メイン

VINEXPO香港 アーカイブ

2008年05月31日

VINEXPO香港2008~その1~

前から行きたいと思っていましたVINEXPOに初めて行ってきました。

VINEXPO(ヴィネクスポ)とは、2年に1度フランス・ボルドーで行われる「世界最大のワイン、スピリッツ国際博覧会」で、出展は41ヶ国、2,400社で、製品数が30,000点を超えるという、この分野の博覧会では非常に大きなものです。 1998年から、フランスで開催しない年(偶数年)に会場を外国の都市に移して開催するという方式を採り出しました。2000年は日本で開催されました。今年2008年は、香港で5月27~29日の3日間開催されました。入場者は酒類業界関係者に限られています。

Vinexpo HP
http://www.vinexpo.com/fr/index/

武生を4時19分の「急行きたぐに」で出発し、やっと関西空港に着きました。
朝ごはんは、超ひさびさにマクドで。
主人からもらった「JAL Quicキャンペーン」の無料券で、コーヒーは無料で♪

P1000126.JPG


全日空 ANA175便で出発です。

P1000127.JPG

外はものすごーく快晴!


P1000128.JPG

P1000130.JPG

窓側の席を取っておいてよかった!機内からの景色が楽しみです。

P1000131.JPG

案の定、空の上から、きれいな日本JAPANが見えました!
明石海峡もバッチリ見えました!シャッターチャンスは逃しましたが・・・。


P1000132.JPG

景色も気分も最高なので、スパークリングを頼みました。
スペインのカヴァ、フレシネコルドンネグロでした。


P1000133.JPG

そして、お食事は2つのメニューから選べます。
「かれい照り焼きごはん」か「ハンバーグステーキきのこソース」でした。
私は「かれい」の方をいただきました。


P1000134.JPG


P1000136.JPG

香港国際空港(「香港國際機場」または「赤鱲角國際機場」)Hong Kong International Airportに到着。

とっても大きな空港です。

P1000137.JPG


一人で異国に来て、わくわくどきどきです。

P1000138.JPG


空港から市内までは鉄道、バスで行きます。
エアポートエクスプレスというのが、香港ステーションまでのびていて便利なので、それに乗ることにしました。空港から香港駅まで「1000香港ドル」でした。大体日本円で1600円くらいです。
JRより安いなーと感じました。


P1000139.JPG

乗っていると、電光板で今どこらへんを走っているかが一目でわかります。
「乗り過ごしたんじゃないか?!」とか心配しなくてすみますよね。

P1000140.JPG

香港駅で人だかりができていました。なんか香港のアイドルなんでしょうかねぇ?
どなたか知ってらっしゃいますか??

香港駅から地下鉄に乗り換え、灣仔(ワンチャイ)駅まで。

P1000142.JPG

地下鉄の表示板です。めざすは、「香港会議展覧中心(Hong Kong Convention and Exhibition Centre)」です。


P1000143.JPG

ワンチャイの町並み。ビルだらけです。


P1000144.JPG

やっとたどり着きました!!!
ここが香港会議展覧中心です。

行ってきまーす!!

VINEXPO香港2008~その2~

ジャーン!っと出てきました、「VINEXPO ASIA PACIFIC」の看板。

P1000145.JPG


P1000146.JPG

ホール1までの通路です。


P1000147.JPG

これが、入り口です。

ここで、事前に予約登録しておいた電子バッジを受け取ります。

これを胸につけて入場です。業界関係者だけが入場できます。一般の方が入れないよう、セキュリティが厳しくなっています。


P1000152.JPG

中に入ります。

初めての私には圧倒される光景でした。
すごいワインのメーカーが並んでいるのです。すごいすごい・・・。

P1000149.JPG


P1000150.JPG


P1000151.JPG

P1000153.JPG

これは瓶のかわいさに思わずシャッターを押してしまいました。カリフォルニアのブースに並んでいたワイン。
・・・・・・・・・・・・・・近所にこんな犬いたなー(笑)・・・・・・・・・


P1000154.JPG


え?って思って見つけたのが、一昨年カリフォルニアワイナリーツアーに行った「ストーンヘッジ」さんのブース!

中には、なんとシャヒンさんもいらっしゃいました!

「おお!シャヒン!?」

って、声をかけました。すると、

「Oh!Kumako!?」と、覚えててくれました!

くみこ でなく くまこ でしたが・・・)

P1000155.JPG


P1000156.JPG


P1000157.JPG


それで、シャヒンさんの新しい銘柄の「Cool Fish(クールフィッシュ)」などを試飲させていただきました。

クールフィッシュはとってもボトルがかわいくて、キュートでした。

赤はメルロー、グルナッシュなどのブレンドの「Red」だけですが、白は3種類のヴァラエタルワインとなっていて、「シャルドネ」と「ソーヴィニヨンブラン」と「ピノグリージョ」の3つです。
白、とてもよかったと私は思いました。

輸入していただける会社があれば買うのにな?・・・・と思いました。


P1000159.JPG


P1000160.JPG


P1000161.JPG


P1000163.JPG


いろいろと試飲してまわりました。
こんなにワインがたくさん集まる機会はほんとにないと思いますので、必死です(笑)

閉館時間の6時半までギリギリねばりました。


シャヒンさんが、「カリフォルニアのブースのみんなでパーティーだから一緒においで!」と誘ってくださいました。


P1000164.JPG


香港島南側、壽臣山(ショーソンヒル)。その山の手の奥まった所にひっそりと軒を構えるワイン貯蔵所「クラウン・ワイン・セラー」というところに行きました。


P1000167.JPG

周りはひっそりとした山なのですが、中に入るとカウンターやテーブル席が落ち着いた雰囲気で、お花も豪華に。素敵♪って思いました。


P1000166.JPG

カリフォルニアのスパークリング、シュラムスバーグで乾杯!

Caのブースの方ばかりなので当たり前ですが、カリフォルニアワインばかり楽しませていただきました。
日頃飲めないようなレアなワインもあり、幸せです。

P1000168.JPG

こちらの女性はストーンヘッジのMayさん。台湾出身で中国語も英語もOK!楽しい女性です。


P1000169.JPG

シャヒンさんもいっしょに、グラスを持って「Say!Cheese!」


P1000171.JPG

ピザ♪トマトがとっても美味しかった。


P1000173.JPG

チキンのグリルです。アメリカンですが味は繊細でした。中華の文化かな?

そんな訳で一日目は、慣れない地ですがお知り合いと再会できて楽しく過ごすことができました。

VINEXPO香港2008~その3~

2泊3日の香港紀行・・・。
ホテルをどこにしようかと随分考えて、一泊目は格安でいこうと、青年會國際賓館(YMCAインターナショナルハウス)にしました。尖沙咀というところにあるのですが、地下鉄の尖沙咀駅もすぐですので便利でした。

ホテルの窓からの景色。

P1000174.JPG

向井側が中学校でしたので、通学する学生さんの姿が見られました。

どこの国でも朝は忙しいですね。

P1000175.JPG


ホテルのベッドです。ツインルームのシングルユースでした。一人でもったいないと思いますが・・・。
ベッドは2つあっても一人で2つは使えませんね、2人で一つは使えますが(笑)

P1000176.JPG


さて、ホテルを出て地下鉄を中環駅で乗り換え、再びVINEXPOの会場へやってきました。

P1000177.JPG


今日も有意義な時間を!

P1000180.JPG


VINEXPOでは、ワインとスピリッツに関する知識をさらに深めるための「ヴィネクスポアジアパシフィック大学」という機会が準備されています。期間中に製品についての知識を深め、テイスティング技術を磨き、市場の最新ニュースを得ることができるのです。
ヴィネクスポ アジア-パシフィック大学には、30以上のプログラムが用意されています。

ヴィネクスポアジアパシフィック大学
http://www.vinexpo.com/japan/university.html


そのプログラムの一つに今日は参加してみました。

Noble Sweet Wine のドイツワインのセミナーです。

P1000181.JPG

ドイツワインって今までにあまり飲む機会も少なかったし、ちょっと高めなので手が出ないでいました。
今回、10種類もここで試飲ができますので、勉強させていただきたいと思って参加しました。


P1000182.JPG


P1000183.JPG


P1000184.JPG


P1000185.JPG

やはり、色でも全然違います。一番左は1990年のアウスレーゼ。


P1000186.JPG


P1000188.JPG

ドイツの地図とワイン。とても解かりやすいです。


P1000190.JPG

このセミナーを聞きにきた方は中国と香港の方が多く、熱心に聞き入っておられました。

P1000191.JPG

会場からの景色。

P1000192.JPG

向い側は、カオルーン(九龍)のビル郡の景色。


P1000193.JPG

VINEXPO香港2008~その4~

セミナーも終わって、またブースを回ろうと思います。


P1000194.JPG


南仏のシャプティエ社のブース。

P1000196.JPG


ラングドックのブースはとっても華やか。さすが南仏のイメージです。

P1000197.JPG


P1000198.JPG


P1000200.JPG


P1000201.JPG


去年行かせていただいたペノティエのワインも試飲しました。
改めて美味しいと思いました。ロゼも美味しい。

P1000202.JPG

Baron Philippe De Rothschild のブースです。
他のブースとは違ってOpenにはなってません。高級感が・・・。

P1000203.JPG


P1000204.JPG


今日も色々と試飲してまわりました。


P1000206.JPG


P1000207.JPG


P1000208.JPG


TVの撮影も。ニュースなんかに出るんでしょうか・・・?

P1000209.JPG


P1000210.JPG


P1000211.JPG


P1000212.JPG


P1000213.JPG


イタリアのブースですが、缶入りワインもありました。

P1000214.JPG


P1000215.JPG


P1000216.JPG


P1000217.JPG

VINEXPO香港2008~その5~

お昼になり、お腹が空いてきたので香港会議展覧中心の中にあるレストランでランチしました。

↓これを食べました。

P1000218.JPG


「茄汁豆梮鶏柳飯」
Baked Chichen Fillet with Rice in Soya Bean Sauce

です。梮はパソコンでは漢字が出ませんでした。本当は火へんです。

P1000219.JPG


コーヒー付きにしました。こんなカップでミルクがもう入った状態で出てきました。
京都のイノダコーヒを思い出しました。

P1000220.JPG


そして、またまた会場に戻りブースを物色・・・・。
「あ!!ロスピタレグランヴァン!」2005年がディスプレイされていました。
私の大好きなワインです。

P1000221.JPG


P1000225.JPG


P1000226.JPG


素敵なボトルが!
Piper Heidsieck パイパーエドシックです。

P1000228.JPG

「神の雫」というマンガに出てきたプピーユもありました。マンガといっしょにディスプレイされていました。

P1000229.JPG


P1000230.JPG


P1000231.JPG


カリフォルニアのソノマのKenwood社のブースに行きました。

P1000234.JPG

↑これは単一畑(モノポール)のカベルネソーヴィニヨンのワイン。
瓶にオオカミがシルクスクリーンという技法で描かれています。とても印象に残るデザイン。
年間8000ケースの生産だそうです。

Kenwood社は国内消費が95%、輸出が5%だそうです。2010年頃には輸出を10%まで上げたいという社の目標があり、今回も出展したということです。

この他に、ピノノワールやサンジョベーゼ100%のロゼ、ジンファンデルなどを試飲しました。

とても親切に試飲させてくださいました。

P1000235.JPG

輸出担当マネジャーのライアン(Ryan)さんです。

「Cleanse the Pallet?」と、スパークリングをすすめてくださいました。
Cleanse the Pallet は、「お口直し」という意味だそうです。
「パレットを洗う」ってことですね。勉強になりました。


Azzaro(アザロ)というワインも試飲しました。フランスのオートクチュールの会社ですが、まだ日本には未輸入だそうです。
AzzaroのシャンパーニュBrutがきめ細かくておいしかったです。

P1000236.JPG

VINEXPO香港2008~その6~

VINEXPOは3日間ありますが、私は今日で終わりです。

今日は、知り合いの方と愉景湾で食事をすることになりました。


コンベンションエキシビションセンターからタクシーで中環駅まで来ました。
中環駅のビル。

P1000247.JPG


このビルは、香港で一番高いビルだそうです。

P1000248.JPG


中環駅から船に乗ります。愉景湾(ユーギンワン Discovery Bay)まで行きます。

P1000249.JPG

愉景湾というのは、香港ディズニーランドもあるランタオ島(大嶼山)にあります。香港ディズニーランドの南西にあります。

P1000250.JPG

船から見る香港ディズニーランド。

P1000254.JPG


船着場です。

P1000257.JPG


愉景湾は高層団地が林立する住宅街です。
リゾートマンション、ゴルフ場、会員制のプールやテニスコートなどもあり、欧米人の駐在員が多く住んでいるところです。
フェリー埠頭の目の前にある愉景廣場というショッピングセンターには、テラス席のあるレストランやショップが並んでいます。レベルの高い各国料理が楽しめます。

P1000258.JPG


フェリー埠頭からの眺め。ディズニーランドの花火が始まりました!
午後8時から毎日ディズニーランドの花火が上がるそうです。
日本語は「花火」ですが、英語では「Fireworks」です。火の仕事なんですね。

P1000268.JPG


↓香港ディズニーランドの花火の動画、ちっちゃいですがお楽しみください。

P1000270.JPG

P1000271.JPG


タイルは魚の模様です。おもしろい。

P1000273.JPG


日本での「工事中」は、香港では「工作進行中」でした。

P1000274.JPG


P1000275.JPG


P1000277.JPG


一人で写真パチリ。この後ろにあるレストランへ行きました。

P1000280.JPG


P1000281.JPG


P1000286.JPG


P1000287.JPG


ほんとに色んな料理があります。イタリアンからエスニックまで。

P1000293.JPG


やっぱり、ビールはチンタオビール?!

P1000305.JPG

P1000294.JPG


P1000295.JPG


P1000301.JPG


P1000302.JPG


P1000303.JPG


P1000304.JPG


2日目の夜も楽しく過ごせて、ありがとうございました!

P1000306.JPG

2008年06月01日

VINEXPO香港2008~その7 ペニンシュラ香港①~

2泊目のホテルは、以前から泊まってみたかった「ペニンシュラ香港」に。

本や雑誌などで見たり聞いたりしていて、本当に一度は泊まりたいホテルでした。
サービスの勉強にと、奮発しました。(でも一番安いのを探して探してかなりお得なお値段で泊まれました)

愉景湾(ユーギンワン Discovery Bay)に行ってきて、かなり遅いチェックインになりました。フロントの方は遅い時間にもかかわらず、素敵な笑顔で迎えてくださいました。

お部屋までスムーズなご案内をしていただき、部屋に入りました。
「すごーい!すごーい!」と、一人で興奮!

P1000317.JPG


P1000313.JPG


P1000314.JPG


P1000316.JPG


P1000311.JPG


P1000312.JPG


興奮して写真を撮りまくっていましたら・・・・・・・・・

「ピンポーン!」とベルがなりました。


P1000319.JPG


「ウェルカム ジャスミンティーでございます(英語)」

といって、ジャスミンティーを持ってきてくださいました。かわいいペニンシュラのメイド服がとっても似合う女性の方でした。


P1000320.JPG

ウェルカムフルーツ


窓のカーテンは、リモコンで開けたり閉めたりできます。

P1000324.JPG


ペニンシュラから見る香港の夜景。
一人では、ちと寂しいですが・・・・・・・(苦笑)

P1000322.JPG


「さて、携帯電話の充電でもしましょう」と、コンセントを探しましたら、「ええ!?すごい!」と思わず声にだしてしまいました。

P1000329.JPG


なんと、世界共通?じゃありませんか・・・・。

私が持ってきた変圧器も色んな形のプラグもいらないのです。


P1000330.JPG

はい、日本のコンセントも入りました。


P1000331.JPG


この変圧器とプラグなしで充電完了。

P1000333.JPG

そして、お風呂へ。テレビを見ながらゆっくりと至福のバスタイム。

P1000334.JPG


お風呂上がりに「ドラゴンフルーツ」をいただきました。おおきい!おいしそう!


P1000335.JPG


P1000338.JPG


あーーーん!

いただきます。ドラゴンフルーツを1個たいらげて、お腹もいっぱいでおやすみなさーい!

VINEXPO香港2008~その8 ペニンシュラ香港②~

おはようございます。
一人で迎える爽やかな朝です。日頃できない朝寝坊をしました。

起きてデスクの上を見ると、昨日気づかなかったカードがありました。

P1000339.JPG

「客室の窓ガラスのクリーニングが本日より一週間にわたって行われます。清掃員が窓の外をゴンドラに乗りクリーニングをしますので、不都合な場合は客室内のカーテンをお閉めください」
と書いてあります。

「そういう作業中に一度遭遇してみたいなー。クリーニングしているところ見てみたい。」と思いましたが、まぁ今日は雨なので中止だろうな・・・。


P1000340.JPG


ホテル客室廊下です。絨毯のふかふか度が違います。

P1000351.JPG

P1000341.JPG


P1000342.JPG


P1000343.JPG


P1000349.JPG


P1000350.JPG


朝ごはんを食べにレストランへ。くまさんが迎えてくれます。

P1000344.JPG


バイキングの時間が終わってしまいました。

P1000345.JPG


クロワッサンとトマトジュースを頼みました。

P1000346.JPG


ペニンシュラ香港でとてもゆっくりと過ごさせていただきました。
日頃の忙しさとは正反対の時間の流れ方でした。こんな機会がいただけることを本当に感謝します。


ペニンシュラの玄関

P1000347.JPG


P1000348.JPG


優雅な時間もつかの間、もうホテルを出る時間に。

タクシーに乗って九龍(カオルーン)駅まで行きます。
ペニンシュラ香港のボーイさんがタクシーに乗るときにカードをさっと渡してくれました。

P1000352.JPG

これです。
「何?」と思ってましたら、このカードに書いてあるのは私が乗ったタクシーの番号なんです。
もしお客様がタクシーに忘れ物をした時に、このカードに書いてある番号へ問い合わせをしてくださいということなんです。すごいサービスだなと思いました。逆に考えると、「タクシーに忘れ物しないように気をつけてくださいね」っていうメッセージなのかも・・・と思いました。


さて、空港に戻ってきました。帰国します。

P1000353.JPG


その前に・・・・・、ラーメンがどうしても食べたくなりました。
空港のレストランに入り、野菜ラーメンを注文しました。
香港スタイルアイスミルクティーもいっしょに♪

P1000354.JPG


P1000355.JPG


何回かトランジットで利用したことがありますが、やっぱり香港の空港は広いです。
ゲートまで遠いです。まだ22番、32番まであと・・・・・・。

P1000356.JPG

全日空 ANA NH176便で帰ってきました。
機内食です。香港さようなら~。

P1000357.JPG

VINEXPO香港2008~その9 アート&ワイン(大阪)~

関西空港に夜着き武生に戻るのが日が変わってしまうので大阪に後泊しました。


そして、そのついでと言っては何ですが、前から行きたかった「アート&ワイン」さんへ行きました。

P1000358.JPG


私の後輩の松浪光倫くんが「アート&ワイン」の福田武先生ととても仲良しで、紹介していただきました。

松浪光倫建築計画室
http://www.mma-design.com/

アート&ワイン
http://www.wine-design.co.jp/art-wine/


Jacob's Creek のスパークリング ロゼ。

P1000360.JPG


砂肝と野菜と温泉卵

P1000361.JPG


P1000363.JPG


ホワイトアスパラと生ハムと温泉卵

P1000364.JPG


自家製オイルサーディン

P1000365.JPG


P1000367.JPG


P1000370.JPG


有機野菜のマリネ

P1000371.JPG


ラビオリ きのこといっしょに

P1000372.JPG


何を食べても繊細で美味しいです。大阪でもちょっとわかりにくいところにあるのですが、特徴的なお店で、アートな方が集まる場となっているみたいです。そして、お店に来たお客さん同志がすぐ和気藹々となるそうです。すごくいい雰囲気のお店です。

料理に合わせて、美味しいワインをチョイスしてくださるので嬉しいです。

P1000373.JPG


福田先生といっしょに撮っていただきました!

P1000374.JPG

ありがとうございました!

About VINEXPO香港

ブログ「若女将の四季折々日記」のカテゴリ「VINEXPO香港」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはNews!!です。

次のカテゴリはお知らせです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35