました。


福井では昔はこんな雪は当たり前だったと思いますが、今の暖冬続きの気候にあららと大雪で、いろんな二次影響が出ています。


除雪も間に合っていないようで、ぼこぼこの道で無理やり走っている車もあります。屋根の雪下ろしをしていてなくなっている方もいるそうです。


みなさん、十分気をつけてください。一番大切なのは命ですので。

2006年01月01日

新年おめでとうパーティー!

お正月4


元日の夕方、友人がうちに寄り、あけましておめでとうディナーをしました。


いろいろと料理とお酒をもちよって・・・。


 


 


お正月5


 


新年にイタリアのフェラーリ(スプマンテ)で乾杯!!


今年もよい年になりますように・・・。


 


 


 


お正月


お正月1


 


 


 


 


お正月2


お正月3


 


 


 


 


お正月6


去年最後に越前港であがった蟹も堪能しました♪


 


 


 


 


 

2006年03月24日

お友達の送別会~料亭うおとめにて~

omoni9


娘の幼稚園で(母子共々)仲良くしていただいているお友達が3月で(ご主人の転勤)引越ししていかれることになりました。4月からは新しい幼稚園へ変わられることになりました。今までとても親しくしていただきました。その方は、とてもお料理好きで、みんなにレシピなどを作ってくれたり、実際に料理やお菓子を作っていただいたり、とてもまめにしていただきました。その方を囲んで、お母さんだけのお別れ会をしました。


どこのお店でお別れ会しましょうか?と聞いたところ、「うおとめで!」というたっての希望で、うちでやることになりました♪


o10


前菜。


 


 


 


omoni8


お造り。


 


 


 


omoni6


こちらは本柳葉魚(ししゃも)。


手前がメスで向こうがオスです。


オスは脂がのってておいしいです。


 


omoni5


白魚と若竹のお鍋。


 


 


 


omoni4


きれいに並んだてまり寿司♪


食べるのもったいないですね(笑)


 


 


omoni3


辛味大根おろしのぶっかけうどん。


実はこれは赤ワインにも合います!?


 


 


omoni2


 


そして、最後は果物。


 


 


集まったみんなで記念撮影!


omoni


omoni1 


 


 


 


遠くへ行っても、武生のこと、忘れないでくださいねー!!


そして今まで本当にお世話になり、ありがとうございました。

2006年04月03日

お呼ばれ♪~シェフのお宅へ~

ワインセラー


前々から、「自宅へぜひどうぞ♪」とお誘いをしていただいていたシェフ宅へ、今日お呼ばれになりました。


階段を上がると70本のワインセラー。見事に満でした。そして、お洒落な白のTVボードと収納。床は深いブラウンのフローリングで、とても落ち着きます。


50インチTV


 


 


 


 


メニュー


今日のためにメニューまで用意していただいてました(驚)


 


 


 


オレンジ


イタリアで買って来たという「オレンジ」が埋め込まれたお皿に盛られた、帆立貝とツブ貝のオレンジマリネ。


 


 


焼野菜と燻製


自家製生ベーコンと色々グリル野菜。


 


 


 


マスカルポーネイカスミパン


マスカルポーネのディップ、イカスミパンのカナッペ。


これはシェフのお得意なんですが、イカスミパンで食べると最高♪やみつきになります。


 


 


 


 


マグロカルパッチョ


マグロのカルパッチョ、3種のソースで。


真ん中の黒っぽいのは、ドライトマトを使ったソースで、主人がとても美味しいと絶賛していました。


 


 


へしこと蛍烏賊パスタ


蛍烏賊のペペロンチーノ、福井の香り。


この福井の香りっていうネーミングに込められたシェフのにくいところに感激でした。ペペロンチーノには、福井の特産のへしこ、そして勝山水菜が使われていました。


 


イベリコ豚


イベリコ豚のソテー、緑と黒のコントラスト。


その緑というのは菜の花をペーストにしたもの、黒はバルサミコ酢。食べてみないとわからない、見た目には想像できない、やさしい味です。


 


ちらし寿司


こちらは、シェフのお母様が作ってくださった「ちらし寿司」。うちの子供達のためにもポテトサラダも用意してくださっていました。さすが、子供達も大喜びで、おかわりしに行きました。本当にいたれりつくせりで、ありがとうございました。


 


ルロア


 


こちらのワインをいただきました♪


「こんなの開けていいの???」と思ったのですが、バカラのブルゴーニュグラスでいただくと、香りも味もとってもよく、「美味しい!!!」の感動でした。(だって、ルロワ’85 Nuits Saint Georges♪)


 


ほんとうに素敵なおもてなし、ありがとうございました!

2006年04月07日

入園式♪

nesk1


今日は下の娘の入園式でした。


9月から入園しているのですが、途中入園の園児も一緒に今日が揃っての入園式でした。


もう何年も前から園にいるかのように、貫禄が・・・。


歌も上手に歌っていました。でも久しぶり(春休み)の幼稚園で、少し甘えていました。


nesk


 


姉妹揃って、「ハイ、キムチ!」


キムチ!って言うと、笑顔になるそうです(笑)

2006年04月30日

一条高校吹奏楽部創部50周年♪

私の個人的な日常生活ですが、今日は母校の奈良市立一条高校吹奏楽部へ練習に行ってきました。今年、吹奏楽部は創部50周年という節目を迎え、それを記念して記念行事が行われます。5月5日には記念式典、5月6日は記念コンサートが予定されています。なんと、ゲスト指揮者に「ヤンヴァンデルロースト」が来日します!


その記念式典でOBバンドが結成されるとのことで、何年ぶりかに私も参加させていただこうと、今日はその練習に行ってまいりました。懐かしい顔もありましたが、50年の歴史はすごいですね・・・若いOBの方はほとんどわかりませんでした。そしてかなり年配の方もわかりませんでした・・・。


4歳の長女を連れて行きましたが、なぜか顧問の先生(みんなに怖い先生と言われている)になついて、「お茶目やね♪」と言われておりました。


http://ichijo-hsb.s11.xrea.com/50th/50th.html 50周年記念特設ページ


5月5日はOBバンドは総勢120名になるそうです。

2006年05月06日

一条高校創部50周年記念式典&同期(40期)生お食事会(菊水楼にて)♪

50周年


奈良市立一条高校吹奏楽部が今年、創部50周年を迎えます。5月5日、その記念式典が奈良文化会館国際ホールであり、行ってきました。OBバンドも参加してきました!久々だったけど、後輩とサウスランパートストリートパレードのクラリネットのソロも分担して吹いてきました(汗)


記念式典は一般の方は入場禁止で関係者のみでした。この50周年の記念にベルギーの「ヤンヴァンデルロースト氏」を招待し、指揮をしていただきました。なかなかこんな一高校の吹奏楽部に客演で来て頂けるような方ではないのですが、こころよく指揮もしていただけたそうです。(吹奏楽界では知らない人がいないほど有名です)


-------------------------------------------------------------------


そんなすばらしい式典を終え、40期生の同窓会を奈良市内にある「料亭菊水楼」でしました。


菊水楼 http://www.yadoya.com/yado/kansai/kikusuiro/kikusuiro.html


     http://www.nta.co.jp/yadonavi/yado/yado_detail.do?hsi=1&tc=6301&sic=120


50周年1


 


奈良で最も歴史の古い料亭旅館です。


 


 


 


 


 


50周年2


先付の上には掛紙が。


この絵はここの社長のお姉様が毎月描かれるそうで、月ごとに絵が変わるそうです。


とても季節感があります。


 


50周年3


 


小鉢は胡麻豆腐と生雲丹。


 


 


50周年4


 


椀物は蟹真丈。


 


 


50周年5


 


お造り。鯛・烏賊・鮪。


 


 


50周年6


 


八寸。笹の中身は御寿司でした。


初夏を思わせるガラスの器にもうっとり。


 


50周年7


 


焼き物は甘鯛(ぐじ)。松にささっているのは大黒寺納豆でした。アクセントになっています。


 


 


50周年8


 


白ワインをいただき、おしゃべりも絶好調!


 


 


 


 


50周年8


 


揚げ物。白魚のフライと海老の掻き揚げ。


 


 


50周年9


 


炊き合わせ。筍・麩・若布・新玉葱。


 


 


50周年10


 


筍御飯、赤出し、香の物。


 


 


50周年11


 


西瓜やブルーベリーなどのフルーツよせゼリー。


 


 


50周年12


関西に住んでいる人、県外に住んでいる人、海外に住んでいる人、久しぶりに再会しました。


同期生22人中、11人が集まり、楽しい会となりました。また2・3年後、集まりたいね!と言って解散しました。

2006年05月13日

母の日♪

日本で初めての母の日を祝う行事が行われたのは明治の末期頃で、1915年(大正4年)に教会で祝われ始め、徐々に一般に広まっていったと伝えられています。
昭和に入ると3月6日を母の日としていました。この日は当時の皇后の誕生日であったそうです。現在のようになったのは、戦後しばらくしてからだと言われています。
また、一般に広く知れ渡ったのは1937年(昭和12年)森永製菓が告知を始めたことをきっかけにするとも言われます。

 

--------------------------------------------------

 

今日、幼稚園で作った”母の日のプレゼント”を持って帰ってきてくれました。

おうちに帰って、下の娘が「いつも毎日、ありがとっ!」と言って、プレゼントを渡してくれました。こんな時は、「!なんて可愛いんだろう!!」って思うんです。

プレゼントしてくれたのは、エプロンでした。一人ひとり、お母さんの絵を描いてくれていました。

母として、これほど嬉しいことはありません。

毎年、幼稚園の先生の演出に感動しています♪

こちらこそ、あ・り・が・と!!です。母母1

2006年05月19日

母の会の講演会~幼稚園にて~

と今日は、幼稚園の母の会で、仁愛女子短期大学 谷出千代子先生が講演をしてくださいました。


テーマは、「子育て」再発見~親(大人)が目覚める子どもの本~


ということで、いくつかの本を紹介されていました。


まず、「とんぼとり」という、1994年に発行された長谷川集平さんの絵本です。男の子が3人登場しますが、2人は関西に住む普通の小学3~4年生の男の子、そして、一人は筑豊炭田からやってきた男の子。その男の子らがとんぼとりをします。いざとんぼを捕まえると2人の男の子は「かわいそうだから、逃がそう」と言うのですが、筑豊炭田からやってきた一人の男の子は「一度捕まえたものは絶対に逃がさんのが男たい!」と言い切るのです。先生がおっしゃるには、その子が育った環境がそうさせるのだとおっしゃっていました。


「うさこちゃんとどうぶつえん」(1964年)では、おとうさんの役割ということを教えていただきました。


お母さんの役割についてもたくさんの絵本を教えていただきました。お正月


駒形克己さんの「ぼく、うまれるよ!」(1999年)は、本当にお母さんにとって、いい本だなと思いました。


 


家族構成についても、この谷川俊太郎さんの「おばあちゃん」という絵本を通じて、教わりました。この本は、私の実家のおじいちゃんと重なり、とてもせつない気持ちになりました。


「生きる」という人間模様をていねいに伝える世界。という分野では、いもとようこさんの「しゅくだい」と、薫くみこさんの「あのときすきになったよ」を紹介していただき、これは、本当に心が打たれました。自分の幼い頃、小学生の頃を思い出し、子どもの立場になってみようと考え直しました。


いつも子供たちが寝るときに絵本を読んで寝ていましたが、最近できていなかったので、今日から一冊ずつでも読んで寝るようにします。

2006年06月07日

めもらい

昨日の朝、起きて鏡を見てびっくり・・・・・!!!!


なんと顔が、お岩さんのようになっていました。左まぶたが目の半分を埋め尽くすほど、脹れていて「なんて顔!!!」です。


これは・・・と思い、幼稚園に子供を送っていってから眼科へ行きました。いつも当店に来ていただいているお客様でもある先生に診ていただきました。


「おお、どうしたんや?」「先生、朝起きたらこんなになってたんです・・・」


「痛くもかゆくもないなら、めもらいやな。」「はい・・」「先生、今日はお客さんないんですけど、明日はあるんです。こんな顔やったら、美味しい料理もまずくなりますよね。」というと、先生は「じゃあ、眼帯もあげる」と言って、眼帯いただいて帰りました。


おかげさまで脹れは引いて、今日のお客様には、「めもらい」を気づかれませんでした。ひやひやでした・・・・。(汗)

2006年09月15日

キョーセー㈱五十川典夫会長 社葬

今日、越前市文化センターでキョーセー㈱五十川典夫会長の社葬が行われ、お別れに行ってきました。


五十川会長は、8月25日に享年72歳で亡くなられました。勝山市でお生まれになりましたが、近畿大学卒業後、フクビ化学、ハッポー化学を経てキョーセー㈱の代表取締役として24年間大変な功績を残され、社長から会長になられ、最近、物流センターを新規に設けられるなど、これからもご活躍されると思っている矢先の思いがけない訃報でした。7月21日には、ある会にて当料亭うおとめにもお顔を見せていただきました。今考えてみると、いつもの厳しさはなく、その時に「いつもすまんなー。ありがとう。」などと、いつも言われない言葉をおっしゃっていたのが思い出されます。


商工会議所の副会頭などの役職などもされており、色々な会合でも来店いただきましたが、たまたま小座敷での会話中のことです。「あんたは、どこの出身や?」と問われました。「奈良です。」と答えると、五十川会長は、「ああ、僕は学生時代に近鉄電車で長瀬から布施で乗り換えて、奈良までよく通った思い出がある。奈良女子大に彼女がいたんだよ。」とおっしゃいました。それで、私も、「私も学生のとき、奈良から近鉄電車で布施で乗り換えて、長瀬まで通っていましたよ!」と言うと、五十川会長は、おもむろに、


♪こーこは浪速か 大阪街かー・・・と歌いだされました。


♪大阪街なら 大学は近畿・・・と私がそれに合わせて歌うと、


「そうかそうか、後輩か!!」と言ってそれをきっかけに、とても料亭うおとめをご贔屓にしていただきました。


そのやりとりは、今も明確に覚えております。そして、それがご縁で五十川会長の「古希(70歳)のお祝の式典」も料亭うおとめでしていただきました。ありがとうございました。年はだいぶん違いますが、同じ近大出身、そして野球部だったという五十川会長、私と主人は野球部の応援にも行く吹奏楽部でしたので、古希のお祝いに何か会長にできないかと思い、近畿大学吹奏楽部のOBを集めてその式典の時にバンドを結成しました。派手なお祭り大好きな五十川会長の古希のパーティーを盛り上げようと、有志でメンバーを集めました。古希の式典の時には、近畿大学の校歌や近大節、応援歌、翠らん節などを演奏&合唱し、大変盛り上がりました。


キョーセー㈱を中心とする越前市などに在住する近大校友会のメンバーの方といっしょに、近畿大学校友会福井支部の会合にもいっしょに出席させていただくこともありました。「あんた、楽器持っておいでや♪」と会長は嬉しそうにおっしゃっていました。あの笑顔が私は大好きでした。


もうその笑顔が見れないのがとても淋しいです。今日の社葬での大きい写真、今にも何か話しかけてきそうなお顔でした。今日は社葬に1000人以上の方がこられていましたが、いつまでも皆さんの心の中に会長の一つ一つの言葉などが残っていることと思います。

2006年11月13日

幼稚園のバザーのお疲れ様会~天鶴にて~

tenturu


今日は、幼稚園のバザーのお疲れ様会でした。


「天鶴」さんの2階のお座敷でありました。


 


 


 


 


 


tenturu


 


 


初めてよせていただきました。


 


 


 


 


tenturu2


 


 


 


 


tenturu3


 


 


 


 


天ぷらがメインのランチをいただきました。


tenturu5


tenturu6


海老のお頭つきの茶碗蒸しもあつあつで美味しかったです♪


 


 


お母さん方と色々とお話をして、楽しいひとときでした。

幼稚園のバザーのお疲れ様会~天鶴にて~

tenturu


今日は、幼稚園のバザーのお疲れ様会でした。


「天鶴」さんの2階のお座敷でありました。


 


 


 


 


 


tenturu


 


 


初めてよせていただきました。


 


 


 


 


tenturu2


 


 


 


 


tenturu3


 


 


 


 


天ぷらがメインのランチをいただきました。


tenturu5


tenturu6


海老のお頭つきの茶碗蒸しもあつあつで美味しかったです♪


 


 


お母さん方と色々とお話をして、楽しいひとときでした。

2006年11月28日

婦人画報ダンフミ茶会~吉兆嵐山店にて

京都の嵐山へ、秋の茶事に行ってまいりました。


婦人画報という月刊誌を定期購読しているのですが、毎月「壇ふみの茶の湯はじめ」という記事があります。その最終回として、壇ふみさんが亭主を務める「ダンフミ茶会」が吉兆嵐山本店でお茶事をすることになり、読者をご招待するというのです。それに友人(女性2人一組で応募が条件)と応募したところ、なんと信じられないことに選ばれてしまい、そのお茶会が昨日だったのです。


ki1


この季節の京都は混雑するので、京都駅からタクシーで四条大宮まで行き、そこから通称「らんでん」京福電車で、嵐山まで行きました。


嵐山駅では、足湯が無料でできます。もちろん今回はやりませんでしたが・・・(笑)


ki2


レトロな趣きがある京福電車。


 


 


 


ki3


嵐山渡月橋。あいにくの雨でした。


山の紅葉もすこしぼやっとした感じですが、それがまた味があっていいのかもしれません。雨の嵐山でした。


 


ki4


 


吉兆まで行く途中の小督庵。この時は閉まっていました。


 


 


 


 


ki5


嵐山の右岸からみる景色。


 


 


 


 


ki6


さて、目的の吉兆へやってきました。


 


 


 


ki6


紅葉がきれいです。


 


 


 


ki7


吉兆の門の前で、記念撮影。


 


 


 


ki8


 


吉兆さんは、創業者が湯木貞一さんの高級料亭です。


以前から行きたいと思っていたお店です。本当に夢のようです。


吉兆嵐山店http://www.kitcho.com/kyoto/tenpo/arasiyama.htm


 


ki10


 


 


 


ki11


 



 


 


 


まずは、待合へ案内され身支度を整えました。


そして、腰掛待合へ。


ki13


ki12


 


 


 


 


腰掛待合からの眺め。嵐山の借景と庭の木立がとても趣があります。雨が降った後の桜の木の枝の先に水滴がたまり、まるで水晶がぶら下がっているようになっており、電飾のツリーのようでした。


ki15


 


雨が降ったり止んだりなので、露地傘も用意してありました。雨なので露地草履の代わりに露地下駄も用意されていました。


お茶事中は、本当に浮世から離れ、夢の世界に。


壇ふみさんの亭主のお茶事は、至福のひとときでした。吉兆さんのお料理にも感動しました。そして勉強になりました。お菓子は、末富さんのお菓子。


最初で最後になると思いますが、素晴らしい経験をさせていただきました。


本当に、壇ふみさん、婦人画報社さん、ありがとうございました。


そして、お正客の老師様、お世話になりまして、ありがとうございました。


昨日のこのお茶事の記事は、婦人画報3月号(2月7日発売)に掲載されるそうです。ぜひ、ご覧ください。


 


ki16


壇ふみさんと写真を撮らせていただきました♪


本当にうっとりする綺麗な方でした。

2006年12月24日

本場のさつま揚げいただきました♪

さつまあげ


ある方より、鹿児島県いちき串木野市の日高水産加工とういう会社のさつま揚げをいただきました。


大きくてとても美味しそうなキツネ色をしています。


豆腐入りって書いてありました。中はとてもふわふわでちょっと甘口ですが、食べ応えたっぷりのさつま揚げでした。めずらしいものをありがとうございました!!


さつまあげ2


さつまあげ1


 


 


 


 


http://www.city.ichikikushikino.lg.jp/ 鹿児島県いちき串木野市のHP

2006年12月31日

NEW スケジュール帳

sj


今年もいよいよ今日で終わりになりました。


今年は、私にとって素晴らしい1年でした。


色々な経験をさせていただきました。


本当に有意義で勉強になる年でした。


そんな境遇に巡り合えたことを心から感謝したいと思います。


私の2007年の新しい手帳です。


いつもこの某婦人画報の付録を愛用しています。


 


sjここ最近のスケジュール帳です。


毎年、使っていると、表紙の金色の文字が消えてしまいます。色で見分けますが・・・。


でも、これが一番慣れていて使いやすいのです。


また、来年一年お世話になるスケジュール帳、よろしくお願いします!!


いっぱい、予約が入りますように!!!(願)

2007年05月05日

福井愛育病院へ~車窓のつつじまつり:西山公園(鯖江)~

ここ2年くらい熱を出してなかった長女が、5月1日から熱を出し、5月3日の夜に福井愛育病院の時間外診察で診ていただいたのですが、まだ今日も熱が下がらず、午前中に行って来ました。いつも混んでいるので、少しでも早くスムーズに診察してもらいたいと思って、私はいつもメモを書いていきます。


大体聞かれることは、「いつから熱が出たか?」とか「下痢はしているか?」、などですので、熱がいつ何度あったかなどをメモで渡します。先生にも正確に伝わると思いますので。


memo


今日はゴールデンウィークの中で、唯一午前中だけ診察している日でしたので、大変な混雑ぶりでした。10時ごろに病院に受付して、薬をもらって帰ろうと車に乗ったのは12時15分でした。


とんだ子供の日になってしまいました;


 


病院の帰りに通った西山公園。つつじまつりで賑わっていました。


残念ながら車窓で・・・・。


tutuji


tutuji


 

2007年05月13日

母の日に・・・・

haha


今日は「母の日」でした。


母の日なので、家族で唯一(娘らは除いて)母ではない義妹が、夕食を作ってくれました♪ありがとう♪


 


リクエストに答えて、ピザを作ってくれました。


義妹は、一応?調理師の免許も持っています。


美味しそうなピザが出来上がりました。やっぱり人に作ってもらうのって美味しかったです。


 


haha


haha


 


 


 


 


そして、これも!鶏のササミを梅肉と大葉入り春巻きにしたもの。


haha


美味しかったです。


毎週母の日が来るといいのに・・(笑)

2007年06月21日

happy birthday!

Happy Birthday!二女の誕生日をしました。


写真のバックが悪いのですが・・・そう、調理場の冷蔵庫の前です。ここでいつもご飯を食べているので、バックも冷蔵庫になってしまいました(涙)


娘が大きくなって写真を見ることを考えて、「まあ、ありのままを写しておけばいいか・・・」と思いました。「ここでご飯食べてたんだよ」って。


hana


 


 


 


 


 


 


 


hana


早いもので、もう4歳です。


大きくなったら、何になりたいの?


って聞いたら、「ママ!」って言ってました。


どういう意味だろう???

2007年07月20日

システムキュール~クープティフあんりゅう~

半年以上ぶりにパーマをかけに行きました。いつも「クープティフあんりゅう」というお店でやってもらっています。


私のパーマは、「システムキュール」というのでやってもらっています。システムキュールというのは、初厚生省認可のデジタルパーマのシステムです。


ビューティーコロシアムというTV番組でも有名な、南青山にあるapishという美容室の坂巻哲也さんと、資生堂プロフェッショナルが共同開発したシステムだそうです。


坂巻哲也さんは、1998年原宿に「apish」を設立。美容の原点と考えるサロンワークを中心に、ヘアショー、ティーチングセミナー、一般業界誌の撮影を行っています。そのかたわら、薬剤の研究開発にもたずさわり、活動の場を広げています。デザインコンセプトである、きれいでかわいい「きれかわ」は、apishの考える女性の最上級を意味しているのです。ステップカット、カービングカット等、オリジナルテクニックにより、いきすぎないパーソナルヘアを提案し続けています。


私もこのシステムキュールは、3回目です。普通のパーマよりも取れにくく、セットが楽なんですよ。そして、カールがいい感じなんです。


pama


 


結構時間はかかります。最初、髪の診断から始まり、プレシャンプー、髪の毛が痛まないような液をつけたり、その前処理をしてから、カーラーを巻いていき、液をつけてカーラーに電気を流していきます。


 


 


 


 


 


 


pama


 


 


 


これがカーラーに差し込んでいるプラグです。


 


 


 


 


 


pama


 


 


すごい光景でしょう?!


脳の検査みたいです(笑)


 


 


 


 


 


pama


 


 


後ろから見た頭です;


クープティフあんりゅうのマネージャーけいちゃんは、「パーマは右が難しいんです。」とおっしゃってました。「なんで?」と聞くと、地球の自転と関係していて、人間の髪の毛も自転と同じようにらせん状にぐるぐるしているそうで、その向きと逆らってパーマをかけるので、右側がどうしてもかかりにくかったりで難しいとおっしゃてました。


「なるほど・・・」とパーマも奥が深いのね・・と思いました。


 


出来上がりは非常に満足♪ 頭も軽くなっていい感じです。


クープティフあんりゅう http://anryu.cfb.jp/

2007年08月11日

千葉から友人が来てくれました♪

千葉から大学(吹奏楽部)の時の同期と後輩が遊びに来てくれました。


chiba


真ん中が同級生で、左がその奥様で私の後輩でもあります。


奥様が奈良出身で、里帰りのついでにうちにも寄ってくれました。


めちゃくちゃ久しぶりでしたが、全然変わっていませんでした。まだ楽器も続けているということで、尊敬です。いろいろな話をしましたが、来年同窓会をしてくれるということで、とても楽しみです。


お盆ということで、東名・名神も渋滞だったそうですが、北陸道はすいすいだったようです(汗)


みんなが遊びに来てくれて、本当に嬉しいです♪また来てねぇー!

2007年10月16日

遠足が延期に・・・エンゼルランド(福井県児童科学館)休館

エンゼルランド(福井県児童科学館)が耐震偽造の疑惑で休館になり、10月24日に予定されていた幼稚園の遠足が延期になりました。


子供達も楽しみにしていました。とても残念です。


エンゼルランドの過去の記事 http://blog.livedoor.jp/mksh9353/archives/50603987.html

2007年12月07日

ホームパーティーinMさん家にて

4夫婦+うちの姫2人の8人が集まり、Mさんのお宅にてホームパーティーをしました♪
ちょっと早いクリスマスパーティーということで・・・・。

P1060683.JPG
料理担当は、主人とシェフです。あまり打合せなしにライブで(?)


P1060684.JPG
こちらは帆立のマヨネーズソース


P1060686.JPG
穴子の白焼き わさびと酢橘で。


P1060685.JPG
パンは加賀市のcafeアレコレさんのパン。


P1060687.JPG
鮪の漬けとトマト・オクラ・山芋の和え物。


P1060688.JPG
甘鯛(ぐじ)の鱗焼き 青葱ソースで。


P1060689.JPG
お肉料理は グリルしたお肉と蕪、苺を添えてバルサミコソースと。この蕪はMさんの自家菜園のもの。


P1060691.JPG
こちらは、越前せいこ蟹と温泉卵をあつあつで♪ これ、めちゃくちゃ美味しかったです。ご飯にかけてもよさそう♪


P1060692.JPG
そして、Mさんの自家製パスタの準備が・・・・。


P1060693.JPG
出来上がり!!へしことブラックオリーブのパスタです。アツアツ最高です。


P1060695.JPG
こちらはいくらをストレートグラスで。赤ワインはいくらと合うというのを試しました。


P1060696.JPG
そして、またパスタ!先ほどとソースは同じで、パスタは蕎麦のパスタです。

P1060698.JPG
これは、烏賊のストロベリーソース。主人とシェフの使う食材で苺が重なってしまい、「打合せ不足だった」と反省していました。みんなで、「そんなことない!”very much”じゃなくて”berry much”だよ!」と笑いました。

P1060699.JPG
豚のグリル カレーベースのトロピカルソースで。
これがコンドリュー(ローヌのヴィオニエ100%の白ワイン)とすごく合いました。

P1060704.JPG
いろいろとまた、カリフォルニアワインも登場。フランシスコッポラワイナリー、そして、Bacio Divinoというカベルネソーヴィニヨン主体の赤ワインも。Bacio Divino とは、神のキスということだそうです。

P1060709.JPG
そして、イタリアワインも次々と。ロッソ・デ・モンタルチーノ。

P1060710.JPG
チーズ。

P1060711.JPG
紅芯大根に味噌をはさんで。


P1060712.JPG
即席浅漬け?

P1060714.JPG
なんと、日本酒も出てきました。わけがわからなくなってきました(汗)
もうみんなかなり酔ってます。

P1060716.JPG

P1060733.JPG
みなさんで、撮影。いい感じのよっぱらいです♪

P1060748.JPG
そして、デザートに「お豆腐にブルーベリージャム」さっぱりと、美味しい。

P1060750.JPG
そして、〆にエスプレッソを入れてくださいました。

P1060751.JPG
その上、グラッパまで!!!

すごいお料理とワインやお酒のパレードでした。みんなで色んな話で盛り上がっちゃいました。

本当に楽しいひとときをありがとうございました!

2007年12月24日

近吹の集まり in お台場

昨日、東京まで飛行機で日帰りしてきました。日帰りというかほんとに「とんぼ返り」でした。
大学時代の吹奏楽部の集まりに行ってきました。

幹事をしてくれたのは、学生指揮だったかずとくん。
お台場のヴィーナスフォートのイタリアンレストランでみんなで食事しながら盛り上がりました!

P1060835.JPG

同じクラリネットパートのRikaちゃん!私の結婚式以来の再会です。全然変わってない!

P1060822.JPG

幹事のかずとくんは誕生日が近いので、みんなからサプライズのプレゼント!
手作りクス玉で「おめでとう!!」

P1060825.JPG

みんな変わってなくて、学生のときの延長みたいでした。

P1060830.JPG

レストランの方に頼んで、デザートプレートにハッピーバースデーを書いてもらいましたが、「かずと」ではなく「Kazuki(かずき)」になってて、残念(。・ε・。)

違う意味でサプライズでした(笑)

P1060829.JPG

2008年02月04日

東京の男爵様 福井に御成り~!

先日、私が京都で勤めていた会社の社長と、その会社のお得意さまである東京の会社の方が、わざわざ武生まで料亭うおとめにお食事に来てくださいました。
しかも、私もその宴席に一員としてお呼ばれさせていただきました。ありがとうございます。

東京の男爵様は、「牡蠣」と「椎茸」がお嫌いとのことで、その日の会席料理の献立は、

『法螺吹き男爵様 御来福記念 牡蠣と椎茸避け会席』

と名づけ、会席コースにしました(笑)

京都の社長とはお会いするのは1年ぶりくらいでしたが、男爵様とは丸々8年ぶり。
間接的な上司である男爵様に、8年間の成長ぶりを見ていただこうと思っていましたが、ついつい本音が出てしまい、「毒舌kumiko」と言われてしまいました(笑)
もともと関西の方なので、お互いつっこみ合いをしないと寂しいのです(汗)

なので、会話の間じゅう、一瞬でも気は抜けません。緊張感でぴりぴり・・・・。

P1070147.JPG

P1070148.JPG

P1070149.JPG

P1070150.JPG

P1070151.JPG

P1070152.JPG

P1070153.JPG

そんな中、美味しいお料理とお酒で楽しく過ごさせていただきました。本当に楽しかった!

なんだか、8年前にタイムスリップしたみたいで、同窓会みたいでした。

2008年04月01日

先輩アルバイトS君卒業

昨日、8年間うおとめでアルバイトしてくれたS君が最後の日でした。

今日から社会人となり、意気揚々と入社式に臨んだことと思います。

こんなことを書いていいかどうかわかりませんが、お父さんを幼い頃に亡くし、お母さんと妹さんを支えてきたS君は、みんなから信頼される頼もしい存在でした。


そんなS君が、私宛に手紙をくれました。
可愛い便箋と封筒で、意外でした。ものすごーく嬉しかったです。

P1070794.JPG

私がお嫁に来る前からうおとめでバイトしているメンバーですので、私よりも先輩なんです。嫁に来た当初、色んなことを教えてもらいました。
わからないことだらけでモタモタしている私に優しく対応してくれました。今では私も慣れましたが、そういうアルバイトの存在は本当にありがたかったです。


うおとめから長年アルバイト功績表彰の「表彰状」を渡す表彰式をして、花とプレゼントを渡しました。みんなに見守られてS君がひとこと、「うおとめで色んなことを経験して、成長できたと思います。」と言ってくれました。みんなの拍手が調理場に響きました。


私も、昨日S君に手紙を渡しました。その一部です。

8年間、料亭うおとめのアルバイト、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
S君は、うおとめにとってかけがえのない存在となっています。
何も言わなくてもあうんの呼吸で次にやる仕事を見つけ、すーっとこなしていましたね。色々なことに対して、臨機応変に対応してくれていましたね。お客様が、理不尽なことで言い争っていたとき、ものすごい正義感で闘ってくれましたね。
娘二人の面倒を見てくれてました。本当に感謝しています。花火をしてもらったり、料亭ごっこなんていうこともしてもらいましたね。S君は、私たちだけでなく、アルバイトパートのみんなから愛され信頼される存在でしたよ。それは、個人個人が感じていると思います。
これから社会人になっても、今まで通り、信頼される存在でいてください。
本当にありがとうございました。

2008年04月12日

毎年♪嬉しいプレゼント

毎年やってくる(今ではもうやってこない方がいいのかも・・・)のですが、今日は若女将の誕生日でした。

毎年、伯母(主人の母の義姉)が素敵な花束をくれます。

image0000102%20004.jpg

畑をしていて、その畑に植えている花を、盛り合わせ花束にして、軽トラで毎年私の誕生日に届けてくれるのです!

「私の誕生日、毎年覚えててくれてるの、※※おばちゃんだけやわ♪」

本当に嬉しいです。テレビの横に飾りました(嬉し!ルンルン)

花屋さんで買ってくる花束よりも、心がこもっていて、そして誕生日を覚えててくれて、本当にありがとうございます!

また、明日から頑張りまーす!

2008年04月29日

花山椒しゃぶしゃぶ~Y先生のお宅にて~その1

私のワインの先生、Y先生のおうちで 「花山椒しゃぶしゃぶ de ワイン会」をしました。

先生のご友人曰く、「和久傳時代の幸村さんが考えた花山椒しゃぶしゃぶ、年一回これを食べないと春が来ない」というしゃぶしゃぶを、ぜひ食べてみたいということで、花山椒のある4月中に企画しました。


P1080156.JPG

花山椒としゃぶしゃぶ鍋。

P1080157.JPG

そして、今日のメインはこのスピーカーのお披露目♪
先生はオーディオも大好きで、すごーくマニアックな機材(聞いたこともないメーカー)がいっぱいです。
(本当は2本セットでしか売ってくれないスピーカーを、無理言って3本売ってもらったとおっしゃってました)

お披露目の曲は、Mさんリクエストの『ドボルザークの交響曲第8番』~♪~♪~♪


P1080163.JPG

「先生、何か料理用に白ワインをいただけますか?」とお願いして出てきたのが、これ(汗)!

P1080160.JPG

Peter Michael "Cuvee Indegene"


先生が「花山椒しゃぶしゃぶ」に合うワインをと、何本かセラーから出してこられました。

P1080164.JPG


さて、どのワインが空くのでしょうか???


まずは、シャンパーニュで乾杯を。

P1080167.JPG

Paul Bara Cuvée Brut Réserve / ポール・バラ キュヴェ・ブリュット・レゼルヴ


P1080168.JPG

みんなでカンパーイ!!


P1080169.JPG

ハム、サラミと茸のマリネ。


P1080171.JPG

ホワイトアスパラと帆立のサラダ。ホワイトアスパラは長野産。トマトはとっても甘い高知のトマト。


P1080173.JPG

そして、次は以前もご紹介しました”いさざ(シロウオ)”です。

まずは、動画でお楽しみください。


そして、網ですくってお酢に・・・・・。  ・・・あ、逃げました(汗)

P1080178.JPG


P1080179.JPG

生姜入りのお酢につけていただきます。触感はぷちっとしてます。味はほとんどありません。

あー、ちょっとかわいそうですが、これも春の風物詩・・・・。

P1080188.JPG

鮑のステーキです。


P1080191.JPG

こちらは、Mさんの自家畑の野生三つ葉の胡麻和え。野生の三つ葉は葉っぱが硬すぎて、これは茎だけ使われているそうです。


P1080193.JPG

これもMさんの手作り。浅葱の根元と烏賊の和え物。すごーく美味しいです。


P1080195.JPG

先ほどの料理用として開けた「ピーターマイケル」も勿論いただきました。そして、2番目の白ワインが。ロワールのシュナンブラン、AOCサヴィニエールです。

Savennières Trie Spéciale 1995 サヴニエール・トリ・スペシャル
/Domaine des Baumard ドメーヌ・デ・ボマール

ボマール家は近年までブドウ栽培中心の苗木業者として生計を立てていましたが、1953年にカール・ド・ショームを購入、ワイン生産者としてドメーヌを発展させてきました。現在では、ロワール地方のグラン・クリュと呼ぶに相応しいカール・ド・ショームで最高の生産者としてボマールが挙げられるほどの名声を得ています。

さてさて、まだまだ前半戦・・・・・・・・・・・・どんなワインが出てくるのでしょうか?(その2へ続く)

2008年08月04日

ホームパーティー!in鯖江

先日、鯖江市のお宅でホームパーティーがあり、お邪魔してきました(^-^)

P1020061.JPG


P1020062.JPG

テーブルにお皿を並べたり、お箸を並べたり。
子供たちの中で一番年上のお姉さん、さすがです。


P1020063.JPG

厨房ではちゃくちゃくと料理の準備が・・・。


P1020073.JPG

みんなでかんぱーい!


P1020066.JPG

ささげのおひたし。
これはこちらの自家畑で作られたものです。


P1020067.JPG

松茸と鮑の卵とじ


P1020068.JPG

こちらのお宅の自家製サーモン。


P1020069.JPG

鮎の風干しと独活の酢の物。


P1020070.JPG

かますと穴子のサラダ風。


P1020071.JPG

鮪の酢味噌。


P1020074.JPG

トマトパスタ!
なんと、ここのご主人の手作り自家製パスタです。そして、ソースは奥様が担当。
とっても美味しい!


P1020077.JPG

イカスミのパスタ。パスタが真っ黒です!
この真っ黒の色は、モンゴ烏賊でないと出ない漆黒色だそうです。他の烏賊だと薄い色になるそうです。
このパスタも自家製で、ソースも奥様担当。すっごく美味しかったです。


P1020079.JPG

ちょっと遅れて福井のフレンチのお店、「イルヴァビアン」の熊谷シェフ夫妻も来られ、参戦!


P1020081.JPG

自家製リエット。


P1020082.JPG

フォアグラのリエット。


P1020083.JPG

んー!?言葉が出ません♪♪♪♪


P1020087.JPG

こちらはテリーヌ。


P1020088.JPG

ピクルスいろいろ。


P1020091.JPG

イベリコ豚のグラタン。
サフランとペルノー(アニスリキュール)で独特の味と香りでした。


P1020092.JPG

パン。


P1020093.JPG

ブレス鶏のソテー。


P1020094.JPG


P1020097.JPG

熊谷シェフの奥様はパティシエなので、ケーキを作ってきていただきました!


P1020098.JPG


P1020099.JPG

美味しそう♪


P1020102.JPG

これまた自家製で、桃とパスタのデザートパスタ。
え?!パスタと桃?!ですが、合うんですね。


P1020103.JPG

ズッキーニのケーキも、こちらのお宅で採れたものをケーキにされました。
何度も失敗されたそうですが、何度も試みて完成されたケーキです。


P1020104.JPG

青梅のシャーベット。


P1020105.JPG

そしてこれがものすごく合いました。桃のデザートパスタと苺のフリザンテ。

P1020106.JPG

チョコレートケーキ。


飲ませていただいたワイン達です!

P1020060.JPG


P1020078.JPG

Regginano Lambrusco


P1020084.JPG

Cannonau di Sardegna 2002
カンノナウ種というぶどう品種のワイン。サルディーニャ島のワインです。


P1020095.JPG

Rosso Di Montalcino 1999


P1020096.JPG

長城干紅葡萄酒 中国のワインです。


P1020107.JPG

キャンティ 2001


P1020109.JPG


P1020108.JPG

バローロのグラッパ


子供たちも仲良くなり、はじけていました。
お騒がせした上に、たくさんワインやお料理を、本当にありがとうございました!

2008年09月26日

2008たけふ菊人形 おもてなし隊 研修会 の講師をしてきました

9月24日・26日の2日間、越前市観光振興課さまからの依頼で、「おもてなし研修会」の講師をさせていただきました。

今年の6月に「王朝の旅~紫式部と武生~」というツアーランドさん主催のツアーがあり、それがきっかけで、講師のお話をいただいたのです。


ツアー募集の記事
http://www.okami-kumiko.com/2008/03/from_1.html


ツアーの様子
http://www.okami-kumiko.com/2008/06/by_2.html


私はいつも接客していて、人と会話はしていますが、大勢の人の前で一人でしゃべる講師ということをするのは生まれて初めてで、最初はお断りしようかなと思っていました。でも、お受けしてよかったです。これを機会に自分のおもてなしに対する心構えも見直すことができ、リピーターになっていただけるにはどうすればいいかということを、自分の中で整理ができ、今後のお店でのおもてなしにも活かせることができると思いました。

講義の時間は2時間で、初めての私にそんなにも長い時間、一人で話をするのは無理!と思いましたので、研修を受けていただくみなさんにも参加していただくことを考えました。

P1020750.JPG

この紙とマジックだけを使って、自分を表現していただきました。
おもてなしは、サービスに心があるものだと思います。
そのおもてなしをするということは、人と人がコミュニケーションをするということです。
コミュニケーションには、自己表現力が不可欠で、自分を表現できるということは、相手の立場に立ってものを考えられるということだと思います。ですので、一人一人それぞれの色んなおもてなしができると思うのです。

おとついも今日も各30人位の方に自己表現をしていただきましたが、本当に素晴らしかったです。
みなさん様々な個性がありました。

その一人一人の個性を活かして、おもてなし隊に臨んでいただけたら、本当に嬉しいです。

きっとたけふ菊人形では素晴らしいおもてなしをしていただけると思います。

たけふ菊人形開催中、土日祝に黒い法被を着た「おもてなし隊」が観光客の皆様に対応させていただきます!

ぜひ、たけふ菊人形に足を運んでいただき、おもてなし隊と交流してみてください!

2009年03月16日

Tokyo番外編

旅行会社勤務時代にお世話になった(というかいっしょによくスキーに行った)ラーニングバリューのKさんといっしょに銀座寿司幸へ行きました。

寿司幸さんのお寿司はやっぱり美味しかったです。話すのに忙しくて写真は一切撮っていません(涙)。
でも、福井から来たということで、「江戸前のお寿司」をとかなり気を遣ってくださいました。ありがたいことです。


寿司幸さんでお腹いっぱいでしたが、主人に「絶対に勉強になるから行って来い。」と言われた『銀座大野』さんへ。

20090311%20045.jpg


まずシャンパンをいただきました。お通しと。

20090311%20046.jpg


ご主人に「すみません、主人に絶対行けと言われたので・・・・お腹いっぱいなんですけど・・・・」とご無理を言いました。お腹いっぱいで来るようなお店ではないと思います。本当に申し訳ないです。
そんな無理な客にもご主人は、「いいんですよ!なんかおつまみ程度でご用意しますよ。」とこころよく対応してくださいます。

20090311%20047.jpg


そして、出してくださったのが、フォアグラ!3種類の食べ方。
上から、
●白味噌につけたもの
●八丁味噌につけたもの
●鰹につけたもの
です。鰹のやつには塩を少しかけてくださいとのこと。

20090311%20048.jpg


そして、ゆっくりとグラスでワインを何種類かいただきました。

20090311%20049.jpg


白も。

20090311%20050.jpg


美味しいです。

20090311%20051.jpg


本当にゆっくりとワインをいただいて、フォアグラもゆっーくりとちびちびいただいていました。
そのちびちびいただいていたフォアグラになんと変化が!!!
最初はカチカチだったのが、最後のほうにはバターのとろけたように柔らかくなっていて、その変化が面白い!ワインも変化しますが、フォアグラも変化していって、奥の深い飲物と食べ物に感動していました。

大野さん、ありがとうございました!


さて、その後、またまた主人が「できることなら行って来い!」というシャンパンバーへ一人で行ってきました。ソムリエの阿部誠さんがオーナーのヴィオニスさんというバーです。

「お邪魔しまーす。一人でも大丈夫ですか?」
と入ると、「いらっしゃいませ!」と女性スタッフの方が迎えてくださいました。

着物で行ったのと時間的にそういう時間で、「お仕事終わりですか?」と聞かれてしまい、「あ、違います。」と一応・・・。

こちらのお店では、グラスで日替わり5種類のシャンパンが飲むことができるんです。
シャンパンをグラスで提供していただけて、しかも5種類が常時あるというのはすごいです。


素敵な店内で、シャンパンの夢の世界にしばらく酔わせていただきました♪

そして、3種類飲ませていただき、美味しく楽しませていただきました。

20090311%20057.jpg


たくさんのシャンパンの栓。綺麗です。宝石箱みたい♪

20090311%20058.jpg

主人がシェフと2人で座って、「あ・・・・違います。」と弁解したボックス席で記念撮影(笑)。

20090311%20062.jpg

とても有意義で勉強になる東京の夜でした。明日から仕事頑張ります!

2009年03月19日

悠遊塾~食膳食語のひととき~

昨日は、悠遊塾さんの平成二十年度閉講式のパーティーに、主人と料理の講師として行ってまいりました。(私は講師ではなく助手ですが)

20090319%20001.jpg


20090319%20003.jpg

こちらで閉講式があります。素敵なお花が活けられ、垂れ幕もさげられていました。


いつもは閉講式は温泉へ行ってという企画だったそうですが、今回は
「みんなで創ってみんなで眺めてみんなで味わう春の料理」
ということをテーマに、みんなで料理を作って食べる企画にされたのです。

それで、料理の講師として主人に声がかかりました。

4品の献立をみんなで作りました。

●春野菜の天ぷら
●鯛と筍のふきのとう味噌焼き
●ホタルイカと蛸 二杯酢サラダ 木の芽
●桜の手まり寿司 はまぐり寿司

の4種です。

調理室で40人が分担で料理を作りました。

「ぼく、洗いもの係りするわ。」
「わしは、食べる役や。」
「何からしよう??」

とか、皆さん閉講式にそれぞれ臨んでいらっしゃいます。
お料理の仕方や盛り付け方も様々で個性があって、素敵でした。

2時間ほど、調理の時間があって、春の料理が出来上がりました!


20090319%20007.jpg


そして、食べます!

20090319%20008.jpg


20090319%20009.jpg


20090319%20010.jpg

こちらは、塾長さんが作って持ってきてくださった黒豆のおこわ。


20090319%20011.jpg

天ぷら。


20090319%20012.jpg


20090319%20013.jpg


20090319%20014.jpg

桜の手まり寿司。


20090319%20015.jpg

はまぐり寿司。


20090319%20016.jpg


20090319%20017.jpg

私たちもいっしょにご相伴させていただきました!


20090319%20018.jpg

ご馳走様でした!

大勢で作って大勢で食べるの、美味しかったです♪春爛漫♪を楽しませていただきました。

2009年04月21日

ちょっと遅い誕生日♪

「ちょっと相談があるんですけど・・・。」ということで、うちの板場さんが自宅に来ました。

それで、先日私の誕生日だったのですが、なんと!ケーキとカヴァと花束をプレゼントしてくれました

「なんでなんで!?」って聞くと、「いつもお世話になってるし、何度も相談にのってもらってるんで・・・。」


十何年ぶりかに、ハッピーバースデーしてもらって、ケーキのロウソクの火消しをして、童心に戻りました。


20090420%20014.jpg


そして、2人(主人がいなかった)でケーキを食べて、カヴァを飲んで盛り上がりました。

主人は甘いものが嫌いなので、絶対に主人にはしてもらえない演出でとても新鮮でした。

20090420%20016.jpg


花束も何年ぶりにもらっただろう・・・・。

20090420%20017.jpg


ありがとう♪

2009年04月28日

株式会社ウォンツ どんまい鈴木先生の講演会を聞きに行ってきました

ポッと出カンパニーにおける組織作り

サザエさんを見て「明日は会社だー♪」
と思ってもらうための試行錯誤レポート

と題された講演会、株式会社ウォンツさんのどんまい鈴木先生のお話を聞いてまいりました!


20090427%20003.jpg

ウォンツさんは、2000年に創業した新しい会社です。

社長のどんまい鈴木先生こと鈴木洋さんのお話はとても興味深く面白かったです。

最初は朝礼の話、月例会議の話から始まり、その中から社内の雰囲気がかなり伝わってきました。
社員全員が前向きにみんなで会社を作っているなと思いました。

どんまい先生のおっしゃったことで耳に残った言葉が、「おやつ」「感謝」などです。

そしてコップの水。「まず自分」ということです。コップの水がいっぱいになってこぼれた分を人に与える、自分がカラカラでは、人にも与えることはできない。

そして、小学5年生の男の子から感じた未来の世界のことも話してくださいました。

私も心の中で、今からの時代は飲食業界でも「リアルな本物」だけが生き残るのだと思っていましたが、どんまい先生も同じようなことをおっしゃっていました。「血の通った商品」という言い方をされていましたが、やはりこの意味は、「人間の心」を大切にしていくことだと思いました。


1時間半くらいの講演でしたが、本当によかったです。

今後、接客業をする上でも、お店を運営する上でも本当にためになりました。

頑張って行きたいと思います!

2009年09月13日

子供に教えてもらったこと

今日は、娘の通う幼稚園のお友達が家族でご来店いただきました。

そのお友達に、幼稚園では会ったことがありますが、私が着物でお店でいるのを見たのは初めてです。

「いらっしゃいませ!」と言ってお迎えしたとたん、

「Hちゃんのママ!」と言ってくれました。

いつも、スーパーや街でお客様にお会いすると、私が「こんにちは!」と声を掛けても、『誰やったっけ?』という感じで見られるので、「うおとめです!」と自分から名乗ります。

いつもお店では着物なので、私服でいる私には気づいていただけないのが9割です。

子供って、外見とかで見ていないのかなーって思いました。

ありがとう!Cちゃん!♪

で、お昼のお客様が終わった後、主人と子供達と買い物に行きました。
その車の中で、長女が、
「ナビって、信号食べるんやで~。」と言いました。

「は?どういうこと?」って思ってナビをじっと見ていたら、ほんとに食べてました(驚)

↓ご確認ください。


2009年09月27日

岩堀美雪先生×森本繁生氏×私でランチ(料亭うおとめ)

以前から、「ぜひ、お会いしてお話してみたい!」と思っていた岩堀美雪先生ですが、今日、森本繁生氏とうおとめに来て下さいました。


森本さんは、どっとこむ福井のセミナーで昨日から福井に来られていて、お昼ランチをしていただき、大阪に戻られました。


↓岩堀美雪先生は、こんな方です。
http://daisuki.feb.co.jp/

今日2時間半ほどお話をさせていただき、感じた先生の印象ですが、岩堀先生は26年小学校の教師生活をされていますが、「先生なのに先生らしくない!」という印象です。

本当の先生はこのような先生のことを言うのだと思いますが、「先生らしくない」というのはどうなんでしょうか・・・・。


先生のお話を聞いていると、「私なんてまだまだ小さいなー」って本当に思います。

「子供たちは、だれでもすばらしい可能性を持っている。いいところのない子はひとりもいない。」このことを子ども達から教えてもらいました。そして、その教え子たちには「ずっと自分のことを好きでいてほしい。そして、まっすぐまっすぐ育ってほしい。」この信念を継続して、「パーソナルポートフォリオ」をやり続けてこられました。

最近、私自身の日々の生活において感じていたことが、「自分のことを好きにならなければ人のことも好きになれない、自分自身が心を開かなければ人も心を開かない、自分は人で人は自分。」ということです。
このことが岩堀先生の話を聞いていると、本当にその通りだなと確信できるのです。


最近読んだ本で、「自分を愛することのできる人は人を愛することができるが、自分を愛せない人は人も愛せない」と書いてありました。
愛することができれば自然と愛されるのだということでしょう。


とにかく、岩堀先生は前向きで志が高く、そして言ったことは成し遂げるというパワーが感じられる方です。今後も岩堀先生のご活躍を、心から応援したいと思います!


20090926%20017.jpg

2009年09月29日

「ひらがな」な社長からの素敵なお便り♪

素敵なお便りをいただきました!!

先日「人づくり実践研究会」でいっしょにパネラーをさせていただいた「益茂証券株式会社 社長の益永哲郎さん」からとっても素敵なお葉書が届きました。ありがとうございます!

人づくり実践研究会の一枚と、「ウララ」で記事を拝見しました!の一枚と、二枚もいただいちゃいました!


masu01.jpg


masu02.jpg

こういう風に自分の名前をひらがなで書いていただくの、嬉しいです♪

そうそう、10月号に当店の記事が載りました!

グルメQ&Aという特集で、
Q4「和食とワインのマリアージュを体験したい!」の
答えに、料亭うおとめの「ワイン会席」や「ワイン会」のことを紹介していただいています。
機会があれば、どうぞ見てみてくださいませ♪

益永社長様 ありがとうございました!!


「ひらがな」な社長の日記。
http://ameblo.jp/masumo-blog/

2009年10月10日

料亭うおとめにて板場さんO君の結婚式♪

今日は、うおとめの板場さんのO君の結婚式でした。
場所は、もちろん料亭うおとめです。


O君はアルバイトも入れて、うおとめに14年間勤務してくれています。
私は2000年にお嫁に来たので、うおとめではO君は大先輩です。とても優しくて、色んなところに気配りしてくれる、縁の下の力持ちのような存在です。うちの子供たちの面倒も良く見てくれて、本当に助かっています。
昨日、今日の婚礼料理の仕込みをO君みずからやっていました。板場さんは、自分の結婚式の料理も自分でなんですよね。私の主人も、自分の結婚式の当日、刺身を切っていたそうです(笑)


20091010%20014.jpg


今日の美容師さんがM先生で、その息子のMくんが私の大学時代の吹奏楽部の後輩なので、またまたスペシャルアンサンブルでサプライズをしました!
「未来予想図Ⅱ」を二人で演奏しました。


20091010%20019.jpg


そして、いつもO君に遊んでもらっている『やんちゃ姫』1号・2号もいっしょに、「崖の上のポニョ」を演奏しました。2人おそろいのラブラブのハートの洋服で♪

20091010%20021.jpg


20091010%20023.jpg


で、無理やりアンコールしてもらって、「かつおぶしだよ人生は」も熱唱?しました。
そして、2人がそれぞれ書いたお祝いの色紙をプレゼントしました。
喜んでもらえたかな・・・?

20091010%20025.jpg


ケーキカットです♪とっても素敵な二人♪

20091010%20030.jpg


なぜか二女は新郎新婦にべったりで・・・・・。

20091010%20031.jpg


二女ですが、新郎にファーストバイトまでしてもらってました(汗)

20091010%20034.jpg


O君、Cちゃん、おめでとう!!

2009年10月24日

着物のハギレで「葡萄」♪のプレゼント

「ソムリエのバッジが届くまで、これ!はい!」っと義妹がプレゼントしてくれました。

20091024%20001.jpg


義妹が古い着物のハギレで、小さな葡萄を作ってくれました♪

「久しぶりに針を持ったら、刺した(*-*;)」と言ってました(汗)

ありがとう♪


20091024%20002.jpg


早速、帯締めに通して付けてみました(^-^*)/

20091024%20003.jpg


可愛いでしょう?!

20091024%20004.jpg

Kちゃん、ありがとうね!!!

2009年11月23日

♪M田さんちの収穫祭ホームパーティー♪におよばれしました~その1~

鯖江市にあるM田さんのお宅におよばれしました♪

M田ご夫妻は、先日11月16日放送の福井テレビの「いーざぁええDay」にジローラモさんと一緒に出演されていました。素敵なご夫婦で、ご主人はご自分でパスタを手作りされ、奥様はジャムを作られていて、販売もされています。それだけではなく、自分のうちで色んな野菜を栽培されて、お料理もとっても素晴らしいのです。

20091122%20002.jpg

テーブルセッティング。

先に集まったメンバーで、お先にカンパーイ!


20091122%20008.jpg


乾杯は、私が持ってきたスパークリングワインでしました。


20091122%20009.jpg

NV ”嘉 yoshi” Chardonnay


私はM田さん夫妻と、ワインの師匠Y先生夫妻以外は初めての方ばかりでした。後で、うおとめのお客様でご来店いただいたKさんご夫妻ということもわかったのですが、どういう方が来られるのか知らなかったので、ちょっと緊張していました。


20091122%20004.jpg

初対面でお隣に座らせていただいた、佐野光三先生(匠住宅設計事務所)と万年筆の話題で盛り上がりました。
これは佐野先生が25年愛用してらっしゃるモンブランの万年筆だそうです。すごーい!25年!?

やっぱり、いいものはいいなー。


20091122%20003.jpg

M田さんの作られたお野菜のおばんざい料理。
体に優しくて、手間隙かかっているのが心に伝わってきます。


20091122%20010.jpg

白ワイン。マグナムボトル。

2008 DOC Verdicchio dei Castelli di Jesi / Terre Verdi

20091122%20012.jpg

ワインクーラーがとってもお洒落でかわいい(^-^*)
ソムリエナイフも♪


20091122%20014.jpg

スモークサーモン。


20091122%20015.jpg

M田さんのご長男夫婦。最近結婚されたそうです♪若いカップルは素敵ですね~。
あんな頃に戻りたいですねー(笑)


20091122%20016.jpg

パンです。

20091122%20017.jpg

旬です!!
蕪と蟹のグラタン。

とっても蕪が柔らかくて、おいしかったです!


まだまだ続きます・・・・・・。

♪M田さんちの収穫祭ホームパーティー♪におよばれしました~その2~

あと4人メンバーが参加され、改めまして、「カンパーイ!」。


20091122%20018.jpg

鯖江の人形作家かとうかずおさんご夫妻もおられました。
実は、以前にうおとめにご来店いただいたことがあり、「あの時のししゃもが美味しかった!」と言っていただきました。嬉しいです。


20091122%20019.jpg

赤かぶと大根のお刺身。


20091122%20020.jpg

Y先生のワイン。

1999 Peter Michael ”La Carriere”


20091122%20011.jpg

ちょっと珍しいかなーって思って、私が持ってこさせていただいたボージョレヌーボー ロゼ。

2009 Beaujolais Nouveau Rose / Domaine Chatelus


20091122%20021.jpg

皆さんご夫婦だったのですが、私は主人を置いて単独参加でした。
で、「主人が参加できませんでしたので、これ!」とお造りを持っていきました。

「あ、その方がいいよー!」ってこらこら・・・。

20091122%20022.jpg

M田さんの奥様Kさん。この真珠のイヤリングですが、鮑の真珠らしくて珍しいものだそうです。
それはそうだなと思いました。鮑で真珠を作ろうと思ったらとんでもないです。
このイヤリングの色は幻想的な色で、鮑の色っていう感じでした。

20091122%20023.jpg

左から、佐野光三先生・私♪・師匠Y先生。


20091122%20028.jpg

盛り上がってます。


20091122%20029.jpg

パスタでーす!

M田さんのカボチャのパスタ。ソースは奥様の手作りで、ベーコン、ポルチーニ茸、トリュフのソースです。


20091122%20031.jpg

パスタ、おいスィーー♪
美味しすぎ。

Y先生、
「このパスタにはこれだよ。」


20091122%20032.jpg

1996 Rosso Vino da Tavola del Veneto / Serafini & Vidotto

20091122%20033.jpg

ええー!1996!?
ヴェネト州のテーブルワイン(*_*)すごい。

20091122%20034.jpg

こちらは、先ほどの白の造り手さんの赤です。

2007 Rosso Piceno / Terre Verdi


20091122%20035.jpg

そうめん瓜のサラダ。


20091122%20037.jpg

「やっぱり、RICOHのカメラは料理や物を撮るのにいいよ。人物はダメだ。」とおっしゃる佐野さん。

後輩の建築士の松浪くんもそんなこと言ってたなぁ・・・・。


20091122%20038.jpg

佐野先生に、片町(福井市の繁華街)での『小指フィンガーサイン』について、ご教授いただきました。


(サイン 1)手の甲を見せて小指を見せる→→→本妻

       相手への挨拶:「あー、奥様いつもお世話になっております。」

(サイン 2)手の平を見せて小指を見せる→→→恋人

       相手への挨拶:「どうも♪」

(サイン 3)手の甲でも手の平でもなく、いい加減な角度で小指を見せる→→→ただの女(ひと)

       相手への挨拶:「どうも♪」

みんな、「へぇー!」って言ってましたが、なかなか使う機会はなさそうです(笑)


まだ、続きまーす。

♪M田さんちの収穫祭ホームパーティー♪におよばれしました~その3~

わおー!!!

またまたすごいお料理が・・・(涎)

20091122%20039.jpg

欧米で収穫祭でかかせないのが七面鳥の丸焼き。
丸々の鶏肉の中に、・松の実 ・玉葱 ・さつま芋 ・干しぶどう ・パン粉を詰めて、焼くそうです。
焼くときに、月桂樹やローズマリーで香味をつけて。すごいなー。


このお料理の名前は、「マルドリーノ!」とダジャレをおっしゃっている方が隣にいらっしゃいました。


20091122%20044.jpg

取り分けていただいた鶏。


20091122%20042.jpg

またまた、Y先生の貴重なワイン。

1995 RUBINO (Vino da Tavola Dell Umbria) della Palazzola

ウンブリア州のテーブルワインですが、メルロー主体のものです。
すごいワインです。


20091122%20043.jpg

豚 スペアリブ。


20091122%20046.jpg

もちろん、美味しくてお腹がいっぱいだけど、美味しいから食べてしまいます。


酔いもまわってきて、体が熱くなってきたので、「暑いから脱がせていただきます。」とカーディガンを脱いだら、Y先生の奥様が、「あら、久美子ちゃん!そのワンピース可愛いわね♪」と言ってくださいました。
「めっちゃ安いですよ。ワンピースで8500円ですよ!」 


20091122%20045.jpg

奥様、「それは安いわ!私もこれ、ユニクロで900円よ♪今日行けば600円!」などと、どうでもいい会話で盛り上がっています(汗)。


20091122%20051.jpg

紅芯大根、緑大根、黒大根のサラダ。

シャキシャキです!


20091122%20052.jpg

「これなんですよ!」とM田さん。


20091122%20054.jpg

締めに、ご飯はほおば味噌でいただきました。

デザートも美味しかったです。イチジクのシャーベットも♪


20091122%20055.jpg

お漬物までいただいちゃった。


20091122%20056.jpg


最後にエスプレッソもいただき、本当にご馳走様でした!

みなさん、楽しい時間をありがとうございました!!!

また、ソムリエ(飲物サービス係)&記録係としてお願いします!

2009年11月30日

Salon des Vins SEVE(セヴ)~奈良でプチ同窓会なワインの夕べ~

奈良町にある”Salon des SEVE"さんへ行ってきました。

プチ同窓会をしてきました♪


20091128%20062.jpg


SEVEのオーナーの奥西良さんは、以前料亭うおとめのワイン会にお越しいただいたことがあります。
その奥西さんのお店に初めて来させていただきました!

20091128%20063.jpg

20091128%20064.jpg

お店のご案内が外にありました。

こんなお店が自分の家の近くにあったらなぁー・・・・って思いました。多分入り浸りそう。


20091128%20065.jpg

ドアにも「Seve」の文字。


20091128%20066.jpg

店内です。カウンターとテーブル席が一つ。こじんまりした落ち着ける空間です。
もう、約束していた友人のmarimariちゃんが待ってくれていました。


20091128%20070.jpg

奥西さん、シャンパンを注いでくれます。


20091128%20068.jpg

キッシュ。
このキッシュ、めちゃくちゃ美味しかった。やさしーいお味♪


20091128%20073.jpg

帆立のソテー。


実は、この日はもう2名加わりました。
4人でカンパーイ!!

20091128%20074.jpg


以前ワインKANSAIの試飲ブースでお会いしたMさんが、なんとSeveさんのご近所だったのです。それはなぜ分かったかというと、うおとめの出入りの酒屋さんに新規でワインを卸すことになって、福井に挨拶に来られ、その酒屋で私の話になり、お店まで酒屋さんのスタッフといらっしゃったのです。その時に奈良の話になり、そしてMさんが同い年ということもわかりました。「そういえば、同じ歳でプロモーションを手伝ってもらっているソムリエの女性がいますけど、同級生ですか?」っていう質問をされ、「K田っていうんですけど・・・」、「え?!K田K?」ってめちゃくちゃ仲のよかった吹奏楽部もいっしょだった同級生でした。びっくりしました。

そして、MさんがK田Kを連れていっしょにSeveさんへ来てくださったのです。と言うわけで、この4人は同じ歳でーす!


r0010866_p.jpg

そして、女性3人は飛鳥中学校吹奏楽部の4期生です(笑)。

20091128%20077.jpg


さて、盛り上がったことは言うまでもないのですが、白を飲みましょうかということで・・・・。
どれにしましょう。

20091128%20080.jpg

奥西さんおすすめのこれになりました。

2007 Santenay 1er Cru Le Beaurepaire / Jean-Marc Vincent


20091128%20082.jpg

鶏レバーのムース。


20091128%20083.jpg

生ハムも切ってもらいました。


20091128%20085.jpg

生ハムです♪


20091128%20086.jpg

白身のグリル


20091128%20088.jpg

そして、赤は何にしましょう???

ブルゴーニュがずらーっと並びました。


が・・・・・。


奥西さんが、こんなんありますよ。

20091128%20089.jpg

クロルジャール?!

ロワールのクロルジャールでした!

1999年をロオジエさんで飲んだ!って思い出しました。

2002 Saumur Champigny / Clos Rougear


20091128%20090.jpg

今度はチーズ。


20091128%20091.jpg

切ってくださって笑顔つきで出していただきます。

20091128%20092.jpg

アンチョビとじゃがいもが絡み合ってます。


20091128%20094.jpg

そして、次のワインを奥西さんが抜栓してくださってます。


20091128%20096.jpg

そして、デキャンタ。

何をいただけるのでしょうか?


20091128%20097.jpg

2005 Arbois / Trousseau

奥西さんがフランスへ行かれたときに購入してきた貴重なワインです。

「こんなときだから開けました。」と嬉しい一言つき♪

20091128%20098.jpg

丁寧にグラスに注ぎ、回して香りを立たせてからサービスしてくださいます。


20091128%20100.jpg

Mさんです♪

「飲んで欲しいワインと焼酎があるんですよ!」って、10mの距離の自宅から取って来てくださいました。ありがとうございます。


20091128%20101.jpg

ニュージーランドのピノノワールです。

2005 Mount Edward Susan's Vineyard


20091128%20076.jpg


楽しい童心に戻ったひと時を過ごせました。プチ同窓会またやりたいです。


ありがとうございました!


Seve 奥西さんのブログ
http://yaplog.jp/closdetart1985/

2009年12月01日

久岡冬彦さんの陶展に行ってきました~あーとさろん宮崎(奈良市高畑町)~

前から大ファンの陶芸家、久岡冬彦氏の陶展に行ってきました。


11月28日から奈良の”あーとさろん宮崎”にて開催されると聞き、初日の10時に一番乗りでおうかがいしました。


久しぶりに実家の母と二人でデートしました。
あーとさろん宮崎さんは、実家から徒歩で10分くらいですので、ぶらぶらと歩いていきました。


20091128%20108.jpg

小学生の頃、いつも歩いていた通学路にあるギャラリーです。
母と歩いていると、懐かしさで胸がいっぱいでした。


20091128%20107.jpg

あーとさろん宮崎さん。


20091128%20106.jpg

わくわくしています。


20091128%20105.jpg

店内には、久岡さんの素敵な器がいっぱいでした。


20091128%20104.jpg


20091128%20103.jpg


20091128%20102.jpg

使う人の立場にたって作品を作られる久岡さん。
その心が伝わってきます。

20091128%20113.jpg

おお!なんと、ご本人にお会いできました!

お久しぶりです!!!

5年以上ぶりにお会いしました。
優しい素朴な笑顔はそのままです。
嬉しかったです。


20091128%20114.jpg

素敵なマイセンのコーヒーカップで美味し~い♪コーヒーもいただきました。

懐かしく、そしてまた心が洗われる瞬間でした。

---------------------------------------------------------------

久岡冬彦 天坊昌彦
    ~陶展~
2009年11月28日(日)~12月20日(日)
営業時間10時~18時

あーとさろん宮崎
奈良市高畑町812
TEL 0742-23-2588
http://www1.kcn.ne.jp/~art-miya/

2009年12月25日

『愛のあるソムリエバッジ帯留』(若女将の手作り♪)

ソムリエのバッジなんですが、

20091224%20008.jpg


ブレザーの襟のボタンホールに付ける用な仕様になっているので、着物にはどうしていいものか・・・・・・・・・・とずっと悩んでおりました。

このように、

20091224%20009.jpg

フェルトの台にブローチの安全ピンが付いているのも付属されているのですが、どうも着物にはしっくりこないのです。


それで色々と考えました。「そうだ!ちりめんの生地で台を作って、紐を付けて帯締めに通せるようにしよう!」と考えました。

出来上がったのがコレ!です♪

『愛のあるソムリエバッジ帯留』


20091224%20003.jpg


どうして「愛のある・・・」が付くのかというと、ハート型の台だからです(笑)


早速、帯にやってみました。


20091224%20007.jpg

こんな感じでいかがでしょうか???


もし、この記事を見られているソムリエの方で、着物でサービスされている方がいらっしゃって、「もっといい方法があるぞ!」というのがありましたら、ぜひ教えてください!!!

よろしくお願いいたします♪

2010年01月10日

岩堀美雪先生×森本繁生さん×だいこん舎さん×私で新年会~勘平寿司~

先日、岩堀美雪先生、森本繁生さん、だいこん舎さん、私で新年会をしました。

場所は、越前市押田にある「勘平寿司」さんです♪

岩堀美雪先生が、12月15日に「ポートフォリオでできる自分になる」という本を出版された出版祝いと、大阪での「ありがとう地球」コンサートのお疲れ様も兼ねての新年会でした。


20100106%20001.jpg

新年の乾杯は、「ありがとう地球」に因んで、「梵 地球(ほし)」で乾杯!!!


色んなお話をさせていただきましたが、みなさん前向きなお話ばかりで本当に楽しかったです。

また今後に繋げていけたらなーって思いました。

有意義な時間をありがとうございました♪

2010年02月10日

苺♪


「風邪ひいてるみたいだから、食べてください。」って、板場さんが苺をくれました。

20100207.jpg


「ちょっと痛んでるので・・・・(・_・;)」(腐ってはないけどお客様には出せないくらいの状態)

そういえば、鼻水をすすっていたので、気づいてくれたのかな・・・・。

ありがとう~(^-^*)

苺は風邪の予防にいいみたいですね♪

これから苺の美味しい季節になりますね。春が早くきて欲しいです。

--------------------------------------------------------------------------------------------

食材の栄養 【 苺 】医学・健康情報サイトJ-madicalより

苺(いちご)の栄養素(食材100g当たり)
・ビタミンCが80mg
・食物繊維が1.4g
・カリウムが200mg
・ビタミンB1が0.02mg
・ビタミンB2が0.03mg
・鉄が0.4mg

苺(いちご)の健康効果
苺(いちご)の代表的な栄養素であるビタミンCは、苺100g中50~100mgと、レモンを遙かに上回る量が含まれており、果物の中ではトップレベルである。中程度の大きさのいちごを7~8粒食べれば、1日のビタミンC必要量を十分摂れる。

ビタミンCの肌・皮膚を若々しく保つ美肌効果はよく知られている。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがある。肌の悩みを抱えている人におすすめの栄養素だ。

加えて、ウィルスや細菌に対する抵抗力をつけ風邪を予防、近年ガンを予防する栄養素としても注目されている。また、鉄分を吸収しやすくしてくれる栄養素でもある。
疲れやストレスを感じている人、運動量の多い人、タバコを吸う人は特にビタミンCを消耗しやすいため、積極的に摂りたい。

また苺には、下痢や便秘を防ぐなど整腸作用を持つ水溶性の食物繊維ペクチン、体内に蓄積されたナトリウム(塩分)の排泄を促し高血圧を予防するカリウム、虫歯予防効果があるキシリトール、さらにビタミン・ミネラルなどをバランス良く含んでいる。

2010年02月20日

幼稚園の「母の会」の講演会に「岩堀美雪先生」に来ていただきました!

2月20日の今日、午前中に二女の通う幼稚園に「岩堀美雪先生」に講演に来ていただきました。


20100217%20001.jpg

1時間のお話を聞かせていただきました。

先生のお話は、何回聞いても心にじーんと響きます。


20100217%20002.jpg

今まで2000年からパーソナルポートフォリオを実践されてきて、「自分のことを好きになろう」という自己肯定感を育てようと活動されています。


ますます、活き活きとされて頑張っておられる先生です。


幼稚園のお母さま方、涙を流してみなさん聞き入っておられました。


もし明日、お時間がある方は、下記の通り、岩堀先生の講演とミニコンサートがあります。

ぜひ足をお運びください!

---------------------------------------------------------------------------

「笑顔が増える心の育て方」講演&ミニコンサート

と き   平成22年2月21日(日)
      午後1時30分から午後3時30分まで

ところ   JR武生駅前・アルプラ(平和堂) 4F 和室 

---------------------------------------------------------------------------

2010年02月26日

「ひらがな」な社長からプレゼントいただきました♪

益茂証券株式会社の社長、益永哲郎さんから素敵なお便りが届きました♪(^-^*)♪

先日の日経新聞の記事を読んでいただいたそうで、その記事に関しての「ひらがな短歌」をくださいました。
とっても嬉しいです♪ありがとうございます!益永さん♪


2010-2-26-01.jpg

お座敷
 おい
   ワイン 
    人気
わしょ(和食)と
  みごと(見事)に
    合うという


なるほどーーーー!

もう一枚いただきましたよ。


2010-02-26-02.jpg

掛け紙
  詠まれ
    俳句
      うと(貴)くて
かい(句会)や茶会
  楽し
    れから


本当にありがとうございまーす!!


益茂証券 社長日記 毎日更新中!です。
「ひらがな」な社長の日記。

2010年03月27日

研修会にて『おもてなしの心』をテーマに講師してきました

いつも大変お世話になっているお客様、「左官業組合」様の春季研修会の講師をさせていただきました。

「私なんて、そんな講師なんて・・・・(汗)」と思っていましたが、このブログにコメントをいただくnishiさまの推薦もあり、役不足ですが講師をさせていただきました。


研修会は、様々なジャンルの講師をよばれて、時間を区切って構成されていました。私は1時間お話をさせていただきました。


担当の方が、黒板に私の紹介を書いてくださいました。


20100327.jpg


思わず、「えっ?!」って思ってしまいました。

黄色チョークで『美人』が付け加えられていました(汗)。


余計にプレッシャーが・・・・・・・・・。

っていうか、これがほんとのおもてなしなのかな???

一本とられました(笑)(^-^)

私のお話が直接的に左官業種の方に活かせるのかどうかは未知ですが、「お客様のことを常に考える」という「おもてなしの心」は、すべての業種に当てはまることかもしれません。


私が旅行会社時代に経験したことや、今料亭うおとめで考えてやっていることなどを中心にお話させていただき、今の飲食業の現状のことなどもお話させていただきました。


最後に質疑応答の時間もとり、質問もいくつかしていただきました。


私なんかの講演をずっと真剣に聞いてくださり、本当にありがとうございました。

この講演をまたステップに、日々頑張りたいと思います。

2010年04月02日

洋服店の店員さんから学ぶ接客術♪

先日、いつも行く洋服屋さんに行きました。

前から気になっていたワンピースがあったので、もう一度見て着てみてよかったら買いたいなーって思って。


そのワンピースも試着して、色々とついでに試着して、楽しんでました。

やっぱり色々着たけど、そのワンピースが気に入ってしまったので、それを購入しました。

支払いをする時に、店員さんが、私の携帯電話のストラップに気づいてくれました。

私のストラップには小さいアルバムが付いています♪


ピンクのアルバムで、キラキラがいっぱい付いてて、開けると写真が2枚入るようになっています。

20100402%20001.jpg

店員さん  「これ、かわいいですねー!ちゃんとアルバムになってるんですね。」


私    「そうなんですよ♪ 結構ちゃんとしたつくりになってるんです。可愛いでしょ?」


それに、2人の娘の写真を入れています。

20100402%20002.jpg

店員さん  「えー!!、子供さんがいらっしゃるんですか?!そんな風に見えないです。」


私     「そうですか?もう小学校3年生と1年生なんですよ。」


店員さん  「え!そんなに大きいお子さんが?こんなに細いきれいなお母さんなんですか?!」


私     「ははは・・・(照れるなー)。」

自分が気に入って身に着けているものに、さりげなく気づいてくださって褒めてくださると、嬉しいものですね。それがお世辞でも・・・・(笑)


かわいいワンピースも買えたし、とても気分がよかったです♪


いやらしさの全くない、素敵な接客でした。見習おう!

2010年04月13日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(1)~

4月11日に、奈良へ行ってきました。

「サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良」に参加させていただいてきました。

カトリックのカレンダーでは、1月22日はサン・ヴァンサン(サラゴサの聖ヴィセンテ)の祭日。この聖人はブドウ栽培者・ワイン醸造者たちの守護聖人となっているので、その近くにブドウ栽培者やワイン製造者たちがお祝いをします。聖ヴァンサンのワイン祭りで最も有名なのは、「サン・ヴァンサン・トゥルナント(Sait Vincent Tournante)」と呼ばれるイベントです。ブルゴーニュの村々がサン・ヴァンサンの像をかついでのパレードした後、教会でミサが行われます。

そのサンヴァンサンを日本でやろうというイベントが今年から始まり、調度「平城遷都1300年祭」が行われている奈良が第一回目の地に選ばれたのです。


どうしてこの4月になったかというと、サンヴァンサン日本に6つのブルゴーニュのドメーヌをお招きしました。そのドメーヌの方々に「ぜひ奈良の桜を見ていただきたい」ということで4月になったそうです。


サンヴァンサン日本は、お昼に二月堂での茶会、そして夜は奈良ホテルでのワイン会を2日間開催されました。


20100411%20002.jpg

これが、茶会のお茶券です。

この写真のワイングラスは、正倉院宝物「紺瑠璃杯」のレプリカですが、これは聖武天皇が愛用されていただろう(多分ワインは飲んでなかった)というグラスだそうです。


このお茶席の席主である、グラフィックデザイナーの麹谷宏さんが、このグラスを見て「サンヴァンサン日本」が奈良で行われるにあたって、ものすごく色んなアイデアを考えられました。それがこの茶会にすべて盛り込まれています。すごいなーと思います。
麹谷さんは、奈良のご出身で東大寺の近くのお生まれです。その生地でこんなお茶会ができるなんて本当に嬉しいとおっしゃっていました。

近鉄奈良駅に着きました。
タクシーやバスを使って二月堂まで行ってもいいのですが、ご一緒してくださったワインの師匠のY先生が「晴れてるし時間もあるし、歩いていこうか?」とおっしゃったので、歩いていくことにしました。

20100411%20004.jpg

本当にいい天気♪

20100411%20005.jpg

日曜日ということもあり、たくさんの観光客や人々が休日を楽しんでいます。

20100411%20006.jpg


私も幼少の頃は、よくここで遊んだなーって思い出しました。


20100411%20007.jpg

氷室神社。


20100411%20008.jpg

東大寺の参道に入ってきました。


人力車のお兄さんに、「よかったら乗っていきませんか?」と声をかけられました。

私  「Y先生、お金持ちに見えたんじゃないですか?」

Y先生 「いや、あなたが着物だから歩くの大変そうに見えたんじゃない?」


20100411%20009.jpg

大仏殿に向かう人だかりとは別の道へ。

二月堂に向かいます。


20100411%20010.jpg

勝手知ったる場所ですので、地図なしで道案内。

ここは、昔はプールがあったんです。小学校のとき、夏休みによく行ってました。
プールの帰りに冷しアメを飲んだ思い出が頭に浮かびました(笑)

20100411%20011.jpg


桜が風に散って、花びらの絨毯になっていました。


20100411%20012.jpg


20100411%20013.jpg

本当に綺麗♪

こんな季節に来ることができて幸せです。

散る桜にうっとり・・・・。

日本人でよかった・・・。

20100411%20015.jpg

花の道を歩きます。

20100411%20016.jpg

鹿さんも桜を喜んでいました。
花びら(多分)食べてました。

もうすぐ二月堂です♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(2)~

二月堂に着きました。結構歩きました。

20100411%20017.jpg

向かって左側の石の階段を登っていきました。階段から見た二月堂。


20100411%20018.jpg

観光客で賑わっていました。修学旅行生もいました。

20100411%20019.jpg

20100411%20020.jpg

大仏殿の屋根が綺麗に見えます。
この景色、やっぱり落ち着きます。


20100411%20021.jpg

20100411%20022.jpg

古都の景色・・・。


20100411%20023.jpg

Y先生と。


20100411%20025.jpg

こちらが茶会記。

ブルゴーニュの6ドメーヌをご招待し、あの正倉院宝物「紺瑠璃杯」レプリカにワインを注いで大仏様に奉納するのです。
すごい企画ですね♪

20100411%20026.jpg

待合床。
屏風は、ワインの木箱の焼印になっていました。おもしろいですね。

20100411%20027.jpg

素敵なぶどうの絵。

20100411%20028.jpg

薄器とお茶碗。

20100411%20029.jpg

いよいよ、席入りです。

20100411%20031.jpg

ものすごーくお天気が良くて、外の景色が最高でした。
そして、ブログでは伝えられないのが残念ですが、鶯がしきりに鳴いていました。
春の麗を満喫できる素晴らしい場所です。


20100411%20032.jpg

桜に包まれてのお茶会・・・・。

さて、(3)に続きます♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(3)~

お席につきました。


この茶会は2日間で6回行われたそうですが、この回が最後の回です。

20100411%20033.jpg

お席に着きました。

何が始まるのか、どんなお茶会なのか、ワクワクです。

20100411%20035.jpg

この和紙のトンネルに興味津々です。


20100411%20034.jpg

ちょっと、覗いてみました。


20100411%20036.jpg

席主の麹谷宏さんがご挨拶されています。

ゆっくりと丁寧にお話される麹谷さん。客側も落ち着きます。これもおもてなしの一部なのでしょうね。


20100411%20037.jpg

聖武天皇が愛用していただろうといわれる「紺瑠璃杯」の説明をされました。

奈良の1300年の歴史。
奈良時代から1300年後、この杯にワインが注がれ東大寺の大仏に奉納されるなんて、聖武天皇は想像もしなかったでしょうね。

夢とロマンがあるお話ですよね~♪

20100411%20038.jpg

ワイン茶会では、きちんとソムリエさんがワインを運ばれます。すごいなー。


20100411%20039.jpg

お茶の作法に従って、ワインを一人ひとりに配られます。


20100411%20040.jpg

赤と白がグラスで。


20100411%20042.jpg

ワインが次々に配られます。

20100411%20043.jpg

私のところにも♪

20100411%20041.jpg

改めて、外の麗かな春の景色を見て・・・・・。

20100411%20046.jpg

かんぱーい!!!


20100411%20044.jpg

こちらの点心は、「まるすらぱん」というフレンチレストランの点心です。


20100411%20048.jpg

手前のはフォアグラでした。
左のはジャガイモの味がしました。
サーモンが巻いてあるのと。

20100411%20049.jpg

生ハム。
ちっちゃなパイ。

20100411%20050.jpg

これは、Y先生の点心なのですが、お皿が微妙に違っていて、「これも撮っといたら?」と言われて撮りました(^-^*)


20100411%20051.jpg

この時の白ワインは、

2006 Puligny Montrachet / Domaine Etienne Sauzet

そして赤ワインは、

2002 Chambolle-musigny / Domaine Jacques-Frederic Mugnier

でした。

ワインは回によって違ったそうです。

20100411%20052.jpg

俳句の掛け軸も見ながら・・・。


20100411%20053.jpg

点心、ご馳走様でした。

(4)に続きます♪♪♪


2010年04月14日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良の桜とブルゴーニュワインを愛でる立礼ワイン茶会 a 二月堂(4)~

さて、点心をいただき、お茶のお点前が始まります。

麹谷さんが「大寄せの茶会というものは、通常は亭主が正客にお茶を点てますが、正客以外の客に対しては、「影出し」と言って水屋で点てたお茶を配る形式が多い」とおっしゃいました。
そして、「そうではなくて、亭主がお客様みなさん全員のお茶を点てたいのです。」とおっしゃいました。


「どういう風にして、その大寄せでの影出しの問題を解決できるのだろう・・・」と考えていました。


20100411%20054.jpg


みなさんで総礼。水屋の方もお運びの方々も、オールメンバーで総礼です。

麹谷さんが出てこられ、真っ白の壁に・・・・・・・!!

20100411%20055.jpg

「一」を一文字書かれました。

そうか!!


これが茶会記に載っていた、「床 麹谷宏 筆 『一期一会』」なのか・・・とわかりました!


20100411%20058.jpg


お菓子です♪

かわいい!

20100411%20060.jpg

俵屋吉富製 「然」です。


花びらが中に浮いているように見えて、ゼリーのように透きとおっています。
このお菓子には、去年初リリースした「シモン・ビーズ」の「シャルドネジュース」を使用されたそうです。

黒文字は、染井吉野の枝だそうです。ここまで桜にこだわりが・・。

20100411%20061.jpg

20100411%20062.jpg

20100411%20063.jpg

20100411%20069.jpg

すごーい!大きい茶筅です!!

20100411%20070.jpg

茶筅通しも大変豪快です。


20100411%20074.jpg

ああー!!!
そういうことだったのか!!!!

ものすごい大きい片口のお茶碗でのお点前だと思っていましたが、7~8人分を同時にこの大きな茶碗で点てて、それぞれのお茶碗に移しかえます。すごーい!

20100411%20075.jpg

大きい片口はそういう意図があったんだー!感動!

20100411%20078.jpg

お茶が配られます。


男性の方ばかりだなーと思っていましたら、東京六志会というみなさまによるものでした。
袴姿、素敵ですね。

20100411%20080.jpg

私にも運んでいただきました。

20100411%20081.jpg

お茶は、「四分六分 長寿園詰」だそうですが、なんで六分四分なのかというと、お茶会の準備のために薄茶3種、濃茶1種をテイスティングされたそうですが、いろいろと検討した結果、ブレンドしようということになったそうです。「六志(ろくし)会」だからといってそうなったわけではないそうですが、六分と四分でブレンドされたそうで、その名前になったそうです。おもしろいですね♪

20100411%20082.jpg


いただきました!

20100411%20084.jpg

窓に目を向けると、この景色!
こんな春麗かな環境でこんなお茶がいただけるなんて、本当に幸せです。

20100411%20085.jpg

桜が素敵な俳句の掛け軸。


20100411%20086.jpg

そして、こちらがあの正倉院宝物「紺瑠璃杯」レプリカ。

花入れに見立ててあって、その茶花として、甲州種葡萄若芽が活けられていました。
香合にしてあるのは、ブルゴーニュ古式タストヴァン。タストヴァンというのは、ワインを試飲するときに使われる携帯ようの容器です。
そして、丸卓(まるじょく)はシモン・ビーズ樽古材で造られた棚です。


20100411%20087.jpg


20100411%20088.jpg

季節も場所も本当に最高のお茶会だと思いました。

20100411%20089.jpg

茶杓は、「麹谷宏 作『不友留郷入』ピノノワール枝蔓ヲ削ル」


20100411%20090.jpg

真ん丸の形の薄器は、「日の丸棗 はたけなか造」だそうです。

炭斗は、「パニエ・ブルゴーニュ」。
パニエとはワインの瓶を入れる容器のことです。これに炭を入れるなんて面白いです。

火箸は、「スクリュー頭」と書いてありましたが、スクリューはソムリエナイフの部分の名前ですが、ワインのコルクを開けるときにコルクに挿す部分です。へぇーすごい。

蓋置は、今回来日された6ドメーヌのコルクを集めて造ったものでした。


20100411%20091.jpg

とっても楽しいお茶会でした。

麹谷宏さんと写真を撮らせていただきました。


本当に素晴らしい至福の時間でした♪

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(1)~

二月堂での立礼ワイン茶会を楽しんだ後、夜の部である「奈良ホテル」でのワイン会に向かいました。


まだ時間があるので、ゆっくり歩いていくことに。


20100411%20092.jpg

二月堂の裏道を行きます。


20100411%20093.jpg

東大寺の裏側に出るんです。


20100411%20094.jpg

大仏殿の屋根。

この景色、好きです。


20100411%20095.jpg

ここは田んぼですが、蓮華がとっても綺麗に咲いていました。


ずっと歩いてきましたが、「ちょっと休憩しようか?」ということで、吉野葛のお店の『天極堂』さんへ。

20100411%20096.jpg

葛餅とコーヒーで一息つきました♪


20100411%20097.jpg

ここの葛餅、本当にプルプルで美味しいんですよ♪

奈良に来られたらぜひぜひ♪

そして、歩いて一の鳥居を過ぎ、荒池のそばを通り、奈良ホテルが見えてきました。

20100411%20098.jpg

20100411%20099.jpg

ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

Y先生の携帯電話のWeather Channelの予報はやっぱり当たってました。

20100411%20100.jpg

奈良ホテルに着くちょうど3分前くらいに雨が降り始めました。

慌ててホテルに入りました。


さて、ワイン会は・・・・・?!

楽しみです♪

2010年04月16日

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(2)~

奈良ホテルに着きました。

20100411%20102.jpg

20100411%20101.jpg

奈良ホテルは、今年で100周年だそうです。
歴史あるホテルです。


20100411%20103.jpg

雨が降ってきました。

桜が・・・・。


20100411%20104.jpg

本当だ・・・。雨が降ると桜の色が濃く見えるって。


20100411%20105.jpg

100年経つ建物に桜が映えます。

20100411%20106.jpg

「サンヴァンサン日本」御席の看板♪

旧館の方でワイン会は開催されました。


20100411%20108.jpg

ティーサロンでしばらく待っていました。


「桐の間でウェルカムシャンパンをご用意しています!」と案内されたので、行ってみると・・・・・・。

なんで!!Oさんがいるの?!

ってびっくりしました。

20100411%20110.jpg

奈良でお会いするとは・・・・(驚)

いつもお世話になっている、VSVのOさんでした。そして京都のワイングロッサリーのYさん♪

20100411%20111.jpg

4人でパチリ♪

20100411%20112.jpg

エチエンヌ・ソゼのジェラール・ブドーさんとマリーさんと♪

私の着物の帯がぶどう柄でしたので、マリーさんがそれを見つけて、「Oh! Budou,Budou!」って言ってくださいました。

そして、彼の名前も「ブドー」さんです(笑)

20100411%20114.jpg

待合でももう盛り上がっています。

20100411%20115.jpg

さて、お食事はこちらの「菊の間」。

菊の間については、奈良ホテルHPを♪

クラシックな暖炉やシャンデリア。
明治建築の粋をちりばめた雅びやかな宴会場です。


20100411%20116.jpg

とてもレトロなお部屋です。歴史を感じます。

20100411%20117.jpg

席につきました。

20100411%20118.jpg

おみこしのようにサン・ヴァンサン像をかついで歩きます。これは本当にブルゴーニュ地方で行われている行事です。
村ごとにサン・ヴァンサン像があります。この像はサヴィニーレボーヌ村の像です。

20100411%20121.jpg

運んで来られたのは、トロ・ボーのナタリーさん、エチエンヌ・ソゼのジェラール・ブドーさん、そしてジャングリヴォのエチエンヌ・グリヴォさん。

20100411%20122.jpg

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(3)~

この「サン・ヴァンサン日本 2010奈良」の仕掛け人、アーキネットの向井奈保子さん♪


20100411%20124.jpg


ビーズ・千砂さんも着物を着られてました。
「着物着たの、二十歳のとき以来!」っておっしゃってました。
でもすごーく似合ってらっしゃいました。

20100411%20125.jpg

20100411%20127.jpg

メニューとワインリスト。
かわいいデザイン。


20100411%20133.jpg

エチエンヌ・ソゼのブドーさんが最初の白ワインの説明を。

20100411%20134.jpg

乾杯は、その白ワインで♪

20100411%20137.jpg

鯛のサラダ仕立て キャヴィア添え
生姜風味ソース
Salade de Daurade et Caviar
Parfume au Gingembre


20100411%20138.jpg

パン。

20100411%20139.jpg

笑顔が素敵なソムリエさん♪


20100411%20140.jpg

乾杯したワインです。

2003 Bienvenue-Batard-Montrachet / Domaine Etienne Sauzet


美味しかったです♪


まだ続きますよー!

サンヴァンサン トゥルナント日本 2010奈良~奈良ホテルにてワイン会(4)~

さて、今度はトロ・ボーさんのワインの説明です。

20100411%20141.jpg


Y先生は、いつも熱心にテイスティングコメントをつけてらっしゃいます。

20100411%20142.jpg


20100411%20143.jpg

注がれたのは、

2001 Latricieres-Chambertin / Domaine Simon Bize


20100411%20144.jpg

ラベルです♪


20100411%20145.jpg

鱸と手長海老のポアレ
ブロッコリー添え 赤ワインソース
Bar poele aux Langoustine
et Brocolis, Sauce Vin Rouge


20100411%20146.jpg

このワインは、

2001 Corton-Bressandes / Domaine Tollot-Beaut


20100411%20147.jpg

美味しいワインは、会話も盛り上がります♪


20100411%20149.jpg

今度は、

2000 Clos de Vougeot / Domaine Jean Grivot


20100411%20150.jpg

ラベルです♪


20100411%20151.jpg

そして、こちらが凄かった!!!


2000 Musigny / Domaine Jacques-Frederic Mugnier


20100411%20152.jpg

ジャングリヴォさんのワインの説明です。


20100411%20154.jpg

牛フィレ肉のステーキ 網笠茸添え
マディラソース
Filet de Boeuf Grille aux Morilles,
Sauce Madere


20100411%20155.jpg

とにかく素晴らしかったです。グランクリュばかりのワインでこんな経験初めてです(^-^*)

20100411%20156.jpg

同じことを考えている人がもう一人いました!!

そう!ぶどう柄の帯をされてる方がいました!!

静岡から参加されたそうです♪

静岡市にあるワインショップの方でした♪
マツキヤさんというお店だそうです。


20100411%20159.jpg

後ろからからだけでは・・ね♪前からも「はい!チーズ!」

20100411%20160.jpg

いつも素敵な千砂さん。すごいイベントでお疲れが出ませんように・・・・。


20100411%20161.jpg

お土産は奈良の手ぬぐい。「サン・ヴァンサン日本」の刺繍入りでした。

20100411%20163.jpg

チーズ♪


わー!って調子よく楽しんでいましたが、Y先生もお仕事があるし、私も帰らなければいけないので、日帰り弾丸トラベラーだったのです(涙)。

実は9時半の近鉄奈良駅発の電車に乗らなければいけなくて、

「時間に限りがございます・・・」が聞こえてきて・・・・(涙・涙・涙)


そして、デザートを食べることができずにとても名残り惜しく、帰ってまいりました。


でも、とっても素晴らしい茶会とワイン会・・・。

素敵な一日でした・・・・・・・・(うっとり)・・・・・・・・・・。

2010年05月12日

筍(たけのこ)掘ってきました♪

今日、午前中にお客さんのお誘いで、お母さん(女将)といっしょにお客さんの山へ、筍掘りに行きました。

昨日は一日雨でしたが、今日は曇りですが雨は降っていなくて、とても清々しい空気の中、筍を掘ってきました。


20100512%20001.jpg

行ってみるとすごい竹林。空気が美味しい♪


20100512%20002.jpg

お客さんの話では、猪が筍をほとんど食べてしまうそうで、この網みたいなのは猪の罠だそうです。


確かに、竹林を歩いていくと、工事現場でユンボーでごっそり掘りかえしたように筍が食べられていました。ほとんど、猪が食べたそうです。そして、猪の他にも猿が食べに来るそうで、猪が筍の硬い部分を食べて、食べ残した柔らかい部分を猿が食べるそうです。いい具合になってるんですね。

20100512%20003.jpg

新緑がとっても綺麗です。


20100512%20004.jpg

このようにずーーんって伸びきってしまっているのは、もう食べられない・・・っておっしゃってました。


20100512%20005.jpg

お母さん、頑張っています(汗)。
スコップに体重をかけて掘ります。

20100512%20006.jpg

目が慣れるまで、この筍の頭を見つけるのが難しい・・・・。

頭が黄色いのが、甘くて柔らかくて美味しいそうです。


20100512%20007.jpg

隣には薇(ぜんまい)も。

20100512%20008.jpg

さすが、TさんとYさんは手馴れたもんです。プロです♪


20100512%20009.jpg


私も掘らせていただきましたが、なかなか難しいです。
途中でポキって折れないように、慎重にスコップを入れるのと、思った以上に力がいるということがわかりました。

でも、筍掘りはおもしろかったです♪

山はいいなー!


20100512%20010.jpg

どこにあるか分かりますか?


20100512%20011.jpg

これです!!!


20100512%20012.jpg

ほい!採れました!


20100512%20013.jpg

この写真、右手の竹はもう黄色くなってきています。
この黄色くなった竹の代わりに手前に見える筍を成長させていって、この株の竹の親玉にするんだそうです。
毎年毎年、筍が採れるように色々と配慮がいるのだなーって思いました。


たっくさんの筍をいただいてきました。

今夜は、筍三昧かな・・・・(笑)

2010年06月29日

アラ還で娘に諭され筆をとり~実家の母からの手紙~

「アラ還で娘に諭され筆をとり」(季語なし)

の句で始まった実母の手紙が来ました。

20100627%20070.jpg

先日ブログで、

~最近、実家の母からは活字のメールでしか返事が来ないので、昨日書いた手紙に、「たまにはペンを持って、字も書いたほうがいいよ♪」って書いておきました。~

なんて書いておいたもんだから、本当に母から手紙が届いたのです。


私が入っている俳句の会の「600号記念句集」を送ったので、それを読んでの感想も書いてくれていました。

私の句で、

山は脱ぎ人は着こんで冬支度

が印象に残ったそうです(笑)。

手紙の内容は、まあ普通の母と娘とのやりとりだと思いますが、やはりこの歳になっても母は母、子供は子供。

とても嬉しい気持ちになりました。

色んな思い出がよみがえってきて、そして今が新鮮に感じました。


これからも、またたまーーーーにでいいので、手紙をやりとりしたいと思います。


また頑張ろうっと♪(^-^*)♪


お母さん、ありがとう♪

2010年07月13日

武生YEGさまの7月勉強会で講演&パネルディスカッションのコーディネーターさせていただきました♪

7月12日に「武生商工会議所青年部」様の、「7月勉強会」にて基調講演とパネルディスカッションのコーディネーターをさせていただきました。

武生商工会議所青年部(武生YEG)様の「女性から学ぶ」という初めての試みということで、日頃あまり聞けない女性ならではの観点や視点を学ぼうと、このような企画をされました。

勉強会は、第一部で私の「おもてなしの心」の基調講演、第二部ではパネラー4人と「女性経営者から映るいろいろなメーン」というスケジュールで行われました。

P1050461.JPG

パネラーにもなっていただいた会長さんのご挨拶。

P1050457.JPG

私は40分ほど、「おもてなしの心」についてお話させていただきました。


P1050465.JPG

ブログやツイッターのことなどもお話させていただき、デジタルも大事だしアナログも大事ということもお話させていただきました。


P1050473.JPG

いつも講演して思うのは、「話したいと思っていたことの半分くらいしか話せなかった」ということです。終わってから、「あ、これ言ってない、あれも言ってない・・・・・」なんて思うのですが、100%は無理ですね(涙)。


P1050483.JPG

基調講演の後は、パネルディスカッション。


女性からみた男性、そして夫婦円満の秘訣などの話もうかがいました。

今回は女性の方々にたくさんご参加いただきましたので、女性参加者一人ひとりにもマイクを渡して、PRや感想などを言っていただきました。急にマイクをお渡ししたのに対応してくださって、本当にありがとうございました。

P1050500.JPG

勉強会が終わると、懇親会となりました。

P1050501.JPG

いくら茶碗蒸し、チーズ焼き、めかぶ温泉卵。


P1050502.JPG

牛たたき、梅そば。

懇親会では、勉強会では聞けなかったことやもっと深く掘り下げた話をされたり、名刺交換されたりとても熱心にお話が盛り上がっていました。


勉強会だけで終わるよりは、こういう「飲みニケーション」がある方がより効果的だと思います。


いつもお店に来ていただいているお客様にセミナーをするなんてとても恐縮でしたが、皆さんとまた近づけた感じがして、すごく有意義な機会だったなと思いました。


自分自身もとても勉強になりましたし、本当にありがとうございました。

2010年10月04日

日本教育旅行株式会社「創立60周年記念パーティー」

素晴らしい秋晴れの日でした♪
京都駅、京都タワーがくっきりと見えます。

20101002%20001.jpg

20101002%20002.jpg

10月2日にメルパルク京都にて、私が独身時代に勤務させていただいていた日本教育旅行株式会社の創立60周年記念パーティーに出席させていただきました。

一般的に企業の周年行事というと、取引先や業者さんなどを招待してするのが普通だと思いますが、日本教育旅行は、退職したOBを招待しての、現役社員と元社員だけのパーティーでした。しかもお祝いも受け取らないで。
すごいなーと思います。


20101002%20004.jpg

61名が集まり、集合記念写真撮影です。


20101002%20006.jpg

こっそりカメラに向かってピース♪
同期の飛行機マニアと、後輩の鉄道マニア。
てっちゃんとひこちゃんです(笑)。


20101002%20009.jpg

はじまります。


20101002%20011.jpg

映像も使ってのオープニング演出。

20101002%20014.jpg

日本教育旅行株式会社は、京都で一番古い旅行会社です。
知事登録が2-6号となっていますが、やめた旅行会社は欠番となっていきます。一桁台は6号しかもう残っていないとのことで、一番古いということになります。

20101002%20021.jpg

さて、シャンパンで乾杯!!

20101002%20010.jpg

お料理は大皿でテーブルのみんなでシェアする形式でした。


20101002%20024.jpg

20101002%20025.jpg


20101002%20036.jpg

20101002%20040.jpg


名札が用意されていましたが、

20101002%20026.jpg

私は1996年入社です。

20101002%20029.jpg

ワインをいただきました♪


20101002%20030.jpg

1997 Bourgogne / Leroy

20101002%20027.jpg

1999 Cote de Beaune Village / Leroy


20101002%20039.jpg

会社の歴史が映像で流されました。

20101002%20041.jpg

修学旅行生の夜行列車には、ゴザを用意して睡眠させていたそうです。修学旅行も今では飛行機などで行く時代・・・・。


20101002%20043.jpg

お料理もどんどん運ばれてきます。

20101002%20044.jpg


20101002%20047.jpg

デザート♪

20101002%20050.jpg

素晴らしい映像で日本教育旅行の歴史を見ることができました。

20101002%20058.jpg

同期のRikiyaくん。
ちょくちょく会っているので、久しぶりという気が全くしません(笑)。

20101002%20064.jpg

これは、私が新入社員の時の入社式で発表したものです。
何かというと、「日本教育旅行の社歌」なんです。

♪京都の駅を北に出て
 左に見えるは京都タワー
 古都の香りに包まれて
 笑顔あふれる 日本教育旅行

♪修学旅行 ゼミ旅行
 研修旅行に慰安旅行
 何でもまかせてくださいな
 笑顔あふれる 日本教育旅行


入社式当日、5年先輩の当時の主任Mさんに、
「模造紙をあげるから、これでみんなの前で自己紹介しなさい。」
と言われました。


新入社員は私を含めて6人でしたが、他の人はみんな、模造紙に等身大の自分を書いて特長や性格などを書いていました。


私は、「音楽」という自分の特技を使って、作詞作曲して、みんなの前で自己紹介した後、この歌を全社員みんなで歌わせました(笑)。

このパフォーマンスで、配属先が決まってしまいました(涙)。


今から10年前に退職しましたが、日本教育旅行で経験したことが色んな形で今も活かされていると自分では感じています。

本当にお世話になった日本教育旅行でした。

これからもどんどん素晴らしい会社になりますよう、お祈りしています。


最高に素敵なパーティーにご招待いただき、本当にありがとうございました!


--------------------------------------------------------------------------------------------------


※懐かしい皆さんと撮らせていただいた写真は、ミクシィのアルバムにしています。友人まで公開にしていますので、ミクシィされている方はどうぞご覧ください♪

2010年10月05日

「祇園なか原」で遅い誕生日会♪

祇園なか原さんで、友人の誕生日をお祝いしました。


なか原さんは、お茶の社中旅行や、俳句の吟行の夕食にも利用させていただき、お世話になっています。

祇園のちょっとわかりにくい路地にある小さなお店なので、いつもどの通りだったのか迷ってしまうのです。でも「ここ!」を覚えておけば大丈夫です。

四条通の「かづら清」さんと「祇園小石」さんの間の細~い路地を上がったところにあります!


無理を言って、シャンパンを持ち込みさせていただきました。ありがとうございます。

20101002%20070.jpg

シャンパンでおめでとう!乾杯♪


20101002%20071.jpg

山芋豆腐 生雲丹 オクラ

20101002%20072.jpg

栗の毬(イガ)の上に置かれた懐紙には・・・・


20101002%20073.jpg

銀杏、栗、蓮根、茶そばの松葉など。

秋ですね~♪

20101002%20074.jpg

お造りです。
いつも綺麗なお仕事で、本当に美味しい♪
愛が伝わってきます。


20101002%20075.jpg

湯気とともに目の前に現れたのは、鱧と松茸の小鍋。


20101002%20076.jpg

湯気でぽわーんとなり、心も体もこんな感じ♪ぽわーん♪


20101002%20077.jpg

温かい無花果。胡麻のクリームがかかっています。
癒されます。


20101002%20078.jpg

カマスの焼き物。
美味しい♪


20101002%20079.jpg

そして、器も美しい・・・・。


20101002%20080.jpg

鱧寿司と鯖寿司。ペアで♪

20101002%20083.jpg

最後に水菓子をいただいて、本当に癒されました。


いつもいつも、なか原さんのお料理は「幸せ」になります。


ごちそうさまでした。


2010年10月18日

永谷シェフのお宅(新築)におよばれ♪

先日ブログでご紹介しましたが、うおとめの永谷シェフがお家を新築しました。

ブログの記事↓
http://www.okami-kumiko.com/2010/08/post_911.html


その新築住居におよばれしてきました(^-^*)

うちの家族と、同じ板場さんのOくんとお邪魔させていただきました。

2010-10-13%20001.jpg

みんなでカンパーイ!!


2010-10-13%20002.jpg

ピクルス。


2010-10-13%20004.jpg

鶏の煮込み料理。


2010-10-13%20005.jpg

勘平寿司さんのお寿司。
Oくんが持ってきてくれました。

2010-10-13%20006.jpg

塩昆布味のカルパッチョ。

2010-10-13%20008.jpg

あぶり梶木のサラダ。

ここで、スペシャルゲストの登場!!

2010-10-13%20010.jpg

デルソーレの碇子シェフも来られました。

2010-10-13%20013.jpg

グラタンを作っていただいてます。


2010-10-13%20014.jpg

料理って楽しいんだよ~って感じで本当に楽しそう♪

2010-10-13%20015.jpg

ワインも色々いただきました♪


2010-10-13%20017.jpg

今度はパスタの準備♪

2010-10-13%20018.jpg

できました!美味しそうーー!!


2010-10-13%20019.jpg

「これ、可愛い~!」
魚の形のトングです。


2010-10-13%20021.jpg

陽気なおっちゃん♪


2010-10-13%20023.jpg

グラタン出来上がり!!!
めっちゃ美味しそう♪


2010-10-13%20024.jpg

胡椒でアクセントを。

ウサギの形の胡椒入れ。
ウサギの耳を握って胡椒を振ります。

2010-10-13%20025.jpg

ご機嫌、元気いっぱいのK音ちゃん。


2010-10-13%20026.jpg

パパそっくりです。


2010-10-13%20028.jpg

Sくん♪


2010-10-13%20031.jpg

ハーモニカを吹く、うちの長女。


新しいお家で、とっても楽しいディナー、ありがとうございました。

ご馳走様でした!!

2010年11月22日

小笠原伯爵邸~新宿河田町~

先日、友人と2人で小笠原伯爵邸さんでランチをしてきました。

小笠原伯爵邸(おがさわらはくしゃくてい)は、東京都新宿区にある建築物で、東京都選定歴史的建造物(第66号)に指定されています。旧小倉藩藩主の伯爵小笠原長幹の邸宅として1927年(昭和2年)に現在地に建てられました。建物は当時流行のスパニッシュ様式で鉄筋コンクリート造の地上2階、地下1階建てです。敷地は江戸時代の小倉藩下屋敷跡地。戦後1948年(昭和23年)に米軍に接収され、4年後に東京都に返還されて1975年(昭和50年)まで東京都福祉局中央児童相談所として使用されましたがその後は用途を失って放置され、一時は取り壊しも検討されました。2000年(平成12年)になって管理していた都生活文化局から民間貸出(10年間無償)の方針が示され、同年12月には箱根等でレストランを経営するインターナショナル青和が借り手に決定しました。修復工事を経て2002年(平成14年)6月にレストラン「小笠原伯爵邸」としてオープンしました。ミシュランの星付きレストランです。


東京輪飲俳句会のメンバーの方に、こちらの総支配人さんがいらっしゃいまして、一度ぜひおうかがいしたいと思っていました。

2010-11-11%20001.jpg

玄関です。


2010-11-11%20002.jpg

木漏れ日が清々しいです。


到着すると、館内を一回り見学させていただきました。
歴史などを丁寧に説明していただき、とても嬉しかったです。

2010-11-11%20004.jpg

家具は当時のものはこちらの迎賓のお部屋のものだけだそうです。すごい歴史を感じます。


2010-11-11%20005.jpg

中庭です。気持ちよさそう。いい天気なので寝てしまいそう・・・zzz


2010-11-11%20003.jpg

さて、ここは何のお部屋でしょう?
なんと、トイレです。

めっちゃ可愛いです(^-^*)♪

2010-11-11%20007.jpg

2人ですがゆっくりと話したかったので、個室をお願いしました。

2010-11-11%20008.jpg

天井も素敵です。


2010-11-11%20009.jpg

せっかくのスペイン料理ですので、カヴァをいただきました。

CarrasVinas
というハウスカヴァをいただきました。


2010-11-11%20010.jpg

ポワローと墨烏賊のスープ マドラスオイル風味、塩だらのブランダードとイディアサバルのサブレ


2010-11-11%20012.jpg

パンです。


2010-11-11%20013.jpg

クリスピーな真いわし シークワーサーの香り

2010-11-11%20015.jpg

帆立貝とフォアグラのクレマ 梨のキャラメリゼとブラックオリーブオイル添え

2010-11-11%20016.jpg

白ワインもハウスワインを。

「メニューにはございませんが、ハモンイベリコ(Jamón Ibérico)はいかがですか?」
と運んできてくださいました!

2010-11-11%20018.jpg


2010-11-11%20019.jpg

すごーい!
こんな演出されたら・・・・・

「じゃ、少しだけいただけます!?」ってお願いしてしまいました!

ハモンイベリコは、スペインのみで作られる黒豚の生ハムです。

2010-11-11%20020.jpg

どんぐりを主体に育った豚の中で認可を得たものだけが「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ(Jamón ibérico de bellota。bellota=どんぐり)」と名づけられ、味、品質ともにより優れているとされる。イベリコ豚のうち、ドングリ豚にしかベジョータ (Bellota)の表示がつけられないのだそうです。

とても丁寧に説明してくださいます。

2010-11-11%20021.jpg


美味しそうでしょう?!

2010-11-11%20022.jpg

も・ち・ろ・ん!
美味しかったです!!

2010-11-11%20023.jpg

仔鳩のアロスメロソ トリュフの香り

このアワアワは牛乳とトリュフのムース。トリュフの香りが幸せです。

2010-11-11%20024.jpg

次は赤ワインをいただきました。


2010-11-11%20025.jpg

こちらも小笠原伯爵邸のハウスワインで、スペインの代表的なブドウ品種、テンプラリーニョのワインです。


2010-11-11%20026.jpg

黒むつのプランチャ ラ・マンチャ産の紫ガーリックピューレとアーティチョークのチップス

2010-11-11%20028.jpg

イベリコフィレ肉と秋の茸、ガロチャのエスプーマ 栗のスモークとともに

ガロチャはスペイン産のチーズの名前で、シェーブルです。


2010-11-11%20029.jpg

デザート一皿目です。

杏仁のアイスとベリーのソース


2010-11-11%20030.jpg

チョコレートで表現した木の実と果実


秋の雰囲気がすごく出ています。

2010-11-11%20031.jpg

小菓子。

とっても素敵なお料理とワイン、そして空間。

スタッフの方々のサービスもすばらしい、小笠原伯爵邸でした。


またぜひ来たいです(^-^*)

Wさん、ありがとうございました!!!

また東京輪飲俳句会でも宜しくお願いいたします!

2011年03月02日

絵手紙をはじめたいという母へ♪

昨日、奈良の実家へ日帰りで行ってきました。


母が「絵手紙をやってみたいねん。」と言い、「どんな道具を買ったらいいの?」と聞かれました。

私も趣味でたまに絵手紙を書くので、おすすめの筆記具を教えてあげました。

自分が好きなことを他の人がはじめたいって思ってくれるの、すごく嬉しいので、福井に戻ってから早速、道具を買って母にプレゼントしました。

2011-02-23%20025.jpg


絵手紙って、下手に書くほうが味があっていいのです。

ですので、下手ですが、私の絵手紙も母に描いてみました。


2011-02-23%20026.jpg


先日作った母の句

屈せずに女ざかりや寒椿  花音

を、椿の花びらにアレンジしてみました(^-^*)

母のお店に飾ってもらえたら、嬉しいです♪

2011年03月29日

子供達と日野川でつくし摘み♪

子供達は春休み・・・。


つくし生えてるか見に行こうか?って近所の日野川の河川敷へ行きました。

2011-03-29%20001.jpg

日中はだいぶん、春らしく暖かくなってきました。


2011-03-29%20010.jpg

つくしより先に見つけた小さい花は、「オオイヌノフグフリ」。

最近お客様の口代に掛けさせていただいた掛け紙の俳句は、

風来のてんとうのせて犬ふぐリ

という句でしたが、お客様から「この、犬ふぐリってタマタマのことか?!」とよく質問をいただきました。

調べてみましたら、その通りでした!果実の形状が雄犬の陰嚢に似ていることから、牧野富太郎が命名したそうです。牧野富太郎さんとは、「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威です。

「イヌノフグリ」という花もありますが、その花より大きい花をつけるそうなので「オオイヌノフグリ」と名づけられたそうです。

そして、「犬ふぐり」はちゃんと俳句歳時記の春の季語にあるんですよ。


つくし!見つけました!!!

2011-03-29%20006.jpg


つくしっていう漢字は、「土筆」ですが、土の筆ってなんとまあ考えた人は発想が素晴らしいな~って思います(^-^*)

2011-03-29%20007.jpg

「ママ!採ったよ!」

2011-03-29%20008.jpg

2011-03-29%20009.jpg

「長いのも見つけたよ!」

さて、夢中になってつくしを摘んでいると・・・・。


二女「えっっ!!!!虫?!?!」

2011-03-29%20012.jpg


私 「あはは・・・。ひっつき虫だ(笑)」


オナモミっていうんでしたっけ?


長女は腕にくっつけてブレスレット!ってやってました(笑)。

2011-03-29%20013.jpg

帰宅して、3人でつくしの袴を取り、つくしを煮ました♪

おかず一品出来上がり(^-^)

2011-03-29%20017.jpg

はい、どうぞ♪

2011-03-29%20016.jpg

2011年04月16日

長女の初めての手芸♪

長女も小学4年生になりました。

4年生からはクラブ活動も始まるそうで、おとついは初めてのクラブ活動だったそうです。

手芸部を選んだそうで、初めて手芸小物を作って帰ってきました。


2011-04-14.jpg


「ママ、あげるね♪」ってくれました。


「ありがとう♪」


とっても嬉しかったです(^-^*)

2011年06月06日

今日はお休みでした♪

今日はお店お休みでした。

午前中、お茶のお稽古へ。

先生のお宅の入口にとっても綺麗なギボウシが咲いていました。


2011-06-06%20002.jpg

【ギボウシ】
仏教の宝の玉「宝珠(ほうじゅ)」を模して、橋の欄干などにつけられている飾り「擬宝珠」に、つぼみが似ていることからこの名前になったとされる。日本武道館の屋根の上の「光るタマネギ」も、擬宝珠。「オオバ(大葉)ギボウシ」「コバ(小葉)ギボウシ」など、日本におよそ20種が分布している。葉に、様々な模様(斑)が入る種類もあり、人気が高い。日陰でも良く育つ「陰性植物」のひとつである。日本に原種が多く存在する古典園芸植物のひとつだが、欧米のガーデニング界で人気となり、最近注目を集めている。


葉っぱにとても特長があって、「うるい(オオバギボウシ)」はお店の献立の「若竹鍋」にもよく使っています。


2011-06-06%20003.jpg

花言葉は、「静かな人」「沈静」だそうです。


2011-06-06%20004.jpg


お茶のお稽古の前に、清楚な白い花を見て、清らかな心でお稽古に望むことができました。


心が洗われるひとときでした。

2011年08月02日

陶芸教室☆初体験♪in奈良町~陶工房Okiku~

主人が娘二人と旅行に出かけまして、たまたまお店もお休みになり、私は奈良に一人でゆっくり帰省してきました。

実家の母がはまっているという、「陶芸」に言われるがままついていきました。


P1090777.JPG

今まで、観光施設の陶芸体験くらいはやったことがありましたが、ちゃんとした陶芸教室は初めてです。私が帰省したのもたまたまでしたので、母に連れられ陶芸初体験してきました。


P1090762.JPG


奈良町にある工房です。
陶工房Okiku

P1090761.JPG


P1090763.JPG

今日の生徒さんは2名+飛び入りの私で3名でした♪

P1090764.JPG

母です。最近本当に陶芸にはまっているみたいで、今日ここに来る前も家で一つロクロをまわして作っていました。


私は本当に陶芸初心者ですので、ロクロもろくに回したことがないです。(だじゃれ?)


先生  「何作ります?」

私   「じゃあ、花器!」

  (私はどんなのが難しいとかもわかんない・・・)

母   「一輪挿し?」


先生  「背の高いのは難しいから。」


私   「じゃあ、水盤みたいなやつで!」


先生  「はいはい!じゃあ、どんな形でもいいし、底の形決めて!」

P1090765.JPG

で、私はひょうたんみたいな形をやってみました。私の左にあるのがその底の部分です。

このひょうたんの底に壁をつけていくのですが、その壁になる「ひも」をくるくるして作っています。


P1090768.JPG

くるくる、楽しいです(笑)

手のひらじゃなくて、指でやるといいです。コツを先生が教えてくださるのでその通りやってるだけです。


P1090772.JPG

次に先生からご指示していただいたのは、壁をきれいにする法!

土を包んだ麻?の布を左手に持って、右手には将棋の駒みたいな形の道具を持って、ひたすらパンパン!!します。っていうか愛情をこめてね♪
壁を均等に整えていきます。
そして、麻の布の模様も同時についていくので味わいがでてきます。

先生曰く、「叩くことによって、土が締まってくれるんです。この作業で土と土の間が密度がしまって、焼いたときに、全然違ってくるの。」


へぇー!そうなんだ。
なんとなく、パソコンのデフラグのような感じなのかな・・・、違う???


P1090775.JPG

こんな感じで・・・・・・。

一応できました。まだまだこれから削ったりの作業もありますが・・・。


P1090774.JPG

余った土で、焼酎グラスっぽいのも初めてのロクロで作りました。(茶色のやつが私作)
灰色のは、Iさん作です。

陶芸、楽しかったです。母がはまるのも理解できました。
奥が深い・・・・。


P1090776.JPG

先生の作品を見ています。

「今度は、こんなの作りたい!」とか・・・。


私より3つ年上の素敵な女性の先生、きくながまみ先生です。


貴重な体験を、ありがとうございました♪

2011年10月01日

「貴女のことを思い出し選びました」

今日、荷物が届きました。


2011-09-25.jpg

8月末フランスに行く際の飛行機でたまたま隣に座られた女性から、いただきました。

ありがとうございます(^-^*)


髪飾りに添えられた手紙に、

「貴女のことを思い出し選びました」

と書いてありました。

すごい!私のために選んでくださったんだ・・・って感激しました。

そういえば、「着る着物は何色が多いの?」とか、「どんな柄が好きなの?」とかお話させていただいたのです。機内で夕食のときにいろいろと楽しいお話を聞かせていただきました。

ジョリマリエさんの手掛ける「LAURENT OLIVIER」というメーカーのものです。

大切に使わせていただきます♪

【LAURENT OLIVIER 】
OYONNAXでサングラスのフレームからスタートの老舗メーカー。
現在、新経営者に代わり M.BAILLYの新しいチャレンジが始まる。
精神科医であるマダムBAILLYがデザインに加わり、育ちの良い品の良さと老舗の本物志向がコラボレーションし、ハートフルで上品な世界が表現される。
綿花のチップから作る自然に優しいアセチロイド製。
3年と云う時間を掛け、日本女性の頭型・髪質に合わせ改良を続けパーフェクトに近づく。
インポート商品のヨーロッパ女性に合わせた付けづらさ、留まりづらさを改良する。

2011-09-25%200040.jpg

早速、今日頭に付けてみました♪

着物にも違和感なく合うと思うのですが・・・・

いかがでしょう?!

E子さん、本当にありがとうございました(^-^*)

2011年10月28日

日本一の宮ノ下コスモス広苑~福井市江上町 御所垣内町~♪

今が見ごろの日本一の宮ノ下コスモス広苑にコスモスを見に行ってきました。

福井市江上町、御所垣内町にある宮ノ下コスモス広苑です。

広さは、17.5haで、東京ドーム10個分だそうです。
なんと、約1億本のコスモスが植えられている広苑なのです。


2011-10-27%20001.jpg

もうそろそろと近づいてくると、遠くにピンクの線が見えてきました。

なんとそれが近づくと全~部コスモスでした!

2011-10-27%20002.jpg

綺麗です。


2011-10-27%20003.jpg

コスモスにもたくさんの種類があるそうです。

2011-10-27%20004.jpg

こちらは、「サイケ」。

2011-10-27%20005.jpg

黄色いのは、「サニーゴールド」。

2011-10-27%20006.jpg

可愛い黄色です。


2011-10-27%20007.jpg

「イエローキャンパス」

2011-10-27%20008.jpg

「アフタヌーンホワイト」

2011-10-27%20009.jpg

2011-10-27%20010.jpg

「クリームソンキャンパス」

2011-10-27%20011.jpg

「コスミックオレンジ」

2011-10-27%20012.jpg

「アンティーク」

2011-10-27%20014.jpg

確かに色がアンティーク調な感じです(^-^*)

2011-10-27%20016.jpg

「デープレッドキャンパス」

なるほど・・・深紅ですね。


2011-10-27%20017.jpg

2011-10-27%20018.jpg

堤防までずーーーっとコスモス。


2011-10-27%20019.jpg

2011-10-27%20020.jpg

黄色のコスモスも綺麗。

2011-10-27%20022.jpg

とってもカラフルなコスモス畑。


2011-10-27%20025.jpg

まるでピンクの海に泳いでる気分です。


2011-10-27%20026.jpg

1億本なんだ~。

2011-10-27%20027.jpg

本当に一面ピンクです。

2011-10-27%20028.jpg

このコスモス広苑の花はとっても大きいです。

いつも庭や道端で見かける花よりもひとまわり大きいと思います。

2011-10-27%20029.jpg

晴れ渡った秋の空。

まさに、「天高し」。


2011-10-27%20030.jpg

気持ちいいです。

2011-10-27%20031.jpg

あの坂を登って上から見てみましょう。

2011-10-27%20032.jpg

すごーーーい!!


2011-10-27%20034.jpg

2011-10-27%20035.jpg

公苑の周りには、たっくさんのとんぼが飛んでいました。

赤とんぼ♪


2011-10-27%20036.jpg

赤まんまと蛙。

2011-10-27%20039.jpg


蛙もコスモスに囲まれて幸せそう・・・。


ちなみに、コスモスの花言葉は、

”少女の純真” ”真心”

だそうです。


実際にはもう戻れませんが、気分だけでも少女の心に戻った一日でした(^-^*)

「秋桜のたて波よこ波なごり波  花音」


何万本のコスモスに風が吹き、波のように揺れています。たて波きて、よこ波もきて、そして風も静かになったと思ったら、なごりの風に波がまた起こります。ゆっくりとコスモスを眺める贅沢な時間をありがとうございました。

2011年12月13日

茶懐石 佳秀(かしゅう)にてママ友達とお昼のひととき♪

越前市天王町にある鎌仁別荘さんの別邸の茶懐石が楽しめるお店、茶懐石 佳秀さんへ行ってきました。

二女が幼稚園を卒園して以来2年ほど会っていなかったママ友達と久しぶりにゆっくりお話してきました。


2011-12-13%20001.jpg

まず、お茶室に通していただき、若女将さんのお点前でお薄をいただきました。

2011-12-13%20011.jpg

若女将さんの細い綺麗な指先に見とれてしまいました。
凛としてお点前する姿はいいですよね。日本文化はやっぱり素晴らしいです。

お抹茶美味しかったです。


2011-12-13%20012.jpg

ゆっくりとお茶をいただいた後、お食事のお部屋へ。

2011-12-13%20013.jpg

どんなお料理がいただけるのか、楽しみです。


2011-12-13%20014.jpg

みんな車を運転するので、ノンアルコールのスパークリングワインで乾杯しました。

Caprice Sparkle of the Cape
Capeは、ケープタウンのことですが、実はこちらは南アフリカのスパークリングなんです。
アルコールは、0.3%です。ゼロではないです。


2011-12-13%20016.jpg

前菜。砧巻きや、鮎の甘露煮、ぬた、鯛の子煮などが名残りの紅葉といっしょに盛られています。

2011-12-13%20017.jpg

お椀です。


2011-12-13%20018.jpg

帆立の真丈です。


2011-12-13%20020.jpg

ちょっと変わった器で出てきたのは・・・・。


2011-12-13%20019.jpg

お造りです。
造醤油でいただくのもいいのですが、「ちり酢でもお好みで♪」と出してくださる心遣いが素晴らしいです。勉強になります。


2011-12-13%20021.jpg

こちらは、蟹グラタン。
あっつあつでした。美味しかったです。


2011-12-13%20023.jpg

せいこ蟹。
季節ですね~。

2011-12-13%20024.jpg

焚合せ。百合根のひろうす。

2011-12-13%20025.jpg

古代米の蒸寿司。いくらはお好みで。


2011-12-13%20028.jpg

水菓子。


2011-12-13%20026.jpg

本当に久しぶりに集まりました。

楽しい時間をありがとうございました!

2012年01月04日

あけましておめでとうございます♪

あけましておめでとうございます。

2012年も皆様にとって素晴らしい年であることを心よりお祈りします。


私は12月31日~1月3日までの4日間、実家の奈良へ娘2人と帰省させていただきました。
ありがとうございます。

一番のごちそうは、母が作ってくれたお雑煮でした。母は65歳。
背も少し縮んで小さく見えました。

小さな背丸めし母の雑煮椀  花音


「最近、湯たんぽにはまってんねん。湯たんぽええでぇ~。」と母。

私たちが帰省した4日間は本当に元気でしたが、実は病と闘っている母。

私たちには弱いところを見せず、心配ばかりしている母。


そんな(多分空元気じゃないのかな?)と思う母に甘えて・・・・

立ちのぼるやかんの湯気や寝正月  花音


ストーブの上に掛けているやかんが湯気を出し、その横でこたつに寝っ転がって寝正月を過ごさせてもらいました。

元旦くらいは・・・・と、父に

手を添へて注ぐ仕草やお燗酒  花音


お屠蘇をサービスした私でした。


父にお酌なんて、本当に照れくさいですけど・・・・。


皆様、今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします!!

2012年01月14日

自作の器で焼酎のお湯割り♪

最近の仕事終わりのお楽しみは、自分で作った器でお湯割りを飲むことです。


2012-01-11%20002.jpg

8月に奈良に帰省した際、母が習っている陶芸教室にいっしょに行き、初めて轆轤(ろくろ)を体験しました。
http://www.okami-kumiko.com/2011/08/post_1031.html

その時に作った器です。


2012-01-11%20003.jpg

器のうらに、「Canon」と入れました。俳号の「花音」で入れてみました(^-^*)


母といっしょに作ったときのことを思い出しながら、癒されながら焼酎お湯割りを楽しませていただいてます♪

2012年04月27日

小学校へ授業参観・懇談会♪

今日は午後から、娘の通う小学校へ行ってきました。

授業参観や総会、学年懇談会などがありました。


校門の傍に、八重桜の木があり満開でした!


2012-04-24%20005.jpg


桜の後ろに見えるのは、築山です。


2012-04-24%20006.jpg

素晴らしい見事な桜です。

思わず、この桜の花に頬をすりすりしたい気分になりました(^_^)


お天気もよくて、とても清々しかったです(^-^*)

2012年05月01日

3人で女子会~イル・ヴァ・ビアンにて~

福井県の「ふるさと福井景観づくり懇談会」という会議に去年からお世話になっていますが、その会議のメンバーの女子だけでランチをさせていただきました。


2012-04-30%20076.jpg

真ん中が、FM福井のアナウンサー飴田彩子さん。左は、小説家の宮下奈都さんです。


飴田彩子さんは、FM福井でご活躍のアナウンサーの方です。奈良市出身なので、私はとても親近感を持たせていただいています。

宮下奈都さんは、『スコーレNo.4』『遠くの声に耳を澄ませて』『よろこびの歌』『太陽のパスタ、豆のスープ』『田舎の紳士服店のモデルの妻』などの著者です。今月25日には集英社から『窓の向こうのガーシュイン』が発売されるそうです。宮下さんの小説は、とても繊細な表現で、女性の心をうまく表現されている文章が多く、とても共感できる本です。ぜひ買って読んでみてください(^-^*)

アナウンサー、小説家、女将という全く職業が違う者同士の話は、お互いの「素朴な疑問のぶつけあい」でとってもおもしろくて楽しかったです。

時間を忘れてお話させていただきました。

イル・ヴァ・ビアンさんのお料理を楽しみながら・・・・・。

2012-04-30%20067.jpg

前菜。


2012-04-30%20069.jpg

スープは、牛蒡の冷たいスープ。


2012-04-30%20072.jpg

パスタは、桜海老と●●貝のパスタ。(●●を忘れてしまいました)

2012-04-30%20073.jpg

メインは、フランス産鴨のローストと、蝦夷鹿肉のパイ包み。

2012-04-30%20074.jpg

季節のブリュレ。


2012-04-30%20075.jpg

コーヒーも美味しかったです。


とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました(^-^*)

2012年05月21日

お茶のお稽古でした♪

今日はお店はお休みでした。

お茶のお稽古も落ち着いた気持ちで行ってきました。


今日は風炉で行之行台子でした。

茶道では、夏は涼しくという心づかいから五月から風炉にします。


このお稽古の時間で、日々の生活の中での「心の乱れ」をリセットしている気がします。
もう80歳をこえていらっしゃる先生に習っているのですが、先生はいつも「よい方向」に話をしてくださいます。お稽古中に、世間話などもするのですが、そういうたわいもない会話の中に「自分」を発見したりするときがあります。

お点前の手順や作法を教えていただくのもお稽古ですが、技術だけではなく「精神」も教えていただいているなぁ~と感じます。


2012-05-21%20003.jpg


先生のお宅の前に、元気に咲いていた「カラー」の花です。

心がこのカラーのように真っ白になった気分でお稽古から帰宅しました。

2012年06月14日

「ひらがな」な社長♪益永哲郎さん♪ありがとうございます(^-^*)

昨日、封筒に入ったカラフルな葉書が6枚届きました。

2012-06-08%20033.jpg


私は、おとついの6月12日にFM福井のラジオ番組にゲスト生出演してきたのですが、それを聞いてくださっていたのか、昨日着でお葉書を6枚いただきました!

びっくりしました。ありがとうございます。

益茂証券の益永哲郎さんからです。

以前も何枚かいただいたことがありますが、6枚いっぺんにいただいたのは初めてです(驚)

益永さんは、ブログもされています。↓
「ひらがな」なオーナーの日記


名前をひらがなにして、そこにその人の個性や実績、特徴などを作文されるのです。

とても面白いですよね。人脈も広がることでしょう。
常にアンテナを張って情報を仕入れていないとできないことだと思います。

すばらしいお葉書をありがとうございました(^-^*)

2012年08月20日

お通夜に行ってきました

今日、句友の「枯舟さん」のお通夜に行ってきました。

「もう作句できない。」ということでしばらく休会されていましたが、お元気と聞いていましたので、とてもびっくりしました。

葬儀の参列者への礼状には、

本当に幸せでした 心からありがとう」という一言から始まる文面が載せられており、とてもいい人生だったことがうかがわれ、安心しました。

祭壇には、句集も飾られており、改めてよませていただき、心からお見送りさせていただきました。

平成18年から平成22年まで5年間、句会を共にさせていただいた枯舟さん。私が会に入りたての時には、言葉少なくも句についていろいろと語っていただいたり、ほめていただいたり、教えてくださったり、大変お世話になりました。

枯舟さんは、私の句では特に、

・胡瓜もみ嫁ぎ覚えし塩加減

・芯強き女になりたし吾亦紅

・名月や一途な思ひ美しく

・窶れ身に褄余りたり秋袷

・土地柄の優しさに触れ山眠る

・紅筆を濃い目に引きて年惜しむ

などの句を、女性らしい句だと評してくださいました。

感謝してます。


私が知っている限りの枯舟さんの句で、私が気に入っている句をご紹介させていただきます。


----------------------------------------------------------


【枯舟さんの句】

初髪や恋の遍歴髪型に

まづコーヒー点てて初披講始まりぬ

白梅や碁局二番仕る

春宵や死語となりけりもらひ風呂

宅配人いつも駆け足春の風

春蘭や一鉢もちて土産とす

椿落つ一町四方の寺を守り

山寺は山寺で良し柿の花

葉桜や心臓カテーテルの日を控へ

風薫る一煎一滴ありがたく

のうと言ふ語尾の親しき若狭夏

口だけがはみ出てならぶ燕の巣

籐枕かかへてわが家の風道に

赤ん坊誉め初なりの胡瓜もぐ

よき言葉生まれよと句座秋の月

ちさき事気にせずみんな草の花

秋鯖や「いんなはらんけ」の声ひびき

ようこその言葉に魅かれ紅葉宿

この空を小春といはず何といふ

こんなにも余生しみじみ小六月

咳こめてあとの一言是非言うて

釉薬の火の滴りに冬料理

何が嬉し葉付蜜柑といふだけに

もういふまいと決め蜜柑むきながら

北陸の葱になりきり葱の鍋

大雪や目線で挨拶つづく日々

おでん鍋上手な嘘に合せけり

土つけて雪大根の甘さかな

無住寺の檀家五軒で雪卸し

碁と俳句生涯両立寒に入る

これからは一人旅です寒椿


----------------------------------------------------------


心よりご冥福をお祈りします。

2012年09月05日

2013年 花音の『俳句deカレンダー』製作中♪

ブログではご紹介しませんでしたが、来年2013年の『俳句deカレンダー』を製作することにしました。


P1120492.JPG

すべて私の自筆で、製作部数は50部です。

2013calender%20004.jpg

スケッチブックに手書きしたカレンダー、紐を結んで卓上カレンダーとしてお使いいただけます。

2013Calender.jpg

※このカレンダーの収益、「2000円-1000円(スケッチブック代)=¥1000×販売部数」はすべて、日本骨髄バンクへ寄付させていただきます。


(今回2013年のカレンダーは、50部すべて申し込みいただき予約でいっぱいとなりました。ありがとうございました。)

2012年09月10日

靴下こんなところに脱いどかんといて!!

仕事が終わって自宅に戻ると、居間のテーブルの上にこんなものが・・・・

2012-09-08%20001.jpg

「こら~っ!!靴下、こんなところに脱いどかんといて!!」と、いつもの叱り声を上げてしまいました。

(だって、いつも脱ぎっぱなしだから・・・・)


すると、長女が、


「ママ、それ靴下ちゃうで(笑)」と。

「ん?」

「ペットボトルカバーだよ(笑)」

2012-09-08%20002.jpg


へぇ~、なるほど(^-^*)


こんなかわいいのがあるの、知りませんでした♪

長女にしてやられました(笑)

2014年01月07日

お礼&ご報告~2014花音の俳句deカレンダー~

ブログの場をお借りして、お礼とご報告をさせていただきます。

2013年より始めました、「花音の俳句deカレンダー」ですが、今回も皆様に買っていただき、ありがとうございました。


Kumiko2014.jpg


上記の2014年のカレンダーも50部を作成させていただき、その収益である50000円を骨髄バンクに寄付させていただきました。

みなさまのおかげで、本当にありがとうございます。
心よりお礼を申し上げます。


また今後も続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お礼とご報告まで。


     ~西本花音~

About 若女将の一日

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「若女将の一日」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは若女将のまかない・家庭料理です。

次のカテゴリは若女将の夜食です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35